a8865320

a8865320
I
M
B
SMART Reaction
ユーザーズ・ガイド
SA88-6532-00
ÉÂÔ
SMART Reaction
ユーザーズ・ガイド
SA88-6532-00
お願い
本書の情報および本書によってサポートされるプロダクトをご使用になる前に、87ページの第7章、『特記事項と商標』の情報を必ずお読みくださ
い。
第 1 版 (1998 年 3 月)
本書において、日本では発表されていないIBM製品(機械およびプログラム)、プログラミング、およびサービスについて言及または説明する場合があ
ります。しかし、このことは、IBMがこのようなIBM製品、プログラミング、およびサービスを、必ずしも日本で発表する意図であることを示すもので
はありません。
原
典:
SMART Reaction
User's Guide
発
行:
日本アイ・ビー・エム株式会社
担
当:
ナショナル・ランゲージ・サポート
第1刷 1998.5
Copyright International Business Machines Corporation 1998. All rights reserved.
Translation: Copyright IBM Japan 1998
目次
本書について
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
第1章
SMART Reaction の概説 . . . . . . .
Predictive Failure Analysis (予測的障害分析)
バックアップとミラーリング
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ機能
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ミラーリング機能
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ミラーリング機能とバックアップ機能の結合
フォルダーの構造
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
クライアントとサーバーの関係
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction 機能への制御されたユーザー・アクセス
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
配布方法
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
操作環境
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
前提条件 - SMART Reaction マネージャー
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
前提条件 - SMART Reaction クライアント
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
SMART Reaction マネージャーのインストール . . . .
Windows NT でフォルダーを共有可能にする . . . .
Windows 95 でフォルダーを共用可能にする . . . .
SMART Reaction クライアントのインストール . . . .
クライアント・ワークステーションの準備
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windows 95 クライアント・ワークステーションの準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windows NT クライアント・ワークステーションの準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windows Networking のインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Web に基づくバージョンのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ClientCare のインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction クライアントの初めての開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
スタートアップ・フォルダーからの SMART Reaction の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始
スタートメニューからの SMART Reaction の開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
第3章 SMART Reaction インターフェース . . . . . . . . . . . . .
Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ . . . . . . . . . . . . .
Configuration ノートブック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ページ
Custom Program (カスタム・プログラム) ページ . . . . . . . . .
電子メール・ページ
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メッセージ・ボックス・ページ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ
Scheduler (スケジューラー) ページ . . . . .
スケジュールされたイベントの設定ウィンドウ
コントロールとステータス・ウィンドウ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
 Copyright IBM Corp. 1998
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
vii
1
1
1
2
2
3
3
4
5
5
6
6
6
9
11
12
13
14
14
14
16
16
18
19
19
20
21
22
22
23
24
25
26
28
29
30
32
33
35
36
38
iii
ミラー・ページ - コントロールとステータス・ノートブック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
リストア・バックアップ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
リストア・ミラー・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
マネージャ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック . .
Locks (ロック) ページ - コントロールとステータス・ノートブック
Default Settings (デフォルト設定) ノートブック . . . . . . . . . . . . . .
Names/Services (名前/サービス) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . .
General (一般) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Backup (バックアップ) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Mirroring (ミラーリング) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Servers (サーバー) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Password (パスワード) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Group Settings (グループ設定) ノートブック . . . . . . . . . . . . . . . . .
Group (グループ) フィールド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Refresh Group List (グループ・リストを更新) ボタン . . . . . . . .
Groups (グループ) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Clients (クライアント) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Client Settings (クライアント設定) ノートブック . . . . . . . . . . . . . .
Selected Client (選択されたクライアント) フィールド . . . . . . . . .
Refresh Client List (クライアント・リストの更新) ボタン . . . . . .
Clients (クライアント) ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
第4章
SMART Reaction マネージャー構成の理解
共用フォルダーおよびドライブ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの構成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ、リストア、およびミラー設定の処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成
バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成
SMART Reaction データベースへの新規クライアントの追加
SMART Reaction データベースからのクライアントの削除 .
グループ設定へのクライアントの追加
既存のクライアント設定の変更
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ、ミラー、およびリストア
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのミラーリング
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのリストア
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ・ファイルのリストア
ハード・ディスク・ミラー・ファイルのリストア
SMART Reaction マネージャー・パスワードの変更
プロファイルの処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電子メール・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成
iv
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デフォルト設定をクライアント・ワークステーションに渡す
手順
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction マネージャーのデフォルト設定
第5章
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
42
43
44
44
45
46
47
49
50
52
52
53
53
53
54
55
55
55
56
57
57
57
58
58
61
62
62
65
66
67
68
69
69
70
70
70
71
71
72
72
73
73
74
75
76
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成 .
Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成
Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成 . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
77
78
79
80
80
81
81
81
82
82
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
85
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
既存プロファイルの変更
プロファイルの削除
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
応答へのプロファイルの割り当て
スケジュールの処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
イベントのスケジューリング
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
イベントのスケジュール解除
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
スケジュールされたイベントの表示
第6章
障害追及のヒント
第7章
特記事項と商標
商標
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
87
87
87
索引
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
89
目次
v
特記事項
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
vi
SMART Reaction
本書について
本書は、SMART Reaction マネージャーのセットアップと維持を行うネットワーク管理者および SMART Reaction
クライアントをインストールするか、SMART Reaction クライアントのを設定を変更する必要のあるクライアント・
ワークステーションのエンド・ユーザーを対象にしています。
本書の情報は、以下の章に分かれています。
Ÿ 第1章, 『SMART Reaction の概説』には、プロダクトの高度な説明、その使用法、前提条件、およびプロダクト
を入手する方法が記載されています。
Ÿ 第2章, 『SMART Reaction のインストールおよび開始』では、Windows NT および Windows 95 の準備、
SMART Reaction マネージャーおよび SMART Reaction クライアントのインストール、およびプログラムの開
始についてのステップ・バイ・ステップの指示を記載します。
Ÿ 第3章, 『SMART Reaction インターフェース』では、インターフェースで使用されるさまざまなウィンドウ、ノ
ートブック、およびフィールドを説明します。
Ÿ 第4章, 『SMART Reaction マネージャー構成の理解』では、SMART Reaction 構成の概要ならびに SMART
Reaction マネージャー、SMART Reaction クライアント、およびオペレーティング・システムのネットワーク・
ファンクションの相互依存性を記載します。
Ÿ 第5章, 『手順』では、最も一般的な SMART Reaction プロシージャーを実行するためのステップ・バイ・ステッ
プの手順を記載します。
Ÿ 第6章, 『障害追及のヒント』では、発生しうる問題の解決に役立つ情報を提供します。
特記事項と商標のセクションおよび索引も記載されています。
SMART Reaction に関する最新の技術補足情報などについては、次の WWW アドレスを参照してください。
http://www.ibm.co.jp/pc/desktop/sr
 Copyright IBM Corp. 1998
vii
viii
SMART Reaction
第1章 SMART Reaction の概説
サーバーに常駐するデータを保護するための安全機能をインプリメントするのに多大な時間、努力、および計画が投入
されます。しかし、統計的には、スプレッドシート、電子メール、およびその他の重要な文書などのミッション・クリ
ティカルなデータの 2/3 までがサーバーには保管されず、エンタープライズのあちこちに散在するワークステーション
に保管されています。これらのファイルを保護する集中自動化されたメソッドがない場合は、ユーザーが通常、データ
をバックアップする責任を負うことになります。そして率直に言って、あらゆるエンド・ユーザーがこの責任を十分に
意識しているとは限りません。データが毎日バックアップされる場合であっても、せいぜい望むことができるのは、バ
ックアップ時に存在していたデータのスナップショットにすぎません。バックアップ操作間でのデータへの変更は、ハ
ード・ディスクの障害が発生したりすると失われます。
Predictive Failure Analysis (予測的障害分析)
IBM IntelliStation および PC 300 シリーズのコンピューターは、内蔵 Self-Monitoring, Analysis, and Reporting
Technology (自己監視、分析、および報告テクノロジー) (S.M.A.R.T.) を搭載したハード・ディスク・ドライブを使用
して、ドライブの状況を監視し、ドライブ内に潜在的な障害が存在する場合には Predictive Failure Analysis (PFA)
(予測的障害分析) アラートを生成します。SMART Reaction はこれらのアラートを代行受信し、それらを有用な応答
に変換します。SMART Reaction は、以下の任意の組み合わせを行うことにより、PFA アラートに応答することがで
きます。
Ÿ ワークステーションで画面メッセージを表示する
Ÿ ネットワーク管理者または部門の責任者などの関係者に、特定のワークステーションに潜在的なハード・ディスク
障害があることをアラートで知らせる。これらのアラートは、電子メールのメッセージの形で、またはポケットベ
ル・システムを通じて英数字ページまたは数字ページとして送ることができます。
Ÿ 自動バックアップまたはミラーリング操作を実行する。
Ÿ エンド・ユーザーにデータを即時にバックアップするのか、バックアップをキャンセルするのかの選択を与える。
Ÿ コンピューターにインストールされたプログラムがあればそれを開始する。
バックアップとミラーリング
PFA アラートに応答することに加えて、SMART Reaction には以下の重要な機能があります。
Ÿ 最大 64 の指定されたフォルダーのコンテンツを動的にミラーリングする、内蔵されたハード・ディスク・ミラー
リング・プログラム。元のファイルが保管されたとき、ミラーリングされたファイルは、同じデータを含むように
自動的に更新されます。
Ÿ バックアップ・プログラムとして必要な諸機能。
Ÿ ハード・ディスク・バックアップまたはミラー操作用の汎用スケジューラー。
SMART Reaction インターフェースでは、IBM ADSTAR Distributed Storage Manager (ADSM) など、コマンド行
引き数によって呼び出すことができる外部のバックアップ、およびミラーリング・プログラムを起動することができま
す。
バックアップおよびミラーリングされたファイルは、サーバー、ピア・ワークステーション、または個別のローカル・
ハード・ディスクに保管することができます。
 Copyright IBM Corp. 1998
1
バックアップ機能
SMART Reaction バックアップ・プログラムは、Windows NT Server、Windows NT Workstation、および
Windows 95 環境用のバックアップおよび復元プログラムです。このプログラムを使用して、ロック・ファイル (バッ
クアップ・プロセス中にオープンしているファイル) を除く完全なバックアップ操作または部分的バックアップ操作を
行うことができます。
注:
部分的バックアップ操作を行うと、フォルダー内のファイル、またはアプリケーション・プログラムの .INI ファ
イル内に定義されたパス名とレジストリーとの同期が外れるかもしれません。したがって、部分的バックアップ
操作を実行することは、あまり重要でないかもしれません。
SMART Reaction Backup プログラムは、ファイルの保全性を保証する次の 2 つの手段も提供します。
Ÿ オペレーティング・システムによるファイルの書き込み検査機能を使用可能にする。
Ÿ バックアップ操作中の検査プロセスを使用可能にする。この機能は、バックアップ・ディスクに書き込まれるファ
イルをバックアップされているコンピューター上の元のソース・ファイルと比較します。この検査プロセスは、余
分の読み書きサイクルを追加するので、バックアップ操作をスローダウンすることがあります。
ミラーリング機能
SMART Reaction ミラーリング・プログラムを使って、最大 64 の選択されたフォルダーのコンテンツをミラーリン
グすることができます。ただし、各フォルダーおよびサブフォルダーは独立して定義する必要があります。サブフォル
ダーは、それより高いレベルのフォルダーが定義される場合は、自動的に組み込まれるわけではありません。ファイル
は次の 2 つの方法でミラーリングすることができます。
Ÿ 連続モードでは、ソース・ドライブ上の選択されたフォルダー内のファイルのファイル属性が変更されたとき、ミ
ラー・ドライブ上でも同じ変更を即時に生じさせます。これには、ファイルの保管、フォルダーとの間でのファイ
ルの移動、またはファイルの削除などの変更が含まれます。このモードは、動的に変化する、ミッション・クリテ
ィカルなデータにおける変更を取り込むよう設計されています。ハード・ディスク障害の場合、別のワークステー
ションからアクセスすることにより、ミラー・ドライブ上のデータを即時に回復することができます。
Ÿ 非連続モードでは、エンド・ユーザーがミラー・ファイルの作成とミラーリング・プロセスの開始の時期を決める
か、ミラーリング・プロセスが SMART Reaction スケジューラーによって開始されます。ミラー・ファイルは、
ソース・ファイルの "スナップショット" であり、次のミラーリング・プロセスが開始されるまでは再び更新され
ません。
SMART Reaction Mirroring プログラムは、ファイルの保全性を保証する次の 2 つのメソッドも提供します。
Ÿ オペレーティング・システムによるファイルの書き込み検査機能を使用可能にする。
Ÿ ミラーリング操作中の検査プロセスを使用可能にする。この機能は、ミラー・ディスクに書き込まれるファイルを
ミラーリングされているコンピューター上の元のソース・ファイルと比較します。 この検査プロセスは、余分の
読み書きサイクルを追加するので、ミラーリング操作をスローダウンすることがあります。
ミラーリングはオープンまたはロックしたファイルを保護することができないことにも注意してください。たとえば、
保存コマンドがないデータベース・アプリケーションを使用している場合は、データベース・ファイルがミラー・ドラ
イブにコピーされる前にアプリケーションをクローズする必要があります。 .INI ファイルなどのアプリケーションに
よって使用されるファイルは、アプリケーションが実行されている限りロックされ、アプリケーションをクローズする
までミラーリングすることができません。
2
SMART Reaction
ミラーリング機能とバックアップ機能の結合
日常の定期的なバックアップ操作を SMART Reaction の連続モード・ミラーリング機能と結合することにより、デー
タをほとんど失うことなくハード・ディスク障害から回復することができます。ハード・ディスク障害の場合、正しく
構成されたピア・ワークステーションは、障害を起こしたハード・ディスクが交換されるまで、ミラー・ドライブから
ミッション・クリティカル・ファイルにアクセスすることができます。障害を起こしたハード・ディスクが交換される
と、影響を受けたワークステーションは、以下のことを行うことにより復元することができます。
1. 基本オペレーティング・システムを再インストールする。
2. SMART Reaction クライアントを再インストールする。
3. SMART Reaction バックアップ/リストア・プログラムを起動して、最後のバックアップ操作時に取り込まれたデ
ータを復元する。
4. SMART Reaction ミラー/リストア・プログラムを起動し、ミラー・ドライブから最新のミッション・クリティカ
ル・ファイルを復元することにより、コンピューターのデータを最新にする。
SMART Reaction プログラムは、ミラー・ファイルとバックアップ・ファイルの両方を圧縮形式で保管することがで
きるので、必要な記憶スペースの量を約 50% 減らすことができます。ただし、圧縮形式で保管されたデータは、最初
に SMART Reaction Restore プログラムを使用してデータを解凍された状態に復元しないと、ネットワーク上のどの
コンピューターもそれを使用できません。
フォルダーの構造
SMART Reaction がバックアップまたはミラー操作を実行するとき、サーバーまたはピア・ワークステーション上の
共用フォルダーのもとでクライアント・ワークステーション用のフォルダーを自動的に作成します。SMART Reaction
は、フォルダーを識別するのにクライアント・ワークステーションのコンピューター名を使用します。実行されるバッ
クアップまたはミラー操作のタイプに応じて、SMART Reaction は、以下の名前をもつサブフォルダーの集合を作成
します。
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
注:
Cm:
Dm:
Cb:
Db:
Cd:
Dd:
論理ドライブ C 用のミラー・フォルダー
論理ドライブ D 用のミラー・フォルダー
論理ドライブ C 用のパス・バックアップ・フォルダー
論理ドライブ D 用のパス・バックアップ・フォルダー
論理ドライブ C 用の PFA バックアップ・フォルダー
論理ドライブ D 用の PFA バックアップ・フォルダー
フォルダー名の最初の文字は、バックアップまたはミラーリングされた論理ドライブのドライブ名を示していま
す。ドライブ名は、ここに示されている C と D 以外のものであっても構いません。フォルダー名の 2 番目の文
字は、データをフォルダーに入れるのに使用されるプロセスを反映しています (m=ミラーリング、b=パス・バッ
クアップ、d=PFA バックアップ)。
パス・バックアップ操作は、エンド・ユーザーまたはスケジューラーによって開始される日常のバックアップです。コ
ントロールとステータス・ノートブックの Backup (バックアップ) ページの情報は、どのフォルダーがバックアップさ
れるかを決定します。詳細については、38ページの『バックアップ・ページ - コントロールとステータス・ノートブ
ック』を参照してください。パス・バックアップは、定義されたフォルダーの集合または全論理ドライブのコンテンツ
を含むことができます。これは、複数の論理ドライブ (区画) および物理ドライブにまたがることもできます。パス・
バックアップが開始されるたびに、サブフォルダー (cb、db など) 内のすべてのデータが削除され、新規のバックアッ
プ・データで置き換えられます。
第1章 SMART Reaction の概説
3
PFA バックアップ操作は、PFA アラートにより起動されます。影響を受けた物理ドライブ上のすべてのデータが、物
理ドライブが含む論理ドライブの数とは無関係にバックアップされます。PFA バックアップが開始されるたびに、サ
ブフォルダー (Cd、Dd など) 内のすべてのデータが削除され、新規のバックアップ・データで置き換えられます。
以下は、2 つのクライアント・ワークステーションについてのフォルダー構造の例です。最初のワークステーション用
のフォルダーである computer_name_1 は、ミラーリング、パス・バックアップ、および PFA バックアップ操作用の
サブフォルダーを含んでいます。computer_name_2 用のフォルダーは、パス・バックアップ操作用のフォルダーしか
含んでいません。
shared_folder-|
|-computer_name_1-|
|
|-Cm-|
|
|
|-mirrored_folder_1
|
|
|-mirrored_folder_2
|
|
|-mirrored_folder-3
|
|
|
|-Dm-|
|
|
|-mirrored_folder_4
|
|
|-mirrored_folder_5
|
|
|
|-Cb-|
|
|
|-path_backup_folder_1
|
|
|-path_backup_folder_2
|
|
|
|-Cb |-path_backup_folder_3
|
|
|-path_backup_folder_4
|
|
|
|-Cd-|
|
|
|-PFA_backup_all_folders
|
|
|
|-Dd-|
|
|-PFA_backup_all_folders
|
|-computer_name_2-|
|-Cb-|
|-path_backup_folder_1
|-path_backup_folder_2
クライアントとサーバーの関係
SMART Reaction プログラムは、次の 2 つの部分から構成されます。
Ÿ SMART Reaction マネージャー。これはサーバーまたはピア・ワークステーション上に常駐します。
Ÿ SMART Reaction クライアント。これは、バックアップ、ミラーリング、またはメッセージ交換機能を使用する
各クライアント・ワークステーション上に常駐します。
SMART Reaction マネージャーは、SMART Reaction クライアントと同じ機能をすべて持ちますが、ネットワーク管
理者が以下のことを行えるようにする管理機能も持っています。
Ÿ 選択された SMART Reaction 機能へのエンド・ユーザーのアクセスするのを制限する。
Ÿ バックアップ、復元、およびミラーリング構成をリモートからセットアップする。
4
SMART Reaction
SMART Reaction マネージャーを通じてのバックアップ、復元、およびミラーリング構成のリモートからのセットア
ップは、SMART Reaction の部分として納入される SMART Reaction Backup、Restore、および Mirroring プログラ
ムに制限されます。IBM ADSM またはその他のバックアップ・プログラムを使用する場合には、SMART Reaction
マネージャー・インターフェースを通じて構成をリモートからセットアップすることはできません。
本質的に、内蔵された Backup、Restore、および Mirroring プログラムに関連するすべての操作は、SMART
Reaction クライアントによって行われます。ネットワーク管理者が SMART Reaction マネージャーを使用して、バッ
クアップ、リストア、またはミラー操作を開始する場合、これは実際に SMART Reactionクライアントに操作を実行
することを命令しています。ファイルは、SMART Reaction マネージャーを実行するコンピューターをパススルーせ
ず、バックアップまたはミラーリング・データを保存するために使用されるコンピューターに直接送られます。
SMART Reaction 機能への制御されたユーザー・アクセス
SMART Reaction マネージャーの複数のコピーが同じネットワーク内で常駐することができます。SMART Reaction
マネージャーの各コピーには、それがインストールされるときに固有な名前が与えられます。SMART Reaction クラ
イアントがインストールされるとき、それにも固有な名前が与えられ、特定の SMART Reaction マネージャーに割り
当てられます。
SMART Reaction マネージャーを使用して、以下のことを行うことができます。
Ÿ 個別のグループ上で、またはグローバル・ベースで、バックアップ、ミラーリング、および復元の構成を作成す
る。構成が作成された後、SMART Reaction マネージャー・プログラムは構成を、影響を受けるクライアント・
ワークステーションに渡します。これにより、サポート・スタッフは、エンド・ユーザーの介入なしに、バックア
ップ、ミラー、およびリストア・プロセスを制御することができます。
Ÿ 選択された SMART Reaction クライアント機能へのエンド・ユーザーのアクセスを制限する。管理者は、
SMART Reaction Backup、Restore、および Mirror プログラムのどの機能にエンド・ユーザーがアクセスできる
かを選択することができます。たとえば、管理者はエンド・ユーザーにミラーリングされるフォルダーのリストに
フォルダー名を追加する機能を与えたいが、エンド・ユーザーが使用できるサーバー・ディスク・スペースの最大
容量に対する制御は管理者だけにしたい場合があります。あるいは、管理者がエンド・ユーザーから SMART
Reaction クライアント機能をすべてロックアウトすることにして、SMART Reaction Backup、Restore、および
Mirror プログラムのすべての局面をリモートから制御したい場合があります。
配布方法
SMART Reaction マネージャーは、WWW から自己解凍形式の実行可能ファイルとして入手可能です。
SMART Reaction クライアントは、次の 2 つの方法で入手可能です。
Ÿ IBM PC 300 GL モデル 6561 および 6591 を除く、すべてのサポートされているモデルについて、SMART
Reaction クライアントは、ClientCare プログラムの一部として Ready-to-Configure Utility Program CD に入れ
て用意されています。ClientCare は、これらのモデルではインストール済みのソフトウェア・パッケージの一部で
もあります。SMART Reaction クライアントは、ClientCare とは別個にインストールすることはできません。
Ÿ IBM PC 300 GL モデル 6561 および 6591 の場合のみ、SMART Reaction クライアントは、WWW 上でダウン
ロード可能な、自己解凍形式の実行可能ファイルとして入手可能です。
SMART Reaction クライアントとマネージャーの両方の WWW アドレスは次のとおりです。
http://www.ibm.co.jp/pc/desktop/sr
第1章 SMART Reaction の概説
5
操作環境
SMART Reaction プログラム (Client および Manager) は、ネットワーク環境で使用するように設計されています。
前提条件 - SMART Reaction マネージャー
Ÿ SMART Reaction マネージャー・プログラムは、次のいずれかにインストールすることができます。
– Windows NT Server 4.0 (Service Pack 3 適用済) サーバー
- または – Windows NT Workstation 4.0 (Service Pack 3 適用済)、または Windows 95 (OSR 2) ピア・ワークステー
ション
Ÿ SMART Reaction マネージャーがインストールされるコンピューターでは、TCP/IP ネットワーキングが使用可能
にされている必要があります。SMART Reaction は、クライアント・ワークステーションと通信するのに TCP/IP
を使用します。
Ÿ バックアップおよびミラーリング・データを保管するために使用されるサーバーまたはピア・ワークステーション
は、バックアップまたはミラーリング・データに使用されるドライブまたはフォルダーがファイル共用として構成
されている必要があります。TCP/IP ネットワーキングも使用可能にされている必要があります。
Ÿ SMART Reaction マネージャーを実行する際、少なくとも 32 MB のメモリーおよび 20 MB の空きディスク・
スペースが必要です。
Ÿ バックアップまたはミラーリングされるファイルを保持するために、ネットワーク上に十分なディスク・スペース
を予約することも必要です。
前提条件 - SMART Reaction クライアント
SMART Reaction クライアント・プログラムは、次のいずれかを実行するクライアント・ワークステーション上にイ
ンストールすることができます。
Ÿ Windows NT Workstation 4.0 (Service Pack 3 適用済)
- または Ÿ Windows 95 (OSR 2)
インストールの前に
Ÿ SMART Reaction クライアントをクライアント・ワークステーションにインストールする前に、SMART
Reaction マネージャーをインストールし、それをネットワーク上の少なくとも 1 つのコンピューター (サーバー
またはピア・ワークステーション) で実行させておく必要があります。
Ÿ 各クライアント・ワークステーションをアクティブなネットワークに接続し、それを SMART Reaction マネージ
ャーを実行するサーバーまたはピア・ワークステーションを識別するように構成する必要があります。ネットワー
キングを使用可能にし、TCP/IP サポートをインストールしておく必要があります。
Ÿ ワークステーションにサービスする SMART Reaction マネージャー・プログラムに割り当てられた名前を知る必
要があります。ネットワーク上に SMART Reaction マネージャーの 2 つ以上のコピーをインストールしても構い
ませんが、各コピーは固有の名前を持つ必要があります。正しい名前については、ネットワーク管理者にお問い合
わせください。
Ÿ SMART Reaction クライアントの電子メール機能を使用する各クライアント・ワークステーションに Windows
Messaging をインストールする必要があります。
6
SMART Reaction
Ÿ SMART Reaction のポケットベル機能を使用する予定の場合は、ローカル・エリア・ネットワーク (LAN) 上の少
なくとも 1 つのコンピューターがモデムを備える必要があります。
第1章 SMART Reaction の概説
7
8
SMART Reaction
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
SMART Reaction クライアントまたは SMART Reaction マネージャーのいずれかをインストールする前に、以下の
点に注意してください。
Ÿ SMART Reaction クライアントをインストールする前に、SMART Reaction マネージャーをインストールし、構
成し、実行させておく必要があります。
Ÿ SMART Reaction マネージャーは、WWW を通じてのみ配布されます。ご使用のモデルに応じて、SMART
Reaction クライアントは、WWWを通じて、またはコンピューターと共に提供される Ready-to-Configure Utility
Program CD 上の ClientCare パッケージの一部として配布されます。詳細については、5ページの『配布方法』
を参照してください。
Ÿ SMART Reaction クライアントは、そのインストール・ルーチンの間にモデルの検査を行います。古いバージョ
ンの SMART Reaction クライアントは、そのバージョンの SMART Reaction クライアント (または ClientCare)
が入手可能にされた以降に発表されたモデルでは機能しない場合があります。
Ÿ インストール手順の一部として、SMART Reaction クライアントおよび SMART Reaction マネージャーは、
Desktop Management Interface (DMI) バージョン 2.0 以降の存在を検査します。DMI がない場合、インストー
ル・プログラムが DMI をインストールします。それより前のバージョンがある場合、インストール・プログラム
は DMI をバージョン 2.0 に更新し、既存の DMI データベースをそのまま残します。
Ÿ Windows NT で使用する場合、SMART Reaction をインストールできるのは、(ローカルまたはドメインの) 管理
者権限をもったユーザーだけです。また、インストールを行ったユーザーのスタートメニューにだけ (下記注参
照)、SMART Reaction のショートカットが作成されます。システム管理者は、そのシステム管理方針に基づき、
SMART Reaction を実行する必要のある各ユーザーのユーザー・プロファイルを編集する必要があります。
注:
SMART Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クライアントをインストールしたときに、
SMART Reaction を起動するためのショートカットは、以下の 2 つのフォルダーの中に作成されます。
C:¥(a)¥Profiles¥(b)¥スタートメニュー¥プログラム¥SMART Reaction¥
C:¥(a)¥Profiles¥(b)¥スタートメニュー¥プログラム¥スタートアップ¥
(a) は Windows NT システムがインストールされているディレクトリー
(通常は、"Winnt" または "Winnt4ð")
(b) は SMART Reaction のインストールを行ったユーザー名
この章では、SMART Reaction マネージャーおよび SMART Reaction クライアントをインストールして開始する方
法について説明します。以下の目次を使用して、関係のある手順を見つけてください。
SMART Reaction マネージャーのインストール
Windows NT でフォルダーを共有可能にする
Windows 95 でフォルダーを共用可能にする
SMART Reaction クライアントのインストール
クライアント・ワークステーションの準備
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windows 95 クライアント・ワークステーションの準備 .
Windows NT クライアント・ワークステーションの準備
Windows Networking のインストール . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール
Web に基づくバージョンのインストール . . . . . . . . . . .
ClientCare のインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction クライアントの初めての開始 . . . . . .
 Copyright IBM Corp. 1998
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11
12
13
14
14
14
16
16
18
19
19
20
9
スタートアップ・フォルダーからの SMART Reaction の削除
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始
スタートメニューからの SMART Reaction の開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10
SMART Reaction
. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .
21
22
22
SMART Reaction マネージャーのインストール
SMART Reaction マネージャーをインストールする手順は次のとおりです。
1. SMART Reaction マネージャー・インストール・ファイルを WWW からダウンロードし、SMART Reaction マ
ネージャーをインストールするフォルダーに入れます。
2. 自己解凍形式の実行可能ファイル SMARTM.EXE を実行し、ファイルを解凍します。これらはインストール・フ
ァイルで、後ほどのステップで使用するセットアップ・ファイル SETUPSMI.EXE が含まれています。
3. ネットワーク上にドメイン・コントローラーがある場合、ドメイン・コントローラー上に SRMGR という名前の
共用フォルダーを作成します。バックアップのドメイン・コントローラーがある場合は、そこにも共用 SRMGR
フォルダーを作成します。SMART Reaction は、インストール・プロセス時に SRMGR フォルダーにいくつかの
ファイルをインストールします。
4. オープンしたウィンドウおよびプログラムをすべてクローズします。
5. デスクトップから、スタート をクリックします。
6. ファイル名を指定して実行 をクリックします。
7. SETUPSMI.EXE ファイルへのパスを入力し、次に OK をクリックします。
8. Installation Wizard (インストール・ウィザード) が表示されます。
注:
ネットワーク上にドメイン・コントローラーがない場合は、「プライマリドメインコントローラのマネ
ージャリストにコンピュータ名を追加するのに失敗しました。」 というメッセージが表示されること
があります。メッセージを無視し、次 をクリックして継続します。
画面の指示に従い、SMART Reaction マネージャーを希望のロケーションにインストールします。デフォルトの
ロケーションは、C:¥SRMGR です。インストール手順中に、SMART Reaction マネージャー用のパスワードを
作成するよう求められます。このパスワードの最大長は 32 文字です。パスワードをメモし、将来参照するときの
ためにそれを安全な場所に保管しておきます。パスワードなしに SMART Reaction マネージャーを開始すること
はできません。
注:
インストール先をデフォルト以外にした場合には、インストール先のフォルダーを共有可能に設定してくだ
さい。
インストールが完了すると、Windows を再始動するようプロンプトで指示されます。
インストール Wizard (ウィザード) は、SMART Reaction マネージャーに Network (ネットワーク) ノートブック
(Control Panel (制御パネル) を通じてアクセス可能) の Identification (識別) タブで定義された コンピューター名 で
名前を付け、SMART Reaction マネージャーを Startup (始動) フォルダーに追加します。オペレーティング・システ
ムが再始動されるたびに、SMART Reaction はパスワードを入力するよう求めます。パスワード・フィールドをクリ
ックし、SMART Reaction マネージャー・パスワードを入力し、次に OK (了解) をクリックします。SMART
Reaction クライアントを初めてインストールし、開始する場合は、SMART Reaction マネージャーが実行されている
必要があります。
注:
SMART Reaction マネージャーが連続的に実行されていなくても、SMART Reaction クライアントを使用する
ことは可能ですが、状況メッセージを見ることはできず、エラーの記録が使用不可にされます。詳細について
は、21ページの『スタートアップ・フォルダーからの SMART Reaction の削除』を参照してください。
次に行うこと:
各サーバーおよびピア・ワークステーションで、バックアップおよびミラーリング・データを保管するために使用する
フォルダーを共有可能となるように設定する必要があります。以下を参照してください。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
11
Ÿ 12ページの『Windows NT でフォルダーを共有可能にする』
Ÿ 13ページの『Windows 95 でフォルダーを共用可能にする』
フォルダーを共有可能にした後、SMART Reaction マネージャーを使用して、デフォルトのバックアップ、ミラー、
およびリストアの設定のセットを作成します。これは、個々のクライアント・ワークステーションに SMART
Reaction クライアントをインストールする 前に 行う必要があります。SMART Reaction クライアントのインストー
ル・プロセス中、このプログラムはクライアントが割り当てられた SMART Reaction マネージャーを検索してから、
SMART Reaction マネージャーによって提供された構成情報に基づいて SMART Reaction クライアント自身を自動
的に構成します。SMART Reactionクライアントが SMART Reaction マネージャーとのコンタクトを行い、それを確
認するよう 要求される のは、このときだけです。指示については、62ページの『バックアップ、リストア、およびミ
ラーのデフォルト設定の作成』を参照してください。
Windows NT でフォルダーを共有可能にする
バックアップまたはミラーリング・プロセスから作成されたデータを保管するのに使用される Windows NT サーバー
またはピア・ワークステーションでは、この手順を使用してください。フォルダーを共有可能にする前に、ネットワー
キングをインストールしておく必要があります。バックアップおよびミラーリング・データを保存するために使用する
フォルダーまたはドライブを共用可能にし、次にゲスト・アカウントまたは該当するユーザー・アカウントが使用可能
にされていることを確認してください。
1. Windows NT デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
2. Programs (プログラム) を選択します。
3. Windows NT Explorer (Windows NT エクスプローラ) をクリックします。
注:
以下のステップでは、バックアップまたはミラーリング・プロセスからのデータを保管するためのサブフォ
ルダーを含む単一のドライブまたはフォルダーをセットアップします。サブフォルダーは、バックアップお
よびミラーリング操作中に SMART Reaction プログラムによって自動的に作成されます。
この目的で新規フォルダーを作成する必要がある場合には、ここでそれを作成してから、続けて次のステッ
プに進んでください。
4. 右マウス・ボタンを使用して、バックアップおよびミラーリング・データに共有されるドライブまたはフォルダー
をクリックします。
5. 共有... をクリックします。プロパティ・ウィンドウがオープンします。
6. 共有する ラジオ・ボタンをクリックします。
7. アクセス権 をクリックします。共有資源のアクセス権ウィンドウをオープンします。
8. アクセス権の種類 フィールドで、ドロップダウン・リストを使用して フルコントロール を選択します。
9. OK をクリックします。ウィンドウがクローズします。
10. Properties (プロパティ) ウィンドウで OK をクリックします。
11. Windows NT Explorer (Windows NT エクスプローラ) をクローズします。
12. 次のようにして、ゲスト・アカウントまたは該当するユーザー・アカウントを使用可能にします。
a. Windows NT デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
b. プログラム を選択します。
c. Administrator Tools (Common) (管理ツール (共通)) を選択します。
d. User Manager for Domains (ドメイン ユーザー マネージャ) または User Manager (ユーザー マネージャ)
をクリックします。
12
SMART Reaction
注:
個々のユーザー・ログオン ID を使用しており、新規ユーザー・アカウントを追加する必要がある場合
には、ここでそれを行ってから、次のステップを続けてください。
e. Username (ユーザー名) カラムで、Guest (または個々のユーザー・ログオン ID を使用している場合は該当
するユーザー・アカウントの 1 つ) をダブルクリックします。
f. アカウントを無効にする チェックボックスをチェック解除します。
g. OK をクリックします。
h. 個々のユーザー・ログオン ID を使用している場合には、適用可能なユーザー・アカウントごとにステップ
12e ∼ 12g を繰り返します。
i. User Manager (ユーザー・マネージャー) ウィンドウをクローズします。
注:
ファイルを共有可能にするために追加のヘルプを必要とする場合は、Windows NT ヘルプ・システムおよび
Windows NT 資料を参照してください。
Windows 95 でフォルダーを共用可能にする
バックアップまたはミラーリング操作から作成されたデータを保管するのに使用される Windows 95 ピア・ワークス
テーションでは、この手順を使用してください。バックアップおよびミラーリング・データを保管するのに使用される
フォルダーまたはドライブを共用可能にしてください。
1. Windows 95 デスクトップから、右マウス・ボタンを使用して任意のフォルダーをクリックしてから、プロパティ
を選択します。
2. 共有 のラベルが付いたタブを探します。
Ÿ 共有 のラベルが付いたタブが ある 場合は、フォルダーをクローズし、次にステップ 3 に進みます。
Ÿ 共有 のラベルが付いたタブが ない 場合には、以下のことを行います。
a. コントロール・パネルをオープンします (スタート → 設定 → コントロール・パネル)。
b. ネットワーク をダブルクリックします。
c. Microsoft ネットワーク クライアント をクリックし、それを強調表示します。
d. ファイルとプリンタの共有 をクリックします。
e. 「ファイルを共有できるようにする」というラベルが付いたボックスをチェックします。
f. OK をクリックします。
g. OK を再びクリックします。Network (ネットワーク) ウィンドウがクローズします。
h. 続けてステップ 3 に進みます。
3. エクスプローラをオープンします (スタート → プログラム → エクスプローラ)。
4. 右マウス・ボタンを使用して、バックアップおよびミラーリング・データに共用されるフォルダーまたはドライブ
の 1 つをクリックします。
5. 共有... をクリックします。
6. 共有 タブをクリックします。
7. 共有する ラジオ・ボタンをクリックします。
8. Share Name (共有名) (通常はフォルダー名で結構です) を入力します。
9. OK をクリックします。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
13
10. 共有されるそれぞれのフォルダーまたはドライブごとにステップ 4 ∼ 9 を繰り返します。
SMART Reaction クライアントのインストール
このインストール手順は、次の 2 つの部分に分かれています。
Ÿ 『クライアント・ワークステーションの準備』
Ÿ 18ページの『SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール』
SMART Reaction クライアント・プログラムをインストールする前に、クライアントが正しく準備されていることが
重要です。
クライアント・ワークステーションの準備
ワークステーションを準備するステップは、Windows 95 と Windows NT でやや異なっています。
Ÿ Windows 95 クライアントの場合は、『Windows 95 クライアント・ワークステーションの準備』を参照してく
ださい。
Ÿ Windows NT Workstation クライアントの場合は、16ページの『Windows NT クライアント・ワークステーショ
ンの準備』を参照してください。
Windows 95 クライアント・ワークステーションの準備
1. Windows 95 デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
2. 設定 を選択します。
3. コントロール・パネル をクリックします。
4. ネットワーク をダブルクリックします。
5. ネットワークの設定ページの 優先的にログオンする ドロップ・ダウン・リスト・ボックスで Microsoft ネットワ
ーク クライアント を選択します。
6. 同じくネットワークの設定ページで、インストールされるネットワーク・コンポーネントのリストに TCP/IP が組
み込まれているか確認します。
Ÿ TCP/IP がリストされている場合は、以下のことを行います。
a. TCP/IP をクリックして、それを強調表示させます。次に、プロパティー をクリックし、IP アドレスと
サブネット・マスクが指定されているか確認します。これらが指定されていない場合には、ネットワーク
管理者に問い合わせて、IP アドレスとサブネット・マスクを入手してから、提供されているフィールド
にそれらを入力します。
b. OK をクリックします。
c. ユーザー情報タブをクリックし、コンピュータ名、ワークグループ、および コンピューターの説明 の各
フィールドに有効な情報が入っているか確認します。これらのフィールドがブランクの場合は、ネットワ
ーク管理者にこれらのフィールドに入れる情報を問い合わせます。
d. OK をクリックします。
注:
コンピューターを再始動するようプロンプトで指示されたら、はい を選択します。Windows 95 が
変更を組み込んでいる間、Windows 95 デスクトップが再表示されるのに通常より少し長くかかる
場合があります。
14
SMART Reaction
e. 18ページの『SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール』に進みます。
Ÿ TCP/IP がリストされていない場合は、以下のことを行います。
a. 追加 をクリックします。
b. インストールするネットワーク構成ファイルのリストで プロトコル をクリックします。
c. Add (追加) をクリックします。
d. 製造元のリストをスクロールダウンし、Microsoft をクリックします。
e. ネットワーク・プロトコルのリストで TCP/IP をクリックします。
f. OK をクリックします。
注:
ネットワーク・デバイス・ドライバーがまだインストールされていない場合は、デバイスの選択ウ
ィンドウが表示されます。次のいずれかを行います。
– ネットワーク・アダプターのメーカーをクリックし、アダプター・タイプをクリックしてか
ら、OK をクリックします。
- または – ディスク使用 をクリックし、指示に従って、IBM またはネットワーク・アダプターのメーカー
によって提供されたディスクからネットワーク・デバイス・ドライバーをインストールしま
す。
現在のネットワーク構成リストに TCP/IP が表示されます。
g. 現在のネットワーク構成リストをスクロールダウンし、TCP/IP をクリックします。
h. プロパティ ボタンをクリックします。
i. IP アドレス・タブをクリックします。
j. IP アドレスを指定 ラジオ・ボタンをクリックしてから、ネットワーク用の有効な IP アドレスとサブネ
ット・マスク・アドレスを入力します。この情報は、ネットワーク管理者から入手することができます。
k. ゲートウェイ・タブをクリックします。
l. 新しいゲートウェイ フィールドにゲートウェイ・アドレスを入力してから、追加 をクリックします。ゲ
ートウェイ・アドレスは、ネットワーク管理者から入手することができます。
m. OK をクリックします。
n. ユーザー情報 タブをクリックします。次に、提供されているフィールドにコンピューター名、ワークグ
ループ、およびコンピューターの説明を入力します。この情報は、ネットワーク管理者から入手すること
ができます。
o. OK をクリックします。
注:
ユーザーの構成に応じて、Windows 95 CD を挿入するよう求めるメッセージが表示される場合が
あります。プロンプトで指示されたら、CD を CD-ROM ドライブに挿入してから、OK をクリッ
クします。
p. コンピューターを再始動するよう指示するメッセージが表示されます。Yes (はい) を選択します。
Windows 95 が変更を組み込んでいる間、Windows 95 デスクトップが再表示されるのに通常より少し長
くかかる場合があります。デスクトップが再表示されたら、18ページの『SMART Reaction クライアン
ト・プログラムのインストール』に進みます。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
15
Windows NT クライアント・ワークステーションの準備
1. Windows NT デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
2. 設定 を選択します。
3. Control Panel (コントロール・パネル) をクリックします。
4. Network (ネットワーク) をダブルクリックします。
注:
Windows ネットワーキングがインストールされていないことを知らせ、ここでそれをインストールするか尋
ねるメッセージが表示されたら、いいえ をクリックし、制御パネルをクローズします。それから、
『Windows Networking のインストール』に進みます。
5. Protocols (プロトコル) タブをクリックします。
Ÿ TCP/IP がリストされる場合は、識別タブをクリックし、コンピューター名およびワークグループ名が割り当
てられているか確認します。これらのフィールドのいずれかがブランクである場合は、ネットワーク管理者に
正しい情報を問い合わせて、それを該当するフィールドに入力します。
Ÿ TCP/IP がリストされていない場合は、以下のことを行います。
a. 追加 をクリックします。
b. TCP/IP Protocol (TCP/IP プロトコル) をクリックします。
c. OK をクリックします。
d. DHCP を使用したいか尋ねられたら、使用しているネットワークにあわせて はい または いいえ をクリ
ックします。確かでない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
e. Windows NT がファイルをコピーする必要があることをプロンプトで指示されたら、Windows NT CD
を CD-ROM ドライブに挿入し、必要に応じてドライブ位置 (パス) を変更してから、続行 をクリックし
ます。
f. ファイルがコピーされた後、バインド・タブをクリックします。
g. バインドの表示 フィールドを見つけ、ドロップダウン・メニューから すべてのプロトコル を選択してか
ら、WINS クライアント (TCP/IP) がリストされているか確認します。
h. OK をクリックします。コンピューターをシャットダウンして再始動したいか尋ねるメッセージが表示さ
れたら、はい をクリックします。
6. 18ページの『SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール』に進みます。
Windows Networking のインストール:
以下の指示は、Windows NT ワークステーションに Windows
Networking をインストールするのを援助するために提供されています。これらの指示に従う必要があるのは、
『Windows NT クライアント・ワークステーションの準備』の手順に従っているときに Windows Networking がイ
ンストールされていないことを発見した場合のみです。
この手順を開始する前に、以下の情報を知る必要があります。
Ÿ クライアント・ワークステーションにインストールされるネットワーク・アダプターまたはネットワーク・サブシ
ステムのタイプ (メーカーおよびモデル)
Ÿ IP アドレス
Ÿ サブネット・マスク
Ÿ デフォルトのゲートウェイ
Ÿ ホスト名
Ÿ ドメイン
16
SMART Reaction
Ÿ DNS サーバー
この情報は、ネットワーク管理者から入手することができます。
ユーザーのネットワーク・アダプターおよびそれがどのように構成されているかに応じて、この手順で参照されていな
いいくつかの画面が表示される場合があります。この手順は、ユーザーからの情報を必要とするフィールドについての
参照として使用してください。
Windows Networking をインストールする手順は次のとおりです。
1. Windows NT デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
2. 設定 を選択します。
3. コントロール・パネル をクリックします。
4. ネットワーク をダブルクリックします。
5. Windows ネットワーキングがインストールされていないことを知らせ、ここでそれをインストールするか尋ねる
メッセージが表示されます。はい をクリックします。
6. ネットワーク セットアップ ウィザード・ウィンドウが表示されたら、ネットワークに接続 が検査されているか確
認してから、次 をクリックします。
7. アダプターを選択するようプロンプトで指示されたら、検索開始 ボタンをクリックします。
注:
ネットワーク・アダプターが見つからない場合は、一覧から選択 ボタンをクリックしてから、次のいずれか
を行います。
Ÿ 提供されたリストから一致するアダプターを選択してから、OK をクリックします。
- または Ÿ ディスク使用 をクリックし、画面の指示に従って、ディスクからネットワーク・デバイス・ドライバー
をインストールします。
8. 次 をクリックします。
9. TCP/IP プロトコル チェックボックスがチェックされているか確認してから、次 をクリックします。
10. ネットワーク・サービスが表示されます。
注:
以下のことを行うことにより、そのほかのサービスを追加することができます。
a. 一覧から選択 をクリックします。
b. 必要な追加サービスのどれかをクリックします。
c. 次 をクリックします。
次 をクリックします。
11. Windows NT がネットワーキング・コンポーネントをインストールする準備ができていることを知らせるメッセ
ージが表示されたら、次 をクリックします。
12. ユーザーの現在の構成に応じて、Windows NT がファイルをコピーする必要があるというメッセージを受け取る
場合があります。Windows NT CD を挿入し、必要に応じて、ドライブ位置 (パス) を変更してから、続行 をクリ
ックします。
13. 次のウィンドウで、続行 を再びクリックします。
14. アダプターのプロパティー・ウィンドウが表示されたら、OK をクリックします。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
17
15. TCP/IP Setup (TCP/IP セットアップ) ウィンドウが表示されたら、DHCP を使用するかどうか、ネットワークの
セットアップに応じて はい または いいえ をクリックします。確かでない場合は、ネットワーク管理者に問い合
わせてください。
16. Microsoft TCP/IP プロパティ・ノートブックが表示されたら、以下のことを行ってください。この情報はネット
ワーク管理者から入手することができます。
a. IP Address (IP アドレス) ページで、 IP アドレスを指定 ラジオ・ボタンをクリックしてから、IP アドレ
ス、サブネット・マスク・アドレス、およびデフォルトのゲートウェイを入力します。
b. DNS ページでホスト名およびドメインを入力します。次に、追加 ボタンを使用して、 DNS サービス検索順
序 ボックスに DNS サーバーを追加します。
c. OK をクリックします。
17. Setup Wizard (セットアップ・ウィザード) ウィンドウで、次 をクリックし、再び 次 をクリックしてから、さら
にもう一度 次 をクリックします。
18. 終了 をクリックします。
19. コンピューターを再始動するようプロンプトで指示されたら、はい をクリックします。
SMART Reaction クライアント・プログラムのインストール
開始する前に:
Ÿ クライアント・ワークステーションは正しく準備する必要があります。詳細については、14ページの『クライアン
ト・ワークステーションの準備』を参照してください。
Ÿ ネットワーク管理者に問い合わせ、ユーザーにサービスすることになる SMART Reaction マネージャーの 名前
を確認してください。この情報は、この手順で後ほど必要になります。
Ÿ SMART Reaction クライアントが初めてインストールされて開始されるときには、ユーザーにサービスするため
に割り当てられている SMART Reaction マネージャーが実行されている必要があります。
Ÿ 正しいインストールおよび操作を保証するためには、クライアントに SMART Reaction クライアント・プログラ
ムをインストールする 前に、SMART Reaction マネージャーを使用して各クライアント・ワークステーションを
構成してください。詳細については、62ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作
成』を参照してください。
重要: SMART Reaction クライアントは次の 2 つの方法で配布されます。
Ÿ WWW からダウンロード可能な、自己解凍形式の実行可能ファイルとして (モデル 6561 と 6591 のみ)。
Ÿ Ready-to-Configure Utility Program CD 上の ClientCare パッケージの一部として。
インストール手順は、これらの 2 つの配布方法で異なります。
Ÿ Web に基づくバージョンの場合は、19ページの『Web に基づくバージョンのインストール』を参照してくださ
い。
Ÿ CD に基づくバージョンの場合は、19ページの『ClientCare のインストール』を参照してください。
18
SMART Reaction
Web に基づくバージョンのインストール:
SMART Reaction クライアントをインストールする手順は次の
とおりです。
1. SMART Reaction クライアント・インストール・ファイルを WWW からダウンロードし、任意のインストレー
ション用フォルダーに入れます。
2. 自己解凍形式の実行可能ファイル SMARTC.EXE を実行し、ファイルをアンパックします。これらはインストー
ル・ファイルで、後ほどのステップで使用するセットアップ・ファイル SETUPSC.EXE が含まれています。
3. オープンしたウィンドウおよびプログラムをすべてクローズします。
4. Windows デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
5. Run (ファイル名を指定して実行) をクリックします。
6. SETUPSC.EXE ファイルへのパスを入力し、次に OK をクリックします。
7. Installation Wizard (インストール・ウィザード) が表示されます。
Ÿ Manager の名前を入力するようプロンプトで指示されたら、クライアント・ワークステーションにサービス
することになる SMART Reaction マネージャーのマシン名を入力します。名前に確信が持てない場合は、ネ
ットワーク管理者に問い合わせてください。
Ÿ 画面の指示に従い、SMART Reaction クライアントを希望のロケーションにインストールします。デフォル
トのロケーションは C:¥SRCLIENT です。
Ÿ インストールが完了し、Windows を再始動するようプロンプトで指示されたら、Yes (はい) をクリックしま
す。
インストール Wizard (ウィザード) は、SMART Reaction クライアントに対し Network (ネットワーク) ノ
ートブック (Control Panel (コントロール・パネル) を通じてアクセス可能) の識別タブ (Windows NT の場
合)、またはユーザー情報タブ (Windows 95 の場合) で定義された コンピューター名 に一致する名前を割り
当てます。また、これは SMART Reaction クライアントをスタートアップ・フォルダーに追加しますので、
クライアント・ワークステーションが始動するたびに、SMART Reaction クライアントの部分が自動的に開
始されます。
次に行うこと:
20ページの『SMART Reaction クライアントの初めての開始』に進みます。
ClientCare のインストール:
ClientCare の一部としての SMART Reaction クライアントをインストールす
る手順は次のとおりです。
1. Ready-to-Configure Utility Program CD を CD-ROM ドライブに挿入します。
2. Windows デスクトップから、スタート ボタンをクリックします。
3. Run (ファイル名を指定して実行) をクリックします。
4. d:¥SETUP と入力します。
(ここで d とは、ユーザーの CD-ROM ドライブに割り当てられている文字です。)
次に、OK (OK) をクリックします。
タイトル画面が表示されます。
5. 次へ をクリックします。メイン選択画面が表示されます。
6. アプリケーションとデバイス・ドライバーの導入 をクリックします。プログラム・インストール画面が表示され
ます。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
19
7. 左のボックスで、IBM ClientCare Setup をクリックしてから、追加 をクリックします。IBM ClientCare
Setup が右のボックスに移動します。
8. 次へ をクリックし、画面の指示に従います。
9. インストール先の選択で IBM ClientCare のインストール・ディレクトリーを指定してください。デフォルトは
C:¥DMI です。次へをクリックしてください。
10. オプションの選択で SMART Reaction クライアントにマークがついていることを確認してください。
注:
インストール・プロセス中に、SMART Reaction マネージャーの名前を提供するよう求められます。このク
ライアント・ワークステーションにサービスすることになる SMART Reaction マネージャーの名前を入力
します。名前に確信が持てない場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
11. インストールが完了し、Windows を再始動するようプロンプトで指示されたら、はい をクリックします。
インストール Wizard (ウィザード) は、SMART Reaction クライアントに対しネットワーク・ノートブック (コ
ントロール・パネルを通じてアクセス可能) の識別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ
(Windows 95 の場合) で定義された コンピューター名 に一致する名前を割り当てます。また、これは SMART
Reaction クライアントをスタートアップ・フォルダーに追加しますので、クライアント・ワークステーションが始
動するたびに、SMART Reaction クライアントの部分が自動的に開始されます。
次に行うこと:
『SMART Reaction クライアントの初めての開始』に進みます。
SMART Reaction クライアントの初めての開始:
SMART Reaction クライアントが初めて開始される
とき (インストール・プロセスの後 Windows NT または Windows 95 が再始動されるとき)、それが割り当てられて
いる SMART Reaction マネージャーを探し、構成を要求します。SMART Reaction マネージャーを見つけることが
できない場合、ロードを停止し、非アクティブになります。いったん SMART Reaction クライアントが SMART
Reaction マネージャーとのコンタクトを確立すると、それ以降の再始動ではもはや SMART Reaction マネージャーと
のコンタクトを確立する必要はなく、作動可能のままでいます。
SMART Reaction クライアントがスタートアップ・フォルダーから開始されるとき、これは最小化モードで開始さ
れ、System Tray (システム・トレイ) 内にアイコンを置き、それがアクティブであることを示します。
このアイコンをダブルクリックし、コントロールとステータス・ウィンドウを表示させます。
20
SMART Reaction
注:
ここで表示されているウィンドウは、SMART Reaction マネージャーのものです。SMART Reaction クライア
ントでは、表示されているボタンとフィールドの一部がありません。
SMART Reaction バックアップ、リストア、およびミラー・プログラムを構成するには、このウィンドウを使用して
ください。これらのプログラムのどれかを使用する際、このウィンドウをクローズしないで、最小化してください。ウ
ィンドウをクローズすると、SMART Reaction バックアップ、リストア、およびミラー・プログラムが使用不可にさ
れます。
ウィンドウを最小化するには、タイトル・バーの最小化ボタンをクリックしてください。SMART Reaction クライア
ントが最小化されると、アイコンが System Tray (システム・トレイ) に残り、それがアクティブであることを表示し
ます。また、アイコンは Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウに簡単にアクセスできるように
し、Alt+Tab のプログラム切り替えサイクルを使わずに済みます。
スタートアップ・フォルダーからの SMART Reaction の削除
何らかの理由で、SMART Reaction をスタートアップ・フォルダーから除去したい場合、以下のショートカットの 1
つを削除することにより、それを行うことができます。
Ÿ Windows 95:
c:¥Windows¥スタート メニュー¥プログラム¥スタートアップ¥SMART Reaction マネージャ (またはクライアント)
Ÿ Windows NT ワークステーション:
c:¥Winnt4ð¥Profiles¥(インストールしたユーザー名)¥スタート メニュー¥プログラム¥スタートアップ¥
SMART Reaction マネージャ (またはクライアント)
Ÿ Windows NT サーバー
c:¥Winnt¥Profiles¥(インストールしたユーザー名)¥スタート メニュー¥プログラム¥スタートアップ¥
SMART Reaction マネージャ (またはクライアント)
SMART Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クライアントを Startup (スタートアップ) フォルダーから
除去した後に、それを再始動するには、22ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファ
ンクションの手動による開始』を参照してください。
第2章 SMART Reaction のインストールおよび開始
21
SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動
による開始
何らかの理由で Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウをクローズした後に、それを再度アクティ
ブにするには、以下の手順を使用してください。
1. デスクトップから、Start (スタート) ボタンをクリックします。
2. Programs (プログラム) を選択します。
3. SMART Reaction を選択します。
4. どちらのバージョンのプログラムを実行しているかに応じて、SMART Reaction クライアント または SMART
Reaction マネージャー を選択します。
SMART Reaction 応答の一覧ウィンドウが表示されます。
5. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
SMART Response Configuration ノートブックが表示されます。
6. バックアップ/リストア/ミラー・タブをクリックします。
7. SMART Reaction Backup (SMART Reaction バックアップ) または SMART Reaction ミラーリング用のラジ
オ・ボタンをクリックします。
8. Configure SMART Reaction (SMART Reaction の構成) をクリックします。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
9. 最小化ボタンをクリックします。
ウィンドウは消えますが、アイコンが System Tray (システム・トレイ) に置かれ、SMART Reaction
Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング) ファンクションがアクティブで
あることを表示します。
10. SMART Response Configuration ノートブックをクローズします。
スタートメニューからの SMART Reaction の開始
SMART Reaction のスケジューリング、メッセージング、およびプロファイルの部分 (Response Summary (応答の一
覧) ウィンドウ) にアクセスするには、以下のことを行います。
1. デスクトップから、Start (スタート) ボタンをクリックします。
2. Programs (プログラム) を選択します。
3. SMART Reaction を選択します。
4. どちらのバージョンのプログラムを実行しているかに応じて、SMART Reaction クライアント または SMART
Reaction マネージャー を選択します。
SMART Reaction Response Summary (SMART Reaction 応答の一覧) ウィンドウが表示されます。
22
SMART Reaction
第3章 SMART Reaction インターフェース
SMART Reaction インターフェースには、次の 4 つの主なコンポーネントがあります。
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ
Configuration ノートブック
Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウ
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウ
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウを除き、これらのコンポーネントは SMART Reaction マ
ネージャーと SMART Reaction クライアントの両方で同じフィールドとファンクションを持ちます。SMART
Reaction マネージャーでは、Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウには次のものがあります。
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Group Settings... (グループ設定...) というラベルが付いた追加のボタン
Default Settings... (デフォルト設定...) というラベルが付いた追加のボタン
Refresh Client List (クライアント・リストの更新) というラベルが付いた追加のボタン
Selected Client (選択されたクライアント) というラベルが付いた追加のフィールド
Group Settings... (グループ設定) と Default Settings... (デフォルト設定) ボタンにより、ネットワーク管理者は、それ
ぞれ Group Settings (グループ設定) ノートブックと Default Settings (デフォルト設定) ノートブックにアクセスする
ことができます。これらのノートブックにより、ネットワーク管理者は、リモートから構成をバックアップ、リスト
ア、およびミラーリングし、エンド・ユーザーがさまざまなフィールドおよびファンクションにアクセスするのを制限
することができます。
これらのインターフェース・コンポーネントは大変似ているので、マネージャーとクライアント・インターフェースは
一緒に説明し、必要に応じて相違点を指摘します。
SMART Reaction インターフェースを処理する際、念頭に置く必要がある重要な概念が少しあります。
Ÿ 応答 は、SMART Reaction が PFA アラートまたはスケジュールされたイベントにどのように反応するかです。
Ÿ 以下の 6 つの応答が可能です。
–
–
–
–
–
電子メール・メッセージを送信する (Microsoft Mail を通して)
数字ポケットベル・メッセージを送信する
ハード・ディスクをバックアップ、リストア、またはミラーする
カスタム・プログラムを実行する (コマンドを発行することにより)
ローカル・ワークステーションでメッセージ・ボックスを表示する
Ÿ プロファイル には、特定の応答を実行するのに必要なすべての適切なデータが含まれ、各プロファイルには説明
的な名前が割り当てられます。たとえば、ユーザーのスーパーバイザーまたはネットワーク管理者に電子メールを
送信するために SMART Reaction をセットアップする場合、2 つのプロファイルを設定します。各プロファイル
には適切な電子メール・アドレス、件名、cc: 情報、およびメッセージが含まれます。また、各プロファイルに
は、Email administrator や Email supervisor などの、ユーザーが選んだ固有な、説明的名前も含まれます。ある
いは、これらは両方とも電子メール応答なので、共通のプロファイルを使用して、スーパーバイザーには電子メー
ルを送信し、ネットワーク管理者にはコピー (cc:) を送信することもできます。
Ÿ プロファイルをいったん作成し、保存すると、スケジューラー・プロファイルを除き、プロファイルは自動的に応
答に適用されます。
Ÿ バックアップまたはミラーリング操作のみスケジュールすることができます。他のすべての応答は、PFA アラー
トにより起動されます。
 Copyright IBM Corp. 1998
23
Ÿ スケジュールされたイベントを作成するには、Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定)
ウィンドウで Scheduler profile (スケジューラー・プロファイル) を response profile ( バックアップ、ミラーリン
グのプロファイル) と関連付けます。
Ÿ SMART Reaction マネージャーは、SMART Reaction クライアント・バックアップ、リストア、およびミラー・
ファンクションと関連付けられたすべてのプロセスを完全に制御します。ネットワーク管理者は、SMART
Reaction マネージャーを使用して、バックアップ、リストア、およびミラー・ファンクションと関連付けられた、
SMART Reaction クライアント内のフィールドまたはファンクションを使用可能または使用不可にすることがで
きます。使用不可にされたフィールドはグレー化されます。したがって、SMART Reaction クライアントのユー
ザーは、本書で説明されている手順の一部を実行できない場合があります。
Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ
IBM SMART Reaction クライアントを Start (スタート) メニューから開始する場合、(ライセンス情報の画面の後で)
表示される最初の画面は、Response Summary (応答の一覧) ウィンドウです。Response Summary (応答の一覧) ウィ
ンドウには、5 つの可能な応答および各応答に割り当てられたプロファイルのリストが含まれています。それに加え
て、以下の 4 つのボタンが設けられています。
Ÿ Edit (編集) ボタン: このボタンは、Configuration ノートブックをオープンするのに使用します。このノートブッ
クでは以下のことを行うことができます。
–
–
–
–
新規プロファイルを作成する
応答にプロファイルを割り当てる
既存プロファイルを削除する
既存プロファイルを変更する
Ÿ Configure Scheduler (スケジューラーの設定) ボタン: このボタンは、ハード・ディスクのバックアップまたはミ
ラーリング操作をスケジュールまたはスケジュール解除するのに使用します。詳細については、81ページの『イベ
ントのスケジューリング』を参照してください。
Ÿ 閉じる: このボタンは、Response Summary (応答の一覧) ウィンドウをクローズするのに使用します。このウィン
ドウをクローズしても、SMART Reaction バックアップ、ミラー、およびリストア・ファンクションがクローズ
されるわけではありません。
Ÿ Help (ヘルプ) ボタン: このボタンは、メッセージングおよびスケジューリング・ファンクションに関連したヘル
プ・システムにアクセスするのに使用します。
次の画面は、プロファイルが割り当てられる前の Response Summary (応答の一覧) ウィンドウを表示しています。
24
SMART Reaction
Configuration ノートブック
Configuration ノートブックには、以下のページが含まれています。
Ÿ Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー): このページは、ハード・ディスクのバックアップ、リス
トア、またはミラー・プログラムを立ち上げるプロファイルを作成するのに使用します。詳細については、26ペー
ジの『Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ページ』を参照してください。
Ÿ Custom Program (カスタム・プログラム): このページは、指定されたアプリケーション・プログラムを立ち上げ
るプロファイルを作成するのに使用します。詳細については、28ページの『Custom Program (カスタム・プログ
ラム) ページ』を参照してください。
Ÿ E-mail (電子メール): このページは、電子メール・メッセージを送信するプロファイルを作成するのに使用しま
す。詳細については、29ページの『電子メール・ページ』を参照してください。
Ÿ Message Box (メッセージ・ボックス): このページは、ポップアップ・メッセージを表示するプロファイルを作成
するのに使用します。詳細については、30ページの『メッセージ・ボックス・ページ』を参照してください。
Ÿ Numeric Pager (数字ポケットベル): このページは、ページング・システムをダイヤル呼び出しし、数字メッセー
ジを伝送するプロファイルを作成するのに使用します。詳細については、32ページの『Numeric Pager (数字ポケ
ットベル) ページ』を参照してください。
Ÿ Scheduler (スケジューラー): このページは、バックアップまたはミラーリング・イベントが行われる特定の日付、
時刻、および年、さらにそれが繰り返される場合は、そのイベントが行われる頻度を定義するプロファイルを作成
するのに使用します。詳細については、33ページの『Scheduler (スケジューラー) ページ』を参照してくださ
い。
各ページには、同じセットのボタンが含まれています。
第3章 SMART Reaction インターフェース
25
Ÿ 保存: このボタンは、新規プロファイルを作成するか、既存プロファイルを変更した後に、プロファイルを保管す
るのに使用します。いったんプロファイルを作成し、保存すると、Scheduler (スケジューラー) プロファイルを除
き、プロファイルは適切な応答に自動的に割り当てられます。Scheduler (スケジューラー) プロファイルの使用法
については、81ページの『イベントのスケジューリング』を参照してください。
Ÿ 名前を付けて保存: このボタンは、プロファイルを変更した後、それを新規の名前で保存するのに使用します。新
規の名前で保存されたプロファイルは、Scheduler (スケジューラー) プロファイルを除き、適切な応答が自動的に
割り当てられます。Scheduler (スケジューラー) プロファイルの使用法については、81ページの『イベントのスケ
ジューリング』を参照してください。
Ÿ 新規作成: このボタンは、ページ上のすべてのフィールドをクリックし、新規プロファイル名を割り当てるのに使
用します。
Ÿ 削除: このボタンは、既存プロファイルを削除するのに使用します。
Ÿ キャンセル: このボタンは、保存されない入力済みデータを削除するのに使用します。既存プロファイルを変更し
ている場合は、すべてのフィールドは、プロファイルが最後に保存されたときに持っていた内容に戻されます。
Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ページ
このページは、ハード・ディスクのバックアップ、リストア、またはミラー・プログラムを立ち上げるプロファイルを
作成するのに使用します。
このページには、以下のコンポーネントが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。別の既存プロファイルを選択する
には、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・リストのプロファイル名をクリックします。
Ÿ バックアップ・アプリケーション選択ラジオ・ボタン: (プロファイル当たり 1 つのラジオ・ボタンを選択するこ
とができます。)
26
SMART Reaction
– ADSM: このボタンを選択すると、SMART Reaction が IBM ADSTAR Distributed Storage Manager プロ
グラムを使用するように構成されます。ADSM は SMART Reaction と共には提供されません。したがっ
て、このボタンを使用する前に、ADSM をインストールして構成する必要があります。ADSM ラジオ・ボタ
ンを選択すると、ADSM パスワード フィールドがアクティブになります。SMART Reaction が ADSM と
相互作用する前に、このフィールドにユーザーの個別の ADSM パスワードを入力する必要があります。
– SMART Reaction Backup (SMART Reaction バックアップ): このボタンは、SMART Reaction と共に提供
されるバックアップ・プログラムを選択します。このボタンを選択すると、Configure SMART Reaction
(SMART Reaction の構成) ボタンがアクティブになります。Configure SMART Reaction (SMART
Reaction の構成) ボタンをクリックすると、Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表
示されます。このウィンドウから SMART Reaction バックアップ・プログラムを構成することができます。
– SMART Reaction Mirroring (SMART Reaction ミラーリング): このボタンは、SMART Reaction と共に提
供されるミラーリング・プログラムを選択します。このボタンを選択すると、SMART Reaction の構成ボタ
ンがアクティブになります。SMART Reaction の構成ボタンをクリックすると、Control and Status (コント
ロールとステータス) ウィンドウが表示されます。このウィンドウから SMART Reaction ミラーリング・プ
ログラムを構成することができます。
– その他: このボタンは、コマンド行から開始させることができる、ユーザーの選んだ他のバックアップ、リス
トア、またはミラーリング・プログラムを選択します。このボタンを選択すると、Backup Program (バック
アップ・プログラム) フィールド、Additional Parameters (追加パラメーター) フィールド、および参照ボタ
ンがアクティブになります。
参照ボタンを使用して、ユーザー希望のプログラムを選択することができます。このプログラムは Backup
Program (バックアップ・プログラム) フィールドに表示されます。次に、Additional Parameters (追加パ
ラメーター) フィールドにあるプログラムによってサポートされる追加のコマンド行パラメーターを入力する
ことができます。
Ÿ Backup Program (バックアップ・プログラム): このフィールドには、使用するバックアップ・プログラムの完全
なパスとファイル名が入ります。パスとファイル名を入力するか、参照ボタンを使用してバックアップ・プログラ
ムを見つけて選択することができます。このフィールドがアクティブであるのは、その他ラジオ・ボタンが選択さ
れている場合のみです。
Ÿ Additional Parameters (追加パラメーター): このフィールドには、バックアップ・プログラムによって要求され
る追加のコマンド行パラメーターが入ります。詳細については、ユーザーのバックアップ・プログラムの資料を参
照してください。
Backup (バックアップ) プロファイルと Mirror (ミラー) プロファイルは、それぞれ 1 つだけ作ることができます。
関連したトピック:
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
80ページの『プロファイルの削除』
80ページの『既存プロファイルの変更』
36ページの『コントロールとステータス・ウィンドウ』
第3章 SMART Reaction インターフェース
27
Custom Program (カスタム・プログラム) ページ
このページは、指定されたアプリケーション・プログラムを立ち上げるプロファイルを作成するのに使用します。
このページには、以下のフィールドが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。別の既存プロファイルを選択する
には、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・リストのプロファイル名をクリックします。
Ÿ Path and file name (パス/ファイル名): このフィールドには、立ち上げるプログラムの完全なパスとファイル名
が入ります。パスとファイル名を入力するか、参照ボタンを使用してプログラムを見つけて選択することができま
す。
Ÿ Additional Parameters (追加パラメーター): このフィールドには、選択したプログラムによって要求される追加
のコマンド行パラメーターが入ります。詳細については、ユーザーのアプリケーション・プログラムの資料を参照
してください。
関連したトピック
Ÿ 78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
Ÿ 80ページの『プロファイルの削除』
Ÿ 80ページの『既存プロファイルの変更』
28
SMART Reaction
電子メール・ページ
このページは、電子メール・メッセージを送信するプロファイルを作成するのに使用します。電子メール機能を使用す
るには、Microsoft Mail プログラムをインストールしておく必要があります。このページを初めて使用するときに、電
子メール・ウィザードが、Microsoft Mail を使用する新規の Windows メッセージング・プロファイルを作成する手順
を通じて案内します。
このページには、以下のフィールドが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。別の既存プロファイルを選択する
には、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・リストのプロファイル名をクリックします。
Ÿ 宛先: このフィールドには、メッセージの主要な宛先の完全な電子メール・アドレスが入ります。このフィールド
は 40 文字までに制限されます。複数の電子メール・アドレスは、コンマ、スペース、またはセミコロンによって
区切られます。
Ÿ Subject (件名): このフィールドには、メッセージの件名が入ります。このフィールドは 40 文字までに制限されま
す。
Ÿ CC: このフィールドには、メッセージの写しを送る宛先の完全な電子メール・アドレスが入ります。このフィー
ルドは 40 文字までに制限されます。複数の電子メール・アドレスは、コンマ、スペース、またはセミコロンによ
って区切られます。
Ÿ Message (メッセージ): このフィールドには、メッセージの本文が入ります。このフィールドは 1024 文字までに
制限されます。
関連したトピック:
Ÿ 75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
Ÿ 80ページの『プロファイルの削除』
第3章 SMART Reaction インターフェース
29
Ÿ 80ページの『既存プロファイルの変更』
メッセージ・ボックス・ページ
このページは、ポップアップ・メッセージを表示するプロファイルを作成するのに使用します。
このページには、以下のフィールドが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。別の既存プロファイルを選択する
には、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・リストのプロファイル名をクリックします。
Ÿ Title (タイトル): このフィールドには、ポップアップ・メッセージのタイトル・バーに表示されるテキストが入り
ます。このフィールドは 40 文字までに制限されます。
Ÿ Severity (重要度): このフィールドには、ポップアップ・メッセージの上部に表示される重要度カテゴリーが入り
ます。ドロップダウン・リストから重要度を選択します。選択項目は (重要度が低いものから重要度が高いものへ
と) 次のとおりです。
–
–
–
–
–
Information (情報)
Notification (通知)
Warning (警告)
Error (エラー)
Critical error (重大なエラー)
選択を行うには、フィールドの端の矢印をクリックしてから、項目をダブルクリックします。
Ÿ Size (サイズ): このフィールドには、ポップアップ・メッセージの物理サイズが入ります。ドロップダウン・リス
トからサイズを選択します。選択項目は次のとおりです。
– Small (小)
– Medium (中)
30
SMART Reaction
– Large (大)
Ÿ 内容: このフィールドには、メッセージ・テキストが入ります。内容のテキストは、1 行あたり半角約 34 文字 (フ
ォント・サイズにより、多少変化します)、全角 17 文字で、最大 4 行です。1 行を越えるときには自動改行しま
すが、英数半角の 1 語が 1 行の長さを越える場合には、改行せずに、行端の表示が欠けます。
Ÿ 応答の表示:
– はい/いいえの表示: はい/いいえの表示 チェックボックスにチェックしない場合は、ポップアップ・メッセー
ジに OK ボタンが含まれます。Show YES/NO (はい/いいえの表示) チェックボックスにチェックすると、メ
ッセージには、OK ボタンの代わりにはいといいえのボタンが含まれます。
– タイムアウトで応答: タイムアウトで応答 フィールドがアクティブであるのは、はい/いいえの表示 チェック
ボックスがチェックされ、かつ タイムアウト後閉じる チェックボックスがチェックされている場合に限られ
ます。このフィールドは、指定されたタイムアウト期間の後に使用するデフォルトの応答 (はいまたはいいえ)
を定義します。
Ÿ Close after timeout (タイムアウト後閉じる): このフィールドは、ユーザーによる応答がない場合にメッセージが
どれだけ長く表示されているかを定義します。チェックボックスがチェックされない場合は、メッセージは無限に
表示されます。チェックボックスがチェックされる場合は、ドロップダウン・リストからタイムアウト期間を指定
します。選択項目の範囲は、30 秒から 5 時間です。
メッセージ・ボックスを構成した後、表示 をクリックすることにより、それを事前に表示することができます。次の
ものは、ポップアップ・メッセージの例です。
関連したトピック:
Ÿ 77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
Ÿ 80ページの『プロファイルの削除』
Ÿ 80ページの『既存プロファイルの変更』
第3章 SMART Reaction インターフェース
31
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ
このページは、ページング・システムをダイヤル呼び出しして、数字メッセージを伝送するプロファイルを作成するの
に使用します。
このページには、以下のフィールドおよびボタンが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。別の既存プロファイルを選択する
には、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・リストのプロファイル名をクリックします。
Ÿ Pager Number (ポケットベル番号): このフィールドには、ページング・システムの電話番号 (外線に必要な番号
を含む) が入ります。呼び出しがローカル呼び出しエリアの外側にある場合は、市外局番、および必要に応じて国
コードも組み込む必要があります。数字のみが有効です。ダッシュ、スペース、および他の文字は許可されませ
ん。
Ÿ Message (メッセージ): このフィールドには、ページング・システムに伝送される数字メッセージが入ります。こ
のフィールドには、通常ユーザーの電話番号が入りますが、インターネット・プロトコル (IP) アドレスやエラ
ー・コードなど、15 文字までの長さの任意の数字メッセージを使用することができます。
Ÿ PIN: このフィールドは、一部の数字ポケットベルにアクセスするのに必要な個人識別番号 (PIN) を入力するのに
使用します。
Ÿ Settings (設定): このボタンは、ローカル・モデム (ご使用のコンピューター内に取り付けられているか、それに
接続されているモデム) またはリモート・モデム (ネットワーク上の別のコンピューター内に取り付けられている
か、それに接続されているモデム) のどちらを使用するのか定義するのに使用します。リモート・モデムを選択す
る場合は、TCP/IP ホスト名またはモデムが付いたコンピューターの数値アドレスを提供する必要があります。
注:
リモート・モデムを使用する場合、モデムを持つコンピューターに SMART Reaction マネージャーまたは
SMART Reaction クライアントがインストールされている必要があります。
次のものは、Settings (設定) ボタンをクリックするときにオープンするウィンドウを表示しています。
32
SMART Reaction
デフォルトでは、このウィンドウは、Numeric Pager (数字ポケットベル) タブを最初にクリックしたときにも自動
的に表示されます。
関連したトピック:
Ÿ 76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
Ÿ 80ページの『プロファイルの削除』
Ÿ 80ページの『既存プロファイルの変更』
Scheduler (スケジューラー) ページ
このページは、バックアップまたはミラー・イベントが行われる特定の日付、時刻、および年、さらにそれが繰り返さ
れる場合は、そのイベントが行われる頻度を定義するプロファイルを作成するのに使用します。バックアップまたはミ
ラー操作が PFA アラートのみによって起動される場合は、Scheduler (スケジューラー) プロファイルは必要ありませ
ん。
第3章 SMART Reaction インターフェース
33
このページには、以下のフィールドが含まれます。
Ÿ Profile (プロファイル): このフィールドには、このページに表示されたプロパティー用のプロファイルの名前が入
ります。このフィールドには情報を入力することはできません。新規プロファイルが作成され、保存されると、名
前が自動的にこのフィールドに入ります。名前は 64 文字までに制限されます。
Ÿ Frequency (頻度): このフィールドは、イベントが行われる頻度を定義します。ドロップダウン・メニューから選
択を行います。以下のものから選択することができます。
–
–
–
–
–
–
One time (1 回)
Hourly (毎時間)
Daily (毎日)
Weekly (毎週)
Monthly (毎月)
Yearly (毎年)
Ÿ Day of Week (曜日): このフィールドがアクティブであるのは、Frequency (頻度) フィールドで Weekly (毎週)
が選択してある場合のみです。このフィールドには、イベントが行われる曜日が入ります。ドロップダウン・メニ
ューから選択を行います。
Ÿ 日: このフィールドには、イベントが行われる日にちが入ります。これが繰り返されるイベントである場合は、こ
のフィールドは、イベントが行われる最初の日を表示します。ドロップダウン・メニューから選択を行います。
このフィールドがアクティブであるのは、Frequency (頻度) フィールドで 1 回、毎月、または毎年の選択項目が
選択されている場合です。
Ÿ Month (月): このフィールドは、イベントが行われる月を表示します。これが繰り返されるイベントである場合、
このフィールドは、イベントが行われる最初の月を表示します。ドロップダウン・メニューから選択を行います。
このフィールドがアクティブであるのは、Frequency (頻度) フィールドで 1 回または毎年の選択項目が選択され
ている場合です。
Ÿ Year (年): このフィールドは、イベントが行われる年を表示します。これが繰り返されるイベントである場合、こ
のフィールドは、イベントが行われる最初の年を表示します。ドロップダウン・メニューから選択を行います。こ
のフィールドがアクティブであるのは、Frequency (頻度) フィールドで毎年の選択項目が選択されている場合で
す。
Ÿ Hour (時): このフィールドは、イベントが行われる時を表示します。このフィールドは、24 時間制形式を使用し
ます。ドロップダウン・メニューから選択を行います。たとえば、応答を 8:00 AM にスケジュールする場合は 8
を選択し、8:00 PM の場合は 20 を選択します。
Ÿ Minute (分): このフィールドは、イベントが行われる分を表示します。ドロップダウン・メニューから選択を行い
ます。
関連したトピック:
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
34
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
80ページの『プロファイルの削除』
80ページの『既存プロファイルの変更』
81ページの『イベントのスケジューリング』
82ページの『イベントのスケジュール解除』
82ページの『スケジュールされたイベントの表示』
SMART Reaction
スケジュールされたイベントの設定ウィンドウ
このウィンドウは、ハード・ディスクのバックアップまたはミラーリング・イベントをスケジュール、スケジュール解
除、または設定するのに使用します。このウィンドウにアクセスするには、応答の一覧ウィンドウでスケジューラー設
定ボタンを押します。
このウィンドウには、次のフィールドがあります。
Ÿ スケジュールされたイベントのプロファイル: このフィールドには、使用したいスケジューラー・プロファイルの
名前が入ります。ドロップダウン・リストから Scheduler (スケジューラー) プロファイルを選択します。
Ÿ バックアップ/ミラーのプロファイル: このフィールドには、使用したいバックアップまたはミラーリング・プロフ
ァイルが入ります。ドロップダウン・リストから該当するプロファイルを選択します。
希望するプロファイルを選択した後、追加 をクリックしてイベントをスケジュールするか、削除 をクリックしてイベ
ントをスケジュール解除します。スケジュールされたイベントは要約ボックスに表示されます。OK をクリックして、
ウィンドウをクローズします。
関連したトピック:
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
81ページの『イベントのスケジューリング』
82ページの『イベントのスケジュール解除』
82ページの『スケジュールされたイベントの表示』
第3章 SMART Reaction インターフェース
35
コントロールとステータス・ウィンドウ
コントロールとステータス・ウィンドウは、SMART Reaction マネージャーと SMART Reaction クライアントに統
合された Backup (バックアップ)、Restore (リストア)、および Mirror (ミラー) プログラムを構成するのに使用しま
す。このウィンドウは、SMART Reaction が相互作用する IBM ADSM または他のバックアップ・プログラムには影
響を与えません。
このウィンドウには、次の 2 つの方法のいずれかでアクセスします。
Ÿ SMART Reaction のバックアップ/リストア/ミラー・ファンクションがアクティブであり、バックグラウンドで実
行されている場合は、System Tray (システム・トレイ) 内のアイコンをクリックする。
- または Ÿ Configuration ノートブックのバックアップ/リストア/ミラー・ページで Configure SMART Reaction (SMART
Reaction の構成) ボタンをクリックします。詳細については、26ページの『Backup/Restore/Mirror (バックアッ
プ/リストア/ミラー) ページ』を参照してください。
コントロールとステータス・ウィンドウ内では、SMART Reaction マネージャーで使用できても、SMART Reaction
クライアントでは使用できないいくつかのファンクションおよびフィールドがあります。この節では、このウィンドウ
の SMART Reaction マネージャー・バージョンしか表示されていませんが、SMART Reaction クライアントで使用
できないフィールドまたはファンクションについては、その旨の注意が書かれています。
ネットワーク管理者は、SMART Reaction マネージャーを使用して、SMART Reaction クライアントを使用するエン
ド・ユーザーに選択可能なファンクションおよびネットワーク資源を指定します。これにより、ネットワーク管理者
は、少ない資源を厳重に制御することができる一方で、エンド・ユーザーの要件に基づいて特定のファンクションを使
用可能にすることができます。SMART Reaction マネージャーには、このウィンドウに関連するどのファンクション
またはフィールドについても、エンド・ユーザーのアクセスを禁止する機能があります。使用不可のフィールドは、
SMART Reaction クライアントからも見えますが、それらはグレー化されており、エンド・ユーザーが変更すること
はできません。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウには、以下のコンポーネントが含まれます。
Ÿ 選択されたクライアント: このフィールドには、このウィンドウの情報が適用される SMART Reaction クライア
ントの名前が入ります。SMART Reaction クライアントを使用している場合、選択可能な唯一の選択は、そのク
36
SMART Reaction
ライアント自身の名前です。SMART Reaction マネージャーを使用している場合は、ドロップダウン・リストを
使用して、マネージャーに割り当てられているクライアントを選択することができます。ドロップダウン・リスト
からクライアント名を選択することにより、ネットワーク管理者は、ミラーリングおよびバックアップ操作の状況
を表示させるか、そのクライアントについての構成を変更するか、バックアップ、リストア、またはミラー操作を
開始および制御することができます。
Ÿ クライアント・リストを更新: このボタンは SMART Reaction マネージャーにだけあります。新規クライアント
をマネージャーに追加する場合は、このボタンを使用してリストを最新表示し、新規クライアントが組み込まれる
ようにします。
Ÿ コントロールとステータス・ノートブック: コントロールとステータス・ノートブックには、SMART Reaction バ
ックアップ、リストア、およびミラー・プログラムに関連するすべての構成設定値が入ります。以下は、ノートブ
ック内の各ページの簡単な説明です。各ページの詳細な説明は、この章で後ほど記載します。
– Backup (バックアップ) ページ: このページでは、前回のバックアップ操作のステータス、次回のバックアッ
プの設定、およびバックアップ操作を手動で開始および制御するためのボタンを表示します。
– Mirror (ミラー) ページ: このページでは、前回のミラー操作の状況、次回のミラーの設定、およびミラー操作
を手動で開始および制御するためのボタンを表示します。
– Restore Backup (リストア・バックアップ) ページ: このページでは、前回のバックアップ操作のステータス、
次回のリストア操作の設定、およびバックアップされたファイルのリストアを手動で開始および制御するため
のボタンを表示します。
– Restore Mirrors (リストア・ミラー) ページ: このページでは、前回のミラーリング操作の状況、次回のリスト
ア操作の設定、およびミラーリングされたファイルのリストアを手動で開始および制御するためのボタンを表
示します。
– Manager (マネージャー) ページ: このページにより、ネットワーク管理者はリモート・ワークステーションか
ら SMART Reaction マネージャーを管理することができます。SMART Reaction マネージャーへのアクセ
スは、パスワードによって制御されます。
– Locks (ロック) ページ: これにより、ネットワーク管理者、またはエンド・ユーザーは、バックアップまたは
ミラーリングできなかったロックされたファイルのリストを表示することができます。
Ÿ クライアント設定...: このボタンにより、ネットワーク管理者またはエンド・ユーザーのいずれかが Client
Settings (クライアント設定) ノートブックにアクセスし、選択されたクライアント・ワークステーションについて
の構成設定値を表示または変更することができます。
Ÿ グループ設定...: このボタンは SMART Reaction マネージャーにだけあります。これにより、ネットワーク管理
者は Group Settings (グループ設定) ノートブックにアクセスすることができます。このノートブックは、共通の
ニーズを持つ、クライアントの選択されたグループについてのバックアップおよびミラーリング構成を定義するの
に使用します。
Ÿ デフォルト設定...: このボタンは SMART Reaction マネージャーにだけあります。これにより、ネットワーク管
理者は Default Settings (デフォルト設定) ノートブックにアクセスすることができます。このノートブックは、す
べてのクライアントについてのデフォルトのバックアップおよびミラーリング構成の集合を定義するのに使用しま
す。デフォルト設定は、個別およびグループの設定を作成するための開始点でもあります。
Ÿ ヘルプ: このボタンは、コントロールとステータス・ウィンドウの Help (ヘルプ) システムにアクセスします。
Ÿ ステータス・バー: このコンポーネントは、ウィンドウの下部の端にあります。これは、一般的に、SMART
Reaction プログラムについてのステータスに関する情報を表示します。ただし、クライアント設定の一般ページの
クライアントにダイヤログを表示 フィールドがどのように設定されているかに応じて、メッセージはポップアッ
プ・ダイアログ・ボックスの代わりにここでも表示することができます。詳細については、46ページの
『General (一般) ページ』を参照してください。
第3章 SMART Reaction インターフェース
37
バックアップ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、前回のバックアップ操作のステータスを表示し、次回のバックアップ操作の設定を表示または変更し、
バックアップ操作を手動で開始および制御するのに使用します。
Backup (バックアップ) ページには、以下の情報が含まれます。
Ÿ Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セット): このフィールドには、このページで定義される構成に
割り当てられる名前が入ります。ドロップダウン・リストから以下のバックアップ・セットにアクセスすることが
できます。
– Path Backup (パス・バックアップ): このバックアップ・セットには、日常のバックアップ操作 (手動またはス
ケジュールされた) 用に定義されたフォルダーまたは論理ドライブが含まれます。これは部分バックアップま
たは全バックアップであり、複数のドライブにまたがることができます。
– Hard Drive 0 (ハード・ドライブ 0): このバックアップ・セットには、物理ハード・ディスク 0 のすべてのパ
ーティションにあるすべてのフォルダーが含まれます。このバックアップ・セットが使用されるのは、バック
アップ操作がこの物理ドライブに関連する PFA アラートによって開始される場合です。
– Hard Drive 1 (ハード・ドライブ 1): このバックアップ・セットには、物理ハード・ディスク 1 のすべてのパ
ーティションにあるすべてのフォルダーが含まれます。 この選択を使用できるのは、2 番目の物理ハード・
ディスクが取り付けられている場合のみです。このバックアップ・セットが使用されるのは、バックアップ操
作がこの物理ドライブに関連する PFA アラートによって開始される場合です。
Ÿ Status for this Backup Set (このバックアップ・セットのステータス): このフィールドは、選択されたバックア
ップ・セットに関する以下の情報を提供します。
–
–
–
–
バックアップされたかどうか
前回のバックアップ操作の日付
前回のバックアップ操作に関係するドライブ
前回のバックアップ・ファイルが保管されている場所 (パス)
Ÿ Settings for Backup Set (バックアップ・セットの設定): このフィールドには、選択されたバックアップ・セット
に関する以下の情報が含まれています。
– 次回のバックアップ操作時にファイルが保管される場所 (パス): これはコンピューター名およびパスです。た
とえば、¥¥computer_name¥path。
38
SMART Reaction
– Items in the backup set (バックアップ・セットのアイテム): 一般的には、パス・バックアップ操作の場合、
このフィールド内の情報は、ドライブ全体についてです。たとえば、c:¥ /s。ただし、選択したフォルダーを
バックアップすることができます。たとえば、特定のフォルダーの場合は c:¥data で、特定のフォルダーお
よびそのすべてのサブフォルダーの場合は c:¥data /s。PFA で生成されたバックアップ操作 (バックアッ
プ・セット・ハード・ドライブ 0 またはハード・ドライブ 1) の場合、リストはその物理ドライブに含まれる
すべての論理ドライブから構成されます。
注:
部分的バックアップ操作により、フォルダー内、またはアプリケーション・プログラムの .INI ファイル
内に定義されたパス名とレジストリーとの同期が外れるかもしれません。したがって、部分的バックア
ップ操作を実行することは、あまり重要でないかもしれません。
– Delete Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セットの削除):Status for this Backup Set (このバ
ックアップ・セットのステータス) フィールドで指定されたサーバーまたはピア・ワークステーションからバ
ックアップ・ファイルを削除するには、このボタンをクリックします。このボタンがアクティブであるのは、
選択されたバックアップ・セットを使用してバックアップ操作がすでに実行されている場合のみです。このフ
ァンクションは、ディスク・スペースを空ける必要がある場合には便利ですが、バックアップ操作の前には必
要ありません。SMART Reaction は、バックアップ操作を実行する前に、既存バックアップ・ファイルを自
動的に消去します。
– Start Backup (バックアップ開始): このページで指定されたパラメーターを使用してバックアップ操作を手動
で開始するには、このボタンをクリックします。
– Pause Backup (バックアップ一時停止): 進行中のバックアップ操作を一時停止するには、このボタンをクリ
ックします。
– Resume Backup (バックアップ再開): 一時停止されたバックアップ操作を再開するには、このボタンをクリ
ックします。
– Cancel Backup (バックアップ中止): 進行中のバックアップ操作を中止するには、このボタンをクリックしま
す。
ミラー・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、前回のミラー操作の状況を表示し、次回のミラー操作の設定を表示または変更し、ミラー操作を手動で
開始または制御するのに使用します。
Mirror (ミラー) ページには、以下の情報が含まれます。
第3章 SMART Reaction インターフェース
39
Ÿ Status for this Client (このクライアントのステータス): このボックスは以下の情報を提供します。
– ミラーリングがアクティブであるかどうか
– ミラー・ファイルが保管されている場所 (パス)
– 前のミラーリング操作に関係するドライブ
Ÿ Settings for Mirroring (ミラーの設定): このボックスには以下の情報が含まれています。
– 次回のミラー操作でファイルが保管される場所 (パス)。これはコンピューター名およびパスです。たとえば、
¥¥computer_name¥path。
– 次回のミラー操作のために選択されたフォルダーのリスト。このリストには最大 64 のフォルダーを指定する
ことができます。たとえば、
c:¥my data¥critical files
すべてのサブフォルダーを含めてミラーリングする場合には、最後に /s パラメーターを付けます。ただし、/s
パラメーターで一括指定した場合でも、指定可能なフォルダー数としては、各サブフォルダーも個別に数えら
れます。
Ÿ Delete Mirror Files on Server (サーバー上のミラー・ファイルを削除): Status for this Client (このクライアン
トのステータス) フィールドで指定されたサーバーまたはピア・ワークステーションからミラー・ファイルを削除
するには、このボタンをクリックします。このボタンがアクティブであるのは、ミラー操作がすでに実行されてい
る場合のみです。このファンクションは、ディスク・スペースを空ける必要がある場合には便利ですが、ミラー操
作の前には必要ありません。SMART Reaction は、ミラー操作を実行する前に、既存ミラー・ファイルを自動的
に消去します。
Ÿ Start Mirroring (ミラー開始): このページで指定されたパラメーターを使用してミラー操作を手動で開始するに
は、このボタンをクリックします。ミラー・ファイルが継続的に監視され、更新されるように指定してある場合で
あっても (Defaults (デフォルト)、Client Settings (クライアント設定)、または Group Settings (グループ設定) ノ
ートブックの Mirroring (ミラーリング) ページで)、ミラーリング・プロセスを開始するにはこのボタンを 1 回ク
リックする必要があります。
Ÿ Pause Mirroring (ミラー一時停止): 進行中のミラー操作を一時停止するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Resume Mirroring (ミラー再開): 一時停止されたミラー操作を再開するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Cancel Mirroring (ミラー中止): 進行中のミラー操作を中止するには、このボタンをクリックします。
40
SMART Reaction
リストア・バックアップ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、前回のバックアップ操作のステータスを表示し、次回のリストア操作の設定を表示または変更し、バッ
クアップされたファイルのリストアを手動で開始および制御するのに使用します。
Restore Backup (リストア・バックアップ) ページには、以下の情報が含まれます。
Ÿ Selected Restore Set (選択されたリストア・セット): このフィールドには、このページで表示された構成に割り
当てられた名前が入ります。ドロップダウン・リストから複数のリストア・セット (Path Backup (パス・バックア
ップ)、Hard Drive 0 (ハード・ドライブ 0)、および Hard Drive 1 (ハード・ドライブ 1)) にアクセスすることが
できます。
Ÿ Status for this Backup Set (このバックアップ・セットのステータス): このフィールドは以下の情報を提供しま
す。
–
–
–
–
バックアップされたファイルのステータスがあるかどうか
前回のバックアップ操作の日付
前回のバックアップ操作に関係するドライブ
前回のバックアップ・ファイルが保管されている場所 (パス)
Ÿ Drives stored in the backup (バックアップされたドライブ): このフィールドには、保管されたフォルダーのドラ
イブ名が入ります。選択されたリストア・セットが複数のドライブからのフォルダーを含む場合、ドロップダウ
ン・リストを使用して該当するドライブ名を選択することができます。リストア操作は、一度に 1 つのドライブご
とに行われます。
Ÿ Automatically restore client's backup on next logon (次回のログオンでクライアントのバックアップを自動的
にリストア): このボックスへのチェックは、次回にクライアントが始動し、ネットワークに接続するときに、リス
トア操作が (選択されたリストア・セットを使用して) 自動的に行われることを意味します。このチェックボック
スがアクティブであるのは、選択されたリストア・セットでハード・ドライブ 0 ハード・ドライブ 1 が選択され
ている場合のみです。
Ÿ ファイルをリストアする場所: このフィールドには、バックアップされたファイルがリストアされるドライブ名お
よびパスが入ります。ファイルは、それが元にあったのとは異なるドライブおよびフォルダーに保管することは可
能ですが、ほとんどの場合、このフィールドで定義されているドライブがDrives stored in the backup (バックア
ップされたドライブ) フィールドで定義されているドライブと一致するか確認したいものです。このフィールドが
アクティブであるのは、Path Backup (パス・バックアップ) セットが選択されている場合のみです。
第3章 SMART Reaction インターフェース
41
Ÿ Start Restore (リストア開始): このページで指定されたパラメーターを使用してリストア操作を開始するには、こ
のボタンをクリックします。
Ÿ Pause Restore (リストア一時停止): 進行中のリストア操作を一時停止するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Resume Restore (リストア再開): 一時停止されたリストア操作を再開するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Cancel Restore (リストア中止): 進行中のリストア操作を中止するには、このボタンをクリックします。
リストア・ミラー・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、前回のミラー操作の状況を表示し、次回のリストア操作の設定を表示または変更し、ミラーされたフ
ァイルのリストアを手動で開始および制御するのに使用します。
Restore Mirrors (リストア・ミラー) ページには、以下の情報が含まれます。
Ÿ Mirror Recovery for this Client (このクライアントのミラーの回復): このフィールドには以下の情報が含まれて
います。
– ミラーリングがアクティブであり、ミラーされたファイルが現行のものであるかどうか
– 前回のミラー操作に関係するドライブ
– ミラー・ファイルが現在保管されているサーバー (パス)
Ÿ Drives stored in the mirror (ミラーされたドライブ): このフィールドには、ミラーされたドライブ名が入りま
す。ミラー操作に複数のドライブが関係していた場合は、ドロップダウン・リストから該当するドライブを選択す
ることができます。
Ÿ Destination for restored files (ファイルをリストアする場所): このフィールドには、ミラーされたファイルをリ
ストアするドライブ名およびパスが入ります。
Ÿ Start Restore (リストア開始): このページで指定されたパラメーターを使用してリストア操作を手動で開始するに
は、このボタンをクリックします。
Ÿ Pause Restore (リストア一時停止): 進行中のリストア操作を一時停止するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Resume Restore (リストア再開): 一時停止されたリストア操作を再開するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Cancel Restore (リストア中止): 進行中のリストア操作を中止するには、このボタンをクリックします。
42
SMART Reaction
マネージャ・ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、クライアント・ワークステーションから SMART Reaction マネージャーにアクセスするのに使用しま
す。このページは、ネットワーク管理者が使用するためのものです。
マネージャ・ページには、以下の情報が含まれます。
Ÿ Current Manager Station (現在のマネージャステーション): このフィールドには、このクライアント・ワークス
テーションが現在割り当てられている SMART Reaction マネージャーの名前が入ります。
Ÿ Manager password (マネージャパスワード): このフィールドでは、アクセスしたい SMART Reaction マネージ
ャー用のパスワードを入力します。セキュリティー上の理由から、パスワードはそれを入力するときに表示されま
せん。
Ÿ Release SMART Reaction Management (SMART Reaction マネージャーの解除):SMART Reaction マネージ
ャーの制御を確立し、作業を完了した後、このワークステーションから SMART Reaction マネージャーの制御を
解放するには、このボタンをクリックします。
Ÿ Manage SMART Reaction from Here (SMART Reaction をここから管理): Manager password (マネージャ
パスワード) フィールドに入力した後、このワークステーションから SMART Reaction マネージャーの制御権を
得るには、このボタンをクリックします。
第3章 SMART Reaction インターフェース
43
Locks (ロック) ページ - コントロールとステータス・ノートブック
このページは、バックアップ操作がバックアップを試みているが、ファイルがロックされているためにバックアップで
きないファイルのリストを表示するのに使用します。
Locks (ロック) ページには、以下の情報が含まれます。
Ÿ Files awaiting backup (バックアップされるファイル): このフィールドは、SMART Reaction がバックアップを
試みているが、ファイルがオープンしてロックされている (別のプログラムによる排他使用のためにフラグを付け
られている) ためにバックアップできないファイルのリストを表示します。これらのファイルは、これらのファイ
ルを使用するプログラムがそれらをロック解除するかクローズされるまで、バックアップすることはできません。
オペレーティング・システムによってロックされた一部のファイルは、SMART Reaction によってバックアップ
することができません。
Ÿ Stop trying (中止): 選択されたファイルまたはファイルのグループのバックアップ操作を終了するには、このボタ
ンをクリックします。最初にファイルをクリックしてから、ボタンをクリックする必要があります。
Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
デフォルト設定ノートブックは、SMART Reaction マネージャーを通じて、Control and Status (コントロールとステ
ータス) ウィンドウで Defaults Settings... (デフォルト設定...) ボタンをクリックするだけでアクセスすることができま
す。このノートブックに含まれる設定は、この SMART Reaction マネージャーによってサービスされるすべてのクラ
イアントに適用されるデフォルト設定です。クライアント設定を変更するか、グループ設定を割り当てることにより、
デフォルト設定をオーバーライドすることができます。詳細については、58ページの『グループまたは個々のクライア
ント・ワークステーションの構成』を参照してください。
この節では、このノートブックの各ページにある各フィールドの目的を説明します。どのフィールドにも入力が必要な
わけではありません。デフォルト設定のセットアップに関するステップバイステップの指示については、62ページの
『バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成』を参照してください。
どのページが選択されているかにかかわらず、ノートブックの下部には同じ 4 つのボタンが見えます。
Ÿ OK : OK をクリックすると、ページのどれかに行われた変更が保管され、ノートブックがクローズされます。
44
SMART Reaction
Ÿ キャンセル: キャンセル をクリックすると、保存されない変更は無視され、ノートブックがクローズされます。
Ÿ 適用: 適用 をクリックすると、ページのどれかに行われた変更が保存され、ノートブックがオープンしたままにな
ります。
Ÿ Help (ヘルプ): Help (ヘルプ) をクリックすると、Help (ヘルプ) システムにアクセスします。
Names/Services (名前/サービス) ページ
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Manager Name (マネージャー名): このフィールドには、すべてのクライアントまたは定義されたグループのクラ
イアントにサービスする SMART Reaction マネージャーの名前が入ります。このフィールドに表示される名前
は、SMART Reaction マネージャー・プログラムを実行するコンピューターの Network (ネットワーク) ノートブ
ック (コントロール・パネルを通じてアクセス可能) の識別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ
(Windows 95 の場合) 上に表示されるコンピューター名と一致します。
Ÿ Preferred backup server (バックアップ・サーバー): このフィールドでは、クライアント (またはクライアント
のグループ) が最初の選択のバックアップ・サーバーとして使用するサーバーまたはピア・ワークステーションを
定義します。ドロップダウン・リストから選択を行います。
Ÿ Client may set (クライアントに設定を許可): エンド・ユーザーがSMART Reaction クライアントを使用してど
のフィールドをオーバーライドすることができるか決定するには、これらのチェックボックスを使用します。チェ
ックが付いている場合は、エンド・ユーザーが設定をオーバーライドすることができることを示し、空のボックス
は、SMART Reaction クライアントの側で表示されたときにこれが変更を許されていないフィールドであること
を示します。
第3章 SMART Reaction インターフェース
45
General (一般) ページ
このページは、SMART Reaction バックアップおよびミラー操作に適用されるプリファレンスを設定するのに使用し
ます。
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Error level to log (ログのエラー・レベル): このフィールドでは、ログ・ファイル (SRCLIENT.LOG) に保管さ
れるエラーのタイプを定義します。レベルは、次のように定義されます。
– 1 はログ・エラーを示します。エラーとは、ロックされたファイルにアクセスできないなど、バックアップ、
リストア、またはミラー操作中に問題を生じさせるイベントです。
– 2 はログ情報およびエラーを示します。情報には、クライアントが SMART Reaction マネージャーとのコン
タクトを確立するときのクライアントとの同期構成などの項目が含まれます。
– 3 ∼ 5 は、ログ・デバッグ情報を示します。このレベルのログは、サポートに使用されるだけです。
エラー・ログは、バックアップまたはミラーリングされるコンピューター上で作成されます。エラー・ログは、
Windows NT イベント ビューアを使用することによって、または Notepad などのテキスト・エディターを使用
することによって表示できます。
Ÿ Client's maximum storage allowed on servers (サーバーで許可されたクライアントの最大容量)(MB): このフ
ィールドでは、クライアントがバックアップまたはミラー操作に使用することができる記憶域の最大容量を定義し
ます。このフィールドに表示される値は、1,000,000 バイト単位です。バックアップまたはミラー操作が、割り振
られている量よりも多くのスペースを必要とする場合は、操作は完了せず、クライアント・ワークステーションで
"Insufficient Storage (記憶域の不足)" メッセージが表示されます。エラーはエラー・ログにも記録されます。
Ÿ Message timeout (メッセージ・タイムアウト) (秒): このフィールドは、エラー・メッセージがクライアント・ワ
ークステーションの画面に表示される秒数を定義します。
Ÿ Halt on Errors (エラーで停止): このチェックボックスは、エラーが発生した場合に、SMART Reaction がバッ
クアップまたはミラーリング・プロセスを停止するかどうかを決定します。
Ÿ Show Client Prompts (クライアントにダイアログを表示) (診断時のみ): このチェックボックスは、クライアン
ト・ワークステーションでメッセージがどのように表示されるかを決定します。ボックスがチェックされている場
合は、メッセージがポップアップ・ダイアログ・ボックスとして表示されることを意味します。空のチェックボッ
クスは、メッセージが Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウの下部のステータス・バーに表
46
SMART Reaction
示されることを意味します。ポップアップ・ダイアログ・ボックスは、障害追及に使用するとき以外は、チェック
ボックスのマークをはずしてください。
Ÿ Only restore changed and missing files (変更された/存在しないファイルのみリストア): このチェックボックス
は、リストア操作がどのように行われるかを決定します。ボックスがチェックされている場合は、リストア操作
が、クライアント・ワークステーションで変更または削除されたファイルのみをリストアすることを意味します。
ボックスがチェックされていない場合は、全ファイルが無条件にリストアされ、同じパスとファイル名を持つ既存
ファイルを上書きすることを意味します。
Ÿ Client may set (クライアントに設定を許可): エンド・ユーザーがSMART Reaction クライアントを使用してど
のフィールドをオーバーライドすることができるか決定するには、これらのチェックボックスを使用します。チェ
ックが付いている場合は、エンド・ユーザーが設定をオーバーライドすることができることを示し、空のボックス
は、SMART Reaction クライアントの側で表示されたときにこれが変更を許されていないフィールドであること
を示します。
Backup (バックアップ) ページ
このページは、バックアップされるクライアント・ワークステーションのドライブまたはフォルダーを指定し、バック
アップ操作属性を定義するのに使用します。
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Files and folders for next backup (バックアップのファイルとフォルダー): ページのこのエリアは、次の 2 つの
ボックスに分かれています。
– Windows 95 のバックアップ用のフォルダー (パス)
– Windows NT のバックアップ用のフォルダー (パス)
これらのボックスを使用して、バックアップ操作に組み込まれる特定のドライブまたはフォルダーを定義します。
フォルダー構造は、Windows 95 クライアントと Windows NT クライアントで異なる場合があるので、2 つのデ
フォルトオペレーティング・システムのいずれかを使用して、共通のデフォルト・セットを割り当てることができ
るように、2 つのボックスが提供されています。
例:
– ドライブ全体の場合は、c:¥ /s を使用します。
– 特定のフォルダーの場合は、c:¥folder_name を使用します。
第3章 SMART Reaction インターフェース
47
– 特定のフォルダーおよびその全サブフォルダーの場合は、c:¥folder_name /s を使用します。
注:
部分的バックアップ操作により、フォルダー内、またはアプリケーション・プログラムの .INI ファイル内に
定義されたパス名とレジストリーとの同期が外れるかもしれません。したがって、部分的バックアップ操作
を実行することは、あまり重要でないかもしれません。
リストにフォルダーまたはドライブを追加する手順は次のとおりです。
1. Add (追加) をクリックします。
2. ドライブ、パス、およびフォルダー名 (必要に応じて) を入力します。
3. Enter を押します。
リストからフォルダーまたはドライブを削除する手順は次のとおりです。
1. エントリーをクリックし、それを強調表示します。
2. Remove Selection (削除) をクリックします。
Ÿ Folders in Windows 95 backup lists (Windows 95 バックアップ・リストのフォルダー): Client may set (クラ
イアントに設定を許可) ボックスをチェックまたはチェック解除することにより、エンド・ユーザーがこのリスト
を変更することを許可または防止することができます。
Ÿ Folders in Windows NT backup lists (Windows NT バックアップ・リストのフォルダー): Client may set (ク
ライアントに設定を許可) チェックボックスをチェックまたはチェック解除することにより、エンド・ユーザーが
このリストを変更することを許可または防止することができます。
Ÿ Compress backups (バックアップを圧縮): バックアップ操作で圧縮 (約 2:1) が使用されるかどうかを示すには、
このチェックボックスを使用します。チェックが付いている場合は、圧縮が使用されること意味します。
Ÿ Turn on write verify (書き込みベリファイ): データ保全性を保証するためにオペレーティング・システムの書き
込みベリファイ・ファンクションが使用されるかどうかを示すには、このチェックボックスを使用します。チェッ
クが付いている場合は、オペレーティング・システムの書き込みベリファイ・ファンクションが使用されることを
意味します。
Ÿ Verify integrity during backups (バックアップ中の全ファイル検証): バックアップ操作時に SMART Reaction
が比較を行うかどうか示すには、このチェックボックスを使用します。この機能は、バックアップ・ディスクに書
き込まれたファイルを、バックアップされるコンピューター上の元のソース・ファイルと比較します。この検査プ
ロセスは、クライアントによって行われ、余分な読み書きサイクルを追加します。このため、バックアップ操作が
スローダウンする場合があります。チェックが付いている場合は、クライアントが比較を行うことを意味します。
Ÿ Skip locked files during backups (ロックファイルのバックアップ): ロックされたファイル (オープンしてお
り、ファイルを使用するアプリケーション・プログラムによってロックされているファイル) をバックアップ操作
時にスキップする必要があるかどうかを示すには、このチェックボックスを使用します。チェックが付いている場
合は、SMART reaction がこれらのファイルをスキップすることを意味します。空のチェックボックスは、次のい
ずれかが発生するまで、SMART Reaction がロックされたファイル上でのバックアップ操作を再試行を継続する
ことを意味します。
– Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウの Locks (ロック) ページで、Stop trying (中止)
ボタンが使用される。
– バックアップ操作が取り消される (Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウの Backup (バ
ックアップ) ページで Cancel (キャンセル) ボタンが使用される)。
Ÿ Client may set (クライアントに設定を許可): SMART Reaction クライアントを使用してエンド・ユーザーがど
のフィールドをオーバーライドすることができるか決定するには、このチェックボックスを使用します。チェック
が付いている場合は、エンド・ユーザーが設定をオーバーライドすることができることを示し、空のボックスは、
SMART Reaction クライアントの側で表示されたときにこれが変更を許されていないフィールドであることを示
します。
48
SMART Reaction
Mirroring (ミラーリング) ページ
このページは、ミラーリングされるクライアント・ワークステーション・フォルダーおよびミラー操作属性を定義する
のに使用します。
重要: SMART Reaction は、各クライアントで最大 64 のフォルダーをミラーリングすることができます。フォルダー
のリスト内に 64 を超えるフォルダーが含まれている場合、ミラー操作は 64 番目のフォルダーの後、停止します。そ
れ以降のフォルダーは、ミラー・プロセスに組み込まれません。
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Folders (paths) to be mirrored (ミラーされるフォルダー (パス)): このフィールドは、ミラー操作に組み込まれ
る特定のフォルダーを定義するのに使用します。すべてのファイルは次のように定義する必要があります。
d:¥path_to_folder¥folder_name
サブフォルダーを組み込む場合には、最後に /s パラメーターを付けます。
リストにフォルダーを追加する手順は次のとおりです。
1. Add (追加) をクリックします。
2. ドライブ、パス、およびフォルダー名 (必要に応じて) を入力します。
3. Enter を押します。
リストからフォルダーを削除する手順は次のとおりです。
1. エントリーをクリックし、それを強調表示します。
2. Remove Selection (削除) をクリックします。
Ÿ Files and folders in mirror lists (ミラーリストのファイルとフォルダー): Client may set (クライアントに設定
を許可) ボックスをチェックまたはチェック解除することにより、エンド・ユーザーが Folders (paths) to be
mirrored (ミラーされるフォルダ (パス)) フィールド内のリストを変更するのを許可または防止することができま
す。
Ÿ Compress mirror files (ミラーファイルを圧縮): ミラーリング・ファイルを圧縮 (約 2:1) するかどうか示すに
は、このチェックボックスを使用します。チェックが付いている場合は、圧縮されること意味します。
第3章 SMART Reaction インターフェース
49
Ÿ Turn on server's write verify for mirror files (ミラーファイルのサーバーの書き込みベリファイ): データ保全
性を保証するために、ミラーリングされたデータを保管するのに使用されるコンピューター (サーバーまたはピ
ア・ワークステーション) 上のオペレーティング・システムがその書き込みベリファイ・ファンクションを使用す
るかどうか示すには、このチェックボックスを使用します。チェックが付いている場合は、オペレーティング・シ
ステムの書き込みベリファイ・ファンクションが使用されることを意味します。
Ÿ Verify mirror integrity while mirroring (ミラー中の全ファイル検証): このチェックボックスは、ミラー操作時
に SMART Reaction がデータ比較を行うかどうか示すのに使用します。この機能は、バックアップ・ディスクに
書き込まれたデータを、ミラーリングされるコンピューター上の元のソース・データと比較します。この検査プロ
セスは、クライアントによって行われ、余分な読み書きサイクルを追加します。このため、ミラー操作がスローダ
ウンする場合があります。チェックが付いている場合は、クライアントが比較を行うために SMART Reaction を
使用することを意味します。
Ÿ Mirror files/folders are monitored and updated continuously (ミラーファイル/フォルダーは常に監視して更
新): このチェックボックスは、ミラー操作が継続的であるかどうかを示すために使用されます。ボックスがチェッ
クされている場合は、ソース・ファイル内の変更が検出されたときにミラーリングされたファイルが自動的に更新
されることを意味します。空のボックスは、ソース・ファイルがミラーリングされるのは、エンド・ユーザーがア
クションを開始する場合、またはミラーリングがスケジューラーによって制御される場合のみであることを意味し
ます。
Ÿ Client may set (クライアントに設定を許可): SMART Reaction クライアントを使用してエンド・ユーザーがど
のフィールドをオーバーライドすることができるか決定するには、このチェックボックスを使用します。チェック
が付いている場合は、エンド・ユーザーが設定をオーバーライドすることができることを示し、空のボックスは、
SMART Reaction クライアントの側で表示されたときにこれが変更を許されていないフィールドであることを示
します。
Servers (サーバー) ページ
このページは、バックアップまたはミラー操作によって作成されたデータを保存するのに使用されるデフォルトのサー
バーまたはピア・ワークステーションを定義するのに使用します。
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Available Servers (利用可能サーバー): このフィールドには、バックアップまたはミラー操作時に作成されたデー
タを保存するのに使用されるコンピューター (サーバーおよびピア・ワークステーション) のリストが含まれま
50
SMART Reaction
す。これらのコンピューターが表示される順序は、クライアント・ワークステーションが利用可能なハード・ディ
スク・スペースを検索する順序です。各コンピューターは、標準の UNC 形式を使用してリストされます。たとえ
ば、次のようにリストされます。
¥¥computer_name¥path_to_target_folder¥foldername
Ÿ Add... (追加...) : このボタンは、Available Servers (利用可能サーバー) ボックス内のコンピューターのリストの
先頭に別のコンピューター (サーバーまたはピア・ワークステーション) を追加するのに、使用します。
Ÿ Remove selected (選択を削除) : このボタンは、Available Servers (利用可能サーバー) ボックス内のリストから
コンピューター (サーバーまたはピア・ワークステーション) を削除するのに、使用します。最初にコンピュータ
ーをクリックしてそれを強調表示してから、ボタンをクリックする必要があります。
Ÿ Minimum free server space (最小サーバー空き容量)(MB): このフィールドは、バックアップ操作の 後 サーバ
ーまたはピア・ワークステーション上で残っている空きハード・ディスク・スペースの最小容量を定義します。表
示される量は 1,000,000 バイト単位です。SMART Reaction がバックアップ操作を試行するとき、最初に、必要
なハード・ディスク・スペース (バックアップ・データ + 空きスペース) を計算します。利用可能な量が必要な量
より少ない場合、SMART Reaction はリスト内の次のサーバーまたはピア・ワークステーションに移動します。
この設定により、SMART Reaction クライアント・ワークステーションが、利用可能なすべてのハード・ディス
ク・スペースを使用することで、別のアプリケーションが同じ共用ディスクを使用している場合にそのアプリケー
ションが障害を起こすようなことがないようにします。
Ÿ Maximum retry count (最大試行回数): このフィールドは、バックアップ操作時にエラーが発生する (たとえば、
ターゲット・サーバーまたはピア・ワークステーションがダウンする) 場合に行われる再試行の数を定義します
SMART Reaction クライアントは、次のいずれかが発生するまで、再試行を継続します。
– エラーがクリアされる
– リセット・メッセージが SMART Reaction マネージャーから受信される
– 最大試行回数に到達する
SMART Reaction クライアントがバックアップ操作を完了することができない場合、バックアップ失敗 状態に入
ります。
Ÿ Retry time-out (再試行タイムアウト) (ミリ秒): このフィールドは、エラーの後 SMART Reaction が操作を再試
行する前に経過するミリ秒数を定義します。
第3章 SMART Reaction インターフェース
51
Password (パスワード) ページ
このページは、SMART Reaction マネージャー用のパスワードを変更するのに使用します。パスワードは、初めは、
SMART Reaction マネージャーのインストール手順中に設定されます。
注:
セキュリティー上の理由から、フィールドに文字を入力する時に文字が読めないようになっています。パスワー
ドには大文字小文字の区別がありません。
このページには、以下のフィールドがあります。
Ÿ Current Password (現在のパスワード): 現行パスワードをこのフィールドに入力します。現行パスワードを知ら
ない場合は、パスワードを変更することができません。
Ÿ Enter new password (新しいパスワードを入力): 新規パスワードをここに入力します。新規パスワードは、最大
32 文字の長さにすることができ、任意の組み合わせの英数字 (A ∼ Z、a ∼ z、または 0 ∼ 9) から構成すること
ができます。スペースおよび記号は許可されません。
Ÿ Enter new password again (新しいパスワードを再度入力): 確認のため新規パスワードを再び入力します。この
フィールドのエントリーが、Enter new password (新しいパスワードを入力) フィールドのエントリーと一致し
ない場合、パスワードは変更されません。
Group Settings (グループ設定) ノートブック
Group Settings (グループ設定) ノートブックは、SMART Reaction マネージャーを通じてのみ、Control and Status
(コントロールとステータス) ウィンドウの Group Settings... (グループ設定...) ボタンをクリックすることにより、ア
クセス可能です。このノートブックに含まれる設定は、共通のセットのニーズを持つ特定のグループのワークステーシ
ョンに適用されます。
このノートブックは、Default Settings (デフォルト設定) ノートブックに大変よく似ています。主な相違点は次のとお
りです。
Ÿ ウィンドウの上部の Group (グループ) フィールド
Ÿ Refresh Group List (グループ・リストを更新) ボタン
Ÿ Clients (クライアント) タブ (Clients (クライアント) ページ)
52
SMART Reaction
Ÿ Groups (グループ) タブ (Groups (グループ) ページ)
Ÿ Servers (サーバー) タブと Password (パスワード) タブがないこと。
Group Settings (グループ設定) ノートブックと Default Settings (デフォルト設定) ノートブックは似ているので、こ
の節では、Group (グループ) フィールド、Refresh Client List (クライアント・リストの更新) ボタン、Clients (クラ
イアント) ページ、および Groups (グループ) ページについてのみ解説します。他のページ、フィールド、およびボタ
ンについての情報は、44ページの『Default Settings (デフォルト設定) ノートブック』の情報を参照してください。
グループ設定のセットアップに関するステップバイステップの指示については、65ページの『バックアップ、リスト
ア、およびミラーのグループ設定の作成』を参照してください。
Group (グループ) フィールド
Group (グループ) フィールドには、共通のセットのバックアップ、リストア、またはミラーの設定を共用する特定の
グループのクライアントの名前が入ります。これらの設定は、指定されたグループのデフォルト設定をオーバーライド
します。ただし、デフォルト設定へのそれ以降の変更は、グループ設定への変更をオーバーライドすることができま
す。詳細については、58ページの『グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの構成』を参照してくだ
さい。
ドロップダウン・リストからグループ名を選択することにより、そのグループのクライアントに関する設定を表示また
は変更することができます。ドロップダウン・リスト内のグループ名は、Groups (グループ) ページを通じて作成され
ます。
Refresh Group List (グループ・リストを更新) ボタン
新規グループが追加される場合は、このボタンを使用して、新規グループがリストに含まれているか確認してくださ
い。
Groups (グループ) ページ
Groups (グループ) ページは、共通のセットのバックアップ、ミラーリング、またはリストアの設定を共用するエン
ド・ユーザーのグループを定義または更新するのに使用します。
第3章 SMART Reaction インターフェース
53
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ Name for new group (新しいグループの名前): これは、新規グループに割り当てたい名前です。名前は最大 15
文字の長さにすることができ、任意の組み合わせの英数字 (A ∼ Z、a ∼ z、および 0 ∼ 9) にすることができま
す。記号およびスペースは許可されません。
Ÿ Copy new settings from (新しいグループ設定のコピー元): このエリアは、新しい設定を作成する元のソースを定
義するのに使用します。基本的には、テンプレートまたは開始点として使用するソースを選択します。次のいずれ
かから選択することができます。
– Selected Group (選択されたグループ): このラジオ・ボタンは、新しいグループがデフォルト設定より既存の
グループ設定に近い場合に使用します。設定は、ウィンドウの上部の Group (グループ) フィールドにリスト
されるグループ名からコピーされます。
– Default settings (デフォルト設定): このラジオ・ボタンは、最初のセットのグループ設定を作成している場
合、または新規設定が別のグループ設定よりデフォルト設定に近い場合に使用します。
Ÿ Copy the current client list into the new Group (現在のクライアントリストを新しいグループにコピー): グル
ープ設定をコピーしているときに、コピー元のグループからクライアント・リストを組み込みたい場合は、このチ
ェックボックスにチェックします。リストは、ページの上部の Group (グループ) フィールドにリストされるグル
ープ名からコピーされます。新規グループを作成した後、このノートブックの Clients (クライアント) ページでリ
ストを編集することができます。
Ÿ Create New Group (新しいグループの作成): 名前を入力し、ソースを選択し、クライアント・リストを組み込む
かどうか決定してから、このボタンをクリックします。
Ÿ Delete Selected Group (選択されたグループの削除): ウィンドウの上部の Group (グループ) フィールドに表示
されているグループを削除するには、このボタンをクリックします。
Clients (クライアント) ページ
Clients (クライアント) ページは、グループにクライアント・ワークステーションを追加するか、グループからそれら
を削除するのに、使用します。
Clients in selected group (選択されたグループのクライアント) フィールドにリストされるクライアントは、ウィン
ドウの上部の Group (グループ) フィールド内で選択されたグループ名に応じて異なります。
54
SMART Reaction
Ÿ リストにクライアント・ワークステーションを追加するには、Add (追加) をクリックし、フィールドに名前を入
力してから、Enter を押します。
Ÿ リストからクライアント・ワークステーションを除去するには、名前をクリックしてそれを強調表示してから、
Remove selection (選択を削除) をクリックします。
Client Settings (クライアント設定) ノートブック
Client Settings (クライアント設定) ノートブックは、SMART Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クラ
イアントのいずれかを通じて、Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウの Client Settings... (クラ
イアント設定...) ボタンをクリックすることにより、アクセスすることができます。このノートブックに含まれる設定
は、特定のクライアント・ワークステーションに適用されます。
このノートブックは、Default Settings (デフォルト設定) ノートブックに大変よく似ています。主な相違点は次のとお
りです。
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
ウィンドウの上部の Selected Client (選択されたクライアント) フィールド
Refresh Client List (クライアントリストの更新) ボタン
Clients (クライアント) タブ (Clients (クライアント) ページ)
Servers (サーバー) タブと Security (パスワード) タブがないこと。
Client Settings (クライアント設定) ノートブックと Default Settings (デフォルト設定) ノートブックは似ているので、
この節では、Selected Clients (選択されたクライアント) フィールド、Refresh Client List (クライアント・リストの
更新)、および Clients (クライアント) ページについてのみ説明します。他のページ、フィールド、およびボタンにつ
いての情報は、44ページの『Default Settings (デフォルト設定) ノートブック』の情報を参照してください。
グループ設定のセットアップに関するステップバイステップの指示については、66ページの『バックアップ、リスト
ア、およびミラーのクライアント設定の作成』を参照してください。
Selected Client (選択されたクライアント) フィールド
Selected Client (選択されたクライアント) フィールドには、固有のバックアップ、リストア、またはミラー設定を持
つ特定のクライアントの名前が入ります。これらの設定は、そのときのデフォルト設定をオーバーライドします。ただ
し、デフォルト設定へのそれ以降の変更は、クライアント設定に行われた変更をオーバーライドすることができます。
詳細については、58ページの『グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの構成』を参照してくださ
い。
ドロップダウン・リストからクライアント名を選択することにより、そのクライアントに関する設定を表示または変更
することができます。ドロップダウン・リスト内のクライアント名は、Clients (クライアント) ページを通じて作成さ
れます。
Refresh Client List (クライアント・リストの更新) ボタン
新規クライアントが追加される場合は、このボタンを使用して、新規クライアントがリストに含まれているか確認して
ください。
第3章 SMART Reaction インターフェース
55
Clients (クライアント) ページ
Clients (クライアント) ページは、固有なセットのバックアップ、ミラーリング、またはリストア要件を持つ特定のク
ライアント・ワークステーションに関する設定を作成または更新するのに、使用します。また、このページを使用し
て、必要がなくなったクライアントの固有な設定を削除することもできます。
このページには、以下のコンポーネントがあります。
Ÿ ID (machine name) for new client (新しいクライアントの ID (マシン名) を入力または「参照」を選んでくださ
い): これは、Network (ネットワーク) ノートブック (Control Panel (コントロール・パネル) を通じてアクセス可
能) の識別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ (Windows 95 の場合) で定義されたクライアン
トのコンピューター名です。
Ÿ Copy new client settings from (新しいクライアントの設定のコピー元): このエリアは、新しいクライアント設定
を作成する元のソースを定義するのに使用します。 基本的には、テンプレートまたは開始点として使用するソー
スを選択します。以下のどれからも選択することができます。
– Currently displayed Client (現在表示されているクライアント): このラジオ・ボタンは、新しいクライアント
設定が、デフォルト設定または既存のグループの設定よりも既存のクライアント設定に近い場合に使用しま
す。
– Selected Group (選択されたグループ): このラジオ・ボタンは、新規クライアント設定がデフォルト設定また
は別のクライアントの設定よりも既存グループの設定に近い場合に使用します。
– Default settings(デフォルト設定): このラジオ・ボタンは、最初のセットのグループ設定を作成している場
合、または新規設定がデフォルト設定に近い場合に使用します。
Ÿ Delete Selected Client (選択されたクライアントの削除): このボタンは、Selected Client (選択されたクライアン
ト) フィールドに表示されたクライアントの設定を削除するのに、使用します。
56
SMART Reaction
第4章 SMART Reaction マネージャー構成の理解
SMART Reaction マネージャーを使用して、バックアップ、リストア、およびミラー操作のためにクライアント・ワ
ークステーションをリモートから構成するには、次の 4 つの重要なステップがあります。
1. バックアップまたはミラー・プロセスによって作成されたデータを保存するために、サーバーまたはピア・ワーク
ステーション上の共用フォルダーまたはドライブをセットアップする。
2. SMART Reaction マネージャーを通じてデフォルトの構成設定を構成する。
3. クライアントにデフォルトの構成設定を渡す。
4. グループまたは個別のクライアントを構成する (任意選択)。
この節では、これらの重要なステップについて概説します。詳細なステップバイステップの手順については、以下を参
照してください。
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
Ÿ
12ページの『Windows NT でフォルダーを共有可能にする』
13ページの『Windows 95 でフォルダーを共用可能にする』
62ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成』
65ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成』
66ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成』
共用フォルダーおよびドライブ
最初のステップは、個別のクライアント・ワークステーションによる使用のために、サーバー、ピア・ワークステーシ
ョン、または他のネットワークに接続された記憶装置上のディスク装置を指定することです。標準のサーバー・ネット
ワーク管理手順を使用して、共用フォルダーまたはドライブへの読み書きアクセスを付与する必要があります。各クラ
イアント・ワークステーションに別個のフォルダーを指定する必要はありません。SMART Reaction は、個別の
SMART Reaction クライアントに割り当てられた名前を組み込むパスを作成することにより、これを自動的に行いま
す。また、SMART Reaction は、操作が実行されるときに、バックアップおよびミラー操作のタイプごとに、別々の
フォルダーをセットアップします。このようにすることにより、SMART Reaction は複数レベルのデータ保護を提供
します。
共用フォルダーおよびドライブのセットアップに関するステップバイステップの指示については、以下を参照してくだ
さい。
Ÿ 12ページの『Windows NT でフォルダーを共有可能にする』
Ÿ 13ページの『Windows 95 でフォルダーを共用可能にする』
SMART Reaction マネージャーのデフォルト設定
デフォルト設定は SMART Reaction マネージャーを通じて設定され、その制御下にあるすべての SMART Reaction
クライアントに適用されます。ただし、ネットワーク管理者の裁量により、SMART Reaction クライアントを通じて
行われた設定が、一部のデフォルト設定をオーバーライドすることができます。ネットワーク管理者は、フィールドお
よびファンクションを選択的にロックアウトすることができるので、エンド・ユーザーは特定のデフォルト設定をオー
バーライドすることができません。SMART Reaction マネージャー・インターフェース内で、選択的にロックまたは
ロック解除することができるフィールドの隣に、Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボックスが提
供されます。チェックボックスが空である (チェック解除されている) 場合、設定は SMART Reaction クライアント
の側で表示されたときに見ることはできますが、情報はグレー化され、変更することができません。
 Copyright IBM Corp. 1998
57
デフォルト設定が設定された後、SMART Reaction クライアントを実行する各クライアントを SMART Reaction マ
ネージャー・データベースに追加する必要があります。
デフォルト設定の作成およびデータベースへのクライアント・ワークステーションの追加に関するステップバイステッ
プの指示については、62ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成』を参照してくだ
さい。
デフォルト設定をクライアント・ワークステーションに渡す
デフォルト設定は、SMART Reaction クライアントのインストールの一部としてクライアント・ワークステーション
に渡されます。インストール時に、エンド・ユーザーは、マネージャー 名 (このクライアント・ワークステーションに
サービスする SMART Reaction マネージャーの名前) を入力するようプロンプトで指示されます。SMART Reaction
クライアントのインストールの後、オペレーティング・システムが最初に再始動されるとき、SMART Reaction クラ
イアントは割り当てられた SMART Reaction マネージャーにコンタクトし、その時点でデフォルト設定がクライアン
ト・ワークステーションに渡されます。
注:
カスタマイズされたグループまたは個々のクライアントの設定も定義されている場合は、これらもこの時点で該
当するクライアント・ワークステーションに渡されます。
SMART Reaction クライアントは最小化モードで実行され、システム・トレイ内にアイコンを置き、それがアクティ
ブであることを表示します。SMART Reaction クライアントが SMART Reaction マネージャーとコンタクトできな
い場合、プログラムがクローズし、非アクティブになります。いったん SMART Reaction クライアントが SMART
Reaction マネージャーとコンタクトすると、それ以降の再始動では SMART Reaction マネージャーとコンタクトする
ことは要求されず、アクティブのままでいます。
グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの構成
ほとんどのネットワーキング環境では、1 つのサイズですべてに合う概念が望ましいにもかかわらず、これはいつでも
実際的なわけではありません。この理由から、グループまたは個別のベースでデフォルト設定をオーバーライドするこ
とができます。
一般的には、個別のクライアントおよびグループの設定は、デフォルト設定のバリエーションです。したがって、デフ
ォルト設定はテンプレートまたは開始点として使用することができ、異なっている必要があるフィールドだけを変更す
ることができます。ただし、グループ設定を設定するか、クライアント設定を変更する前に、デフォルト、グループ、
およびクライアント設定の階層を理解することが重要です。次のリストは一般的階層を説明していますが、例外を理解
するためにリストに続く段落も必ずお読みください。
Ÿ グループにクライアントが追加されるときは、グループ設定がクライアント設定をオーバーライドします。
Ÿ デフォルト設定への変更は、すべての既存のグループ設定およびクライアント設定をオーバーライドします。
Ÿ グループ設定への変更は、そのグループについての既存のデフォルト設定とクライアント設定の両方をオーバーラ
イドします。
Ÿ クライアント設定内の変更は、そのクライアントについて その時点での 既存のグループ設定およびデフォルト設
定をオーバーライドします。
バックアップおよびミラー・リストは、階層への例外です。ネットワーク管理者が SMART Reaction マネージャーを
使用して、グループ設定またはデフォルト設定のいずれかについてバックアップ・リストまたはミラー・リストにフォ
ルダーを追加する場合、クライアント・リストにフォルダーが追加されます。しかし、管理者が SMART Reaction マ
ネージャーを使用して、デフォルト・リストまたはグループ・リストのいずれかからフォルダーを削除する場合、その
フォルダーは 既存の クライアント・リストから削除 されません。ただし、削除されたフォルダーは、そのフォルダー
58
SMART Reaction
が削除された後に追加された新規クライアントについてのバックアップ・リストまたはミラー・リストに組み込まれる
ことはありません。
既存のクライアントについてバックアップ・リストまたはミラー・リストからフォルダーを削除するには、SMART
Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クライアントのいずれかを使用して、Client Settings (クライアント
設定) ノートブック内のリストを変更することができます。この削除は、選択されたクライアントにのみ影響を与えま
す。
この理由として、多くの場合、エンド・ユーザーが新規フォルダーを作成し、どのフォルダーが重要であり、バックア
ップされた操作またはミラー操作用のリストに組み込まれる必要があるか知っているということです。
グループ設定がクライアント設定をオーバーライドしないようにする必要がある場合は、クライアントをグループから
削除し、クライアントを個別に処理します。初期インストールと構成プロセスをスピードアップするために、グループ
設定を使用します。この後、特定のクライアントをグループから削除する方法が、一般的によく使われます。
グループ設定またはクライアント設定を作成するためのステップバイステップの手順については、以下を参照してくだ
さい。
Ÿ 65ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成』
Ÿ 66ページの『バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成』
SMART Reaction は、クライアントを自動的に最新に保持するよう処理します。クライアント、デフォルト、または
グループ構成上で 適用 または OK をクリックするとすぐに、SMART Reaction マネージャーは新しい設定を該当す
るクライアント・ワークステーションに即時に同報通信します。影響を受けるクライアント・ワークステーションが電
源オフにされるか、ネットワークから切断される場合、そのワークステーションは同報通信を受信することができませ
ん。SMART Reaction マネージャーを実行するコンピューターでエラー・メッセージ (「クライアント名」にコン
タクトできません。) が表示され、エラーがエラー・ログに記録されます。ただし、SMART Reaction クライアント
は、それが開始されるたびに、それが割り当てられた SMART Reaction マネージャーを検査して新しいまたは更新さ
れた構成がないか調べるので、次回に開始されたときに更新された構成情報を受信します。次回の電源オン時にマネー
ジャーとクライアントの間のネットワーク接続がアクティブでない場合、新しい設定は適用されません。
SMART Reaction クライアントが SMART Reaction マネージャーとのコンタクトを確立して検査することが 要求さ
れる のは、インストール後の最初のオペレーティング・システム再始動時だけであることを忘れないようにしてくだ
さい。それ以降の再始動では、SMART Reaction マネージャーにコンタクトしようと試みますが、SMART Reaction
マネージャーが利用不能な場合、SMART Reaction クライアントはそれが受信した前回の設定を使用して完全に作動
可能になります。SMART Reaction マネージャーがアクセス可能でない場合は、エラー・メッセージは生成されませ
ん。
第4章 SMART Reaction マネージャー構成の理解
59
60
SMART Reaction
第5章 手順
この章では、SMART Reaction マネージャーと SMART Reaction クライアントの使用に関連する作業の多くを行う
ためのステップバイステップの指示を記載します。これらの手順で参照されるページまたはフィールドについての追加
情報は、23ページの第3章、『SMART Reaction インターフェース』を参照してください。
バックアップ、リストア、およびミラー設定の処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成
バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成
SMART Reaction データベースへの新規クライアントの追加
SMART Reaction データベースからのクライアントの削除 .
グループ設定へのクライアントの追加
既存のクライアント設定の変更
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ、ミラー、およびリストア
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのミラーリング
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのリストア
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスクのバックアップ・ファイルのリストア
ハード・ディスク・ミラー・ファイルのリストア
SMART Reaction マネージャー・パスワードの変更
プロファイルの処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電子メール・プロファイルの作成
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成 . . .
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成 .
Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成
Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成 . . . . . . . . .
既存プロファイルの変更
プロファイルの削除
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
応答へのプロファイルの割り当て
スケジュールの処理
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
イベントのスケジューリング
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
イベントのスケジュール解除
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
スケジュールされたイベントの表示
 Copyright IBM Corp. 1998
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
62
62
65
66
67
68
69
69
70
70
70
71
71
72
72
73
73
74
75
76
77
78
79
80
80
81
81
81
82
82
61
バックアップ、リストア、およびミラー設定の処理
これらの手順で説明されるバックアップ、リストア、およびミラー設定は、SMART Reaction の部分として納入され
るバックアップ、リストア、およびミラー・プログラムに適用されます。これらの設定は、IBM ADSM、または
SMART Reaction と共に使用しようとする他のバックアップまたはミラー・プログラムには適用されません。
バックアップ、リストア、およびミラー設定を処理する際、デフォルト、グループ、およびクライアント設定の階層を
理解することが重要です。詳細については、58ページの『グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの
構成』を参照してください。
バックアップ、リストア、およびミラーのデフォルト設定の作成
SMART Reaction マネージャーをセットアップする際、最も簡易な方法は、すべてのクライアント・ワークステーシ
ョンによって使用されるデフォルト値のセットを構成してから、後でグループおよび個別のクライアントについてデフ
ォルト設定を変更することです。この手順では、デフォルト設定の完全セットの作成を通してご案内します。
注:
ほとんどのフィールドについてデフォルト設定を使用したくない場合でも、Servers (サーバー) ページでバックア
ップおよびミラーリングに使用されるサーバーを定義し、Names/Services (名前/サービス) ページで希望するバ
ックアップ・サーバーを定義する必要がありますル
デフォルト値を作成するプロセスを開始する前に、以下のものが必要になります。
Ÿ SMART Reaction クライアントがインストールされる各クライアント・ワークステーションのコンピューター
名。
Ÿ バックアップおよびミラー操作によって作成されるデータを保管するのに使用されるサーバーまたはピア・ワーク
ステーションのコンピューター名、およびデータを書き込むフォルダーへのパス。コンピューター名は、Network
(ネットワーク) ノートブック (各コンピューターの Control Panel (コントロール・パネル) を通じてアクセス可能)
の識別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ (Windows 95 の場合) で定義されます。
Ÿ クライアント・ワークステーションがサーバーまたはピア・ワークステーション上の選択可能なハード・ディス
ク・スペースを検索する順序。
デフォルト設定を作成する手順は次のとおりです。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Default Settings... (デフォルト設定...) をクリックします。
3. Servers (サーバー) タブをクリックし、デフォルト設定を次のように入力します。
注:
次のステップで、バックアップおよびミラー操作で作成されるデータを保存するのに使用されるサーバーま
たはピア・ワークステーションの名前を入力します。コンピューター名を入力する順序は、クライアント・
ワークステーションがバックアップおよびミラー操作用の選択可能なハード・ディスク・スペースを検索す
る順序になります。いったんコンピューター名が入力されると、すべての名前を再入力しないと順序を変更
することができません。名前の入力を間違えた場合、名前はいったん入力されると編集することができませ
ん。エントリーを除去 (エントリーを強調表示してから、Remove Selected (選択を削除) ) を入力してか
ら、コンピューター名を再び入力する必要があります。
62
SMART Reaction
a. Add (追加) をクリックします。 バックアップ・データを保管するのに使用されるサーバーまたはピア・ワー
クステーションの 1 つについてコンピューター名とパスを (UNC 標準形式を使用して) 入力してから、Enter
を押します。
たとえば、Windows NT ファイル・サーバーを定義している場合、形式は次のとおりです。
¥¥computer_name¥sharename¥path_to_target_folder
Windows 95 または Windows NT Workstation を実行するピア・ワークステーションを使用している場合
は、形式は次のとおりです。
¥¥computer_name¥path_to_target_folder
バックアップまたはミラーされたデータを保管するのに使用されるすべてのサーバーおよびピア・サーバーに
ついて、このステップを繰り返します。少なくとも 1 つのエントリーが必要です。
b. Minimum free server space (最小サーバー空き容量)(MB) フィールドで、バックアップ操作が完了した 後
で データを受信するサーバーまたはピア・ワークステーション上で利用可能であることを希望する空きディ
スク・スペースの量を選択します。十分なスペース (バックアップ + 空きスペース) が利用できない場合、
SMART Reaction は Available Servers (利用可能サーバー) リストにリストされた次のコンピューターに移
動します。
このフィールドに値を設定することはオプションです。
c. Maximum retry count (最大試行回数) フィールドで、バックアップ・プロセス時にエラーが検出される (た
とえば、サーバーがダウン) 場合に、SMART Reaction クライアントが試みる再試行の最大数を入力します。
最大試行回数に到達すると、バックアップまたはミラー・プロセスは停止します。
d. Retry timeout (再試行タイムアウト) フィールドで、エラーの後で SMART Reaction が再試行を試みる前に
経過するミリ秒数を選択します。
e. 適用 をクリックします。
4. Names/Services (名前/サーバー) タブをクリックして、デフォルト設定を次のように入力します。
a. Preferred backup server (バックアップ・サーバー) フィールドで、ドロップダウン・リストを使用して、デ
フォルトの最初に選択されるサーバーまたはピア・ワークステーションを選択します。
b. Client may set (クライアントに設定を許可) リストで、エンド・ユーザーにオーバーライドできるようにさ
せたい項目をチェックします。(この設定は後で、必要に応じて変更またはオーバーライドすることができま
す。)
c. 適用 をクリックします。
5. Backup (バックアップ) タブをクリックし、バックアップするフォルダーを次のように定義します。
a. Folders (paths) for Windows 95 Backups (Windows 95 バックアップのフォルダー (パス)) および
Folders (paths) for Windows 95 Backups (Windows NT バックアップのフォルダー (パス)) ボックスで、
バックアップ操作に組み込むクライアント・ドライブまたはフォルダーのリストを作成します。
1) Add (追加) をクリックします。
2) ドライブとパスを入力します。パスはクライアントの視点からのものです。たとえば、c:¥ /s (すべての
サブフォルダーを含むドライブ C)。
3) Enter を押します。
4) これらのステップを繰り返して、追加のドライブまたはフォルダーを定義します。
b. Backup (バックアップ) ページの下部で、デフォルトのバックアップ操作と関連付けされたい属性をチェック
またはチェック解除します。これらの属性についての追加情報は、47ページの『Backup (バックアップ) ペ
ージ』を参照してください。
第5章 手順
63
c. Client may set (クライアントに設定を許可) エリアで、エンド・ユーザーに SMART Reaction クライアン
トを通じて変更することができるようにさせたい属性をチェックします。
d. 適用 をクリックします。
6. Mirroring (ミラーリング) タブをクリックし、ミラーリングするフォルダーを次のように定義します。
a. Folders (paths) to be Mirrored (ミラーされるフォルダー (パス)) ボックスで、ミラー操作に組み込まれる
フォルダーのリストを作成します。
1) Add (追加) をクリックします。
2) ドライブとパスを入力します。パスはクライアントの視点からのものです。たとえば、次のように入力し
ます。
c:¥My Documents
すべてのサブフォルダーを組み込むためには /s パラメーターを付けます。
3) Enter を押します。
4) これらのステップを繰り返して、追加のフォルダーを定義します。最大 64 のフォルダーを指定すること
ができます。
b. Mirroring (ミラーリング) ページの下部で、デフォルトのミラー操作と関連付けさせたい属性をチェックまた
はチェック解除します。これらの属性についての追加情報は、49ページの『Mirroring (ミラーリング) ペー
ジ』を参照してください。
c. Client may set (クライアントに設定を許可) エリアで、エンド・ユーザーに SMART Reaction クライアン
トを通じて変更することができるようにさせたい属性をチェックします。
d. 適用 をクリックします。
7. General (一般) タブをクリックします。
a. Error level to log (ログのエラー・レベル) フィールドで、読者のニーズに合うレベルを選択します (1=エラ
ーのみ、2=ログ情報とエラー、3 ∼ 5=サポート専用のログ・デバッグ情報)。
b. Clients maximum storage allowed on servers (サーバーで許可されたクライアントの最大容量) フィールド
で、個別のクライアントの上限として設定したい容量 (1,000,000 バイト単位) を選択します。
c. Message timeout (メッセージ・タイムアウト) フィールドで、クライアント・ワークステーション画面上で
メッセージを表示させたい秒数を選択します。
d. 残りのチェックボックスで、デフォルトのミラー操作と関連付けさせたい属性をチェックまたはチェック解除
します。これらの属性についての追加情報は、46ページの『General (一般) ページ』を参照してください。
e. Client may set (クライアントに設定を許可) エリアで、エンド・ユーザーに SMART Reaction クライアン
トを通じて変更できるようにさせたい属性をチェックします。
f. 適用 をクリックします。
8. OK をクリックします。デフォルト・ノートブックがクローズし、Control and Status (コントロールとステータ
ス) ウィンドウに戻ります。
注:
以下のステップでは、個別のクライアント・ワークステーションを SMART Reaction マネージャー・デー
タベースに入らせます。デフォルト設定は、それらが SMART Reaction マネージャー・データベースに登
録されるまで、クライアント・ワークステーションに渡すことはできません。
9. Client Settings... (クライアント設定...) をクリックします。
10. Clients (クライアント) タブをクリックします。
64
SMART Reaction
11. ID (machine name) for new client (新しいクライアントの ID (マシン名) を入力または「参照」を選んでくださ
い) フィールドで、新しいクライアント・ワークステーションの 1 つの名前を入力します。これは、Network (ネ
ットワーク) ノートブック (各クライアントの Control Panel (コントロール・パネル) を通じてアクセス可能) の識
別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ (Windows 95 の場合) にあるコンピューター名です。
12. 適用 をクリックします。
13. 新規クライアント・ワークステーションごとにステップ 11 および 12 を繰り返します。
14. すべての新規クライアント・ワークステーションが追加された後、OK をクリックします。
これで、デフォルト設定を作成するプロセスは完了します。
次に行うこと
Ÿ 貴社の規模およびエンド・ユーザーの個別のニーズに応じて、グループ設定または個別の設定を作成したい場合が
あります。詳細については、『バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成』および 66ペー
ジの『バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成』を参照してください。
Ÿ デフォルト設定を作成し、各クライアント・ワークステーションを SMART Reaction マネージャー・データベー
スに登録したので、クライアント・ワークステーションに SMART Reaction クライアントをインストールするこ
とができます。指示については、14ページの『SMART Reaction クライアントのインストール』を参照してくだ
さい。
注:
ミラーリングが継続的に行われるようセットアップした場合は、SMART Reaction クライアントをインスト
ールした後ミラーリング・プロセスが自動化になる前に、ミラーリング・プロセスを手動で 1 回開始する必
要があります。詳細については、70ページの『ハード・ディスクのミラーリング』を参照してください。
バックアップ、リストア、およびミラーのグループ設定の作成
グループ設定は、SMART Reaction マネージャーのみを通じて設定されます。グループ設定を使用する予定の場合
は、デフォルト設定のセットをすでに定義しておく必要があります。デフォルト設定または別のセットのグループ設定
をテンプレートまたは開始点として使用します。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Group Settings... (グループ設定...) をクリックします。
3. Groups (グループ) タブをクリックし、以下のことを行います。
a. Name for new group (新しいグループの名前) フィールドで、名前を入力します。名前は最大 20 文字の長
さにすることができ、任意の組み合わせの英数字 (A ∼ Z、a ∼ z、または 0 ∼ 9) にすることができます。
記号およびスペースは許可されません。
b. 既存グループの設定またはデフォルト設定をテンプレートとして使用するか決定します。
Ÿ 既存グループの設定をテンプレートとして使用する場合は、Group (グループ) フィールドのドロップダ
ウン・リストからグループを選択し、次に Selected Group (選択されたグループ) ラジオ・ボタンをクリ
ックします。ソース・グループからクライアント・リストを組み込みたい場合は、Copy the current
client list into the new Group (現在のクライアント・リストを新しいグループにコピー) チェックボッ
クスをチェックします。
第5章 手順
65
Ÿ デフォルト設定を使用する場合は、Default Settings (デフォルト設定) ラジオ・ボタンをクリックしま
す。
c. Create New Group (新しいグループの作成) をクリックします。
d. Refresh Group List (グループ・リストを更新) をクリックします。
e. Group (グループ) フィールド内のドロップダウン・リストを使用して、作成したばかりのグループ名を選択
します。
f. Clients (クライアント) タブをクリックします。
g. Clients for selected group (選択されたグループのクライアント) リストを、以下のことを行うことにより、
編集します。
Ÿ クライアントを追加するには、Add (追加) をクリックし、フィールドにクライアント名を入力してか
ら、Enter を押します。
Ÿ リストからクライアントを削除するには、クライアント名をクリックしてそれを強調表示してから、
Remove Selection (選択を削除) をクリックします。
このグループ内で追加または削除したいクライアント・ワークステーションごとに、このステップを繰り返し
ます。リストを完成されたら、Apply (適用) をクリックします。
4. 他のタブ (Names/Services (名前/サービス)、General (一般)、Backup (バックアップ)、および Mirroring (ミラー
リング)) をそれぞれクリックし、テンプレート設定とは異なるフィールドを変更します。各ページを完成させるた
びに、Apply (適用) をクリックします。
注:
フィールドのどれかに入力するのに援助が必要な場合は、62ページの『バックアップ、リストア、およびミ
ラーのデフォルト設定の作成』を参照してください。Groups Settings (グループ設定) ノートブック内のフィ
ールドは、Default Settings (デフォルト設定) ノートブックの匹敵するページに含まれるフィールドと同じ規
則に従います。
5. 変更を行うのを終了したら、OK をクリックします。
バックアップ、リストア、およびミラーのクライアント設定の作成
個別のクライアント設定は、SMART Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クライアントのいずれかを通
じて設定されます。個別のクライアント設定を使用する予定の場合は、デフォルト設定のセットをすでに定義しておく
必要があります。 デフォルト設定、グループ設定のセット、または別の個別のクライアントの設定をテンプレートま
たは開始点として使用します。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Client Settings... (クライアント設定...) をクリックします。
3. Clients (クライアント) タブをクリックし、以下のことを行います。
a. ID (machine name) for new client (新しいクライアントの ID (マシン名)を入力または「参照」を選んでく
ださい) フィールドに、Network (ネットワーク) ノートブック (新しいクライアント・ワークステーションの
コントロール・パネルを通じてアクセス可能) の識別タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ
66
SMART Reaction
(Windows 95 の場合) で定義されたような、新規クライアント・ワークステーションのコンピューター名を入
力します。
b. 既存グループの設定、既存クライアントの設定、またはデフォルト設定をテンプレートとして使用するかを決
定します。
Ÿ 既存クライアントの設定を使用する場合は、Selected Client (選択されたクライアント) フィールドのド
ロップダウン・リストからクライアントを選択してから、Currently displayed Client (現在表示されて
いるクライアント) ラジオ・ボタンをクリックします。
Ÿ 既存グループの設定をテンプレートとして使用する場合は、Group for new client (新しいクライアント
のグループ) フィールドのドロップダウン・リストからグループを選択し、次に Selected Group (選択さ
れたグループ) ラジオ・ボタンをクリックします。
Ÿ デフォルト設定を使用する場合は、Default Settings (デフォルト設定) ラジオ・ボタンをクリックしま
す。
4. 他のタブ (Names/Services (名前/サービス)、General (一般)、Backup (バックアップ)、および Mirroring (ミラー
リング)) をそれぞれクリックし、テンプレート設定とは異なるフィールドを変更します。
注:
フィールドのどれかに入力するのに援助が必要な場合は、62ページの『バックアップ、リストア、およびミ
ラーのデフォルト設定の作成』を参照してください。Client Settings (クライアント設定) ノートブック内の
フィールドは、Default Settings (デフォルト設定) ノートブックの匹敵するページに含まれるフィールドと同
じ規則に従います。
5. 変更を行うのを終了したら、OK をクリックします。
SMART Reaction データベースへの新規クライアントの追加
SMART Reaction クライアントを新しいクライアント・ワークステーションにインストールする 前に、SMART
Reaction マネージャー・データベースにこれらのワークステーションを追加するには、この手順を使用してください。
SMART Reaction マネージャー・データベースにクライアント・ワークステーションが追加されるまでは、SMART
Reaction マネージャーは、デフォルト、グループ、またはクライアント構成を渡すことはできません。
いったん SMART Reaction マネージャーがインストールされ、デフォルト設定のセットが定義されると、SMART
Reaction データベースに登録された各クライアント・ワークステーションは、それに SMART Reaction クライアント
がインストールされるときにデフォルト構成を受け取ります。
クライアントをデータベースに追加する手順は次のとおりです。
1. SMART Reaction マネージャーから、System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブ
ルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。このファンクションの再始動については、22ペ
ージの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を参
照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Client Settings... (クライアント設定...) をクリックします。
3. Clients (クライアント) タブをクリックします。
4. ID (machine name) for new client (新しいクライアントの ID (マシン名)を入力または「参照」を選んでくださ
い) フィールドで、新規クライアント・ワークステーションの 1 つの名前を入力します。これは、Network (ネッ
第5章 手順
67
トワーク) ノートブック (各クライアントの Control Panel (コントロール・パネル) を通じてアクセス可能) の識別
タブ (Windows NT の場合)、またはユーザー情報タブ (Windows 95 の場合) にあるコンピューター名です。
5. Apply (適用) をクリックします。
6. 新規クライアント・ワークステーションごとにステップ 4 (67ページ) および 5 を繰り返します。
7. すべての新規クライアント・ワークステーションが追加された後、OK をクリックします。
SMART Reaction データベースからのクライアントの削除
SMART Reaction マネージャー・データベースからクライアント・ワークステーションを削除するには、この手順を
使用してください。
既存構成を更新するか、新規構成を追加するか、既存構成に新規クライアントを割り当てるたびに、SMART Reaction
マネージャーは、影響を受けるクライアントまたはクライアントのグループに構成情報を送信しようとします。影響を
受けるクライアント・ワークステーションが電源オフにされるか、ネットワークから切断される場合、次のメッセージ
を受け取ります。
「クライアント名」にコンタクトできません
クライアント・ワークステーションがサービスから外された場合、またはクライアント・ワークステーションをデータ
ベースに追加するときに Client Settings (クライアント設定) ノートブックの Clients (クライアント) ページの ID
(machine name) for new client (新しいクライアントの ID (マシン名)を入力または「参照」を選んでください) フィ
ールドにクライアント・コンピューター名を間違って入力した場合、データベースからクライアント・ワークステーシ
ョンを削除する必要があります。
データベースからクライアントを削除する手順は次のとおりです。
1. SMART Reaction マネージャーから、System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブ
ルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Client Settings... (クライアント設定...) をクリックします。
3. Clients (クライアント) タブをクリックします。
4. Selected Client (選択されたクライアント) フィールドで、ドロップダウン・リストを使用して、削除したいクラ
イアント名を選択します。
5. Delete Selected Client (選択されたクライアントの削除) をクリックします。
6. 削除したいクライアント・ワークステーションごとにステップ 4 および 5 を繰り返します。
7. 削除したいクライアント・ワークステーションをすべて削除した後、OK をクリックします。
68
SMART Reaction
グループ設定へのクライアントの追加
既存グループに新しいクライアント・ワークステーションを追加したい場合は、SMART Reaction マネージャーから
以下のことを行ってください。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Group Settings... (グループ設定...) をクリックします。
3. Clients (クライアント) タブをクリックします。
4. ウィンドウの上部の Group (グループ) フィールドで、ドロップダウン・リストを使用して、新しいクライアン
ト・ワークステーションが部分となるグループを選択します。
5. Clients in selected group (選択されたグループのクライアント) ボックスで、Add (追加) をクリックし、フィー
ルド内にクライアント名を入力してから、Enter を押します。リストに追加されるそれぞれの新しいクライアン
ト・ワークステーションごとにこのステップを繰り返します。
6. 新規クライアント・ワークステーションがリストに追加された後、OK をクリックします。
既存のクライアント設定の変更
ネットワーク管理者が Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボックスをすべて使用可能にしてある場
合、エンド・ユーザーは SMART Reaction クライアントを使用して既存の設定を変更することができます。ただし、
ネットワーク管理者の裁量で、フィールドの一部または全部がロックされる場合があります。クライアント、グルー
プ、およびデフォルト設定の変更が相互にどのように影響を与えることができるか理解することも重要です。詳細につ
いては、58ページの『グループまたは個々のクライアント・ワークステーションの構成』を参照してください。
クライアント設定を変更するには、以下のことを行ってください。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Client Settings... (クライアント設定...) をクリックします。
3. SMART Reaction マネージャーから変更を行っている場合は、Selected Client (選択されたクライアント) フィー
ルドのドロップダウン・リストを使用して該当するクライアントを選択します。
4. 必要に応じて、ノートブックの各ページの情報を変更します。
5. すべての変更が行われたら、OK をクリックします。
変更された情報は、SMART Reaction マネージャーと SMART Reaction クライアントの間で同期されるようになり
ます。
第5章 手順
69
ハード・ディスクのバックアップ、ミラー、およびリストア
この節では、バックアップ、リストア、またはミラー操作を手動で開始するためのステップバイステップの指示を記載
します。バックアップまたはミラー操作のスケジューリングについての情報は、81ページの『イベントのスケジューリ
ング』を参照してください。
ハード・ディスクのバックアップ
以下の手順では、有効なバックアップ設定がすでに存在し、変更を必要としないものと想定しています。バックアップ
設定を作成または変更する必要がある場合は、62ページの『バックアップ、リストア、およびミラー設定の処理』を参
照してください。
ハード・ディスクをバックアップする手順は次のとおりです。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。このファンクションの再始動については、22ペ
ージの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を参
照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Backup (バックアップ) タブをクリックします。
3. SMART Reaction マネージャーからバックアップを開始する場合は、Selected Client (選択されたクライアント)
フィールドのドロップダウン・リストを使用して該当するクライアントを選択します。
4. Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セット) フィールドのドロップダウン・リストから該当するバッ
クアップ・セットを選択します。
5. Start Backup (バックアップ開始) をクリックします。
ハード・ディスクのミラーリング
以下の手順では、有効なミラー設定がすでに存在し、変更を必要としないものと想定しています。ミラー設定を作成ま
たは変更する必要がある場合は、62ページの『バックアップ、リストア、およびミラー設定の処理』を参照してくださ
い。
ハード・ディスクをミラーリングする手順は次のとおりです。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。このファンクションの再始動については、22ペ
ージの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を参
照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Mirror (ミラーリング) タブをクリックします。
3. SMART Reaction マネージャーからミラーリングを開始する場合は、Selected Client (選択されたクライアント)
フィールドのドロップダウン・リストを使用して該当するクライアントを選択します。
4. Start Mirroring (ミラー開始) をクリックします。
70
SMART Reaction
選択されたフォルダーがミラーされます。ミラーリングが連続稼働用にセットアップされている場合、ミラー・ファイ
ルは、変更されたファイルが保管されるたびに更新されます。ミラーリングが非連続稼働用にセットアップされている
場合、ミラー・ファイルは、この手順が繰り返されるか、スケジューラーがミラー操作を起動するまで、再び更新され
ません。
ハード・ディスクのリストア
ハード・ディスクを交換した場合は、ファイルをリストアする前に、新しいハード・ディスクに正しく区画が作られ、
フォーマット済みであるか確認してください。新しいドライブでそれが置き換えたドライブと異なるように区画が作ら
れているか、古いドライブとは異なる基本または拡張パーティション割り当てを持つ場合は、ドライブ名の割り当てが
古いドライブと異なる場合があり、そのためにリストア操作がデータを間違ったドライブに書き込むことになる場合が
あります。ファイルは、バックアップ・ファイルが作成されたのと同じドライブ名にリストアする必要があります。
ハード・ディスクのバックアップ・ファイルのリストア:
バックアップ操作からデータをリストアする手
順は次のとおりです。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。このファンクションの再始動については、22ペ
ージの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を参
照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. SMART Reaction マネージャーからリストア操作を開始する場合は、Selected Client (選択されたクライアント)
フィールドの端にあるドロップダウン・リストから該当するクライアントを選択します。
3. Restore Backup (リストア・バックアップ) タブをクリックします。
4. Selected Restore Set (選択されたリストア・セット) フィールドで、ドロップダウン・リストを使用して、バック
アップ・セットを選択します。
5. Status for this backup set (このバックアップ・セットのステータス) フィールドで、選択されたバックアップ・
セット用の有効なバックアップ・ファイルのセットがあるか確認します。
6. Drives stored in the backup (バックアップされたドライブ) フィールドで、ドロップダウン・リストから正しい
ドライブ名を選択します。バックアップ操作に複数のドライブが関係していた場合、ファイルをすべてリストアす
るには複数のリストア操作を行う必要があります。リストア操作は、一度に 1 つのドライブずつ行われます。
7. Destination for restored files (ファイルをリストアする場所) フィールドで、ドライブ名とパスを入力します。
注:
ファイルをリストアすると、リストア・パスにある同じ名前を持つ既存のファイルを上書きします。リスト
ア操作は個別のファイルをリストアすることはできません。したがって、保持したいファイルを上書きする
危険がある場合には、Destination for restored files (ファイルをリストアする場所) フィールドで、
c:¥restore などの新規パスを作成します。リストア・プロセスが完了した後、希望のファイルをそれぞれ
のディレクトリーに手動でコピーまたは移動することができます。
8. 次のいずれかの方法で、リストア操作を開始します。
Ÿ Start Restore (リストアの開始) をクリックします。ターゲット・クライアント・ワークステーションが電源
オンされており、ネットワークに接続されている場合は、リストア操作が即時に開始されます。
- または Ÿ Automatically restore client's backup on next restart (次回のログオンにクライアントのバックアップを自
動的にリストア) チェックボックスをチェックします。このチェックボックスがアクティブであるのは、PFA
で生成されたか、またはバックアップ・セット (Hard Drive 0 (ハード・ドライブ 0) または Hard Drive 1
第5章 手順
71
(ハード・ドライブ 1)) が選択されている場合のみです。リストア操作は、次回にターゲット・クライアン
ト・ワークステーションが再始動されるときに開始されます。リストア操作が完了すると、SMART Reaction
はチェックボックスからチェックを自動的に除去します。
ハード・ディスク・ミラー・ファイルのリストア:
ミラー操作からデータをリストアする手順は次のとお
りです。
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. SMART Reaction マネージャーからリストア操作を開始する場合は、Selected Client (選択されたクライアント)
フィールドの端にあるドロップダウン・リストから該当するクライアントを選択します。
3. Restore Mirrors (リストア・ミラー) タブをクリックします。
4. Mirror Recovery for this Client (このクライアントのミラーの回復) フィールドで、選択されたクライアント用
の有効なミラー・ファイルのセットが存在するか確認します。
5. Drives stored in the mirror (ミラーされたドライブ) フィールドで、ドロップダウン・リストから正しいドライ
ブ名を選択します。ミラー操作に複数のドライブが関係していた場合、ファイルをすべてリストアするには複数の
リストア操作を行う必要があります。リストア操作は、一度に 1 つのドライブずつ行われます。
6. Destination for restored files (ファイルをリストアする場所) フィールドで、ドライブ名とパスを入力します。
注:
ファイルをリストアすると、リストア・パスにある同じ名前を持つ既存のファイルを上書きします。リスト
ア操作は個別のファイルをリストアすることはできません。したがって、保持したいファイルを上書きする
危険がある場合には、Destination for restored files (ファイルをリストアする場所) フィールドで、
c:¥restore などの新規パスを作成します。リストア・プロセスが完了した後、希望のファイルをそれぞれ
のディレクトリーに手動でコピーまたは移動することができます。
7. Start Restore (リストアの開始) をクリックします。ターゲット・クライアント・ワークステーションが電源オン
されており、ネットワークに接続されている場合は、リストア操作が即時に開始されます。
SMART Reaction マネージャー・パスワードの変更
1. System Tray (システム・トレイ) 内の SMART Reaction アイコンをダブルクリックします。
注:
アイコンがない場合は、SMART Reaction Backup/Restore/Mirror (SMART Reaction バックアップ/リスト
ア/ミラー) ファンクションは現在アクティブでありません。 このファンクションの再始動については、22
ページの『SMART Reaction バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクションの手動による開始』を
参照してください。
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。
2. Default Settings... (デフォルト設定...) をクリックします。
3. Password (パスワード) タブをクリックします。
4. Current password (現在のパスワード) フィールドで、現行パスワードを入力します。現行パスワードを知らない
場合は、パスワードを変更することができません。
72
SMART Reaction
5. Enter new password (新しいパスワードを入力) フィールドで、新規パスワードを入力します。新規パスワード
は、最大 32 文字の長さにすることができ、任意の組み合わせの英数字 (A ∼ Z、a ∼ z、または 0 ∼ 9) から構
成することができます。 スペースおよび記号は許可されません。
6. Enter new password again (新しいパスワードを再度入力) フィールドで、確認のために新規パスワードを再度入
力します。このフィールドのエントリーが、Enter new password (新しいパスワードを入力) フィールドのエン
トリーと一致しない場合、パスワードは変更されません。
7. OK をクリックします。
プロファイルの処理
プロファイルを使用して、以下のことを行います。
Ÿ コンピューターが PFA アラートにどのように応答するか定義する
Ÿ バックアップ、リストア、またはミラーリング操作をスケジュールする
ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成
注:
SMART Reaction バックアップ・プログラム以外のバックアップ・プログラムを使用する予定の場合は、コンピ
ューター・ハード・ディスク上でプログラムをインストールする必要があります。サーバーまたはピア・コンピ
ューターからバックアップ・プログラムを実行することはサポートされていません。SMART Reaction バックア
ップ・プログラムは、ハード・ディスク上に IBM SMART Reaction インストールの一部としてインストールさ
れました。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) タブをクリックしま
す。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、Backup (バックアップ)、Restore (リストア)、または Mirror (ミラー) プロファイル用にすでに使用されてい
るどの名前とも異なっている必要があります。
6. OK をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
7. 使用したいバックアップ・プログラム用のラジオ・ボタンをクリックします。
Ÿ ADSM を選択する場合は、提供されているフィールドに ADSM パスワードを入力してから、続けてステッ
プ 8 (74ページ) に進みます。
Ÿ SMART Reaction バックアップを選択する場合は、Configure SMART Reaction (SMART Reaction の構
成) をクリックします。Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。 該当
するフィールドに入力してから、構成を保管します。援助を必要とする場合は、36ページの『コントロールと
ステータス・ウィンドウ』を参照してください。構成を保管した後、Control and Status (コントロールとステ
ータス) ウィンドウを最小化 してから、続けてステップ 8 (74ページ) に進みます。
Ÿ Other (その他) を選択する場合は、Backup Program (バックアップ・プログラム) フィールド、Additional
Parameters (追加パラメーター) フィールド、および Browse (参照) ボタンがアクティブになります。以下の
ステップを実行してください。
第5章 手順
73
a. Browse (参照) をクリックして、バックアップ・プログラム実行可能ファイルを見つけてから、ファイル
を選択します。ファイル名は、Backup Program (バックアップ・プログラム) フィールドに表示されま
す。
b. 必要に応じて、Additional Parameters (追加パラメーター) フィールドに、バックアップ・プログラム
実行可能ファイルによって必要とされるコマンド行パラメーターがあればそれを入力します。サポートさ
れているコマンド行パラメーターについては、バックアップ・プログラムの資料を参照してください。
c. 続けてステップ 8 に進みます。
8. Save (保存) をクリックします。プロファイルがバックアップ応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ バックアップ・イベントが特定の日および時刻に行われるようスケジュールするには、81ページの『イベントのス
ケジューリング』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成
注:
SMART Reaction ミラーリング・プログラム以外のミラーリング・プログラムを使用する予定の場合は、コンピ
ューター・ハード・ディスク上でプログラムをインストールする必要があります。サーバーまたはピア・クライ
アントからミラーリング・プログラムを実行することはサポートされていません。SMART Reaction ミラーリン
グは、IBM SMART Reaction インストールの一部としてハード・ディスクにインストールされましたが、それ
を構成しないとアクティブになりません。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) タブをクリックしま
す。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、バックアップ、リストア、またはミラー・プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている
必要があります。
6. OK をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
7. 使用したいミラーリング・プログラム用のラジオ・ボタンをクリックします。
Ÿ SMART Reaction ミラーリングを選択する場合は、Configure SMART Reaction (SMART Reaction の構
成) をクリックします。Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウが表示されます。 該当
74
SMART Reaction
するフィールドに入力してから、構成を保管します。援助を必要とする場合は、36ページの『コントロールと
ステータス・ウィンドウ』を参照してください。構成を保存した後、続けてステップ 8 (75ページ) に進みま
す。
Ÿ Other (その他) を選択する場合は、Backup Program (バックアップ・プログラム) フィールド、Additional
Parameters (追加パラメーター) フィールド、および Browse (参照) ボタンがアクティブになります。以下の
ステップを実行してください。
a. Browse (参照) をクリックして、ミラーリング・プログラム実行可能ファイルを見つけてから、ファイル
を選択します。 ファイル名は、Backup Program (バックアップ・プログラム) フィールドに表示され
ます。
b. 必要に応じて、Additional Parameters (追加パラメーター) フィールドに、ミラーリング・プログラム
実行可能ファイルによって必要とされるコマンド行パラメーターがあればそれを入力します。 サポート
されているコマンド行パラメーターについては、ミラーリング・プログラムの資料を参照してください。
c. 続けてステップ 8 に進みます。
8. Save (保存) をクリックします。プロファイルが応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
『電子メール・プロファイルの作成』
78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
電子メール・プロファイルの作成
E-mail (電子メール) 機能を使用するには、Microsoft Mail プログラムをインストールしておく必要があります。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、電子メール・タブをクリックします。
注:
電子メール・タブを初めてクリックするときに、ポップアップ・メッセージが表示されて、電子メール・ウ
ィザードが、新規の Windows Messaging プロファイルの作成を通じて案内することを知らせます。OK を
クリックし、画面の指示に従って Windows Messaging プロファイルを作成します。Windows Messaging
プロファイルが完成したら、続けて以下の指示に進みます。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、E-mail (電子メール) プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている必要があります。
6. OK をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
第5章 手順
75
7. To (宛先) フィールドに、主要な宛先の完全な電子メール・アドレスを入力します。
8. Subject (件名) フィールドに、電子メールの簡単な説明を入力します。
9. CC フィールドに、電子メールの写しを送る宛先の完全な電子メール・アドレスを入力します。
10. Message (メッセージ) フィールドに電子メール・メッセージ (最大 1024 文字) を入力します。
11. Save (保存) をクリックします。プロファイルが応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ 別の E-mail (電子メール) プロファイルを作成するには、この手順のステップ 4 ∼ 11 を繰り返します。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Numeric Pager (数字ポケットベル) タブをクリックします。
4. Settings (ポケットベル設定) をクリックします。Settings (ポケットベル設定) ウィンドウが表示されます。
a. ローカル・モデム (コンピューター内に取り付けられているか、コンピューターに接続されているモデム) ま
たはリモート・モデム (ネットワーク上の別のコンピューター内に取り付けられているか、それに接続されて
いるモデム) のどちらを使用するのか選択します。リモート・モデムを選択する場合は、TCP/IP ホスト名ま
たはモデムが付いたコンピューターの IP アドレスを提供する必要があります。
b. 保存 をクリックします。
5. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
6. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている必要が
あります。
7. OK をクリックします。 Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
8. Pager Number (ポケットベル番号) フィールドで、ポケットベル用の電話番号を入力します。外線用に必要とさ
れる番号を必ず組み込んでください。ローカル呼び出しエリアの外側を呼び出している場合は、市外局番、および
必要に応じて国コードも組み込んでください。
9. Message (メッセージ) フィールドに、数字メッセージを入力します。これは通常は、システム管理者の電話番号
ですが、IP アドレス、エラー・コード、または 15 文字までのその他の数字メッセージでも構いません。
76
SMART Reaction
10. ページング・システムが個人識別番号を要求する場合は、PIN フィールドに入力します。
11. Save (保存) をクリックします。プロファイルが応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ 別の Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルを作成するには、この手順のステップ 5 ∼ 11 を繰り返し
ます。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Message Box (メッセージ・ボックス) タブをクリックします。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。 この名
前は、Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている
必要があります。
6. OK をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
7. Title (タイトル) フィールドで、メッセージ・ボックスのタイトル・バーに表示したいテキスト (最大 64 文字) を
入力します。
8. Severity (重要度) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・メニューから該
当する重要度レベルを選択します。作成しているメッセージ・ボックスのタイトル・バーのすぐ下に、重要度レベ
ルが表示されます。
9. Size (サイズ) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ドロップダウン・メニューからサイズ
を選択します。これは、メッセージ・ボックスの物理サイズ (高さおよび幅) です。メッセージ・ボックスの実際
のサイズは、表示のタイプおよびそれが設定されている解像度によって影響を受けます。メッセージがどのように
見えるか確かでない場合には、とりあえず任意のサイズを選択します。この手順で後ほどメッセージを事前表示す
る機会があります。
10. 内容 フィールドで、表示させたいメッセージ (最大 320 文字) を入力します。
11. 指定された時間内に応答されなかった場合にメッセージを自動的にクローズするようにさせたい場合は、Close
after timeout (タイムアウト後閉じる) フィールドで以下のことを行ってください。
a. チェックボックスをチェックします。
b. フィールドの端の矢印をクリックしてから、期間を選択します。
第5章 手順
77
12. メッセージに Yes および No ボタンを (OK ボタンに対立するものとして) 表示させたい場合には、Prompt
Response (応答の表示) フィールドのチェックボックスをチェックしてください。
13. Close after timeout (タイムアウト後閉じる) チェックボックスと Prompt Response (応答の表示) チェックボッ
クスの両方がチェックされる場合は、Response at timeout (タイムアウトで応答) フィールドがアクティブになり
ます。はいまたはいいえボタンのいずれかをクリックし、タイムアウト期間が満了したときに発生するデフォルト
の応答を設定します。
14. メッセージを事前表示するには、表示 をクリックします。メッセージをクローズし、必要に応じてプロファイル
を変更します。
15. Save (保存) をクリックします。プロファイルが応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ 別の Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルを作成するには、この手順のステップ 4 ∼ 15 を繰り返
します。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
79ページの『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Custom Program (カスタム・プログラム) タブをクリックします。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている
必要があります。
6. OK をクリックします。 Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
7. Path and file name (パス/ファイル名) フィールドで、立ち上げたいプログラムの完全なパスとファイル名を入力
します。ファイルを見つけて、選択するには、Browse (参照) ボタンを使用することもできます。
8. Additional parameters (追加パラメーター) フィールドで、希望の結果を得るのに必要な任意のコマンド行パラ
メーターを入力します。サポートされているコマンド行パラメーターについては、ご使用のプログラムの資料を参
照してください。
9. Save (保存) をクリックします。プロファイルが応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
78
SMART Reaction
Ÿ 別の Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルを作成するには、この手順のステップ 4 ∼ 9 を繰り
返します。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作
成』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
『Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成』
Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成
スケジューラーはハード・ディスクのバックアップまたはミラーリング操作用にのみ使用することができ、1 つのプロ
ファイルに制限されます。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、Scheduler (スケジューラー) タブをクリックします。
4. New (新規作成) をクリックします。Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが表示されま
す。
5. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。この名前
は、Scheduler (スケジューラー) プロファイル用にすでに使用されているどの名前とも異なっている必要がありま
す。
6. OK をクリックします。 Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保管) ウィンドウが消え、名前が Profile
(プロファイル) フィールドに表示されます。
7. Frequency (頻度) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、イベントを発生させたい頻度を選
択します。
注:
このフィールドで行う選択は、他のどのフィールドがアクティブのままでいるかを決定します。非アクティ
ブのフィールドはグレー化されます。
8. アクティブな各フィールドの端の矢印をクリックし、ドロップダウン・メニューを使用してスケジュール用の設定
を選択します。Day of Month (日) および Month (月) フィールドを使用する場合は、年 (4 桁の数字) も入力す
る必要があります。たとえば、1998。
9. Save (保存) をクリックします。
次に行うこと:
Ÿ このプロファイルを応答と関連付けるには、81ページの『イベントのスケジューリング』を参照してください。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
Ÿ 既存プロファイルを変更するには、80ページの『既存プロファイルの変更』を参照してください。
Ÿ 異なるタイプのプロファイルを作成するには、以下のいずれかを参照してください。
第5章 手順
79
–
–
–
–
–
–
73ページの『ハード・ディスク・バックアップ・プロファイルの作成』
74ページの『ハード・ディスク・ミラーリング・プロファイルの作成』
75ページの『電子メール・プロファイルの作成』
78ページの『Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの作成』
76ページの『Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成』
77ページの『Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成』
既存プロファイルの変更
既存プロファイルに基づいて新規プロファイルを作成し、異なっている必要があるプロパティーのみを変更することが
できます。このプロセスにより、いくらか時間を節約することができます。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration (構成) ノートブックから、ベースとして使用したいプロファイルを含むタブをクリックします。
4. Profile (プロファイル) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、ベースとして使用したいプロ
ファイルを選択します。そのプロファイル用のプロパティーが表示されます。
5. 変更したいフィールドを変更します。
6. Save As (名前を付けて保存) をクリックします。
7. Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウで、名前 (最大 64 文字) を入力します。 この名
前は、作成しているプロファイルのタイプ用にすでに使用されているどの名前とも異なっている必要があります。
8. OK をクリックします。 Save Profile As (名前を付けてプロファイルを保存) ウィンドウが消え、Profile (プロフ
ァイル) フィールドに新規の名前が表示され、プロファイル (Scheduler (スケジューラー) プロファイルを除く) が
応答に自動的に割り当てられます。
次に行うこと:
Ÿ 別のプロファイルを変更するには、この手順のステップ 3 ∼ 8 を繰り返します。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
プロファイルの削除
プロファイルを削除するには、この手順を使用してください。Scheduler (スケジューラー) プロファイルを除いては、
これはプロファイルを応答から関連付け解除する唯一のメソッドです。Scheduler (スケジューラー) プロファイルを別
のプロファイルから関連付け解除することについての情報は、82ページの『イベントのスケジュール解除』を参照して
ください。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、削除したいプロファイルを含むタブをクリックします。
4. Profile (プロファイル) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、削除したいプロファイルを選
択します。そのプロファイル用のプロパティーが表示されます。
5. Remove (削除) をクリックします。
次に行うこと:
80
SMART Reaction
Ÿ 別のプロファイルを削除するには、この手順のステップ 3 ∼ 5 を繰り返します。
Ÿ Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻るには、OK をクリックします。
応答へのプロファイルの割り当て
プロファイルが作成され、保存されると、新規プロファイルは、Scheduler (スケジューラー) プロファイルを除き、該
当する応答 (Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ内の) に自動的に割り当てられます。Scheduler (スケジュー
ラー) プロファイルは、Backup (バックアップ) または Mirroring (ミラー) プロファイルと関連付けられるまでは、非
アクティブのままでいます。詳細な情報については、特定のタイプのプロファイルの作成に関する手順を参照してくだ
さい。Scheduler (スケジューラー) プロファイルを Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルと関
連付ける必要がある場合は、『イベントのスケジューリング』を参照してください。
スケジュールの処理
スケジューラーは、バックアップおよびミラーリング・イベントをスケジュールする場合のみ、使用してください。一
回限りのイベントまたは繰り返されるイベント (毎日、毎週、または毎月) をスケジュールすることができます。
イベントのスケジューリング
イベントをスケジュールする手順は次のとおりです。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Scheduler (スケジューラー) プロファイルを作成します (詳細については、79ページの『Scheduler (スケジューラ
ー) プロファイルの作成』を参照してください)。次に、Response Summary (応答の一覧) ウィンドウに戻りま
す。
3. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Configure Scheduler (スケジューラー設定) をクリックしま
す。Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウがオープンします。
4. Scheduled Event Profile (スケジュールされたイベントのプロファイル) フィールドで、フィールドの端の矢印を
クリックしてから、使用したい Scheduler (スケジューラー) プロファイルをクリックします。
5. Backup/Mirroring Profile (バックアップ/ミラーリング) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてか
ら、使用したい Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルをクリックします。
6. Add (追加) をクリックします。選択された Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルが、下
の要約ボックス内の Scheduler (スケジューラー) プロファイルに表示されます。これでイベントはスケジュールさ
れました。
次に行うこと:
Ÿ Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウをクローズするには、OK (了解)
をクリックします。
Ÿ イベントをスケジュール解除するには、82ページの『イベントのスケジュール解除』を参照してください。
第5章 手順
81
イベントのスケジュール解除
イベントをスケジュール解除する手順は次のとおりです。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Configure Scheduler (スケジューラー設定) をクリックしま
す。Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウがオープンします。現在スケ
ジュールされているイベントが要約ボックスに表示され、アクティブな Backup (バックアップ) または Mirror (ミ
ラー) プロファイルが関連付けられた Scheduler (スケジューラー) プロファイルの下にリストされています。
3. Scheduled Event Profile (スケジュールされたイベントのプロファイル) フィールドで、フィールドの端の矢印を
クリックしてから、使用する Scheduler (スケジューラー) プロファイルをクリックします。
4. Backup/Mirroring Profile (バックアップ/ミラーリング) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてか
ら、使用中の Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルをクリックします。
5. Remove (削除) をクリックします。 Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルが、下の要約
ボックス内の Scheduler (スケジューラー) プロファイルから消えます。イベントはもはやスケジュールされていま
せん。
次に行うこと:
Ÿ Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウをクローズするには、OK をクリ
ックします。
Ÿ 別のイベントをスケジュール解除するには、この手順のステップ 3 ∼ 5 を繰り返します。
Ÿ イベントをスケジュールするには、81ページの『イベントのスケジューリング』を参照してください。
スケジュールされたイベントの表示
Scheduler (スケジューラー) プロファイルと Backup (バックアップ) または Mirror (ミラー) プロファイルとの関連を
表示する手順は、次のとおりです。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Configure Scheduler (スケジューラーの設定) をクリックし
ます。Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定) ウィンドウがオープンします。現在ス
ケジュールされているイベントが要約ボックスに表示され、アクティブな Backup (バックアップ) または Mirror
(ミラー) プロファイルが関連付けられた Scheduler (スケジューラー) プロファイルの下にリストされています。
3. 情報を見おわったら、OK をクリックして、Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの設定)
ウィンドウをクローズします。
特定のプロファイルの詳細を表示する手順は、次のとおりです。
1. Start (スタート) メニューから IBM SMART Reaction を開始します。
2. Response Summary (応答の一覧) ウィンドウから、Edit (編集) をクリックします。
3. Configuration ノートブックから、表示したいプロファイルを含むタブをクリックします。
4. Profile (プロファイル) フィールドで、フィールドの端の矢印をクリックしてから、表示したいプロファイルを選
択します。そのプロファイル用のプロパティーが表示されます。
次に行うこと:
Ÿ イベントをスケジュールするには、81ページの『イベントのスケジューリング』を参照してください。
82
SMART Reaction
Ÿ イベントをスケジュール解除するには、『イベントのスケジュール解除』を参照してください。
第5章 手順
83
84
SMART Reaction
第6章 障害追及のヒント
この章では、共通の問題を解決するのに役立つ情報を提供します。
Ÿ クライアントにコンタクトできない: SMART Reaction バックアップまたはミラー・プログラムのいずれかについ
て既存構成を更新するか、新規構成を追加した場合、SMART Reaction マネージャーは、影響を受けるクライア
ントまたはクライアントのグループに構成情報を送信しようとします。エラー・メッセージ
「クライアント名」にコンタクトできません
は、以下のいずれかによって発生する可能性があります。
– 影響を受けたクライアント・ワークステーションが電源オフされている。
– 影響を受けたクライアント・ワークステーションがネットワークから切断されている。
– SMART Reaction クライアントが、影響を受けたワークステーションで現在実行されていない。
– Client Settings (クライアント設定) ノートブックの Clients (クライアント) ページ上で ID (machine name)
for new client (新しいクライアントの ID (マシン名)を入力または「参照」を選んでください) フィールドに
コンピューター名を入力するときに、間違いを犯した可能性がある。無効なコンピューター名を除去するに
は、68ページの『SMART Reaction データベースからのクライアントの削除』を参照してください。
– 影響を受けたクライアント・ワークステーション用の構成ファイルが破壊された可能性がある。影響を受けた
クライアント・ワークステーション用の .SRC および .SRM ファイルを SMART Reaction マネージャーか
らクライアントの SMART Reactionクライアント・ディレクトリーにコピーします。(デフォルトのディレク
トリーは C:¥SRCLIENT です。)
Ÿ SMART Reaction マネージャー上の Control and Status (コントロールとステータス) ノートブックの Backup
(バックアップ) ページに、SMART Reaction クライアント上の同じページとは異なる情報が含まれる: これはエ
ラー状態ではありません。この状態は、SMART Reaction マネージャーと SMART Reaction クライアントで異
なるバックアップ・セットが選択されている場合に発生します。たとえば、SMART Reaction マネージャーで
は、Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セット) フィールドで Path Backup (パス・バックアップ)
が選択されているのに対して、SMART Reaction クライアントでは Hard Drive 0 (ハード・ドライブ 0) が選択
されている場合があります。このページを一致させるには、SMART Reaction マネージャーと SMART Reaction
クライアントの両方で同じバックアップ・セットを選択しておく必要があります。
Ÿ 既存のバックアップ・ファイルが削除されている間は、バックアップ操作を取り消すことができない: これはエラ
ー状態ではありません。SMART Reaction は、プログラムが指定されたサーバーから既存のバックアップ・ファ
イルを削除している間は、オペレーターにバックアップ操作を取り消すことを許可しません。オペレーターは、バ
ックアップ操作を取り消す前に、ファイルが削除されるまで待つ必要があります。
Ÿ SMART Reaction クライアント上のバックアップおよびミラー操作用のフォルダー・リストが SMART
Reaction マネージャー上のフォルダー・リストと一致しない: これはエラー状態ではありません。ネットワーク管
理者は、一部またはすべてのクライアント・ワークステーションで存在する Default settings (デフォルト設定) ノ
ートブックまたは Client Settings (クライアント設定) ノートブック内のフォルダーを定義するのに SMART
Reaction マネージャーを使用することはできません。フォルダー・リストが SMART Reaction クライアント側に
表示される場合、リストにはそのクライアント・ワークステーション上で存在する定義済みのフォルダーのみが含
まれています。クライアント・ワークステーション上に存在しない定義済みフォルダーは無視され、リスト上に表
示されません。後でクライアント・ワークステーション上で新規フォルダーが作成され、そのフォルダーが
SMART Reaction マネージャー内ですでに定義されているフォルダーに一致する場合、SMART Reaction クライ
アントを通じて表示されたときに、フォルダーはリストに自動的に追加されます。
Ÿ PFA で生成されたバックアップが間違ったハード・ディスク・ドライブにリストアされる: 新規ハード・ディスク
がクライアント・ワークステーションに取り付けられる場合、ハード・ディスクがどのように区分され、論理ドラ
 Copyright IBM Corp. 1998
85
イブ名がどのように割り当てられているかに基づき、ドライブ名割り当てが変更される場合があります。ファイル
は、バックアップ・ファイルが作成されたのと同じドライブ名にリストアする必要があります。
Ÿ バックアップ操作が Windows 95 クライアント・ワークステーションによって行われるときに SMART
Reaction マネージャー上で無効なバックアップ・エラー・メッセージ: Windows 95 OSR 1.0 のバージョンで
は、容量が 2GB を超えるハード・ディスクについては使用可能なハード・ディスク・スペースを正しく計算しま
せん。
Windows 95 OSR 2.0 では、「設定」 → 「コントロール パネル」→ 「システム」で、「4.00 950B」と表示さ
れます。OSR 2.0 より古いバージョンでは、SMART Reaction クライアントはサポートされません。
Ÿ Windows 95 上での SMART Reaction クライアントのロードが遅い: この問題が発生するのは、SMART
Reaction クライアントを実行するクライアント・ワークステーションが SMART Reaction マネージャーを実行す
るコンピューター上で使用可能にされていない通信プロトコルにデフォルト設定される場合です。SMART
Reaction クライアントは、TCP/IP プロトコルを使用して、SMART Reaction マネージャーと通信します。ただ
し、クライアント・ワークステーションには、TCP/IP に加えて、NetBEUI または IPX などの他の通信プロトコ
ルがインストールされている場合があります。一部のシステム呼び出しは、他のプロトコルを最初に使用する場合
があります。したがって、SMART Reaction マネージャーを実行するコンピューターでは、SMART Reaction ク
ライアントを実行するクライアント・ワークステーションと同じプロトコルをすべて使用可能にしておく必要があ
ります。そうしないと、SMART Reaction マネージャーへの通信がタイムアウトになる場合があります。
Ÿ リモート・クライアント・ワークステーションと通信することができない: SMART Reaction が作動するには、
SMART Reaction マネージャーまたは SMART Reaction クライアントを実行するすべてのコンピューターで
TCP/IP プロトコルを使用可能にし、正しく構成しておく必要があります。矛盾する、または無効な TCP/IP アド
レスが割り当てられていないか確認してください。
Ÿ バックアップまたはミラー操作時に、ディレクトリーを作成することができない: 次のエラーを受け取る場合:
Unable to create directory ¥¥server¥path¥cb Access is Denied
指定されたディレクトリーが Windows Explorer によって参照されていますが、SMART Reaction はそのディレ
クトリーにアクセスすることができません。Windows Explorer 内のフォルダーをクローズするか、Windows
Explorer をクローズしてください。
86
SMART Reaction
第7章 特記事項と商標
特記事項
本書において、日本では発表されていないIBM製品(機械およびプログラム)、プログラミングまたはサービスについ
て言及または説明する場合があります。しかし、このことは、弊社がこのようなIBM製品、プログラミングまたはサー
ビスを、日本で発表する意図があることを必ずしも示すものではありません。本書で、IBMライセンス・プログラムま
たは他のIBM製品に言及している部分があっても、このことは当該プログラムまたは製品のみが使用可能であることを
意味するものではありません。これらのプログラムまたは製品に代えて、IBMの知的所有権を侵害することのない機能
的に同等な他社のプログラム、製品またはサービスを使用することができます。ただし、IBMによって明示的に指定さ
れたものを除き、これらのプログラムまたは製品に関連する稼働の評価および検証はお客様の責任で行っていただきま
す。
IBMおよび他社は、本書で説明する主題に関する特許権(特許出願を含む)商標権、または著作権を所有している場合
があります。本書は、これらの特許権、商標権、および著作権について、本書で明示されている場合を除き、実施権、
使用権等を許諾することを意味するものではありません。実施権、使用権等の許諾については、下記の宛先に、書面に
てご照会ください。
〒106-0032 東京都港区六本木3丁目2-31
AP事業所
IBM World Trade Asia Corporation
Intellectual Property Law & Licensing
本プログラムのライセンス保持者で、(i) 独自に作成したプログラムとその他のプログラム(本プログラムを含む)と
の間での情報交換、および (ii) 交換された情報の相互利用を可能にすることを目的として、本プログラムに関する情
報を必要とする方は、下記に連絡してください。
IBM Corporation,
Department 80D,
P.O. Box 12195,
3039 Cornwallis,
Research Triangle Park,
NC 27709, U.S.A.
本プログラムに関する上記の情報は、適切な条件の下で、使用することができますが、有償の場合もあります。
商標
以下の用語は、米国および他の国における IBM 社の商標です。
ADSTAR
IBM
IntelliStation
PC 300
Predictive Failure Analysis
SMART Reaction
Microsoft、Windows、Windows NT、および MS は、Microsoft Corporation の商標または登録商標です。
 Copyright IBM Corp. 1998
87
その他の会社名、プロダクト名、およびサービス名は、他社の商標またはサービス・マークです。
88
SMART Reaction
索引
日本語、英字、数字、特殊文字の順に配列されています。な
お、濁音と半濁音は清音と同等に扱われています。
クライアント設定...ボタン、コントロールとステータス・ウィ
ンドウ
37
クライアントのロードが遅い 86
クライアント・リストを更新ボタン、コントロールとステータ
〔ア行〕
アイコン、SMART Reaction
20
アクセス、リモートからの SMART Reaction マネージャーへ
の 43
圧縮
ス・ウィンドウ 37
グループ設定
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアントの追
加
69
バックアップ、リストア、およびミラーの作成
バックアップ時、使用可/使用不可
48
ミラーリング時、使用可/使用不可 49
宛先フィールド、電子メール・ページ 29
グループ設定... ボタン、コントロールとステータス・ウィンド
ウ
インストール
準備、SMART Reaction クライアントの
37
結合、ミラーリング機能とバックアップ機能の
構成
14
ClientCare 19
SMART Reaction クライアント 14, 18
SMART Reaction マネージャー 11
Windows Networking、Windows NT 16
インターフェースの概説 23
エラー 85
エラー、最大試行回数 51
エラーで停止 46
エラー・ログ 46
応答の定義 23
バックアップ、リストア、およびミラー・プログラム
最大記憶域、クライアント
削除、プロファイルの
46
80
削除、マネージャー・データベースからのクライアントの
削除ボタン、Configuration ノートブック
31
重要な概念
開始
コントロールとステータスウィンドウ 22
スケジューリング・メッセージング、およびプロファイル・
22
バックアップ/リストア/ミラーリング・ファンクション
22
Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ 22
SMART Reaction クライアント、初めての 20
概説 1
管理機能 4
記憶域、クライアントの最大 46
既存の設定へのクライアントの追加 69
キャンセル・ボタン、Configuration ノートブック 26
キャンセル・ボタン、Default Settings (デフォルト設定) ノー
トブック 44
クライアント設定
バックアップ、リストア、およびミラー、設定の変更
69
 Copyright IBM Corp. 1998
58
66
69
68
26
サポートされているオペレーティング・システム
システム・トレイ
変更、デフォルト設定からの
51
サーバー上でのディスク・スペースの予約
〔カ行〕
クライアント設定の変更
36
〔サ行〕
サンプル・メッセージのビュー
バックアップ、リストア、およびミラーの作成
3
SMART Reaction をリモートから 57
応答の表示フィールド、メッセージ・ボックス・ページ
ファンクション
65
58
変更、デフォルト設定からの
6
31
20
23
14
85
状況バー、Control and Status (コントロールとステータス) ウ
ィンドウ 46
商標 87
処理、スケジュールの 81
新規作成ボタン、Configuration ノートブック 26
準備、クライアント・ワークステーションの
障害追及のヒント
スケジューリング
イベント
35, 81
作成、プロファイルの
79
スケジュール解除、イベントの
82
スケジュールされたイベントの ...
35
ステータス・バー、コントロールとステータス・ウィンドウ
37
制御されたユーザー・アクセス
5
セキュリティー、パスワードの変更 72
選択されたクライアント・フィールド、コントロールとステー
タス・ウィンドウ
36
前提条件、SMART Reaction クライアント
6
89
前提条件、SMART Reaction マネージャー
デフォルト設定(続き)
6
変更、グループまたはクライアントへの変更
6
操作環境
その他ラジオ・ボタン、Backup/Restore/Mirror ページ
27
渡す、クライアントに
58
58
デフォルト設定... ボタン、コントロールとステータス・ウィン
37
ドウ
〔タ行〕
特記事項
87
タイムアウトで応答フィールド、メッセージ・ボックス・ペー
ジ 31
ダイヤル呼び出し
数字ポケットベル
〔ナ行〕
32
追加ボタン、スケジュールされたイベントの設定ウィンドウ
35
内容・フィールド、メッセージ・ボックス・ページ
名前
31
5
5, 45
名前、マネージャー 43
クライアント
データの保管、利用可能なサーバーの
50
マネージャー
86
ディレクトリーを作成することができない
適用ボタン、Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
45
名前を付けて保存ボタン、Configuration ノートブック
入手、SMART Reaction の
26
5
手順
削除、プロファイルの
80
スケジューリング、イベントの
〔ハ行〕
スケジュール解除、イベントの
配布
81
82
電子メール・プロファイルの作成 75
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアント設定
の作成 66
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアントの削
除 68
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアントの追
加 67, 69
バックアップ、リストア、およびミラー、グループ設定の作
成
65
62
変更 52
SMART Reaction マネージャー、リモート・アクセス 43
SMART Reaction マネージャーの変更 72
パスワードの変更 52
パス・バックアップ 3, 38
圧縮
3
圧縮、使用可/使用不可
48
51
エラー・メッセージ 86
書き込み検査、使用可/使用不可 48
機能 2
クライアント設定の作成 66
グループ設定の作成 65
結合、ミラーリングとの 3
構成、リモートから 57
削除、クライアントの 68
処理、設定の 62
スケジューリング、イベントの 81
スケジュール解除、イベントの 82
エラー、最大試行回数
表示、スケジュールされたイベントの
変更、既存プロファイルの
変更、パスワードの
82
80
72
ミラーリング・プロファイルの作成
74
61
81
Backup (バックアップ) プロファイルの作成 73
Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの
作成 78
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成
77
Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成
76
Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成 79
割り当て、応答へのプロファイルの
デフォルト設定
他のバックアップ・プログラムの選択
追加、クライアントの
デフォルト設定
57
62
85
パス・バックアップ 3, 38
デフォルト設定の作成
取り消すことができない
除 68
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアントの追
表示、スケジュールされたイベントの
加
67
SMART Reaction
27
67, 69
作成 57
バックアップ、リストア、およびミラー、クライアントの削
バックアップ、リストア、およびミラーの作成
90
ページ 31
パスワード
バックアップ
バックアップ、リストア、およびミラー、設定の変更 69
バックアップ、リストア、およびミラー、デフォルトの作成
リスト
5
はい/いいえの表示チェックボックス、メッセージ・ボックス・
62
2, 48
フォルダーの共用 57
ファイル保全性
82
バックアップ(続き)
プロファイル(続き)
フォルダーの構造と名前
3
フォルダー・リストが一致しない
部分的
85
48
プロファイルの作成
73
変更、クライアント設定の
69
保全性検査、使用可/使用不可
利用可能なサーバー
48
50
ロックされたファイルのスキップ、使用可/使用不可
48
ADSM の選択 27
files and folders for next backup (バックアップのファイル
とフォルダー) 47
PFA バックアップ 3
SMART Reaction Backup (SMART Reaction バックアッ
プ) の選択 27
バックアップ・ページ・コントロールとステータス・ノートブ
ック
概説
38
85
Cancel Backup (バックアップ中止) ボタン 39
Delete Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セ
ットの削除) ボタン 39
Pause Backup (バックアップ一時停止) ボタン 39
Resume Backup (バックアップ再開) ボタン 39
Selected Backup Set (選択されたバックアップ・セット) フ
ィールド 38
Settings for Backup Set (バックアップ・セットの設定) フ
ィールド 38
Start Backup (バックアップ開始) ボタン 39
Status for this Backup Set (このバックアップ・セットのス
テータス) フィールド 38
バックアップ/ミラーのプロファイル・フィールド、スケジュー
ルされた ... 35
表示、スケジュールされたイベントの 82
表示ボタン、メッセージ・ボックス・ページ 31
ファイルをリストアする場所フィールド、Restore Backup ペ
ージ 41
Custom Program (カスタム・プログラム) プロファイルの
作成 78
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイルの作成
77
Numeric Pager (数字ポケットベル) プロファイルの作成
76
Scheduler (スケジューラー) プロファイル、関連の表示
82
Scheduler (スケジューラー) プロファイル、別のプロファイ
ルからの関連付け解除 82
Scheduler (スケジューラー) プロファイル、別のプロファイ
ルとの関連付け 81
Scheduler (スケジューラー) プロファイルの作成 79
ヘルプ・ボタン、コントロールとステータス・ウィンドウ 37
変更、既存プロファイルの 80
変更、パスワードの 72
保存ボタン、Configuration ノートブック 26
クライアントとマネージャーで情報が異なる
〔マ行〕
マネージャー・データベースへのクライアントの追加
ミラーファイル/フォルダーは常に監視して更新
ミラーリング
圧縮
3
圧縮、使用可/使用不可
エラー、最大試行回数
49
51
書き込み検査、使用可/使用不可
機能
66
クライアント設定の作成
65
グループ設定の作成
継続モード、使用可/使用不可
構成、リモートから
削除、クライアントの
処理、設定の
57
68
62
追加、クライアントの
他のミラーリング・プログラムの選択
62
デフォルト設定の作成
表示、スケジュールされたイベントの
48
非連続モード
ファイル保全性
2
57
フォルダーの構造と名前
75
80
74
81
Backup (バックアップ) プロファイルの作成 73
82
2
フォルダーの共用
電子メール・プロファイルの作成
27
67, 69
57
デフォルト設定
80
23
変更、既存の
81
82
スケジューリング、イベントの
57
Windows NT 12
Windows 95 13
フォルダーの構造 3
定義
50
3
結合、バックアップとの
フォルダー共用
個別のフォルダー、バックアップおよびミラーリング用の
削除
49
2
スケジュール解除、イベントの
部分的バックアップ操作
プロファイル
67
50
3
フォルダー・リストが一致しない
プロファイルの作成
ミラーリング・プロファイルの作成
変更、クライアント設定の
割り当て、応答への
保全性検査、使用可/使用不可
利用可能なサーバー
85
74
69
50
50
索引
91
ミラーリング(続き)
2
folders (paths) to be mirrored (ミラーされるフォルダー
(パス)) 49
SMART Reaction Mirroring (SMART Reaction ミラーリ
ング) の選択 27
連続モード
メッセージ
タイムアウト期間
46, 51
46
Message Box (メッセージ・ボックス) プロファイル 77
メッセージ・ボックス、サンプル 31
ポップアップまたは状況バーとして
モデム
選択、ローカルまたはリモートの
ポケットベルの要件
Additional Parameters フィールド、Backup/Restore/Mirror ペ
ージ 27
Additional Parameters フィールド、Custom Program ページ
28
Add... (追加...) ボタン、Servers (サーバー) ページ 51
ADSM パスワード、Backup/Restore/Mirror ページ 27
ADSM ラジオ・ボタン、Backup/Restore/Mirror ページ 27
ADSTAR Distributed Storage Manager (ADSM) 1
Alphanumeric Pager (英数字ポケットベル) ページ
Automatically restore client's backup ... 41
Available Servers (利用可能サーバー) フィールド、Servers
(サーバー) ページ 50
32
6
B
Backup Program フィールド、Backup/Restore/Mirror ページ
27
Backup (バックアップ) ページ (Default Settings (デフォルト
設定) ノートブック)
概説 47
Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボッ
クス 48
Compress backups (バックアップを圧縮) チェックボック
ス 48
Files and folders for next backup (次回のバックアップ用
のファイルおよびフォルダー) 47
Folders in Windows NT backup lists フィールド 48
Folders in Windows 95 backup lists フィールド 48
Skip locked files during backup チェックボックス 48
Turn on write verify (書き込みベリファイ) チェックボック
ス 48
Verify integrity during backups (バックアップ中の全ファ
イル検証) チェックボックス 48
Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ペー
〔ヤ行〕
予測的障害分析
参照:PFA
〔ラ行〕
理解、SMART Reaction 構成の
リストア
クライアント設定の作成
クライアント設定の変更
57
66
69
65
57
削除、クライアントの 68
処理、設定の 62
全ファイル 47
追加、クライアントの 67, 69
デフォルト設定の作成 62
グループ設定の作成
構成、リモートから
変更および欠落したファイル専用
間違ったドライブ
47
85
リストア一時停止ボタン、リストア・バックアップ・ページ
42
リストア開始ボタン、リストア・バックアップ・ページ 41
リストア再開ボタン、リストア・バックアップ・ページ 42
リストア再開ボタン、リストア・ミラー・ページ 42
リストア中止ボタン、リストア・バックアップ・ページ 42
リストア中止ボタン、リストア・ミラー・ページ 42
リストア一時停止ボタン、リストア・ミラー・ページ
リストア・ミラー・ページ・コントロールとステータス・ノー
トブック
42
リモート・クライアントと通信できない
利用可能なサーバーへのパス
ロックされたファイル
A
92
ジ
概説
42
SMART Reaction
44
50
86
26
作成、プロファイルの
その他ラジオ・ボタン
73, 74
27
Additional Parameters (追加パラメーター) フィールド 27
ADSM ラジオ・ボタン 27
Backup Program (バックアップ・プログラム) フィールド
27
Configure SMART Reaction (SMART Reaction の構成)
ボタン 27
Profile (プロファイル) フィールド 26
SMART Reaction Backup (SMART Reaction バックアッ
プ) ラジオ・ボタン 27
SMART Reaction Mirroring (SMART Reaction ミラーリ
ング) ラジオ・ボタン 27
C
Cancel Backup (バックアップ中止) ボタン、Backup (バック
アップ) ページ 39
Cancel Mirroring (ミラー中止) ボタン、Mirror (ミラーリン
グ) ページ 40
CC フィールド、電子メール・ページ 29
Client may set チェックボックス、Backup ページ 48
Client may set チェックボックス、Mirroring ページ 50
Client may set チェックボックス、Names/Services ページ
45, 47
Client Settings (クライアント設定) ノートブック
アクセス 55
概説 55
Clients (クライアント) ページ 56
Refresh Client List (クライアント・リストを更新) ボタン
55
Selected Client (選択されたクライアント) フィールド 55
参照:Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
ClientCare 5
ClientCare のインストール 19
Clients in selected group (選択されたグループのクライアン
ト) ページ 54
Clients (クライアント) ページ (Client Settings (クライアント
設定) ノートブック)
概説 56
Copy new client settings from (新しいクライアントの設定
のコピー元) フィールド 56
Delete Selected Client (選択されたクライアントの削除) ボ
タン 56
ID (machine name) for new client フィールド 56, 85
Clients (クライアント) ページ (Group Settings (グループ設定)
ノートブック)
概説 54
Clients in selected group (選択されたグループのクライア
ント) フィールド 54
Client's maximum storage allowed on servers フィールド、
General ページ 46
Close after timeout フィールド、Message Box ページ 31
Close (閉じる) ボタン、Response Summary (応答の一覧) ウ
ィンドウ 24
Compress backups チェックボックス、Backup ページ 48
Compress mirror files チェックボックス、Mirroring ページ
49
Configuration (構成) ノートブック
概説 25
電子メール・ページ 29
メッセージ・ボックス・ページ 30
Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ペ
ージ 26
Custom Program (カスタム・プログラム) ページ 28
Configuration (構成) ノートブック(続き)
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ 32
Scheduler (スケジューラー) ページ 33
Configure Scheduled Events (スケジュールされたイベントの
設定) ウィンドウ
アクセス 35
概説 35
Configure Scheduler ボタン、Response Summary ウィンドウ
24
Configure SMART Reaction ボタン、Backup/Restore/Mirror
ページ 27
Control and Status (コントロールとステータス) ウィンドウ
アクセス 36
概説 36
クライアント・リストを更新ボタン 37
グループ設定... ボタン 37
ステータス・バー 37
選択されたクライアント・フィールド 36
デフォルト設定... ボタン 37
バックアップ・ページ 38
ヘルプ・ボタン 37
マネージャー・ページ 43
Client Settings (クライアント設定) ノートブック 55
Client Settings... (クライアント設定...) ボタン 37
Default Settings (デフォルト設定) ノートブック 44
Group Settings (グループ設定) ノートブック 52
Locks (ロック) ページ 44
Mirror (ミラー) ページ 39
Restore Backup (リストア・バックアップ) ページ 41
Restore Mirrors (リストア・ミラー) ページ 42
Copy new client settings from フィールド、Clients ページ
56
Copy new settings from フィールド、Groups ページ 54
Copy the current client list into the new Group チェックボッ
クス、Groups ページ 54
Create New Group (新しいグループの作成) ボタン、Groups
(グループ) ページ 54
Current Manager Station フィールド、マネージャ・ページ
43
Current Password (現在のパスワード) フィールド、Password
(パスワード) ページ 52
Custom Program (カスタム・プログラム) ページ
概説 28
作成、プロファイルの 78
Additional Parameters (追加パラメーター) フィールド 28
Path and file name (パスとファイル名) フィールド 28
Profile (プロファイル) フィールド 28
索引
93
D
Day of Month (日) フィールド、Scheduler (スケジューラー)
ページ 34
Day of Week (曜日) フィールド、Scheduler (スケジューラー)
ページ 34
Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
概説 44
キャンセル・ボタン 44
適用ボタン 45
Backup (バックアップ) ページ 47
General (一般) ページ 46
Help (ヘルプ) ボタン 45
Mirroring (ミラーリング) ページ 49
Names/Services (名前/サービス) ページ 45
OK ボタン 44
Password (パスワード) ページ 52
Servers (サーバー) ページ 50
Delete Mirror Files on Server ボタン、Mirror ページ 40
Delete Selected Backup Set ボタン、Backup ページ 39
Delete Selected Client button ボタン、Clients ページ 56
Delete Selected Group ボタン、Groups ページ 54
Destination for restored files フィールド、Restore Mirrors ペ
ージ 42
Drives stored in the backup フィールドの、Restore Backup
ページ 41
Drives stored in this mirror フィールド、Restore Mirrors ペ
ージ 42
E
Edit (編集) ボタン、Response Summary (応答の一覧) ウィン
ドウ 24
Enter new password フィールド、Password ページ 52
Enter new password again フィールド、Password ページ 52
Error level to log フィールド、General ページ 46
E-mail (電子メール) ページ
宛先フィールド 29
概説 29
作成、プロファイルの 75
CC フィールド 29
Message (メッセージ) フィールド 29
Profile (プロファイル) フィールド 29
Subject (件名) フィールド 29
F
Files and folders for next backup、Backup ページ (デフォル
ト) 47
Files and folders in mirror lists チェックボックス、Mirroring
ページ 49
94
SMART Reaction
Files awaiting backup フィールド、Locks ページ 44
Folders in Windows NT backup list フィールド、Backup ペ
ージ 48
Folders in Windows 95 backup list フィールド、Backup ペー
ジ 48
Folders (paths) to be mirrored、Mirroring ページ 49
Frequency (頻度) フィールド、Scheduler (スケジューラー) ペ
ージ 34
G
General (一般) ページ
概説 46
Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボッ
クス 47
Client's maximum storage allowed on servers フィールド
46
Error level to log (ログのエラー・レベル) フィールド 46
Halt on Error (エラーで停止) チェックボックス 46
Message time-out (メッセージ・タイムアウト) フィールド
46
Only restore changed and missing files チェックボックス
47
Show Client Prompts (クライアントにダイアログを表示)
チェックボックス 46
Group Settings (グループ設定) ノートブック
アクセス 37
概説 52
Clients (クライアント) ページ 54
Group (グループ) フィールド 53
Groups (グループ) ページ 53
Refresh Group List (グループ・リストを更新) ボタン 53
参照:Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
Group (グループ) フィールド、Group Settings (グループ設定)
ノートブック 53
Groups (グループ) ページ
概説 53
Copy new settings from (新しいグループ設定のコピー元)
フィールド 54
Copy the current client list into the new Group チェック
ボックス 54
Create New Group (新しいグループの作成) ボタン 54
Delete Selected Group (選択されたグループの削除) ボタン
54
Name for new group (新しいグループの名前) フィールド
54
H
Halt on Error (エラーで停止) チェックボックス、General (一
般) ページ 46
Help (ヘルプ) ボタン、Default Settings (デフォルト設定) ノ
ートブック 45
Help (ヘルプ) ボタン、Response Summary (応答の一覧) ウィ
ンドウ 24
Hour (時) フィールド、Scheduler (スケジューラー) ページ
34
I
ID (machine name) for new client フィールド、Clients ペー
ジ 56, 85
L
Locks (ロック) ページ
概説 44
Files awaiting backup (バックアップされるファイル) フィ
ールド 44
Stop trying (中止) ボタン 44
M
Manage SMART Reaction from Here フィールド、Manager
ページ 43
Manager Name フィールド、Names/Services ページ 45
Manager password フィールド、マネージャ・ページ 43
Manager (マネージャー) ページ
概説 43
Current Station Manager (現在のマネージャ・ステーショ
ン) 43
Manage SMART Reaction from Here (SMART Reaction
をここから管理) フィールド 43
Manager password (マネージャ・パスワード) フィールド
43
Release SMART Reaction マネージャー (SMART
Reaction マネージャーの解除) ボタン 43
Maximum retry count (最大試行回数) フィールド、Servers
(サーバー) ページ 51
Message Box (メッセージ・ボックス) ページ
応答の表示フィールド 31
概説 30
作成、プロファイルの 77
タイムアウトで応答フィールド 31
内容フィールド 31
はい/いいえの表示チェックボックス 31
表示ボタン・フィールド 31
Close after timeout (タイムアウト後閉じる) フィールド
31
Profile (プロファイル) フィールド 30
Severity (重要度) 30
Size (サイズ) フィールド 30
Title (タイトル) フィールド 30
Message time-out フィールド、Servers ページ 46
Message (メッセージ) フィールド、電子メール・ページ 29
Message (メッセージ) フィールド、Numeric Pager (数字ポケ
ットベル) ページ 32
Minimum free server space、Servers ページ 51
Minute (分) フィールド、Scheduler (スケジューラー) ページ
34
Mirror (ミラーリング) ページ
概説 39
Cancel Mirroring (ミラー中止) ボタン 40
Delete Mirror Files on Server (サーバー上のミラー・ファ
イルを削除) ボタン 40
Pause Mirroring (ミラー一時停止) ボタン 40
Resume Mirroring (ミラー再開) ボタン 40
Settings for Mirroring (ミラーの設定) ボックス 40
Start Mirroring (ミラー開始) ボタン 40
Status for this Client (このクライアントのステータス) ボ
ックス 39
Mirroring (ミラーリング) ページ (デフォルト)
概説 49
Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボッ
クス 50
Compress mirror files (ミラーファイルを圧縮) チェックボ
ックス 49
Files and folders in mirror lists チェックボックス 49
Folders (paths) to be mirrored (ミラーされるフォルダー
(パス)) フィールド 49
Mirror files/folders are monitored and updated
continuously チェックボックス 50
Turn on server's write verify for mirror チェックボックス
49
Verify mirror integrity while mirroring チェックボックス
50
Month (月) フィールド、Scheduler (スケジューラー) ページ
34
N
Name for new group (新しいグループの名前) フィールド、
Groups (グループ) ページ 54
Names/Services (名前/サービス) ページ
概説 45
Client may set (クライアントに設定を許可) チェックボッ
クス 45
Manager Name (マネージャー名) フィールド 45
Preferred backup server (バックアップ・サーバー) フィー
ルド 45
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ
概説 32
作成、プロファイルの 76
Message (メッセージ) フィールド 32
索引
95
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ(続き)
Pager Number (ポケットベル番号) フィールド 32
PIN フィールド 32
Profile (プロファイル) フィールド 32
Settings (設定) ボタン 32
O
OK ボタン、スケジュールされたイベントの設定ウィンドウ
35
OK ボタン、Default Settings (デフォルト設定) ノートブック
44
Only restore changed and missing files チェックボックス、
General ページ 47
P
Pager Number フィールド、Numeric Pager ページ 32
Password (パスワード) ページ
概説 52
Current Password (現在のパスワード) フィールド 52
Enter new password again (新しいパスワードを再度入力)
フィールド 52
Enter new password (新しいパスワードを入力) フィールド
52
Path and file name フィールド、Custom Program ページ 28
Pause Backup (バックアップ一時停止) ボタン、Backup (バッ
クアップ) ページ 39
Pause Mirroring (ミラー一時停止) ボタン、Mirror (ミラーリ
ング) ページ 40
PFA
アラート用のプロファイル 73
説明 1
PFA バックアップ 3, 38
PIN number (PIN 番号) フィールド
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ 32
Preferred backup server フィールド、Names/Services ページ
45
Profile (プロファイル) フィールド
電子メール・ページ 29
メッセージ・ボックス・ページ 30
Backup/Restore/Mirror (バックアップ/リストア/ミラー) ペ
ージ 26
Custom Program (カスタム・プログラム) ページ 28
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ 32
Scheduler (スケジューラー) ページ 34
Refresh Client List ボタン、Client Settings ノートブック
55
Refresh Group List ボタン、Group Settings ノートブック
53
Release SMART Reaction マネージャー・ボタン、マネージ
ャ・ページ 43
Remove ボタン、スケジュールされたイベントの設定ウィンド
ウ 35
Remove selected (選択を削除) ボタン、Servers (サーバー) ペ
ージ 51
Response Summary (応答の一覧) ウィンドウ 24
Restore Backup (リストア・バックアップ) ページ
概説 41
ファイルをリストアする場所フィールド 41
Automatically restore client's backup on next logon チェ
ックボックス 41
Cancel Restore (リストア中止) ボタン 42
Pause Restore (リストア一時停止) ボタン 42
Resume Restore (リストア再開) ボタン 42
Selected Restore Set (選択されたリストア・セット) フィー
ルド 41
Start Restore (リストア開始) ボタン 41
Status for this Backup Set (このバックアップ・セットのス
テータス) フィールド 41
Subject Restore Set (件名リストア・セット) フィールド
41
Restore Mirrors (リストア・ミラー) ページ
概説 42
Cancel Restore (リストア中止) ボタン 42
Destination for restored files (ファイルをリストアする場
所) フィールド 42
Drives stored in this mirror (ミラーされたドライブ) フィ
ールド 42
Mirror Recovery for this Client (このクライアントのミラ
ーの回復) フィールド 42
Pause Restore (リストア一時停止) ボタン 42
Resume Restore (リストア再開) ボタン 42
Start Restore (リストア開始) ボタン 42
Resume Backup (バックアップ再開) ボタン、Backup (バック
アップ) ページ 39
Resume Mirroring (ミラー再開) ボタン、Mirror (ミラーリン
グ) ページ 40
Retry time-out (再試行タイムアウト) フィールド、Servers (サ
ーバー) ページ 51
S
R
Ready-to-Configure Utility Program CD
96
SMART Reaction
5
Scheduler (スケジューラー) ページ
概説 33
削除ボタン 35
作成、プロファイルの 79
Scheduler (スケジューラー) ページ(続き)
スケジュールされたイベントのプロファイル・フィールド
35
35
34
バックアップ/ミラーのプロファイル・フィールド 35
Day of Week (曜日) フィールド 34
Frequency (頻度) フィールド 34
Hour (時) フィールド 34
Minute (分) フィールド 34
Month (月) フィールド 34
OK ボタン 35
Profile (プロファイル) フィールド 34
Year (年) フィールド 34
Selected Backup Set フィールド、Backup ページ 38
Selected Client フィールド、Client Settings ノートブック
55
Selected Restore Set フィールド、Restore Backup ページ
41
self-monitoring, analysis, and reporting technology
(S.M.A.R.T.) 1
Servers (サーバー) ページ
概説 50
Add... (追加...) ボタン 51
Available Servers (利用可能サーバー) フィールド 50
Maximum retry count (最大試行回数) フィールド 51
Minimum free server space (最小サーバー空き容量) 51
Remove selected (選択を削除) ボタン 51
Retry time-out (再試行タイムアウト) フィールド 51
Settings for Backup Set フィールド、Backup ページ 38
Settings for Mirroring ボックス、Backup ページ 40
Settings (設定) ボタン
Numeric Pager (数字ポケットベル) ページ 32
Severity (重要度) フィールド、メッセージ・ボックス・ページ
30
Show Client Prompts チェックボックス、General ページ 46
Size (サイズ) フィールド、メッセージ・ボックス・ページ
30
Skip locked files during backup チェックボックス、Backup
ページ 48
SMART Reaction バックアップ 2
SMART Reaction Backup ラジオ・ボタン、
Backup/Restore/Mirror ページ 27
SMART Reaction Mirroring ラジオ・ボタン、
Backup/Restore/Mirror ページ 27
Start Backup (バックアップ開始) ボタン、Backup (バックア
ップ) ページ 39
Start Mirroring (ミラー開始) ボタン、Mirror (ミラー) ページ
40
追加ボタン
日フィールド
Start Restore (リストア開始) ボタン、Restore Mirrors (リスト
ア・ミラー) ページ 42
Status for this Backup Set フィールド、Backup ページ 38
Status for this Backup Set フィールド、Restore Backup ペー
ジ 41
Status for this Client ボックス、Backup ページ 39
Stop trying (中止) ボタン、Locks (ロック) ページ 44
Subject (件名) フィールド、電子メール・ページ 29
S.M.A.R.T. 1
T
Title (タイトル) フィールド、Message Box (メッセージ・ボ
ックス) ページ 30
Turn on server's write verify for mirror チェックボックス、
Mirroring ページ 49
Turn on write verify チェックボックス、Backup ページ 48
V
Verify integrity during backups チェックボックス、Backup
ページ 48
Verify mirror integrity while mirroring、Mirroring ページ
50
W
Windows NT
インストール、Windows Networking の
16
準備、クライアント・ワークステーションの
使用可能化、フォルダー共用の
16
12
folders in backup list (バックアップ・リストのフォルダ
ー) 48
Windows 95
準備、クライアント・ワークステーションの 14
使用可能化、フォルダー共用の 13
folders in backup list (バックアップ・リストのフォルダ
ー) 48
SMART Reaction クライアントのロードが遅い 86
WWW アドレス 5
Y
Year (年) フィールド、Scheduler (スケジューラー) ページ
34
索引
97
ÉÂÔ
Printed in Japan
SA88-6532-ðð
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement