日
本
語
EB1505
ユーザーマニュアル
J7745
初版 / 2012年12月
日
本
語
COPYRIGHTについて
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェ
アを含む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS)の文書による許可なく、編集、転
載、引用、放送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証も行いません。
ASUSの責任者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損
失、ビジネスチャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性
を事前に指摘したかどうかに関りなく、責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合
がありますが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、
これら
の権利を侵害する意図はありません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、内容は予告なしに 変
更されることがあり、
この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハー
ドウェア、
ソフトウェアに関する不正確な内容についてASUSは責任を負いません。
Copyright © 2012 ASUSTeK Computer, Inc. All Rights Reserved.
責任制限
この責任制限はASUSの、或は他の責任の不履行により、ユーザーがASUSから損害賠償を受
ける権利が生じた場合に発生します。
このようなケースが発生した場合は、ユーザーのASUSに損害賠償を請求する権利の有無
にかかわらず、ASUSは肉体的損害(死亡したケースを含む)
と不動産及び有形動産への損
害のみに賠償責任を負います。或は、それぞれの製品の記載された協定価格を限度とし、
「
Warranty Statement」のもとに生じる法的義務の不作為または不履行に起因するいかなる
実害と直接的な被害のみに対して賠償責任を負います。
ASUSは「Warranty Statement」に基づき、不法行為または侵害行為が発生した場合と、契約
に基づく損失や損害が生じた場合及びその主張に対してのみ賠償し、責任を負います。
この責任制限は、ASUSの供給者または販売代理店にも適用されます。賠償の際は、ASUSと
その供給者及び購入した販売代理店を一集合体としてその限度額を定めており、その限度
額に応じた賠償が行われます。
以下のケースに対しては、ASUSとその供給者及び販売代理店がその可能性を指摘されてい
る場合においても、ASUSはいかなる賠償及び保証を行いません。
(1) ユーザーが第三者から請求されている申し立て
(2) ユーザーの個人情報やデータの損失
(3) 特殊、偶発的、或は間接的な損害、または 貯蓄や諸利益を含むあらゆる結果的な経済的
損害
サービスとサポート
マルチ言語サポートサイトを開設しました。下のリンクで画面右上の「Global/English」を
「Japan/日本語」に選択してください。
http://support.asus.com
もくじ
このマニュアルについて............................................................................. 5
日
本
語
このマニュアルの表記について..............................................................6
表記 ..........................................................................................................6
安全上のご注意............................................................................................. 7
本機をセットアップする.............................................................................7
使用中のお手入れ.......................................................................................7
パッケージの内容......................................................................................... 9
Chapter 1: ハードウェア
製品の概要....................................................................................................10
前面 .......................................................................................................10
背面 .......................................................................................................12
リモコン(特定モデルのみ)...................................................................14
Chapter 2: PCのセットアップ
PCを設置する...............................................................................................18
スタンドに取り付ける..............................................................................18
PCを設置する.............................................................................................19
PCをディスプレイに取り付ける............................................................20
PCを使用する...............................................................................................22
外付けディスプレイを接続する............................................................22
USBデバイスを接続する.........................................................................22
無線アンテナの接続.................................................................................23
PCをONにする...........................................................................................24
HDMI デバイスでオーディオ出力構成を行う..................................25
スロットイン式DVDドライブを使用する.............................................27
Chapter 3: Windows 8環境で使用する
システム要件................................................................................................28
初めて使用する...........................................................................................29
Windows 8 ロック画面.............................................................................29
Windows® UI................................................................................................30
スタート画面...............................................................................................30
Windows®アプリ.......................................................................................31
Windows®アプリと一緒に使用する......................................................34
アプリの起動...............................................................................................34
アプリのカスタマイズ..............................................................................34
EB1505 PC
もくじ
日
本
語
アプリを閉じる...........................................................................................35
アプリ画面にアクセスする.....................................................................35
チャームバー..............................................................................................36
スナップ機能...............................................................................................38
その他キーボードのショートカット.......................................................39
PCをOFFにする...........................................................................................41
PCをスリープ状態にする..........................................................................41
UEFI BIOS Utilityを起動する...................................................................41
UEFI BIOSを起動する...............................................................................42
Chapter 4: インターネットへの接続
Windows 8環境での接続........................................................................43
Wi-Fi接続.....................................................................................................43
有線接続......................................................................................................45
動的IP(ダイナミックIP)ネットワーク接続の設定............................45
静的IP(スタティックIP)ネットワーク接続の設定............................48
Chapter 5: システムをリカバリーする
Windows8でのリカバリーオプション..................................................49
PCのリセット...............................................................................................49
システムをリカバリーする........................................................................49
PCのリフレッシュ.......................................................................................49
PCのリセット...............................................................................................50
システムイメージファイルからのリカバリー....................................51
Chapter 6:
付録
ご注意.............................................................................................................54
ASUSコンタクトインフォメーション......................................................61
EB1505 PC
このマニュアルについて
このマニュアルには本機のハードウェアとソフトウェアについての
説明が記載されており、以下のChapterから構成されています。
日
本
語
Chapter 1:ハードウェアのセットアップ
本機のハードウェアコンポーネントについての説明が記載さ
れています。
Chapter 2:PCを使用する
本機の使用方法についての説明が記載されています。
Chapter 3:Windows® 8環境で使用する
Windows®8の使用方法についての説明が記載されています。
Chapter 4:インターネットへの接続
有線/Wi-Fi接続への接続方法についての説明が記載されてい
ます。
Chapter 5:システムをリカバリーする
リカバリーオプションについての説明が記載されています。
Chapter 6:付録
製品の規格や海外の法令についての説明が記載されています。
注:ユーザーマニュアルは本機の次のフォルダー内に保存され
ています。
• 64bit Windows® 8 OS:Program Files(X86)/ASUS/eManual
EB1505 PC
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取り扱いいただくため、以下の表記をご参照くだ
さい。
日
本
語
重要:作業を完了するために従わなければならない指示です。
注:作業を完了するためのヒント等の追加情報です。
警告:作業を完了する際、人体への危険を避けるため、また本機のコ
ンポーネントへの損害、本機内のデータの消失を避けるために、必
ず従わなければならない指示です。
表記
太字
選択するメニューや項目を表示します。
斜字
文字やフレーズを強調するときに使用
します。
EB1505 PC
安全上のご注意
Eee Box PC(以降「本機」
とも記載)は IT の最新安全規格を満たす
よう設計されており、それら基準を満たすことが実証されています
が、
より安全にお使いいただくため、
ご使用の前には以下の安全に
関する注意事項をよくお読みください。
日
本
語
本機をセットアップする
• 本機を使用する前に、本マニュアルに記載の説明及び指示を全
て読み、それに従ってください。
• 湿気のある場所および熱を発する熱源のそばで本機を使用しな
いでください。
• 本機は安定した場所に設置してください。
• ケースの開口部は通気孔です。紙、本、衣類、ケーブルまたはそ
の他の物で通気孔を塞がないようにしてください。設置の際は、
本体と壁などの間にスペースを空けて設置してください。また、
通気孔に物を入れる等の行為はお止めください。
• 動作可能な温度環境は周囲温度 0℃~35℃です。
• 延長コードを使用する際は、接続した全てのデバイスの定格電
流の総量が、延長コードの定格電流を超過しないようにしてくだ
さい。
使用中のお手入れ
• 電源コードを踏まないでください。
また、物を乗せないでください。
• 本機に液体がかからないようにしてください。
• 本機の電源がOFFのときも、微量の電流が流れています。本機の
お手入れをする際は、必ず電源ケーブル、モデムケーブル、ネッ
トワークケーブル等のケーブルを全てコンセントから抜いてくだ
さい。
• 以下のような技術的な問題が発生した場合は電源コードを抜き、
公
認の販売代理店あるいは弊社コールセンターにご相談ください。
•電源コード/プラグが破損している。
• 本機内部に液体が入った。
•本マニュアルの指示通りに操作してもシステムが正常に動
作しない。
• 本機が落下した、またはキャビネットが破損した。
• 本機のパフォーマンスに異変が生じた。
EB1505 PC
リチウムバッテリーに付いての警告
日
本
語
RTC(Real Time Clock)バッテリーの交換は正しく行わないと破裂
の原因となります。RTCバッテリーは製造元が指定するもの、ま
たはそれに相当するものをご使用ください。RTCバッテリー廃棄
の際は、製造元の指示に従ってください。RTCバッテリーの交換
が必要な場合、弊社コールセンターにお問い合わせください。バ
ッテリーの廃棄の際は、製造元の指示に従ってください。
レーザー製品
クラス 1 レーザー製品
分解禁止 お客様が本機を分解した場合、
保証の対象外となります。
禁止:本機を通常ゴミとして廃棄しないでください。また、本機の
コンポーネントはリサイクル性を考慮した設計を採用しておりま
す。製品のリサイクルについては、弊社コールセンターにお問い合
わせください。
EB1505 PC
パッケージの内容
日
本
語
EB1505
スタンドとスタンド用
ネジ
リモコン
(特定モデルのみ)
ミニジャック S/PDIFアダプター
アンテナ
HDMI-DVI アダプター
(特定モデルのみ)
HDMI ケーブル
(特定モデルのみ)
ACアダプター
電源コード
VESAマウント、
専用ネジ
保証書
クイックスタートガイド
EB1505 PC
Chapter 1: ハードウェア
製品の概要
日
本
語
前面
ハードディスクドライブ (HDD) LED
このLEDはハードディスクでデータのやり取りが行われる
と点滅します。
電源スイッチ
本機の電源ON/OFFを切り替えます。
10
EB1505 PC
スロットイン式光学ドライブ
日
本
語
DVD(読み込み+書き込み)をサポートしています。
注:Blu-ray(読み込み)は特定モデルでのみサポート
しています。
イジェクトボタン
ドライブからディスクを取り出すときに使用します。
マイクジャック
マイクを接続します。ビデオ会議や音声ナレーション、録
音等にご使用ください。
ヘッドホン/オーディオ出力ジャック
このジャックのサイズは 3.5mm で、システムオーディオ
出力をアンプやヘッドホンに出力します。
USB 3.0ポート
USBポートの最大データ転送率は5Gbit/sでUSB2.0にも
下位互換性があります。
メモリーカードスロット
このスロットにはメモリーカードリーダーが内蔵されてお
り、デジタルカメラやMP3 プレーヤー、携帯電話、PDA等
で使用するMMC/SD/SDHC/SDXC等のメモリーカードを
読み込みます。
内蔵IR(赤外線)
レシーバー
本機の内蔵型赤外線レシーバーはリモコンからの信
号を受信します。
BIOSキー
電源投入直後、システムを起動する前にクリップ等の先
の尖った物でこのキーを押すと、BIOSを起動することがで
きます。
EB1505 PC
11
背面
日
本
語
ANT.
HDMI
E-SATA
無線アンテナジャック
付属の無線アンテナを接続します。
USB 2.0ポート
USB 対応のキーボードやマウス、カメラ、ハードディスク
等のデバイスを接続することができます。
このポートを使
用すれば、複数のデバイスを1つのシステムで同時に利
用することができます。
12
EB1505 PC
ディスプレイ
(モニター)出力
日
本
語
D-Sub 15ピンモニターポートは、モニタープやプロジェク
ターなどの標準VGA互換デバイスをサポートし、それらに
画面を表示することが可能です。
HDMI ポート
液晶TVやディスプレイやフルHDデバイスをサポートして
います。
より高画質で大きな画面での映像が楽しめます。
eSATA
eSATAポート
eSATAとは、本来コンピューター内蔵機器向けに設計さ
れたSerial ATAインターフェースを、外付け機器向けに
拡張したものです。理論値でUSB 2.0と比較して約5倍、
IEEE1394(IEEE1394a)
と比較して約6倍の高速な転送速
度を実現。ホットプラグ機能にも対応しており、最大長2メ
ートルのシールドケーブルに対応しています。
ヘッドホン/オーディオ出力ジャック
このジャックのサイズは 3.5mm で、システムオーディオ
出力をアンプやヘッドホンに出力します。
LANポート
このポートは8ピンRJ-45LANポートでRJ45 LANケーブ
ルをサポートしています。
電源入力(DC19V)
付属のACアダプターを接続し、本機に電源を供給します。
付属のACアダプター以外は使用しないでください。故障
の原因となります。
警告:ACアダプターは、使用中高温となることがあります。
アダプタ
ーを物で覆ったり、
また身体に密着させて使用しないでください。
Kensington® ロックポート
Kensington® 互換セキュリティ製品と併用して、本機を固
定することができます。
EB1505 PC
13
リモコン(特定モデルのみ)
リモコンを使用し、Windows® MCE( Media Center)の起動と、
ASUSDVDの操作が可能です。
日
本
語
注:リモコンのタイプとMCEの機能はモデルにより異なります。
14
EB1505 PC
電源ON/OFF
日
本
語
本機のON/OFFを切り替えます。
停止
再生中に押すと再生を停止します。
早送り
再生中に押すと早送りを行います。
「次へ」
次のトラックに進みます。
情報
Windows MCEまたは他のメニューオプションのプログラムの情
報を表示します。
操作キー
メニューオプションをスクロール表示します。
「OK」
選択した内容を決定します。
チャンネル+/−
TVのチャンネルを切り替えます。*
注:*TV機能は特定エリアでのみ利用可能です。
音楽
Windows®MCEの「Music」メニューを開きます。
ビデオ
Windows®MCEの「Videos」メニューを開きます。
数字ボタン
数字の入力、またはチャンネルを選択します。*
注:*TV機能は特定エリアでのみ利用可能です。
EB1505 PC
15
カラーボタン
日
本
語
Windows MCEまたはテレテキストモードでのメニューオプショ
ンを表示します。
注:ボタンの機能や動作はご利用の地域により異なります。
データ放送
テレテキストモードのON/OFFを切り替えます。
注:TV機能は特定エリアでのみ利用可能です。
クリア
入力データを消去します。
TV
Windows®MCEのTVメニューを開きます。
フォト
Windows®MCEの「Photos」メニューを開きます。
音量ボタン(-)
音量を下げます。
音量ボタン(+)
音量を上げます。
Windows® MCE
Windows® MCEを起動します*
注:*この機能を使用するにはWindows Mediaパックのご購入が
別途必要となります。
戻る
メニューを閉じたり、前のページに戻ります。
16
EB1505 PC
前のトラック
日
本
語
1つ前のトラックに戻ります。
巻き戻し
メディアファイルを巻き戻します。
録画
TV番組を録画します。*
注:*TV機能は特定エリアでのみ利用可能です。
再生
メディアファイルを再生します。
一時停止
再生中に押すと一時停止します。
EB1505 PC
17
Chapter 2: PCのセットアップ
PCを設置する
日
本
語
スタンドに取り付ける
手順
1. 本機の底部にあるネジ穴の位置を確認します。
2. スタンドのネジ穴とPCのネジ穴の位置を合わせ、スタンド用
ネジで固定します。
スタンド用ネジ
注:スタンドを使用せずに、横置きでもご使用いただけます。
18
EB1505 PC
PCを設置する
日
本
語
×
EB1505 PC
19
PCをディスプレイに取り付ける
手順
日
本
語
1. VESAマウントをディスプレイの背面に取り付け、VESAマウント
キットに付属の4本のネジで固定します。
注:VESAマウントを使用するには、お使いのディスプレイが
VESA75/VESA100規格準拠である必要があります。
20
EB1505 PC
2. 本機のバックパネル右中央のネジを取り外します。ネジは紛失
しないよう、大切に保管してください。
日
本
語
3. 本機をVESAマウントに取り付け、付属のネジで固定します。ス
タンド用ネジ(スタンドを本機に固定するネジと同じネジ)を
下のネジ穴に挿入します。平頭ねじは右側のネジ穴に挿入し
ます。
スタンド用ネジ
EB1505 PC
21
PCを使用する
外付けディスプレイを接続する
日
本
語
HDMI/VGAケーブルの一端を外付けディスプレイに接続し、もう一
端を本機のHDMI/VGAポートに接続します。
USBデバイスを接続する
無線/有線キーボード、マウス、
プリンター等のUSBデバイス
を本機のUSBポートに接続し
ます。
注:キーボードのレイアウト
はお買い上げの国や地域に
より異なります。
22
EB1505 PC
無線アンテナの接続
無線信号を受信するため、付属の無線アンテナを本機に接続してくだ
さい。無線アンテナが上を向くように(直角)、取り付けてください。
日
本
語
ANT.
HDMI
E-SATA
EB1505 PC
23
PCをONにする
日
本
語
注:
• 本機を使用しないときは、電源アダプターを抜くか、AC電源
をOFFにしてください。電力消費を抑えることができます。
• Windows® のコントロールパネルで電源管理設定を行うこ
とにより、パフォーマンスを維持しながら本機の消費電力を
抑えることができます。
24
EB1505 PC
HDMI デバイスでオーディオ出力構成を行う
HDテレビをオーディオ出力デバイスとして利用する場合は、テレビ
をホームシアターPCに接続し、下の手順でオーディオ設定を行い
ます。
日
本
語
手順
1.スタート画面から
「デスクトップ」をクリックし、デスクトップモー
ドを起動します。
注:詳細はセクション「Windows 8環境で使用する」の「スタート画
面」をご参照ください。
2.タスクトレイの音量ミキサーアイコ
ンを右クリックし、
「再生デバイス」
をクリックします。
EB1505 PC
25
3. 再生タブの「デジタルオーデ
ィオ(HDMI)」を選択します。
日
本
語
4. 「構成」をクリックします。
「スピーカーのセットアッ
プ」
ウインドウが表示され
ます。
5. 「ステレオ」を選択し、
「次
へ」をクリックします。
6. 「フロント左とフロント右」
にチェックを入れ、
「次へ」
をクリックします。
7. 「完了」をクリックし、スピ
ーカーのセットアップは終
了です。
26
EB1505 PC
スロットイン式DVDドライブを使用する
レーベル面を本体向かって左側にした状態でCD/DVDメディアを
スロットイン式DVD±RWドライブに挿入します。CD/DVDメディア
のレーベル面を逆側(右側)にしてドライブに挿入すると、ディスク
のデータ面が傷ついたりドライブ故障の原因となりますのでご注
意ください。
日
本
語
ラベルが表示されている面
EB1505 PC
27
Chapter 3:
Windows 8環境で使用する
日
本
語
注:OSの種類は国や地域により異なります。
システム要件
プロセッサー
1GHz以上
RAM
1GB (32bit) または2 GB (64bit)
ハードディスク容量
16 GB (32bit) または20 GB (64bit)
ビデオカード
画面解像度
Microsoft DirectX9 グラフィックスデバイス
(WDDMドライバー)
1024 ×768(Windows® アプリ用)
1366 ×768(スナップ機能用)
注:システム要件に関する更新についての詳細はMicrosoft社のオフ
ィシャルサイトでご確認ください。
http://www.windows.microsoft.com/en-us/windows-8/faq
28
EB1505 PC
初めて使用する
コンピューターを初めて使用するときは、Windows®8の基本設定を
行うための設定画面が表示されます。
日
本
語
手順
1. コンピューターの電源をONにします。暫くすると設定画面が表
示されます。
2. ライセンス条項を読みます。
「Windowsを使うためのライセン
ス条項に同意します」を選択し、
「同意する」をクリックします。
3. 画面上の指示に従って基本設定を行います。
• パーソナル設定
• 設定
4. 基本設定が完了すると、Windows®8のビデオチュートリアルが
表示されます。チュートリアルではWindows®の機能を学ぶこ
とができます。
5. ユーザーアカウントにサインすると、スタート画面が表示され
ます。
Windows 8 ロック画面
Windows®8 を起動すると、Windows®8 ロック画面が表示されます。
ロック画面をタップする、またはキーボードの任意キーを押して、次
に進みます。
EB1505 PC
29
Windows® UI
Windows 8のWindows® ユーザーインターフェース(UI)はタイル
表示のユーザーインターフェースです。次の各機能を利用すること
ができます。
日
本
語
スタート画面
Windows®8にサインイン後に表示され、使用したいプログラムを
一括表示することができます。
ユーザーアカウント
ライブタイル
ライブタイル用ズームイン/ズームアウト
30
EB1505 PC
Windows®アプリ
これらアプリはスタート画面にピン留めされており、
タイル形式で
表示されます。
日
本
語
重要:Windows®アプリの利用には画面解像度1024×768ピクセル
以上が必要です。
注:特定のアプリはその機能を十分活用するため、Microsoftアカウン
トでのサインインが必要になる場合があります。
ホットスポット
プログラムの起動、PCの各種設定を行います。各機能はマウスで
有効にすることができます。
起動済みアプリのホットスポット
EB1505 PC
31
スタート画面上のホットスポット
日
本
語
注:ホットスポットの各機能は次項をご参照ください。
32
EB1505 PC
ホットスポット
操作
左上
マウスのポインターをこの位置まで移動し、最
近使用したアプリのサムネイルをクリックする
と、そのアプリが表示されます。
日
本
語
複数のアプリを起動した状態で、下方向にス
ライドすると、起動しているアプリが表示され
ます。
左下
起動中のアプリから:
マウスのポインターをこの位置まで移動し、ス
タート画面のサムネイルをクリックすると、スタ
ート画面に戻ります。
注:キーボード上のWindows®キー
を押してもスタート画面に戻ります。
スタート画面から:
マウスのポインターをこの位置まで移動し、起
動中アプリのサムネイルをクリックすると、その
アプリが表示されます。
上面
マウスのポインターを手のアイコンに切り替わ
るまで移動します。アプリをドラッグ&ドロップ
し、別の場所へ移動することができます。
注:このホットスポット機能は起動中のア
プリ、またはスナップ機能を使用する場
合にのみ動作します。詳細は
「Windows®アプリと一緒に使用する」の
「スナップ機能」をご参照ください。
右上、右下
右上、右下マウスのポインターをこの位置まで
移動すると、チャームバーが起動します。
EB1505 PC
33
Windows®アプリと一緒に使用する
PCのキーボードやマウスでアプリの起動とカスタマイズを行います。
日
本
語
アプリの起動
•
アプリの上にマウスのポインターを当て、左クリックして起動し
ます。
•
を2回押し、
カーソルキーでアプリを選択します。
を押すと、選択したアプリが起動します。
アプリのカスタマイズ
スタート画面上のアプリの移動、サイズ変更、ピンの解除は次の手
順で行います。
アプリの移動
アプリを移動するには、アプリ上をタップしたまま移動する場所ま
でドラッグします。
アプリのサイズ変更
アプリのサイズ変更をするには、アプリを右クリックし、
をタップします。
または
アプリのピンの解除
スタート画面のアプリのピンを解除するには、アプリ上で右クリック
し、設定メニューを表示し、
をタップします。
34
EB1505 PC
アプリを閉じる
起動中のアプリの画面から
を押します。
日
本
語
アプリ画面にアクセスする
スタート画面にピン留めされたアプリ以外に、アプリ画面から他の
アプリを開くことができます。
水平スクロールバー
アプリ画面を起動する
スタート画面上を右クリック、または
アプリアイコンをクリックします。
を押し、すべての
スタート場面にアプリをピン留めする
1. スタート画面にピン留めしたいアプリの上にマウスのポインタ
ーを当てます。
2. アプリ上で右クリックし、設定を適用します。
3.
をクリックします。
EB1505 PC
35
チャームバー
チャームバーは画面右側に表示されるツールバーです。アプリの
共有などの操作やPCのカスタマイズ設定へ簡単にアクセスするこ
とができます。
日
本
語
チャームバー
チャームバーの起動
注:チャームバーは起動すると、上の画面のように表示されます。
マウスまたはキーボードでチャームバーを起動します。
•
マウスのポインターを画面右上または右下に移動します。
•
36
EB1505 PC
を押します。
チャームバーのコンテンツ
日
本
語
検索
PC内のファイルやアプリ、
プログラムを検索します。
共有
ソーシャルネットワークサイトやメールなどを使用し、アプ
リを供給します。
スタート
画面をスタート画面に戻します。
スタート画面から使用して
いたアプリに戻ることもできます。
デバイス
外付けモニターやプリンター等、PCに接続したデバイスに
関する操作を行います。
設定
PCの各種設定を行います。
EB1505 PC
37
スナップ機能
ノートパソコン上で2つのアプリケーションを同時に操作すること
ができます。
この機能を有効にすると、スナップした際にサイドバー
が表示され、ディスプレイを2分割します。
日
本
語
重要:スナップ機能の利用には、1366×768ピクセル以上の解像度
が必要です。
スナップを有効にする
スナップバー
本機のマウスまたはキーボードでスナップ画面を起動します。
マウスの使用
1. スナップするアプリを起動します。
2. マウスのポインターを画面の上側に移動します。
3. ポインターが手のアイコンに切り替わったら、アプリをディ
スプレイパネルの左側/右側にドラッグ&ドロップします。
4. 他のアプリを起動します。
38
EB1505 PC
キーボードの使用
日
本
語
1.����������������
スナップするアプリを起動します。
2.�
を押します。
3. アプリを切り替えるには、
を押します。
その他キーボードのショートカット
キーボードの各ショートカットを使用し、アプリの起動や
Windows®の操作を行うことができます。
\
スタート画面と最後に使用した起動中アプリを切り
替えます
デスクトップを起動します
デスクトップモードでコンピューターウィンドウを起
動します
ファイル検索画面を開きます
共有画面を開きます
設定画面を開きます
EB1505 PC
39
ロック画面を有効にします
日
本
語
Internet Explorerウィンドウを最小化します
「セカンドスクリーン」画面を開きます
アプリ検索画面を開きます
実行ウィンドウを開きます
「Ease of Access Center」を開きます
設定検索画面を開きます
Windows®ツールのメニューボックスを開きます
虫眼鏡アイコンを表示し、画面をズームイン表示し
ます
画面をズームアウト表示します
ナレーター設定を開きます
プリントスクリーン機能を有効にします
40
EB1505 PC
PCをOFFにする
次のいずれかの手順でPCの電源をOFFにします。
•
チャームバーをタップし、
「シャットダウン」をタップします。
•
ログイン画面から
「シャットダウン」をタップします。
•
PCからの応答がない場合は、電源ボタンを約4秒間押し続け、
強制終了を行います。
日
本
語
注:強制終了を行うと、アプリケーションで保存していないデータは
失われる可能性があります。
PCをスリープ状態にする
電源ボタンを1度押すと、スリープ状態に移行します。
UEFI BIOS Utilityを起動する
UEFI BIOS Utilityはではシステムの起動に必要なハードウェア設定
を保存することができます。
UEFI BIOSのデフォルト設定は殆どの環境で最適なパフォーマンス
を実現できるよう保存されています。以下の状況以外では、デフォ
ルト設定ままで使用することをお勧めします
• システム起動中にエラーメッセージが表示され、UEFI BIOS
Utilityを起動するように指示があった場合。
• UEFI BIOSの設定を必要とするコンポーネントをシステムに取り
付けた場合。
警告:不適切な設定を行うと、システムが起動しない、または不安定
になるといった症状が出ることがあります。設定を変更する際は、専
門知識を持った技術者等のアドバイスを受けることを強くお勧めし
ます。
EB1505 PC
41
UEFI BIOSを起動する
本機では次の方法でUEFI BIOSへのアクセスが可能です�
。
日
本
語
• システムを起動する前にクリップ等の先の尖った物でこのキー
を押すと、UEFI BIOSを起動することができます。
BIOSキー
• 電源投入後、POST時に<F2>を押します。
注:POST (Power-On Self Test)はシステム起動時に実行されるソフ
トウェア制御によるシステム自己診断テストです。
Windows® 8の標準機能を利用してUEFI BIOSの設定画面を開く
1.スタート画面上でチャームバーを起動し、
「設定」→「PC設定の
変更」の順にクリックします。
2.「全般」をクリックし、画面右側のメニューを一番下までスクロ
ールします。
3. 「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」
をクリックします。
4. 「お待ちください」のメッセージが出た後に「オプションの選
択」画面が出現します。
5.「オプションの選択」で「トラブルシューティング」をクリックし、
「詳細オプション」をクリックします。
6.「UEFIファームウェアの設定」をクリックし、次の画面で「再起
動」をクリックします。
7.再起動をする際、画面に表示される<F2>のキー操作なしに
UEFI BIOSを開くことができます。
42
EB1505 PC
Chapter 4:
インターネットへの接続
日
本
語
有線/無線/Wi-Fi 接続により、本機または本機からメールボックス
へのアクセス、インターネットサーフィン、
ソーシャルネットワークサ
イトのアプリの共有が可能です。
Windows 8環境での接続
Wi-Fi接続
1. スタート画面または任意のアプリからチャームバーを起動します。
注:詳細は、
「Windows® アプリと一緒に使用する」の「チャームバー」
をご参照ください。
チャームバー
2. チャームバーの「設定」を選択し、ネットワークアイコンをクリッ
クします。
EB1505 PC
43
3. リストから接続する無線ネットワークを選択します。
日
本
語
4. 「接続」をクリックします。
注:セキュリティ設定された無線ネットワークへの接続には、セキュリ
ティキーの入力が必要な場合があります。
44
EB1505 PC
有線接続
1. LANケーブルを使用し、PCをDSL/ケーブルモデムまたは
LANに接続します。
日
本
語
DSL/ケーブルモデム
Modem
RJ-45 cable
LAN
LAN
RJ-45 cable
動的IP(ダイナミックIP)ネットワーク接続の設定
手順
1. スタート画面から
「デスクトップ」をクリックし、デスクトップモー
ドを起動します。
EB1505 PC
45
2. タスクバーのネットワークアイコンを右クリックし、
「 ネットワー
クと共有センターを開く」をクリックします。
日
本
語
3. ネットワークと共有センター画面で「アダプターの設定の変更」
をクリックします。
4. ローカルエリア接続を右クリックし、
「プロパティ」を選択します。
5. 「インターネットプロトコル
バージョン4(TCP/IPv4)」を
クリックし、
「プロパティ」をク
リックします。
6. 「IPアドレスを自動的に取得する」をクリックし、
「OK」をクリッ
クします。
注:PPPoE接続を使用している場合は、次の手順に進みます。
46
EB1505 PC
7. 「ネットワークと共有センタ
ー」に戻り、
「新しい接続ま
たはネットワークのセットア
ップ」をタップします。
日
本
語
8. 「インターネットに接続しま
す」
を選択し、
「次へ」
をクリッ
クします。
9. 「ブロードバンド(PPPoP)」
を選択し、
「次へ」をクリックし
ます。
10. ユーザー名、パスワード、
接続名を入力します。
「接続」をクリックします。
11. 接続が成功したら、
「閉じ
る」をクリックし、設定は完
了です。
12. タスクバーのネットワーク
アイコンをクリックし、設定
した接続をクリックします。
13. ユーザー名とパスワードを入力します。
「接続」をクリックしてイ
ンターネットに接続します。
EB1505 PC
47
静的IP(スタティックIP)ネットワーク接続の設定
手順
日
本
語
1. 静的IPを使用する場合も、
「動的IP(ダイナミックIP)ネットワーク
接続の設定」の手順1~4まで同様の設定を行います。
2
「次のIPアドレスを使う」を選択します。
3. 「IP アドレス」、
「サブネット マ
スク」、
「デフォルト ゲートウェ
イ」の欄を入力します。
4. 必要に応じて「優先 DNS サー
バー」の欄にアドレスを入力し
ます。
5. 設定が終了したら、
「OK」をクリ
ックします。
48
EB1505 PC
Chapter 5:
システムをリカバリーする
日
本
語
Windows8でのリカバリーオプション
PCのリセット
システムをリカバリーする
PCのリフレッシュ
Windows® 8の新たな機能で、PCの動作が不安定なとき等に、お客
様のデータや設定を削除せずに短時間でシステムのリフレッシュ
を試みることができます。
重要:
・ 個人用ファイルとパーソナル設定は変わりません。
・ PCの設定は初期状態に戻ります。
・ Windows® ストアーからインストールしたアプリは残りま
す。
・ ディスクまたはWebサイトからインストールしたアプリは削
除されます。
・ 削除されたアプリの一覧はデスクトップに保存されます。
手順
1.スタート画面上でチャームバーを起動し、
「設定」→「PC設定の
変更」の順にクリックします。
2. 「全般」をクリックし、画面右側のメニューを一番下までスクロ
ールします。
3. 「PCをリフレッシュする」の下にある
「開始する」
をクリックします。
4. 確認画面で「次へ」をクリックすると、
「お待ちください」の画面が
出現します。
5. 「PCをリフレッシュする準備が出来ました」の画面で「リフレッ
シュ」をクリックします。
EB1505 PC
49
6. 「再起動しています」の画面の後にPCが再起動されリフレッシ
ュが開始されます。
日
本
語
7.Windows® のセットアップと異なり、アカウント等の設定入力は
求められずにリフレッシュが完了します。
PCのリセット
「PCを初期状態に戻す」オプションでPCを工場出荷時の設定に戻
すことができます。
重要:リカバリーを行うと、データは全て削除されます。実行する前
にデータのバックアップを実施してください。
Windows® 8の標準機能でリカバリーを実施する
手順
1.スタート画面上でチャームバーを起動し、
「設定」→「PC設定の
変更」の順にクリックします。
2. 「全般」をクリックし、画面右側のメニューを一番下までスクロ
ールします。
3.「すべてを削除してWindows を再インストールする」の下にあ
る「開始する」をクリックします。
4. 確認画面で「次へ」をクリックすると、
「お待ちください」の画面が
出現します。
5.「PCに複数のドライブがあります」の画面で「Windows がイン
ストールされているドライブのみ」をクリックします。
50
EB1505 PC
6. 「ドライブを完全にクリーンアップしますか?」の画面で「ファイ
ルの削除のみ行う」をクリックします。
日
本
語
注:
「ドライブを完全にクリーンアップをする」を選択した場合、PCの
構成によっては作業に半日以上を費やす場合があります。
7. 「PCを初期状態に戻す準備ができました」の画面で「初期状態に
戻す」
をクリックします。
8. 「再起動しています」の画面の後にPCが再起動されPCを初期
状態に戻す作業が開始されます。
9. Windows® の初回セットアップと同様に「ライセンス条項」の同
意とアカウント等の設定入力が必要となります。
<F9>キーを利用してリカバリーを開始する
PCでは起動時に<F9>キーを利用した下記の方法でもリカバリー
が開始可能です。
手順
1. 起動ロゴが表示されたら、キーボードの「F9」を押します。
2. 「トラブルシューティング」をクリックします。
3. 「PCを初期状態に戻す」を選択します。
4. 「次へ」をクリックします。
5. 「Windows がインストールされているドライブのみ」
を選択します。
6. 「ファイルの削除のみ行う」を選択します。
7. 「初期状態に戻す」をクリックします。
システムイメージファイルからのリカバリー
USBリカバリードライブを作成し、
リカバリーの際に使用することが
できます。
USBリカバリードライブの作成
注:USBリカバリードライブの作成は任意となりますが、万が一のシ
ステムトラブルに備え、PCが正常動作している間にUSBリカバリード
ライブを作成し、保管することをお勧めいたします。
警告:リカバリードライブの作成を実施すると、USBストレージデバイ
ス内のファイルは全て削除されます。
リカバリードライブ作成の前に、
重要なデータのバックアップを実施してください。
EB1505 PC
51
手順
1. すべてのアプリ画面からコントロールパネルを開きます。
日
本
語
2. コントロールパネルのシステムセキュリティで、
「問題の発見と
解決」をクリックします。
3. 「回復」→「回復ドライブの
作成」の順にクリックし、
「回
復パーティションをPCから回
復ドライブにコピーします。」
にチェックが入っていること
を確認します。
4. 「次へ」をクリックします。
5. リカバリーファイルを保存す
るUSBストレージデバイスを
選択します。
6. 「次へ」をクリックします。
7. 「作成」をクリックします。作
業完了まで暫く時間がかか
ります。
8. 作業が完了したら
「完了」をク
リックします。
52
EB1505 PC
作成したリカバリードライブを利用してWindows® を工場出
荷時の状態に戻す
日
本
語
注:下記の手順は内蔵HDDにパーティションが存在しない場合を想
定しています。
手順
1. PCの電源を切った状態で、一度ACアダプターをPC本体から取
り外し、再度ACアダプターをPC本体に接続します。
2. Windows® 8上で作成したリカバリードライブをUSBポートに
装着します。
3. PCの電源を投入後、POST中に<F8>キーを押し、
ブートデバイス
の選択画面を表示します。
4. ブートデバイスの選択画面に表示されているリカバリードライ
ブを選択します。
(この画面はキーボードのみ操作可能)
5. 「キーボードのレイアウトの選択」が表示されたら、
ご利用
のキーボードタイプを選択します。(日本語キーボードでは「
Microsoft IME」を選択)
6. 「トラブルシューティング」を選択してクリックします。
7. 「PCを初期状態に戻す」を選択してクリックします。
8. 「次へ」をクリックします。
9. 「はい、
ドライブのパーティション分割をやり直します」を選択し
ます。
10. 「ファイルの削除のみを行う」を選択します。
注:
「ドライブを完全にクリーンアップをする」を選択した場合、PCの
構成によっては作業に半日以上を費やす場合があります。
11. 「初期状態に戻す」をクリックするとリカバリー作業が開始さ
れます。
EB1505 PC
53
Chapter 6:付録
ご注意
日
本
語
REACH(原文)
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorization,
and Restriction of Chemicals) regulatory framework, we publish the
chemical substances in our products at ASUS REACH website at
http://csr.asus.com/english/REACH.htm
ASUS Recycling/Takeback Services
ASUS recycling and takeback programs come from our commitment
to the highest standards for protecting our environment. We believe
in providing solutions for you to be able to responsibly recycle our
products, batteries, other components, as well as the packaging
materials. Please go to http://csr.asus.com/english/Takeback.htm for
the detailed recycling information in different regions.
筐体のコーティングについて
重要:感電などを防ぐため、本機は絶縁性のあるコーティング材を使
用しています
(出入力ポート搭載部分を除く)
。
Federal Communications Commission Statement(原文)
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is
subject to the following two conditions:
• This device may not cause harmful interference, and
• This device must accept any interference received including
interference that may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits
for a Class B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These
limits are designed to provide reasonable protection against harmful
interference in a residential installation. This equipment generates,
uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and
used in accordance with manufacturer’s instructions, may cause
harmful interference to radio communications. However, there is no
guarantee that interference will not occur in a particular installation. If
this equipment does cause harmful interference toradio or television
reception, which can be determined by turning the equipment off
and on, the user is encouraged to try to correct the interference by
one or more of the following measures:
54
EB1505 PC
• Reorient or relocate the receiving antenna.
• Increase the separation between the equipment and
receiver.
• Connect the equipment to an outlet on a circuit different from
that to which the receiver is connected.
• Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for
help.
CAUTION: Any changes or modifications not expressly
approved by the grantee of this device could void the user’s
authority to operate the equipment.
日
本
語
RF exposure warning
This equipment must be installed and operated in accordance
with provided instructions and the antenna(s) used for this
transmitter must be installed to provide a separation distance
of at least 20 cm from all persons and must not be co-located or
operating in conjunction with any other antenna or transmitter.
End-users and installers must be provide with antenna
installation instructions and transmitter operating conditions
for satisfying RF exposure compliance.
Declaration of Conformity (R&TTE directive 1999/5/EC)
The following items were completed and are considered
relevant and sufficient:
• Essential requirements as in [Article 3]
• Protection requirements for health and safety as in [Article
3.1a]
• Testing for electric safety according to [EN 60950]
• Protection requirements for electromagnetic compatibility in
[Article 3.1b]
• Testing for electromagnetic compatibility according to [EN 301
489-1] & [EN 301 489-17]
• Effective use of the radio spectrum as in [Article 3.2]
• Radio test suites according to [EN 300 328-2]
EB1505 PC
55
France Restricted Wireless Frequency Bands
Some areas of France have a restricted frequency band. The
worst case maximum authorized power indoors are:
日
本
語
• 10mW for the entire 2.4 GHz band (2400 MHz–2483.5 MHz)
• 100mW for frequencies between 2446.5 MHz and 2483.5 MHz
注:Channels 10 through 13 inclusive operate in the band 2446.6
MHz to 2483.5 MHz.
There are few possibilities for outdoor use: On private property
or on the private property of public persons, use is subject
to a preliminary authorization procedure by the Ministry of
Defense, with maximum authorized power of 100mW in the
2446.5–2483.5 MHz band. Use outdoors on public property is not
permitted.
In the departments listed below, for the entire 2.4 GHz band:
• Maximum authorized power indoors is 100mW
• Maximum authorized power outdoors is 10mW
Departments in which the use of the 2400–2483.5 MHz band is
permitted with an EIRP of less than 100mW indoors and less than
10mW outdoors:
56
01
Ain
02
Aisne
03
Allier
05
Hautes Alpes
08
Ardennes
09
Ariège
11
Aude
12
Aveyron
16
Charente
24
Dordogne
25
Doubs
26
Drôme
32
Gers
36
Indre
37
Indre et Loire
41
Loir et Cher
45
Loiret
50
Manche
55
Meuse
58
Nièvre
59
Nord
60
Oise
61
Orne
63
Puy du Dôme
64
Pyrénées Atlantique
66
P y r é n é e s 67
Orientales
Bas Rhin
70
Haute Saône
71
Saône et Loire
75
Paris
82
Tarn et Garonne
84
Vaucluse
88
Vosges
89
Yonne
90
Territoire de 94
Belfort
EB1505 PC
Val de Marne
This requirement is likely to change over time, allowing you to
use your wireless LAN card in more areas within France. Please
check with ART for the latest information (www.art-telecom.fr)
日
本
語
注:Your WLAN Card transmits less than 100mW, but more than
10mW.
Canadian Department of Communications Statement
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for
radio noise emissions from digital apparatus set out in the
Radio Interference Regulations of the Canadian Department of
Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
IC Radiation Exposure Statement for Canada
This equipment complies with IC radiation exposure limits set
forth for an uncontrolled environment. To maintain compliance
with IC RF exposure compliance requirements, please avoid
direct contact to the transmitting antenna during transmitting.
End users must follow the specific operating instructions for
satisfying RF exposure compliance.
Operation is subject to the following two conditions:
• This device may not cause interference and
• This device must accept any interference, including interference
that may cause undesired operation of the device.
EB1505 PC
57
CE Mark Warning
日
本
語
CE marking for devices without wireless LAN/Bluetooth
The shipped version of this device complies with
the requirements of the EEC directives 2004/108/EC
“Electromagnetic compatibility” and 2006/95/EC “Low voltage
directive”.
CE marking for devices with wireless LAN/ Bluetooth
This equipment complies with the requirements of Directive
1999/5/EC of the European Parliament and Commission from
9 March, 1999 governing Radio and Telecommunications
Equipment and mutual recognition of conformity.
Wireless Operation Channel for Different Domains
58
N. America
2.412-2.462 GHz
Ch01 through CH11
Japan
2.412-2.484 GHz
Ch01 through Ch14
Europe ETSI
2.412-2.472 GHz
Ch01 through Ch13
EB1505 PC
ENERGY STAR complied product
ENERGY STAR is a joint program of the U.S.
Environmental Protection Agency and the
U.S. Department of Energy helping us all save
money and protect the environment through
energy efficient products and practices.
日
本
語
All ASUS products with the ENERGY STAR logo
comply with the ENERGY STAR standard, and
the power management feature is enabled
by default. The monitor and computer are automatically set to
sleep after 15 and 30 minutes of user inactivity. To wake your
computer, click the mouse or press any key on the keyboard.
Please visit http://www.energy.gov/powermanagement for
detail information on power management and its benefits
to the environment. In addition, please visit http://www.
energystar.gov for detail information on the ENERGY STAR joint
program.
注:Energy Star is NOT supported on FreeDOS and Linux-based
products.
電気・電子機器に含有される化学物質の表示について
資源有効利用促進法では、JIS C 0950:2008(J-Moss)の定める規
格により、製造元に対し特定の電気・電子機器に含まれる化学物質
の情報提供を義務付けています。J-Moss とは、電気・電子機器に含
有される化学物質の表示に関するJIS規格の略称で、正式名称は
「The marking when content other than exemption does not
exceed reference value of percentage content(電気・電子機器の
特定の化学物質の含有表示方法)」です。なお、
この規格は2008年
8月1日より適用されています。
この規格に関する詳細情報は巻末の表、またはASUSのサイト
(http://green.asus.com/english/)に記載の「The marking when
content other than exemption does not exceed reference value
of percentage content(電気・電子機器の特定の化学物質の含有
表示方法)」をご参照ください。
EB1505 PC
59
EC Declaration of Conformity
We, the undersigned,
日
本
語
ASUSTek COMPUTER INC.
Manufacturer:
Address, City:
No. 150, LI-TE RD., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN R.O.C.
Country:
TAIWAN
Authorized representative in Europe:
ASUS COMPUTER GmbH
Address, City:
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
Country:
GERMANY
declare the following apparatus:
Product name :
EeeBox PC
Model name :
EeeBox EB1021, EB1020
conform with the essential requirements of the following directives:
2004/108/EC-EMC Directive
EN 55022:2006+A1:2007
EN 61000-3-2:2006
EN 55013:2001+A1:2003+A2:2006
EN 55024:1998+A1:2001+A2:2003
EN 61000-3-3:2008
EN 55020:2007
1999/5/EC-R &TTE Directive
EN 300 328 V1.7.1(2006-05)
EN 300 440-1 V1.4.1(2008-05)
EN 300 440-2 V1.2.1(2008-03)
EN 301 511 V9.0.2(2003-03)
EN 301 908-1 V3.2.1(2007-05)
EN 301 908-2 V3.2.1(2007-05)
EN 301 893 V1.4.1(2005-03)
EN 50360:2001
EN 50371:2002
EN 62311:2008
EN 50385:2002
EN 301 489-1 V1.8.1(2008-04)
EN 301 489-3 V1.4.1(2002-08)
EN 301 489-4 V1.3.1(2002-08)
EN 301 489-7 V1.3.1(2005-11)
EN 301 489-9 V1.4.1(2007-11)
EN 301 489-17 V1.3.2(2008-04)
EN 301 489-24 V1.4.1(2007-09)
EN 302 326-2 V1.2.2(2007-06)
EN 302 326-3 V1.3.1(2007-09)
EN 301 357-2 V1.3.1(2006-05)
2006/95/EC-LVD Directive
EN 60950-1:2001+A11:2004
EN60065:2002+A1:2006
EN 60950-1:2006
EN 60950-1:2006+A11:2009
2009/125/EC-ErP Directive
Regulation (EC) No. 1275/2008
Regulation (EC) No. 278/2009
EN 62301:2005
EN 62301:2005
Regulation (EC) No. 642/2009
EN 62301:2005
CE marking
(EC conformity marking)
Position : CEO
Name :
Jerry Shen
Year to begin affixing CE marking:2011
60
EB1505 PC
Signature : __________
ASUSコンタクトインフォメーション
ASUSTeK COMPUTER INC.
住所:
電話:
ファックス:
電子メール:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
オンラインサポート:
日
本
語
15 Li-Te Road, Peitou, Taipei, Taiwan 11259
+886-2-2894-3447
+886-2-2890-7798
info@asus.com.tw
www.asus.com.tw
+86-21-38429911
support.asus.com
ASUS COMPUTER INTERNATIONAL(アメリカ)
住所:
電話:
ファックス:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
サポートファックス:
オンラインサポート:
800 Corporate Way, Fremont, CA 94539, USA
+1-812-282-3777
+1-510-608-4555
usa.asus.com
+1-812-282-2787
+1-812-284-0883
support.asus.com
ASUS コールセンター(日本)
電話:
0800-123-2787
※携帯電話やPHSなど、サポート受付電話番号をご利用できない場合 047-390-5630 (通話料お客様負担)
ファックス:
047-390-5630
Webサイト:
http://www.asus.co.jp/
オンラインサポート:
http://vip.asus.com/eservice/techserv.aspx
Manufacturer
ASUSTeK Computer Inc.
Tel:
+886-2-2894-3447
Address: 4F, No. 150, LI-TE RD., PEITOU, TAIPEI
112, TAIWAN R.O.C
Authorised
representative
in Europe
ASUSTeK Computer GmbH
Address: HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN,
GERMANY
EB1505 PC
61
日
本
語
62
EB1505 PC
Download PDF