Ricoh | Capio GX | デジタルカメラCaplio GX

デジタルカメラCaplio GX
デジタルカメラCaplio GX
Caplio GX,Digital Camera by Ricoh
久松 成一*
大橋 和泰**
篠原 純一*
入沢 茂*
Seiichi HISAMATSU
Kazuyasu OHASHI
Junichi SHINOHARA
Sigeru IRISAWA
牧 隆史
*
渡邊 義一
Takashi MAKI
*
吉田 彰宏
*
Yoshikazu WATANABE Akihiro YOSHIDA
要
旨
Caplio GXは,カメラメモ機能等を搭載したソリューションモデルと有効513万画素CCDを採
用した高画質モデルという2面性を持つデジタルカメラであり,特徴は以下の通りである.
1) 28~85mm相当の広角3倍ズームレンズ
2) 有効513万画素CCD
3) 絞り優先/マニュアル露光モード搭載
4) レリーズタイムラグ0.12秒
5) リチウム・単三・ACの3電源対応
6) カメラメモ/USBダイレクトプリント機能
7) 1cm/AFターゲット移動機能マクロ撮影
8) アダプタ方式採用による光学系拡張機能
ABSTRACT
Caplio GX is a digital camera having 2 nature named the high-resolution model who adopted solution
model that carried camera memo functions, 5.13mega-pixel of effective CCD, and a characteristic is as
follows
1) Wide-angle three times zoom lens of 28-85mm equivalent
2) 5.13mega-pixel of effective CCD
3) The crepe priority / manual exposure mode deployment
4) The achievement of a shutter response is 0.12 second
5) Choice of three power sources – Lithium-ion battery,AA batteries and AC adapter
6) A camera memo /USB direct print function
7) 1cm/AF target locomotive function macro photography
8) An optical system expansion function by adapter system adoption
* パーソナルマルチメディアカンパニー ICS事業部
Image Capturing Solution Division,Personal Multimedia Products Company
** 画像技術開発本部 OE開発室
Opt-Electronics Development Department, Imaging Technology Division
Ricoh Technical Report No.30
177
DECEMBER, 2004
1.背景と目的
3.製品の特徴
デジタルカメラ市場は世界規模での急成長が続いており,
3-1
購買層および用途は急速に広がっている.
撮影レンズ
このような状況の中で,リコーとしては『撮影領域の拡
大』をキーワードに掲げ,時間軸や空間軸での撮影領域の拡
大という意味で,より速く,より広く,より高精細に撮影で
きるカメラとして,28mm広角ズームレンズを搭載した500万
画素モデル Caplio GXを開発した.
本稿ではCaplio GXの主な特徴を中心に記載する.
2.製品の概要
本機の主な仕様をTable.1に,全体外観をFig.1に示す.
Table 1
Fig.1
Specification of Caplio GX.
<静止画>圧縮:JPEG(Exif ver.2.21)非圧縮(TIFF)
DCF準拠 DPOF対応
記録フォーマット <文字モード>TIFF(MMR方式)
<動
画>AVI(Open DML Motion JPEGフォー
マット準拠)
<音
声>WAV(Exif ver.2.21)
SDメモリーカード/マルチメディアカード,
記録媒体
内蔵メモリー(16MB)
撮像素子
Caplio GXの撮影レンズは,以下の基本要求に応えるべく,
開発したものである.
(1)
(2)
<静止画>2592×1944,2048×1536,1280×960,640×480
<文字モード>2560×1920,2048×1536
<動 画>320×240,160×120
静止画(連写,S連写,M連写),絞り優先/マニュ
記録モード
アル露光,シーン(ポートレート,スポーツ,遠景,夜
景,文字,高感度)動画,音声
<静止画>2592×1944 NC:1枚
F:7枚
N:13枚
2048×1536
F:10枚
N:20枚
記録枚数(16MB)
1280×960
F:20枚
N:39枚
640×480
N:141枚
<動 画>320×240 44秒,160×120 158秒
記録時間(16MB) <音
声>33分53秒
焦点距離 f:5.8~17.4(35mm換算28~85mm)
レンズ
明るさ(F値)F2.5(W)-4.3(T)
レンズ構成 7群9枚
シャッター
撮影距離
1/1.8型500万画素以上のCCDに対応した,広角端28mm
相当からの3倍ワイドズーム
1/1.8型原色CCD有効画素513万画素
解像度
デジタルズーム
Caplio GX.
明るく,かつ,コンパクト(鏡胴ユニットにレンズバ
リアが内蔵可能なこと)
(3)
周辺部まで均一な像性能
ズームレンズの大口径化のためには,最も物体側に正の
屈折力のレンズ群を配置した正先行タイプが有利であるが,
広角端28mm相当の広画角化を実現しようとすると,前玉径
が非常に大きなものとなってしまう.本撮影レンズではコン
4倍(光学ズームと合せて最大12倍)
パクト化に有利な構成として,物体側から順に,負の屈折力
<静止画>30,15,8,4,2,1~1/2000秒(電子シャッター,
メカニカルシャッター併用)
<動 画>1/30~1/2000秒(電子シャッター)
約0.3m~∞(マクロ撮影範囲約0.01m~∞テレマクロ
撮影範囲約0.08m~∞)
を有する第1群,正の屈折力を有する第2群,正の屈折力を有
ISO感度
AUTO/64,100,200,400,800,1600
ファインダー
実像式光学ズ-ムファインダー
液晶モニター
1.8型 低温ポリシリコンTFT液晶 約13万画素
する第3群を配置してなる,いわゆる負正正3群ズームタイプ
を採用した.Fig.2に本撮影レンズの構成と,ズーミング時
の移動軌跡を示す.
第1群は高屈折率低分散ガラス非球面レンズ1枚を含む3群
フラッシュ
バッテリー
4枚構成(負・負・正負)である.広角化に重要な役割を果
オート(逆光時自動発光)/強制発光/スローシンク
ロ/発光禁止/赤目軽減
到達距離0.2m~5.0m(W) 0.15m~2.9m(T)
専用リチウムイオン充電池(DB-43オプション)
単三型電池(アルカリ/ニッケル水素充電池)
外形寸法
113.6mm(W)×29.0mm(D)×58.0mm(H)(突起部含まず)
質量
約205g(バッテリー/SDメモリーカード/ストラップ
は含まず)
たすレンズ群であり,非球面の効果によって広角端の歪曲収
差を十分に小さく補正すると共に,接合レンズの採用等に
よって倍率色収差の低減を図っている.
第2群は非球面レンズ2枚を最も物体側と最も像側に配置
した3群4枚構成(正・負正・正)である.物体側の非球面は
Ricoh Technical Report No.30
178
DECEMBER, 2004
主に球面収差の補正に寄与し,像側の非球面は主にコマ収
モニタリング駆動は,被写体のフレーミングや,AF
差・非点収差の補正に寄与している.変倍と結像のほとんど
(Auto Focus)・AE(Auto Exposure)・AWB(Auto White
を担当する第2群をこのような構成とすることにより,負先
Balance)をレンポンス良く制御するために垂直方向に画素
行タイプとしては大口径と言えるF2.5-4.3の明るさが確保で
の間引き・加算処理をCCD内部でおこなっている.具体的
きた.また,物体側の非球面レンズを光軸と直交する方向に
には18画素中4画素を垂直転送路に読み出し,更に水平転送
シフトすることで,他のレンズの偏心等による像面の倒れを
路で同色2画素を加算することにより,最終的には2ラインを
吸収できる設計としており,標準の工程に調整を盛り込むこ
出力する.よって,垂直方向に画像データを1/9に圧縮して
とによって,周辺部まで均一な解像力を得ている.
出力している.
第3群は正の非球面レンズ1枚で構成される.非球面は
一方,静止画駆動では3フィールド転送方式(フレーム転
ズーム全域およびフォーカシングを含めた収差のバランス取
送を,第1~第3フィールドに分割・順次転送する方式)を採
りに効果を上げている.
用し,メカシャッタとの併用により高解像度の撮影を可能に
以上,計7群9枚構成となる本撮影レンズは,広角端にお
している.1画面を多フィールドに分割し転送する方式は,
いても豊富な周辺光量を確保しながら,レンズバリアの設置
素子の小型化や多画素化に伴い減少傾向にあった取り扱い電
が可能な小径化を達成した.さらに,8つの面にマルチコー
荷量(垂直転送路内を流し得る電荷量)を従来品と同等に維
トを施し,不要なゴースト光も十分に低減している.
持するための解決策として,製品化された技術である.この
静止画転送方式は,いずれの転送フィールドにもRed・
第2群
第1群
第3群
Green・Blueの3色のセルを有するため,1つのフィールドで1
非球面レンズ
枚の静止画を作ることが可能である.この特徴は,高解像度
よりも高速に静止画像を記録することを優先する撮影モード
に活用でき,Caplio GXにおいても採用されている.
3-3
Wide
0.3m
∞
Fig.3,Fig.4にCaplio GXの鏡胴ユニット構成を示す.撮影
レンズは3群構成で,第1群と第2群はDCモータを用いたカム
Tele
Fig.2
鏡胴ユニット
Construction of Taking Lens.
駆動方式,第3群はパルスモータ直結リードスクリュー方式
である.
フォーカス調整を行う第3群にパルスモータ直結リードス
3-2
CCD(撮像素子)
クリュー方式を採用することにより駆動伝達系部材を削減し,
Caplio GXに搭載しているCCDは,単位画素サイズが2.775
小型化,消音化,AF高速化を実現している.
μm×2.775μm,総画素数が約530万(水平2668画素,垂直
ファインダユニットは撮影系の第1群と第2群を駆動する
1970画素),有効画素数が約513万(水平2616画素,垂直
カム部品上に一体的にファインダカム部を設け駆動すること
1960画素),光学サイズが1/1.8インチ型のインタラインタ
により駆動伝達系部材を用いず,小型化と部品点数の削減を
イプである.近年,市場においてデジタルカメラに対する小
可能としている.
型化の要求は強いが,その構成要素であるCCDにおいても
第2群に取り付けられたシャッタユニットの絞り部は3段
感度・飽和・S/N・スミアなどの諸特性を維持した上での縮
切替えで,ボケ像を考慮した円形開口を有する絞り板をムー
小化の対応は急速に進められている.このCCDは2004年6月
ミングマグネットモータによるダイレクト駆動で切替えてい
時点で500万画素クラスとしては最小サイズのものである.
る.
その駆動方式は,カメラの撮影状態により大きくモニタ
第1群に取り付けられたレンズバリアユニットは閉状態で
リング駆動と静止画駆動の2つに分けられる.
Ricoh Technical Report No.30
最も物体側に位置する第一レンズの曲率形状に合わせ,4枚
179
DECEMBER, 2004
あるバリア板のうちレンズ中心側に位置する2枚を物体側に
の電池に対応する接触力量と接点ストロークを確保するため
配置し,レンズ周辺側に位置する2枚のバリア板をレンズ側
に別々の接点を設けていたが,Caplio GXではFig.5-(2)に示す
に配置することによりバリアユニットとレンズとの近接配置
ようなトーションバネによる接点機構を採用し,両電池に対
を可能とし,鏡胴ユニット全体の光軸方向サイズの増加を抑
するマイナス極用接点を共通化した.これによって,2種類
え,また撮影系の広角化によるレンズ入射開口の大型化に対
の電池用のスペースを最小化し,カメラの薄型化を実現して
応している.
いる.
Fig.3
Outline view of Optical unit.
Fig.5
3-5
Layout of two kinds of Batteries.
処理高速化
Caplio GXでは従来の機種から比較して各種処理高速化が
行われている.第一に,撮影間隔の短縮が挙げられる.
Caplio GXは500万画素超のCCDを搭載しているため,基本設
Fig.4
Section of Optical unit.
計を共通とする300万画素クラスの従来機種と比較し,処理
する画素数が約1.6倍に増加している.このため,静止画撮
影におけるCCD転送や画像圧縮にかかる処理がこれに比例
3-4
3電源対応での本体小型化
して増大し,従来機と同じ処理方法では撮影間隔が2秒を超
本機はCaplio G3,G4シリーズを踏襲し,大容量のリチウ
えてしまう.Caplio GXでは,撮影後に行われる信号処理の
ムイオン2次電池,どこでも入手容易な単三電池,さらにAC
多重化により,次のレリーズ受付開始までの時間を従来機
アダプターの3電源に対応するシステムを採用しているが,
(Caplio G4wideの1.57秒)よりも短い1.2秒とすることを可
カメラ小型化のために電池室構造を大きく変更しているのが
能とした.
第二は,レリーズタイムラグのさらなる高速化である.
特徴である.従来機種ではFig.5-(1)に示すように,それぞれ
Ricoh Technical Report No.30
180
DECEMBER, 2004
Caplio GXではプログラム実行の優先順位を見直すことによ
メラとパソコンを接続したときのドライバーソフトの設定方
り,平均で従来の0.14秒から0.12秒へと短縮した.ここでい
法に関するものが多かった.Caplioレスキューを使えば,パ
うレリーズタイムラグは,AFモードでフォーカスロックを
ソコンの状態をチェックしてドライバーソフトを正しくイン
使用しない状態でシャッターを押し下げしてから露光が開始
ストールし,カメラからパソコンへ画像を取り込めるように
されるまでの時間であり,2004年6月時点で世界最速である.
詳細にガイダンスしてくれる.
第三は,起動時間の短縮である.Caplio GXでは,起動時
のレンズ駆動とシステムの初期化シーケンスの見直しにより,
G4wideよりも0.6秒高速化し,起動時間1.2秒を実現している.
3-6
4.今後の展開
昨今のデジタルカメラの性能向上は目覚しいものがある
絞り優先/マニュアル露光機能
が,カメラ付携帯電話の普及により,デジタルカメラに対し
GXでは新たに搭載された絞り優先モードでの使い勝手を
てはさらに高いレベルが求められることは必然である.その
向上させるため,アップダウンダイヤルを搭載している.
中で『撮影領域の拡大』を念頭に置き,画質,操作性,携帯
アップダウンダイヤルは絞り優先モードにおいて絞りの設定
性,省電力,速写性といった全ての面における更なる改良・
をしやすくする目的で使用されるほか,マニュアル露光機能
改善を実施し,よりお客様の要望に合致したデジタルカメラ
モードにおいては方向キーの上矢印を押しながら操作するこ
開発していくことが我々の使命である.しかも,社会ニーズ
とで,シャッター秒時の変更も同様に行える仕様としている.
に合わせてタイムリーに開発することが非常に重要である.
アップダウンダイヤルはこの他,メニュー画面中でのカーソ
ル移動や再生モードでの駒の送り戻しなどでも動作し,カメ
謝辞
ラ全体としての操作性向上に寄与している.
3-7
最後にCaplio GXの開発設計にあたり,社内外の多くの
使いやすさを追求したパソコン用ソフト
方々にご指導,ご支援を賜りましたことに深く感謝いたしま
ウェア
す.
Caplio GXでは,撮影された大量の画像を容易に分類でき
るように,個々の画像にテキスト情報,または音声情報をメ
タデータとして付加する『カメラメモ』機能を搭載している.
テ キ ス ト 情 報 は , あ ら か じめ パ ソ コ ン 用ソ フ ト ( List
Editor)で作成したメモリストをカメラに取り込み,撮影時
にはそのリストから選択することで,簡単な操作でメモ情報
を付加することができる.また,音声情報は,撮影時に録音
した音声をメモ情報として付加し,パソコン用ソフト(DU10x)で再生したり,音声認識によりテキストへ変換するこ
とができる.
カメラからパソコンへの画像の転送は,パソコン用ソフ
ト(Ricoh Gate La)により,USBケーブルでカメラを接続し
ただけで自動的に転送される.
さらに今回,上記のパソコン用ソフトのインストールや
設定などにまつわるトラブルを,パソコン初心者でも解決す
ることができるソフト(Caplioレスキュー)を追加した(日
本語版のみ).パソコンソフトの問い合わせは,はじめてカ
Ricoh Technical Report No.30
181
DECEMBER, 2004
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising