日
本
語
ユーザーマニュアル
ET2700 Series
日
本
語
J6789
初版 2011年11月
Copyright © 2011 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved.
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含む、全ての内容
は、ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、放送、複写、検索システムへの登
録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合がありますが、本書で
は、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、
これらの権利を侵害する意図はありません。
本マニュアルの記載内容には万全を期しておりますが、その内容を完全に保証するものではなく、記載内容は予
告なしに変更することがあります。
もくじ
もくじ ..................................................................................................... 3
ご注意............................................................................................................................................... 5
このマニュアルについて..........................................................................................................11
安全上のご注意..........................................................................................................................12
本機をセットアップする...................................................................................................12
使用中のお手入れ.............................................................................................................12
イヤホン及びヘッドホンからの音圧............................................................................13
TVチューナー(特定モデルのみ)..................................................................................13
ようこそ................................................................................................. 14
パッケージの内容.......................................................................................................................14
オールインワンPCについて................................................................... 15
前面.................................................................................................................................................15
背面.................................................................................................................................................18
側面.................................................................................................................................................20
タッチ画面を使う........................................................................................................................22
タッチポインターを表示する..........................................................................................22
タッチ画面の手入れをする.............................................................................................23
キーボードを使う.......................................................................................................................24
オンスクリーンディスプレイ
(OSD)
メニュー.....................................................................25
OSD機能について..............................................................................................................25
入力信号の選択..................................................................................................................26
オールインワンPCの位置を決める......................................................... 27
デスク上に置く............................................................................................................................27
壁に掛ける....................................................................................................................................28
オールインワンPCをセットアップする..................................................... 31
有線キーボードとマウスを接続する....................................................................................31
ワイヤレスキーボードとマウスを接続する........................................................................31
本機の電源を入れる..................................................................................................................32
電源を切る....................................................................................................................................32
デバイス共有機能......................................................................................................................33
使用するケーブル...............................................................................................................33
日
本
語
日
本
語
無線接続を構築する..................................................................................................................35
有線接続を構築する..................................................................................................................36
静的IP(スタティックIP)を使用する...............................................................................36
動的IP(ダイナミックIP)を使用する..............................................................................38
外付けオーディオデバイスの接続........................................................................................41
オーディオ出力設定を行う......................................................................................................41
システムをリカバリーする...................................................................... 43
リカバリーパーティションを使用する..................................................................................43
OSを工場出荷時の状態にリカバリーする
(F9 リカバリー).................................43
リカバリーパーティションのバックアップを作成する.............................................43
USBストレージデバイスを使用する
(USBによる復元)..................................................44
ご注意
日
本
語
Federal Communications Commission Statement(原文)
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following
two conditions:
• This device may not cause harmful interference, and
• This device must accept any interference received including interference that may
cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to
provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation.
This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not
installed and used in accordance with manufacturer’s instructions, may cause harmful
interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference
will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful
interference to radio or television reception, which can be determined by turning the
equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one
or more of the following measures:
• Reorient or relocate the receiving antenna.
• Increase the separation between the equipment and receiver.
• Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the
receiver is connected.
• Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
CAUTION: Any changes or modifications not expressly approved by the guarantee of
this device could void the user’s authority to operate the equipment.
RF exposure warning
This equipment must be installed and operated in accordance with provided
instructions and the antenna(s) used for this transmitter must be installed to provide
a separation distance of at least 20 cm from all persons and must not be co-located or
operating in conjunction with any other antenna or transmitter. End-users and installers
must be provided with antenna installation instructions and transmitter operating
conditions for satisfying RF exposure compliance.
All-in-one PC ET2700 Series
Canadian Department of Communications Statement
日
本
語
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions
from digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian
Department of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
IC Radiation Exposure Statement for Canada
This equipment complies with IC radiation exposure limits set forth for an uncontrolled
environment. To maintain compliance with IC RF exposure compliance requirements,
please avoid direct contact to the transmitting antenna during transmitting. End users
must follow the specific operating instructions for satisfying RF exposure compliance.
Operation is subject to the following two conditions:
• This device may not cause interference and
• This device must accept any interference, including interference that may cause
undesired operation of the device.
Declaration of Conformity (R&TTE directive 1999/5/EC)
The following items were completed and are considered relevant and sufficient:
•
•
•
•
•
•
•
Essential requirements as in [Article 3]
Protection requirements for health and safety as in [Article 3.1a]
Testing for electric safety according to [EN 60950]
Protection requirements for electromagnetic compatibility in [Article 3.1b]
Testing for electromagnetic compatibility in [EN 301 489-1] & [EN 301 489-17]
Effective use of the radio spectrum as in [Article 3.2]
Radio test suites according to [EN 300 328-2]
All-in-one PC ET2700 Series
CE Mark Warning
日
本
語
This is a Class B product, in a domestic environment, this product may cause radio
interference, in which case the user may be required to take adequate measures.
CE marking for devices without wireless LAN/Bluetooth
The shipped version of this device complies with the requirements of the EEC directives
2004/108/EC “Electromagnetic compatibility” and 2006/95/EC “Low voltage directive”.
CE marking for devices with wireless LAN/ Bluetooth
This equipment complies with the requirements of Directive 1999/5/EC of the
European Parliament and Commission from 9 March, 1999 governing Radio and
Telecommunications Equipment and mutual recognition of conformity.
Wireless Operation Channel for Different Domains
N. America
2.412-2.462 GHz
Ch01 through CH11
Japan
2.412-2.484 GHz
Ch01 through Ch14
Europe ETSI
2.412-2.472 GHz
Ch01 through Ch13
All-in-one PC ET2700 Series
France Restricted Wireless Frequency Bands
日
本
語
Some areas of France have a restricted frequency band. The worst case maximum
authorized power indoors are:
•
10mW for the entire 2.4 GHz band (2400 MHz–2483.5 MHz)
•
100mW for frequencies between 2446.5 MHz and 2483.5 MHz
Channels 10 through 13 inclusive operate in the band 2446.6 MHz to 2483.5 MHz.
There are few possibilities for outdoor use: On private property or on the private
property of public persons, use is subject to a preliminary authorization procedure by
the Ministry of Defense, with maximum authorized power of 100mW in the 2446.5–
2483.5 MHz band. Use outdoors on public property is not permitted.
In the departments listed below, for the entire 2.4 GHz band:
•
Maximum authorized power indoors is 100mW
•
Maximum authorized power outdoors is 10mW
Departments in which the use of the 2400–2483.5 MHz band is permitted with an EIRP
of less than 100mW indoors and less than 10mW outdoors:
01 Ain 02 Aisne
03 Allier
05 Hautes Alpes
08 Ardennes
09 Ariège
11 Aude
12 Aveyron
16 Charente
24 Dordogne
25 Doubs
26 Drôme
32 Gers
36 Indre
37 Indre et Loire 41 Loir et Cher45 Loiret
50 Manche
55 Meuse
58 Nièvre
61 Orne
63 Puy du Dôme
64
68
75
89
59 Nord
60 Oise
Pyrénées Atlantique 66 Pyrénées Orientales
67 Bas Rhin
Haut Rhin
70 Haute Saône
71 Saône et Loire
Paris
82 Tarn et Garonne
84 Vaucluse 88 Vosges
Yonne
90 Territoire de Belfort
94 Val de Marne
This requirement is likely to change over time, allowing you to use your wireless LAN
card in more areas within France. Please check with ART for the latest information
(www.art-telecom.fr)
Your WLAN Card transmits less than 100mW, but more than 10mW.
All-in-one PC ET2700 Series
分解禁止
お客様が本機を分解した場合、保証の対象外となります。
日
本
語
リチウムバッテリーに付いての警告
RTC(Real Time Clock)バッテリーの交換は正しく行わないと破裂の原因
となります。RTCバッテリーは製造元が指定するもの、またはそれに相当
するものをご使用ください。RTCバッテリー廃棄の際は、製造元の指示に
従ってください。RTCバッテリーの交換が必要な場合、弊社コールセンタ
ーにお問い合わせください。
液体のかかる場所での使用禁止
液体、雨、水分、油分がかかる恐れのある場所で使用しないでください。
本製品には防水加工は施されていません。
クラスB情報技術装置
この装置は、クラスB情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用
することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受
信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
VCCI-B
廃棄の際は電子機器の廃棄に関する地域の条例等に従ってください。
本機のバッテリーを通常ゴミとして廃棄しないでください。
REACH(原文)
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorization, and Restriction of
Chemicals) regulatory framework, we publish the chemical substances in our products
at ASUS REACH website at http://csr.asus.com/english/REACH.htm.
All-in-one PC ET2700 Series
電気・電子機器に含有される化学物質の表示について
日
本
語
資源有効利用促進法では、JIS C 0950:2008(J-Moss)の定める規格により、製造元に対し特
定の電気・電子機器に含まれる化学物質の情報提供を義務付けています。J-Moss とは、電気
・電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格の略称で、正式名称は
「The marking when content other than exemption does not exceed reference value of
percentage content(電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法)」です。なお、
この
規格は2008年8月1日より適用されています。
この規格に関する詳細情報は巻末の表、またはASUSのサイト
(http://green.asus.com/english/)に記載の「The marking when content other than
exemption does not exceed reference value of percentage content(電気・電子機器の特
定の化学物質の含有表示方法)」をご参照ください。
コンテンツは全て英語表記です。
UL規格について
UL安全規格が定める条件を満たすため、本機を壁掛け設置する場合は、本機の重量を考慮
して設計され、安全性が保証されたブラケットを使用する必要があります。本機の壁掛け設
置の際は、UL規格を満たすブラケットやアダプターを使用する必要があります。
(例:VESA)。
10
All-in-one PC ET2700 Series
ENERGY STAR complied product
日
本
語
ENERGY STAR is a joint program of the U.S. Environmental Protection
Agency and the U.S. Department of Energy helping us all save money
and protect the environment through energy efficient products and
practices.
All ASUS products with the ENERGY STAR logo comply with the ENERGY
STAR standard, and the power management feature is enabled by
default. The monitor and computer are automatically set to sleep after 15 and 30
minutes of user inactivity. To wake your computer, click the mouse or press any key on
the keyboard.
Please visit http://www.energy.gov/powermanagement for detail information on
power management and its benefits to the environment. In addition, please visit http://
www.energystar.gov for detail information on the ENERGY STAR joint program.
ENERGY STAR is NOT supported on Freedos and Linux-based products.
このマニュアルについて
注意事項等は重要性によって以下のように区別されています。
警告:本体の破損、データの消失および人体への障害を防止するための情報です。
重要:タスクを完了するために必ず行わなければならない事項です。
ヒント:作業の参考になるヒントです。
注:作業を完了するために必要な追加情報です。
このマニュアルに記載の図やスクリーンショットは全て参考用です。実際の製品仕
様やソフトウェアの画像は、地域により異なる場合があります。最新情報は弊社サイ
トでご確認ください(http://www.asus.co.jp)。
All-in-one PC ET2700 Series
11
安全上のご注意
本機は ITの最新安全規格を満たすよう設計されており、それら基準を満たすことが実証され
ていますが、
より安全にお使いいただくため、
ご使用の前には以下の安全に関する注意事項
をよくお読みください。
日
本
語
本機をセットアップする
•
•
•
•
本機を使用する前に、
本マニュアルに記載の説明及び指示を全て読み、
それに従ってください。
湿気のある場所および熱を発する熱源のそばで本機を使用しないでください。
設置する際は安定した水平面に設置してください。
ケースの開口部は通気孔です。紙、本、衣類、ケーブルまたはその他の物で通気孔を塞が
ないようにしてください。設置の際は、本体と壁などの間にスペースを空けて設置してくだ
さい。また、通気孔に物を入れる等の行為はお止めください。
• 動作可能な温度環境は周囲温度 0℃~40℃です。
• 延長コードを使用する際は、接続した全てのデバイスの定格電流の総量が、延長コード
の定格電流を超過しないようにしてください。
使用中のお手入れ
• 電源コードを踏まないでください。
また、物を乗せないでください。
• 本機に液体がかからないようにしてください。
• 本機の電源がOFFのときも、微量の電流が流れています。本機のお手入れをする際は、必ず
電源ケーブル、モデムケーブル、ネットワークケーブル等のケーブルを全て抜いてください。
• タッチ画面のタッチ感度が落ちないよう、定期的なお手入れが必要です。画面は、異物や
埃がたまらないように常に清潔に保ってください。
お手入れの手順:
• 本機の電源を切り、電源コードを外します。
•所定のクリーニングクロスの上に家庭用ガラスクリーナーを少量吹きかけ、画面の
表面をやさしく拭き取ります。
• 画面にクリーナーを直接吹きかけないでください。
• 画面のお手入れの際は、研磨クリーナーや目の粗い布を使用しないでください。
• 以下のような技術的な問題が発生した場合は電源コードを抜き、公認の販売代理店ある
いはコールセンターにご相談ください。
• 電源コード/プラグが破損している。
• 本機内部に液体が入った。
• 本マニュアルの指示通りに操作してもシステムが正常に動作しない。
• 本機が落下した、またはキャビネットが破損した。
• システムのパフォーマンスに異変が生じた。
12
All-in-one PC ET2700 Series
イヤホン及びヘッドホンからの音圧
日
本
語
イヤホンやヘッドホンからの過度な音圧は、難聴などの聴覚障害の原因となる場合がありま
す。ボリュームコントロールやイコライザーを基準値以外に設定した場合、イヤホンやヘッド
ホンの出力電圧が増加し音圧が高くなることがありますので注意してください。
TVチューナー(特定モデルのみ)
Note to CATV System Installer—This reminder is provided to call the CATV systems
installer’s attention to Section 820-93 of the National Electric Code, which provides
guidelines for proper grounding and, in particular, specify that the Coaxial cable shield
be connected to the grounding system of the building as close to the point of cable
entry as practical.
All-in-one PC ET2700 Series
13
ようこそ
日
本
語
本製品をご購入いただき、ありがとうございます。セットアップを始める前に、パッケージの
内容を確認してください。製品の品質には万全を期しておりますが、不足や破損等の問題が
ある場合は、お手数ですがお買い上げの販売店にご連絡ください。
パッケージの内容
All-in-one PC ET2700 Series
キーボード
(ワイヤレス/無線、オプション)
マウス(ワイヤレス/無線、オプション)
Quic
k Gu
id
ACアダプター
リモコン
(TVチューナー付きモデルのみ)
14
All-in-one PC ET2700 Series
e
電源コード
クイックスタートガイド
保証書
KBM USBレシーバードングル
(無線キーボード付属モデルのみ)
注:
本マニュアルに記載の図は全て参考用
です。実際の製品仕様や地域によって実
際製品と形状が異なることがあります。
サブウーファ
オールインワンPCについて
日
本
語
前面
下図で各部の名称と場所をご確認ください。
1
2
3
4
5
6
12
11 10 9 8
7
All-in-one PC ET2700 Series
15
1
日
本
語
2
ウェブカムLED
内蔵ウェブカムが有効になっていることを示します。
ウェブカム
内蔵デジタルマイクおよび内蔵ウェブカムを使うと、オンラインでビデオチャットが
できます。
3
デジタルマイク(内蔵型)
ビデオ会議や音声ナレーション、録音やマルチメディアアプリケーション等にご使用
ください。
4
リモコンレシーバー
リモコンからの赤外線信号を受信します。
5
LCDディスプレイ(タッチ機能は特定モデルのみ)
LCDディスプレイは、最高の解像度がお楽しみいただけます。タッチ機能搭載モデル
では、指で触れるだけでデジタルライフが楽しめます。
6
7
8
ハードディスクドライブLED
ハードディスクドライブの動作状態を示します。
電源スイッチ
電源スイッチでシステムの電源をON/OFFにします。
音量調節ボタン(+)
他のPCをHDMI ケーブルで接続し、本機をデスクトップLCDモニターとして使用して
いるときに、このボタン操作で音量が上がります。なお、本機搭載システムの音量
調節はWindows のボリュームコントロールを利用します。また、このボタンはメニュー
画面で機能選択のカーソル移動にも使用します。
9
メニューボタン
メニューを表示します。オンスクリーンディスプレイが利用できる状態でこのボタンを
押し、ハイライト表示されたアイコン(機能)の選択/起動することも可能です。
10 音量調節ボタン(-)
他のPCをHDMI ケーブルで接続し、本機をデスクトップLCDモニターとして使用して
いるときに、このボタン操作で音量が下がります。なお、本機搭載システムの音量
調節はWindows のボリュームコントロールを利用します。また、このボタンはメニュー
画面で機能選択のカーソル移動にも使用します。
11 モードボタン
ディスプレイ信号のソースを切り替えます。HDMI 入力とVGA入力を選択した場合、
本機は標準デスクトップLCDモニターとして使用することができます。
16
All-in-one PC ET2700 Series
12 オーディオスピーカー
日
本
語
ステレオスピーカー内蔵ですので、スピーカーを追加しなくともオーディオがお楽しみ
いただけます。マルチメディアサウンドシステムはデジタルオーディオコントローラーを
搭載し、より豊かなサウンド環境を作り出すことが可能です。
(外部ステレオヘッドホン
やスピーカーを使用すると、サウンド効果がより顕著に現れます。オーディオ機能は
ソフトウェア制御です。
All-in-one PC ET2700 Series
17
背面
下図で各部の名称と場所をご確認ください。
日
本
語
1
1
2
3
4
5
6
7
8
Kensington® ロックポート
Kensington® 互換セキュリティ製品と併用して、本機を固定することができます。
これ
らのセキュリティ製品には通常メタルケーブルとロックが付属しており、固定した
物体から本機を取り外せないようにしてあります。
18
All-in-one PC ET2700 Series
2
3
ケーブルホルダー
日
本
語
ケーブルを纏めて通すことができます。
電源入力
付属のACアダプターを接続し、本機に電源を供給します。付属のACアダプター以外
は使用しないでください。故障の原因となります。
ACアダプターは、使用中高温になることがあります。アダプターを物で覆ったり、また身体に
密着させて使用しないでください。
4
LANポート
8ピンRJ-45LANポートは標準イーサネットケーブルに対応し、LANに接続することが
できます。
5
HDMI 入力ポート
HDMI(High-Definition Multimedia Interface)は非圧縮型オールデジタルオーディ
オ/ビデオインターフェースです。HDMI対応のセットトップボックスやDVDプレーヤ
ー、A/V レシーバー等のオーディオ/ビデオソースに接続することができます。なお、
著作権保護技術の1つであるHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)
にも対応していますので、著作権保護コンテンツの再生も可能です。
6
ディスプレイ
(モニター)入力
標準VGAケーブルに対応しており、
ノートパソコン等のデータを本機のディスプレイ
で表示することができます。
7
アンテナ入力(特定モデルのみ)
TVチューナー非搭載モデルでは、アンテナ入力続端子はありません。
8
USB 2.0ポート
USBポートは、キーボードやマウス、カメラ、ハードディスクドライブ等のUSBデバイス
との互換性があります。
All-in-one PC ET2700 Series
19
側面
下図で各部の名称と場所をご確認ください。
日
本
語
1
メモリーカードリーダー
本機にはメモリーカードリーダーが一基内蔵されており、デジ
タルカメラ、MP3プレーヤー、携帯電話、PDAなどの装置で使
用されるSDカードを読み取ることができます。
2
eSATA + USB 2.0 コンボポート
eSATAハードディスクドライブとUSB2.0対応の周辺機器を接続す
ることができます。
1
3
E-SATA
対応していないコネクター類を接続しないでください。本マニュアル
33ページの「デバイス共有機能」も併せてご参照ください。
3
USB 3.0ポート
4
5
6
7
USBポートは、キーボードやマウス、カメラ、ハードディスクド
ライブ等のUSBデバイスとの互換性があります。
4
ライン出力 / S/PDIF出力ジャック
このジャックのサイズは 3.5mm で、システムオーディオ出力
をアンプやヘッドホンに出力します。
このジャック使用時は
内蔵スピーカーは自動的に無効になります。
5
ヘッドホンジャック
このジャックのサイズは 3.5mm で、システムオーディオ出力
をヘッドホンに出力します。
このジャック使用時は内蔵スピー
カーは自動的に無効になります。
6
マイクジャック
マイクを接続します。ビデオ会議や音声ナレーション、録音等
にご使用いただけます。
7
サブウーファジャック
特許取得済みのサブウーファジャックです。ASUS All-in-one
PCサブウーファ専用ジャックです。マルチメディアアプリケー
ションでの力強い低音(低周波数)をお楽しみください。
サブウーファジャックはASUS All-in-one PC、
またはASUS指定のサウンド
デバイス専用です。他のデバイスをこのジャックに接続しないでくだ
さい。本機の故障の原因となります。
20
All-in-one PC ET2700 Series
2
8
9
8
光学ドライブ
日
本
語
本機に内蔵の光学ドライブはCD/DVD/Blu-ray ディスク
(BD)をサポートするものや、
Recordable(R)またはRe-writable(RW)をサポートするものもあります。光学ドライ
ブがサポートするメディアはモデルにより異なります。
9
光学ドライブ電子イジェクト
イジェクトボタンを押すとトレイが出てきます。また、
ソフトウェアプレイヤーや、
Windows™ の「マイ コンピューター」の光学ドライブを右クリックし、
「取り出し」を
選択することで、取り出すことも可能です。
All-in-one PC ET2700 Series
21
タッチ画面を使う
本機は、指で触れるだけでデジタルライフが楽しめます。指で画面をタッチし、本機を思い
どおりに使いこなすことができます。
タッチすることで、マウスデバイスのような機能が利用
可能です
日
本
語
• タップ=マウスの左クリック
• タッチしたまま=マウスの右クリック
タッチ機能は特定モデルでのみのサポートとなります。
タッチポインターを表示する
タッチポインターはバーチャルマウスで、
タッチ機能がさらに便利にご利用いただけ
ます。
1. Windows®デスクトップから、
「スタート」→
「コントロールパネル」→「ハードウェアと
サウンド」の順にクリックします。
22
All-in-one PC ET2700 Series
2. 「タッチ入力設定の変更」
をクリックします。
日
本
語
3. 「タッチ」
タブをクリックし、
「画面で項目 4. 画面に触れると、バーチャルマウスが
画面上に表示されます。
を操作するときにタッチポインターを表示
する」のボックスにチェックを入れます。
続いて「OK」をクリックすれば、設定完了
です。
タッチ画面の手入れをする
タッチ画面のタッチ感度が落ちないよう、定期的なお手入れが必要です。画面は、異物や埃
がたまらないように常に清潔に保ってください。
お手入れの手順:
• 本機の電源を切り、電源コードを外します。
• 所定のクリーニングクロスの上に家庭用ガラスクリーナーを少量吹きかけ、画面の表面を
やさしく拭き取ります。
• 画面にクリーナーを直接吹きかけないでください。
• 画面のお手入れの際は、研磨クリーナーや目の粗い布を使用しないでください。
All-in-one PC ET2700 Series
23
キーボードを使う
本機にはワイヤレスキーボード、または有線キーボードが付属しています。
日
本
語
下のキーボードの図は参考用です。実際の製品仕様や地域によって実際製品と形状が異なる
ことがあります。
ESC
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
F8
F9
F10
F12
F11
Mute
Backspace
Tab
Prt Sc
SysRq
Scr LK
Pause
Break
Insert
Home
PgUp
Num LK
Delete
End
PgDn
7
8
Caps Lock
Shift
Shift
9
PgUp
Home
Enter
4
5
6
1
2
3
PgDn
End
Enter
Ctrl
Alt
Fn
0
Ctrl
Alt Gr
Delete
Insert
ESC
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
F8
F9
F10
F12
F11
Mute
Backspace
Tab
Prt Sc
SysRq
Scr LK
Pause
Break
Insert
Home
PgUp
Num LK
Delete
End
PgDn
7
8
Caps Lock
Shift
Shift
9
PgUp
Home
Enter
4
5
6
1
2
3
End
PgDn
Enter
Ctrl
Fn
Alt
Alt Gr
Ctrl
0
Insert
付属キーボードの<Fn+F10>は特定モデルでのみ有効な機能となります。
24
All-in-one PC ET2700 Series
Delete
オンスクリーンディスプレイ(OSD)メニュー
次の操作を行うとOSDメニューが表示されます。
日
本
語
• フロントパネルの「MENU」ボタンを押す。
• HDMI ケーブルまたはVGAケーブルをバックパネルのHDMI入力ポートまたはディスプレイ入力
ポートに接続する。
OSD機能について
OSDメニューを表示するには、フロントパネルのMENUボタンを押します。OSDメニューの操作や
OSDの設定変更は、音量調節ボタンを押します。選択した機能を有効にするには、MENUボタン
を押します。
1.
Panel Off
本機のディスプレイパネルをOFFにする機能です。この機能を有効にするには、MENUボタンを
押します。
2.
Color
• Brightness(明るさ)
:調節可能範囲は0~100です。
• Contrast(コントラスト)
:調節可能範囲は0~100です。
• Color Temp(色温度)
:4つの色モードがあります(Cool、Normal、Warm、User mode)。
3.
Image
• Sharpness(鮮明度)
:調節可能範囲は0~100です。
• Aspect Control(アスペクトコントロール)
:アスペクト比を切り替えます(「Full」または
「4:3」)。この切り替え機能は4:3の入力ソースを利用時のみ有効です。
• Auto Adjust(自動調整)
:水平位置(H-Position)と垂直位置(V-Position)を調節します。
Sharpness(鮮明度)、Aspect Control(アスペクトコントロール)、Auto Adjust(自動調整)の上
記3機能は、本機を標準デスクトップLCDモニターとして使用し、なおかつ、ディスプレー入力
ポートを入力ソースに設定しているときにだけ利用することができます。
All-in-one PC ET2700 Series
25
4. Input Select
日
本
語
•
•
•
•
PC:本機をディスプレイ信号ソースに設定します。
HDMI:HDMI入力ポートをディスプレイ信号ソースに設定します。
VGA:ディスプレイ入力ポートをディスプレイ信号ソースに設定します。
HDMI with Device Share*:HDMI入力ポートをディスプレイ信号ソースに設定し、デバイス
共有機能を有効にします。
• VGA with Device Share*:ディスプレイ入力ポートをディスプレイ信号ソースに設定し、デバイス
共有機能を有効にします。
HDMI with Device Share の項目とVGA with Device Share の項目は、System Setup OSDメニュ
ーのDevice Share(デバイス共有)機能を有効にすると表示されます。無効の状態ではHDMI、
VGAと表示されます。HDMI with Device Share とVGA with Device Share の詳細については本
マニュアル33ページ「デバイス共有機能」をご参照ください。
5.
System Setup
• OSD Setup:
•
OSDメニューの水平位置(H-Position)と垂直位置(V-Position)を調節します。
•
OSDのタイムアウト時間を5~60秒で設定します。
•
DDC/CI(Display Data Channel/Command Interface)機能の有効/無効を設定します。
• Information(情報)
:モニターの情報を表示します。
• Language(言語)
:OSDでの使用言語を設定します。
• Device Share(デバイス共有)
:デバイス共有機能の有効/無効を設定します。有効にすると、
Input Select メニューのHDMI の項目とVGAの項目がそれぞれHDMI with Device Share、
VGA with Device Shareに切り替わります。
• All Reset(全てリセット)
:全てのOSD設定をリセットします。
入力信号の選択
Input Select OSDメニューはHDMI ケーブル、またはVGAケーブルをバックパネルのHDMI 入力ポ
ートまたはディスプレイ入力ポートに接続すると表示されます。音量調節ボタンで入力オプション
を選択し、MENUボタンを押して確定します。詳細は前のセクション「4. Input Select」をご参照く
ださい。
26
All-in-one PC ET2700 Series
オールインワンPCの位置を決める
日
本
語
デスク上に置く
本機をデスク等の安定した平らな場所に設置し、スタンドをセットします。ディスプレイパネ
ルの角度を前方5°
~後方20°
の間で調節します。
ディスプレイパネルの角度調節は、上記の調節角度の範囲内で行ってください。範囲外で行う
と、ディスプレイパネルが倒れ、本体の故障の原因となります。
20O
-5O
All-in-one PC ET2700 Series
27
壁に掛ける
本機を壁に掛けるには、壁掛けパッドアダプター、壁掛けキット
(VESA200:パッドとブラケット)
の購入が必要となります。次の手順で、壁掛けキットを据え付けます。
日
本
語
1. 図のように本機からスタンドを外すため、
ディスプレイを下に向け、ディスプレイを
水平な場所に置きます。スタンドを上方向
に持ち上げます(1)。マイナスドライバー
で下側のバックカバーを上方向に持ち上
げます(2)。
1
2
2. 上側のバックカバーを取り外します。
3. スタンドのネジ4つを取り外し、スタンドを
外します。
28
All-in-one PC ET2700 Series
4. 本機バックパネルのネジ穴と壁掛けアダ
プターのネジ穴の位置を合わせ、先ほど取
り外した4本のネジで固定します。
日
本
語
5. 向きを間違わないよう、壁掛けパッドを
8つのネジ(M3 x 8L)でパッドアダプター
に固定します。
All-in-one PC ET2700 Series
29
6. 壁掛けキット
(VESA200)に付属の説明書
等の指示に従い、4本のネジ(M4 x 10L)を
使用して壁掛けブラケットを壁面に固定し
ます。壁掛けパッドをブラケットに挿入し
スライドさせ、本機を壁面に設置します。
日
本
語
図に記載の壁掛けキットは参考用です。
1. 通気のため、設置の際は本機を壁から最低6cm 離してください。
2. 壁掛けキットはVESA規格準拠のものをご使用ください。
3. 安全に設置していただくため、本機を壁面に設置する際は、壁掛けキットに付属の取り付
け説明書をよくお読みください。
4. 本機を壁面に設置する際、または壁面から外す際は、本機の落下や故障を防ぐため、2人
以上で作業を行ってください。設置専門業者に設置を依頼されることをお勧めします。
5. 本機を設置する壁面は、本機と壁掛け用コンポーネントの総重量の4倍の重量(40kg)に
耐えうるものである必要があります。設置場所は、地震により揺れやその他の考えうる衝撃
を考慮した上で決定してください。セメント壁や石造の壁面への設置をお勧めします。
30
All-in-one PC ET2700 Series
オールインワンPCをセットアップする
日
本
語
有線キーボードとマウスを接続する
キーボード( 1 )
とマウス( 2 )をバックパネルのUSBポートに接続します。ケーブルの長さが
十分でない場合、キーボードとマウスを左サイドのUSBポートに接続することもできます。
1
2
ワイヤレスキーボードとマウスを接続する
1. 無線キーボードとマウスに電池をセ
ットします。
2. キーボードとマウス用ワイヤレスド
ングルをUSBポートに接続します。
3. 以上の設定でワイヤレスキーボード
とマウスの設定は完了です。
1. ワイヤレスキーボードとマウスの接続が切断された場合は、ワイヤレスドングルの抜き差
しを行い、再接続をしてください。無線通信の衝突を避けるため、他のWi-Fi デバイスを使
用する場合は、20 cm 以上間隔を開けてください。
2. 本マニュアルに記載の図は全て参考用です。キーボードとマウスの実際の外観および仕様
(ワイヤレス/無線)は、地域により異なることがあります。
All-in-one PC ET2700 Series
31
本機の電源を入れる
付属のACアダプターをバックパネルのDC入力ジャック
(コンセント電圧:100Vac-240Vac)に
4
接続し
( 1 2 3 )、本機右側面の電源スイッチを押し
( )、電源を入れます。
日
本
語
2
3
1
4
DCプラグを本機に接続する前に、AC電
源コードをコンセントに接続しないで下
さい。AC/DCアダプターの故障の原因と
なります。
電源を切る
• Windows 環境では、本機右サイドの電源スイッチ を押すと、システムはスリープ状態へ
と移行します。スリープモードから復旧する場合は、電源ボタンを再び押す、またはマウス
をクリックする、ディスプレイに触れる、キーボードの任意のキーボードを押すなど、
これ
らのいずれかの操作を行います。
• システムのシャットダウンは、通常のWindows OSのシャットダウン手順で行います。
32
All-in-one PC ET2700 Series
デバイス共有機能
本機は標準デスクトップLCDモニターとして使用し、接続デバイスとの間で各種機能を共
有することができます。
この機能を有効にすると、本機のディスプレイパネル、バックパネル
USBポート、WebカメラをMicrosoft Windows®7ベースのコンピューターでも利用することが
できます。
日
本
語
使用するケーブル
HDMI with Device Share
VGA with Device Share
USBケーブル
V
V
HDMI ケーブル
V
VGAケーブル
V
オーディオケーブル
V
2. USBケーブル(オス-オス)をご使用ください。
USBケーブルの一端をコンピューターに接続し、
もう一方を本機側面のE-SATA + USB 2.0 コンボ
ポートに接続します。
E-SATA
1. OSDメニューのSystem Setupメニューでデバイ
ス共有機能を有効にします。詳細はページ24の
「オンスクリーンディスプレイ
(OSD)
メニュー」を
ご参照ください。
3. お使いのコンピューターがHDMI をサポートす
る場合は、HDMI ケーブル(オス-オス)をご使用
ください。HDMI ケーブルの一端をコンピュー
ターに接続し、もう一方を本機バックパネルの
HDMI 入力ポートに接続します。
All-in-one PC ET2700 Series
33
4. お使いのコンピューターがHDMI をサポートしない場合は、VGAケーブル(オス-オス)
と
ステレオオーディオケーブル(オス-オス)をご使用ください。VGAケーブルとオーディオ
ケーブルの一端をコンピューターに接続し、VGAケーブルのもう一方を本機バックパネ
ルのディスプレイ入力ポートに、オーディオケーブルのもう一方を本機側面のマイクジャ
ックにそれぞれ接続します。
E-SATA
日
本
語
5. Input Select OSDメニューはHDMI ケーブル、またはVGAケーブルをバックパネルの
HDMI 入力ポートまたはディスプレイ入力ポートに接続すると表示されます。音量調節
ボタンでHDMI with Device Share またはVGA with Device Share を選択し、MENUボ
タンを押して有効にします。
• デバイス共有機能はMicroft Windows®ベースのコンピューターでのみ利用可能です。
• デフォルト設定では、本機はPCモード(本機はディスプレイ入力ソース)に設定されていま
す。デバイス共有機能を有効にすると、
タッチスクリーン、Webカメラ、バックパネルUSBポ
ートは本機に制御されます。
• デバイス共有機能を有効にし、ディスプレイ入力ソースをHDMI またはVGA(本機をデスク
トップLCDモニターとして使用)に切り替えると、
タッチスクリーン、Webカメラ、バックパネ
ルUSBポートは外付けのコンピューターに制御されます。
• この機能を使用する際、バックパネルUSBポートにはUSBマウス、USBキーボード、或いは
無線キーボード・マウス専用USBドングルのみを接続してください。モードの切り替えに伴
いデータ転送の中断が発生しますので、外付けUSBストレージデバイス等の接続は推奨
いたしません。
• この機能は本機の電源がOFFの状態でも有効にすることができます。
この機能を使用中に
本機の電源をONにすると、Input Select OSDメニューが表示され、ディスプレイ信号を選
択することができます。
34
All-in-one PC ET2700 Series
無線接続を構築する
1. タスクトレイにある無線ネットワークアイコン
日
本
語
をクリックします。
2. リストから接続する無線アクセスポイ
ントを選択し、「接続」をクリック
し、接続します。
アクセスポイントが表示されない場合
は、画面右上のアイコン をクリック
し、再検索してください。
ネットワークキー設定がされたネットワー
クでは、接続の過程でネットワークキーの
入力が必要な場合があります。
3. ネットワークに接続すると、「接続」と表示されます。
4. タスクトレイに無線ネットワークアイコン
が表示されます。
All-in-one PC ET2700 Series
35
有線接続を構築する
日
本
語
静的IP(スタティックIP)を使用する
1. タスクトレイのネットワークアイコンをク
リックし、
「ネットワークと共有センター
を開く」を選択します。
本機にLANケーブルが接続されているこ
とをご確認ください。
2. 左メニューの「アダプターの設定の
変更」をクリックします。
3. IPを固定したいネットワークをダブル
クリックし、「プロパティ」をクリック
します。
ローカルエリア接続のアイコンを右クリック
し
「プロパティ」をクリックすることでも同じ
操作が行えます。
36
All-in-one PC ET2700 Series
4. 「インターネットプロトコルバージ
ョン4(TCP/IPv4)」をクリックし、
「プロパティ」をクリックします。
日
本
語
5. 「次のIPアドレスを使う」を選択します。
6. 「IPアドレス」、
「サブネットマスク」、
「デフォルトゲートウェイ」を入力します。
7. 「優先DNSサーバー」を入力します。
8. 全て入力したら
「OK」をクリックし、設定
は完了です。
All-in-one PC ET2700 Series
37
動的IP(ダイナミックIP)を使用する
1. 動的IPを使用する場合も、
「静的IPを使用
する」の手順1~3まで同様の設定を行い
ます。
日
本
語
2
「IPアドレスを自動的に取得する」
をクリック
し、
「OK」をクリックします。
パソコン上にIDやパスワードの設定が必要なプロバイダ様の場合(PPPoE接続)
1. 「静的IPを使用する」の手順1と同様
の手順で「ネットワークと共有セン
ター」を開き、「新しい接続または
ネットワークのセットアップ」をクリック
します。
2. 「インターネットに接続します」を選択し、
「次へ」
クリックします。
38
All-in-one PC ET2700 Series
3. 「ブロードバンド(PPPoP)」を選択し、
「次へ」をクリックします。
日
本
語
4. ユーザー名、パスワード、接続名を入力し
ます。
「接続」をクリックします。
5. 接続が成功したら、
「閉じる」をクリック
し、設定は完了です。
All-in-one PC ET2700 Series
39
6. タスクトレイのネットワークアイコンをク
リックし、構築したネットワークをクリック
します。
日
本
語
7. ユーザー名とパスワードを入力します。
「接 続」をクリックしインターネットに
接続します。
ネットワークの接続方法についてはご契約のプロバイダによって異なる場合がございます。
その場合はネットワーク管理者やプロバイダにお問い合わせください。
40
All-in-one PC ET2700 Series
外付けオーディオデバイスの接続
本機にはステレオスピーカー(2チャンネル〔左右〕)が内蔵されていますが、
これに加えて外
付けデバイスを接続することもできます。左パネルの各オーディオジャックとその機能につい
ては、下記の表をご参照ください。
オーディオジャック
日
本
語
摘要
オーディオ出力:ヘッドホンを接続
マイクイ入力:マイクを接続
ASUS All-in-one PC専用サブウーファを接続
サブウーファジャックはASUS All-in-one PC、またはASUS指定のサウンドデバイス専用です。
他のデバイスをこのジャックに接続しないでください。本機の故障の原因となります。
オーディオ出力設定を行う
スピーカーシステムを本機に接続した後、下の手順に従ってスピーカーの設定を行います
1. タスクトレイのスピーカーアイコンを右
クリックし、
「再生デバイス」をクリックし
ます。
All-in-one PC ET2700 Series
41
2. 再生デバイスを選択し、
「プロパティ」をク 3. 各種レベル調節や出力レート等の調整
リックします。
をお好みに合わせ設定・調節します。終了
したら
「OK」をクリックします。
日
本
語
42
All-in-one PC ET2700 Series
システムをリカバリーする
リカバリーパーティションを使用する
日
本
語
リカバリーパーティションには、工場出荷時にシステムにインストールされたOSイメージ及
び各ドライバ、各ユーティリティ等が保存されています。
リカバリーパーティションは優れた
リカバリーソリューションで、ハードディスクドライブが正常に動作していれば、システムの
ソフトウェアを本来の動作状態に復元します。
リカバリーパーティションを使用する前には必
ずデータファイル(Outlook PST ファイルなど)をUSBフラッシュメモリーやネットワーク
ドライブなどにコピーし、また各ユーザー設定(ネットワーク設定等)もバックアップしてくだ
さい。
OSを工場出荷時の状態にリカバリーする
(F9 リカバリー)
1. 起動ロゴが表示されたら、キーボードの<F9> を押します。
2. Windows Boot Managerが表示された場合は、
「Windows setup [EMS Enabled]」の
項目が選択されていることを確認し、キーボードの<Enter>キーを押します。
3. リカバリー画面の言語を「日本語」に選択し、
「Next」をクリックします。
4. 「デフォルトパーティションにOSを復旧する」を選択し、
「進む」をクリックします。
5. リカバリーを実行するシステムパーティションが自動で選択されます。
「進む」をクリック
します。
6. リカバリーの最終確認画面が表示されます。
リカバリーを開始する場合は
「復旧」
をクリック
します。
リカバリーが実行されるシステムパーティション内(Cドライブ)のデータはすべて削除されま
す。重要なデータは事前にバックアップを実施してください。また、
このリカバリーではパーテ
ィションテーブルは工場出荷時の状態に復旧されません。
7. リカバリー作業が完了したら、
「再起動」をクリックし、システムを再起動します。
リカバリーパーティションのバックアップを作成する
1. 前のセクション1~4の手順を行います。
2. 「出荷状態をUSBドライブにバックアップする」を選択し、
「進む」をクリックします。
3. USBストレージデバイスをコンピューターに接続し、バックアップ作業を実行します。
接続するUSBストレージデバイスは、容量が最低20GB以上あるものをご使用ください。バック
アップデータのサイズはお使いのPCのモデルにより異なる場合があります。
4. USBストレージデバイスが2台以上接続されている場合は、バックアップに使用する
USBストレージデバイスを選択し、
「進む」をクリックします。
選択したUSBストレージデバイスに適当なサイズのパーティションが存在する場合(例:以前
パーティションのバックアップに使用したパーティション等)、自動的にそのパーティションが
表示され、バックアップに使用されます。使用するパーティションは選択する事はできません。
All-in-one PC ET2700 Series
43
5. 「バックアップ」をクリックし、
リカバリーパーティションのバックアップを実行します。
日
本
語
使用されるUSBストレージデバイス、または選択されたパーティション内のデータはすべて
消去されます。重要なデータは事前にバックアップを実施してください。また、
このリカバリー
ではパーティションテーブルは工場出荷時の状態に復旧されません。
6. バックアップ作業が完了したら、
「再起動」をクリックし、システムを再起動します。
USBストレージデバイスを使用する
(USBによる復元)
ご利用のシステムに不具合が発生した場合、またはリカバリーパーティションに不具合が生
じた場合でも、以下の手順でUSBに作成したリカバリーパーティションのバックアップデータ
からシステムを工場出荷時の状態に復元することができます。
1. リカバリーパーティションをバックアップしたUSBストレージデバイスをコンピューター
に接続します。
2. 起動ロゴが表示されたら、<ESC>キーを押します。続いて、起動デバイスの選択画面が
表示されます。一覧の中から接続したUSBストレージデバイスを選択し<Enter>キーを
押します。
3. リカバリー画面の言語を「日本語」に選択し、
「Next」をクリックします。
4. 「復元」が選択されているので、そのまま「進む」をクリックします。
5. 以下の2つからリカバリー方法を選択し、
「進む」をクリックします。
• OSをデフォルトパーティションのみに復元する
「OSを工場出荷時の状態にリカバリーする」
と同様に既存のシステムパーティションの
みをリカバリーします。
リカバリーが実行されるシステムパーティション内(Cドライブ)の
データはすべて削除されます。
リカバリーを実行するパーティションは選択する事がで
きません。また、
このリカバリーではパーティションテーブルは工場出荷時の状態に復元
されません。
• ハードディスクすべてを復元する
バックアップしたリカバリーパーティションデータから、ハードディスク全体を工場出荷
時の状態に復元します。ハードディスク内のすべてのデータが削除されます。パーティシ
ョンテーブルも工場出荷時の状態に復元します。
6. リカバリーの最終確認画面が表示されます。
リカバリーを開始する場合は「復元」をクリ
ックします。
7. 復元作業が完了したら、
「再起動」をクリックし、システムを再起動します。
デフォルトのパーティションテーブルが破損している場合やパーティションが存在しない場合
は「OSをデフォルトパーティションのみに復元する」を実行することができません。
44
All-in-one PC ET2700 Series
ハードディスクなどのハードウェアに起因する不具合が発生している場合は、システムを正常
に復元することができません。ハードウェアに起因する不具合については弊社コールセンタ
ーへご確認ください。
日
本
語
弊社ではデータの復旧やバックアップのサービスを提供しておりません。重要なデータは必ず
事前にバックアップを実施してください。
All-in-one PC ET2700 Series
45
日
本
語
Manufacturer
ASUSTek COMPUTER INC.
Address, City
No. 150, LI-TE RD., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN
R.O.C
Country
TAIWAN
Authorized Representative in ASUS COMPUTER GmbH
Europe
46
Address, City
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
Country
GERMANY
All-in-one PC ET2700 Series