38000シリーズ対応プログラム書き込みアダプタユーザーズマニュアル

User’s Manual
PCA4738F-42A,PCA4738F-80A,PCA4738F-64A,
PCA4738F-100A,PCA4738G-100A,PCA4738H-80A,
PCA4738S-42A,PCA4738S-64A
ユーザーズマニュアル
対象デバイス
740 ファミリ
本資料に記載の全ての情報は本資料発行時点のものであり、ルネサス エレクトロニクスは、
予告なしに、本資料に記載した製品または仕様を変更することがあります。
ルネサス エレクトロニクスのホームページなどにより公開される最新情報をご確認ください。
www.renesas.com
Rev.2.00
2010.10
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
重要事項
重要事項
本製品を使用する前に、必ずユーザーズマニュアルをよく読んで理解してください。
ユーザーズマニュアルは、必ず保管し、使用上不明な点がある場合は再読してください。
製品ご利用に際して:
(1) 本製品は、プログラムの開発、評価段階に使用する開発支援装置です。開発の完了したプログラムを量産
に用いる場合には、必ず事前に実装評価、試験などにより、お客様の責任において適用可否を判断してくだ
さい
(2) 本製品を使用したことによるお客様での開発結果については、一切の責任を負いません。
(3) 弊社は、製品不具合に対する回避策の提示または、不具合改修などについて、有償もしくは無償の対応に
努めます。ただし、いかなる場合でも回避策の提示または不具合改修を保証するものではありません。
(4) 本製品は、プログラムの開発、評価用に実験室での使用を想定して準備された製品です。
国内の使用に際し、電気用品安全法及び電磁波障害対策の適用を受けておりません。
(5) 弊社は、潜在的な危険が存在するおそれのあるすべての起こりうる諸状況や誤使用を予見できません。し
たがって、このユーザーズマニュアルと本製品に貼付されている警告がすべてではありません。お客様の責
任で、本製品を正しく安全に使用してください。
(6) 本製品は、日本国外のULなどの安全規格、IECなどの規格を取得しておりません。
したがって、日本国内から海外に持ち出される場合は、この点をご承知おきください。
廃棄について:
本製品を廃棄する時は必ず産業廃棄物として法令に従って処分してください。
製品の変更について:
弊社は、本製品のデザイン、性能を絶えず改良する方針を取って執っています。したがって、
予告なく仕様、デザイン、およびユーザーズマニュアルを変更することがあります。
権利について:
本資料に記載された情報、製品または回路の使用に起因する損害または特許権その他権利の侵害に関しては、弊
社は一切その責任を負いません。
本資料によって第三者または弊社の特許権その他権利の実施権を許諾するものではありません。
このユーザーズマニュアルおよび本製品は著作権で保護されており、すべての権利は弊社に帰属しています。こ
のユーザーズマニュアルの一部であろうと全部であろうといかなる箇所も、弊社の書面による事前の承諾なしに、
複写、複製、転載することはできません。
図について:
このユーザーズマニュアルの一部の図は、実物と違っていることがあります。
Regulatory Compliance Notices
Environmental Compliance and Certifications:
・Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment (RoHS) Directive
2002/95/EC
・Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE) Directive 2002/96/EC
WEEE Marking Notice (European Union Only)
Renesas development tools and products are directly covered by the European Union's Waste Electrical and
Electronic Equipment, (WEEE), Directive 2002/96/EC. As a result, this equipment, including all accessories,
must not be disposed of as household waste but through your locally recognized recycling or disposal schemes.
As part of our commitment to environmental responsibility Renesas also offers to take back the equipment and
has implemented a Tools Product Recycling Program for customers in Europe. This allows you to return
equipment to Renesas for disposal through our approved Producer Compliance Scheme. To register for the
program, click here “http://www.renesas.com/weee”.
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 3 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
安全事項
安全事項
安全事項では、その絵表示と意味を示し、安全に正しく使用するための注意事項を説明しますので、必ずお読み
ください。また、 ここに記載している内容をよく理解してからお使いください。内容が 十分に理解できない場合
は当社まで問い合せください。
警告は、回避しないと、死亡または重傷に結びつくものを示します。
注意は、回避しないと、軽傷または中程度の傷害に結びつくものを招く可能性が
ある潜在的に危険な状況および物的損害の発生を招く可能性がある潜在的に危険
な状況を示しています。
回避のための内容表示では、下記のような警告絵表示を使います。
表示は、警告・注意を示します。
例:
感電注意
表示は、禁止を示します。
例:
分解禁止
表示は、強制・指示する内容を示します。
例:
電源プラグをコンセントから抜け
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 4 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
安全事項
取り扱いに関して:
本製品を改造しないでください。改造された場合、感電などにより傷害を負う可能性があります。ま
た改造による故障については、動作の保証は一切できません。
設置に関して:
湿度が高いところおよび水などで濡れるところには設置しないでください。水などが内部にこぼれた
場合、修理不能な故障の原因となります。
長期間ご使用になられない場合の本製品の保管について:
(1)ROM ライタ接続部のコネクタピンには付属の導電スポンジをつけてください。
(2)上記の状態で導電性ポリ袋に入れた上で出荷時の梱包箱に納めてください。
(3)湿度と温度が低く、直射日光の当たらない場所に保管してください。
周辺温度に関して:
周辺温度の上限(最高定格周辺温度) を越えた環境で使用しないでください。
本製品が使用できる最高定格周辺温度は 35℃です。
ROM ライタ使用上の注意事項に関して:
ROM ライタでの書き込みモード選択は、正しく行ってください。
ROM ライタでのプログラムの領域指定は指定通り必ず行ってください。
ROM ライタのデバイス認識コード読み出し機能は、ご使用にならないようお願いいたします。
取り扱いに関して:
本製品は慎重に扱い、落下・倒れなどによる強い衝撃を与えないでください。
ROM ライタ接続部のコネクタピンは、直接手で触らないでください。静電気により内部回路を破壊す
る恐れがあります。また、本製品及び MCU の取り扱いは、静電気に注意してください。
本製品は ROM ライタ上の IC ソケットの正しい位置に装着してください。
MCU は本製品の IC ソケットの正しい位置に実装してください。
本製品の IC ソケットの開閉は、必ず IC ソケット実装側を上にして水平に近い状態で行ってくださ
い。
修理に関して:
修理のご依頼はご容赦ください。
廃棄に関して:
廃棄する時は必ず産業廃棄物として法令に従って処分してください。
European Union regulatory notices
Renesas development tools and products are directly covered by the European Union's Waste Electrical and
Electronic Equipment, (WEEE), Directive 2002/96/EC. As a result, this equipment, including all accessories, must
not be disposed of as household waste but through your locally recognized recycling or disposal schemes. As part
of our commitment to environmental responsibility Renesas also offers to take back the equipment and has
implemented a Tools Product Recycling Program for customers in Europe. This allows you to return equipment to
Renesas for disposal through our approved Producer Compliance Scheme. To register for the program, click here
“http://www.renesas.com/weee".
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 5 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
目 次
目 次
ページ
1. 製品概要.....................................................................................................................................................7
1.1 梱包内容 .................................................................................................................................................7
1.2 システム構成..........................................................................................................................................8
1.3 仕様 ........................................................................................................................................................9
1.3.1 製品仕様.........................................................................................................................................9
1.4 メモリマップ........................................................................................................................................11
2. 使用方法...................................................................................................................................................13
2.1 書き込み手順........................................................................................................................................13
2.2 ROMライタ接続用基板の選択 .............................................................................................................14
2.3 ROMライタへの装着方法.....................................................................................................................15
2.3.1 PCA4738D又はPCA7402D選択時 ...............................................................................................15
2.3.2 PCA4738E又はPCA7402E選択時 ...............................................................................................15
2.4 スイッチ設定........................................................................................................................................16
2.4.1 スイッチSW1,SW2 ......................................................................................................................16
2.4.2 スイッチSW3 ...............................................................................................................................16
2.5 MCUの装着 ..........................................................................................................................................18
2.6 領域設定 ...............................................................................................................................................20
2.7 推奨ROMライタ ...................................................................................................................................22
3. トラブルシューティング (エラー対処方法)............................................................................................23
3.1 書き込み時にエラーが発生する...........................................................................................................23
3.1.1 新規購入時 ...................................................................................................................................23
3.1.2 以前は正常に書き込めていた ......................................................................................................23
3.1.3 MCUが正常動作しない ................................................................................................................23
3.2 その他注意事項 ....................................................................................................................................24
3.2.1 推奨ROMライタについて ............................................................................................................24
3.2.2 デバイス認識コード*1に読み出しについて.................................................................................24
3.3 サポート依頼方法.................................................................................................................................24
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 6 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.
1.製品概要
製品概要
本製品は、ルネサス 8 ビットマイクロコンピュータ 38000 シリーズ用のプログラム書き込みアダプタ(一部の
740 シリーズにも対応)です。市販の ROM ライタを使用して、プログラムを MCU の内部 ROM へ書き込むため
のツールです。この章では、本製品の梱包内容、外形、構成部品、仕様について説明しています。
1.1
梱包内容
本製品は、以下の基板および部品によって構成されます。開封されたときにすべて揃っているかを確認してくだ
さい。なお本製品についてお気付きの点がございましたら、最寄りのルネサス エレクトロニクス株式会社、株式
会社ルネサス ソリューションズ、ルネサス エレクトロニクス販売株式会社または特約店へお問い合わせください。
表1.1 梱包内容一覧
包装内容
製品名
インタフェース部
ROMライタ接続部
ユーザーズマニュアル
PCA4738F-64A,PCA4738F-80A,
PCA4738G-100A,PCA4738H-80A PCA4738F-42A,PCA4738S-42A
PCA4738F-100A,PCA4738S-64A,
PCA4738C
PCA7402B
PCA7402B
PCA4738D(28ピンタイプ)
PCA7402D(28ピンタイプ)
PCA7402E(32ピンタイプ)
PCA4738E(32ピンタイプ)
PCA7402E(32ピンタイプ)
38000シリーズ対応プログラム書き込みアダプタユーザーズマニュアル(本書)
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 7 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.2
1.製品概要
システム構成
下図に本製品を使用する場合のシステム構成図を示します。
ICソケット装着部
インタフェース部
ROMライタ接続
図 1.1 外形と構成部品(DIPタイプのICソケットを使用した書き込みアダプタ)
ICソケット装着部
インタフェース部
ROMライタ接続
図 1.2 外形と構成部品(QFP/SOP/LCCタイプのICソケットを使用した書き込みアダプタ)
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 8 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.3
仕様
1.3.1
製品仕様
1.製品概要
表 1.2にプログラム書き込みアダプタの共通仕様、表 1.3及び表 1.4に各品種ごとの個別仕様を示します。
表1.2 対応品種の共通仕様
項
目
内
容
動作クロック周波数
4[MHz]
(ICソケット装着部上のセラミック発振子から供給)
電
ROMライタのVccから供給
源
基
板
構
成
ICソケット装着部
書き込み対応MCUを装着
(MCU用ICソケットを実装)
PCA4738C又はPCA7402B
(インタフェース部)
バッファIC実装インタフェース基板
(標準ピッチ18ピンコネクタ×2列及び標準ピッチ16ピン
コネクタ×2列により、上下基板と接続)
PCA4738D又はPCA7402D
(ROMライタ接続部)
ROMライタに接続するための基板(M5M27C256モード用)
(ROMライタへの接続用標準ピッチ28ピンのピンヘッダを実装)
PCA4738E又はPCA7402E
(ROMライタ接続部)
ROMライタに接続するための基板(M5M27C101モード用)
(ROMライタへの接続用標準ピッチ32ピンのピンヘッダを実装)
表1.3 各品種ごとの個別仕様1
製品型名
PCA4738S-42A
PCA4738F-42A
PCA4738S-64A
PCA4738F-64A
項
目
内
対応MCU型名
38000シリーズ
SDIP版パッケージ
使用ICソケット
(42P4B,42S1B)
IC59-4206-G4(山一電機製)
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
使用ICソケット
(42P2R-A)
IC51-0422-393(山一電機製)
対応MCU型名
38000シリーズ
SDIP版パッケージ
使用ICソケット
(64P4B,64S1B)
264-1300-00(住友3M製)
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
(64P6N-A)
使用ICソケット
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
容
3850,3851グループの
42ピンSP/SS版パッケージ
3850,3851グループの
42ピンFP版パッケージ
3800,3802,3810,3811,3812,
3880,3888,3890グループの
64ピンSP/SS版パッケージ
3800,3802,3810,3811,3812,
3880,3888,3890グループの
64ピンFP版パッケージ
IC51-824.KS-8095(山一電機製)
Page 9 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.製品概要
表1.4 各品種ごとの個別仕様2
製品型名
PCA4738F-80A
PCA4738H-80A
PCA4738F-100A
PCA4738G-100A
項
目
内
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
使用ICソケット
(80P6N-A)
IC51-0804-819-6(山一電機製)
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
使用ICソケット
(80P6Q-A)
IC51-0804-808(山一電機製)
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
使用ICソケット
(100P6S-A)
IC51-1004-814-6(山一電機製)
対応MCU型名
38000シリーズ
QFP版パッケージ
(100P6Q-A)
使用ICソケット
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
容
3806,3807,3817,3820,3822
グループの
80ピンFP版パッケージ
3820,3822,3886グループの
80ピンHP版パッケージ
3818,3825,3826グループの
100ピンFP版パッケージ
M37560の100ピンFP版パッケージ
3825,3826グループの
100ピンGP版パッケージ
M37513の100ピンGP版パッケージ
M37527の100ピンGP版パッケージ
M37560の100ピンGP版パッケージ
IC51-1004-809(山一電機製)
Page 10 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.4
1.製品概要
メモリマップ
図1.3、図1.4に、MCUとROMライタのメモリマップを示します。
00000h
00000h
0YY00 h
0YY7F h
0YY80 h
未使用領域
予約ROM領域
0ZZ80 h
内部ROM領域
0FFFD h
0FFFEh
0ZZ7F h
予約ROM領域
プログラム領域
未使用領域
07FFD h
07FFE h
07FFF h
0FFFF h
MCU
ROMライタ
(M5M27C256Aモード)
ROM容量
YY番地 ZZ番地
(バイト)
E1 :
4,096
F0
70
E2 :
8,192
E0
60
E3 : 12,288 D0
50
E4 : 16,384 C0
40
E5 : 20,480 B0
30
E6 : 24,576 A0
20
E7 : 28,672
90
10
E8 : 32,768
80
0
図1.3 メモリマップ(M5M27C256Aモード)
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 11 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
1.製品概要
00000h
0YY00 h
0YY7F h
0YY80 h
00000h
未使用領域
予約ROM領域
0ZZ80 h
内部ROM領域
0FFFD h
0FFFEh
0ZZ7F h
プログラム領域
0FFFD h
0FFFEh
予約ROM領域
0FFFF h
MCU
未使用領域
1FFFF h
ROMライタ
(M5M27C101モード)
ROM容量
YY番地 ZZ番地
(バイト)
E1 :
4,096 F0
F0
E2 :
8,192 E0
E0
E3 : 12,288 D0
D0
E4 : 16,384 C0
C0
E5 : 20,480 B0
B0
E6 : 24,576 A0
A0
E7 : 28,672
90
90
E8 : 32,768
80
80
E9 : 36,864
70
70
EA : 40,960
60
60
EB : 45,056
50
50
EC : 49,152
40
40
ED : 53,248
30
30
EE : 57,344
20
20
EF : 61,440
10
10
図1.4 メモリマップ(M5M27C101モード)
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 12 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.
2.使用方法
使用方法
本章では、ROM ライタを用いたプログラムの書き込み条件、書き込み手順について説明します。
なお、ROM ライタの操作については、ご使用になる ROM ライタの説明書に従ってください。
2.1
書き込み手順
次の(1)~(9)の手順に従い、プログラムを MCU に書き込んでください。
(1)プログラムの読み込み (8000hのオフセットアドレスの指定が必要です)*1
ROMライタ上にプログラムを読み込んでください。
*1)M5M27C101モードでのご使用時にはオフセットアドレスの指定は不要です。
↓
(2)ROMライタ接続用基板の選択 (2.2節参照)*2
ご使用になるMCUに対応したROMライタ接続用基板を選択してください。
*2)PCA4738S-42A及びPCA4738F-42Aの場合は選択の必要はありません。
↓
(3)ROMライタへの装着方法 (2.3節参照)
書き込みアダプタをROMライタに装着してください。
↓
(4)スイッチ設定 (2.4節参照)
スイッチ(SW1、SW2、SW3)の設定を行ってください。
↓
(5)MCUの装着 (2.5節参照)
書き込みアダプタにMCUを装着してください。
↓
(6)プログラム書き込み領域の指定 (2.6節参照)*3
ROMライタにより、MCUの書き込み領域を指定してください。
↓
(7)イレースチェック*4
ROMライタのイレースチェック機能により、MCUのプログラム領域がデータを
書き込める状態であるかご確認ください。
↓
(8)プログラムの書き込み*4
ROMライタでMCUのプログラム領域へプログラムを書き込んでください。
↓
(9)ベリファイチェック*4
ROMライタのベリファイチェック機能により、MCUにプログラムが正常に書き
込めたかご確認ください。
*3 書き込み領域指定は必ず行ってください。書き込みモードに移れない(イレースチェックなどが通らない)場合
があります。
*4 ROM ライタによっては、上記(7)~(9)を自動的に行うものもあります。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 13 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.2
2.使用方法
ROMライタ接続用基板の選択
ご使用になる MCU の品種により ROM ライタ接続用基板を選択する必要があります。
選択方法については、表 2.1、図 2.1をご覧ください。
表2.1
ROMライタ接続用基板の選択表
選択方法
M5M27C256Aモード
32KB以下のMCU
MCUの書き込み
モード
M5M27C101モード
32KBを
越えるMCU
MCU
ROMライタ接続用基板
M375XXE1/E2/E3/E4
M375XXE5/E6/E7/E8
M38XXXE1/E2/E3/E4
M38XXXE5/E6/E7/E8
M375XXE9/EA/EB/EC
M375XXED/EE/EF
M38XXXE9/EA/EB/EC
M38XXXED/EE/EF
PCA4738D又はPCA7402D
PCA4738E又はPCA7402E
山一電機製ICソケット
MCUソケット実装基板
インタフェース基板
着脱可能
図2.1
ROMライタ接続用基板
ROMライタ接続用基板
28ピンタイプ
32ピンタイプ
ROMライタ接続用基板の選択
•PCA4738S-42A,PCA4738F-42A については選択の必要はありません。(PCA7402E 装着済み)
•内部ROM容量が 32KB以下のMCUでは対応デバイス(M5M27C256AモードかM5M27C101 モードか)により、PCA4738D又
はPCA7402Dを使用する場合とPCA4738E又はPCA7402Eを使用する場合があります。
MCUごとの対応デバイスは20ページ~21ページの表 2.6~表 2.9を参照ください。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 14 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.3
ROMライタへの装着方法
2.3.1
PCA4738D 又は PCA7402D 選択時
2.使用方法
図2.2に示すように、ROMライタ接続部(標準ピッチ28ピン ピンヘッダを実装)の1番ピンを、ROMライタICソケッ
トの1番ピンに合わせて挿入します。
ROMライタ接続部(PCA4738DまたはPCA7402D)
28
15
1
14
28
15
1
14
1
16
32
17
ROMライタの32ピンICソケット
この4ピンはNCです。
図2.2
2.3.2
ROMライタへのセット方法(PCA4738D又はPCA7402Dの場合)
PCA4738E 又は PCA7402E 選択時
図2.3に示すように、ROMライタ接続部(標準ピッチ32ピン ピンヘッダを実装)の1番ピンを、ROMライタICソケッ
トの1番ピンに合わせて挿入します。
ROMライタ接続部(PCA4738EまたはPCA7402E)
32
17
1
16
32
17
1
16
1
16
32
17
ROMライタの32ピンICソケット
図2.3
ROMライタへのセット方法(PCA4738E又はPCA7402Eの場合)
誤挿入は MCU に致命的な破壊を引き起こしますので、十分ご注意ください。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 15 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.4
スイッチ設定
2.4.1
スイッチ SW1,SW2
2.使用方法
① PCA4738S-42A,PCA4738F-42Aの場合
SW1,SW2 は、MCU のポート出力形式に合わせて設定してください。
設定内容については、表 2.2、図 2.4をご覧ください。
表2.2 設定方法
スイッチ
MCUのポート出力形式
SW1
P00~P03
SW2
P04~P07
CMOS
Pch
Nch
CMOS
Pch
Nch
スイッチ設定
CMOS
Pch
Nch
CMOS
Pch
Nch
②PCA4738S-42A,PCA4738F-42A以外の場合
SW1,SW2は、MCUのポート出力形式に合わせて設定してください。
設定内容については、表2.3、図2.4をご覧ください。
表2.3 設定方法
2.4.2
スイッチ
MCUのポート出力形式
SW1
P20~P23
SW2
P24~P27
CMOS
Pch
Nch
CMOS
Pch
Nch
スイッチ設定
CMOS
Pch
Nch
CMOS
Pch
Nch
スイッチ SW3
表2.4 SW3設定方法
MCU型名
M38103E6SS/SP/FS/FP
M38114E8SS/SP/FS/FP
M38174E8FS/FP
M38177ECFS/FP
M38185EEFS/FP
上記以外のMCU
スイッチ設定
ON
OFF
PCA4738S-42A,PCA4738F-42A にスイッチ SW3 はありません。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 16 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.使用方法
表2.5 スイッチ設定例
グループ名
例
7500
7510
7513
7560
3800
3802
3806
3807
3810
3811
3812
3817
3818
3819
3820
3822
3825
3826
3850
3851
3874
3880
3881
3886
3888
3890
M37500E8
M37510E6
M37513EF
M37560EF
M38002E2
M38022E4
M38067E8
M38073E4
M38102E5
M38112E4
M38123E6
M38177EC
M38184EA
M38197EA
M38203E4
M38223E4
M38254E6
M38267E8
M38503E4
M38513E4
M38749EF
M38802E2
M38813E4
M38867E8
M38881E2
M38903E4
SW1
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
Pch
Pch
Pch
CMOS
CMOS
Pch
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
Nch
SW1
Pch
CMOS
Nch
SW2
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
CMOS
Nch
SW2
Pch
CMOS
Nch
SW3
ON
OFF
XCin
注)SW1...CMOS
SW2...CMOS
SW3...OFF
の場合のスイッチ設定
図2.4 スイッチの設定例
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 17 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.5
2.使用方法
MCUの装着
図2.5、図2.6に示すように、ICソケット装着部上のICソケット1番ピンにMCUの1番ピンを合わせて装着します。
図2.5
MCUの装着方法(DIPタイプのICソケットを使用した書き込みアダプタ)
図2.6
MCUの装着方法(QFP/SOP/LCCタイプのICソケットを使用した書き込みアダプタ)
誤挿入は MCU に致命的な破壊を引き起こしますので、十分ご注意ください。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 18 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
上面図
2.使用方法
PCA4738x-xxA
J1
J2
IC1
42
22
ICソケット
スライドバー
MCUの1番ピン
X1
●
1
21
図2.7 SOP版ICソケット
開閉方向
ICソケット
ICソケット装着部
インタフェース部
上
ROMライタ接続部
図2.8 ソケット開閉時の状態
SOP版 ICソケットについて:
SOP版ICソケット(PCA4738F-42Aに実装)には中央にスライドバーがあります。このスライドバーをシルクの斜線部
分と重なるように設定してください(出荷時の設定)。このスライドバーが正しく設定されていないと接触不良等
で、MCUに致命的な破壊を引き起こす場合がありますので十分ご注意ください。
MCUの取り扱いについて:
ICソケットのコンタクト部やROMライタ接続部のピンに直接手で触れることのないようお願いします。コンタクト
部やピンに汚れ等が付着しますと接触不良を起こす恐れがあります。ご使用にならない場合は、出荷時に装着して
いた導電スポンジをROMライタ接続部のピンにつけて保存してください。
ICソケット開閉時について:
ICソケットの開閉は、必ずICソケット実装面を上にして水平に近い状態で行ってください。斜めにしたり、横にし
たりした状態で開閉されますと、ICソケットの内部が変形し、MCUと接触不良を起こす恐れがあります。ICソケッ
ト開閉時の状態図を図2.8に示します。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 19 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.6
2.使用方法
領域設定
MCUにプログラムを書き込む際には、必ずプログラム領域を指定してください。また、ROMライタでの対応デ
バイスも正しくご指定ください。プログラム領域、対応デバイスの指定内容は表 2.6~表 2.9よりご確認の上、指定
してください。
ROM 容量が 32KB 以下の MCU は、対応デバイスが 2 通りありますのでご注意ください。
表 2.6~表 2.9に記載のないMCUについては、各MCUのユーザーズマニュアルを参照ください。
表2.6 プログラム領域、対応デバイス指定一覧表 - 38000シリーズ(PCA4738D又はPCA7402D選択時)
マイコン型名
MCU
該当品種
M38XXXE2
M38002E2
M38802E2
M38881E2
現在該当する品種なし
M38XXXE3
M38XXXE4
M38XXXE5
M38XXXE6
M38XXXE7
M38XXXE8
M38002E4
M38022E4
M38073E4
M38112E4
M38203E4
M38223E4
M38813E4
M38903E4
M38102E5
M38063E6
M38123E6
M38254E6
現在該当する品種なし
M38004E8
M38027E8
M38067E8
M38184E8
M38207E8
M38257E8
M38267E8
ROMライタ
プログラム領域
MCUの
ROM領域
約8Kバイト
6080h~7FFDh
E080h~FFFDh
約12Kバイト
5080h~7FFDh
D080h~FFFDh
約16Kバイト
4080h~7FFDh
C080h~FFFDh
3080h~7FFDh
B080h~FFFDh
約24Kバイト
2080h~7FFDh
A080h~FFFDh
約28Kバイト
1080h~7FFDh
9080h~FFFDh
約32Kバイト
0080h~7FFDh
8080h~FFFDh
ROM容量
約20Kバイト
対応デバイス
M5M27C256A
表2.7 プログラム領域、対応デバイス指定一覧表 -75xxグループ(PCA4738D又はPCA7402D選択時)
マイコン型名
MCU
該当品種
M375XXE2
M375XXE3
現在該当する品種なし
M375XXE4
ROMライタ
プログラム領域
MCUの
ROM領域
約8Kバイト
6080h~7FFDh
E080h~FFFDh
約12Kバイト
5080h~7FFDh
D080h~FFFDh
約16Kバイト
4080h~7FFDh
C080h~FFFDh
3080h~7FFDh
B080h~FFFDh
ROM容量
対応デバイス
M375XXE5
M37500E5
約20Kバイト
M375XXE6
M37510E6
約24Kバイト
2080h~7FFDh
A080h~FFFDh
M375XXE7
現在該当する品種なし
約28Kバイト
1080h~7FFDh
9080h~FFFDh
M375XXE8
M37500E8
約32Kバイト
0080h~7FFDh
8080h~FFFDh
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
M5M27C256A
Page 20 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.使用方法
表2.8 プログラム領域、対応デバイス指定一覧表 - 38000シリーズ(PCA4738E又はPCA7402E選択時)
マイコン型名
MCUの
ROM領域
約8Kバイト
約12Kバイト
E080h~FFFDh
D080h~FFFDh
E080h~FFFDh
D080h~FFFDh
約16Kバイト
C080h~FFFDh
C080h~FFFDh
約20Kバイト
B080h~FFFDh
B080h~FFFDh
約24Kバイト
A080h~FFFDh
A080h~FFFDh
約28Kバイト
約32Kバイト
9080h~FFFDh
8080h~FFFDh
9080h~FFFDh
8080h~FFFDh
約36Kバイト
7080h~FFFDh
7080h~FFFDh
約40Kバイト
6080h~FFFDh
6080h~FFFDh
5080h~FFFDh
5080h~FFFDh
約48Kバイト
4080h~FFFDh
4080h~FFFDh
約52Kバイト
3080h~FFFDh
3080h~FFFDh
M38185EE
約56Kバイト
2080h~FFFDh
2080h~FFFDh
M38079EF
M38259EF
M3826AEF
M38749EF
約60Kバイト
1080h~FFFDh
1080h~FFFDh
該当品種
M38XXXE2
M38XXXE3
M38XXXE4
現在該当する品種なし
M38XXXE5
M38XXXE6
M38XXXE7
M38XXXE8
M38XXXE9
M38XXXEA
M38XXXEB
M38XXXEC
M38XXXED
M38XXXEE
M38XXXEF
ROMライタ
プログラム領域
MCU
M38503E4
M38513E4
現在該当する品種なし
M38504E6
M38514E6
現在該当する品種なし
M38867E8
現在該当する品種なし
M38184EA
M38197EA
現在該当する品種なし
M38067EC
M38127EC
M38177EC
M38198EC
M38199EC
M38227EC
現在該当する品種なし
ROM容量
約44Kバイト
対応デバイス
M5M27C101
表2.9 プログラム領域、対応デバイス指定一覧表 -75xxグループ(PCA4738E又はPCA7402E選択時)
マイコン型名
ROMライタ
対応デバイス
プログラム領域
MCUの
ROM領域
約8Kバイト
E080h~FFFDh
E080h~FFFDh
約12Kバイト
D080h~FFFDh
D080h~FFFDh
M375XXE4
約16Kバイト
C080h~FFFDh
C080h~FFFDh
M375XXE5
約20Kバイト
B080h~FFFDh
B080h~FFFDh
約24Kバイト
A080h~FFFDh
A080h~FFFDh
M375XXE7
約28Kバイト
9080h~FFFDh
9080h~FFFDh
M375XXE8
約32Kバイト
8080h~FFFDh
8080h~FFFDh
M375XXE9
約36Kバイト
7080h~FFFDh
7080h~FFFDh
約40Kバイト
6080h~FFFDh
6080h~FFFDh
M375XXEB
約44Kバイト
5080h~FFFDh
5080h~FFFDh
M375XXEC
約48Kバイト
4080h~FFFDh
4080h~FFFDh
M375XXED
約52Kバイト
3080h~FFFDh
3080h~FFFDh
M375XXEE
約56Kバイト
2080h~FFFDh
2080h~FFFDh
約60Kバイト
1080h~FFFDh
1080h~FFFDh
MCU
該当品種
M375XXE2
M375XXE3
M375XXE6
M375XXEA
M375XXEF
現在該当する品種なし
M37527E6
現在該当する品種なし
M37513EF
M37560EF
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
ROM容量
M5M27C101
Page 21 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
2.7
2.使用方法
推奨ROMライタ
本製品と共に使用するROMライタには、表 2.10に示すものを推奨しています。これらのROMライタについては、
実際に本製品を使用してプログラムが書き込めることを確認したものです。その他のROMライタをご使用になら
れた場合の不具合などに対するサポートはいたしかねますのでご注意ください。なお最新型ROMライタでの対応
などのお問い合わせについては、推奨ROMライタメーカに直接お問い合わせください。
表2.10 推奨ROMライタ
ROMライタメーカ
アドバンテスト社
型名
対応デバイス
TR4943
M5L27256モード(三菱)
R4945
R4945A
書き込み電圧
(Vpp端子)
M5M27C256Aモード(三菱)
M5M27C101モード(三菱)
バイト書き込み
12.5[V]
M5M27C256Aモード(三菱)
M5M27C101モード(三菱)
TR4943、R4945、R4945Aは、株式会社アドバンテストの製品です。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 22 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
3.
3.トラブルシューティング
トラブルシューティング (エラー対処方法)
故障と判断されます前にお確かめいただきたい内容を以下にまとめております。
3.1
書き込み時にエラーが発生する
3.1.1
新規購入時
原
因
内
14
15
16
18
20~21
14、22
領域指定は正しく設定されていますか?
デバイスの選択は正しいでしょうか?
ROMライタ上のICソケットが汚れている可能性があります。
ソケットの交換をお薦めします。
ROMライタ
接触不良
-
以前は正常に書き込めていた
原
因
書き込みアダプタ
ROMライタ
接触不良
3.1.3
参照ページ
ROMライタ接続用基板の選択は間違っていませんか?
ROMライタの正しい位置へ装着されていますか?
書き込みアダプタ上のスイッチ設定は間違っていませんか?
MCUの装着位置は正しいでしょうか?
書き込みアダプタ
3.1.2
容
内
容
ROMライタ接続用基板の選択は間違っていませんか?
ROMライタの正しい位置へ装着されていますか?
書き込みアダプタ上のスイッチ設定は間違っていませんか?
MCUの装着位置は正しいでしょうか?
領域指定は正しく設定されていますか?
デバイスの選択は正しいでしょうか?
ROMライタ上のICソケットが汚れている可能性があります。
ソケットの交換をお薦めします。
ROMライタ接続部のROMライタとの接触部分が汚れている可能性が
あります。アルコール等で洗浄してください。
参照ページ
14
15
16
18
20~21
14、22
-
MCU が正常動作しない
エミュレータ上では同じプログラムが正常に動作しているが、正常に書き込みできた MCU を装着すると正常動
作しない。
① ROM ライタへデータをコピーしたときオフセットアドレスの指定は正しく行われているでしょうか。
② エミュレータではプログラムが読み込まれていない箇所は"NOP"が入れられることがあるので、プログラム
が暴走しても正常動作しているように見える場合があります。プログラムを再度ご確認ください。
③ エミュレータと実際の MCU では特性などが異なる場合があります。エミュレータのユーザーズマニュアル
等で特性の違い等を再度ご確認ください。
大量書き込みについて:
本製品はプログラムの開発、評価段階で使用する開発支援装置です。このため量産時の大量書き込みは想定してお
りません。使用回数が増えると下記2箇所の摩耗や汚れ等により書き込み不良が発生します。
(1)MCUソケット部分のICソケットの接点摩耗/汚れ
(2)ROMライタ側のソケットの接点磨耗/汚れ
=>ソケット交換により改善する場合があります。
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 23 of 28
PCA4738xx-xxA ユーザーズマニュアル
3.2
その他注意事項
3.2.1
推奨 ROM ライタについて
3.トラブルシューティング
実際、市販のすべての ROM ライタに対しては、書き込み確認ができません。このため弊社が書き込みを確認し
たものについては、推奨 ROM ライタとしてユーザーズマニュアルに記載しています。その他の ROM ライタにつ
いても、ベリファイチェックが正常に行われれば、ご使用いただくことができます。
注意)ROM ライタの機種に関係なく書き込み完了の確認は、各マイコンで規定された内容のスクリーニング等を
実施することが必要です。
3.2.2
デバイス認識コード*1 に読み出しについて
ROM ライタのデバイス認識コード読み出し機能は、ご使用にならないようお願いいたします。
ご使用になられた場合、マイコンを破壊する恐れがあります。デバイス認識コードは、EPROM の製造メーカー
コード及びデバイスコードを示すために定義されたものです。マイコンには定義されていません。
*1 ROM ライタメーカによっては、別の名称で記述されていることがあります(ID コード等)。
3.3
サポート依頼方法
本章の内容を確認後、製品のサポートを依頼される場合は、以下URLの「技術サポート連絡書」フォームに従い必
要事項を記入の上、コンタクトセンタ csc@renesas.comまで送信ください。
http://tool-support.renesas.com/jpn/toolnews/registration/support.txt
サポートを依頼される場合には、以下情報の追記をお願いします。
①貴社情報に関して
・貴社名
・部署名
・ご担当者名
・電話番号
・電子メールアドレス
②書き込み環境に関して
・書き込みアダプタ名
・ロット番号
・購入日
・書き込み対象のMCU型名
・症状(ブランクチェックが通らない/書き込みができない/ベリファイチェックが通らない など)
・症状の詳細
・発生頻度(10個中2個エラー発生するなど)
・発生時期(購入してすぐ/以前は正常に書き込めていた)
・使用ROMライタ型名(アドバンテストR4945Aなど)
・書き込み時のROMライタへの指定デバイス名(M27C101など)
・書き込み時のROMライタへの領域設定内容
・書き込み時の書き込みアダプタのスイッチ設定
R20UT0273JJ0200 Rev.2.00
2010.10.01
Page 24 of 28
PCA4738x-xxA
ユーザーズマニュアル
発行年月日
2010 年 10 月 01 日
発行
ルネサス エレクトロニクス株式会社
〒211-8668 神奈川県川崎市中原区下沼部 1753
編集
株式会社ルネサス ソリューションズ
ツール開発第二部
Rev.2.00
http://www.renesas.com
100-0004
2-6-2
(03)5201-5307
http://japan.renesas.com/inquiry
© 2010 Renesas Electronics Corporation and Renesas Solutions Corp. All rights reserved.
Colophon 1.0
PCA4738x-xxA
ユーザーズマニュアル
R20UT0273JJ0200
(旧番号:RJJ10J0108-0100)