Abit | VH6-II | 著作権と補償について

著作権と補償について
このマニュアルに記載されている内容は、将来予告なく変更される場合がありま
す。本マニュアルの作成には万全を期しておりますが、万一誤りが合った場合はご
容赦願います。
本製品の特定用途への適用、品質、または商品価値に関して、明示の有無に関わら
ず、いかなる保証も行いません。このマニュアルや製品上の表記に誤りがあったた
めに発生した、直接的、間接的、特殊な、また偶発的なダメージについて、いかな
る保証も行いません。
このマニュアルに記載されている製品名は識別のみを目的としており、商標および
製品名またはブランド名の所有権は各社にあります。
このマニュアルは国際著作権法により保護されています。本書の一部または全部を
弊社の文書による許可なく複製または転用することは禁じられています。
マザーボードを正しく設定しなかったことが原因で発生した故障については、弊社
では一切の責任を負いかねます。
VH6 マザーボードユーザーマニュアル
目次
第 章 の機能の紹介
1-1.
1-2.
1-3.
1-4.
機能
仕様
レイアウト
システムブロック図
第2章 マザーボードのインストール
2-1. シャーシへのインストール
2-2. PENTIUM III (FC-PGA)と CELERON (FC-PGA/PPGA)の取り付
け
2-3. システムメモリのインストール
2-4. コネクタ、ヘッダ、スイッチ
第 章 について
3-1. CPU SETUP [SOFT MENU II]
3-2. STANDARD CMOS FEATURES SETUP MENU
3-3. ADVANCED BIOS FEATURES SETUP MENU
3-4. ADVANCED CHIPSET FEATURES SETUP MENU
3-5. INTEGRATED PERIPHERALS
3-6. POWER MANAGEMENT SETUP MENU
3-7. PNP/PCI CONFIGURATION
3-8. PC HEALTH STATUS
3-9. LOAD FAIL-SAFE DEFAULTS
3-10. LOAD OPTIMIZED DEFAULTS
3-11. SET PASSWORD
3-12. SAVE & EXIT SETUP
3-13. EXIT WITHOUT SAVING
付録 A WINDOWS 98 SE 環境への VIA SERVICE PACK のインストール
付録 B WINDOWS 98 SE 環境への VIA PCI AUDIO ドライバのインストール
付録 C WINDOWS NT 4.0 環境への VIA SERVICE PACK のインストール
付録 D WINDOWS NT 4.0 環境への VIA PCI AUDIO ドライバのインストール
付録 E WINDOWS 2000 環境への VIA PCI オーディオドライバのインスト
ール
付録 F BIOS フラッシュについて
付録 G VIA HARDWARE MONITOR SYSTEM のインストール
付録 H トラブルシューティング
付録 I テクニカルサポートの受け方について
の機能の紹介
第章
の機能の紹介
1-1. 機能
このマザーボードは Intel の新世代プロセッサ、FC-PGA/PPGA (P
P lastic P in Grid
Array パッケージ) 370-pin 設計の Intel Pentium III(FC-PGA) /Intel Celeron
(FC-PGA/PPGA) に対応しており、最高 1.5GB のメモリ (128Mb テクノロジーにより
512MB まで)、新しいスーパーI/O、Green PC 機能を備えています。
VH6 には VIA Apollo Pro 133A チップセットが搭載されています。このチップセッ
トは、システムとメモリバスの速度を 100MHz から 133MHz へ引き上げることで、PC
100 から PC 133 への画期的な移行を可能にしています。この 133MHz メモリインタ
フェースは、現在市場に普及している多くの PC 133 メモリデバイスに対応してい
ます。また 133MHz 対応フロントサイドバスにより、次世代の 133MHz CPU へのアッ
プグレードも可能です。
VH6 は USB ポートの拡張性に配慮し、最高4つの USB ポートを使用することができ
ます。またさらに2つの USB ポートプラグとケーブル KIT もオプションで用意され
ています。VH6 には AC 97 2.1 CODEC も搭載されています。この CODEC には最高
の音質と互換性を提供する、H/W Sound Blaster Pro AC 97 デジタルオーディオ
コントローラが統合されています。
このマザーボードには 機能が組み込まれていますので、 の処理
を高め、システム全体の性能を向上させることができます。
は デ
バイスの新規格です。この規格は性能とデータの統合性を拡張することにより、こ
れまでの テクノロジーを向上させます。この新しい高速インタフェー
スは バーストデータ転送率を従来の 倍の 秒まで引き上
げます。したがって、現在の ローカルバス環境のままでシステムの性能を飛
躍的に向上させます。また、
デバイスか デバイ
スのどちらかをさらに つ接続することができます。 はこれまで以上のシス
テムの柔軟性を可能にします。
VH6 には Audio/M
Modem Riser (AMR) スロットが備えられています。AMR スロットは
業界規格です。Audio/Modem Riser は、オーディオとモデムの両機能に対応したハ
ードウェアスケーラブルな Original E quipment M anufacturer (OEM) マザーボー
ドライザーボードを定義するための業界規格です。この規格の主な目的は、オーデ
ィオおよびモデム機能の基本的な開発コストを削減することにあります。多機能な
PC に対する需要が高まっていることから、市場の傾向は低価格な PC へ移りつつあ
り、したがってこれらすべての機能がマザーボードに組み込まれるようになってき
ています。しかしモデムサブシステムのマザーボードへの統合化には、FCC やその
他の国際テレコム関連の認可過程などの大きな問題が残されています。モデムに関
ユーザーマニュアル
第1章
する認可/同意の達成は、AMR 規格の重要な目的の1つとなっています。
将来は AMR 設計の OEM マザーボードだけでなく、AMR カードも市場に登場すること
が予想されており、予算に応じて選択できるようになるはずです。ただし AMR カー
ドを装着するには、マザーボードに AMR スロットが備えられていなければなりませ
ん。VH6 にはこのような拡張にも対応することができます。
VH6 は Pentium II/III および Celeron レベルのシステムを構築するために最も
高い柔軟性を提供します。このマザーボードでは、66/100MHz か 100/133MHz の CPU
とメモリバスを組み合わせることができます。これらの組み合わせを変えても、い
くつものコンポーネントを新しく交換する必要はありません。
にはハードウェア監視機能付録 を参照してくださいが備わっているの
で、安全な環境で動作するようコンピュータの監視および保護が可能です(詳細は
付録 を参照してください)
。このマザーボードはワークステーション用のハイパ
フォーマンスを提供しており、将来のマルチメディアのためのデスクトップシステ
ムに対する要求に適合しています。
1-2. 仕様
1. CPU
! !"#00~1GHz プロセッサ$% パッケージベースをサポート
! & 300A~733MHz プロセッサ' パッケージベースをサポ
ート
! 66MHz FSB ベースの Intel Celeron 266 ~ 533MHz CPU をサポート
! 66, 100, 133MHz の CPU 外部クロック速度をサポート
! 将来の Intel Pentium III CPU のサポートも予約されています
2. チップセット
!
!
!
!
VIA Apollo Pro 133A チップセット (VT82C694X と VT82C686A)
Ultra DMA/33 および Ultra DMA/66 IDE プロトコルをサポート
Advanced Configuration and Power Management Interface (ACPI) 対応
Accelerated Graphics Port コネクタが AGP 1x, 2x および 4x モード (Sideband)
3.3V デバイスをサポート
3. メモリ (システムメモリ
(システムメモリ)
システムメモリ)
! 168-pin DIMM ソケット x3 が SDRAM モジュールをサポート
! 最大 1.5GB MAX. (8, 16, 32, 64, 128, 256, 512MB SDRAM) をサポート
の機能の紹介
! ECC 対応
4. システム BIOS
!
!
!
!
CPU SOFT MENU II(パラメータを容易に設定できます)
Award Plug and Play BIOS により APM と DMI をサポート
AWARD BIOS による Write-Protect Anti-Virus 機能
西暦 2000 年問題対応
5. マルチ I/O 機能
! Bus Master IDE ポートチャネル2本で最大4台の Ultra DMA 33/66 デバイスを
サポート
! PS/2 キーボードコネクタと PS/2 マウスコネクタ
! フロッピーポートコネクタ x1 (最大 2.88MB)
! パラレルポートコネクタ x1 (EPP/ECP)
! シリアルポートコネクタ x2
! USB コネクタ x2
! USB ヘッダにより USB チャネル2本まで拡張可
! Audio/Game コネクタ (Line-in, Line-out, MIC-in, Game Port コネクタ)
6. オーディオ CODEC 機能
! AC (97 2.1 対応
! Sound Blaster Pro AC 97 デジタルオーディオコントローラ(ハードウェア)
搭載
7. その他
!
!
!
!
!
!
!
ATX フォームファクタ
AGP スロット x1, AMR スロット x1, PCI スロット x5, ISA スロット x1
Wake on LAN ヘッダ搭載
IrDA TX/RX ヘッダ搭載
Wake On Modem ヘッダ搭載
SM バスヘッダ搭載
ハードウェア監視機能:ファン速度、電圧、CPU (オプション)、システム環境
の温度測定
! 寸法:305 * 190mm
ユーザーマニュアル
第1章
LAN、
、モデムによる
" LAN
モデムによる 機能をサポートしていますが、
機能をサポートしていますが、 電源 のスタ
ンバイ電力は
以上の電流を確保してください。
。 以下では復帰機
ンバイ電力は 以上の電流を確保してください
能が正しく作動しない場合があります。
。
能が正しく作動しない場合があります
# '
)**'/133MHz 以上のバス速度にも対応していますが、 およびチ
ップセットの仕様を考慮するとその動作については保証いたしかねます。
# 本書に記載されている仕様および情報は予告なしに変更されることがありま
す。
注意
本書に記載されているブランド名および商標は各所有者に帰属しています。
の機能の紹介
1-3. レイアウト
図 1-2. パーツの位置
ユーザーマニュアル
第1章
1-4. システムブロック図
図 1-3. VIA Apollo Pro 133A
133A チップセットのシステムブロック図
マザーボードのインストール
第2章 マザーボードのインストール
VH6 は従来のパーソナルコンピュータの標準的な装備を備えているだけでなく、将
来のアップグレードに適合する多くの柔軟性も備えています。この章ではすべての
標準装備を順に紹介し、将来のアップグレードの可能性についてもできるだけ詳し
く説明します。このマザーボードは現在市販されているすべての Intel Pentium
III (FC-PGA)および Intel Celeron (FC-PGA/PPGA)プロセッサに対応していま
す(詳しくは第 ) 章の仕様をご覧ください)
。
この章は次のように構成されています。
%) マザーボードのインストール
% Pentium III(FC-PGA)と Celeron (FC-PGA/PPGA)の取り付け
% システムメモリのインストール
2-4 コネクタ、ヘッダ、スイッチの取付け
$$$$
インストールの前に
$$$$
マザーボードをインストールしたり、コネクタを外したり、またはカードを外した
りする前に、電源ユニットの電源を +$$ にするか、電源ユニットのコンセントを
外してください。ハードウェアに不必要な損傷を与えるのを避けるため、マザーボ
ードのハードウェアの設定を変更する場も、マザーボードのその部分に供給される
電源を +$$ にしてください。
%
初心者の方にも分かりやすい説明
本書は初心者の方にも自分でマザーボードを装着していただけるように作成され
ています。マザーボードを装着するときに陥りやすい問題も本書で詳しく説明して
あります。本書の注意をよくお読みになり、説明にしたがって作業を進めてくださ
い。
ユーザーマニュアル
第2章
2-1. シャーシへのインストール
ほとんどのコンピュータシャーシには、マザーボードを安全に固定し、同時に回路
のショートを防ぐ多数の穴のあいた基板があります。マザーボードをシャーシの基
板に固定するには次の つの方法があります。
! スタッドを使用する
! スぺーサーを使用する
スタッドとスペーサーについては下の図を参照してください。いくつか種類があり
ますが、たいていは下のような形をしています。
原則的に、マザーボードを固定す
る最善の方法はスタッドを使用す
ることです。スタッドを使用でき
ない場合にのみ、スペーサーを使
ってボードを固定してください。
マザーボードを注意して見ると、
多くの取り付け穴が空いているの
がわかります。これらの穴を基板
の取り付け穴の位置に合わせてく
ださい。位置をそろえた時にネジ穴ができたら、スタッドとネジでマザーボードを
固定できます。位置をそろえてもスロットしか見えない場合は、スペーサーを使っ
てマザーボードを固定します。スペーサーの先端をもってスロットに挿入してくだ
さい。スペーサーをすべてのスロットに挿入し終えたら、マザーボードをスロット
の位置に合わせて挿入してください。マザーボードを取り付けたら、すべてに問題
がないことを確認してからコンピュータのケースをかぶせてください。
図 % はスタッドかスペーサを使ってマザーボードを固定する方法を示していま
す。
マザーボードのインストール
メモ
マザーボードの取り付け穴と基板の穴の位置が合わず、スペーサーを固定する
スロットがなくても心配しないでください。スペーサーのボタンの部分を切り
取って、取り付け穴に挿入してください。
(スペーサーは少し硬くて切り取り
にくいので、指を切らないよう注意してください。)こうすれば回路のショー
トを心配せずにマザーボードを基板に固定できます。回路の配線が穴に近いと
ころでは、マザーボードの , の表面とネジにすき間を置くためプラスチッ
クのバネを使用しなければならない場合があるかもしれません。その場合、ネ
ジがプリント回路の配線またはネジ穴付近の , の部分に接触しないよう注
意してください。ボードを傷つけたり、故障の原因になったりすることがあり
ます。
2-2. Pentium III (FC-PGA)と
(FC-PGA)と Celeron (FC-PGA/PPGA)
の取り付け
Intel Pentium III FC-PGA と Celeron FC-PGA/PPGA パッケージプロセッサは、
Socket 7 Pentium プロセッサと同じように簡単に装着することができます。
Zero Insertion F orce) ソケットがプロセッサを正しい位置に
-Socket 370. ZIF (Z
しっかりと固定します。
図 2-3 は 370 ソケットと、レバーの上げ方を示しています。370 ソケットのピン数
は Socket 7 よりも多いため、Pentium レベルの CPU をこのソケットに装着するこ
ユーザーマニュアル
第2章
とはできません。
レバーを上げるときにはソケットロックを緩めてください。レバーは最後までしっ
かりと上げてください。次に CPU のピン 1 とソケットのピン 1 を揃えます。方向が
間違っていると、プロセッサを装着しにくくなる上にプロセッサのピンがしっかり
とソケットに挿入されません。このような場合は、方向を変えてみてください。図
2-4 を参照してください。
ここまでの手順を完了したら、レバーがロックされるようにレバーを元の位置に下
ろしてください。以上で CPU の装着が完了しました。
注意
! の熱を確実に放散するためには、ヒートシンクとファンをインストー
ルする必要があります。これらのアイテムをインストールしなければ、
が過熱して故障の原因となります。
! 詳しいインストールの手順については、ボックス入りプロセッサのインスト
ールの説明と に同梱されている説明書をお読みください。
2-3. システムメモリのインストール
このマザーボードにはメモリ拡張用に3つの )/ ピン サイトを備えていま
す。 ソケットは )0/,10),10,1/0,1
)0)/,10#,または両側 モジュールをサポートしてい
ます。最小メモリサイズは /,1 0 #),で、最大メモリサイズは 1.5GB
23 です。システムボードには3本のメモリモジュールソケット(全体で6本
のバンク)が用意されています。
メモリ配列を作成するためには一定の規則に従う必要があります。次の規則に従え
ば最適設定が可能となります。
! メモリ配列は または 4 ビット幅(パリティなしかパリティありによります)
! これらのモジュールはどのような順番でも装着できること
! シングルおよびダブル密度の をサポート
マザーボードのインストール
表 2-1. メモリ設定の例
バンク
メモリモジュール
合計
Bank 0, 1
(DIMM1)
8MB, 16MB, 32MB,
64MB, 128MB, 256MB, 512MB
8MB ~ 512MB
Bank 2, 3
(DIMM2)
8MB, 16MB, 32MB,
64MB, 128MB, 256MB, 512MB
8MB ~ 512MB
Bank 4, 5
(DIMM3)
8MB, 16MB, 32MB,
64MB, 128MB, 256MB, 512MB
8MB ~ 512MB
8MB ~ 1.5GB
システムメモリの合計
23 モジュールをマザーボードに装着するのは非常に簡単です。図 %# をご覧
になり、)/ ピン %)**& PC133 23 モジュールの外観を確認してください。
図 モジュールと
コンポーネントのマーク
2 を イ ン ス ト ー ル す る 時 と 違
い、 はソケットに直接挿入し
ます。挿入する時、うまく合ってい
ないようであれば、無理に装着する
ことは止めてください。メモリモジ
ュールを損傷する恐れがあります。
以下に を ソケットに取
付ける手順を紹介します。
ステップ メモリモジュールを取付ける前に、電源を切り、 電源ケーブルを
外して、完全に電源が切り離されていることを確認してください。
ステップ コンピュータケースカバーを取り外します。
ステップ いかなる電子部品に対してもそれらに触れる前に、塗装のされてい
ないケースの広い金属部分に触れて、体に溜まった静電気を放電し
ます。
ステップ )/ ピンメモリを ソケットに当てます。
ステップ 図のように、 をメモリ拡張スロットに挿入します。図 % で
メモリモジュールにキーノッチ56があることを良く見てくださ
い。これは、 が誤った方向に装着できないようにするための
ものです。方向が誤っていないのを確認し、ソケット奥までしっか
りと押し込んでください。イジェクタタブを内側に閉じて、切り欠
き部分に入るのを確認します。
ユーザーマニュアル
第2章
ステップ の装着が完了し
たら 、ケース カバー を元 に戻し ま
す。または、次のセクションで説明
する手順にしたがって、ほかのデバ
イスやアドオンカードをインストー
ルしてください。
図 メモリモジュールのインストール
メモリモジュールのインストール
注意
モジュールを ソケットにインストールするときには、イジェク
トタブをしっかりと モジュールに固定してください。
PC100, PC133 SDRAM および VCM DRAM モジュールは見分けがつけにくいため、これ
らを識別するには RAM モジュールに貼り付けられているシールで確認する以外に
ありません。RAM モジュールの構造モデルはこのシールに記載されています。
マザーボードのインストール
2-4. コネクタ、ヘッダ
コネクタ、ヘッダ、スイッチ
、ヘッダ、スイッチ
どのコンピュータの内部も、多くのケーブルおよびプラグの接続が必要です。これ
らのケーブルおよびプラグは通常 ) 対 )でマザーボード上のコネクタに接続されま
す。接続する場合、ケーブルの方向性に注意してください。また、もしあればコネ
クタの第 ) ピンの位置にも注意してください。第 ) ピンの重要性については以下に
説明します。
以下に全てのコネクタ、ヘッダおよびスイッチについてどのように接続するか紹介
します。ハードウェアをインストールする前に、この章を最後までお読みくださ
い。
図 %4 はこの後に説明する全てのコネクタおよびヘッダを示しています。この図で
それぞれの部品の位置を確認してください。
ここで説明する全てのコネクタ、ヘッダおよびスイッチはお使いのシステム構成に
依存します。いくつかの機能は周辺機器によって接続したり、設定したりする必要
があります。該当するアドオンカードがない場合はその分について無視してくださ
い。
図 2-7
2-7 VH6 のコネクタとヘッダ
ユーザーマニュアル
第2章
VH6 のヘッダの各機能は次の通りです。
(1) ATXPWR1: ATX 電源入力コネクタ
警告
電源装置からの電源コネクタが正しく ATXPWR1 電源に装着されていないとマザ
ーボードやアドオンカードに損傷を与える恐れがあります。
電源装置から出ている電源ブロックコ
ネク タ をこ の 783) に 接 続 し ま
す。コネクタが十分奥まで装着されてい
ることをご確認ください。
注意:ピンの位置と方向を良く確認して
ください。
(2A)/(2B)/(2C): FAN1, FAN2 & FAN3 ヘッダ
ファンから出 ているコネクタ を
FAN1 ヘッダに接続し、シャーシファン
から出ているコネクタを FAN3 ヘッダに
接続します。さらに電源ファンから出て
いるコネクタを FAN2 ヘッダに接続しま
す。
安定して動作させるために、 ファン
は必ず取付けてください。コンピュータ
ケース内の温度を一定且つ高温になり
すぎないようにするためにケースファ
ン取付けることをお薦めします。
注意:ピンの位置と方向を良く確認してください。
マザーボードのインストール
(3) IR1: IR ヘッダ (赤外線
赤外線)
)
(赤外線
ピン ) から # まで方向性があります。3
キットや 3 機器のコネクタを IR1 ヘッ
ダ(左行のみ)に取付けてください。こ
のマザーボードは標準 3 転送速度に対
応しています。
注意:ピンの位置と方向を良く確認して
ください。
(4) WOM1: Wake On Modem ヘッダ
お使いの内蔵モデムカードがこの機能
をサポートしている場合は、特殊ケーブ
ルで内蔵モデムとヘッダとを接続しま
す。この機能は、モデムを通して、リモ
ートコントロールによりシステムを起
動させるものです。
注意:ピンの位置と方向を良く確認して
ください。
(5) WOL1: Wake on LAN ヘッダ
お使いのネットワークアダプタがこの
機能をサポートしている場合は、ここに
ケーブルで接続します。この機能は、
9: を経由して遠隔制御できるように
するものです。この機能を利用するため
には、; <<5ユーティリテ
ィや他の同様のソフトウェアが必要に
なります。
注意:ピンの位置と方向を良く確認して
ください。
ユーザーマニュアル
第2章
(6) SMB1: システム管理バスコネクタ
このコネクタはシステム管理バス 2
!用に予約されています。2 バスは
特定の バスで使用されます。 は
マルチマスターバスです。つまり、同じ
バスに複数のチップを接続し、データ転
送を実行することでそれぞれをマスタ
ーとして機能させることができます。
つ以上のマスターが同時にこのバスを
制御しようとすると、仲介機能が作動し
て優先権を持つマスターが決定されま
す。注意:ピンの位置と方向を良く確認してください。
(7A)/(7B): RT1 ヘッダ & RT2 サーミスタ
RT1 ヘッダには CPU の温度を測定するた
めのサーミスタを接続します。
RT2 にはシステムの環境温度を測定する
ためのサーミスタを接続します。これ
は、システム温度測定器とも呼ばれま
す。
(8) USB2 ヘッダ : 追加 USB プラグヘッダ
このヘッダには追加の USB ポートプラ
グをつなぎます。さらに2つの USB ポー
トを使用できるようにするには、特別な
USB ポートケーブル(オプション)が必
要となります。これらの USB ポートは、
バックパネルにつなぎます。
マザーボードのインストール
ピン名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
機能
VCC0
Ground 1
Data +
Data1 Ground
Ground
Data Data1 +
Ground
VCC1
(9) CDIN1: 内蔵 CD-ROM ドライブのオーディオケーブルヘッダ
このヘッダには内蔵 CD-ROM ドライブの
オーディオケーブルをつなぎます。この
ヘッダは特殊なタイプの CD オーディオ
ケーブルコネクタが使用します。 CDROM ドライブのオーディオケーブルのタ
イプを確認してから、接続してくださ
い。
(10) CCMOS1: CMOS クリアジャンパ
+2) ジャンパは +2 メモリの内
容を消します。マザーボードに装着する
時は、このジャンパが通常動作に設定さ
れていることを確認してくださいピン
) とピン をショート。図%/ をご覧く
ださい。
図 2-8
2-8 CCMOS1 ジャンパの設定
ユーザーマニュアル
第2章
注意
+2 メモリをクリアする前に、完全に電源を切ってください# スタンバイ
電源を含む。これを怠りますと、システムの動作が不安定になります。
(11) J1 & J2 ヘッダー:
ヘッダー:
オーディオコーデックか AMR カードを
使用するために2種類のヘッダーがあ
ります。下の表を参照の上、適正に設定
してください。
J1
J2
AC 97
ショート
1-2 ピン ショート
MC 97
オープン
3-4 ピン ショート
AC 97 & MC 97
ショート
1-2 ピン ショート
3-4 ピン ショート
ボード上のオーディオコーデックを使いたい場合は-AC 97.を選択します。AMR ス
ロットにモデムコーデックカードを挿入したい場合は-MC 97.設定を選択します。
両方使用する場合は、-AC 97 & MC 97.設定を選択します。
(12) JP1 ヘッダー:
ヘッダー: AMR 機能の選択
このヘッダーは、AMR スロットに挿入す
る AMR カードをプライマリにするかセ
カンダリにするかを設定できます。ボー
ド上のオーディオコーデックを使用し
ない場合は、JP1 をオープンにする必要
があります。デフォルト設定はショート
です。MC97 カードを使用する場合にの
み JP1をオープンに設定し、それ以外
はショートを選択してください。
マザーボードのインストール
AMR カード
JP1 ショート
セカンダリ
JP1 オープン
プライマリ
(13
(1
3) PN1 および PN2 ヘッダ
:) と : はケースフロントパネルの
スイッチと表示機を取扱います。これら
のヘッダにはいくつかの機能が組み込
まれています。ピンの場所と方向につい
て良く確認してください。間違った接続
をしますと、システム動作が不安定にな
ることがあります。図 %= は ) と :
の機能を示しています。
図 2-9
2-9 PN1 と PN2 の設定
PN1 (Pin 1-2-3-4-5): 電源 LED ヘッダ
ピン ) から まで方向性があります。三つに分かれた &>9 ケーブルをピン )
~ に接続してください。ピンとコネクタが正しく接続されていることを確認して
ください。接続する方向が間違っていると、システム電源が + になっても &>
9 が点灯しません。
注意:&>9 ピンの位置と方向を良く確認してください。
PN1 (Pin 6-7): HDD LED ヘッダ
ケースにつながっている HDD LED ケーブルをこのヘッダに接続してください。接続
する方向が間違っていると HDD に対するアクセスがあっても LED が点灯しません。
注意:ピンの位置と方向を良く確認してください。
ユーザーマニュアル
第2章
PN1 (Pin 8-9): Power on Switch ヘッダ
ケースにつながっている電源スイッチをつなぎます。
PN1 (Pin 10-11): Hardware Suspend Switch (SMI スイッチ)
スイッチ) ヘッダ
ケースに 2!?6 スイッチがあればそのケーブルをこのヘッダに接続してくださ
い。このスイッチは電源管理機能の動作/非動作をハードウェアで実行します。注
意:,+2 セットアップで 機能を無効にした場合は、この機能も使用できま
せん。
PN2 (Pin 1-2): Hardware Reset スイッチヘッダ
ケースのフロントパネルの 3 スイッチから出ているケーブルをつなぎます。シ
ステムをリセットするには、リセットボタンを ) 秒以上押したままにしてくださ
い。
PN2 (Pin 4-5-6-7): スピーカヘッダ
ケースにつながっているスピーカケーブルをこのヘッダに接続してください。
:) と : の名前と機能については、表 % を参照してください。
表 2-2 PN1 と PN2
PIN 名
機能
PIN 名
PIN 1 +5VDC
PN1
PIN 2 接続なし
PIN 2 入力をリセット
PIN 3 Ground
PIN 3 接続なし
PIN 4 接続なし
PIN 4 +5VDC
PIN 5 接続なし
PIN6
電源 LED
PN2
PIN 5 Ground
PIN6
Ground
PIN 7 HDD On
PIN 7 スピーカ
PIN 8 Ground
PIN 8 接続なし
PIN 9 電源 On/Off
PIN 9 接続なし
PIN 10 Ground
PIN 10 接続なし
PIN 11 サスペンド信号
PIN 11 接続なし
VH6 の + コネクタの各機能は次の通りです。
機能
PIN 1 Ground
マザーボードのインストール
(14
(1
4) FDC1 コネクタ
この ピンコネクタは、“フロッピー
ディスクドライブ$コネクタ”と
呼ばれ、360K, 5.25., 1.2M, 5.25., 720K,
3.5((, 1.44M, 3.5., 2.88M, 3.5.などの
FDD を接続することができます。また 3
モードの FDD にも対応しています。
$ ケーブルは 本の信号線と 台までの $ を接続するためのコネクタとマ
ザーボードに接続するためのコネクタが付いています。ケーブルの一部が反転され
ていない方の端のコネクタをマザーボードの $) に取付けてから、$ 側のコ
ネクタを接続してください。ドライブ @となる方の $ には、ケーブルの一部が
反転した先のコネクタを利用してください。システムはフロッピーディスクドライ
ブが ) 台のみでも動作します。
注意
ケーブルの赤い線は ) 番ピンを示しています。$) コネクタに接続する時、)
番ピンとこの赤い線が同じ側に来ていることを確かめてください。
(15
(1
5) IDE1 および IDE2 コネクタ
ハードディスクケーブルは
* 本の信号線を持ち、 つの ドライ
ブを接続するためのコネクタとメイン
ボードに接続するためのコネクタを備
えています。ケーブルの一方のコネクタ
を )(もしくは )に装着後、残
りのコネクタで や %3+ ド
ライブ、92)* ドライブなどを接続して
ください。 をインストールする前
に以下の点に留意ください。
♦ - ".はマザーボードの ) 番目すなわち ) コネクタを示しています。
ユーザーマニュアル
第2章
♦ -2<&6.はマザーボードの 番目すなわち コネクタを示しています。
♦ 台までの がそれぞれのメインボード上のコネクタに接続できます。
最初のドライブを-.と呼び、 番目のドライブを-2A.と呼びます。
♦ 最高のパフォーマンスを発揮するために、%3+ ドライブは、ハードディス
クと同じ チャンネルに接続しないようお薦めします。このような接続をし
た場合、%3+ 側の性能に合わせて、 の読み書きの速度が低下します。
注意
! もしくは 2A の状態は、 側で設定します。 のマニュアルあ
るいは、 上のラベルをご覧になり、正しく設定してください。
! ケーブルの赤いマークは信号の ) 番であることを示しています。ワイヤーの
ピン ) と FDC1 コネクタピン 1 が同じ側に来ていることを確かめてから、ワイ
ヤーのコネクタを FDC1 コネクタに差し込んでください。
Ultra ATA/66 を使用するには、次の4つの条件を満たしていなければなりません。
* ドライバが Ultra ATA/66 をサポートしていること
* マザーボードとシステム BIOS (またはアドインコントローラ) が Ultra ATA/66
をサポートしていること
* OS が Direct Memory Access (DMA) に対応していること。Microsoft Windows 98
と Windows 95B (OSR2) は DMA に対応しています。
* 80 コンダクタタイプの 45cm 以下のケーブルを使用すること。
Ultra ATA/66
ケーブルの接続方法:
:
ATA/66 ケーブルの接続方法
青いコネクタをマザーボードにつな
& 青い
いでください。黒い方のコネクタをつな
ぐと、システムが正しく動作しなくなり
ます。
図 ケーブルの接続方法
& Ultra ATA/66 ケーブルの各コネクタ
には、プラスチックのボディの中央付近
に小さい分極タブがあります。これを目
印にすることによって、マザーボードと
ドライブを正しい方向につなぐことが
できます (ピン#1 からピン#1 へ)。
& ケーブルの赤い線とピン#1 が同じ側にくるようにしてください。ドライブ側で
は、赤い線が電源コネクタの方にくるように接続します。青いコネクタをマザー
マザーボードのインストール
ボード上の 40 ピン IDE プラグにつなぎます。
& 黒いコネクタをマスターHDD のプラグに差し込みます。次にグレイのコネクタを
スレーブドライブ (セカンダリ HDD、CD-ROM、テープドライブなど) のプラグに
差し込みます。図 2-10 を参照してください。
図 2-11
2-11 VH6 のバックパネルのコネクタ
図 2-11 は WB6 のバックパネルにあるコネクタの位置を示しています。これらのコ
ネクタはデバイスの外側からマザーボードへ接続するためのものです。以下に、こ
れらのコネクタに接続すべきデバイスについて説明します。
KM1 Lower: PS/2 キーボードコネクタ
2
キーボードのコネクタをこの ピン
コネクタに接続します。 キーボード
を使用する場合は、コンピュータショップ
にて変換コネクタをお求めの上、接続して
ください。互換性上、2
キーボードのご
利用をお薦めします。
KM1 Upper: PS/2 マウスコネクタ
2
マウスをこの ピン コネクタに接続します。
USB ポートコネクタ
このマザーボードは つの 2, ポートを提供しています。それぞれの 2, 機器を
ケーブルを介してここに接続してください。
ユーザーマニュアル
第2章
2, 機器を利用される前に、ご使用になるオペレーティングシステムがこの機能
をサポートしていることを確認し、必要であればそれぞれのドライバをインストー
ルしてください。詳細は、それぞれの 2, 機器のマニュアルを参照してください。
シリアルポート COM1 & COM2 ポートコネクタ
このマザーボードは つの + ポート
を提供しており、外付けモデムやマウス
その 他のシリ アル 機器を接 続で き ま
す。
COM1 と COM2 に接続する外部装置は自由
に決めることができます。各 COM ポート
には一度に1台の装置しか接続できま
せん。
パラレルポートコネクタ
このパラレルポートは一般にプリンタを接続するため、.9.ポートとも呼ばれま
す。このポートのプロトコルをサポートする EPP/ECP スキャナなど他の機器を接
続することも可能です。
マザーボードのインストール
Line Out, Line In,
In, Mic In コネクタ
Line Out コネクタ:
コネクタ: 外付けスピーカーの信号入力プラグを接続します。または、
ここから出ているプラグをステレオオーディオ装置の AUX 信号入力ソケットに接
続します。このマザーボードにはスピーカーを操作するためのアンプは搭載されて
いませんので、アンプが内蔵されたスピーカーをお使いください。アンプの付いて
いないスピーカーを使用すると、サウンドが聞こえなかったり、スピーカーから小
さい音しか聞こえなかったりします。
Line In コネクタ:
コネクタ: YTV アダプタのオーディオ出力信号、または CD ウォークマン、
ビデオカメラ、VHS レコーダーなどの外付けオーディオソースを接続します。信号
の入力レベルはオーディオソフトでコントロールすることができます。
ユーザーマニュアル
第2章
Mic In コネクタ:
コネクタ: マイクから出ているプラグをつなぎます。このコネクタに
は、これ以外のオーディオ (または信号) ソースは絶対につながないでください。
MIDI/GAME ポートコネクタ
このコネクタにはジョイスティック、ゲームパッド、あるいはその他のシミュレー
ションデバイスの DIN 15-pin をつなぎます。詳細はデバイスの説明書をお読みく
ださい。
について
第章
について
,+2 はマザーボードの Flash Memory チップに保存されるプログラムです。このプ
ログラムはコンピュータの電源を +$$ にしても消去されません。同プログラムは
ブートプログラムとも呼ばれ、ハードウェア回路が +2 と交信するための唯一のチ
ャネルです。その主な機能はマザーボードやインタフェースカードのパラメータの
設定を管理することです。これには、時間、日付、ハードディスクなどの簡単なパ
ラメータや、ハードウェアの同期、デバイスの動作モード、 !!
機能、 速度などの比較的複雑なパラメータの設定が含まれます。これらのパ
ラメータが正しく設定された場合のみ、コンピュータは正常に動作します。
'
操作がわからない場合は "! 内のパラメータを変更しないでくださ
い。
,+2 内のパラメータはハードウェアの同期化はデバイスの動作モードの設定
に使用されます。パラメータが正しくないと、エラーが発生して、コンピュー
タはクラッシュしてしまいます。コンピュータがクラッシュすると、起動でき
ないこともあります。,+2 の操作に慣れていない場合は ,+2 内のパラメータ
を変更しないようお勧めします。コンピュータが起動できない場合は、第 章
の「+2 クリアジャンパ」のセクションを参照して +2 データを一旦消
去してください。
コンピュータを起動すると、コンピュータは ,+2 プログラムによって制御されま
す。,+2 はまず必要なすべてのハードウェアの自動診断を実施し、ハードウェア
同期のパラメータを設定して、すべてのハードウェアを検出します。これらのタス
クが終了しない限り、コンピュータの制御は次レベルのプログラムである +2 に渡
りません。,+2 はハードウェアとソフトウェアが通信する唯一のチャネルなの
で、システムの安定性および最適なシステムパフォーマンスのための重要な要素で
す。,+2 が自動診断と自動検出操作を終了すると、次のメッセージが表示されま
す。
PRESS DEL TO ENTER SETUP
メッセージが表示されてから ~# 秒以内に #$ キーを押すと、,+2 のセットアッ
プメニューにアクセスします。セットアップメニューに入ると、,+2 は次のメニ
ューを表示します。
ユーザーマニュアル
第3章
図 3-1 CMOS セットアップユーティリティ
図 %) の ,+2 設定のメインメニューにはいくつかのオプションがあります。この
章では以下それらのオプションについて順に解説してゆきますが、その前にファン
クションキーの機能について簡単に説明します。
Esc キーを押します。
! BIOS Setup を終了するには、Esc
! メインメニューで確定または変更するオプションを選択するには ↑↓→←
(上、下、左、右)を使用してください。
! ,+2 のパラメータを設定し、それらのパラメータを保存して ,+2 のセットア
ップメニューを終了する場合は キーを押してください。
! アクティブなオプションの BIOS のパラメータを変更するには、Page Up/Page
Down か+/-キーを押します。
コンピュータ豆知識:
コンピュータ豆知識
: データ
B+2 データが消えたBというようなことをお聞きになったことがありません
か?+2 とは、,+2 パラメータを保存しておくメモリのことです。+2
からはデータを読み込んだり、データを保存したりすることができます。
+2 はコンピュータの電源を切ってもデータを保持できるように、電池でバ
ックアップされています。したがって、電池切れや電池不良により電池を交換
しなければならなくなったときに、+2 のデータが失われてしまいます。あ
らかじめ +2 データの内容を書き留めてコンピュータに貼り付けておくな
どして、保管しておいてください。
について
3-1. CPU Setup [SOFT MENU II]
II]
CPU SOFT MENU IIによって設定できます。こ
はプログラム可能なスイッチCPU
II
れは従来の手動によるハードウェアの設定に代わるものです。この機能を使えばイ
ンストールがいっそう容易になります。ジャンパやスイッチの設定を必要とせずに
のインストールができます。 はその仕様に合った設定が必要です。最初
のオプションで F1 キーを押すと、そのオプションに対して変更可能なすべての項
目が表示されます。
図 3-2 CPU SOFT MENU II
CPU Name Is:
➤ Intel Celeron MMX
➤ Intel Pentium III MMX
CPU Operating Speed:
このオプションでは 速度を設定します。
この部分では の速度は次のように計算されます: 速度 C 0 &<5
(外部クロック)×! ? $<&(クロック倍数)。 の種類と速度に従って
速度を設定してください。
Intel Pentium II/II および Celeron MMX では次の設定が選択できます。
➤300 (66)
➤433 (66)
➤533 (66)
➤333 (66) ➤366 (66) ➤400 (66)
➤450 (100) ➤466 (66) ➤500(66)
➤533 (133) ➤550 (100) ➤566 (66)
➤400 (100)
➤500 (100)
➤600 (66)
ユーザーマニュアル
第3章
➤600 (100) ➤600 (133) ➤650 (100) ➤667 (133) ➤700 (100)
➤733 (133) ➤750 (100) ➤800 (100) ➤800 (133) ➤866 (133)
➤1000 (133) ➤User Define
ユーザが外部クロックとクロック倍数を指定する場合
➤ User Defined
$$$$
$$$$
警告
クロック倍数と外部クロックの設定を誤ると、 をダメージを与えることが
あります。 のチップセットまたはプロセッサの仕様よりも高い周波数に設
定すると、メモリモジュールエラー、システムクラッシュ、ハードディスクド
ライブのデータロス、 カードや他のアドオンカードの誤動作を招く場合
があります。 の仕様外の設定は本書の目的ではありません。そうした設定
はエンジニアリングテストのためで、通常のアプリケーションでは使用しない
でください。
通常の操作で仕様を超えて設定した場合、システムが不安定になり、システム
の信頼性に影響が出ることがあります。また、仕様外の設定に対しては安定性
や互換性の保証はできません。マザーボードのコンポーネントに問題が生じた
場合の責任を負うことはできません。
✏ External Clock:
➤66MHz (1/2)
➤150MHz(1/4)
➤110MHz (1/3)
➤112MHz (1/3)
➤75MHz (1/2)
➤100MHz
➤140MHz
➤115MHz
➤103MHz
➤124MHz
(1/3)
(1/4)
(1/3)
(1/3)
(1/3)
➤133MHz (1/4)
➤105MHz (1/3)
➤120MHz (1/3)
➤83MHz (1/2)
注意
66MHz/100MHz/133MHz 以上の CPU バス速度にも対応していますが、PCI とチッ
プセットの仕様により動作を保証することはできません。
✏ Multiplier Factor:
以下のクロック倍数の中から選択できます。
➤ 2
➤ 2.5 ➤ 3
➤ 3.5 ➤ 4
➤ 4.5 ➤ 5
➤ 5.5 ➤ 6
➤ 6.5
➤ 7
➤ 7.5 ➤ 8
➤ 8.5 ➤ 9
➤ 9.5 ➤ 10 ➤ 10.5
➤ 11
➤ 11.5 ➤ 12
CPU のブランドやタイプにより若干違いがあります。
について
注意
Celeron FC-PGA/PPGA MMX CPU のタイプによっては、いくつかの Celeron
FC-PGA/PPGA MMX CPU は倍数が固定されているために信号が無効となるものが
あります。このような場合は、倍数を上げることはできません。
✏ Speed Error Hold:
Enabled(使用する)に設定すると、CPU 速度を間違って設定した場合にシ
ステムが停止します。デフォルトは Disabled です。
通常、 速度やクロック倍数の設定でBD (ユーザー指定)Bのオ
プションは使用しないでください。このオプションは今後、仕様が未知の
をセットアップするためのものです。現在の の仕様はすべてデフ
ォルト設定の中に含まれています。 の全パラメータに非常に精通して
いる場合を除き、外部クロックやクロック倍数を自分で指定するのは非常に
危険です。
無効なクロック設定による起動の問題の解決方法:
無効なクロック設定による起動の問題の解決方法:
無効なクロック設定による起動の問題の解決方法
通常、 のクロック設定に問題がある場合、起動することはできません。その
場合はシステムを +$$ にしてから再起動してください。 は自動的に標準のパ
ラメータを使用して起動します。,+2 の設定に入って のクロックを設定し直
してください。,+2 の設定に入れない場合は、数回(% 回)システムの電源を
入れ直すか、B:23Bキーを押したままシステムを +: にしてください。システ
ムは自動的に標準のパラメータを使って起動します。その後、,+2 の設定に入っ
て新しいパラメータを設定してください。
を交換する場合:
を交換する場合:
このマザーボードは をソケットに挿入するだけで、ジャンパや スイッチ
を設定しなくてもシステムを正しく起動できる設計になっていますが、 を変
更する場合、通常は電源を +$$ にして を交換後、 !! から
のパラメータを設定してください。しかし、 のメーカー名とタイプが同
一で、交換後の が交換前のものより速度が遅い場合、 の交換は以下の つの方法のいずれかで行ってください。
方法 ): 古い の状態のままでそれをサポートする最低の速度に一旦 を
設定します。電源を +$$ にして を交換後、システムを再起動して
!! から のパラメータを設定してください。
ユーザーマニュアル
第3章
方法 : を交換の時に ジャンパを使って以前の のパラメータを
消去します。この後 の設定に入って のパラメータをセットア
ップできます。
注意
パラメータを設定して 設定を終了後、システムが正しく再起動すること
を確認するまで、リセットボタンを押したり、電源を にしたりしないでく
ださい。 が正しく読み込まれず、パラメータが失われ、
に再び入ってパラメータをすべて設定し直さなければならない場合があり
ます。
CPU Power Supply:
CPU Default と User Define の電圧を切り換えることができます。
➤CPU Default: システムが CPU タイプを検出し、適切な電圧を自動的に選択しま
す。これを有効にすると、Core Voltage オプションは CPU により
定義された現在の電圧設定が示されます。この値を変更すること
はできません。現在の CPU タイプと電圧設定が検出されなかった
り、正しく表示されない場合を除き、CPU Default 設定のままに
しておかれるようお勧めします。
➤User Define: 電圧を手動で選択することができます。Core Voltage オプション
に表示される値は、Page Up キーと Page Down キーを使うことに
よって変更できます。
DRAM Clock:
[Host CLK] ! [HCLK-PCICLK] ! [HCLK+PCICLK]の3つのオプションがあ
ります。デフォルト設定は[Host CLK]です。このオプションは SDRAM の処理速度
を CPU 周波数と同じにするか、あるいは PCI クロック速度を引いた数値か足した数
値に設定します。
CPU Hardwired IOQ:
[Level 1] ! [Level 4]の2つのオプションがあります。デフォルト設定は
[Level 1]です。このオプションはプロセッサとチップセット間のパイプライン
の深さを設定します。
[Level 4]を選択すると性能が高くなり、[Level 1]を選択
すると性能が安定します。
について
3-2. Standard CMOS Features Setup Menu
ここには、日付、時間、 カード、
、 などの の基本的な設定パ
ラメータが含まれています。
図 3-3A. Standard CMOS Setup
Date (mm:dd:yy):
(mm:dd:yy):
このアイテムでは月、日、年などの日付情報を設定します。
Time (hh:mm:ss):
(hh:mm:ss):
ここのアイテムでは時、分、秒などの時間情報を設定します。
IDE Primary Master / Slave and IDE Secondary Master / Slave:
このアイテムにはオプションを持つサブメニューがあります。どのようなオプショ
ンがあるかは、図 3-4 をご覧ください。
ユーザーマニュアル
第3章
図 3-3B. IDE Primary Master Setup
IDE HDD Auto-Detection:
Enter キーを押すと、ハードディスクドライブの詳しいパラメータをすべて BIOS
が自動的に検出します。自動的に検出されたら、このメニューの中のほかのアイテ
ムに正しい値が表示されます。
注意
" 新しい IDE HDD を先に初期化しなければ、書き込み/読み込みができませ
ん。1つの HDD を使用した場合の基本的なステップは、HDD
HDD 低レベルフォー
マットを行い、FDISK を起動した後でドライブをフォーマットします。ほと
マット
んどの HDD は工場出荷時にすでに低レベルフォーマットされていますの
で、この操作は省略することができます。ただし FDISK を使用するには、
プライマリ IDE HDD には独自のパーティションセットがなければなりませ
ん。
# すでに初期化されている古い HDD を使用する場合は、正しいパラメータが
検出されない場合があります。低レベルフォーマットを行うか、手動でパ
ラメータを設定した上で HDD が作動するかどうかを確認してください。
IDE Primary Master:
3つの設定が可能です:Auto、Manual、None。Auto を選択すると、使用している
HDD の種類を BIOS が自動的にチェックします。各パラメータについて十分な知識
がある方以外は、これらのパラメータを手動で変更することはおやめください。ま
たパラメータを変更するときには、必ず HDD の説明書をよくお読みください。
について
Access Mode:
以前の では容量が までの しか対応できなかったため、 を
超える空間については利用できませんでした。 はこの問題を解決す
る機能を備えています。 の種類によって、、、 の4つの
モードから選択できます。NORMAL ! LBA ! LARGE !Auto
サブメニューの 自動検出オプション はハード
ディスクのパラメータおよびサポートされているモードを自動的に検出します。
➤ Auto:
BIOS が HDD のアクセスモードを自動的に検出し、設定します。
モード:
➤ Normal モード
:
通常のノーマルモードは までのハードディスクに対応します。このモ
ードはシリンダ!、ヘッド、セクタで示された位置を使ってデータにアク
セスします。
モード:
➤ LBA (Logical Block Addressing) モード
:
初期の モードは容量が "# までの に対応できます。このモードは
異なる方法を用いてアクセスするディスクデータの位置を計算します。シリン
ダ!、ヘッド、セクタをデータが保存されている論理アクセスの中に翻訳
します。このメニューに表示されるシリンダ、ヘッド、セクタはハードディス
クの実際の構造に反映するのではなく、実際の位置の計算に使用される参照数
値に過ぎません。現在ではすべての大容量ハードディスクがこのモードをサポ
ートしているためこのモードを使用するようお勧めします。当 は $%
拡張機能もサポートしているので、 モードは容量が "# を超えるハード
ディスクドライブにも対応できます。
モード:
➤ Large モード
:
ハードディスクのシリンダ!数が $&# を超えていて が対応できない
場合または が モードに対応していない場合にこのモードを選択してく
ださい。
Capacity:
HDD のサイズを表示します。この値は初期化したディスクのチェックプログラムで
検出されるサイズよりも若干大きくなりますので注意してください。
注意
以下のアイテムは、Primary IDE Master を Manual に設定すると設定可能とな
ります。
ユーザーマニュアル
第3章
Cylinder:
シャフトに沿って直接重ねられたディスクで、ある特定の位置にある全トラックに
より構成される同心円状の「スライス」を「シリンダ」と呼びます。ここでは HDD
のシリンダの数を設定できます。最小値は 0、最大値は 65536 です。
Head:
ヘッドとはディスク上に作成した磁気パターンを読み取るための小さい電磁コイ
ルと金属棒のことです (読み書きヘッドとも呼びます) 。ここでは読み書きヘッド
の数を設定できます。最小値は 0、最大値は 255 です。
Precomp:
最小値は 0、最大値は 65536 です。
警告
65536 はハードディスクが搭載されていないことを意味しています。
Landing Zone:
これはディスクの内側のシリンダ上にある非データエリアで、電源が OFF のときに
ヘッドを休ませておく場所です。最小値は 0、最大値は 65536 です。
Sector:
ディスク上のデータを読み書きする際の、記憶領域の最小単位です。通常セクタは
ブロックや論理ブロックに分けられています。ここではトラックあたりのセクタ数
を指定します。最小値は 0、最大値は 255 です。
Driver A & Driver B:
ここにフロッピーディスクドライブをインストールした場合、サポートするフロッ
ピードライブの種類を選択できます。次の ' つのオプションが指定できます:
None!360K, 5.25 in. ! 1.2M, 5.25in. ! 720K, 3.5 in. ! 1.44M, 3.5 in. !
2.88M, 3.5 in。
Floppy 3 Mode Support:
% モードのフロッピーディスクをアクセスする場合には、% モードと対応のフロッ
ピーディスクドライブを用意するとともにこのモードを ()*+, に設定してくだ
さい。次の4つのオプションが指定できます:-)*+,!.-/,.!.-/,.!
01。デフォルトは -)*+, です。
について
Video:
ビデオアダプタの モードを選択します。次の # つのオプションが指定できま
す:EGA/VGA ! CGA 40 ! CGA 80 ! MONO。デフォルトは EGA/VGA です。
Halt On:
システムを停止させるエラーの種類を選択できます。次の つのオプションが指定
可能です:All Errors ! No Errors ! All, But Keyboard ! All, But Diskette
! All, But Disk/Key。
右下のボックスにはシステムメモリのリストが表示されます。表示されるのはシス
テムの基本メモリ、拡張メモリ、およびメモリの合計サイズです。これらはブート
時に自動的に検出されます。
ユーザーマニュアル
第3章
3-3. Advanced BIOS Features Setup Menu
各アイテムではいつでも2(1,.3を押すと、そのアイテムのすべてのオプションを
表示できます。
注意
/)(4,
,)15.,,156 メニューはあらかじめ最適な条件に設定されてい
ます。このメニューの各オプションについてよく理解できない場合はデフォル
ト値を使用してください。
図 3-4A. Advanced BIOS Features Setup の上画面
図 3-4B. Advanced BIOS Features Setup の下画面
について
Virus Warning:
このアイテムは ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できま
す。デフォルトは -)*+, です。この機能を使用すると、ソフトウェアやアプリ
ケーションからブートセクタやパーティションテーブル対して書込みアクセスが
ある度に、ブートウィルスがハードディスクにアクセスしようとしているとして警
告を出します。
CPU Level 1 Cache:
このアイテムは ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できま
す。デフォルトは ()*+, です。このアイテムは レベル $ キャッシュの 7
の設定に使用されます。キャッシュを -)*+,(使用しない)に設定すると、非常
に遅くなります。古くて質の悪いプログラムの中には、システム速度が速すぎる
と、コンピュータを誤動作させたり、クラッシュさせたりするものがあります。そ
の場合にこの機能を -)*+, にしてください。
CPU Level 2 Cache:
このアイテムは レベル キャッシュの 7
の設定に使用されます。拡張
キャッシュを使用すると、システムの速度が向上します。デフォルトは ()*+,(使
用する)です。
CPU L2 Cache ECC Checking:
このアイテムは レベル キャッシュの チェック機能の 7
を設定し
ます。デフォルトは ()*+,(使用する)です。
Processor Number Feature
この機能はプログラムにプロセッサ内のデータを読み取らせます。この機能は
Intel Pentium III プロセッサ専用の機能です。Pentium III プロセッサをマザ
ーボードにインストールしてシステムを起動すると、このアイテムが BIOS に表示
されます。
選択肢は Enabled と Disabled があります。Enabled を選択すると、あるプログラ
ムがプロセッサのシリアルナンバーを読み取ります。Disabled を選択すると、プ
ロセッサのシリアルナンバーを読み取りません。デフォルト設定は Disabled で
す。
ユーザーマニュアル
第3章
Quick Power On Self Test:
コンピュータに電源を投入すると、マザーボードの はシステムとその周辺装
置をチェックするために一連のテストを行ないます。()*+, に設定すると、
はブートプロセスを簡略化して、立ち上げの速度を優先します。デフォルトは、
()*+, です。
First Boot Device:
コンピュータをブートすると、BIOS はフロッピーディスクドライブ A、LS/ZIP デ
バイス、ハードディスクドライブ C, SCSI ハードディスクドライブ、CD-ROM など、
これらのアイテムで選択した順番で OS を読み込もうとします (デフォルトは
Floppy です)。
Floppy ! LS/ZIP ! HDD-0 ! SCSI ! CDROM ! HDD-1 ! HDD-2 ! HDD-3 !
LAN ! Disabled。
Second Boot Device:
First Boot Device の説明を参照してください。デフォルトは HDD-0 です。
Third Boot Device:
First Boot Device の説明を参照してください。デフォルトは LS/ZIP です。
Boot Other Device:
BIOS は上記の3つのアイテムで設定した3種類のブートデバイスからブートしよ
うとします。このアイテムでは ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)
が設定できます。デフォルトは Enabled です。
Swap Floppy Drive:
このアイテムは ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できま
す。デフォルトは -)*+, です。この機能を使用すると、コンピュータのケース
を開けずに、フロッピーディスクドライブのコネクタの位置を交換したのと同じ効
果が得られます。これによりドライブ 8をドライブ 8として、ドライブ 8をド
ライブ 8として使用できます。
について
Boot Up Floppy Seek:
コンピュータが起動する時、 はシステムに が接続されているかどうかを
検出します。このアイテムを ()*+,(使用する)にすると、 がフロッピー
ドライブを検出できなかった場合、フロッピーディスクドライブエラーのメッセー
ジを表示します。このアイテムを -)*+,(使用しない)にすると、 はこの
テストを省略します。デフォルトは -)*+, です。
Boot Up NumLock Status:
➤(8起動後、数字キーパッドは数字入力モードで動作します。デフォルト
➤998起動後、数字キーパッドはカーソル制御モードで動作します。
IDE HDD Block Mode:
このアイテムは ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できま
す。デフォルトは ()*+, です。
ほとんどの新しいハードディスクドライブ (IDE ドライブ) は、マルチセクタ転送
に対応しています。この機能は HDD のアクセス速度を高めます。このアイテムを
Enabled に設定すると、HDD がこの機能に対応しているかどうかが自動検出され、
正しい設定が選択されます。
Typematic Rate Setting:
このアイテムではキーストロークのリピート速度を設定できます。()*+,(使用
する)を選択すると、キーボードに関する以下の つのタイプマティック制御
( 6,)1-4)1, と 6,)1-4)1,,+))を選択できます。このアイテムを -)*+,
(使用しない)にすると、 はデフォルト設定を使用します。
Typematic 速度(文字数
(文字数/
/秒):
速度(文字数
秒):
キーを押し続けているとき、キーボードは設定された速度(単位:文字数/秒)に
従ってキーストロークを繰り返します。8 つのオプションを使用できます: 6 ! 8
! 10 ! 12 ! 15 ! 20 ! 24 ! 30 ! 6 に戻る。デフォルトの設定は 30 で
す。
ユーザーマニュアル
第3章
Typematic 遅延(ミリセコンド)
(ミリセコンド):
:
遅延(ミリセコンド)
キーを押し続けているとき、ここで設定された遅延を越えると、キーボードは一定
の速度(単位:ミリセコンド)に従ってキーストロークを自動的に繰り返します。
4 つのオプションを使用できます: 250 ! 500 ! 750 ! 1000 ! 250 に戻る。
デフォルトの設定は 250 です。
Security Option:
このオプションは 1,(システム)と ,156(セットアップ)に設定できます。
デフォルトは Setup です。):0. ,11-(; でパスワードを設定すると、不正なユ
ーザーによるシステム(1,)へのアクセスを、またはコンピュータ設定(
,156)の変更を拒否します。
➤SYSTEM:
SYSTEM:
1, を選択すると、コンピュータを起動する度にパスワードが求
められます。正しいパスワードが入力されない限り、システムは起動
しません。
➤SETUP:
SETUP:
,156 を選択すると、 設定にアクセスする場合だけパスワードが
求められます。):0. ,11-(; のオプションでパスワードを設定し
ていない場合、このオプションは使用できません。
注意
パスワードは忘れないでください。パスワードを忘れた場合、コンピュータの
ケースを開けて、 のすべての情報をクリアにしてからシステムを起動し
てください。この場合、以前に設定したすべてのオプションはリセットされま
す。
OS Select For DRAM > 64MB:
システムメモリが '# を超えると、 と の通信方法は の種類によって
異なります。7 を使用している場合は を、他の の場合は 0(< を選
んでください。
Report No FDD For WIN 95:
フロッピードライブなしで Windows = を使用する場合はこのアイテムを>!,>に設
定してください。
について
Video BIOS Shadow:
このオプションはビデオカード上の がシャドウ機能を使用するかどうかを
指定します。通常このオプションは>()*+,>に設定してください。>-)*+,>に設
定すると、システムのパフォーマンスが著しく低下します。
Shadowing address ranges:
このオプションでは、特定のアドレスにあるインタフェースカードのメモリブロッ
ク(拡張 領域)がシャドウ機能を使用するかどうかを指定できます。このメ
モリブロックを使用しているインタフェースカードがない場合は、このオプション
は無効にしてください。
' つのアドレス領域に対してそれぞれ設定が可能です。
C8000-CBFFF Shadow, CC000-CFFFF Shadow, D0000-D3FFF Shadow, D4000-D7FFF
Shadow, D8000-DBFFF Shadow, DC000-DFFFF Shadow
パソコン豆知識:シャドウメモリ
パソコン豆知識
:シャドウメモリ
一般的なビデオカードやインターフェイスカードは各自の動作のために必要
なプログラムを格納した < をカード上に装着しています。シャドウ
機能はこの < の内容を高速読み出し可能な にコピーする機能の
ことです。コンピュータはカード上の 機能を利用する時に、 上にコ
ピーされたプログラムを実行するため、 上で実行する場合に比べて速度
が向上します。
Delay IDE Initial (Sec):
古いモデルや特殊なハードディスクや CD-ROM などは、ブート時に検出されない恐
れがあるため、これらをサポートするためにこの項目を使用します。
ユーザーマニュアル
第3章
3-4. Advanced Chipset Features Setup Menu
Advanced -6,1
,)15.,,156 メニューはマザーボード上のチップセットのバッフ
ァ内容を変更するにの使用されます。バッファのパラメータはハードウェアと密接
な関係があるため、設定が正しくないと、マザーボードが不安定になったり、シス
テムが起動しなくなったりします。ハードウェアについてあまり詳しくない方は、
デフォルトを使用してください(Load Optimized Defaults オプションを使用する
など)
。このメニューでは、システムを使用していてデータが失われてしまう場合
に限って変更を行うようにしてください。
図 3-5A
3-5A Chipset Features Setup の上画面
図 3-5B Chipset Features Setup の下画面
アイテム間を移動するには PgUP,
PgUP PgDn,
PgDn +, -キーを使用します。設定が終了し
たら、4 キーを押すとメインメニューに戻ります。
注意
このメニューのパラメータは、システムデザイナや専門技師、および十分な知
識を有するユーザ以外の方は変更しないでください。
について
Bank 0/1, 2/3, 4/5 DRAM Timing:
このフィールドの Bank 0/1, 2/3, 4/5 の DRAM タイミングは、メモリモジュールの
プリセットに基づいて、マザーボードメーカーにより設定されています。ユーザの
皆様は、どのようなメモリモジュールを使用しているかよく理解されている方を除
き、この設定は変更しないようお願いします。
選択肢は次の通りです:SDRAM 10ns ! SDRAM 8ns ! Normal ! Medium ! Fast
! Turbo ! SDRAM 10ns に戻る。デフォルトは SDRAM 10ns です。
DRAM Bank Interleave:
Disabled ! 2-Way ! 4-Way の3つのオプションがあります。デフォルト設定は
Disabled です。SDRAM モジュールの構造によりますが、4-Way を設定すると性能が
高くなります。設定を間違うとコンピュータシステムが通常通りに起動しなくなり
ます。SDRAM モジュールの詳細については、SDRAM の製造元へお問い合わせ下さい。
Delay DRAM Read Latch:
オプションには Auto ! No Delay ! 0.5ns ! 1.0ns ! 1.5ns の5つがありま
す。デフォルト設定は Auto です。このオプションは DRAM の信号波長を伸ばし、DRAM
モジュールの互換性を高めます。
SDRAM Cycle Length:
2か3のどちらかに設定できます。このオプションはマザーボードに SDRAM システ
ムメモリが搭載されているとき、DRAM アクセスサイクルの CAS レテンシーの間隔
を設定します。デフォルトは3です。
DRAM Clock:
Host CLK, HCLK-33M と HCLK+33M の2つのオプションがあります。デフォルトは Host
CLK です。このオプションは SDRAM の稼動速度を CPU の周波数に合わせるか、また
は 66MHz に維持するかを設定します。
Memory Hole:
-)*+, と $ < $' の2つのオプションがあります。デフォルトは -)*+, で
す。このオプションはメモリブロックの $<$' を空けるために使用されます。
ユーザーマニュアル
第3章
周辺装置の中には $ と $' の間のメモリブロックを必要とするものがありま
す。このメモリブロックのサイズは $ です。通常はこのオプションを -)*+,(使
用しない)に設定してください。
P2C/C2P Concurrency:
Concurrency:
Disabled(使用しない)か Enabled(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは Disabled です。Disabled に設定すると、PCI が動作しているときに CPU バ
スが完全に占有されます。
Fast R-W Turn Around:
Around:
Disabled(使用しない)か Enabled(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは Disabled です。このアイテムはメモリの読み出し処理を高速化させます。
メモリにデータを書き込んだ直後に、再び同じ内容に対するアクセス要求が発生す
ると、バッファにストックされたままになっているデータを読み込むことで処理を
高めます。
System BIOS Cacheable:
-)*+,(使用しない)か ()*+,(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは -)*+, です。()*+, に設定すると、 キャッシュを使用するので、シス
テム の実行速度が向上します。
Video RAM Cacheable:
-)*+,(使用しない)か ()*+,(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは -)*+, です。()*+, を選択すると、 キャッシュを使用するので、ビデ
オ の実行速度が向上します。互換性の問題が生じないかどうか アダプ
タのマニュアルをチェックしてください。
AGP Aperture Size:
次の6つのオプションが設定できます:16M ! 32M ! 64M ! 128M ! 256M ! 16M
に戻る。デフォルトは '# です。このオプションは デバイスが使用できるシ
ステムメモリの容量を指定します。アパチャーはグラフィックメモリアドレス空間
専用の メモリアドレスレンジの一部です。SAGP については、www.agpforum.org
をご覧ください。
について
AGP-2X Mode:
-)*+,(使用しない)か ()*+,(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは ()*+, です。AGP 2X モードに対応していない古いタイプの AGP アダプタを
使用している場合は、このアイテムは Disabled に設定してください。
AGP 駆動制御:
駆動制御:
自動または手動の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの自動の設定に
よって、ユーザは AGP 駆動力を調整することができます。AGP 駆動値でキー入力す
るための手動の選択方法については、次の節で説明します。お使いのシステムでエ
ラーが起きないようにするには、このフィールドを自動に設定することをお勧めし
ます。
✏ AGP 駆動値:
駆動値:
この項目によって、ユーザは AGP 駆動力を調整することができます。このセクショ
ンに HEX の数字をキー入力することができます。最小の数字は 0000 で、最大の数
字は 00FF です。
Fast Write Supported:
選択肢は No Support と Supported の2つがあります。デフォルト設定は No Support
です。この機能は AGP ディスプレイアダプタ専用です。AGP アダプタがこの機能に
対応している場合は、Support を選択すると性能が高くなります。それ以外は No
Support を選択してください。
OnChip Sound:
-)*+,(使用しない)か ()*+,(使用する)のどちらかに設定します。デフォ
ルトは ()*+, です。このマザーボードには Audio CODEC が搭載されていますの
で、このアイテムは Enabled に設定されています。別なサウンドカードを使用する
のでなければ、このアイテムの設定はこのままにしておいてください。
OnChip Modem:
選択肢は Disabled か Auto のいずれかです。デフォルト設定は Auto です。このマ
ザーボードではモデムライザーカードを使用できますが、デバイスを自動検出させ
るためには Auto に設定してください。その他の内部モデムカードを使用する場合
は、Disabled に設定します。
ユーザーマニュアル
第3章
CPU から PCI への書き込みバッファ
への書き込みバッファ:
:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用不可です。使用可能になっているとき、4 文字までのデータを、CPU に割り
込むことなく PCI バスに書き込むことができます。使用不可になっているとき、書
き込みバッファは使用されず、CPU の読み込み周期は PCI バス信号がデータを受信
する準備のできるまで完了しません。CPU の実行速度は PCI バスの速度よりも速い
ので、CPU は各書き込み周期を開始する前に、PCI バスがデータを受け取るのを待
たなければなりません。
PCI ダイナミックバースト
ダイナミックバースト:
:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用可能です。使用可能になっているとき、すべての書き込みトランザクション
は書き込みバッファに渡されます。バースト可能なトランザクションは、その後
PCI バス上にバーストし、バースト不可能なトランザクションはバーストしませ
ん。これはつまり、ユーザが使用不可に設定した場合、書き込みトランザクション
がバーストトランザクションであれば、情報は書き込みバッファに渡され、バース
ト転送は PCI バスで後に実行されることを意味します。トランザクションがバース
トトランザクションでない場合、PCI の書き込みが直ちに発生します(これは、書
き込みバッファがクリアにされた後にアクティブになります)
。
PCI マスタ 0 WS 書き込み:
書き込み:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用可能です。使用可能になっているとき、PCI バスへの書き込みは、PCI バス
がデータを受信する準備のできているときに、ゼロの待ち状態で(直ちに)実行さ
れます。使用不可になっているとき、システムはデータが PCI バスに書き込まれる
前に 1 の状態を待ちます。
PCI 遅延トランザクション:
遅延トランザクション:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用可能です。チップセットは埋め込み型 32 ビットの送信された書き込みバッ
ファを持ち、遅延トランザクション周期をサポートしています。使用可能を選択す
ると、PCI 仕様 v.2.1 への準拠をサポートできます。
について
PCI#2 アクセス#1
アクセス#1 再試行:
再試行:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用不可です。この項目によって、ユーザは PCI #2 アクセス#1 再試行を使用可
能/使用不可にすることができます。PCI#2 アクセス #1 を使用可能に設定している
とき、AGP バスは切断される前に制限された時間で PCI バスにアクセスしようと試
みます。これを使用不可に設定しているとき、AGP バスは PCI バスに首尾良くアク
セスできるまで PCI バスにアクセスしようと試みます。
AGP マスタ 1 WS 書き込み:
書き込み:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用可能です。これは、AGP バスに書き込んでいるとき単一遅延を実装します。
これを使用不可に設定していると、システムによって 2 つの待ち状態が使用され、
より大きな安定性を得ることができます。
AGP マスタ 1 WS 読み込み:
読み込み:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用不可です。これは AGP バスに読み込んでいるとき、単一遅延を実装します。
デフォルトでは、システムによって 2 つの待ち時間が使用され、より大きな安定性
を得ることができます。
メモリパリティ/ECC
メモリパリティ/ECC チェック:
チェック:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用不可です。この項目によって、BIOS はメモリがパリティ/ECC モジュールで
あるかそうでないかをチェックすることができます。
ユーザーマニュアル
第3章
3-5. Integrated Peripherals
このメニューではオンボード I/O デバイスとその他のハードウェア関連の設定を
行います。
図 3-6A. Integrated Peripherals Setup の上画面
図 3-6B. Integrated Peripherals Setup の下画面
Onboard IDE-1 Controller:
オンボード $ コントローラを ()*+,(使用する)または -)*+,(使用しな
い)に設定します。デフォルトは ()*+, です。統合されたペリフェラルコントロ
ーラには、2つの チャネルをサポートする インタフェースが含まれてい
ます。Disabled を選択すると、4つのアイテムを設定することができなくなりま
す。たとえば、Onboard IDE-1 Controller を無効にすると、Master/Slave Drive PIO
Mode と Master/Slave Drive Ultra DMA も無効になります。
Master/Slave Drive PIO Mode:
選択可能な値は 510!0,&!0,$!0,!0,%!0,# です。4
つの IDE PIO (Programmed Input/Output) アイテムで、オンボード IDE インタフ
ェースがサポートする4つの各 IDE デバイスに対して、PIO モード (0-4) を設定
できます。Modes 0 から 4 へ順番に性能を上げていきます。Auto モード (デフォル
について
ト) に設定すると、各デバイスに対して最適なモードが自動的に選択されます。
Master/Slave Drive Ultra DMA:
選択可能な値は Auto と Disabled です。デフォルトは Auto です。Ultra DMA とは
DMA データ転送プロトコルのことで、ATA コマンドと ATA バスを使って DMA コマン
ドにより最高 33MB/秒でデータを転送します。
Ultra DMA/33 や Ultra DMA/66 は、IDE ハードドライブがこれらをサポートしてい
て、システム上に DMA ドライバ (Windows 95 OSR2 かサードパーティの IDE バス
マスタドライバ) がインストールされていなければ使用できません。
➤Auto:
ハードディスクドライブとシステムソフトの両方が Ultra DMA/33 に対
応している場合に限り、Auto を選択して BIOS サポートを有効にしてく
ださい。Ultra DMA/66 デバイスを使用する場合は、2-18 ページに記載
されている必要条件を参照してください。
➤Disabled: Ultra DMA デバイスを使用すると問題が発生する場合は、このアイテ
ムを無効にしてみてください。
Onboard IDE-2 Controller:
Onboard IDE-1 Controller の説明を参照してください。
IDE 先取りモード:
先取りモード:
使用不可または使用可能の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定
は使用可能です。オンボードのドライブインタフェースは IDE 先取りをサポートし
ており、より高速なドライブへのアクセスが実現されています。1 次または 2 次ア
ドイン IDE インタフェースをインストールしている場合、インタフェースが先取り
をサポートしていなければこのフィールドを使用不可に設定してください。
Init Display First:
ディスプレイカードと ディスプレイカードのうちどちらをディスプレイ
起動スクリーンにするかを指定できます。設定可能なオプションは PCI Slot と
Onboard です。デフォルトは PCI Slot です。
ユーザーマニュアル
第3章
USB Controller:
()*+,(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できます。デフォルト
は ()*+, です。このマザーボードには Universal Serial Bus (USB) デバイスを
サポートするポートが2つあります。USB デバイスを使用しない場合は、Disabled
に設定してください。すると USB Keyboard Support も無効となります。
✏ USB Keyboard Support:
2 つのオプション、BIOS および OS を使用することができます。デフォルトの設
定は OS です。お使いのオペレーティングシステムが USB キーボードをサポート
している場合、それを OS に設定してください。純粋な DOS 環境のように、USB
キーボードをサポートしていないいくつかの状況の場合には、BIOS に設定しな
ければなりません。
IDE HDD Block Mode:
ブロック転送、マルチプルコマンド、マルチプルセクタ読み書きとも呼ばれます。
ブロックモードに対応している IDE ハードディスクが搭載されていて、このアイテ
ムを Enabled を設定すると、そのドライブがサポートするセクタあたりの最適なブ
ロック読み書き数が自動的に検出されます。デフォルトは Enabled です。
Onboard FDD Controller:
このアイテムはオンボード FDD コントローラを使用できるようにします。()*+,
(使用する)または -)*+,(使用しない)に設定できます。デフォルトは ()*+,
です。
Onboard Serial Port 1:
シリアルポート1の I/O アドレスと IRQ を指定します。選択可能な値は Disabled !
3F8/IRQ4 ! 2F8/IRQ3 ! 3E8/IRQ4 ! 2E8/IRQ3 ! AUTO です。デフォルトは
3F8/IRQ4 です。
Onboard Serial Port 2:
シリアルポート2の I/O アドレスと IRQ を指定します。選択可能な値は Disabled !
3F8/IRQ4 ! 2F8/IRQ3 ! 3E8/IRQ4 ! 2E8/IRQ3 ! AUTO です。デフォルトは
2F8/IRQ3 です。
について
UART 2 モード:
モード:
Disabled ! HPSIR ! ASKIR の、3 つのオプションを使用できます(振幅シフト
キーIR)
。デフォルトの設定は Disabled です。
HPSIR または ASKIR の項目を選択しているとき、以下の 2 つの項目が表示されま
す。
✏ IR 機能二重:
機能二重:
半または全の、2 つのオプションを使用できます。デフォルトの設定は半です
IR ポートに接続されている IR 装置が要求する値を選択してください。全二重
モードは、両方向同時伝送を可能にします。半二重モードは、片方向伝送のみ
を可能にします。
注
?RxD、TxD アクティブ@とも呼ばれる、項目?TX, RX 反転@の設定によって、RxD,
TxD のアクティビティを決定することができます。当社では、そのアクティビ
ティを?いいえ、はい@に固定して設定しました。お使いのマザーボードの BIOS
がAHiBとALoBを使用してこの項目を表わしている場合、VT6X4 と同じ設定にその
項目を設定する必要があります。これは、転送速度と受信速度を一致させるた
めには、その項目を?Hi、Lo@に設定しなければならないことを意味します。違
う設定をすると、VT6X4 と他のコンピュータの間で IR 接続を確立することはで
きません。
パラレルポートモード:
パラレルポートモード
:
通常! EPP ! ECP ! ECP/EPP の、4 つのオプションを使用できます。: 通常! EPP
! ECP ! ECP/EPP. デフォルトは通常モードです。オンボードのパラレル(プリ
ンタ)ポートに対して以下の動作モードを選択してください。通常(SPP、標準パラ
レルポート)、EPP (拡張パラレルポート)、ECP (拡張機能ポート)または ECP プラ
ス EPP。
お使いのハードウェアおよびソフトウェアが共に EPP または ECP モードをサポート
していることを確認できない場合は、通常を選択してください。ユーザの選択に従
って、以下の項目が別々に表示されます。
ユーザーマニュアル
第3章
✏ Parallel Port EPP Type:
2つのオプションから選択できます:EPP1.7 ! EPP1.9。デフォルトは EPP 1.7
です。パラレルポートのモードを EPP モードに設定すると、2つの EPP バージ
ョンから選択できます。
✏ ECP Mode Use DMA:
2つのオプションから選択できます:1 ! 3。デフォルトは3です。パラレル
ポートのモードを ECP モードに設定すると、DMA チャネルは Channel 1 か Channel
3 となります。
について
3-6
3-6. Power Management Setup Menu
.,,( と通常のコンピュータの違いは、.,,( にパワーマネージメント機能
が備わっているという点です。この機能を使えば、コンピュータの電源が入ってい
ても無活動なら、電力消費は減少してエネルギーを節約できます。コンピュータが
通常通り動作している場合はノーマルモードです。パワーマネージメントプログラ
ムはこのモードで、ビデオ、パラレルポート、シリアルポート、ドライブへのアク
セス、およびキーボードやマウスなどのデバイスの動作状態を制御します。これら
はパワーマネージメントエベントと呼ばれます。それらのイベントが発生しない場
合、システムはパワーセービングモードに入ります。制御されているイベントが発
生すると、システムは直ちにノーマルモードに復帰し、最大の速度で動作します。
パワーセービングは電力消費により、スリープモード、スタンバイモード、サスペ
ンドモードの % つのモードがあります。# つのモードは次の順序で進行します。
ノーマルモードスリープモードスタンバイモードサスペンドモード
システムの消費は次の順序で減少します。
ノーマル
スリープ
スタンバイ
サスペンド
$" メインメニューから>0:,. )();,,(1 ,156>を選んで>(1,.>を押してくださ
い。次のスクリーンが表示されます。
図 3-7A
3-7A Power Management Setup Menu
ユーザーマニュアル
第3章
" 設定するアイテムに移動するには矢印キーを使用してください。設定を変更する
には PgUP
PgUP, PgDn
PgDn, +, -キーを使用します。
3.
Power Management 機能の設定後、4 キーを押すとメインメニューに戻りま
す。
以下、このメニューのオプションについて簡潔に説明します。
電源管理システム:
電源管理システム:
図 3-7B. 電源管理システムセットアップメニュー
この項目によって、ユーザは省電力の種類(または程度)を選択し、以下のモード
に直接関連付けることが可能になります。
1. HDD のパワーダウン
2. Doze モード
3. サスペンドモード
電源管理システムに関しては 3 つのオプションがあり、各オプションとも固定モー
ド設定を持っています。
➤ ユーザ定義
“ユーザ定義”は電源モードへのアクセスに関する遅延を定義します。
HDD パワーダウン: 使用不可! 1 分! 2 分! 3 分! 4 分! 5 分! 6 分!
7 分! 8 分! 9 時間! 10 分! 11 分! 12 分! 13 分
! 14 分! 15 分。デフォルトの設定は使用不可です。
について
Doze モード:
使用不可! 1 分! 2 分! 4 分! 6 分! 8 分! 10 分
! 20 分! 30 分! 40 分! 1 時間。デフォルトの設定
は使用不可です。
サスペンドモード: 使用不可! 1 分! 2 分! 4 分! 6 分! 8 分! 10 分
! 20 分! 30 分! 40 分! 1 時間。デフォルトの設定
は使用不可です。
HDD パワーダウン:
パワーダウン:
16 の項目を使用できます: 使用不可! 1 分! 2 分!3 分! 4 分! 5 分! 6 分
! 7 分! 8 分!9 分! 10 分! 11 分! 12 分! 13 分! 14 分! 15 分! 使
用不可に戻る。デフォルトの設定は使用不可です。
システムが指定された時間ハードディスクドライブ上のデータにアクセスしなか
った場合、HDD のエンジンは電力を節約するために停止します。HDD の使用状況に
応じて、1 分から 15 分に設定したり、使用不可を選択することができます。
Doze モード:
モード:
15 の項目を使用できます: 使用不可! 1 分! 2 分! 4 分! 6 分! 8 分! 10
分! 20 分! 30 分! 40 分! 1 時間! 使用不可に戻る。デフォルトの設定は
使用不可です。
“電源管理システム”に対して選択された設定が“ユーザ定義”の場合、このモー
ドに対して 1 分から 1 時間の遅延を任意に定義することができます。電源管理シス
テムのイベントがこの時間内に起こらなければ、この時間内はコンピュータがアク
ティブになっていないことを意味し、システムは Doze 省電力モードに入ります。
このモードが使用不可になっていると、システムは順番に次のモードに入ります
(サスペンドモード)
。
サスペンドモード:
サスペンドモード
:
15 の項目を使用できます: 使用不可! 1 分! 2 分! 4 分! 6 分! 8 分! 10
分! 20 分! 30 分! 40 分! 1 時間! 使用不可に戻る。デフォルトの設定は
使用不可です。
“電源管理システム”に対して選択されている設定が“ユーザ定義”の場合、この
モードに対して 1 分から 1 時間の遅延を任意に定義することができます。電源管理
システムのイベントがこの時間内に起こらなければ、この時間内はコンピュータが
アクティブになっていないことを意味し、システムはサスペンド省電力モードに入
ります。CPU は動作を完全に停止します。
このモードが使用不可になっていると、システムはサスペンドモードに入りませ
ん。
ユーザーマニュアル
第3章
➤ 最小の省電力
これらの 2 つの省電力モードが使用可能になっていると、システムは最小の省
電力にセットアップされます。
HDD パワーダウン= 15 分
Doze モード= 1 時間
サスペンドモード= 1 時間
➤ 最大の省電力
2 つの省電力モードが使用可能になっていると、システムは最大の省電力にセ
ットアップされます。
HDD パワーダウン= 1 分
Doze モード= 1 分
サスペンドモード= 1 分
ACPI Suspend Type:
2つのオプションから選択できます:S1(POS) と S3(STR) 。デフォルトは S1(POS)
です。一般的に ACPI には次の6つの状態があります:System S0 state, S1, S2, S3,
S4, S5。以下に S1 と S3 の状態について説明します。
状態 S1 (POS) (POS とは Power On Suspend の略です):
の略です):
システムが S1 スリープ状態に入ったときの動作について説明します。
$ CPU はコマンドを実行しません。CPU の複雑な状態は維持されます。
$ DRAM の状態は維持されます。
$ Power Resources はシステムの S1 状態と互換性のある状態に入ります。System
Level リファレンス S0 になるすべての Power Resources は、OFF 状態に入りま
す。
$ デバイスの状態は現在の Power Resource の状態と互換性があります。特定のデ
バイスが On 状態にある Power Resources だけを参照するデバイスだけが、その
デバイスと同じ状態に入ります。その他のケースでは、デバイスは D3 (off) 状
態に入ります。
$ システムを Wake Up させるように設定されたデバイスと、現在の状態からデバイ
スを Wake Up させることのできるデバイスが、システムを状態 S0 に移行させる
イベントを発生させます。このようなイベントが発生すると、Off に入る前の状
態からプロセッサが動作を続行します。
S1 状態に移行させるために OS が CPU のキャッシュをフラッシュする必要はありま
せん。
について
状態 S3 (STR) (STR とは Suspend to RAM の略です):
の略です):
状態 S3 は論理的に S2 よりも低く、より多くの電力を節約します。以下に、この状
態に入ったときの動作について説明します。
$ CPU はコマンドを実行しません。CPU の複雑な状態は維持されます。
$ DRAM の状態は維持されます。
$ Power Resources はシステムの S3 状態と互換性のある状態に入ります。System
Level リファレンス S0, S1 または S2 になるすべての Power Resources は、OFF
状態に入ります。
$ デバイスの状態は現在の Power Resource の状態と互換性があります。特定のデ
バイスが On 状態にある Power Resources だけを参照するデバイスだけが、その
デバイスと同じ状態に入ります。その他のケースでは、デバイスは D3 (off) 状
態に入ります。
$ システムを Wake Up させるように設定されたデバイスと、現在の状態からデバイ
スを Wake Up させることのできるデバイスが、システムを状態 S0 に移行させる
イベントを発生させます。このようなイベントが発生すると、ブートした場所か
らプロセッサが動作を続行します。BIOS が S3 状態から回復するために必要な機
能の初期化を行い、コントロールをファームウェア回復ベクタに渡します。詳細
は ACPI Specification Rev. 1.0 の 9.3.2 項をご参照ください。
ソフトウェア的に見ると、この状態は機能的に S2 状態と同じです。実際には S2
状態で ON のままになっているいくつかの Power Resources が、S3 状態に入らない
かもしれません。したがって、追加デバイスは S2 よりも論理的に低い S3 状態の
D0, D1, D2, または D3 状態に入る必要がある場合があります。同様に、デバイス
を Wake Up させるいくつかのイベントは、S3 ではなく S2 で発生するかもしれませ
ん。
S3 状態に移行すると CPU の内容が失われてしまうため、S3 状態に移行するには OS
がすべての無用なキャッシュを DRAM にフラッシュさせなければなりません。
に関する上記の説明は、
、ACPI Specification Rev. 1.0
% システム S0 と S3 に関する上記の説明は
を参考にしてあります。
を参考にしてあります
。
ACPI Function (Advanced Configuration and Power Interface):
により、 はコンピュータのパワーマネージメントおよび +5;C+) 機能を
直接制御します。
()*+,(使用する)と -)*+,(使用しない)の つのオプションが設定できま
す。()*+, を選択すると 機能が使用できます。 機能を正常に動作させ
るには つの事柄に注意してください。$ つ目は が をサポートしていな
け れ ば な ら な いと い うこ と です 。 現在 、 この 機 能 を サ ポ ー ト して い る の は
-4.0091 -(0: = だけです。 つ目はシステムのすべてのデバイスとアドオ
ユーザーマニュアル
第3章
ンカードがハードウェアとソフトウェア(ドライバ)の両面で に完全対応し
ていなければならないということです。デバイスやアドオンカードが に対応
しているかどうかは、デバイスまたはアドオンカードのメーカーに問い合わせて確
認してください。 仕様について詳しくは下のアドレスにアクセスしてくださ
い。詳しい情報が入手できます。
http://www.teleport.com/~acpi/acpihtml/home.htm
は 準拠の が必要です。 機能には以下の特長があります。
$ +5;C+)(バスおよびデバイスの検出を含む)および 機能。
$ 各デバイス、アドインボード( 対応のドライバが必要なアドインモードも
あります)
、ビデオディスプレイ、ハードディスクドライブのパワーマネージメ
ント制御。
$ がコンピュータの電源を にできるソフトオフ機能。
$ 複数の )D,56 イベントに対応(表 %<'<$ を参照)
。
$フロントパネルの電源およびスリープモードスイッチに対応。
(表 %<'< 参照)
対応の の 設定により、電源スイッチを押しつづける時間に基づく
システム状態を説明します。
注意
設定で 機能を有効に設定してある場合は、 スイッチ機能は使用
できません。
システムの状態と電源の状態
により、 はシステムおよびデバイスの電源状態の変化をすべて管理しま
す。 はユーザーの設定およびアプリケーションによるデバイスの使用状況に基
づいて、デバイスの低電力状態の 7
を制御します。使用されていないデバ
イスは にできます。 はアプリケーションおよびユーザー設定の情報に基づ
いて、システム全体を低電力状態にします。
について
表 3-6
3-6-1: 復帰させるデバイスとイベント
下の表はある状態からコンピュータを復帰させるデバイスおよびイベントの種類
を示しています。
コンピュータを復帰させるデバイス
コンピュータを復帰させるデバイス/
デバイス/
イベント
復帰前の状態
電源スイッチ
スリープモードまたは電源オフモード
アラーム
スリープモードまたは電源オフモード
スリープモードまたは電源オフモード
モデム
スリープモードまたは電源オフモード
コマンド
スリープモード
スリープモード
7 キーボード
スリープモード
7 マウス
スリープモード
スリープボタン
スリープモード
表 3-6
3-6-2: 電源スイッチを押す効果
電源スイッチを押す前の
状態
電源スイッチを押しつづ
電源スイッチを押しつづ
ける時間
新しい状態
Off
# 秒未満
電源 On
# 秒以上
ソフトオフ/サスペンド
On
# 秒未満
)-+)9, 電源 Sleep
# 秒未満
)D,56
PM Control by APM:
がパワーマネージメントを完全に制御します。
は /)(4, 0:,. )();,,(1 の略で、-4.0091や (1,+といった主要なメ
ーカーが採用しているパワーマネージメントの標準セットです。このアイテムは
Yes か No に設定できます。デフォルトは Yes です。
Video Off Option:
Option:
ビデオの電源を にするセービングモードを指定します。
➤ Always On
ビデオの電源はどのようなパワーセービングモードでも になりません。
ユーザーマニュアル
第3章
➤ Suspend ! Off
ビデオの電源はサスペンドモードでのみ になります(デフォルト)
。
➤ All Modes ! Off
ビデオの電源はすべてのパワーセービングモードで になります。
Video Off Method:
ビデオを にする>+)(D4.,,(>、>7!E+)(D>、>Support>の % つ
の方法が可能です。デフォルトは>7!E+)(D>です。
この設定がスクリーンをシャットオフしない場合は>+)(D 4.,,(>を選んでくださ
い。モニタとビデオカードが 規格に対応する場合は>Support>を選択
してください。
Modem Use IRQ:
モデムの F を指定できます。8つのオプションが指定できます:3 ! 4! 5! 7
! 9 ! 10 ! 11 ! NA ! 3 に戻る。デフォルトは NA です。
Soft-Off by PWRBTN:
PWRBTN:
このアイテムは Instant-Off か Delay 4 Sec に指定できます。デフォルトは
Instant-Off です。システムが作動中に電源ボタンを # 秒以上押しつづけると、シ
ステムはソフトオフ(ソフトウェアによるパワーオフ)モードに変わります。これ
を電源ボタンオーバーライドと呼びます。
State After Power Failure:
選択肢は Auto ! On ! Off の3つがあります。デフォルト設定は Off です。停
電や不正なシャットダウンを行った後は、コンピュータを元の状態か、電源オンの
状態、または電源オフの状態になります。
について
スリープ解除:
スリープ解除
:
ある $ つのイベントで、パワーセービングモードに入るためのカウントダウンが &
にリセットされます。コンピュータは指定した時間(スリープ、スタンバイ、サス
ペンドモードに入るまでの時間)無活動な場合にのみ省電力モードに入ります。そ
の間にイベントが発生すると、コンピュータは経過時間をリセットします。イベン
トはコンピュータのカウントダウンをリセットする動作または信号です。
図 3-7C、スリープ解除イベントセットアップメニュー
3-7C、スリープ解除イベントセットアップメニュー
➤ VGA:
On か Off に設定できます。デフォルトは Off です。On に設定すると、 が
データを転送したり、7 が動作したりすると、コンピュータは経過時間をリ
セットします。
➤ LPT & COM:
4つのオプションが設定できます:LPT/COM ! None ! LPT ! COM。デフォ
ルトは LPT/COM です。LPT/COM に設定すると、LPT (プリンタ) /COM(シリアル)
ポートでイベントが発生すると、コンピュータは経過時間をリセットします。
➤ HDD & FDD:
On か Off に設定できます。デフォルトは On です。On に設定すると、HDD や FDD
ポートでイベントが発生すると、コンピュータは経過時間をリセットします。
ユーザーマニュアル
第3章
➤ PCI Master:
On か Off に設定できます。デフォルトは Off です。On に設定すると、PCI Master
信号でイベントが発生すると、コンピュータは経過時間をリセットします。
➤ PowerOn by PCI Card:
選択肢は Disabled か Enabled の2つがあります。デフォルト設定は Disabled
です。PCI アダプタの設計によっては、システムが PCI アダプタでウェークア
ップします。このように設定したい場合は、Enabled を選択してください。
LAN/Ring:
➤ Wake Up On LAN/Ring
:
Disabled か Enabled に設定できます。デフォルトは Disabled です。Enabled
に設定すると、LAN/Modem Ring でイベントが発生すると、コンピュータは経過
時間をリセットします。
➤ RTC Alarm Resume:
Disabled か Enabled に設定できます。デフォルトは Disabled です。Enabled
に設定すると、システムをサスペンドモードから復帰させる日付と時間を設定
できます。
(hh:mm:ss):
✏ Date (of Month) / Timer (hh
:mm:ss):
システムを省電力モードから復帰させる日付と時間(hh:mm:ss)を設定でき
ます。
について
IRQs アクティビティの監視
図 3-7D、
3-7D、IRQs アクティビティの監視セットアップメニュー
Primary INTR:
On か Off に設定できます。デフォルトは On です。On に設定すると、以下の場所で
イベントが発生すると、システムを省電力モードから復帰させます。
以下に COM ポートと LPT ポートを省電力モードから復帰させない IRQ をリストしま
す。I/O デバイスが OS に割り込みを要求すると、OS が割り込み要求に応対する準
備ができた時点で処理を実行します。On に設定すると、イベントが発生してもシ
ステムが省電力モードに移行することはありませんし、省電力モードから復帰する
こともありません。各アイテムには3つのオプションがあります:Primary !
Secondary ! Disabled。
➤ IRQ3 (COM 2 ): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ4 (COM 1): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ5 (LPT 2): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ6 (Floppy Disk) : デフォルトは Primary です。
➤ IRQ7 (LPT 1): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ8 (RTC Alarm): デフォルトは Disabled です。
➤ IRQ9 (IRQ2 Redir): デフォルトは Secondary です。
➤ IRQ10 (Reserved): デフォルトは Secondary です。
➤ IRQ11 (Reserved): デフォルトは Secondary です。
➤ IRQ12 (PS/ 2 Mouse): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ13 (Coprocessor): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ14 (Hard Disk): デフォルトは Primary です。
➤ IRQ15 (Reserved): デフォルトは Disabled です。
ユーザーマニュアル
第3章
3-7
3-7. PNP/PCI Configuration
このメニューでは PCI バスの INT# や IRQ、およびその他のハードウェアの設定を
行います。
図 3-8A
3-8A.
8A. PNP/PCI Configuration Menu
PNP OS Installed:
デバイスのリソースは PnP OS か BIOS によって割り当てられます。選択肢は Yes
か No のどちらかです。デフォルト設定は No です。
Reset Configuration Data:
()*+,(使用する)と -)*+,(使用しない)の つのオプションが設定できま
す。デフォルトは Disabled です。通常は -)*+, のままにしておいてください。
新しいアドオンカードを追加したことで競合が生じ、 がブートできないなどの
問題が発生したために、,156 を終了するときに ESCD をリセットしたい場合は、
Enabled に設定してください。
パソコン豆知識:
パソコン豆知識
: ESCD (Extended System Configuration Data)
にはシステムの F、、7 ポート、メモリ情報が記録されます。
これは +5;C+) の仕様であり機能です。
について
Resources Controlled By:
リソースを手動で制御する場合、割り込みを使用するデバイスの種類に従って、各
システム割り込みを次のタイプのどちらかに設定してください。
(シリアルポート $
レガシー デバイスは従来の バス仕様に対応しており、
は F# といった)固有の割り込みを要求します。
デバイスは または バスアーキテクチャのどちらかのデザイン
で +5;C+) 規格に対応しています。
510 と )(5)+ の つ の オ プ シ ョ ン が 設 定 可 能 で す 。 デ フ ォ ル ト は
510です。:).+5;C+) には、すべてのブートおよび +5;C+)
対応デバイスを自動的に設定する機能があります。510を選択すると、
が自動的に設定するので、割り込み要求Fおよび 割り当ての欄はすべて
消えます。割り込みリソースの自動割り当てに問題がある場合、)(5)+ を選択し
て 7( またはレガシー カードに F と を手動で割り当ててくだ
さい。
図 3-8B. IRQ Resources Setup Menu
ユーザーマニュアル
第3章
図 3-8C. DMA Resources Setup Menu
PCI /VGA Palette Snoop:
このオプションは が のステータスをプレビューし、 カードのフィ
ーチャーコネクタから カードに送られた情報を変更するのを可能にしま
す。このオプションは カードの使用によってディスプレイが真っ黒になる
という問題を解決します。
Assign IRQ For VGA :
()*+,(使用する)と -)*+,(使用しない)の つのオプションが設定できま
す。デフォルトは Enabled です。システム上の USB/VGA/ACPI (これらが搭載され
ている場合) に IRQ を割り当てます。選択した IRQ が送られると、システムが省電
力モードから復帰します。
PCI VGA には IRQ を割り当てるか、Disabled に設定することができます。
Assigned IRQ For USB:
()*+,(使用する)と -)*+,(使用しない)の つのオプションが設定できま
す。デフォルトは Enabled です。IRQ を解放したい場合は、このアイテムを Disabled
に設定してください。ただし Windows 95 環境では USB ポートが正しく動作しなか
ったり、問題が発生したりする場合があります。
について
INT Pin 1 Assignment ~ INT Pin 4 Assignment:
選択可能な値は Auto, 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11, 12, 14, 15 です。デフォルトは
Auto です。このアイテムでは スロットにインストールされているデバイスの
F 番号を指定できます。つまり、 スロット( スロット $ から5まで)に
インストールされているデバイスに特定の F 番号を指定できるのです。この機
能は、特定のデバイスに特定の F を割り当てたい場合に便利です。
例えば、他のコンピュータで今まで使用していたハードディスクを使用したい時、
-(0: #"& を再インストールしたくない場合、新しいコンピュータにインス
トールされているデバイスの F を指定すれば、前のコンピュータの設定がその
まま利用できます。
注意
このアイテムで IRQ を指定すると、ISA バスにこの IRQ を指定することはでき
なくなります。同じ IRQ を指定すると、ハードウェアが競合を起こします。
この機能は の設定の記録と固定ができる でのみ使用してください。F
'' チップセットからの信号 のハードウェアレイアウト、 番号
スロットの F 信号、およびデバイス間の関係については下の表を参照して
ください。
信号
PCI ス ロ ッ ト 1
PCI ス ロ ッ ト 2
PCI ス ロ ッ ト 3
INT Pin 1
Assignment
INT Pin 2
Assignment
INT Pin 3
Assignment
INT Pin 4
Assignment
INT A
INT B
INT C
PCI ス ロ ッ ト 4
PCI ス ロ ッ ト 5
INT D
INT B
INT C
INT D
INT A
INT C
INT D
INT A
INT B
INT D
INT A
INT B
INT C
$ USB は INT D を使用します。
$ 各 スロットには4つの INT# (INT A~INT D) があります。また AGP スロット
には2つの INT# (INT Pin 1 と INT Pin 4) があります。
ユーザーマニュアル
第3章
3-8. PC Health Status
また、ファンの回転速度や電圧をチェックしたりすることもできます。この機能は
システムの重要なパラメータを監視するのに非常に便利です。
図 3-9. PC Health Status
All Voltages, Fans Speed and Thermal Monitoring:
CPU と環境の温度 (RT1 と RT2 を使って検温します) 、ファンの回転速度 (CPU フ
ァンとシャーシファン) を表示します。これらの値は変更できません。
次のアイテムはシステムの電源の電圧を示しています。この値も変更できません。
注意
温度、ファンの回転速度、電圧を測定するためのハードウェア監視機能を有効
にする場合は、294H から 297H までの I/O アドレスを使用します。ネットワー
クアダプタ、サウンドカード、またはこれらの I/O アドレスを使用する可能性
のあるアドオンカードが装着されている場合は、競合を避けるためにアドオン
カードの I/O アドレスを調整してください。
について
3-9. Load Fail-Safe Defaults
このオプションで Enter キーを押すと、次のようなメッセージが表示されます。
Load Fail-Safe Defaults (Y/N)? N
Y を押すと、最適なパフォーマンスを実現するために最も安定した BIOS のデフォ
ルト値が読み込まれます。
3-10. Load Optimized Defaults
このオプションで Enter キーを押すと、次のようなメッセージが表示されます。
Load Optimized Defaults (Y/N)? N
Y を押すと、最適なパフォーマンスを実現するための工場設定値であるデフォルト
値が読み込まれます。
3-11. Set Password
Set パスワード:
パスワード:
セットアップメニューに入ることはできますが、オプション
を変更することはできません。この機能を選択すると、画面中央に
次のようなメッセージが表示されます。
ENTER PASSWORD:
8文字以内でパスワードをタイプし、Enter キーを押します。古いパスワードは、
今回タイプしたパスワードによって CMOS メモリから削除されます。パスワードを
確認するために、再度同じパスワードを入力して Enter キーを押してください。ま
た Esc キーを押すと、この機能をキャンセルすることができます。
パスワードを無効にするには、パスワードの入力を求められたときに Enter キーを
押してください。パスワードを無効にするかどうかを確認するメッセージが表示さ
れます。パスワードが無効になると、システムがブートして自由に Setup ユーティ
ユーザーマニュアル
第3章
リティに入ることができるようになります。
PASSWORD DISABLED.
パスワードを有効にすると、Setup ユーティリティに入るたびに毎回パスワードの
入力を求められます。これによって、システムの設定を許可されていないユーザか
ら保護することができます。
さらに、システムをリブートするたびに毎回パスワードの入力を求められます。こ
れによって、コンピュータを許可されていないユーザから保護することができま
す。
パスワードの種類は、BIOS Features Setup Menu とその Security オプションで指
定できます。Security オプションを System に設定すると、ブート時と Setup に入
るときにパスワードの入力が求められます。Setup に設定すると、Setup に入ると
きにのみパスワードの入力が求められます。
3-12. Save & Exit Setup
このオプションで (1,. キーを押すと、次のようなメッセージが表示されます。
Save to CMOS and EXIT (Y/N)? Y
Y を押すと、各メニューで行った変更内容を CMOS に保存します。CMOS はコンピュ
ータの電源を切ってもデータを維持するメモリ内の特殊なセクションです。次回コ
ンピュータをブートすると、BIOS は CMOS に保存された Setup の内容でシステムを
設定します。変更した値を保存したら、システムは再起動されます。
3-13. Exit Without Saving
このオプションで (1,. キーを押すと、次のようなメッセージが表示されます。
Quit without saving (Y/N)? Y
変更内容を保存せずに Setup を終了します。この場合は、以前の設定内容が有効と
なります。これを選択すると、Setup を終了してコンピュータを再起動します。
環境への のインストール
付録 A
Windows 98 SE 環境への VIA Service
Pack のインストール
Windows 98 をインストールしたら、VIA Service Pack ドライバをインストールす
る必要があります。以下に、その手順について説明します。
注意 A-1
VGA ドライバやオーディオドライバをインストールする前に、VIA Service Pack
ドライバをインストールしてください。Windowsをインストールした直後のデ
ィスプレイは、640*480、16 色に設定されているため、画質があまり良くあり
ません。画質を高めるには、VGA ドライバをインストールしてフルカラー、
800*600 に設定してください。
注意 A-2
本書では Windows 98 SE については説明いたしません。Windows 98 SE のイ
ンストール、操作方法、設定については、Windows 98 SE の説明書か Microsoft
社より提供されるその他の資料をご参照ください。
システムのプロパティ ! デバイスマネージャを選択します。VIA チップセッ
トとコントローラを識別できる場所がいくつかあります。いくつかのアイテム
にはクエスチョンマークが付いています(VIA PCI Audio ドライバのインスト
ールについては、次の章で説明します)
。
ユーザーマニュアル
付録 デバイスマネージャを閉じて、CD-ROM
ドライブに VH6 CD を挿入してくださ
い。するとプログラムが自動的に起動
されるはずです。起動されない場合
は、CD-ROM のメインディレクトリから
手動で実行ファイルを起動してくだ
さい。プログラムが起動されたら、下
のような画面が表示されます。
"Install"をクリックすると、次の
画面が表示されます。
1. "Drivers"をクリックすると、次の
画面が表示されます。
インストールシールドが読み込ま
れます。
2. "VIA Service Pack"をクリックす
ると、次の画面が表示されます。
" よ う こ そ " の画 面 が 表 示 さ れ ま
す。"次へ"をクリックして、作業を続
行してください。
環境への のインストール
6. サービスパックの Readme 画面が表
示されます。"Yes"をクリックして、
次へ進んでください。
7. このセットアッププログラムでは 4
種類のドライバをインストールでき
ます。インストールしたいドライバを
選択してください。アイテムを選択し
たら、[次へ
次へ >>]ボタンをクリックし
てください。
注意:
注意 : IRQ Routing Miniport Driver
は VT82C586A または VT82C586B サウス
ブリッジチップセットを使用するす
べての VIA チップセット用に設計され
ていますので、インストールする必要
はありません。
“インストール”を選択して、“次へ”
をクリックします。
[IDE DMA を有効にする]を選択し、
[次へ
次へ >]ボタンをクリックします。
>
AGP VxD ドライバモードを選択し、
"次へ"をクリックします。
ユーザーマニュアル
付録 注意 A-3 : Normal
Normal
Normal モードと
Turbo
Turbo
モードの違い
Turbo
“Turbo”モードでインストールする
と、グラフィックスカードの速度と
性能を高めることができます。一
方、“Normal”モードでインストール
すると、システムの安定性が高めら
れます。
選択し、"終了"をクリックします。
コンピュータを再起動すると、
Windows 98 SE がいくつかの新しいデ
バイスを検出し、更新します。
Windows 98 SE を再起動すると、更新
処理において CD-ROM ドライブが検出
されません 。Windows 98 SE CD を
CD-ROM ドライブにセットするよう要
求されてもこのメッセージを無視し
て、次のステップに進んでください。
Windows 95 OSR2 ユーザの皆様へ
Windows 95 OSR2 を使用する場合
11. “Install VIA Chipset Functions’
Registry”を選択し、“次へ”をクリック
します。
インストールが終了したら、"は
い、コンピュータを再起動します"を
は、USB デバイスをサポートするた
め に VIA Service Pack 4.13 と
Microsoft usbsupp.exe をインス
トールしてください。次に Windows
を再起動して、システムのプロパテ
ィ ! デバイスマネージャに入り
ま す 。 “ ? PCI Universal Serial
Bus”と“?VIA PCI to USB Universal
Host Controller”というアイテム
が表示されるはずです。
これらのアイテムからクエスチョ
ンマークを取り除くには、これらの
アイテムを削除して Windows を再
起動してください。Windows が読み
込みを完了したら、これらのアイテ
ムからクエスチョンマークが除去
されます。
環境への ドライバのインストール
付録 B
Windows 98 SE 環境への VIA PCI Audio ド
ライバのインストール
ここでは Windows 98 SE 環境に VIA PCI オーディオドライバをインストールする
手順について説明します。
付録 B-1
本書では Windows 98 SE については説明いたしません。Windows 98 SE のイ
ンストール、操作方法、設定については、Windows 98 SE の説明書か Microsoft
社より提供されるその他の資料をご参照ください。
システムのプロパティ ! デバイスマネ
ージャ ! その他のデバイスを選択する
と、"?
Device"
?PCI Multimedia Audio Device
というアイテムが表示されます。
デバイスマネージャを閉じて、CD-ROM ドライブに VH6 CD を挿入してください。す
るとプログラムが自動的に起動されるはずです。起動されない場合は、CD-ROM の
メインディレクトリから手動で実行ファイルを起動してください。プログラムが起
動されたら、左のような画面が表示されます。
"Drivers"をクリックすると、次の画面
が表示されます。
ユーザーマニュアル
付録
"VIA Audio Driver"をクリックすると、
次の画面が表示されます。
"Install"をクリックすると、次の画面
が表示されます。
インストールシールドが読み込まれま
す。
"ようこそ"の画面が表示されます。"次
へ"をクリックして、作業を続行してく
ださい。
環境への ドライバのインストール
“Install”をクリックして、"次へ"をク
リックしてください
選択したドライバがインストールされ
ます。
インストールが終了したら、"はい、コ
ンピュータを再起動します"を選択し、"
終了"をクリックします。
要求にしたがって、Windows 98 SE CD
を CD-ROM ドライブにセットしてくださ
い。後は画面の指示にしたがってくださ
い。
更新が完了したら、"システムのプロパ
ティ"を選択して再チェックを行ってく
だ さ い 。 " ? PCI Multimedia Audio
Device"というアイテムが消え、VIA PCI
Audio Controller (WDM)というアイテム
が表示されているはずです。
ユーザーマニュアル
付録
!"#$環境への のインストール
付録 C
Windows NT 4.0 環境への VIA Service
Pack のインストール
この章では Windows NT 4.0 Server/Workstation 環境に VIA Service Pack ドライ
バをインストールする手順について説明します。ここに示す画面は、すべて
Windows NT 4.0 Server バージョンのものです。VIA Service Pack ドライバをイ
ンストールする前に、Windows NT 4.0 Service Pack 5 (またはそれ以降のバージ
ョン) をインストールしてください。
注意 C-1
本書では Windows NT 4.0 Server/Workstation については説明いたしません。
Windows NT 4.0 Server/Workstation のインストール、操作方法、設定につい
ては、Windows NT 4.0 Server/Workstation の説明書か Microsoft 社より提
供されるその他の資料をご参照ください。
注意 C-2
Windows NT 4.0 Server/Workstation 環境には IDE-USB ドライバをインストー
ルする必要はありません。ただし、先に Windows NT 4.0 Service Pack 5 (ま
たはそれ以降のバージョン)。
"Drivers"をクリックすると、次の画
面が表示されます。
デバイスマネージャを閉じて、CDROM ドライブに VH6 CD を挿入してくだ
さい。するとプログラムが自動的に起
動されるはずです。起動されない場合
は、CD-ROM のメインディレクトリから
手動で実行ファイルを起動してくだ
さい。プログラムが起動されたら、左
のような画面が表示されます。
"VIA Service Pack"をクリックする
と、次の画面が表示されます。
ユーザーマニュアル
付録 3. "Install"をクリックすると、次の
画面が表示されます。
Readme 画面が表示されます。"Yes"
をクリックして、次へ進んでください
インストールシールドが読み込ま
れます。
“Install”を選択して、“次へ”をクリ
ックしてください。
" よ う こ そ " の画 面 が 表 示 さ れ ま
す。"次へ"をクリックして、作業を続
行してください。
8. Install Ultra DMA を選択しないで
ください。“次へ”をクリックします。
!"#$環境への のインストール
インストールが完了したら、"はい
"を選択し、"終了"をクリックしてコ
ンピュータを再起動してください。
9. ドライバをインストールするフォ
ルダを選択します。デフォルトのフォ
ルダを使用されるようお勧めしま
す。フォルダを確認したら、"次へ"を
クリックしてください。
Windows を再起動するとき、VIA DMA
ツールのプログラムグループが表示
されます。
10. プログラムフォルダの名前を選択
することができます。デフォルトのフ
ォルダを使用されるようお勧めしま
す。フォルダ名を確認したら、"次へ"
をクリックしてください。
必要なドライバがインストールされ
ます。
13. お使いの IDE 装置の詳細を表示す
ることができます。
ユーザーマニュアル
付録 !"#$環境への ドライバのインストール
付録 D
%
Windows NT 4.0 環境への VIA PCI Audio
ドライバのインストール
この章では Windows NT 4.0 Server/Workstation 環境に VIA PCI オーディオドラ
イバをインストールする手順について説明します。ここに示す画面は、すべて
Windows NT 4.0 Server バージョンのものです。VIA PCI オーディオドライバをイ
ンストールする前に、Windows NT 4.0 Service Pack 5 (またはそれ以降のバージ
ョン) をインストールしてください。
注意 D-1
本書では Windows NT 4.0 Server/Workstation については説明いたしません。
Windows NT 4.0 Server/Workstation のインストール、操作方法、設定につい
ては、Windows NT 4.0 Server/Workstation の説明書か Microsoft 社より提
供されるその他の資料をご参照ください。
注意 D-2
Windows NT 4.0 Server/Workstation 環境には IDE-USB ドライバをインストー
ルする必要はありません。ただし、先に Windows NT 4.0 Service Pack 5 (ま
たはそれ以降のバージョン)。
面が表示されます。
1. CD-ROM ドライブに VH6 CD を挿入し
てください。するとプログラムが自動
的に起動されるはずです。起動されな
い場合は、CD-ROM のメインディレクト
リから手動で実行ファイルを起動し
てください。プログラムが起動された
ら、左のような画面が表示されます。
"Drivers"をクリックすると、次の画
"VIA Audio Driver"をクリックする
と、次の画面が表示されます。
ユーザーマニュアル
%
3. "Install"をクリックすると、次の
画面が表示されます。
付録 %
“Install”をクリックして、"次へ"
をクリックしてください
選択したドライバがインストールさ
れます。
ようこその画面が表示されたら、"
次へ"をクリックしてください。
“Please choose “Add…” というメッ
セージが表示されますので、“OK”をク
リックしてください。
“Install”を選択して、"次へ"をクリ
ックしてください。
選択したドライバがインストールさ
れます。
8. “追加…”をクリックすると、次の画
面が表示されます。
!"#$環境への ドライバのインストール
“VIA MIDI External Port Device”
を選択して、“OK”をクリックします。
“Please choose “Add…” from…."
というメッセージが表示され、“VIA
PCI Audio Controller”をインストー
ルするかどうかを質問されます。“OK”
をクリックしてください。
"追加…”をクリックすると、次の
画面が表示されます。
%
“VIA PCI Audio Controller”を選択
して、“OK”をクリックします。
Microsoft sidewinder 3D Pro ジョ
イスティックをインストールしたい
かどうかを質問されます。このような
ジョイスティックを使用したい場合
は、"はい"をクリックしてください。
14. インストールが完了したら、"は
い"を選択し、"終了"をクリックして
コンピュータを再起動してくださ
い。
ユーザーマニュアル
%
付録 %
Windows NT を再起動したら、"マ
ルチメディアのプロパティ"を選択し
ます。VIA PCI Audio デバイスが認識
されているはずです。
注意 D-3
Windows NT 4.0 環境で PCI バスマ
スタリング・ネットワークアダプ
タを使用する場合は、スロット3以
外の PCI スロットにネットワーク
アダプタを挿入してください。スロ
ット3を使用すると、競合が生じる
恐れがあります。
Windows 2000 環境への VIA PCI オーディオドライバのインストール
付録 E
Windows 2000 環境への VIA PCI オー
ディオドライバのインストール
このセクションでは Windows NT 4.0 サーバ/ワークステーション OS に VIA PCI
ドライバをインストールする手順を説明します。このセクションに表示される図は
すべて Windows NT 4.0 サーババージョンのものです。VIA PCI オーディオドライ
バをインストールされる前に、Windows NT 4.0 サービスパック 5 (または最新バ
ージョン)をインストールして、その後でオーディオドライバをインストールして
ください。
注意 E-1
本書には Windows 2000 サーバ OS の詳細については記載されていません。
Windows 2000 サーバのインストール、操作、設定の方法については、マイク
ロソフト社より提供される Windows 2000 サーバの説明書か、その他のデータ
ベースをご参照ください。
まず[システムのマネージャ
システムのマネージャ]
システムのマネージャ ! [そ
の他のデバイス]を選択してください。
[マルチメディアオーディオコントロ
マルチメディアオーディオコントロ
ーラ]のアイテムの前にクエスチョンマ
ーラ
ークがついているはずです。
ユーザーマニュアル
付録 [デバイスマネージャ]を終了し、CD-ROM
ドライブに VH6 CD-R を挿入してくださ
い。するとプログラムが自動的に起動し
ます。プログラムが自動的に起動されな
い場合は、CD の場所を指定し、実行フ
ァイルを CD タイトルのメインディレク
トリの中から起動させてください。起動
した後は、下のような画面が表示されま
す。
[ドライバ
ドライバ]をクリックすると、次の画面が表示されます。
ドライバ
[VIA
VIA オーディオドライバ]をクリック
オーディオドライバ
すると、次の画面が表示されます。
[インストール
インストール]をクリックすると、次
インストール
の画面が表示されます。
インストールシールドが読みこまれま
す。
Windows 2000 環境への VIA PCI オーディオドライバのインストール
[ようこそ]の画面とそのダイアログボ
ックスが表示されますので、[次へ
次へ >
]をクリックしてください。
[インストール
インストール]を選択し、
[次へ
次へ >]
インストール
>
をクリックしてください。
選択したドライバすべてのインストー
ルが開始されます。
インストールが完了したら、再起動する
かどうかを質問されます。[はい
はい、今す
、今す
はい
ぐコンピュータを再起動します]を選択
ぐコンピュータを再起動します
されるようお勧めします。[完了
完了]ボタ
完了
ンをクリックするとシステムが再起動
します。
ユーザーマニュアル
付録 Windows 2000 が再起動すると、オーデ
ィオドライバの更新が開始されます。[
デジタル承認が見つかりません]の画面
デジタル承認が見つかりません
が表示されたら[はい
はい]をクリックして
はい
次へ進んでください。プログラムが更新
を終了します。
最後に[システムマネージャ
システムマネージャ]
システムマネージャ ! [サ
ウンド、ビデオ
、ビデオ、ゲームコントローラ]
ウンド
、ビデオ、ゲームコントローラ]
をチェックしてください。[VIA
VIA PCI
(WDM)]のアイテムが
Audio Controller (WDM)
認識されているはずです。
注意 E-2
Windows 2000 環境で PCI バスマスタリング・ ネットワークアダプタをお使い
の場合は、スロット3以外の PCI スロットにネットワークアダプタを挿入して
ください。そうしなければシステムが競合を起こし、正しく動作しなくなりま
す。
& フラッシュについて
付録 F
'
BIOS フラッシュについて
マザーボードに新しい機能を追加したり、BIOS の互換性の問題を解決したりする
場合、この BIOS フラッシュユーティリティを使用して BIOS を更新する必要があ
ります。このユーティリティは Award Software 社によるもので、自分で簡単にフ
ラッシュ(更新)できますが、使用する前にこの章のすべての情報をお読みくださ
い。
BIOS を更新するには、システムを DOS モードで再起動して、純粋な %& 環境に
入る必要があります。BIOS をフラッシュするには基本的に 2 つの方法がありま
す。1 つはこの章で説明するように直接すべてのコマンドラインを入力する方法
で、ユーティリティはコマンドの入力後すぐに BIOS を更新します。更新が終了す
ると、図 F-2 Note F-1 のスクリーンが表示されます。
もう 1 つは(Award BIOS フラッシュユーティリティのディレクトリから)
とタイプして Enter を押す方法です。すると、フラッシュメモリライタ V7.72 のス
クリーンが表示されます。図 F-1 Note F-1 を参照してください。"File Name to Program"
の欄に"NEWBIOS"(ファイル名またはその他の適当な名称)をタイプして Enter
を押します。
図 F-1 Award Flash Memory Writer V7.7
V7.72 の初期画面
ユーザーマニュアル
'
付録 '
更新が終了すると、図 F-2 のスクリーンが表示されます。F1 キーを押してシステ
ムを再起動してください。ライターを終了する場合は、F10 キーを押します。
図 F-2 Award Flash Memory Writer V7.7
V7.72 の終了画面
図 F-3 はフラッシュプログラムで使用できるコマンドの一覧表です。DOS 環境か
ら awdflash とタイプすると、図 F-3 が表示されます。
図 F-3 Award Flash Memory Writer V7.7
V7.72 の Flash コマンド画面
& フラッシュについて
'
注意 F-1
図の BIOS のファイル名は一例に過ぎません。どの.bin ファイルがマザーボー
ドで使用されているか確認して、間違った.bin ファイルでフラッシュしないで
ください。システム故障の原因になる場合があります。同じモデルの BIOS で
も、リリース日や改善されている問題の種類により、違う.bin 名が付けられて
います。ダウンロードの前に BIOS ファイルの説明を読んでください。
以下の手順にしたがって BIOS の更新を行ってください。
ステップ 1 私どもの Web サイト(www.abit.com)にて以下のファイルをダウンロー
ドしてください。ABITFAE.BAT AWDFLASH.EXE, 最新の VH6 の BIOS.
BIOS のファイル名は、VH6_QW.EXE のような形式になっています。3
つのファイルをダウンロードし終わったら、BIOS ファイル、(ここで
は VH6_QW.EXE ) を 実 行 し 、 BIOS デ ー タ フ ァ イ ル ( こ こ で は
VH6_QW.BIN)を手に入れます。
ステップ 2 常駐プログラムを一切含まないブートフロッピーディスクを作成し、
次のファイルをコピーします。ABITFAE.BAT, AWDFLASH.EXE, 1 で
作成したファイル(VH6_QW.BIN)
ステップ 3 システムを再起動し、BIOS 設定において Boot from の項目が Floppy
にします。3-3 を参照
ステップ 4 2.のブートディスクでシステムを再起動し”A:\>”のプロンプトが表示
されたら、以下のコマンドを入力します。
ABITFAE VH6_QW.BIN
これで、BIOS は必要なパラメータとともに BIOS の更新を行います。
ステップ 5 BIOS の更新が完了したら、システムを再起動し BIOS セットアップに
入って CPU パラメータや他の周辺パラメータ設定を行います(第 3 章
を参照ください)
注意 F-2
VH6 マザーボードの BIOS をフラッシュする場合は、Version 7.52C よりも古い
バージョンの Award flash memory writer は使用しないでください。これより
も古いバージョンを使用すると、フラッシュに失敗したり、問題が発生したり
します。
ユーザーマニュアル
'
付録 '
VIA Hardware Monitor System のインストール
付録 G
(
VIA Hardware Monitor System のイン
ストール
VIA Hardware Monitor System は PC の自己診断システムです。これは電源電圧、
CPU およびシステムファンの速度、CPU およびシステム温度を含む複数の繊細な
アイテムを監視して PC ハードウェアを保護します。こうしたアイテムはシステム
の操作に重要ですので、エラーは PC に致命的なダメージを与えることがありま
す。1 つのアイテムでも基準を超えると、警告メッセージが表示され、正しい処置
をとるようユーザーに促します。
以下、VIA Hardware Monitor System のインストールおよび使用方法について説明
します。CD-ROM ドライブに VH6 CD を挿入してください。するとプログラムが自動
的に起動されるはずです。起動されない場合は、CD-ROM のメインディレクトリか
ら手動で実行ファイルを起動してください。プログラムが起動されたら、下のよう
な画面が表示されます。“Hardware Monitor”をクリックしてください。
“VIA Hardware Monitor”をクリックする
と 、 VIA Hardware Monitor System
Utility のインストールが開始されま
す。
"Install"をクリックすると、次の画面
が表示されます。
ユーザーマニュアル
(
付録 (
インストールシールドが読み込まれま
す。
"ようこそ"の画面が表示されます。"次
へ"をクリックして、作業を続行してく
ださい。
ドライバをインストールするフォルダ
を選択します。デフォルトのフォルダを
使用されるようお勧めします。フォルダ
を確認したら、"次へ"をクリックしてく
ださい。
プログラムフォルダの名前を選択する
ことができます。デフォルトのフォルダ
を使用されるようお勧めします。フォル
ダ名を確認したら、"次へ"をクリックし
てください。
必要なドライバのインストールが開始
されます。
(
VIA Hardware Monitor System のインストール
インストールの進行状況が表示されま
す。
インストールが完了すると、インストーラは自動的に終了します。
インストールが完了したら、
[スタート
]ツールバーから[プログラム]を選択
します。[VIA
HM]というプログラムグ
VIA HM
ループの下に[VIA
VIA ハードウェアモニタ
]というアイテムが表示されます。それ
をクリックすると、下のような画面が表
示されます。
ユーザーマニュアル
(
付録 (
このスクリーンは VIA
ハードウェア監視シス
テムの画面です。ここ
にはシステムの温度、
電圧、ファンの回転速
度などの情報が表示さ
れます。常にシステム
を最適な状態で動作さ
せるために、いくつか
のアイテムについて
は、警告値を設定する
ことができます。
Windows NT のスクリーン:
のスクリーン:
インストールが完了したら、[スタート
]ツールバーから[プログラム]を選択
します。[VIA
HM]というプログラムグ
VIA HM
ループの下に[VIA
VIA ハードウェアモニタ
]というアイテムが表示されます。それ
をクリックすると、H-3 ページと同じ
VIA HWM の画面が表示されます。
VIA Hardware Monitor System のインストール
()
Windows 2000 のスクリーン:
のスクリーン:
インストールが完了したら、[スタート
]ツールバーから[プログラム]を選択
します。[VIA
HM]というプログラムグ
VIA HM
ループの下に[VIA
VIA ハードウェアモニタ
]というアイテムが表示されます。それ
をクリックすると、H-3 ページと同じ
VIA HWM の画面が表示されます。
ユーザーマニュアル
(
付録 (
トラブルシューティング
付録 H
トラブルシューティング
動作に問題がある場合、弊社のテクニカルサポートチームが問題をすばやく特定し
て適切なアドバイスができるよう、テクニカルサポート用紙には、問題に関係のな
い周辺機器を記入せずに、重要な周辺機器のみを記入してください。記入後は、テ
クニカルサポートから回答を得られるよう、製品を購入したディーラーまたは販売
店に Fax してください(下の例を参照してください)
。
"
例 1:
マザーボード(CPU, DRAM, COAST などを含む)
、HDD、CD-ROM、
FDD、VGA CARD、VGA カード、MPEG カード、SCSI カード、サウンド
カードなどを含むシステムが起動できない場合、以下の手順に従ってシ
ステムの主なコンポーネントをチェックしてください。最初に、VGA
カード以外のすべてのインタフェースカードを取り外して再起動して
ください。
# それでも起動しない場合
他のブランドまたはモデルの VGA カードをインストールして、シ
ステムが起動するかどうか試してみてください。それでも起動しな
い場合は、テクニカルサポート用紙(主な注意事項参照)に VGA
カードのモデル名、マザーボードのモデル名、BIOS の ID 番号、CPU
の種類を記入し、"問題の説明"欄に問題についての詳しい説明を記
入してください。
# 起動する場合
取り除いたインタフェースカードを 1 つ 1 つ元に戻しながら、シス
テムが起動しなくなるまでシステムの起動をチェックしてくださ
い。VGA カードと問題の原因となったインタフェースカードを残し
て、その他のカードおよび周辺機器を取り外して、システムを再び
起動してください。それでも起動しない場合、"その他のカード"の
欄に 2 枚のカードに関する情報を記入してください。なお、マザー
ボードのモデル名、バージョン、BIOS の ID 番号、CPU の種類(主
な注意事項参照)
、およびを問題についての詳しい説明を記入するの
を忘れないでください。
ユーザーマニュアル
付録 "
例 2:
マザーボード(CPU, DRAM, COAST などを含む)
、HDD、CD-ROM、
FDD、VGA カード、LAN カード、MPEG カード、SCSI カード、サウン
ドカードなどを含むシステムで、サウンドカードのドライバのインスト
ール後、システムを再起動したり、サウンドカードのドライバを実行し
たりすると自動的にリセットしてしまう場合、問題はサウンドカードの
ドライバにあるかもしれません。DOS の起動の途中で、SHIFT キーを
押して CONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT を省略してください。また、
テキストエディタで CONFIG.SYS を修正してください。サウンドカー
ドのドライバをロードする行にリマーク REM を追加すると、サウンド
カードのドライバを OFF にできます。下の例をご覧ください。
CONFIG.SYS:
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE HIGHSCAN
DOS=HIGH, UMB
FILES=40
BUFFERS=36
REM DEVICEHIGH=C:\PLUGPLAY\DWCFGMG.SYS
LASTDRIVE=Z
システムを再起動してみてください。システムが起動してリセットしな
い場合、問題はサウンドカードのドライバにあることがわかります。テ
クニカルサポート用紙(主な注意事項参照)にサウンドカードのモデル
名、マザーボードのモデル名、BIOS の ID 番号を記入し、"問題の説明"
欄に詳しい説明を記入してください。
$$$
%%主な注意事項
%% 主な注意事項
主な注意事項
"テクニカルサポート用紙"に必要事項を記入する場合、次の注意事項を守ってくだ
さい。
モデル名:
モデル名:ユーザーマニュアルに記されているモデル名を記入します。
例: VH6, BX6, BH6, etc…
マザーボードのモデル番号
マザーボードのモデル番号
のモデル番号 マザーボードに"REV:*.**"と記されている
マザーボードのモデル番号を記入してください。
例: REV: 1.01
3*. および部品番号:
および部品番号:次のページの例をご覧ください。
トラブルシューティング
4. ドライバ
ドライババージョン
バージョン:
バージョン:デバイスドライバのディスク(もしあれば)に"Release
*.**"などと記されているバージョン番号を記入します。
ユーザーマニュアル
付録 /アプリケーション
/アプリケーション:
/アプリケーション:使用している OS およびシステムで起動しているアプ
リケーションを記入します。
例: MS-DOS 6.22, Windows 95, Windows NT....
:
:CPU のメーカー名および速度 (MHz) を記入します。
例:(A) "メーカー名"の欄には"Intel"、"仕様"の欄には"Pentium II MMX 300MHz"
と記入します。
:
:HDD のメーカー名、仕様、&IDE1 および&IDE2 のどちらで使用してい
るかを記入します。ディスク容量がわかる場合には容量を記入し、"□"をチェ
ック ("'") してください。チェックがない場合は、"(IDE1"マスターとみなし
ます。
例:"HDD"の蘭のボックスをチェックし、メーカー名には"Seagate"、仕様の欄
には"ST31621A (1.6GB)"と記入します。
ドライブ:
ドライブ: CD-ROM ドライブのメーカー名、仕様、&IDE1 および
&IDE2 のどちらで使用しているかを記入します。また、"□"をチェック ("'") し
てください。チェックがない場合は、"(IDE2"マスターとみなします。
例: "CD-ROM ド ラ イブ "の 欄 のボ ックス をチェッ クし、 メー カ ー名 に は
"Mitsumi"、仕様の欄には FX-400D"と記入します。
システムメモリ
:システムメモリのメーカー名および仕様 (SIMM /
システムメモリ :
DIMM) を記入します。
メーカー名の欄には"Panasonic"、仕様の欄には"SIMM-FP DRAM 4MB-06"と記
入します。
または、メーカー名の欄には"NPNX"、仕様の欄には"SIMM-EDO DRAM 8MB06"と記入します。
または、メーカー名の欄には"SEC"、仕様の欄には"DIMM-S DRAM 8MB-G12"
と記入します。
その他のカード:
その他のカード:問題に関係しているのが"絶対確実である"カードを記入しま
す。
問題の原因が特定できない場合は、システムに搭載しているすべてのカードを
記入してください。
注意
“*”の項目は必ず記入してください。
)
トラブルシューティング
)テクニカルサポート用紙
テクニカルサポート用紙
会社名:
* 電話 #:
$ 連絡先:
+Fax #:
モデル名
マザーボードの
モデル番号
OS / ア プ リ ケ ー
ション
ハードウェア名
CPU
HDD
□IDE1
□IDE2
□IDE3
□IDE4
CD□IDE1
ROM
□IDE2
ト ゙ ラ
□IDE3
イ フ ゙
□IDE4
システムメモリ
(DRAM)
その他のカード
*
BIOS ID #
ドライババージョン
*
*
メーカー名
*
仕様
,
問題の説明:
ユーザーマニュアル
付録 テクニカルサポートの受け方について
付録 I
テクニカルサポートの受け方につい
て
(ホームページ)
ホームページ) http://www.abit.com.tw
(米国)
米国) http://www.abit-usa.com
(ヨーロッパ)
ヨーロッパ) http://www.abit.nl
ABIT 社の製品をお買い上げいただきありがとうございます。ABIT はディストリビ
ュータ、リセラー、システムインテグレータを通じて製品を販売させていただいて
おりますため、エンドユーザの皆様に直接製品を販売することはありません。弊社
テクニカルサポート部へお問い合わせいただく前に、お客様のシステムを構築した
リセラーかシステムインテグレータにお問い合わせいただく方が、より適切なアド
バイスを受けることができます。
ABIT ではお客様に常に最高のサービスを提供したいと願っております。弊社はお
客様への迅速な対応を最優先に考えておりますが、毎日世界各国からの電話や電子
メールによる問い合わせが殺到しておりますため、すべてのご質問にお答えするこ
とができない状況です。したがいまして、電子メールでお問い合わせいただきまし
てもご返答できない場合がありますので、あらかじめご了承いただきますようお願
い申し上げます。
ABIT は最高の品質と互換性の高い製品を提供するために、互換性や信頼性に関す
るテストを重ねております。万一サービスやテクニカルサポートが必要となりまし
た場合には、まずリセラーかシステムインテグレータにお問い合わせください
まずリセラーかシステムインテグレータにお問い合わせください。
まずリセラーかシステムインテグレータにお問い合わせください
。
できるだけ早く問題を解決するために、以下に説明します処理を行ってみてくださ
い。それでも問題を解決できない場合には、弊社のテクニカルサポートへお問い合
わせください。より多くのお客様に、より質の高いサービスを提供するために、皆
様のご協力をお願いします。
1. マニュアルをお読みください。
マニュアルをお読みください。マニュアルの作成には万全の注意を払っい、ど
なたにもお分かりいただけるように説明してあります。意外と簡単なことを見
落としている場合もありますので、再度マニュアルをよくお読みください。マ
ニュアルにはマザーボード以外についても重要な情報が記載されています。マ
ザーボードに同梱されている CD-ROM には、ドライバのほかにマニュアルの電子
ファイルも格納されています。必要であれば、弊社の Web サイトまたは FTP サ
ーバより、ファイルをダウンロードすることもできます。
http://www.abit.com.tw/download/index.htm
ユーザーマニュアル
付録 2. 最新の BIOS、ソフトウェア
BIOS、ソフトウェア、ドライバをダウンロードしてください
、ソフトウェア、ドライバをダウンロードしてください。
、ドライバをダウンロードしてください 。弊社の
Web サイトをご覧になり、バグや互換性に関わる問題が修正された最新バージ
ョンの BIOS をダウンロードしてください。また周辺機器のメーカーにお問い
また周辺機器のメーカーにお問い
合わせになり、最新バージョンのドライバをインストールしてください
、最新バージョンのドライバをインストールしてください。
合わせになり
、最新バージョンのドライバをインストールしてください
。
3. Web サイト上の専門用語集および FAQ(よく聞かれる質問)をお読みください。
をお読みください。
弊社では今後も引き続き FAQ を充実させていく予定です。皆様のご意見をお待
ちいたしております。また新しいトピックにつきましては、HOT FAQ をご覧く
ださい。
4. インターネットニュースグループをご利用ください
インターネットニュースグループをご利用ください。
。ここには貴重な情報が数
多 く 寄 せ ら れ ま す 。 ABIT Internet News グ ル ー プ
( alt.comp.periphs.mainboard.abit )はユーザどうしで情報を交換したり、
それぞれの経験を語り合ったりするために設置されたフォーラムです。たいて
いの場合、知りたい情報はこのニュースグループ上にすでに記載されていま
す。これは一般に公開されているインターネットニュースグループであり、無
料で参加することができます。ほかにも次のようなニュースグループがありま
す。
alt.comp.periphs.mainboard.abit
alt.comp.periphs.mainboard
comp.sys.ibm.pc.hardware.chips
alt.comp.hardware.overclocking
alt.comp.hardware.homebuilt
alt.comp.hardware.pc-homebuilt
5. リセラーへお問い合わせください。
リセラーへお問い合わせください。技術的な問題につきましては、ABIT が認定
したディストリビュータにお尋ねください。弊社の製品はディストリビュータ
からリセラーや小売店へ配送されます。リセラーはお客様のシステムの構成内
容をよく理解していますので、お客様が抱える問題をより効率よく解決できる
はずです。お客様が受けられるサービス内容によって、お客様が今後もそのリ
セラーと取り引きを続けていきたいかどうかを判断する材料にもなります。万
一問題を解決できない場合は、状況に応じて何らかの対応策が用意されている
はずです。詳しくはリセラーにお尋ねください。
6. ABIT へお問い合わせください
へお問い合わせください。
。ABIT へ直接お尋ねになりたいことがございま
したら、テクニカルサポート部へ電子メールをお送りください。まず、お近く
の ABIT 支店のサポートチームにお問い合わせください。地域の状況や問題、ま
たリセラーがどのような製品とサービスを提供しているかは、地域により全く
異なります。ABIT 本社には毎日世界各国から膨大な量の問い合わせが殺到して
おりますため、すべてのお客様のご質問にお答えすることができない状況で
す。弊社ではディストリビュータを通じて製品を販売いたしておりますため、
テクニカルサポートの受け方について
すべてのエンドユーザの皆様にサービスを提供することができません。何卒ご
理解を賜りますようお願い申し上げます。また、弊社のテクニカルサポート部
に質問をお寄せになる際は、問題点を英語でできるだけ分かりやすく、簡潔に
記載していただき、必ずシステム構成部品のリストしてください。お問い合わ
せ先は次の通りです。
北米および南米:
北米および南米:
ABIT Computer (USA) Corporation
46808 Lakeview Blvd.
Fremont, California 94538 U.S.A.
sales@abit-usa.com
technical@abit-usa.com
Tel: 1-510-623-0500
Fax: 1-510-623-1092
イギリスおよびアイルランド:
イギリスおよびアイルランド:
ABIT Computer Corporation
Caxton Place, Caxton Way,
Stevenage, Herts SG1 2UG, UK
abituksales@compuserve.com
abituktech@compuserve.com
Tel: 44-1438-741 999
Ltd.
Fax: 44-1438-742 899
ドイツおよびベネルクス三国(ベルギー、オランダ
ドイツおよびベネルクス三国(ベルギー
ドイツおよびベネルクス三国
(ベルギー、オランダ、ルクセン
、オランダ、ルクセン
ブルク)
:
AMOR Computer B.V. (ABIT 社ヨーロッパ支店)
社ヨーロッパ支店)
Van Coehoornstraat 5a,
5916 PH Venlo, The Netherlands
sales@abit.nl
technical@abit.nl
Tel: 31-77-3204428
Fax: 31-77-3204420
上記以外の地域のお客様は、台北本社にお問い合わせくださ
上記以外の地域のお客様は 、台北本社にお問い合わせくださ
い。
ユーザーマニュアル
付録 台湾本社
AIBIT の本社は台北にあります。日本とは1時間の時差がありますのでご注意
ください。また祝祭日が日本とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
ABIT Computer Corporation
3F-7, No. 79, Sec. 1, Hsin Tai Wu Rd.
Hsi Chi, Taipei Hsien
Taiwan, R.O.C.
sales@abit.com.tw
market@abit.com.tw
technical@abit.com.tw
Tel: 886-2-2698-1888
Fax: 886-2-2698-1811
RMA サービスについて。
サービスについて。新しくソフトウェアやハードウェアを追加していない
のに、今まで動いていたシステムが突然動かなくなった場合は、コンポーネン
トの故障が考えられます。このような場合は、製品を購入されたリセラーにお
問い合わせください。RMA サービスを受けることができます。
7. 互換性に関する問題がある場合は ABIT へご一報ください。
へご一報ください。弊社に寄せられる
さまざまな質問の中でも ABIT が特に重視しているタイプの質問があります。互
換性に関する問題もその1つです。互換性がないために問題が発生していると
思われる場合は、システムの構成内容、エラーの状態をできるだけ詳しくお書
きください。その他のご質問につきましては、申し訳ございませんが直接お答
えできない場合があります。お客様がお知りになりたい情報は、インターネッ
トニュースグループにポストされていることがありますので、定期的にニュー
スグループをお読みください。
ありがとうございました。
ありがとうございました。ABIT Computer Corporation
http://www.abit.com.tw
Download PDF