Adobe PDF形式 (667KB)

Adobe PDF形式 (667KB)
「情 報 セキュリティ白 書 2014の英 訳 」に係 る
一般競争入札
(総合評価落札方式)
入札説明書
2014年7月8日
目
次
Ⅰ.入札説明書 ................................................................................................................. 1
Ⅱ.契約書 ........................................................................................................................ 6
Ⅲ.仕様書 ...................................................................................................................... 14
Ⅳ.入札資料作成要領 .................................................................................................... 18
Ⅴ.評価項目一覧 ........................................................................................................... 25
Ⅵ.評価手順書 ............................................................................................................... 29
Ⅶ.その他関係資料 ........................................................................................................ 32
Ⅰ.入札説明書
独立行政法人情報処理推進機構の請負契約に係る入札公告(2014年7月8日付け公示)に基づく入札
については、関係法令及び独立行政法人情報処理推進機構会計規程及び入札心得に定めるもののほか
下記に定めるところにより実施する。
記
1.競争入札に付する事項
(1)
(2)
(3)
(4)
作業の名称
作業内容等
履行期限
入札方法
情報セキュリティ白書2014の英訳
別紙仕様書のとおり。
別紙仕様書のとおり。
落札者の決定は総合評価落札方式をもって行うので、
① 入札に参加を希望する者(以下「入札者」という。)は「6.(4)提出書類
一覧」に記載の提出書類を提出すること。
② 上記①の提出書類のうち提案書については、入札資料作成要領に従って作
成、提出すること。
③ 上記①の提出書類のうち、入札書については仕様書及び請負契約書案に定
めるところにより、入札金額を見積るものとする。入札金額は、「情報セキ
ュリティ白書2014の英訳」に関する総価とし、総価には本件業務に係る一切
の費用を含むものとする。
④ 落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の8パーセン
トに相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数が生じたときは、
その端数金額を切捨てるものとする。)をもって落札価格とするので、入札
者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるか
を問わず、見積もった契約金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載
すること。
⑤ 入札者は、提出した入札書の引き換え、変更又は取り消しをすることはで
きないものとする。
2.競争参加資格
(1)
予算決算及び会計令(以下「予決令」という。)第70条の規定に該当しない者であること。な
お、未成年者、被保佐人又は被補助人であって、契約締結のために必要な同意を得ている者は、
同条中、特別の理由がある場合に該当する。
(2) 予決令第71条の規定に該当しない者であること。
(3) 法人税、消費税及び地方消費税について、納付期限を過ぎた未納税額がないこと。
(4) 平成25・26・27年度競争参加資格(全省庁統一資格)において「役務の提供等」で、「C」以上
の等級に格付けされ、関東・甲信越地域の資格を有する者であること。
(5)各省各庁及び政府関係法人等から取引停止又は指名停止処分等を受けていない者(理事長が特に
認める場合を含む。)であること。
(6) 経営の状況又は信用度が極度に悪化していないと認められる者であり、適正な契約の履行が確
保される者であること。
3.入札者の義務
(1) 入札者は、当入札説明書及び独立行政法人情報処理推進機構入札心得を了知のうえ、入札に参
加しなければならない。
(2) 入札者は、当機構が交付する仕様書に基づいて提案書を作成し、これを入札書に添付して入札
書等の提出期限内に提出しなければならない。また、開札日の前日までの間において当機構から
当該書類に関して説明を求められた場合は、これに応じなければならない。
1
4.入札説明会の日時及び場所
(1) 入札説明会の日時
2014年7月15日(火)11時00分~
(2) 入札説明会の場所
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構 会議室A
※ 入札説明会への参加を希望する場合は、14.(4)の担当部署まで電子メールにより申し込むこと。
※ 入札説明会において、誓約書(参考2を参照)を提出することを条件に、参考資料となる電子
データの配布を行うので、受領を希望する者は、誓約書を持参すること。
5.入札に関する質問の受付等
(1) 質問の方法
質問書(様式1)に所定事項を記入の上、電子メールにより提出すること。
(2) 受付期間
2014年7月15日(火)から2014年7月22日(火)17時00分まで。
なお、質問に対する回答に時間がかかる場合があるため、余裕をみて提出すること。
(3) 担当部署
14.(4)のとおり
6.入札書等の提出方法及び提出期限等
(1) 受付期間
2014年7月28日(月)から2014年7月30日(水)
持参の場合の受付時間は、月曜日から金曜日(祝祭日は除く)の10時00分から17時00分
(12時30分~13時30分の間は除く)とする。
(2) 提出期限
2014年7月30日(水) 17時00分必着。
上記期限を過ぎた入札書等はいかなる理由があっても受け取らない。
(3) 提出先
14.(4)のとおり。
(4) 提出書類一覧
No.
提出書類
部数
①
委任状(代理人に委任する場合)
様式 2
1通
②
入札書
様式 3
1通
③
提案書
-
5部
④
評価項目一覧
-
5部
最新の納税証明書(その 3 の 3・「法人税」及び
⑤
「消費税及地方消費税」について未納税額のない
-
1通
証明用)の原本又は写し
平成 25・26・27 年度競争参加資格(全省庁統一資
⑥
-
1通
格)における資格審査結果通知書の写し
⑦
提案書受理票
様式 4
1通
(5) 提出方法
① 入札書等提出書類を持参により提出する場合
入札書を封筒に入れ封緘し、封皮に氏名(法人の場合は商号又は名称)、宛先(14.(4)の
担当者名)を記載するとともに「情報セキュリティ白書2014の英訳 一般競争入札に係る入
札書在中」と朱書きし、その他提出書類一式と併せ封筒に入れ封緘し、その封皮に氏名(法
人の場合はその商号又は名称)、宛先(14.(4)の担当者名)を記載し、かつ、「情報セキュ
リティ白書2014の英訳 一般競争入札に係る提出書類一式在中」と朱書きすること。
② 入札書等提出書類を郵便等(書留)により提出する場合
2
二重封筒とし、表封筒に「情報セキュリティ白書2014の英訳 一般競争入札に係る提出書
類一式在中」と朱書きし、中封筒の封皮には直接提出する場合と同様とすること。
(6) 提出後
① 入札書等提出書類を受理した場合は、提案書受理票を入札者に交付する。なお、受理した提
案書等は評価結果に関わらず返却しない。
② ヒアリングは必要に応じて実施する。
7.開札の日時及び場所
(1) 開札の日時
2014年8月7日(木)10時30分~
(2) 開札の場所
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス13階
独立行政法人情報処理推進機構 会議室A
8.入札の無効
入札公告に示した競争参加資格のない者による入札及び入札に関する条件に違反した入札は
無効とする。
9.落札者の決定方法
独立行政法人情報処理推進機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の制限
の範囲内で、当機構が入札説明書で指定する要求事項のうち、必須とした項目の最低限の要求を
すべて満たしている提案をした入札者の中から、当機構が定める総合評価の方法をもって落札者
を定めるものとする。ただし、落札者となるべき者の入札価格によっては、その者により当該契
約の内容に適合した履行がなされないおそれがあると認められるとき、又はその者と契約するこ
とが公正な取引の秩序を乱すこととなるおそれがあって著しく不適当であると認められるとき
は、予定価格の範囲内の価格をもって入札をした他の者のうち、評価の最も高い者を落札者とす
ることがある。
10.入札保証金及び契約保証金
11.契約書作成の要否
全額免除
要(Ⅱ.契約書
請負契約書案を参照)
12.支払の条件
契約代金は、業務の完了後、当機構が適法な支払請求書を受理した日の属する月の翌月末日ま
でに契約金額を支払うものとする。
13.契約者の氏名並びにその所属先の名称及び所在地
〒113-6591 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス16階
独立行政法人情報処理推進機構 理事長 藤江 一正
14.その他
(1) 入札者は、提出した証明書等について説明を求められた場合は、自己の責任において速やか
に書面をもって説明しなければならない。
3
(2)
入札結果等、契約に係る情報については、当機構のウェブサイトにて公表(注)するものと
する。
(3) 落札者は、契約締結時までに入札内訳書及び提案書の電子データを提出するものとする。
(4) 入札説明会への参加申込み、仕様書に関する照会先、入札に関する質問の受付、入札書類の
提出先
〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス16階
独立行政法人情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター
情報セキュリティ分析ラボラトリー 担当:加藤、益子
TEL:03-5978-7530
E-mail:isec-bunseki-kobo@ipa.go.jp
なお、来訪する場合は、文京グリーンコートセンターオフィス13階当機構総合受付にお越
しください。
(5) 入札行為に関する照会先
独立行政法人情報処理推進機構 財務部 管理グループ 担当:逸見、前田
TEL:03-5978-7502
E-mail:fa-bid-kt@ipa.go.jp
4
(注) 独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針(平成 22 年 12 月 7 日閣議決定)
に基づく契約に係る情報の公表について
独立行政法人が行う契約については、「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」(平成22年
12月7日閣議決定)において、独立行政法人と一定の関係を有する法人と契約をする場合には、当該法
人への再就職の状況、当該法人との間の取引等の状況について情報を公開するなどの取組を進めると
されているところです。
これに基づき、以下のとおり、当機構との関係に係る情報を当機構のウェブサイトで公表することとしま
すので、所要の情報の当方への提供及び情報の公表に同意の上で、応札若しくは応募又は契約の締結
を行っていただくよう御理解と御協力をお願いいたします。
なお、案件への応札若しくは応募又は契約の締結をもって同意されたものとみなさせていただきますの
で、ご了知願います。
(1)公表の対象となる契約先
次のいずれにも該当する契約先
① 当機構において役員を経験した者(役員経験者)が再就職していること又は課長相当職以上の職
を経験した者(課長相当職以上経験者)が役員、顧問等として再就職していること
② 当機構との間の取引高が、総売上高又は事業収入の3分の1以上を占めていること
※ 予定価格が一定の金額を超えない契約や光熱水費の支出に係る契約等は対象外
(2)公表する情報
上記に該当する契約先について、契約ごとに、物品役務等の名称及び数量、契約締結日、契
約先の名称、契約金額等と併せ、次に掲げる情報を公表します。
① 当機構の役員経験者及び課長相当職以上経験者(当機構OB)の人数、職名及び当機構におけ
る最終職名
② 当機構との間の取引高
③ 総売上高又は事業収入に占める当機構との間の取引高の割合が、次の区分のいずれかに該当
する旨
3分の1以上2分の1未満、2分の1以上3分の2未満又は3分の2以上
④ 一者応札又は一者応募である場合はその旨
(3)当方に提供していただく情報
① 契約締結日時点で在職している当機構OBに係る情報(人数、現在の職名及び当機構における最
終職名等)
② 直近の事業年度における総売上高又は事業収入及び当機構との間の取引高
(4)公表日
契約締結日の翌日から起算して原則として72日以内(4 月に締結した契約については原則として 93
日以内)
(5)実施時期
平成23年7月1日以降の一般競争入札・企画競争・公募公告に係る契約及び平成23年7月1日以
降に契約を締結した随意契約について適用します。
なお、応札若しくは応募又は契約の締結を行ったにもかかわらず情報提供等の協力をしていただけ
ない相手方については、その名称等を公表させていただくことがあり得ますので、ご了知願います。
5
Ⅱ.契約書
2014 情財第 xx 号
契
約
書
独立行政法人情報処理推進機構(以下「甲」という。
)と○○○○○○(以下「乙」という。
)とは、
次の条項により「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」に関する請負契約を締結する。
(契約の目的)
第 1 条 乙は、別紙の仕様書及び提案書に基づく業務(以下「請負業務」という。)を本契約に従って
誠実に実施し、甲は乙にその対価を支払うものとする。
(再請負の制限)
第 2 条 乙は、請負業務の全部を第三者に請負わせてはならない。
2 乙は、請負業務の一部を第三者(以下「再請負先」という。
)に請負わせようとするときは、事前に
再請負先、再請負の対価、再請負作業内容その他甲所定の事項を、書面により甲に届け出なければな
らない。
3 前項に基づき、乙が請負業務の一部を再請負先に請負わせた場合においても、甲は、再請負先の行
為を全て乙の行為とみなし、乙に対し本契約上の責任を問うことができる。
(責任者の選任)
第 3 条 乙は、請負業務を実施するにあたって、責任者(乙の正規従業員に限る。)を選任して甲に届
け出る。
2 責任者は、請負業務の進捗状況を常に把握するとともに、各進捗状況について甲の随時の照会に応
じるとともに定期的または必要に応じてこれを甲に報告するものとする。
3 乙は、第 1 項により選任された責任者に変更がある場合は、直ちに甲に届け出る。
(納入物件及び納入期限)
第 4 条 納入物件、納入期限及びその他納入に関する事項については、別紙仕様書のとおりとする。
(契約金額)
第 5 条 甲が本契約の対価として乙に支払うべき契約金額は、金○○,○○○,○○○円(うち消費税
及び地方消費税○,○○○,○○○円)とする。
(権利義務の譲渡)
第 6 条 乙は、本契約によって生じる権利又は義務を第三者に譲渡し、又は承継させてはならない。
(実地調査)
第 7 条 甲は、必要があると認めるときは、乙に対し、自ら又はその指名する第三者をして、請負業務
の実施状況等について、報告又は資料を求め、若しくは事業所に臨んで実地に調査を行うことができ
る。
2 前項において、甲は乙に意見を述べ、補足資料の提出を求めることができる。
(検査)
第 8 条 甲は、第 4 条の規定により納入物件の納入を受けた日から 30 日以内に、当該納入物件につい
て別紙仕様書に基づき検査を行い、同仕様書に定める基準に適合しない事実を発見したときは、当該
事実の概要を書面によって直ちに乙に通知する。
2 前項所定の期間内に同項所定の通知が無いときは、当該期間満了日をもって当該納入物件は同項所
定の検査に合格したものとみなす。
3 請負業務は、当該納入物件が本条による検査に合格した日をもって完了とする。この場合、甲は、
完了を確認するために請負業務の完了通知書を乙に交付する。
4 第 1 項及び第 2 項の規定は、第 1 項所定の通知書に記載された指摘事実に対し、乙が適切な修正等
6
を行い甲に再納入する場合に準用する。
(瑕疵の補修)
第 9 条 甲は、前条第 3 項の規定による請負業務の完了日から 1 箇年以内に納入物件に瑕疵その他の不
具合(以下「瑕疵等」という。
)があることを発見したときは、乙に対して相当の期限を定めて、そ
の瑕疵等を無償で補修させることができる。
(対価の支払及び遅延利息)
第 10 条 甲は、第 8 条第 3 項の規定による請負業務の完了後、乙から適法な支払請求書を受理した日
の属する月の翌月末日までに契約金額を支払う。
2 甲が前項の期日までに対価を支払わない場合は、その遅延期間における当該未払金額に対して、財
務大臣が決定する率 (政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率(昭和 24 年 12 月 12 日大蔵省告示
第 991 号)) によって、遅延利息を支払うものとする。
(遅延損害金)
第 11 条 天災地変その他乙の責に帰すことができない事由による場合を除き、乙が納入期限までに納
入物件の納入が終らないときは、甲は遅延損害金として、延滞日数 1 日につき契約金額の 1,000 分の
1 に相当する額を徴収することができる。
2 前項の規定は、納入遅延となった後に本契約が解除された場合であっても、解除の日までの日数に
対して適用するものとする。
(契約の変更)
第 12 条 甲及び乙は、本契約の締結後、次の各号に掲げる事由が生じた場合は、甲乙合意のうえ本契
約を変更することができる。ただし、次条による解除権の行使は妨げないものとする。
一 仕様書その他契約条件の変更。
二 天災地変、著しい経済情勢の変動、不可抗力その他やむを得ない事由に基づく諸条件の変更。
三 税法その他法令の制定又は改廃。
四 価格に影響のある技術変更提案の実施。
(契約の解除等)
第 13 条 甲は、次の各号の一に該当するときは、乙に対する通知をもって、本契約の全部又は一部を
解除することができる。
一 乙が本契約条項に違反したとき。
二 乙が天災地変その他不可抗力の原因によらないで、納入期限までに本契約の全部又は一部を履行
しないか、又は納入期限までに完了する見込みがないとき。
三 乙が甲の指示に従わないとき、その職務執行を妨げたとき、又は談合その他不正な行為があった
とき。
四 乙が破産宣告を受け、その他これに類する手続が開始したこと、資産及び信用の状態が著しく低
下したと認められること等により、契約の目的を達することができないと認められるとき。
五 天災地変その他乙の責に帰すことができない事由により、納入物件を納入する見込みがないと甲
が認めたとき。
六 乙が、甲が正当な理由と認める理由により、本契約の解除を申し出たとき。
2 乙は、甲がその責に帰すべき事由により、本契約上の義務に違反した場合は、相当の期間を定めて、
その履行を催告し、
その期間内に履行がないときは、
本契約の全部又は一部を解除することができる。
3 乙の本契約違反の程度が著しく、または乙に重大な背信的言動があった場合、甲は第 1 項にかかわ
らず、催告せずに直ちに本契約の全部又は一部を無償解除することができる。
4 甲は、第 1 項第 1 号乃至第 4 号又は前項の規定により本契約を解除する場合は、違約金として契約
金額の 100 分の 10 に相当する金額(その金額に 100 円未満の端数があるときはその端数を切り捨て
る。
)を乙に請求することができる。
5 前項の規定は、甲に生じた実際の損害額が同項所定の違約金の額を超える場合において、甲がその
超える部分について乙に対し次条に規定する損害賠償を請求することを妨げない。
(損害賠償)
7
第 14 条 乙は、乙の責に帰すべき事由によって甲又は第三者に損害を与えたときは、その被った通常
かつ直接の損害を賠償するものとする。ただし、乙の負う賠償額は、乙に故意又は重大な過失があ
る場合を除き、第 5 条所定の契約金額を超えないものとする。
2 第 11 条所定の遅延損害金の有無は、前項に基づく賠償額に影響を与えないものとする。
(違約金及び損害賠償金の遅延利息)
第 15 条 乙が、
第 13 条第 4 項の違約金及び前条の損害賠償金を甲が指定する期間内に支払わないとき
は、乙は、当該期間を経過した日から支払をする日までの日数に応じ、年 5 パーセントの割合で計算
した金額の遅延利息を支払わなければならない。
(秘密保持及び個人情報)
第 16 条 甲及び乙は、相互に本契約の履行過程において知り得た相手方の秘密を他に漏洩せず、また
本契約の目的の範囲を超えて利用しない。ただし、甲が、法令等、官公署の要求、その他公益的見地
に基づいて、必要最小限の範囲で開示する場合を除く。
2 個人情報に関する取扱いについては、別添「個人情報の取扱いに関する特則」のとおりとする。
3 前各項の規定は、本契約終了後も有効に存続する。
(納入物件の知的財産権)
第 17 条 納入物件に関する著作権(著作権法第 27 条及び第 28 条に定める権利を含む。)
、本契約の履
行過程で生じた発明(考案及び意匠の創作を含む。
)及びノウハウを含む産業財産権(特許その他産
業財産権を受ける権利を含む。
)
(以下「知的財産権」という。)は、乙又は国内外の第三者が従前か
ら保有していた知的財産権を除き、第 8 条第 3 項の規定による請負業務完了の日をもって、乙から甲
に自動的に移転するものとする。
2 納入物件に、乙又は第三者が従前から保有する知的財産権が含まれている場合は、前項に規定する
移転の時に、乙は甲に対して非独占的な実施権、使用権、第三者に対する利用許諾権(再利用許諾権
を含む。)、その他一切の利用を許諾したものとみなす。なお、その対価は契約金額に含まれるもの
とする。
3 乙は、甲及び甲の許諾を受けた第三者に対し、納入物件に関する著作者人格権、及び納入物件に対
する著作権法第 28 条の権利、その他“原作品の著作者/権利者”の地位に基づく権利主張は行わな
いものとする。
(知的財産権の紛争解決)
第 18 条 乙は、納入物件に関し、甲及び国内外の第三者が保有する知的財産権(公告、公開中のもの
を含む。)を侵害しないことを保証するとともに、侵害の恐れがある場合、又は甲からその恐れがあ
る旨の通知を受けた場合には、当該知的財産権に関し、甲の要求する事項及びその他の必要な事項に
ついて調査を行い、これを甲に報告しなければならない。
2 乙は、前項の知的財産権に関して権利侵害の紛争が生じた場合(私的交渉、仲裁を含み、法的訴訟
に限らない。
)
、その費用と責任負担において、その紛争を処理解決するものとし、甲に対し一切の負
担及び損害を被らせないものとする。
3 第 9 条の規定は、知的財産権に関する紛争には適用しない。また、前各号の規定は、本契約終了後
も有効に存続する。
(成果の公表等)
第 19 条 甲は、請負業務完了の日以後、本契約に係る成果を公表、公開及び出版(以下「公表等」と
いう。
)することができる。
2 甲は、前項の規定に関わらず、乙の書面による承認を得て、請負業務完了前に成果の公表等をする
ことができる。
3 乙は、成果普及のために甲が成果報告書等を作成する場合には、甲に協力する。
4 乙は、甲の書面による承認を得た場合は、本契約に係る成果を公表等することができる。この場合、
乙はその方法、権利関係等について事前に甲と協議してその了解を得なければならない。なお、甲の
要請がある場合は、甲と共同して行う。
5 乙は、前項に従って公表等しようとする場合には、著作権表示その他法が定める権利表示と共に「独
立行政法人情報処理推進機構が実施する事業の成果」である旨を表示しなければならない。
8
6
本条の規定は、本契約終了後も有効に存続する。
(協議)
第 20 条 本契約に定める事項又は本契約に定めのない事項について生じた疑義については、甲乙協議
し、誠意をもって解決する。
(その他)
第 21 条 本契約に関する紛争については、東京地方裁判所を唯一の合意管轄裁判所とする。
特記事項
(談合等の不正行為による契約の解除)
第 1 条 甲は、次の各号のいずれかに該当したときは、契約を解除することができる。
一 本契約に関し、乙が私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和 22 年法律第 54 号。
以下「独占禁止法」という。
)第 3 条又は第 8 条第 1 号の規定に違反する行為を行ったことにより、
次のイからニまでのいずれかに該当することとなったとき
イ 独占禁止法第 49 条第 1 項に規定する排除措置命令が確定したとき
ロ 独占禁止法第 50 条第 1 項に規定する課徴金納付命令が確定したとき
ハ 独占禁止法第 66 条第 4 項の審決が確定したとき
ニ 独占禁止法第 7 条の 2 第 18 項又は第 21 項の課徴金納付命令を命じない旨の通知があったと
き
二 本契約に関し、乙の独占禁止法第 89 条第 1 項又は第 95 条第 1 項第 1 号に規定する刑が確定し
たとき
三 本契約に関し、乙(法人の場合にあっては、その役員又は使用人を含む。)の刑法(明治 40 年
法律第 45 号)第 96 条の 6 又は第 198 条に規定する刑が確定したとき
(談合等の不正行為に係る通知文書の写しの提出)
第 2 条 乙は、前条第 1 号イからニまでのいずれかに該当することとなったときは、速やかに、次の
各号の文書のいずれかの写しを甲に提出しなければならない。
一 独占禁止法第 49 条第 1 項の排除措置命令書
二 独占禁止法第 50 条第 1 項の課徴金納付命令書
三 独占禁止法第 66 条第 4 項の審決についての審決書
四 独占禁止法第 7 条の 2 第 18 項又は第 21 項の課徴金納付命令を命じない旨の通知文書
(談合等の不正行為による損害の賠償)
第 3 条 乙が、本契約に関し、第 1 条の各号のいずれかに該当したときは、甲が本契約を解除するか
否かにかかわらず、かつ、甲が損害の発生及び損害額を立証することを要することなく、乙は、契
約金額(本契約締結後、契約金額の変更があった場合には、変更後の契約金額)の 100 分の 10 に相
当する金額(その金額に 100 円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた金額)を違約金(損
害賠償額の予定)として甲の指定する期間内に支払わなければならない。
2 前項の規定は、本契約による履行が完了した後も適用するものとする。
3 第 1 項に規定する場合において、乙が事業者団体であり、既に解散しているときは、甲は、乙の代
表者であった者又は構成員であった者に違約金の支払を請求することができる。この場合において、
乙の代表者であった者及び構成員であった者は、連帯して支払わなければならない。
4 第 1 項の規定は、甲に生じた実際の損害額が同項に規定する損害賠償金の金額を超える場合におい
て、甲がその超える分について乙に対し損害賠償金を請求することを妨げるものではない。
5 乙が、第 1 項の違約金及び前項の損害賠償金を甲が指定する期間内に支払わないときは、乙は、当
該期間を経過した日から支払をする日までの日数に応じ、年 5 パーセントの割合で計算した金額の
遅延利息を甲に支払わなければならない。
(暴力団関与の属性要件に基づく契約解除)
9
第 4 条 甲は、乙が次の各号の一に該当すると認められるときは、何らの催告を要せず、本契約を解
除することができる。
一 法人等(個人、法人又は団体をいう。)が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関
する法律(平成 3 年法律第 77 号)第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)であると
き又は法人等の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業
所(常時契約を締結する事務所をいう。)の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他
経営に実質的に関与している者をいう。以下同じ。)が、暴力団員(同法第 2 条第 6 号に規定す
る暴力団員をいう。以下同じ。)であるとき
二 役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的
をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしているとき
三 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あ
るいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与しているとき
四 役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を
有しているとき
(再請負契約等に関する契約解除)
第 5 条 乙は、本契約に関する再請負先等(再請負先(下請が数次にわたるときは、すべての再請負
先を含む。)並びに自己、再請負先が当該契約に関連して第三者と何らかの個別契約を締結する場
合の当該第三者をいう。以下同じ。)が解除対象者(前条に規定する要件に該当する者をいう。以
下同じ。)であることが判明したときは、直ちに当該再請負先等との契約を解除し、又は再請負先
等に対し解除対象者との契約を解除させるようにしなければならない。
2 甲は、乙が再請負先等が解除対象者であることを知りながら契約し、若しくは再請負先等の契約を
承認したとき、又は正当な理由がないのに前項の規定に反して当該再請負先等との契約を解除せず、
若しくは再請負先等に対し契約を解除させるための措置を講じないときは、本契約を解除すること
ができる。
(損害賠償)
第 6 条 甲は、第 4 条又は前条第 2 項の規定により本契約を解除した場合は、これにより乙に生じた
損害について、何ら賠償ないし補償することは要しない。
2 乙は、甲が第 4 条又は前条第 2 項の規定により本契約を解除した場合において、甲に損害が生じた
ときは、その損害を賠償するものとする。
3 乙が、本契約に関し、前項の規定に該当したときは、甲が本契約を解除するか否かにかかわらず、
かつ、甲が損害の発生及び損害額を立証することを要することなく、乙は、契約金額(本契約締結
後、契約金額の変更があった場合には、変更後の契約金額)の 100 分の 10 に相当する金額(その金
額に 100 円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた金額)を違約金(損害賠償額の予定)
として甲の指定する期間内に支払わなければならない。
4 前項の規定は、本契約による履行が完了した後も適用するものとする。
5 第 2 項に規定する場合において、乙が事業者団体であり、既に解散しているときは、甲は、乙の代
表者であった者又は構成員であった者に違約金の支払を請求することができる。この場合において、
乙の代表者であった者及び構成員であった者は、連帯して支払わなければならない。
6 第 3 項の規定は、甲に生じた実際の損害額が同項に規定する損害賠償金の金額を超える場合におい
て、甲がその超える分について乙に対し損害賠償金を請求することを妨げるものではない。
7 乙が、第 3 項の違約金及び前項の損害賠償金を甲が指定する期間内に支払わないときは、乙は、当
該期間を経過した日から支払をする日までの日数に応じ、年 5 パーセントの割合で計算した金額の
遅延利息を甲に支払わなければならない。
(不当介入に関する通報・報告)
第 7 条 乙は、本契約に関して、自ら又は再請負先等が、暴力団、暴力団員、暴力団関係者等の反社
会的勢力から不当要求又は業務妨害等の不当介入(以下「不当介入」という。)を受けた場合は、
これを拒否し、又は再請負先等をして、これを拒否させるとともに、速やかに不当介入の事実を甲
に報告するとともに警察への通報及び捜査上必要な協力を行うものとする。
10
本契約の締結を証するため、本契約書 2 通を作成し、双方記名押印の上、甲、乙それぞれ 1 通を保
有する。
2014 年○月○日
甲
東京都文京区本駒込二丁目 28 番 8 号
独立行政法人情報処理推進機構
理事長 藤江 一正
乙
○○県○○市○○町○丁目○番○○号
株式会社○○○○○○○
代表取締役 ○○ ○○
11
(別添)
個人情報の取扱いに関する特則
(定 義)
第 1 条 本特則において、
「個人情報」とは、業務に関する情報のうち、個人に関する情報であって、
当該情報に含まれる記述、個人別に付された番号、記号その他の符号又は画像もしくは音声により
当該個人を識別することのできるもの(当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合
することができ、それにより当該個人を識別できるものを含む。
)をいい、秘密であるか否かを問わ
ない。以下各条において、
「当該個人」を「情報主体」という。
(責任者の選任)
第 2 条 乙は、個人情報を取扱う場合において、個人情報の責任者を選任して甲に届け出る。
2 乙は、第 1 項により選任された責任者に変更がある場合は、直ちに甲に届け出る。
(個人情報の収集)
第 3 条 乙は、業務遂行のため自ら個人情報を収集するときは、
「個人情報の保護に関する法律」その
他の法令に従い、適切且つ公正な手段により収集するものとする。
(開示・提供の禁止)
第 4 条 乙は、個人情報の開示・提供の防止に必要な措置を講じるとともに、甲の事前の書面による承
諾なしに、第三者(情報主体を含む)に開示又は提供してはならない。ただし、法令又は強制力あ
る官署の命令に従う場合を除く。
2 乙は、業務に従事する従業員以外の者に、個人情報を取り扱わせてはならない。
3 乙は、業務に従事する従業員のうち個人情報を取り扱う従業員に対し、その在職中及びその退職後
においても個人情報を他人に開示・提供しない旨の誓約書を提出させるとともに、随時の研修・注
意喚起等を実施してこれを厳正に遵守させるものとする。
(目的外使用の禁止)
第 5 条 乙は、個人情報を業務遂行以外のいかなる目的にも使用してはならない。
(複写等の制限)
第 6 条 乙は、甲の事前の書面による承諾を得ることなしに、個人情報を複写又は複製してはならない。
ただし、業務遂行上必要最小限の範囲で行う複写又は複製については、この限りではない。
(個人情報の管理)
第 7 条 乙は、個人情報を取り扱うにあたり、本特則第 4 条所定の防止措置に加えて、個人情報に対す
る不正アクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等のリスクに対し、合理的な安全対
策を講じなければならない。
2 乙は、前項に従って講じた措置を、遅滞なく甲に書面で報告するものとする。これを変更した場合
も同様とする。
3 甲は、乙に事前に通知の上乙の事業所に立入り、乙における個人情報の管理状況を調査することが
できる。
4 前三項に関して甲が別途に管理方法を指示するときは、乙は、これに従わなければならない。
5 乙は、業務に関して保管する個人情報(甲から預託を受け、或いは乙自ら収集したものを含む)に
ついて甲から開示・提供を求められ、訂正・追加・削除を求められ、或いは業務への利用の停止を
求められた場合、直ちに且つ無償で、これに従わなければならない。
(返還等)
第 8 条 乙は、甲から要請があったとき、又は業務が終了(本契約解除の場合を含む)したときは、
個人情報が含まれるすべての物件(これを複写、複製したものを含む。)を直ちに甲に返還し、又は
引き渡すとともに、乙のコンピュータ等に登録された個人情報のデータを消去して復元不可能な状
態とし、その旨を甲に報告しなければならない。ただし、甲から別途に指示があるときは、これに
従うものとする。
12
2
乙は、甲の指示により個人情報が含まれる物件を廃棄するときは、個人情報が判別できないよう必
要な処置を施した上で廃棄しなければならない。
(記録)
第 9 条 乙は、個人情報の受領、管理、使用、訂正、追加、削除、開示、提供、複製、返還、消去及
び廃棄についての記録を作成し、甲から要求があった場合は、当該記録を提出し、必要な報告を行
うものとする。
2 乙は、前項の記録を業務の終了後 5 年間保存しなければならない。
(再請負)
第 10 条 乙が甲の承諾を得て業務を第三者に再請負する場合は、十分な個人情報の保護水準を満たす
再請負先を選定するとともに、当該再請負先との間で個人情報保護の観点から見て本特則と同等以
上の内容の契約を締結しなければならない。この場合、乙は、甲から要求を受けたときは、当該契
約書面の写しを甲に提出しなければならない。
2 前項の場合といえども、再請負先の行為を乙の行為とみなし、乙は、本特則に基づき乙が負担する
義務を免れない。
(事 故)
第 11 条 乙において個人情報に対する不正アクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等
の事故が発生したときは、当該事故の発生原因の如何にかかわらず、乙は、ただちにその旨を甲に
報告し、甲の指示に従って、当該事故の拡大防止や収拾・解決のために直ちに応急措置を講じるも
のとする。なお、当該措置を講じた後ただちに当該事故及び応急措置の報告並びに事故再発防止策
を書面により甲に提示しなければならない。
2 前項の事故が乙の本特則の違反に起因する場合において、甲が情報主体又は甲の顧客等から損害賠
償請求その他の請求を受けたときは、甲は、乙に対し、その解決のために要した費用(弁護士費用
を含むがこれに限定されない)を求償することができる。なお、当該求償権の行使は、甲の乙に対
する損害賠償請求権の行使を妨げるものではない。
3 第 1 項の事故が乙の本特則の違反に起因する場合は、本契約が解除される場合を除き、乙は、前
二項のほか、当該事故の善後策として必要な措置について、甲の別途の指示に従うものとする。
以上
13
Ⅲ.仕様書
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」
事業内容(仕様書)
14
事業内容(仕様書)
1. 件名
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」
2. 背景・目的
独立行政法人情報処理推進機構(以下「IPA」という。)は、2014 年 7 月に「情報セキュリティ
白書 2014」を発行する予定である。本白書は、IPA の情報セキュリティの専門家が、関連機関・
組織が公表した多くの情報を参照し、利用者側・供給者側双方の視点から動向を分析し、被害と
対策実施の状況、法的・制度的基盤や人的な基盤、情報セキュリティ産業の動向と日米の比較、
その他情報セキュリティの分野において注目すべき個別のテーマについての現状を解説し、今後
を展望した書籍である。
本事業では日本の情報セキュリティの現状とそれに関わる IPA の活動を関連する海外のセキュ
リティ専門家や機関などに伝えるため、本白書の英語版を作成する。
3. 事業概要
(1) 事業概要
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」
(2) 実施方法
4.(1)①、②に指定する対象部分を翻訳し、「情報セキュリティ白書 2014」の英語版を編集、
作成する。なお翻訳に際し、 IPA から下記の電子データを貸与する。
・
「情報セキュリティ白書 2014」
(日本語版)の原稿(InDesign 形式(Mac 版 CS5 ))
・図表データ(Illustrator 形式(Mac 版 CS5 )
)
4. 業務内容
(1) 実施方法
① 翻訳対象の日本語原稿
IPA 発行「情報セキュリティ白書 2014」
(日本語版)総ページ数 228 ページのうち、以下の
対象ページ数総計 178 ページを対象とする。翻訳対象日本語文字数は総計で 320,000 文字(本
文 260,000 文字程度、図表部分 60,000 文字程度)程度である。図表の数は、図が 152 点、
表が 38 点である。
(対象ページ)
・ 表紙・裏表紙 各 1 ページ (2 ページ)
・ 巻頭言 1 ページ
・ 目次
・ 第一部
3 ページ
154 ページ
・ あとがき 1 ページ
・ 付録(資料・ツール)の資料部分の 9 ページ
・ 標語/ポスター入選作品紹介部分 8 ページ
ただし、総量はほぼ変化しないものの、最新状況の盛り込みや英語版の性格に合わせた記
述の変更等、原稿の一部に変更が生じる可能性がある。
② 原稿本文中の図表
本文だけでなく、文中の図表も英訳の対象とする。
③ URL 情報の確認
参照している URL560 件程度について、その英語版の有無を確認し、存在した場合はその URL
を掲載する。存在しない場合は、日本語の URL のみであることを記載する。
④ その他の部分
個別に IPA 担当者と相談の上、作業すること。
15
なお、下記については翻訳の対象外とする。
・ 第二部
24 ページ
別途英訳が存在するので、英訳部分については、IPA から図表を含めて提供する(ただ
し編集は行う)
。
・ 付録(資料・ツール)のツール部分
・ 索引
翻訳・掲載は不要
翻訳・掲載は不要
(2) 翻訳に関する要件
① 原文のもつ正確さ(構文及び技術面)を損なわずに翻訳すること。
② 英語を母語としない人も読者となる可能性があることを意識して、一般的で平易な単語や表
現を用いること。
③ 原文中、図・表が含まれている箇所は、必ず本文と図・表の対訳の照合を行うこと。
④ 全体を通じた用語・表現・文体の統一を図ること。
⑤ IT に関する知識・知見を有するネイティブによるチェックを行うこと。
⑥ IPA から提示する参考資料(
「情報セキュリティ白書 2013」
(日本語版)、
「情報セキュリティ
白書 2013 英語版」
)に則り実施すること。
⑦ 翻訳作業の開始時に、原稿のパートごとに原文執筆者と内容に関する意識合わせの会議を行
う場合がある。その際には翻訳者もしくはコーディネータが出席し、十分に内容を理解した
上で翻訳を行うこと。
⑧ IPA は 1 回以上の翻訳原稿の校閲と校閲反映確認の作業を行う。 翻訳原稿の質が「情報セ
キュリティ白書 2013 英語版」と同程度の水準を満たしていない場合、その水準を満たすま
で校閲と校閲反映確認を行うので、修正を行うこと。
(3) 編集に関する要件
① 日本語原稿にあわせた形で体裁を整え、編集作業を行うこと。
② 図表については、基本的に InDesign データに埋め込まれているので、原文と同形式で埋め
込むこと。写真やポスターの画像は、担当者に確認の上、翻訳・加工せず元の画像をその
まま用いる。
③ 標語については日本語と英語を併記すること。
④ その他の部分の扱い
個別に IPA 担当者と相談の上、作業すること。
⑤ InDesign、pdf の取り扱いに習熟している者が編集作業を行い、業務を遅滞なく適切に遂行
すること。
⑥ 翻訳の校閲には、原則 Microsoft Office Word(2007 以降)を用いること。
(4) その他の要件
① 原文の日本語版は市販する著作物なので、データの取り扱いには注意すること。
② データは翻訳作業に必要な関係者のみが閲覧・取り扱うようにし、その場合でも外部に漏れ
ることのないよう適切に管理すること。
5. 事業の実施体制と必要なスキル
本事業の実施に必要な、以下の知識、実施体制及び管理能力を有することが必要。
(1) プロジェクトリーダーとしての経験が 5 年以上かつ実施プロジェクトが 5 件以上あるプロジ
ェクトリーダーを定めること。
(2) ネイティブチェック体制の中に IT に関する知識・知見を有する者を1名以上含めること。
(3) 実際の業務の翻訳担当者が IPA で打合せできること。ただし、翻訳担当者が IPA との打合せ
16
に出席できない場合、担当コーディネータ等でもよい。
(4) 提案書に記載した実施計画のスケジュールと人員に沿って、作業を実施すること。
(5) 実施体制にトライアル翻訳を行った者を含めること。
6. 事業期間及びスケジュール
契約締結日から 2014 年 11 月 10 日(月)まで
7. 納入関連
7.1 納入期限
2014 年 11 月 10 日(月)
7.2 納入場所
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー
7.3 納入物件
以下記載の電子データを納めた電子媒体(CD-R 又は DVD-R)一式
① 全ての英訳済みデータの InDesign ファイル
② 英訳済の図表データの Illustrator ファイル
③ 全ての英訳済みデータの pdf ファイル
・①、②、③は、可能な限り同一媒体内に格納すること。
・全ての英訳済みデータを A4 またはレターサイズ用紙に出力したものを 1 部、検収用とし
て添付すること。
・その他、編集の可否などのデータファイルの詳細な設定は納入前に IPA 担当者と相談し
指示に従うこと。
8.検収関連
検収条件
本仕様書において要求する事項を全て満たしているものであること。
17
Ⅳ.入札資料作成要領
「情報セキュリティ白書2014の英訳」
入札資料作成要領
18
目
次
第1章 独立行政法人情報処理推進機構が入札者に提示する資料及び入札者が提出すべき資料
第2章 評価項目一覧に係る内容の作成要領
2.1 評価項目一覧の構成
2.2 遵守確認事項
2.3 提案要求事項
第3章 提案書に係る内容の作成要領及び説明
3.1 提案書の構成及び記載事項
3.2 提案書様式
3.3 留意事項
19
本書は、「情報セキュリティ白書2014の英訳」に係る入札資料(評価項目一覧及び提案書)の作成要
領を取りまとめたものである。
第1章 独立行政法人情報処理推進機構が入札者に提示する資料
及び入札者が提出すべき資料
独立行政法人情報処理推進機構(以下「機構」という。)は入札者に以下の表1に示す資料を
提示する。入札者は、それを受け、以下の表2に示す資料を作成し、機構へ提出する。
[表1
[表2
機構が入札者に提示する資料]
資料名称
資料内容
① 仕様書
本件、情報セキュリティ白書2014の英訳の仕様を記述(目的・内容等)。
「Ⅲ.仕様書 「情報セキュリティ白書2014の英訳」事業内容(仕様書)」
② 入札資料作成要領
入札者が、評価項目一覧及び提案書に記載すべき項目の概要等を記述。
「Ⅳ.入札資料作成要領 「情報セキュリティ白書2014の英訳」入札資
料作成要領」
③ 評価項目一覧
提案書に記載すべき提案要求事項一覧、必須項目及び任意項目の区分、
得点配分等を記述。
「Ⅴ.評価項目一覧 「情報セキュリティ白書2014の英訳」評価項目一
覧」
④ 評価手順書
機構が入札者の提案を評価する場合に用いる評価方式、総合評価点の算
出方法及び評価基準等を記述。
「Ⅵ.評価手順書 「情報セキュリティ白書2014の英訳」評価手順書(加
算方式)」
入札者が機構に提出する資料]
資料名称
資料内容
① 評価項目一覧の遵守 仕様書に記述された要件一覧を遵守又は達成するか否かに関し、遵
確認欄及び提案書頁番 守確認欄に○×を記入し、提案書頁番号欄に、該当する提案書の頁
号欄に必要事項を記入 番号を記入したもの。
したもの
提案書
仕様書に記述された要求仕様をどのように実現するかを提案書にて説
明したもの。
「第3章3.1提案書の構成及び記載事項」参照。
20
第2章
評価項目一覧に係る内容の作成要領
2.1 評価項目一覧の構成
評価項目一覧の構成及び概要説明を以下表3に示す。
[表3 評価項目一覧の構成の説明]
評価項目一覧
における項番
事項
概要説明
「情報セキュリティ白書2014の英訳」を実施する上で遵守すべき事
遵守確認事項 項。これら事項に係る具体的内容の提案は求めず、全ての項目につ
0
いてこれを遵守する旨を記述する。
提案を要求する事項。これら事項については、入札者が提出した提
案書について、各提案要求項目の必須項目及び任意項目の区分け、
提案要求事項 得点配分の定義に従いその内容を評価する。
1~6
2.2
遵守確認事項
遵守確認事項における各項目の説明を以下に示す。
入札者は、別添「評価項目一覧の遵守確認事項」における「遵守確認」欄に必要事項を記
載すること。遵守確認事項の各項目の説明に関しては、表4を参照すること。
[表4 遵守確認事項上の各項目の説明]
項目名
項目説明・記入要領
項
目
内容説明
遵守確認
記入者
遵守確認事項の分類
機構
遵守すべき事項の内容
機構
入札者は、遵守確認事項を実現・遵守可能である場合は○を、実
現・遵守不可能な場合(実現・遵守の範囲等について限定、確認及
び調整等が必要な場合等を含む)には×を記載する。
21
入札者
2.3
提案要求事項
提案要求事項における各項目の説明を以下に示す。
入札者は、別添「評価項目一覧の提案要求事項」における「提案書頁番号」欄に必要事項
を記載すること。提案要求事項の各項目の説明に関しては、表5を参照すること。
[表5 提案要求事項上の各項目の説明]
項目名
項
目
提案要求事項
評価区分
得点配分
項目説明・記入要領
記入者
提案書の目次(提案要求事項の分類)。
機構
入札者に提案を要求する内容
機構
必ず提案すべき項目(必須)又は必ずしも提案する必要は無い
項目(任意)の区分を設定している。
各項目について、記述があった場合、その内容に応じて配点を
行う。
各項目に対する最大加点の値
作成した提案書における該当頁番号を記載する。該当する提案
書の頁が存在しない場合には空欄とする。
提案書頁番号
評価者は各提案要求事項について、本欄に記載された頁を対象と
して採点を行う。
22
機構
機構
入札者
第3章
3.1
提案書に係る内容の作成要領及び説明
提案書の構成及び記載事項
以下に、別添「評価項目一覧」から[項番と項目]を抜粋したもの及び求められる提案要求
事項を表6に示す。提案書は、表6の項番、項目内容に従い、提案要求内容を十分に咀嚼した
上で記述及び提案すること。なお、詳細は別添「評価項目一覧」を参照すること。
[表6 提案書目次及び提案要求事項]
提案書
目次項番
求められる提案要求事項
・本業務を実施する体制、環境、指示・報告の流れ、管理体制、
当機構との連絡体制、メンバー、等。
・成果物の品質を高めるための工夫、等。
1
実施体制
2
・メンバーの役割、経歴、実績、等。
各担当者の役割と
・プロジェクトリーダーについては必ず略歴も記載すること。
スキル
・本業務にとって有効な資格やスキル、等。
・作業の実施フロー、作業内容、進捗管理指標、等。
・IPAが行うべき必要な作業と時期を明確にすること。
・作業の効果・効率を高める工夫があれば提案すること。
・本事業の実施計画(全体スケジュール、作業の実施フロー毎
のスケジュール、IPAが行うべき作業期間)、進捗管理のポイ
ント(マイルストーン)、等。
・作業工数の不足がないものとすること。
・作業の効果・効率を高める工夫、等。
3
作業の流れ
4
実施計画
5
関連分野の実績
・組織としての過去の経験、類似分野の翻訳の実績、業務遂行
上有効な知識の有無、等。
トライアル翻訳
・別紙のトライアル翻訳原稿を必ず英訳のこと。
・翻訳は、必ず実際の翻訳業務にあたる担当者が行うこと。
・原文がもつ性質に相応しく、また、英語を母国語としない人
にも読みやすいよう、一般的で平易かつ誤解を与えない用語や
表現などが用いて英訳すること。
6
3.2
項目
提案書様式
①
提案書及び評価項目一覧はA4判にて印刷し、特別に大きな図面等が必要な場合には、
原則としてA3判にて提案書の中に折り込む。
②
提案書は、電子媒体の提出を求める場合がある。その際のファイル形式は、原則とし
て、Microsoft-Word、Microsoft Office 2010、Open Officeまたはpdf形式のいずれかと
する(これに拠りがたい場合は、機構まで申し出ること)。
3.3 留意事項
①
提案書を評価する者が特段の専門的な知識や商品に関する一切の知識を有しなくても
評価が可能な提案書を作成する。なお、必要に応じて、用語解説などを添付する。
②
提案に当たって、特定の製品を採用する場合は、当該製品を採用する理由を提案書中に
記載するとともに、記載内容を証明及び補足するもの(製品紹介、パンフレット、比較表
23
等)を添付する。
③
入札者は提案の際、提案内容についてより具体的・客観的な詳細説明を行うための資料
を、添付資料として提案書に含めることができる(その際、提案書本文と添付資料の対応
が取れるようにする)。
④
機構から連絡が取れるよう、提案書には連絡先(電話番号、FAX番号、及びメールアド
レス)を明記する。
⑤
上記の提案書構成、様式及び留意事項に従った提案書ではないと機構が判断した場合は、
提案書の評価を行わないことがある。また、補足資料の提出や補足説明等を求める場合が
ある。
⑥
提案書、その他の書類は、本件における総合評価落札方式(加算方式)の技術評価に使
用する。
⑦
提案書は契約書に添付し、その提案遂行が担保されるため、実現可能な内容を提案する
こと。
⑧ 提案内容の一部を外注する場合は、その作業内容を明記すること。
24
Ⅴ.評価項目一覧
「情報セキュリティ白書2014の英訳」
評価項目一覧
25
Ⅴ.評価項目一覧 - 遵守確認事項 項目
0
内容説明
遵守確認事項
(1)
納入物件
Ⅲ.仕様書「7.納入関連」に記載の納入物件を一括して納入すること。
(2)
業務の範囲
Ⅲ.仕様書「4.業務内容」に記載している項目を一括して受託すること(部分についての提案は認めない)。
(3)
業務の実施方針等
Ⅲ.仕様書「4.(2)翻訳に関する要件」に従い、作業を行うこと。
(4)
業務従事者の経験・能力
Ⅲ.仕様書「5.事業の実施体制と必要なスキル」を満たす要員が従事すること。
(5)
スケジュール
実施計画を明確に定め、作業毎の工程管理を行い、納入期限を守ること。
26
遵守確認
2.評価項目一覧
得点配分
評価項目
項番
項目
提案要求事項
英訳作業、ネイティブチェック作業、編集作業を遂行可能な体制となっ
ているか。本事業を遂行するのに、十分な体制が整備されているか。
1
2
4
5
基礎
点
加点
必須
10
-
実施体制
各担当者の役割とスキル
作業の流れ
任意
-
10
・ネイティブチェック担当者は IT に関する知識・知見を有しているか。
・プロジェクトリーダーの経験は十分であるか。
 プロジェクトリーダーとしての経験 5 年以上
 プロジェクトリーダーとしての実施プロジェクト 5 件以上
必須
10
-
作業の流れが明確になっているか。実際の業務の翻訳担当者または
業務範囲を把握する担当コーディネータ等と IPA で打合せ可能である
か。IPA が行うべき必要な作業と時期についても明確になっているか。
それは本事業を遂行するのに十分で妥当か。
20
「Ⅳ.3.1 提案書の構
成及び記載事項」の
「[表 6 提案書目次
及び提案要求事
項]」内「求められる
提案要求事項」参
照。
任意
-
10
必須
10
20
その他、本事業の遂行にとって有益な作業方法や工夫、独自の優れた
提案となっているか。
任意
-
10
業務の実施計画が提案されているか。それは本事業を遂行するのに
十分で妥当か。
必須
10
-
実施計画
関連分野の実績
合計
20
更に、作業の効果・効率を高める方策や成果物の品質を高める方策、
管理体制、連絡体制などで、独自の優れた提案となっているか。原稿
データの取扱いの方針が提案されているか。
その他、本事業の遂行にとって有益な役割分担やスキル所有者の割り
当て、作業分担など、独自の優れた提案となっているか。
3
評価
区分
提案書頁番号
20
その他、本事業の遂行にとって有益な実施計画の方法、管理ポイント
の設定、独自の優れた提案となっているか。
任意
-
10
本事業の遂行にとって有益で効果を高めると考えられる、組織としての
関連分野の実績があるか。
任意
-
10
27
10
2.評価項目一覧
評価項目
提案書頁番号
得点配分
項番
(()内は
評価用
項番)
6
評価
区分
基礎
点
加点
基本的な翻訳の正確さがあるか。
必須
10
-
任意
-
10
任意
-
10
任意
-
10
任意
-
10
任意
-
10
必須
10
-
項目
提案要求事項
合計
トライアル翻訳
(1)
基本的な翻訳の正確さ
(2)
訳語選択の適切性
訳語の選択が適切か。
(3)
文法の正確性
文法が正確か。
(4)
原文の意図への忠
実性
原文の意図に忠実か。
(5)
訳語の一意性
訳語に一意性があり、あいまいでないか。
(6)
翻訳の安定性
翻訳が安定しているか。
(1)
基本的な翻訳の読みやすさ
「Ⅳ.3.1 提案書の構
成及び記載事項」の
「[表 6 提案書目次
及び提案要求事
項]」内「求められる
提案要求事項」参
照。
基本的な翻訳の読みやすさがあるか。
(2)
用語の平易性
用語が平易か。
任意
-
10
(3)
表現の平易性
表現が平易か。
任意
-
10
計 60
計 120
28
90
計 180
Ⅵ.評価手順書
「情報セキュリティ白書2014の英訳」
評価手順書(加算方式)
29
本書は、「情報セキュリティ白書2014の英訳」に係る評価手順を取りまとめたものである。落札方
式、評価の手続き及び加点方法等を以下に示す。
第1章
落札方式及び得点配分
1.1 落札方式
次の要件を共に満たしている者のうち、「1.2 総合評価点の計算」によって得られた数
値の最も高い者を落札者とする。
① 入札価格が予定価格の制限の範囲内であること。
②「Ⅴ.評価項目一覧」の遵守確認事項及び評価区分の必須項目を全て満たしていること。
1.2
総合評価点の計算
総合評価点 = 技術点 + 価格点
技術点 = 基礎点 + 加点
価格点 = 価格点の配分 × ( 1 - 入札価格 ÷ 予定価格)
1.3 得点配分
技術点の配分を180点、価格点の配分を90点とする。
第2章
技術点
180点
価格点
90点
評価の手続き
2.1 一次評価
一次評価として、「Ⅴ.評価項目一覧」の各事項について、次の要件をすべて満たして
いるか審査を行う。一次評価で合格した提案書について、次の「2.2二次評価」を行う。
①「1.遵守確認事項」の「遵守確認」欄に全て「○」が記入されていること。
②「2.提案要求事項」の「提案書頁番号」欄に、提案書の頁番号が記入されていること。
2.2 二次評価
上記「2.1 一次評価」で合格した提案書に対し、次の「第3章 評価項目の加点方法」に基
づき技術評価を行う。なお、ヒアリングを実施した場合には、ヒアリングにより得られた評
価を加味するものとする。
評価に当たっては、複数の評価者で各項目を評価し、各評価者の評価結果(得点)の平均
値(小数点第2位以下切捨て)をもって技術点とする。
2.3
総合評価点の算出
以下の技術点と価格点を合計し、総合評価点を算出する。
①「2.2 二次評価」により算定した技術点
②「1.2 総合評価点の計算」で定めた計算式により算定した価格点
30
第3章
評価項目の加点方法
3.1 評価項目得点構成
評価項目(提案要求事項)毎の得点については、評価区分に応じて、必須項目は基礎点、
任意項目は加点として付与する。
なお、評価項目毎の基礎点、加点の得点配分は「Ⅴ.評価項目一覧」の「2.評価項目一覧
-提案要求事項-」を参照すること。
3.2
基礎点評価
提案内容が、必須項目を満たしている場合に基礎点を付与し、そうでない場合は0点とす
る。従って、一つでも必須項目を満たしていないと評価(0点)した場合は、その入札者を
不合格とし、価格点の評価は行わない。
3.3
加点評価
任意項目について、提案内容に応じて下表の評価基準に基づき加点を付与する。
評価
ランク
評価基準
配点
(10 点満点)
S
通常の想定を超える卓越した提案内容である。
10
A
通常想定される提案としては最適な内容である。
6
B
概ね妥当な内容であると認められた。
3
C
内容が不十分である、あるいは記載がない。
0
31
Ⅶ.その他関係資料
独立行政法人情報処理推進機構入札心得
(趣 旨)
第 1 条 独立行政法人情報処理推進機構(以下「機構」という。
)の契約に係る一般競争又は指名競争
(以下「競争」という。
)を行う場合において、入札者が熟知し、かつ遵守しなければならない事項
は、関係法令、機構会計規程、入札説明書及び独立行政法人情報処理推進機構電子入札システム(以
下「電子入札システム」という。
)を利用する場合における電子申請マニュアル(以下「マニュアル」
という。
)に定めるもののほか、この心得に定めるものとする。
(仕様書等)
第 2 条 入札者は、仕様書、図面、契約書案及び添付書類を熟読のうえ入札しなければならない。
2 入札者は、前項の書類について疑義があるときは、関係職員に説明を求めることができる。
3 入札者は、入札後、第 1 項の書類についての不明を理由として異議を申し立てることができない。
(入札保証金及び契約保証金)
第 3 条 入札保証金及び契約保証金は、全額免除する。
(入札の方法)
第 4 条 入札者は、次の各号に定める方法により、入札を行わなければならない。
(1) 直接入札又は郵便等入札 入札者は、別紙様式による入札書を直接又は郵便等で提出しなけれ
ばならない。
(2) 電子入札 入札者は、電子入札システムを利用して入札金額を含む入札データを送信しなけれ
ばならない。
(入札書等の記載)
第 5 条 落札決定に当たっては、入札書又は入札データ(以下「入札書等」という。
)に記載された金
額に当該金額の 8 パーセントに相当する額を加算した金額をもって落札価格とするので、入札者は
消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、
見積もった契約金額の 108 分の 100
に相当する金額を入札書に記載すること。
(直接入札)
第 6 条 直接入札を行う場合は、入札書を封筒に入れ、封緘のうえ入札者の氏名を表記し、予め指定
された時刻までに契約担当職員等に提出しなければならない。この場合において、入札書とは別に
提案書及び証書等の書類を添付する必要のある入札にあっては、入札書と併せてこれら書類を提出
しなければならない。
2 入札者は、代理人をして入札させるときは、その委任状を持参させなければならない。
(郵便等入札)
第 7 条 郵便等入札を行う場合には、二重封筒とし、入札書を中封筒に入れ、封緘のうえ入札者の氏
名、宛先、及び入札件名を表記し、予め指定された時刻までに到着するように契約担当職員等あて
書留で提出しなければならない。この場合において、入札書とは別に提案書及び証書等の書類を添
付する必要のある入札にあたっては、入札書と併せてこれら書類を提出しなければならない。
2 入札者は、代理人をして入札させるときは、その委任状を同封しなければならない。
(電子入札)
第 8 条 電子入札を行う場合は、電子入札システムのマニュアルに定めるデジタル証明書の取得を行
い、公告、公示又は通知書に示した時刻までに電子入札を行わなければならない。この場合におい
て、入札者に求められる競争参加資格を満たすことを証明する必要のある入札にあたっては、電子
入札とは別に競争参加資格を満たすことを証明する証書等を提出しなければならない。
32
(代理人の制限)
第 9 条 入札者又はその代理人は、当該入札に対する他の代理をすることができない。
2 入札者は、予算決算及び会計令(昭和 22 年勅令第 165 号、以下「予決令」という。
)第 71 条第 1
項各号の一に該当すると認められる者で、その事実があった後 2 年を経過しない者を入札代理人と
することができない。
(条件付きの入札)
第 10 条 予決令第 72 条第 1 項に規定する一般競争に係る資格審査の申請を行ったものは、競争に参
加する者に必要な資格を有すると認められること又は指名競争の場合にあっては指名されることを
条件に入札書を提出することができる。この場合において、当該資格審査申請書の審査が開札日ま
でに終了しないとき又は資格を有すると認められなかったとき若しくは指名されなかったときは、
当該入札書は落札の対象としない。
(入札の取り止め等)
第 11 条 入札参加者が連合又は不穏の行動をなす場合において、入札を公正に執行することができな
いと認められるときは、当該入札者を入札に参加させず又は入札の執行を延期し、若しくは取り止
めることがある。
(入札の無効)
第 12 条 次の各号の一に該当する入札は、無効とする。
(1) 競争に参加する資格を有しない者による入札
(2) 指名競争入札において、指名通知を受けていない者による入札
(3) 委任状を持参しない代理人による入札
(4) 記名押印(外国人又は外国法人にあっては、本人又は代表者の署名をもって代えることができ
る。
)を欠く入札
(5) 金額を訂正した入札
(6) 誤字、脱字等により意思表示が不明瞭である入札
(7) 明らかに連合によると認められる入札
(8) 同一事項の入札について他人の代理人を兼ね又は 2 者以上の代理をした者の入札
(9) 入札者に求められる義務を満たすことを証明する必要のある入札にあっては、証明書が契約担
当職員等の審査の結果採用されなかった入札
(10) 入札書受領期限までに到着しない入札
(11) 暴力団排除に関する誓約事項(別記)について、虚偽が認められた入札
(12) その他入札に関する条件に違反した入札
(開 札)
第 13 条 開札には、入札者又は代理人を立ち会わせて行うものとする。ただし、入札者又は代理人が
立会わない場合は、入札執行事務に関係のない職員を立会わせて行うものとする。
(調査基準価格、低入札価格調査制度)
第 14 条 工事その他の請負契約(予定価格が 1 千万円を超えるものに限る。)について予決令第 85
条に規定する相手方となるべき者の申込みに係る価格によっては、その者により当該契約の内容に
適合した履行がされないこととなるおそれがあると認められる場合の基準は次の各号に定める契約
の種類ごとに当該各号に定める額(以下「調査基準価格」という。)に満たない場合とする。
(1) 工事の請負契約 その者の申込みに係る価格が契約ごとに 3 分の 2 から 10 分の 8.5 の範囲で契
約担当職員等の定める割合を予定価格に乗じて得た額
(2) 前号以外の請負契約 その者の申込みに係る価格が 10 分の 6 を予定価格に乗じて得た額
2 調査基準価格に満たない価格をもって入札(以下「低入札」という。)した者は、事後の資料提出
及び契約担当職員等が指定した日時及び場所で実施するヒアリング等(以下「低入札価格調査」と
いう。
)に協力しなければならない。
3 低入札価格調査は、入札理由、入札価格の積算内訳、手持工事等の状況、履行体制、国及び地方公
共団体等における契約の履行状況等について実施する。
33
(落札者の決定)
第 15 条 一般競争入札最低価格落札方式(以下「最低価格落札方式」という。)にあっては、有効な
入札を行った者のうち、予定価格の範囲内で最低の価格をもって入札した者を落札者とする。また、
一般競争入札総合評価落札方式(以下「総合評価落札方式」という。
)にあっては、契約担当職員等
が採用できると判断した提案書を入札書に添付して提出した入札者であって、その入札金額が当機
構会計規程第 29 条の規定に基づいて作成された予定価格の制限の範囲内で、かつ提出した提案書と
入札金額を当該入札説明書に添付の評価手順書に記載された方法で評価、計算し得た評価値が最も
高かった者を落札者とする。
2 低入札となった場合は、一旦落札決定を保留し、低入札価格調査を実施の上、落札者を決定する。
3 前項の規定による調査の結果その者により当該契約の内容に適合した履行がされないおそれがあ
ると認められるとき、又はその者と契約を締結することが公正な取引の秩序を乱すこととなるおそ
れがあって著しく不適当であると認められるときは、予定価格の制限の範囲内の価格をもって入札
をした他の者のうち、評価の最も高い者を落札者とすることがある。
(再度入札)
第 16 条 直接入札又は郵便等入札にあっては、開札の結果予定価格の制限に達した価格の入札がない
ときは、直ちに再度の入札を行う。なお、開札の際に、入札者又はその代理人が立ち会わなかった
場合は、再度入札を辞退したものとみなす。
2 前項において、入札者は、代理人をして再度入札させるときは、その委任状を持参させなければな
らない。
3 電子入札にあっては、開札の結果予定価格の制限に達した価格の入札がないときは、契約担当職員
等の指定する時刻に再度入札を行う。
4 前項において、入札者又は代理人は、開札時に電子入札システムを立ち上げたパソコンで開札の状
況を確認し、速やかに再度入札ができるようにしなければならない。
(同価又は同総合評価点の入札者が二者以上ある場合の落札者の決定)
第 17 条 最低価格落札方式にあっては、落札となるべき最低価格の入札をした者が二者以上あるとき
は、電子入札システムのくじ引き機能(乱数によるランダム選択)をもって落札者を決定する。ま
た、総合評価落札方式にあっては、同総合評価点の入札をした者が二者以上あるときは、直ちに当
該入札をした者又は第 13 条ただし書きにおいて立ち会いをした者にくじを引かせて落札者を決定
する。
2 前項の場合において、当該入札をした者のうちくじを引かない者があるときは、これに代わって入
札事務に関係のない職員にくじを引かせるものとする。
(契約書の提出)
第 18 条 落札者は、契約担当職員等から交付された契約書に記名押印(外国人又は外国法人が落札者
である場合には、本人又は代表者が署名することをもって代えることができる。
)し、落札決定の日
から 5 日以内(期終了の日が行政機関の休日に関する法律(昭和 63 年法律第 91 号)第 1 条に規定
する日に当たるときはこれを算入しない。
)に契約担当職員等に提出しなければならない。ただし、
契約担当職員等が必要と認めた場合は、この期間を延長することができる。
2 落札者が前項に規定する期間内に契約書を提出しないときは、落札はその効力を失う。
(入札書等に使用する言語及び通貨)
第 19 条 入札書及びそれに添付する仕様書等に使用する言語は、日本語とし、通貨は日本国通貨に限
る。
(落札決定の取消し)
第 20 条 落札決定後であっても、この入札に関して連合その他の事由により正当な入札でないことが
判明したときは、落札決定を取消すことができる。
以上
34
(別記)
暴力団排除に関する誓約事項
当社(個人である場合は私、団体である場合は当団体)は、下記の「契約の相手方として不適当な
者」のいずれにも該当しません。
この誓約が虚偽であり、又はこの誓約に反したことにより、当方が不利益を被ることとなっても、
異議は一切申し立てません。
記
1.
契約の相手方として不適当な者
(1) 法人等(個人、法人又は団体をいう。)が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関す
る法律(平成 3 年法律第 77 号)第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)であるとき
又は法人等の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所
(常時契約を締結する事務所をいう。)の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営
に実質的に関与している者をいう。以下同じ。)が、暴力団員(同法第 2 条第 6 号に規定する暴力
団員をいう。以下同じ。
)であるとき
(2) 役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的
をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしているとき
(3) 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あ
るいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与しているとき
(4) 役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を
有しているとき
上記事項について、入札書の提出若しくは電子入札をもって誓約します。
35
(様 式 1)
年
月
日
独立行政法人情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター
情報セキュリティ分析ラボラトリー 担当者殿
質 問 書
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」に関する質問書を提出します。
法人名
所属部署名
担当者名
電話番号
E-mail
資料名
ページ
項目名
質問内容
質問書枚数
枚中
枚目
<質問箇所について>
例) ○○書
例) P○
例) ○○概要
備考
1.質問は、本様式1 枚につき1 問とし、簡潔にまとめて記載すること。
2.質問及び回答は、IPA のホームページに公表する。
(電話等による個別回答はしない。)また、質問
者自身の既得情報(特殊な技術、ノウハウ等)、個人情報に関する内容については、公表しない。
36
(様 式 2)
年
月
日
独立行政法人情報処理推進機構 理事長 殿
所
在 地
商号又は名称
代表者氏名
(又は代理人)
委
任
状
私は、下記の者を代理人と定め、
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」の入札に関す
る一切の権限を委任します。
代 理 人(又は復代理人)
所
在 地
所属・役職名
氏
名
使 用 印 鑑
37
印
(様 式 3)
年
月
独立行政法人情報処理推進機構 理事長 殿
所
在 地
商号又は名称
代表者氏名
印
(又は代理人、復代理人氏名)
印
入
入札金額
件
札
書
¥
名 「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」
契約条項の内容及び貴機構入札心得を承知の上入札いたします。
38
日
(様 式 4)
提案書受理票(控)
提案書受理番号
件名:
「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」に関する提案書
【入札者記載欄】
提出年月日:
年
月
日
法 人 名:
所 在 地: 〒
担 当 者: 所属・役職名
氏名
TEL
FAX
E-Mail
【IPA担当者使用欄】
No.
提出書類
① 委任状(委任する場合)
③ 提案書
⑤
納税証明書
⑦
提案書受理票
部数
1通
5部
有無
No.
②
④
1通
(本紙)
⑥
提出書類
入札書(封緘)
評価項目一覧
資格審査結果通知書の
写し
部数
1通
5部
有無
1通
-
切り取り
提案書受理番号
提案書受理票
年
件
月
日
名 「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」
法人名(入札者が記載)
:
担当者名(入札者が記載)
:
殿
貴殿から提出された標記提案書を受理しました。
独立行政法人情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター
情報セキュリティ分析ラボラトリー
担当者名:
39
㊞
(参 考)
予算決算及び会計令【抜粋】
(一般競争に参加させることができない者)
第 70 条 契約担当官等は、売買、貸借、請負その他の契約につき会計法第二十九条の三第一項の競争
(以下「一般競争」という。
)に付するときは、特別の理由がある場合を除くほか、当該契約を締結
する能力を有しない者及び破産者で復権を得ない者を参加させることができない。
(一般競争に参加させないことができる者)
第 71 条 契約担当官等は、一般競争に参加しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めら
れるときは、その者について三年以内の期間を定めて一般競争に参加させないことができる。その
者を代理人、支配人その他の使用人として使用する者についても、また同様とする。
一 契約の履行に当たり故意に工事若しくは製造を粗雑にし、又は物件の品質若しくは数量に関し
て不正の行為をしたとき。
二 公正な競争の執行を妨げたとき又は公正な価格を害し若しくは不正の利益を得るために連合し
たとき。
三 落札者が契約を結ぶこと又は契約者が契約を履行することを妨げたとき。
四 監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げたとき。
五 正当な理由がなくて契約を履行しなかつたとき。
六 この項(この号を除く。
)の規定により一般競争に参加できないこととされている者を契約の締
結又は契約の履行に当たり、代理人、支配人その他の使用人として使用したとき。
2 契約担当官等は、前項の規定に該当する者を入札代理人として使用する者を一般競争に参加させな
いことができる。
40
(参 考 2)
入札説明会における「情報セキュリティ白書 2014 の原稿」と「情報セキュリティ白
書 2013 英訳版の原稿」の電子データの配布について
「情報セキュリティ白書 2014」の日本語版の原稿は、本入札のみに利用すること、かつ、利用
後はただちに責任を持って返却することを条件に、
「情報セキュリティ白書 2014 の原稿」と「情報
セキュリティ白書 2013 英語版の原稿」の電子データ(pdf ファイルを格納した CD-R)を配付する。
電子データを希望する者は、入札説明会において身分を証明するものを提示し、別添の電子データ
受領に係る誓約書(代表者印を押したもの)を提出するものとする。
なお、入札説明会に参加できない場合には早めに当機構の担当者に相談すること。
41
(別
添)
独立行政法人情報処理推進機構
理事長 藤江 一正 殿
年
月
日
所在地
商号または名称
代表者氏名
印
電子データ受領に係る誓約書
2014 年 7 月 8 日付で公告のありました「情報セキュリティ白書 2014 の英訳」の入札に参加するに
当たりまして、下記資料の受領を希望します。
つきましては、受領しました資料に関し、以下のことを誓約いたします。
1. 見積実施担当者以外の者への開示、漏えい等を行いません。
2. 本入札の見積作業にのみ使用し、作業終了後は責任を持って返却します。データをコピーした場
合には、廃棄します。
【資料】
「情報セキュリティ白書 2014」
(日本語版)及び「情報セキュリティ白書 2013 英訳版」の電子デ
ータ
42
別紙
トライアル翻訳
項番
原文
2013 年は、企業や政府機関の持つ機密情報を狙う標的型攻撃が一層巧妙化、高度化するとと
もに、インターネットバンキングをめぐる被害も急増し、その勢いは今年に入って更に拡大
1
しています。また、大量の個人情報の漏えいや相次ぐ Web サイトの改ざん等のサイバー犯罪
に加え、ソーシャル・ネットワークへの軽率な情報公開によるトラブル等も大きな話題とな
りました。今やインターネットに代表されるサイバー空間は私達の日常の生活空間と重なり
合い、セキュリティ・リスクは身の回りに遍在しているといっても過言ではありません。
感染被害が増加した原因は、今までのランサムウェアよりも凶悪な CryptoLocker と呼ばれる
2
新しいランサムウェアの台頭によるものであった。現在は、40 カ国版のランサムウェアが発
見されており、2014 年 3 月には日本語表記のランサムウェアも確認された。今後は日本でも
感染被害が増加する恐れがある。
パスワードリスト攻撃とは、不正取得した既に他のサイトで認証に成功している ID・パスワ
ードのリストを流用し、連続自動入力プログラム等を用いて ID・パスワードを入力し Web サ
3
イトへのログインを試行する手口である。利用者が複数のサイトで ID・パスワードを使い回
している場合、一つのアカウント情報が盗まれると、同じアカウントを使用している他のサ
イトにログインが可能となってしまう。
2013 年 10 月 2 日、国際連携・共助に関する我が国の基本方針及びそれに基づく重点取り組
4
み分野等を整理し、それらを一体のものとして国内外に示す文書として「サイバーセキュリ
ティ国際連携取組方針」が公表された。
このような事態を防ぎ、企業が競争力を維持するためには、価値ある情報を「守り」、戦略的
5
に「活用」することが重要である。営業秘密の管理強化のため、不正競争防止法の保護対象
となる情報の管理方法等を解説した「営業秘密管理指針」が 2013 年 8 月に改訂された。
その他にも、パトカーの車上に乗って騒いでいる写真、駅のホームから線路上に降りた友人
の写真、有名人が購入したレシートの写真、万引きや窃盗自慢を公開する等、枚挙にいとま
6
がありません。ツイッターでこのような投稿が相次いだため、サービス名をもじり“バカッ
ター”と呼ばれたり、非常識な投稿をする利用者が多数見つかることから“バカ発見器”と
も言われました。
ISMS 認証では、管理目的に合わせて、ISO/IEC 27001 の附属書 A にある管理策を選択する。
7
附属書 A 以外の管理策を、分野やサービス固有の管理策群から使用できるように、ISO/IEC
27009(分野/サービス固有の認定された第三者認証のための ISO/IEC27001 適用の利用)で
ガイドラインを策定中である。
2014 年から市場に投入される予定の TPM2.0 では、暗号アルゴリズムに関して国際標準化と
8
同時に、地域/ビジネスごとの実装要求を両立させる国際統一化を実現する必須部分と、地
域/ビジネスごとの要求に対応するための付加部分の 2 つを TPM2.0 内に設けている。
はじめまして!ぼくは、IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」応援隊長の
9
まもるです。ここでは、ぼくの活動紹介や、コンクールに参加してくれたみんなの感想を紹
介するよ。これを読んで、コンクールやぼくのことを応援してくれる人が増えたら嬉しいで
す!
10
「楽しく使おうインターネット 軽く公開 深く後悔」
「ネットの海 最後の番人 私の心」
「おもいこみ 僕は安全 それ危険」
43
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising