Asus B3402FVA Laptop User Manual

Add to My manuals
88 Pages

advertisement

Asus B3402FVA Laptop User Manual | Manualzz
J22765
初版 / 2024年3月
ユーザーマニュアル
COPYRIGHTについて
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含む、全
ての内容は、ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、放送、複写、検
索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証も行いません。ASUSの責任者、
従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、ビジネスチャンスの遺失、
データの損失、業務の中断などを含む) に対して、その可能性を事前に指摘したかどうかに関りなく、責
任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合がありますが、本
書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これらの権利を侵害する意図はあり
ません。
本マニュアルに記載される仕様および情報は、情報提供のみを目的として使用されるものであって、予告な
く変更される場合があり、また、ASUS による誓約として解釈されるべきものではありません。本書および
ハードウェア、ソフトウェアに関する不正確な内容についてASUSは責任を負いません。
Copyright © 2024 ASUSTeK COMPUTER INC.All Rights Reserved.
責任制限
ASUSの債務不履行またはその他の責任によりユーザーにASUSへ損害賠償を請求する権利が発生する場合が
あります。このような場合、ユーザーがASUSに対して損害賠償を請求する権利を有する根拠が何であるか
に関わらず、ASUSは、人身傷害(死亡を含む)、不動産・有形個人財産への損害、またはASUSの保証規定に
基づく法的義務の不履行または不作為に基づくその他の実質的かつ直接的な損害について、各製品に表示さ
れた契約価格を上限として賠償責任を負い、それ以上の賠償責任を負いません。
ASUSは、ASUSの保証規定に基づき、不法行為または侵害行為に基づく損失や損害、契約に基づく請求に対
してのみ賠償を含めた責任を負います。
この責任制限は、ASUSのサプライヤーおよびその販売代理店にも適用され、ASUS、サプライヤー、販売代
理店が負う責任の合計の限度額となります。
なお、たとえ、ASUS、サプライヤー、販売代理店がその可能性について知らされていたとしても、いかな
る状況においても、ASUSは以下の損害について責任を負いません。
(1) ユーザーに対する第三者からの損害賠償請求
(2) ユーザーの記録またはデータの損失または損傷
(3) 特別損害、付随損害、間接損害、または経済的結果的損害(逸失利益や貯蓄の損失を含む)
サービスとサポート
マルチ言語サポートサイトをご用意しています。英語で表示される場合は「Japan/日本語」を選択してくだ
さい。https://www.asus.com/jp/support/
また、モデルにより、MyASUSアプリを搭載しており、お使いの PC を使用する際に必要となる様々な機能
へのアクセスを簡単に行う事ができます。
利用可能な機能は、ASUSの提供する機能への簡単アクセス、お使いのPCの状態の確認やトラブルシュー
ティングなどのシステム診断、各種アプリや機能などの更新、パフォーマンスの最適化などとなり、ASUS
PCをより快適にご利用頂けます。詳細はhttps://www.asus.com/jp/support/FAQ/1038301/をご確認くださ
い。
※URLは予告なく変更される場合があります。その際は、ASUS 公式のサポートサイトから機能詳細をご確
認ください。
2
もくじ
本マニュアルについて..........................................................................................7
このマニュアルの表記について............................................................................ 8
アイコン............................................................................................................................ 8
表記..................................................................................................................................... 8
安全上の注意.............................................................................................................9
本機を使用する.............................................................................................................. 9
お手入れに関して......................................................................................................... 10
廃棄・リサイクルについて...................................................................................... 11
バッテリーの安全に関する情報............................................................................ 12
Chapter 1: ハードウェアのセットアップ
製品の概要..................................................................................................................16
前面..................................................................................................................................... 16
上部..................................................................................................................................... 20
底面..................................................................................................................................... 21
右側..................................................................................................................................... 23
左側..................................................................................................................................... 25
Chapter 2: 本機を使用する
使用の手引き.............................................................................................................30
本機の充電....................................................................................................................... 30
ディスプレイパネルを持ち上げる....................................................................... 32
電源ボタンを押す......................................................................................................... 32
タッチスクリーンパネルとタッチパッドの操作......................................33
タッチスクリーンパネルのタッチ操作.............................................................. 33
タッチパッドの操作.................................................................................................... 35
NumberPadの使用....................................................................................................... 42
キーボードを使用する..........................................................................................43
ホットキー....................................................................................................................... 43
ファンクションキー.................................................................................................... 45
Windowsキー.................................................................................................................. 45
ディスプレイパネルを回転させる..................................................................46
3
Chapter 3: Windowsを使用する
初めて起動するとき...............................................................................................50
スタートメニュー....................................................................................................51
Windowsアプリ........................................................................................................53
MyASUS 内の Splendid..........................................................................................54
ワイヤレスネットワークへの接続..................................................................56
Wi-Fi.................................................................................................................................... 56
Bluetooth.......................................................................................................................... 57
機内モード....................................................................................................................... 58
有線ネットワークへの接続.................................................................................59
本機の電源を切る....................................................................................................60
本機をスリープ状態にする.................................................................................61
4
Chapter 4: Power-On Self-Test(POST)
Power-On Self-Test(POST).............................................................................64
POSTを使用したBIOSへのアクセスとトラブルシューティング............ 64
BIOS................................................................................................................................64
BIOSへのアクセス........................................................................................................ 64
システムの回復.........................................................................................................65
回復オプションの実行............................................................................................... 66
Chapter 5: FAQとヒント
安全に使用するためのヒント............................................................................68
ハードウェアに関するFAQ.................................................................................70
ソフトウェアに関するFAQ.................................................................................73
Chapter 6: 付録
Legal information....................................................................................................78
USB-IF Trademark......................................................................................................... 78
Regulatory statements..........................................................................................79
Federal Communications Commission Interference Statement............. 79
5
FCC RF Exposure Information.................................................................................. 80
UL Safety Notices.......................................................................................................... 81
Power Safety Requirement....................................................................................... 82
TV Notices......................................................................................................................... 82
Macrovision Corporation Product Notice.......................................................... 82
聴覚障害を防ぐため.................................................................................................... 82
筐体のコーティングについて................................................................................. 82
Nordic Lithium Cautions(for lithium-ion batteries)................................. 83
Declaration of Compliance for Product Environmental Regulation...... 84
EU REACH and Article 33........................................................................................... 84
EU RoHS............................................................................................................................. 84
回収とリサイクルについて...................................................................................... 85
Ecodesign Directive..................................................................................................... 85
日本国内での無線周波数帯のご利用について................................................ 85
Japan JIS-C-0950 Material Declarations.............................................................. 85
ENERGY STAR® Qualified Product.......................................................................... 86
EPEAT Registered Products...................................................................................... 86
Wi-Fi 6Eに関する通知................................................................................................. 86
Simplified EU Declaration of Conformity........................................................... 87
6
本マニュアルについて
このマニュアルには本機のハードウェアとソフトウェアについての説明が
記載されており、以下のChapterから構成されています。
Chapter 1: ハードウェアのセットアップ
本機のハードウェアとコンポーネントについての説明が記載されて
います。
Chapter 2: 本機を使用する
本機の使用方法についての説明が記載されています。
Chapter 3: Windowsを使用する
本機でのWindowsの使用方法についての説明が記載されていま
す。
Chapter 4: Power-On Self-Test(POST)
POSTを使用した本機の設定変更方法についての説明が記載されて
います。
Chapter 5: FAQとヒント
よくある質問とその回答・ヒントが記載されています。
Chapter 6: 付録
製品の規格や海外の法令についての説明が記載されています。
注意: 本書で使用されている名称は正式なものではない可能性があ
ります。
7
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取り扱いいただくため、以下の表記をご参照ください。
重要: 作業を完了するために従わなければならない事項です。
注意: 作業を完了するためのヒント等の追加情報です。
警告: 作業を行う際、人体への危険を避けるため、または本機のコンポーネ
ントへの損害、本機内のデータの消失を避けるために、必ず従わなければな
らない事項です。
アイコン
タスクを完了するために使用するデバイスをアイコンで表しています。
= タッチスクリーンパネルを使用します
= タッチパッドを使用します。
= キーボードを使用します。
表記
太字
= 選択するメニューや項目を表示します。
<>
= 操作のために押す、キーボード上のキーです。
8
安全上の注意
本機を使用する
本機は5〜35℃の周辺温度でご使用ください。
入力定格は本機の底部に記載があります。ACアダプ
ターが対応していることを確認してください。
使用中、または充電中に本機が高温になることがあ
ります。火傷などの防止のため、本機を膝の上や体に
近づけた状態での使用はお控えください。本機の稼
働中は故障や事故の原因となりますので、人体、紙、
本、衣類、ケーブルまたはその他の物で通気孔は塞が
ないでください。
破損した電源コード、アクセサリーまたはその他の周
辺機器をご使用にならないでください。
電源がオンのまま本機を持ち運ばないでください。ま
たキャリーバッグに入れたり、カバーをしたりしないで
ください。通気が悪くなり故障の原因となります。
本機を平らでない、不安定な場所に置かないでくださ
い。
本機をX線装置(ベルトコンベアー)に通すことは問題
ありませんが、磁気センサーや磁気ワンドはお避けく
ださい。
多くの航空会社では、電子機器の使用に対して規定
を設けています。航空機内での本機の使用について
は、各航空会社にお問い合わせください。
9
お手入れに関して
本機のお手入れの際は、電源を切りACアダプターと
バッテリーパックが取り外し可能なモデルであれば
バッテリーパックも取り外してください。清潔なセル
ローススポンジまたはシャモア布を温水で湿らせて使
用してください。最後に乾いた布を使って余分な水分
を完全に取り除いてください。短絡または腐食を防止
するため、シャーシまたはキーボードの隙間に液体が
入らないようにしてください。
アルコール、シンナー、ベンジンなどの強力な溶剤ま
たは他の化学薬品を使用したり、本機の近くに置いた
りしないでください。
本機の上に物を置かないでください。
本機に強い磁気を近づけないでください。
液体・雨・湿気を避けてください。
本機をホコリや汚れの多い環境下に置かないでくだ
さい。
10
本機をガス漏れの恐れがある場所で使用しないでく
ださい。
ディスプレイパネルに対する電磁波干渉を防止するた
め、本機の近くに電源の入った電気デバイスを置かな
いでください。
本機を、
(変換可能な仮想通貨を得るために膨大な電
力と時間を消費する)仮想通貨マイニングおよび/ま
たは関連する作業に使用しないでください。
廃棄・リサイクルについて
本機やバッテリー (該当する場合) を一般廃棄物とし
て廃棄しないでください。本製品のコンポーネントの
中にはリサイクルできるよう設計されているものがあ
ります。なお、本製品は水銀ボタン電池を含む電子機
器です。本製品を一般ゴミとして廃棄しないでくださ
い。リサイクル、廃棄の際は電子機器の廃棄に関する
地域の条例等に従ってください。
バッテリーを一般ゴミとして廃棄しないでください。
リサイクル、廃棄の際は電子機器の廃棄に関する地域
の条例等に従ってください。
11
バッテリーの安全に関する情報
バッテリーの保護
•
高電圧で頻繁に充電すると、バッテリーの劣化は早まります。また、
モデルによってはバッテリー寿命を延ばすため、バッテリーを満充
電後、バッテリー残量が約90%以上を維持できている場合、こちら
を下回るまでバッテリー保護の機能が働き、その間は再充電を停止
する場合があります。
注意: バッテリーが充電を再開するレベルは、通常90%から99%の間に設定
されます。実際の値はモデルによって異なる場合があります。
•
•
12
高温な周辺環境でバッテリーを充電した場合、バッテリーの劣化や
寿命を早める可能性があります。バッテリーが高温、オーバーヒート
状態になると、充電に制限がかかり、停止する場合があります。こち
らはバッテリー保護の機能によるものです。
PC をシャットダウンして AC アダプターを取り外しても、わずかです
が電力は消費されます。よって、次回起動時に以前使用していた際
よりもバッテリー残量が減っている場合があります。
バッテリーのメンテナンス
•
•
•
•
•
本機を長期間使用しない場合は、バッテリーの充電はバッテリー容
量の50%程度にし、端末の電源をオフにしてACアダプターとの接続
もしないままにしてください。長期保管による過放電の影響を避け
るため3か月に1回、バッテリー容量の50%程度まで再充電すること
をお勧めします。
バッテリーの劣化を防ぐ為、高電圧での頻繁な充電はしないでくだ
さい。常時、電源からACアダプター経由で本機へ給電している場
合は、バッテリーへの負担を減らすため、少なくとも2週間に一度は
バッテリー容量の50%程度まで放電することをお勧めします。特定
モデルでは、バッテリーの劣化を軽減するための機能が搭載されて
いるので、そちらを使用して、バッテリーの充電容量を設定頂く事も
有効です。
バッテリーに最適な保管環境は周囲温度が10℃~35℃の間で、50%
程度のバッテリー残量が維持された状態です。特定モデルでは、
バッテリーの劣化を軽減するための機能が搭載されているので、そ
ちらを使用して、バッテリーの充電容量を設定頂く事も有効です。
バッテリー性能に影響が出る可能性がありますので、湿度が高い
環境下では保管しないでください。また低温にさらされるとバッテ
リー内部の化学成分が劣化することがあります。一方、温度が非常
に高い環境下では破裂する危険性があります。
本機およびバッテリーそのものをラジエーター、暖炉、ヒーターなど
の熱源の近くに置かないでください。温度が60℃を超えるとバッテ
リーが破裂したり、薬液が漏れたり、火災の原因となることがあり
ます。
13
14
Chapter 1:
ハードウェアのセットアップ
15
製品の概要
前面
注意: キーボードのレイアウトはお買い上げの国や地域により異なります。前
面の外観および仕様はモデルにより異なる場合があります。
16
アレイマイク
エコー除去、ノイズサプレッション、指向性録音機能を備えたアレ
イマイクです。音声認識性能が高くクリアな音声での録音が可能で
す。
Webカメラ用シールド
本機のカメラをカバーします。
カメラインジケーター
ディスプレイ上部に搭載の内蔵型カメラの使用時に点灯します。
※バージョンやモデルにより、仕様が異なる場合があります。
インカメラ
内蔵カメラにより、画像の撮影と動画の録画ができます。
360度調整可能なタッチスクリーンパネル
本機のタッチスクリーンパネルは、角度を360°調整することがで
きます。この機能によりノートPCがタッチ操作対応タブレットPCに
変身します。
本機のタッチスクリーンパネルは画像や動画、その他マルチメディ
アファイルの参照に卓越した視認性を発揮します。タッチ操作対応
ですので、タッチ操作で本機を操作することができます。
注意: タブレットPCとして使用する方法についての詳細は、
「ディス
プレイパネルを回転させる」をご参照ください。
17
アウトカメラ (特定モデルのみ)
内蔵カメラにより、画像の撮影と動画の録画ができます。
Caps Lockインジケーター
点灯時はCaps Lockが有効になっています。有効になっているとき
は、入力される文字は大文字(例、ABC)になります。無効になって
いるときは、入力される文字は小文字(例、abc)になります。
キーボード
クウォーティー(QWERTY)配列のキーボードには十分なストロー
クを持たせてあり、パームレストが付いているため快適な操作が
可能です。また、Functionキー <Fn>でのコマンドの実行も可能で
す。
注意: キーボードのレイアウトはお買い上げの地域により異なりま
す。
ファンクションキーロックインジケーター
点灯時は、ファンクションキー機能が有効になっています。
注意: 詳細は「キーボードを使用する」を参照してください。
18
タッチパッド/NumberPad (特定モデルのみ)
モデルによってはタッチパッドとNumberPadの機能を切り替えるこ
とができます。
指先を使用して、カーソルを移動したり画面に表示された項目を選
択することができます。タッチパッドはマウスと同等の機能を提供
するポインティングデバイスです。
注意: 詳細は「タッチパッドの操作」をご参照ください。
NumberPadは数字の入力に使用できます。
注意: 詳細は「NumberPadの使用」をご参照ください。
マイクオフインジケーター
このインジケーターは、マイクがオフのとき点灯します。
電源ボタン
このボタンを押すと電源がオンになります。設定により本機をス
リープ/シャットダウンなどに移行することもできます。
システムからの応答がなくなった場合は、電源ボタンを10秒以上
(特定モデルでは4秒以上) 押し、強制終了することができます。
指紋センサー
指紋センサーは指紋を検出し、指紋認証によりシステムへのログイ
ンを行います。
19
上部
ステータスインジケーター
を押して、インジケーターを切り替え、現在のステー
タスを表示します。
20
状態
説明
自動
オンラインミーティングなどを実
施されている際、自動的にオレン
ジで点灯します。
オレンジ点灯
手動でオレンジ点灯を実施頂き、
ビジー状態や会議中などの際、オ
レンジ点灯を設定頂けます。
消灯
ビジー状態でも会議中でもない
際、インジケーターを消灯し、連
絡が取れる状況である事を表し
ます。
底面
注意: モデルによって底面の外観は異なります。
警告: 使用中、または充電中に本機が高温になることがあります。火傷など
の防止のため、本機を膝の上や体に近づけた状態での使用はお控えくださ
い。本機の稼働中は故障や事故の原因となりますので、人体、紙、本、衣類、
ケーブルまたはその他の物で通気孔は塞がないでください。
重要:
•
•
バッテリー駆動時間はコンピューターの使用方法、仕様により異なりま
す。バッテリーパックは分解できません。
ASUS以外またはASUS非公認の第三者が製品に修理・変更・改ざんを
加えた場合、これらに起因する不具合や故障に対し、保証サービスが
受けられなくなる場合があります。
21
通気孔
通気孔により、本機に冷たい空気を取り入れ、熱を逃がすことがで
きます。
警告: 故障や事故の原因となりますので、人体、紙、本、衣類、ケー
ブルまたはその他の物で通気孔は絶対に塞がないでください。
オーディオスピーカー
本機搭載のスピーカーにより、Windowsのプログラムイベントなど
のサウンドをご確認いただけます。
22
右側
ボリュームボタン
本機のシステム音量を調節します。
ヘッドホン/ヘッドセット/マイクジャック
オーディオ出力信号をスピーカーやヘッドホンに接続します。また、
ヘッドセットやマイクを接続することもできます。
メモリーカードトレイ (特定モデルのみ)
この内蔵のトレイは、nanoSIM形式、および、microSD形式のカー
ドをサポートします。トレイ脇の穴へピンを差し込み、トレイを取り
出します。
重要:
•
nanoSIMカードを取り扱う際は指などの身体の一部を傷つけ
ないよう、切断面にご注意ください。切断面が鋭利になってい
る場合があり、けがなどの原因となります。
•
nanoSIMカードの取り外し、および挿入時には、必要以上に力
を入れないようにしてください。本機への挿入には必要以上の
負荷がかからないようにしてください。
•
変換アダプタを取り付けたnanoSIMカードを挿入しないでくだ
さい。故障の原因になります。
•
初期状態でSIMロックは解除されています。
•
nanoSIM カードを取り付けたり取り外したりする前に、本機の
電源がオフになっていることを確認してください。
23
USB 3.2 Gen1ポート(給電機能付き)
こちらのUSB 3.2 Gen1ポートには給電機能が備わっています。本機
がスリープ、休止状態、シャットダウンの状態にあっても、モバイル
デバイスへ給電することができます。
※本機がバッテリー駆動の時や、バッテリー残量が20%以下の場
合は、給電機能に制限がある場合があります。
LANポート
このポートにネットワークケーブルを接続し、ローカルエリアネット
ワーク(LAN)に接続します。
警告: この LAN ポートは PoE (Power over Ethernet) をサポートし
ていません。PoE デバイスをノート PC に接続すると、システム ボー
ドが損傷する可能性があります。
24
左側
Kensington® セキュリティスロット
Kensington®互換ノートPCセキュリティ製品と併用して、本機を固
定することができます。
25
デュアルカラーバッテリー充電インジケーター
色でバッテリーの充電状況を表示します。表示内容は次のとおりで
す。
26
色
状態
ホワイト
ACアダプターが本機に接続され
た状態で、バッテリーの充電レベ
ルは95%から100%です。
オレンジ
ACアダプターが本機に接続され
充電を行なっている状態で、バッ
テリーの充電レベルは95%未満
です。
オレンジ点滅
ACアダプターが本機に接続され
ていない状態で、バッテリーの充
電レベルは10%未満です。
点灯しない
ACアダプターが本機に接続され
ていない状態で、バッテリーの充
電レベルは10%から100%です。
Thunderbolt™ 4/Power Deliveryコンボポート
Thunderbolt™ 4 ポートは、USB Type-C® 規格と互換性があり、
Thunderbolt™ 4 対応デバイスに対して、最大 40 Gbpsでデータを
転送します。本機を DisplayPort、VGA、DVI または HDMI 外部ディ
スプレイに接続し、Intel® Thunderbolt™ テクノロジーによる高解
像度ディスプレイ機能をお楽しみください。付属のACアダプターを
接続し、本機に電力を供給しバッテリーパックを充電します。
注意: このポートの転送速度はモデルによって異なる場合がありま
す。
警告: ACアダプターは使用中高温になることがあります。使用中は、
物などで覆ったり人体に接触させたりしないでください。
重要:
•
•
低電圧電源では、完全に充電するまで通常より時間がかかり
ます。本製品付属のACアダプターおよび/または電源コード以
外で本機に電力を供給しないでください。また、付属のACアダ
プターおよび/または電源コードを他の製品に使用しないでく
ださい。故障・事故の原因となります。※お使いのモデルによ
り付属は異なる場合があります。
損傷を防ぐため、20V/3.25A定格の電源のみを使用して、
Power Delivery コンボポートから充電してください。詳細は、
ASUSコールセンターへご確認ください。
27
USB 3.2 Gen1ポート(給電機能付き)
こちらのUSB 3.2 Gen1ポートには給電機能が備わっています。本機
がスリープ、休止状態、シャットダウンの状態にあっても、モバイル
デバイスへ給電することができます。
※本機がバッテリー駆動の時や、バッテリー残量が20%以下の場
合は、給電機能に制限がある場合があります。
HDMI出力ポート
このポートにより、HDMIケーブルを使用して、本機からHDMI対応
デバイスにオーディオおよびビデオ信号を送信できます。
スタイラスペン収納 (特定モデルのみ)
このスロットへスタイラスペンを収納し、同時にスタイラスペンに
充電できます。
28
Chapter 2:
本機を使用する
29
使用の手引き
本機の充電
A.
B.
C.
電源コードをACアダプターに接続します。
電源コネクターを本機の電源入力ポートに接続します。
ACアダプターを100V~240Vの電源に接続します。
初めてバッテリー電源で本機を使用する際は、3時間程度
充電してください。
注意: モデルによってACアダプターの外観/仕様は異なる場合があります。
重要:
電源アダプターについて
•
入力電圧: 100-240Vac
•
入力周波数: 50-60Hz
•
定格出力電流: 3.25A(65W)
•
30
定格出力電圧: 20V
重要:
•
入出力定格は製品本体に記載があります。ACアダプターが対応してい
ることをご確認ください。モデルによっては、定格出力電流が複数設定
されている場合があります。
•
本機に初めて電源を入れる前に、電源アダプターに接続されていること
を確認してください。延長コードを使用せずに、電源コードを壁コンセ
ントに必ず差し込んでください。特定モデルでは接地接続が必要です。
その場合は接地接続は必ず、主電源プラグを主電源につなぐ前に行っ
て下さい。また、接地接続を外す場合、必ず主電源プラグを主電源から
切り離してから行って下さい。
•
本機をACアダプターに接続しているときは、電源コンセントや電源タッ
プの近くでご使用ください。
•
主電源から本機を切断するには、電源コンセントから本機の電源コー
ドを抜いてください。
•
本製品付属のACアダプターおよび/または電源コード以外で本機に電
力を供給しないでください。また、付属のACアダプターおよび/または
電源コードを他の製品に使用しないでください。故障・事故の原因とな
ります。※お使いのモデルにより付属は異なる場合があります。
警告:
本機のバッテリーに関する警告事項をよくお読みください。
• 本機内蔵のバッテリーの取り外しはASUS公認の技術員のみ対
応することができます (非着脱式バッテリーのみ) 。
• 本機内蔵のバッテリーをお客様ご自身で取り外した、または分
解した場合、火事または化学火傷の危険性があります。
• 取り扱いの際は警告ラベルの指示に従ってください。
• ASUS指定以外もしくは本機付属以外のバッテリーに交換した
場合、破裂、発火、発熱の恐れがあります。
• バッテリーを火中へ投下する、火気へ近づける、加熱する、高温
状態で放置するなどしないでください。
• バッテリーの回路をショートさせないでください。
• バッテリーを分解または改造しないでください (非着脱式バッ
テリーのみ) 。
• 変形、変色、割れ、サビ、液漏れや異臭、異音などを起こした
バッテリーは直ちにその使用を中止してください。
• バッテリーは地域の条例等の指示に従ってリサイクル・処理し
てください。
• バッテリーおよびその他の部品は、子供の手に届かない場所に
保管してください。
31
ディスプレイパネルを持ち上げる
電源ボタンを押す
32
タッチスクリーンパネルとタッチパッドの操作
プログラムの起動、本機の各種設定や操作を行います。タッチスクリーンと
タッチパッドの操作方法は次のイラストと説明をご参照ください。
注意:
•
•
本マニュアルに記載の写真やアイコンは参照用です。タッチスクリーン
パネルの外観はモデルにより異なります。
ご使用のアプリによっては、以下で紹介する操作に対応していない場
合があります。
タッチスクリーンパネルのタッチ操作
タッチスクリーン上でのタッチ操作によってプログラムを起動したり、設定
に移動したり機能を起動することができます。
タップ/ダブルタップ
長押し
•
長押しすると、右クリックメニュー
が表示されます。
•
スタート画面などに配置され
ているアプリなどをタップし
起動します。また、デスクトッ
プ上に配置されているアプ
リなどをタップして選択しま
す。
デスクトップ上に配置されて
いるアプリなどをダブルタッ
プし起動します。
33
ズームイン
ズームアウト
2本の指先の間隔を広げることで
ズームインが可能です。
2本の指先の間隔を狭めることで
ズームアウトが可能です。
指でのスライド
ドラッグ
指を上下になぞると上下方向への
スクロール、左右になぞると左右へ
のスクロールができます。
•
•
34
ドラッグすると、複数の項
目を囲む選択ボックスが表
示されます。
項目をドラッグ&ドロップす
ると、新しい場所に移動す
ることができます。
タッチパッドの操作
注意: ご使用のアプリによっては、以下で紹介する操作に対応していない場
合があります。
ポインターの移動
タッチパッドの任意の場所をタップするとポインターが表示され、タッチ
パッド上で指をスライドさせると画面上のポインターが移動します。
水平にスライド
垂直にスライド
対角線上にスライド
35
指1本での操作
タップ/ダブルタップ
•
•
アプリをタップし起動します。
対象ファイルをダブルタップし起動します。
ドラッグ&ドロップ
項目をダブルタップした後、タッチパッドからその指を離さずにスライド
させます。項目を新しい場所にドロップするには、タッチパッドから指を離
します。
36
左クリック
•
•
右クリック
スタート画面などに配置され このボタンをクリックすると、右ク
ているアプリなどをクリック リックメニューが表示されます。
すると起動します。また、デ
スクトップ上に配置されてい
るアプリなどをクリックして
選択します。
デスクトップ上に配置されて
いるアプリなどをダブルク
リックすると起動します。
注意: 点線で囲まれた範囲は、タッチパッド上におけるマウスの左ボタンと
右ボタンの位置を表しています。
2本の指で操作
タップ
タッチパッドを2本の指でタップすると、マウスの右クリックと同じ操作を
行うことができます。
37
指2本でのスクロール(上下)
指2本でのスクロール(左右)
指2本で上下になぞると、ウインドウ 指2本で左右になぞると、ウインドウ
が上下にスクロールします。
が左右にスクロールします。
ズームアウト
ズームイン
2本の指先の間隔を狭めることで
ズームアウトが可能です。
2本の指先の間隔を広げることで
ズームインが可能です。
38
ドラッグ&ドロップ
項目を選択して、左ボタンを長押しします。もう一方の指で、タッチパッド
上をスライドさせて項目をドラッグし、ボタンから指を離すと項目がドロッ
プされます。
指3本での操作
タップ
タッチパッド上で3本指でタップすると、Windowsで設定されている機能
が起動します。
39
左スワイプ/右スワイプ
複数のアプリを開いている場合は、3本指を左右にスワイプすると、これ
らのアプリが切り替わります。
スワイプアップ
スワイプダウン
上にスワイプすると、現在開いてい 下にスワイプすると、デスクトップが
るすべてのアプリの概要が表示され 表示されます。
ます。
40
4本の指で操作
タップ
タッチパッド上で4本指でタップすると、Windowsで設定されている機能
が起動します。
41
NumberPadの使用
•
を1秒間長押しして、テンキーとタッチパッドの表
示を切り替えます。
•
をタップすると、NumberPadの明るさを調整で
きます。
•
を長押しして、タッチパッド上をスライドさせると、
電卓アプリが起動します。
重要: バージョンを問わず全てのNumberPadは最新のWindows OS上での
みサポートされています。
注意: お使いの言語や入力形式によっては、NumberPadの「%」および「=」が
正しく入力できない場合があります。
42
キーボードを使用する
ホットキー
本機のキーボードのホットキーによって、以下のコマンドを起動することが
できます。
スピーカーのオン/オフを切り替える
スピーカーのボリュームを下げる
スピーカーのボリュームを上げる
ディスプレイの明るさを下げる
ディスプレイの明るさを上げる
タッチパッドの有効化または無効化
バックライトキーボードの明るさを調整*
表示モードを切り替える
注意: 外付けディスプレイが本機に接続されていることを
確認してください。
* 特定モデルのみ
43
ロック画面を有効にする
カメラのオン/オフを切り替える
画面領域の切り取り機能を起動
MyASUSを起動
マイクのオン/オフを切り替える
ASUS AIノイズキャンセリングスピーカー機能の有効化また
は無効化
内蔵マイク
シングルプレゼンター電話会議モードとマルチプレゼ
ンター電話会議モードを切り替える
※バージョンやモデルにより、仕様が異なる場合があ
ります。
モード
説明
シングルプレゼン バックグラウンドノイズを低
ター電話会議
減します
マルチプレゼンター より広い領域のバックグラウ
電話会議
ンドノイズを低減します
外付けマイク
ASUS AIノイズキャンセリング機能の有効化または無
効化※バージョンやモデルにより、仕様が異なる場合
があります。
44
ファンクションキー
を押すと、ファンクションキーの機能を有効にしたり無効にす
ることができます。
ファンクションキー機能が有効になっている場合、
を押しながら
キーボードの一番上の列の任意のキーを押すと、ホットキーにアクセスす
ることもできます。
Windowsキー
スタートメニューを起動
または
ドロップダウンメニューを表示する
*モデルにより、搭載されているキーが異なります。
Windows Copilotを起動
注意: 特定の国や地域でご利用頂けます。
詳細はaka.ms/WindowsAIFeaturesをご覧く
ださい。
45
ディスプレイパネルを回転させる
本機のディスプレイパネルの角度は360度まで調整可能です。ディスプレイ
パネルは下図のようにを調整可能です。
注意: 図は参照のみを目的としています。
360度調整可能
ノートPCモード
46
スタンドモード
テントモード
タブレットモード
注意: 画面をスタンド/テント/タブレットモードに回転させると、キーボードと
タッチパッドは無効になります。
47
48
Chapter 3:
Windowsを使用する
49
初めて起動するとき
初めて本機を起動すると、Windows OSの設定を行うために一連の案内画
面が表示されます。画面の指示に従って、以下などの表示される基本項目
を設定します。
•
ネットワーク接続
•
設定
•
お客様のアカウント
基本項目を設定した後、Windowsによってアプリ設定が反映されます。
セットアップ中は、本機の電源が入っていることを確認してください。セット
アップが完了すると、デスクトップが表示されます。
注意:
・ 本マニュアルに記載の図や画面は参考用です。
・ ご使用の国や地域、環境、モデルなどにより、手順に差異がある場合が
あります。その場合は、画面の指示に従って設定を進めてください。
50
スタートメニュー
スタートメニューは、本機のプログラム、Windowsアプリ、フォルダ、設定
へアクセスするためのメイン画面です。スタートメニューを使って行うこと
ができる一般的な操作は以下のとおりです。
•
•
•
•
•
•
プログラムやWindowsアプリの起動
よく使うプログラムやWindowsアプリを開く
本機の設定変更
Windows OSに関するヘルプの表示
本機の電源を切る
Windowsからのログオフ、または別のユーザーアカウントへの切り
替え
51
スタートメニューの起動
デスクトップのスタートアイコンをタップします。
デスクトップのスタートアイコンにマウスポインタを合わ
せてクリックします。
キーボードのWindowsロゴキーを押します。
スタートメニューからプログラムを開く
スタートメニューは一般的に、本機にインストールされたプログラムを開く
ためによく使用します。
プログラムをタップして起動します。
プログラムの上にマウスポインターを置いてクリックする
と、プログラムが起動します。
プログラムを参照するには、矢印キーやTabキーを使用し
ます。
を押して起動します。
注意:すべてのアプリを選択すると、本機上のすべてのプログラムなどの一
覧がアルファベット順に表示されます。
52
Windowsアプリ
注意: 特定のWindows アプリはその機能を十分活用するため、Microsoftア
カウントでのサインインが必要になる場合があります。
スタートメニューからWindowsアプリを起動
アプリをタップして起動します。
アプリの上にマウスポインターを置いてクリックすると、
アプリが起動します。
アプリを参照するには、矢印キーやTabキーを使用しま
す。
を押して、アプリを起動します。
53
MyASUS 内の Splendid
液晶材料やバックライトの個体差や、製造工程で生じる僅かな差な
どが原因で、同じ型のディスプレイであっても、どうしても色表現な
どで違いが生じる可能性があります。しかし、ASUSでは、工場出荷
時の厳格な検査(ガンマ補正、色温度補正など)と、ASUS独自の
MyASUS 内の「ASUS Splendid」によるチューニングとの組み合わ
せにより、すべてのディスプレイで正確な色を同一に表現すること
ができ、見る楽しさを満たすためにより鮮やかな色合いの画像とよ
りバランスのいいコントラスト、明るさ、肌のトーン、彩度を提供し
ます。
•
•
•
•
通常モード:ガンマ補正と色温度補正により、より現実に忠
実な画像を実現します。有機ELディスプレイ搭載のモデルで
は、こちらのモードで、TÜVのブルーライト低減の機能認証を
取得しています。
ビビッドモード:このモードでは、彩度を調整し、より鮮やか
で鮮明な画像を実現します。
手動モード:このモードでは、色温度の値を-50から+50の範
囲で調整可能です。
ブルーライト軽減モード:このモードでは、ブルーライトを最
大30%軽減します。(お使いのモデルにより軽減されるブルー
ライトは異なります)
レベル1~5:レベルが高いほど、ブルーライトを軽減します。
液晶ディスプレイ搭載のモデルではレベル5は最適化された
設定です。また、TÜVのブルーライト低減の機能認証を取得し
ています。
フリッカーフリー技術により、モニターのちらつきの主な原因
が排除され、目の疲れが軽減されます。
注意:Windowsの設定 → システム → ディスプレイ からHDRを有効にする
ことで、有機ELディスプレイでの表示を向上させることができます(特定モ
デルのみ)。これはTÜVフリッカーフリー認証にも準拠しています。
54
目の疲れを軽減するため、以下を推奨させて頂きます。
•
•
•
1時間以上などディスプレイを利用した長時間の作業を行う
場合は、時々ディスプレイから目を離し、少なくとも5分程度
の休憩をとって頂く事をお勧めします。(長時間休憩より、短
い頻繁な休憩が効果的と言われています)
目の乾燥や疲れ、収縮を最小限に抑える為、遠くにある物を
見て目の筋肉を緩めるようして頂く事をお勧めします。
次の運動を繰り返して、目の疲れを軽減して頂く事をお勧め
します。
(1) 上と下を繰り返し見ます
(2) 目をゆっくりと回します
(3) 目を斜めに動かします
•
目の疲れが続く場合は、医師にご相談頂く事をお勧めしま
す。
強いエネルギーを持つブルーライトは刺激が強く目の疲れや
黄斑変性症などの疾患を引き起こす恐れがあります。ブルー
ライトフィルターでは最大 30% のブルーライトを軽減しそれ
らのリスクを軽減します。
55
ワイヤレスネットワークへの接続
Wi-Fi
本機のWi-Fi接続を利用して、メールやインターネットの閲覧、SNSを介し
たやり取りなどが可能になります。
重要: 機内モードでは、この機能が無効になります。機内モードがオフになっ
ていることを確認してから、本機のWi-Fi接続を有効にしてください。
Wi-Fi接続
以下の手順で、本機をWi-Fiネットワークに接続します。
1.
2.
または
3.
Wi-Fiアイコンをクリック/タップして、Wi-Fiを有効にし
ます。
利用可能なWi-Fi接続の一覧から、アクセスポイント
を選択します。
接続を選択すると、ネットワーク接続が開始されま
す。
注意:
・ Wi-Fi 接続を開始するときに、セキュリティキーの入力
が求められる場合があります。
・ 特定モデルでは、5.2/5.3/6GHz帯などをサポートする
無線LANモジュールを搭載しておりますが、電波法に
より5.2/5.3/6GHz帯は屋内使用に限ります(5.2GHz帯
高出力データ通信システムの基地局又は陸上移動中継
局と通信する場合など法令により許可された場合を除
く)。
56
Bluetooth
Bluetoothにより、他のBluetooth対応機器とのワイヤレスデータ通信が可
能になります。
重要: 機内モードでは、この機能が無効になります。機内モードがオフになっ
ていることを確認してから、本機のBluetooth接続を有効にしてください。
他のBluetooth対応機器とのペアリング
データ転送を行うためには、本機と他のBluetooth対応機器をペアリング
する必要があります。以下の手順で、デバイスを接続します。
1.
2.
または
3.
スタートメニューから設定を起動します。
デバイス → Bluetoothとその他のデバイスを選択
し、Bluetooth対応機器を検索します。(Windows 10
の場合)
Bluetoothとデバイス → デバイスの追加を選択し、
Bluetooth対応機器を検索します。(Windows 11の場
合)
一覧からデバイスを選択し、画面の指示に従いペアリ
ングを行います。
注意:一部のBluetooth対応機器では、本機のパスコードを
入力するよう求められる場合があります。
57
機内モード
機内モードでは無線通信が無効となり、機内でも安心して本機を使用する
ことができるようになります。
注意:本機を機内で使用する際には、使用可能な関連機内サービスや遵守
すべき制限事項を航空会社にお問い合わせください。
機内モードのオン/オフ
1.
2.
または
58
タスクバーからアクションセンターを起動します。
機内モードのアイコンをクリック/タップして、機内
モードを有効または無効にします。
有線ネットワークへの接続
本機のLANポートを使用して、ローカルエリアネットワークやブロードバン
ドインターネット接続などの有線ネットワークに接続することもできます。
注意:インターネット接続の設定については、インターネットサービスプロバ
イダー(ISP)にお問い合わせいただくか、ネットワーク管理者にご相談くだ
さい。
59
本機の電源を切る
以下のいずれかの手順で、本機の電源を切ることができます。
•
•
スタートメニューを起動し、シャットダウンを選択
すると、通常のシャットダウンが行われます。
ログイン画面から、シャットダウンを選択します。
または
60
•
を押すと、Windowsのシャットダウ
•
ンが行われます。ドロップダウンリストからシャット
ダウンを選択し、OKを選択します。
本機が反応しない場合は、本機の電源が切れるま
で、電源ボタンを10秒(モデルによっては4秒)以上
長押ししてください。
本機をスリープ状態にする
本機をスリープモードにする:
•
•
スタートメニューを起動し、スリープを選択する
と、本機がスリープ状態になります。
ログイン画面から、スリープを選択します。
または
を押すと、Windowsのシャットダウンが行
われます。ドロップダウンリストからスリープを選択し、
OKを選択します。
注意: 設定によっては電源ボタンを1度押してもスリープに移行することがで
きます。
61
62
Chapter 4:
Power-On Self-Test(POST)
63
Power-On Self-Test(POST)
POST(Power-On Self-Test)とは、本機の電源を入れたときや再起動した
ときに実行される、ソフトウェアが制御する一連の診断テストをさします。
POSTを制御するソフトウェアは、本機のアーキテクチャの一部として永続
的にインストールされています。
POSTを使用したBIOSへのアクセスとトラブルシュー
ティング
POST中は、本機のファンクションキーを使ってBIOSの設定にアクセスした
り、トラブルシューティングのオプションを実行することができます。詳細
は以下の情報を参照してください。
BIOS
BIOS(Basic Input and Output System)には、本機のシステム起動時に必
要なシステムハードウェアの設定が保存されています。
BIOSのデフォルト設定は通常の使用環境で、最適なパフォーマンスを実現
できるように設定されています。以下の状況以外では、デフォルト設定の
ままで使用することをお勧めします。
•
•
システム起動時に画面にエラーメッセージが表示され、BIOSセット
アップの実行を求められた場合。
BIOS設定を必要とするコンポーネントをシステムに取り付けた場
合。
警告: 不適切な設定を行うと、システムが起動しない、または不安定になる
といった症状が出ることがあります。設定を変更する際は、専門知識を持っ
た技術者のアドバイスを受けることを強くお勧めします。
BIOSへのアクセス
本機を再起動し、POST中に
64
を押します。
システムの回復
本機の回復オプションを使用すると、システムを元の状態に戻したり、設
定を更新してパフォーマンスを向上させたりすることができます。
重要:
•
本機の回復オプションを実行する前に、すべてのデータファイルをバッ
クアップしてください。
•
ネットワーク設定、ユーザー名、パスワードなど、重要な設定をメモして
おくと、データの消失を防ぐことができます。
•
システムをリセットする前に、本機が電源に接続されていることを確認
してください。
Windowsで可能な回復オプション:
•
•
個人用ファイルを保持する - このオプションでは、個人用ファイル
(写真、音楽、動画、ドキュメント)に影響を与えずに本機をリフ
レッシュすることができます。
このオプションを使用すると、本機を初期設定に戻したり、インス
トールされている他のアプリを削除したりすることができます。
すべて削除する - このオプションは、本機を出荷時の設定にリセッ
トします。このオプションを実行する前には、必要なデータをバック
アップしてください。
65
•
PC の起動をカスタマイズする - このオプションを使用すると、本機
で以下のような他の高度な回復オプションを実行することができま
す。
- USBドライブ、ネットワーク接続などを利用して本機を起動。
- トラブルシューティングを使用して、次のうちの任意の回復オプ
ションを利用することができます: スタートアップ修復、更新プ
ログラムのアンインストール、スタートアップ設定、UEFIファー
ムウェアの設定、コマンドプロンプト、システムの復元、イメー
ジでシステムを回復。
回復オプションの実行
本機で利用可能な回復オプションに移動して使用する場合は、以下の手
順を参照してください。
1.
2.
66
Windowsの設定 → 更新とセキュリティを起動します。(Windows
10の場合)
Windowsの設定 → システム → 回復を開始します。(Windows 11の
場合)
実行したい回復オプションを選択します。
Chapter 5: FAQとヒント
67
安全に使用するためのヒント
大切なデータを守り、安全に快適にご使用いただくためのヒントを記載し
ました。本製品の使用方法に関する記載と併せてお読みください。
•
•
•
•
•
•
•
68
Windows® Update:
定期的にWindows® Update を実行し、Windows®を最新の状態で
ご使用ください。
MyASUSアプリ搭載モデルでは、MyASUSを最新の状態にしていた
だき、また、MyASUSを利用して、ASUS独自のアプリやドライバー、
ユーティリティを最新の状態にしてください。
アンチウイルスソフト:
ウイルスからパソコンや大切なデータを守りるため、ウイルス対策
のソフトを利用しましょう。
強制終了・停電:
突然の電源断などによる機器の停止は問題を引き起こす可能性が
あります。使用中はバッテリーをできる限り装着し、機器の停止時も
正しいシャットダウンをしましょう。
バックアップ:
本機が起動しないなど故障した際、大切なデータを取り出せなくな
る可能性があります。定期的に外付けの記憶装置などへバックアッ
プをお取りください。
本機を長期間使用しない場合は、バッテリーの充電はバッテリー容
量の50%程度にし、端末の電源をオフにしてACアダプターとの接続
もしないままにしてください。
常時、ACアダプター経由で本機へ給電している場合は、MyASUSに
バッテリーの劣化を軽減するための機能が搭載されている場合が
ありますので、そちらが搭載されている場合は、そちらを利用して、
バッテリーのモードをバランスモードへ設定してください。
•
•
本機のリセット:
リセットを行う際は周辺機器を周辺機器をすべて取り外し、次の項
目がすべて揃っていることをご確認ください。
-Officeアプリなどプロダクトキーが必要な場合は、そちらのプ
ロダクトキー
バックアップデータ
ログインIDとパスワード
インターネット接続に必要な情報
不明点がある場合は、ネットワーク管理者もしくはプロバイ
ダーにお問い合わせください。
トラブルシューティングを行う場合、FAQ(よくある質問)を参照す
る場合は、ASUS公式のサポートサイト
(https://www.asus.com/jp/support)へアクセスしてください。
69
ハードウェアに関するFAQ
1.
液晶ディスプレイに黒い点や、常時点灯 (赤、青、緑) している点が
ある
製品の品質には万全を期していますが、液晶ディスプレイにはごく
わずかですが不完全な表示 (ドット抜け) が発生する場合がありま
す。これらは製品の品質を損なうものではありませんが、ASUSの
提供する保証サービスが適用される場合がございます。詳しくは、
製品に同梱の保証書もしくはASUSコールセンターまでご連絡くだ
さい。
2.
液晶ディスプレイの色や明るさにむらがある
液晶ディスプレイの構造上、見る角度や環境により、明るさや色にむ
らが見える場合があります。また、液晶ディスプレイの明るさや色合
いはモデルによって異なる場合があります。
FunctionキーまたはOSのディスプレイ設定により画面の調整が可
能です。
3.
バッテリー駆動時間を長くする方法
以下の方法を推奨します。
70
•
Functionキーで液晶ディスプレイの表示を暗くします。
•
Wi-Fi 機能を使用しないときは「機内モード」をオンにします。
•
マウスやUSB機器など、使わない周辺機器は取り外します。
•
大きな負荷がかかるアプリの使用を避けます。
4.
5.
バッテリー状態表示ランプが点灯しない
•
ACアダプターまたは充電されたバッテリーパック(特定モデル
のみ)が正しく取り付けられているか確認してください。
•
ACアダプターとバッテリーパック (取り外し可能なモデルの
み) を取り外し、1分以上待ってから再度入れて起動してくだ
さい。
•
それでも点灯しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
タッチパッドが使用できない
•
を押し、タッチパッドの有効/無効の切り替えをお試し
ください。
※設定によっては、Fnキーと同時に押下頂く必要があります。
•
6.
マウスが接続されている場合は、マウス接続時にタッチパッド
が無効になる機能が有効になっていないか確認し、もし、有効
になっている場合は、マウスを取り外すか、こちらの機能を無
効にしてください。
スピーカーから音が出ない
•
を押し、音量の調節などお試しください。
※設定によっては、Fnキーと同時に押下頂く必要があります。
•
ご使用のアプリなどで、ミュート設定になっていないかご確認
ください。
•
ヘッドホン出力用のジャックに何か接続されていないかご確
認ください。接続されている場合は、そちらを取り外してくだ
さい。
71
7.
消耗品の購入、ACアダプターをなくした際などの対応方法
コールセンターへご連絡、もしくはASUS Storeをご確認ください。
ASUS Store; https://jp.store.asus.com/
※URLは予告無く変更する可能性があります。
8.
キー入力中にカーソルが移動し、正しくキー入力ができない
•
お使いのモデルがタッチパッド搭載モデルの場合は、手のひら
や洋服の袖などがタッチパッドに触れ、そのため、カーソル移
動が発生している可能性があります。
•
を押し、タッチパッドの機能を無効にし、キー入力をお
試しください。
※設定によっては、Fnキーと同時に押下頂く必要があります。
72
ソフトウェアに関するFAQ
1.
電源インジケーターは点灯しているが、ドライブアクティビティイン
ジケーターが点灯/点滅せず、本機が正常に起動しない
•
電源ボタンを10秒 (モデルによっては4秒) 以上押し、電源を切
り、ACアダプターとバッテリーパック (特定モデルのみ) が正し
く取り付けられているか確認のうえ、再度、電源を入れてくだ
さい。
•
2.
3.
それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
「Remove disks or other media. Press any key to restart」が表
示される
•
USBデバイスが接続されている場合は取り外してください。
•
光学ドライブ搭載のモデルでは、CDなどが挿入されている場
合はそちらを取り外します。
•
それでも起動しない場合は、記憶装置に何らかの問題が発
生している可能性があります。コールセンターへご連絡くだ
さい。
起動や動作が遅い
•
お買い上げ後にインストールしたアプリなどがありましたら、そ
ちらの常駐の解除をお試しください。
73
4.
5.
74
本機が起動しない/OSが起動しない
•
接続しているUSBデバイスなどをすべて取り外して、電源を入
れてください。
•
機器本体の温度が上昇している場合は、過熱を防止するため
の機能が自動的に働いてる可能性がありますので、
しばらく
待ってから再度、電源を入れてください。
•
それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
スリープ状態/ 休止状態から復帰しない
•
特定モデルでは、スリープ状態からの復帰には電源ボタンを押
す必要があります。電源ボタンを押してください。
•
バッテリー残量が少なくなっている、もしくは、完全に放電して
いる可能性があります。ACアダプターを接続し電源ボタンを押
してください。
•
一旦、電源ボタンを10秒 (モデルによっては4秒) 以上押し、
機器を強制終了後、電源ボタンを押し、起動してください。な
お、保存していないデータは失われます。
6.
eSIM対応モデルにおいて、eSIM機能を有効にする方法(特定モデル
のみ)
eSIM機能を有効にする方法は、
https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1048158/をご覧くださ
い。
eSIM機能に対応する場合は、FAQ内のステップ3でeSIMに関連する
機能が表示されています。
※お使いのモデルやバージョンなどによりFAQ内の手順/仕様と異
なる場合があります。最新の情報はASUS公式のサポートサイトでご
確認ください。
他にも問題がありましたら、
https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1045091/ を参照してトラブル
シューティングを行ってください。
75
76
付録
77
Legal information
USB-IF Trademark
The USB 5Gbps Port Logo is a trademark of the USB Implementers Forum, Inc.
The USB 10Gbps Port Logo is a trademark of the USB Implementers Forum, Inc.
The USB 20Gbps Port Logo is a trademark of the USB Implementers Forum, Inc.
The USB 40Gbps Port Logo is a trademark of the USB Implementers Forum, Inc.
78
Regulatory statements
Federal Communications Commission Interference
Statement
This device complies with FCC Rules Part 15.Operation is subject to the following
two conditions:
•
This device may not cause harmful interference.
•
This device must accept any interference received, including interference
that may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a class
B digital device, pursuant to Part 15 of the Federal Communications Commission
(FCC) rules.These limits are designed to provide reasonable protection against
harmful interference in a residential installation.This equipment generates,
uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used
in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio
communications.However, there is no guarantee that interference will not occur
in a particular installation.If this equipment does cause harmful interference
to radio or television reception, which can be determined by turning the
equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference
by one or more of the following measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
•
Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to
which the receiver is connected.
•
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
警告: The use of a shielded-type power cord is required in order to meet FCC
emission limits and to prevent interference to the nearby radio and television
reception.It is essential that only the supplied power cord be used.Use only shielded
cables to connect I/O devices to this equipment.You are cautioned that changes or
modifications not expressly approved by the party responsible for compliance could
void your authority to operate the equipment.
79
(Reprinted from the Code of Federal Regulations #47, part 15.193, 1993.
Washington DC: Office of the Federal Register, National Archives and Records
Administration, U.S. Government Printing Office.)
FCC RF Exposure Information
This device meets the government’s requirements for exposure to radio waves.
This device is designed and manufactured not to exceed the emission limits for
exposure to radio frequency (RF) energy set by the Federal Communications
Commission of the U.S. Government.The exposure standard employs a unit of
measurement known as the Specific Absorption Rate, or SAR.The SAR limit set
by the FCC is 1.6 W/kg.Tests for SAR are conducted using standard operating
positions accepted by the FCC with the EUT transmitting at the specified power
level in different channels.The FCC has granted an Equipment Authorization for
this device with all reported SAR levels evaluated as in compliance with the FCC
RF exposure guidelines.SAR information on this device is on file with the FCC and
can be found under the Display Grant section of www.fcc.gov/oet/ea/fccid.
80
UL Safety Notices
Required for UL 1459 covering telecommunications (telephone) equipment
intended to be electrically connected to a telecommunication network that has
an operating voltage to ground that does not exceed 200V peak, 300V peakto-peak, and 105V rms, and installed or used in accordance with the National
Electrical Code (NFPA 70).
When using the Notebook PC modem, basic safety precautions should always be
followed to reduce the risk of fire, electric shock, and injury to persons, including
the following:
•
DO NOT use the Notebook PC near water, for example, near a bath tub,
wash bowl, kitchen sink or laundry tub, in a wet basement or near a
swimming pool.
•
DO NOT use the Notebook PC during an electrical storm.There may be a
remote risk of electric shock from lightning.
•
DO NOT use the Notebook PC in the vicinity of a gas leak.
Required for UL 1642 covering primary (non-rechargeable) and secondary
(rechargeable) lithium batteries for use as power sources in products.These
batteries contain metallic lithium, or a lithium alloy, or a lithium ion, and may
consist of a single electrochemical cell or two or more cells connected in series,
parallel, or both, that convert chemical energy into electrical energy by an
irreversible or reversible chemical reaction.
•
DO NOT dispose the Notebook PC battery pack in a fire, as they may
explode.Check with local codes for possible special disposal instructions
to reduce the risk of injury to persons due to fire or explosion.
•
DO NOT use power adapters or batteries from other devices to reduce
the risk of injury to persons due to fire or explosion.Use only UL certified
power adapters or batteries supplied by the manufacturer or authorized
retailers.
81
Power Safety Requirement
Products with electrical current ratings up to 6A and weighing more than 3Kg
must use approved power cords greater than or equal to: H05VV-F, 3G, 0.75mm2
or H05VV-F, 2G, 0.75mm2.
TV Notices
Note to CATV System Installer—Cable distribution system should be grounded
(earthed) in accordance with ANSI/NFPA 70, the National Electrical Code (NEC),
in particular Section 820.93, Grounding of Outer Conductive Shield of a Coaxial
Cable – installation should include bonding the screen of the coaxial cable to the
earth at the building entrance.
Macrovision Corporation Product Notice
This product incorporates copyright protection technology that is protected by
method claims of certain U.S.A. patents and other intellectual property rights
owned by Macrovision Corporation and other rights owners.Use of this copyright
protection technology must be authorized by Macrovision Corporation, and
is intended for home and other limited viewing uses only unless otherwise
authorized by Macrovision Corporation.Reverse engineering or disassembly is
prohibited.
聴覚障害を防ぐため
イヤホンやヘッドホンからの過度な音圧は、難聴などの聴覚障害の原
因となる場合があります。ボリュームコントロールやイコライザーを基
準値以外に設定した場合、イヤホンやヘッドホンの出力電圧が増加し
音圧が高くなることがあります。ご注意ください。
筐体のコーティングについて
重要: 感電などを防ぐため、本機は絶縁性のあるコーティング材を使用しています(入出
力ポート搭載部分を除く)。
82
Nordic Lithium Cautions(for lithium-ion
batteries)
83
Declaration of Compliance for Product
Environmental Regulation
ASUS follows the green design concept to design and manufacture our products,
and makes sure that each stage of the product life cycle of ASUS product is in line
with global environmental regulations.In addition, ASUS disclose the relevant
information based on regulation requirements.
Please refer to http://csr.asus.com/Compliance.htm for information disclosure
based on regulation requirements ASUS is complied with.
EU REACH and Article 33
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorization, and
Restriction of Chemicals) regulatory framework, we publish the chemical
substances in our products at ASUS REACH website at
http://csr.asus.com/english/REACH.htm.
EU RoHS
This product complies with the EU RoHS Directive.For more details, see
http://csr.asus.com/english/article.aspx?id=35.
84
回収とリサイクルについて
使用済みのコンピューター、ノートPC等の電子機器には、環境に悪影響を与える有
害物質が含まれており、通常のゴミとして廃棄することはできません。リサイクルに
よって、使用済みの製品に使用されている金属部品、プラスチック部品、各コンポー
ネントは粉砕され新しい製品に再使用されます。また、その他のコンポーネントや部
品、物質も正しく処分・処理されることで、有害物質の拡散の防止となり、環境を保
護することに繋がります。
Ecodesign Directive
European Union announced a framework for the setting of ecodesign
requirements for energy-related products (2009/125/EC).Specific Implementing
Measures are aimed at improving environmental performance of specific
products or across multiple product types.ASUS provides product information
on the CSR website.Further information could be found at
https://csr.asus.com/english/article.aspx?id=1555.
日本国内での無線周波数帯のご利用について
特定モデルでは、5.2/5.3/6GHz帯などをサポートする無線LANモジュールを搭載してお
りますが、電波法により5.2/5.3/6GHz帯は屋内使用に限ります(5.2GHz帯高出力デー
タ通信システムの基地局又は陸上移動中継局と通信する場合など法令により許可さ
れた場合を除く)。
Japan JIS-C-0950 Material Declarations
Information on Japan RoHS (JIS-C-0950) chemical disclosures is available on
http://csr.asus.com/english/article.aspx?id=19.
85
ENERGY STAR® Qualified Product
ENERGY STAR® is a joint program of the U.S. Environmental
Protection Agency and the U.S. Department of Energy helping
us all save money and protect the environment through energy
efficient products and practices.
All ASUS products with the ENERGY STAR® logo comply with the ENERGY STAR®
standard, and the power management feature is enabled by default.The monitor
is automatically set to sleep within 10 minutes of user inactivity; the computer
is automatically set to sleep within 30 minutes of user inactivity.To wake your
computer, click the mouse, press any key on the keyboard, or press the power
button.
Please visit https://www.energystar.gov/powermanagement for detailed
information on power management and its benefits to the environment.In
addition, please visit https://www.energystar.gov for detailed information on the
ENERGY STAR® joint program.
注意: ENERGY STAR® is NOT supported on FreeDOS and Linux-based products.
EPEAT Registered Products
The public disclosure of key environmental information for ASUS EPEAT
(Electronic Product Environmental Assessment Tool) registered products is
available at https://csr.asus.com/english/article.aspx?id=41.More information
about EPEAT program and purchase guidance can be found at www.epeat.net.
Wi-Fi 6Eに関する通知
重要: Wi-Fi 6Eは一部のモデルでのみサポートされています。Wi-Fi 6Eで利用される周波
数帯は、国や地域によって規制および利用に対する承認が必要な場合がありますので、
ご注意ください。
86
Simplified EU Declaration of Conformity
ASUSTek Computer Inc. hereby declares that this device is in compliance with the
essential requirements and other relevant provisions of Directive 2014/53/EU.Full
text of EU declaration of conformity is available at
https://www.asus.com/support/.
The WiFi operating in the band 5150-5350 MHz shall be restricted to indoor use
for countries listed in the table below:
AT
DE
LV
NO
FI
BE
IS
LI
PL
SE
BG
IE
LT
PT
CH
CZ
IT
LU
RO
HR
DK
EL
HU
SI
UK(NI)
EE
ES
MT
SK
FR
CY
NL
TR
87
88

advertisement

Related manuals

Download PDF

advertisement