1. 仕様概要

1. 仕様概要
8
1
感度調節ボリューム
0.5m
HPJ-T23
HPJ-D21
HPJ-D22
HPJ-A21
5.6 +0.4
0
15 ±0.2
4
φ2.5
φ4.4
1.5m
30±5mm(注1)
30±5mm(注2)
DC10.8∼26.4V (リップル10%以下)
40mA以下
20mA以下
NPNまたはPNPオープンコレクタ
ダークオン
ライトオン
開閉容量: DC26.4V 80mA以下、残留電圧: 1V以下
1ms以下
動作表示 制御出力ON時赤表示点灯
赤外LED
赤色LED
赤外LED
白熱ランプ: 3,000lx以下 太陽光: 10,000lx以下
-20∼+50℃
35∼85% RH ( ただし、結露しないこと )
IP40(IEC規格)
30mA以下
コード 2-2.5
■ HPJ-B01
(付属 HPJ-T11/11G 用ブラケット)
2-4.6±0.2
離
圧
流
態
態
力
間
灯
子
度
度
度
造
HPJ-T11
HPJ-T21
HPJ-T22
3.5
検
出
距
電
源
電
消
費
電
出
力
形
動
作
形
制
御
出
応
答
時
表
示
投
光
素
使 用 周 囲 照
使 用 周 囲 温
使 用 周 囲 湿
保
護
構
HPJ-T11G
HPJ-T21G
限定反射形
R
番
透過形
φ3.2 +0.4
0 穴
13
式
形
検出体の種類が多い場合や検出位置などが変動する場合には、
試運転調整時に動作確認することをお奨めします。また、周囲
物体などからの反射光の影響が無いことも確認してください。
1
6
32.4
16.7
方
2-φ3 ±0.2
投光レンズ
2
出
2調整方法
■透過形
①投光器と受光器を一直線上に対向させて仮取付してください。
②投光器側を上下、左右に振り、受光器の動作表示灯を見ながら、
消灯(T23 の場合は点灯)する範囲のほぼ中央の位置に投光器
を固定してください。
③次に受光器側を上下、左右に振り、動作表示灯が消灯(T23 の
場合は点灯)する範囲のほぼ中央の位置に受光器を固定してく
ださい。
④最後に検出体を置いたときに、動作表示灯が点灯(T23 の場合
は消灯)することを確認してください。感度調整ボリュームが
ある HPJ‐T □ G の場合はさらに以下の手順で感度調整を行っ
てください。
⑤検出体を所定の位置に置いた状態で感度調整ボリュームをMAX
の位置から徐々にMIN方向に回し、動作表示灯が点灯する位置
を A とします。
⑥次に検出体がない状態で感度調整ボリュームをMINの位置から
徐々に MAX 方向に回し、動作表示灯が消灯する位置を B とし
ます。
⑦AとBの中間Cの位置に感度調整ボリュームを設定してください。
12
受光レンズ
4
10±0.2
2-3.6 ±0.2
2-φ3.2 ±0.2 穴
18
■限定反射形
①検出位置に向けて光電スイッチを取付けてください。
②検出体がない状態で感度調整ボリュームを MAX の位置から
徐々にMIN方向に回し、
動作表示灯が消灯する位置をAとします。
もし感度調整ボリュームが MAX の位置でも表示灯が消灯して
いる場合には MAX の位置を A とします。
③検出体を所定の位置に置き感度調整ボリュームをMINから徐々
に MAX 方向に回し、動作表示灯が点灯する位置を B とします。
④AとBの中間Cの位置に感度調整ボリュームを設定してください。
13
9
形番構成
HPJG :投光器に調整ボリュームあり
なし:投光器に調整ボリュームなし または限定反射形
1 または 3:NPN 出力 2:PNP 出力
■ HPJ-B02
(付属 HPJ-T21/T22/T23/T21G 用ブラケット)
2-3.6 ±0.2
1:ヨコ形 2:タテ形
19
T:透過形 D または A:限定反射形
R
1-2 外形寸法図
■ HPJ-T11/T11G
C
2-4.6±0.2
8±0.2
(注 1)標準検出体使用時 10 × 10cm コダック 90%反射紙
(注 2)標準検出体使用時 10 × 10cm コダック 18%反射紙
φ3.3 ±0.2穴
7
シリーズ名
A
B
10
5
φ3.2穴
単位:mm
5
2-2.5
8.5 10±0.2
2
22
4 15±0.2
1
2-φ3.2±0.2 穴
10
8
8.5
5.6 +0.4
0
1
2-4.6±0.2
10
14
■ HPJ-T21/T22/T23/T21G
4.5
1
10±0.2 8.5
6.5
動作表示灯(受光器のみ)8.5
レンズ
φ2.5
コード
5.6 +0.4
0
10
+0.4
0
主
回
路
出力 黒
GND
青
感度調整部
(HPJ-T□Gの投光器のみ)
コード
5
主
回
路
Vcc
負荷
主
回
路
茶
本 社
出力 黒
GND
青
負荷
〒100-6419 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
北海道支店
東北支店
北関東支店
東京支社
中
関
中
九
製品のお問い合わせは…
コールセンター:
■透過形投光器
φ2.5
PNP 出力
Vcc 茶
穴
2-2.5
感度調整ボリューム
〔ご注意〕 この資料の記載内容は、お断りなく変更する場合もありますので
ご了承ください。
(24)
NPN 出力
2-φ3±0.2
φ3.2
10
14
1-3 出力回路と接続方法
■透過形受光器/限定反射形
8
1
11
φ4
10
10
穴
レンズ φ3±0.2
23
+0.4
0
Max.
■ HPJ-B03
(付属 HPJ-D21/A21/D22 用ブラケット)
2-3.6±0.2
φ3.2
35
φ2.5
φ4
300min.
Min.
コード
φ2.5
コード
11
感度調整ボリューム
φ3±0.2
動作表示灯(受光器のみ)
24
感度調整部
(HPJ-T□G投光器のみ)
R
・静電気ノイズ試験の気中放電耐量は、
EMC指令がセンサに要求
するレベルを満たしていません。設置や調整するとき、リスト
バンドなどの帯電防止対策をしてください。
・コードを持ってスイッチを振り回さないでください。
・コードを過大な力で引っ張ると断線することがあります。30N
以上の力をかけないでください。
・スイッチは精密に組付けられています。絶対に物を当てないで
ください。とくにレンズ面に傷や割れができますと特性が損な
われます。
・汚れた場合は、柔らかい清潔な布で軽く拭きとってください。
このとき、ベンゼン、アセトン、シンナーなどの有機溶剤は使
用しないでください。
・本体直後のケーブル曲げ半径は 20mm 以上にしてください。
また繰り返し曲げ応力がかかる使い方は避けてください。
・感度調整は付属のドライバを使用して行ってください。また、
感度調整ボリュームは、0.02N・m 以上の力で回したり、目盛の
範囲外まで回し過ぎないでください。
・電源を入れてから安定に動作するまでの時間は約 1ms です。
・複数のスイッチを接近して使用すると動作が不安定になる場合
があります。設置後動作を十分確認してください。
・取付ねじは当社標準ブラケットセット HPJ-B □□と組み合わ
せて 0.5N・m 以下で締め付けてください。
使用するブラケットおよびねじなどの材質、表面状態によっ
て許容締付トルクは変化します。実際の組み合わせで事前に
ご確認ください。
・化学薬品(有機溶剤、酸、アルカリ)などの雰囲気では使用し
ないでください。
・水や油がスイッチにかからないようにしてください。
・外乱光が多い場所で使用する場合には、
フードなどで遮光するか、
取付方向を変え誤動作がないことを確認してください。
・屋外での使用は避けてください。
・塵埃が多い環境で使用する場合には、レンズ面に付着しないよ
うに密封ケースに入れた上、エアパージをかけるなどの対策を
してください。
・振動・衝撃の大きい場所は光軸ズレの原因となりますので避け
てください。
・スイッチへの配線は電力線や動力線と同一配管しないでください。
サージやノイズによる破損、誤動作の原因となります。単独
または別配管による配線を行ってください。
・コードを延長するときは 0.3mm2 以上の電線を使用し、延長距離
は 100m 以下としてください。
・市販のスイッチングレギュレータを使用の際は、フレームグラ
ンド端子を接地してください。接地しないとスイッチングノイズ
により誤動作することがあります。
・容量性負荷やランプ負荷など突入電流が生じる負荷を接続する
ときには、電流制限抵抗を負荷と出力の間に入れてください。
突入電流で破損します。
・負荷を接続しないで、
出力に電源を直接供給しないでください。
破損します。
検
22
! 取扱上の注意
1-1 仕 様
300min. 2
ご注文・ご使用に際しては、下記 URL より「ご注文・ご使用に際
してのご承諾事項」を必ずお読みください。
http://www.compoclub.com/syodaku.html
または
http://www.azbil.com/jp/product/cp/order.html
動作表示灯
本書では、HPJシリーズのうちおもな項目のみ記載してあります。
詳細な仕様が必要な場合には、製品仕様書により確認の上ご使
用ください。
35
このたびは、当社製品をお買いあげいただきましてありがとうご
ざいます。ご使用前には必ず本書をお読みいただき、正しくご使
用いただきますようお願い致します。
なお、製品の詳しい仕様、外形寸法などは製品仕様書でご確認く
ださい。
■ HPJ-D21/A21/D22
1. 仕様概要
11
光電スイッチ HPJ シリーズ
取扱説明書
・HPJ‐E11G、HPJ‐E21G の感度調整部は、ケースを固定、また
は本体根元から3cm以上離れた位置でコードを固定して取付け
てください。
4.5
CP-UM-3126JE
Vcc
茶
GND
青
〈アズビル株式会社〉
〈COMPO CLUB〉
部
西
国
州
支
支
支
支
社
社
店
社
0466-20-2143
http://www.azbil.com/jp/
http://www.compoclub.com
1995 年 6 月 初版発行
2012 年 4 月 改訂 10 版(M)
■ HPJ-D21/A21/D22
1-1 Specifications
1.5 m
Supply voltage
Output mode
Output
6
1 ms max.
Operating indicator When output on, red LED lits
Operating temperature
-20 to +50℃
35 to 85%RH(without condensation)
Sealing
IP40(IEC standard)
Black
+0.4
0
Cord
GND
Blue
LOAD
Vcc
Brown
GND
Blue
2-2.5
■ HPJ-B01
(Included to HPJ-T11)
2 Adjustment Methods
±0.2
T:Thru scan D or A:Diffuse scan
*1 Kodak gray card 90% 10 × 10 cm
φ3.2
4
φ2.5
φ4.4
1 or 3:NPN output 2:PNP output
1:Horizontal 2:Vertical
Blue
■ Emitter For Thru Scan
Infrared LED
2
Coding
HPJ-
! Cautions For Use
OUTPUT
2-φ3 ±0.2
Emitter lens
+0.4
0
Red LED
Incandescent light:3,000 lx max./ sun light:10,000 lx max.
GND
12
Receiver lens
32.4
Infrared LED
Ambient light
Brown
Vcc
1
Indicator
Saturation voltage:1V max.(at 80 mA load current)
Light source
Brown
Light operate
Load current:80 mA(resistive load), output withstand voltage:26.4 V
Indicator
Vcc
LOAD
OUTPUT Black
3.5
Dark operate
5.6
Operating mode
Sensitivity adjustment
■ Receiver For Thru Scan and Diffuse Scan
NPN Output
PNP Output
20 mA max.
Open collector of NPN or PNP transistor
Series
In case of various object detection or unstable detecting position,
we recommend to check the operation before running. And be careful of
reflection from the materials around photoelectric control.
13
2-4.6
*2 Kodak gray card 18% 10 × 10 cm
1-2 Dimensions
■ HPJ-T11
R
4
Unit: mm
2-φ3.2 ±0.2
10±0.2
2-3.6
±0.2
18
9
13
Cord
2-Φ3±0.2
1
8.5 10±0.2
22
19
8
2
R
2-4.6
8±0.2
2-2.5
4.5
1
φ3.3 ±0.2
7
5.6 +0.4
0
8.5
■ HPJ-B02
(Included to HPJ-T21/T22/T23)
11
Lens
2-3.6 ±0.2
+0.4
0
Φ3.2
Indicator(Receiver)
10
φ3.2
■ Thru Scan Type
(1)Make temporary installation for both the emitter and the receiver facing
each other.
(2)Move the emitter vertically and horizontally and fix it at the center of
the area where the receiver's operating indicator turns off.
(3)Move the receiver vertically and horizontally and fix it at the center of
the area where the receiver's operating indicator turns off.
(4)Put a target between the emitter and the receiver and operating indicator
(Red LED) should turn on.
■ Diffuse Scan Type
(1)Fix the photoelectric control face to the detecting position.
(2)Without the target, turn the sensitivity adjustment gradually from
maximum, and find the point “A” where the operating indicator turns
off.
If the operating indicator remains off at maximum position, it is point
“A”.
(3)With target being placed, turn the sensitivity adjustment gradually from
minimum, and find point “B” where the operating indicator turns on.
(4)Set the sensitivity adjustment to the point “C” which is the center of
point “A” and “B”.
1
8
10
1
24
■ HPJ-T21/T22/T23
±0.2
10
5
11
4.5
+0.4
0
8.5
10
14
R
2-4.6±0.2
Max.
23
2-3.6±0.2
2-2.5
4 15
5.6 +0.4
0
Min.
2-φ3.2 ±0.2
±0.2
φ2.5
φ4
B
2-φ3±0.2
φ3.2
Cord
A
10±0.2
22
6.5
8.5
Lens
C
■ HPJ-B03
(Included to HPJ-D21/A21/D22)
Indicator(Receiver)
2
・This sensor does not satisfy the air discharge immunity level of
ESD test required of EMC directive. Please take adequate
measures such as wristband when HPJ series is touched.
・Do not shake the photoelectric control.
・Do not pull the cord more than 30 N.
・Do not hit nor rub the photoelectric controls (especially lens).
・Please wipe lens with soft dry cloth.
Do not use a product such as benzene, acetone or thinner.
・Do not bend the part of card nearest to the photoelectric control with
minimum radius of 20 mm and also avoid continuous bending stress.
・Do not turn sensitivity adjustment at a torque more than 0.02 N• m.
・Approx. 1 ms is necessary after power on to reach stable operation.
・Be careful of mutual interference when several photoelectric controls
are applied in close proximity.
・Recommended tightening torque is 0.5 N• m max. with our standard
bracket set, model HPJ-B_ _. Allowable tightening torque varies
depending on the material and the surface condition of the brackets
and screws used. Please test beforehand with the actual hardware
combination.
・Do not use in an atmosphere with chemicals (organic, acid, alkali).
・Photoelectric control must be protected from oil and water.
・Confirm the stable operation by shielding or changing mounting
direction if ambient light is very strong.
・Do not use in outdoors.
・Keep dust away from lens by using sealed case and air purge.
・Avoid usage with big vibration or shock which may cause misalignment
of light axis.
・Route the cord separately from power lines or through on exclusive
conduit, otherwise the electrical noise or surge may cause incorrect
operation or damage.
・If an extension of cord is necessary, Use a 0.3 mm2 minimum cable of
100 m maximum length.
・When using a commercially available switching regulator, ground the
FG (frame ground) and G (ground) terminals.
Otherwise the switching noise may cause incorrect operation.
・When using a load which generates a transient rush current, connect a
current-limiting resistor between the load and output terminal.
Otherwise the output is broken.
・Do not connect the output terminal without load.
Otherwise the output transistor is broken.
30±5 mm(*2)
40 mA max.
Humidity
Please read the "Terms and Conditions" from the following
URL before ordering or use:
http://www.azbil.com/products/bi/order.html
30±5 mm(*1)
10.8 to 26.4 Vdc (RIPPLE 10% max.)
Current consumption
Response time
Thank you for purchasing the HPJ Series.
Before operating the product described in these installation instructions,
please take note of the following points regarding safety.
HPJ-A21
8
Scanning distance
HPJ-D21/D22
1
Diffuse scan(convergent beam)
HPJ-T23
16.7
HPJ Series
Photoelectric Controls
Installation Instructions
Thru scan
HPJ-T11/T21/T22
15±0.2
Scanning type
Catalog listing
φ2.5
φ4
CP-UM-3126JE
10
14
1-3 Output Circuit and wiring
1st edition: June 1995
10th edition: Apr. 2012(M)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement