光電スイッチ HPX シリーズ 取扱説明書
■■ 外形寸法図
CP-UM-3099JE
光電スイッチ HPX シリーズ
取扱説明書
単位:mm
51
39.6
24.5
1.3
コード
22.5
(光ファイバ)
12.4
3-3.3
3-2.2
22.5
材質
光電スイッチケース:
PC/ABSアロイ/灰色
取付ブラケット:
冷間圧延ステンレス鋼板t1
16
●● PNP 型
茶
OUTPUT 黒
SD
負荷
100mA 以下
黄赤
50mA 以下
本書では、
HPX シリーズの仕様のうち主だった項目のみ記載してあります。
■■ 仕 様
NPN
HPX-A1
HPX-H1
HPX-F1
HPX-V1
PNP
HPX-A2
HPX-H2
HPX-F2
HPX-V2
200mm*2
400mm*2
80mm*2
30mm*2
80mm*3
150mm*3
30mm*3
10mm*3
電源電圧
DC10 ~ 30V(リップル 10%以下)
消費電流
35mA 以下
DC10
∼30V
青
動作
DC10
∼30V
500μs以下 500μs以下 50μs以下
500μs以下
復帰 *5 500μs以下 500μs以下 70μs以下
500μs以下
オフディレイ
40 ± 10ms(オフディレイ ON 時)*6
投光素子
赤色 LED
使用周囲照度
白熱ランプ:5,000lx 以下、太陽光:20,000lx 以下
使用周囲温度
- 20 ~+ 60℃(連装時- 20 ~+ 50℃)
使用周囲湿度
35 ~ 85% RH(ただし結露のないこと)
保護構造
IP40(IEC 規格)
緑色 LED
*1 検
出距離はアンプ部への連結状態、ファイバの切断状態により 20%程度低
下することがあります。
*2 ファイバユニット HPF-T003 を使用したとき
HPX-F □を設定距離 5mm 以下で使用するときは、感度調整ボリュームで感
度を下げてご使用ください。
*3 フ
ァイバユニットHPF-D002、標準検出体(20 × 20 白色紙)を使用したとき。
なお標準検出体は以下のとおりです。
HPX-A □:10 × 10cm 白色紙、HPX-H □:20 × 20cm 白色紙
HPX-F □および HPX-V □:5 × 5cm 白色紙
*4 L-ON:入光時出力トランジスタ ON、D-ON:遮光時出力トランジスタ ON
*5 オフディレイ OFF 時
*6 オフディレイは制御出力だけに働きます。
ヘッド形状
許容締付トルク
M3/M4 ねじ形
0.8N・m
■■ 自己診断機能
自己診断機能とは、光電スイッチが使用環境の影響を受け検出特性が
徐々に変化していくのを監視し、表示灯や出力により知らせる機能で
す。これにより検出面の汚れや光軸ズレなどの状態を診断できます。
赤色と緑色の 2 つの表示灯によりスイッチの状態確認ができます。
①入
光表示灯(赤)
は動作点をしきい値とし、入光量が多い場合に
点灯、少ない場合に消灯になります。
②安
定表示灯
(緑)
は消灯、点灯、点滅によりそれぞれ下図のような
検出状態を示します。
●● 自己診断出力
自己診断出力は安定遮光→不安定入光→安定遮光と変化したとき
にオンし、外部回路に不安定遮光を知らせます。
受光量
動作レベル×1.5
安定入光
動作レベル
動作レベル×0.8
不安定遮光
安定遮光
時間
制御出力
ON
(ライトオンの時)
OFF
消灯
表示灯:赤
点灯
自己診断出力 ON
OFF
点滅
(周期約6.4Hz)
表示灯:緑
A
B
点滅
(周期約1.6Hz)
A:安定遮光→不安定入光→安定遮光と受光量が変化した場合に安定表
示灯が点滅し出力ができます。
B:A の状態から安定入光まで受光量が増加すると自己診断表示 / 出力
が解除されます。
注 不安定遮光
(入光)
時に安定表示灯
(緑)
が点滅することがあります。
設 置
■■ アンプユニットの取付方法
専用取付ブラケット(付属品)または DIN レールを使用して取り付けて
ください。
① アンプユニット前部の溝(A 部)を専用取付ブラケットまたは DIN
レールに挿入してください。なお、DIN レールに取り付ける場合
は必ず止め金具で固定してください。
J1
•• ファイバを曲げる場合には最小曲げ半径以上になるように、余裕をもっ
て引き回してください。
40mm以上
•• ファイバの先端部およびアンプユ
ニット挿 入 部 付 近 は、 断 線 し や
R
アンプ
R
ファイバ
ユニット
すいので 40mm(細径ファイバは
ユニット
10mm)以上の直線部を確保してく
40mm以上
ださい。
•• ステンレスチューブファイバを曲げる場合は、中央付近で行い、曲げ半
径は 10mm 以上にしてください。先端部および根元部で曲げますと断線
する場合があります。また、同じ場所で繰り返しの曲げは 3 回以上行わ
ないでください。ステンレスチューブの部分を回さないでください。
ステンレスチューブ
20mm*
1N・m
0.3N・m
■■ ファイバの切断
注意
ファイバの切断は専用カッター(ファイバに付属)をご使用ください。
なお、耐寒・耐熱形は切断できません。
① フ ァイバを専用カッターの穴に入れ、所定の長さにセットしてく
ださい。
② 刃を最後まで一気に押し下げて完全に
切断してください。
③ なお、ファイバは一本ずつ切断し一度
使用した刃は繰り返し使用しないでく
ファイバ
ださい。
取り扱い上の注意
•• 静電気ノイズ試験の気中放電耐量は、EMC 指令がセンサに要求するレ
ベルを満たしていません。設置や調整するとき、リストバンドなどの
帯電防止対策をしてください。
•• コードを過大な力で引っ張りますと断線することがあります。50N 以
上の力をかけないでください。
•• 電源を入れてから安定に動作するまでの時間は約 100ms です。
•• コードは耐油形を使用していますが、水や油が常時かかる場所や浸か
るような場所では使用しないでください。また、コード端部には水や
油がかからないようにしてください。
•• 外乱光が多い場所で使用する場合には、フードなどにより遮光するか、
取付方向を変え誤動作がないことをよく確認してください。
•• 振動・衝撃の大きい場所は光軸ズレの原因になりますので避けてください。
•• 水や油がファイバの検出面にかかると誤動作することがあります。直
接かからないように遮蔽板などを設置してください。
•• 塵埃が多い環境で使用する場合には、ファイバの検出面に付着しないよ
うに密封ケースに入れた上、
エアパージをかけるなどの対策をしてください。
•• 化学薬品(有機溶剤、酸、アルカリなど)の雰囲気中では使用しないで
ください。
•• ファイバは損傷や断線が発生しないように、束線バンドなどでしっか
りと固定してください。
•• アンプユニット本体直後のケーブル曲げ半径は 30mm 以上にしてくださ
い。また、繰り返しの曲げ応力がかかる使い方は避けてください。
•• ファイバの検出面が汚れた場合には、柔らかい清潔な布で軽く拭き取っ
てください。なお、ベンジン、シンナーなどの有機溶剤は使用しない
でください。
•• 感度調節ボリュームは 3 回転します。また、ストッパは付いていません
ので回しすぎないでください。
(回転数:最大 10 回)
•• 光電スイッチは精密に組み付けられてい
ます。絶対に物を当てないでください。
センサーヘッド
とくにファイバ検出面に傷がつきますと
特性が損なわれますので、注意して取り
扱ってください。
15mm*
* 曲げ禁止範囲は製品ごとに異なります。
かならず製品仕様書でご確認ください。
•• ファイバに無理な力をかけないでください。
•• 複数のファイバユニットを接近して使用すると動作不安定になるこ
とがあります。設置後確認の上使用してください。
配線上の注意
止めねじ
(平先またはくぼみ先)
M3以下
•• カッターは絶対に分解しないでください。刃でけがをすることがあ
ります。
* 図中の色は電線の絶縁被覆色です。
開閉容量:DC30V 100mA 以下、残留電圧:1V 以下
自己診断(SD)出力 開閉容量:DC30V 50mA 以下、残留電圧:1V 以下
C
専用取付
ブラケット
または
DINレール
■■ ファイバユニットの締付トルク
円柱形
100mA以下
黒
OUTPUT 50mA 以下
負荷
SD 黄赤
負荷
青
不安定入光
NPN オープンコレクタまたは PNP オープンコレクタ
(切替スイッチにより L-ON/D-ON 切替可能)*4
B
①ア
ンプユニット上部のレバーを爪またはマイナスドライバなどで
軽く持ち上げてください。
② フ ァイバをアンプユニットに挿入し、レバーを倒してください。
ファイバは、アンプユニットに 13mm 入ります。奥まで入っていな
いと、検出距離仕様を満足でき
ないことがあります。
③ 細径ファイバの場合には、まず細
径アタッチメントをアンプユニッ
トにいっぱいまで挿入した後ファ
イバを入れ固定してください。
M6 ねじ形
茶
負荷
A
ファイバヘッドを取り付ける場合には、下表の締付トルク以下にして
ください。
●● 自己診断表示
仕様概要
応答時間
取付ブラケット
35.3
●● NPN 型
© 1993-2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.
制御出力
φ3.3穴
16
出力回路および回路構造は機種により異なりますので、正しく接続し
てください。
この取扱説明書は、本製品をお使いになる担当者のお手元に
確実に届くようにお取りはからいください。
この取扱説明書の全部、または一部を無断で複写、または転
載することを禁じます。この取扱説明書の内容を将来予告な
しに変更することがあります。
この取扱説明書の内容については、万全を期しておりますが、
万一ご不審な点や記入もれなどがありましたら、当社までお
申し出ください。
お客様が運用された結果につきましては、責任を負いかねる
場合がございますので、ご了承ください。
出力形態
4.2
4
13.7
28.4
7.6
8.4
0.5
②ア
ンプユニットの後部(B 部)を
押しつけ完全にはめ込んでくだ
さい。
③ 取り外しは、C部の溝にドライ
バを入れ後ろに引きながら持ち
上げれば外れます。
■■ ファイバのアンプユニットへの組付方法
ポジションA
■■ 出力回路と接続方法
お願い
検出距離 透過形
*1
反射形
オフディレイスイッチ
レバー
ポジションB
ご注文・ご使用に際しては、下記 URL より「ご注文・ご使用に際
してのご承諾事項」を必ずお読みください。
http://www.compoclub.com/syodaku.html
または
http://www.azbil.com/jp/product/cp/order.html
6.5
安定表示灯
(緑)
インジゲータ
1.5
60
光電スイッチ HPX シリーズをご購入いただき、まことにありが
とうございます。この取扱説明書には、HPX シリーズを安全に正
しくご使用いただくための必要事項が記載されております。
HPX シリーズを使用した操作盤、装置の設計、保守を担当される
方は、必ずお読みになり、理解したうえでご使用ください。
また、この取扱説明書は、取り付け時だけでなく、保守、トラブ
ル時の対応などの際に必要です。いつもお手元においてご活用く
ださい。
形 番
L-ON/D-ON 切替スイッチ
6.3
10
入光表示灯(赤)
感度調節ボリューム
(3回転)
•• コードを延長する場合には 0.3mm2 以上の線を使用し、100m 以下に
してください。
•• 光電スイッチの配線を電力線や動力線と同一配管しますと誘導によ
り、誤動作や破損の原因となります。単独または別配管により配線
してください。
•• 市販のスイッチングレギュレータをご使用の際は、フレームグラン
ド、およびグランド端子を接地してください。接地しないで使用す
ると、スイッチングノイズにより誤動作することがあります。
•• 容量性負荷や白熱ランプなど開閉容量以上の突入電流が流れる負荷
を接続する場合は、負荷と出力との間に制限抵抗を入れてください。
(出力短絡保護機能が働きます。)
調 整
検出体の種類が多い場合や検出位置などが変動する場合には試運転調整
時に動作確認することをお薦めします。また、周囲物体などからの反射
光の影響がないことも確認してください。
■■ 透過形
①感
度調整ボリュームを最大にし、投・受光ファイバヘッドを仮
取り付けしてください。
② 投・受光ファイバヘッドを上下、左右に振り入光表示灯が赤点
灯する範囲のほぼ中央の位置に固定します。このとき安定表示
灯も緑点灯していることを確認してください。
③ 検出体を置いたときに、入光表示灯が消え安定表示灯が緑点灯
することを確認してください。
■■ 反射形
①検
出位置に向けてファイバヘッドを取り付けてください。
② 検 出体がない状態で感度調整ボリュームを MAX の位置から
徐々に MIN 方向に回していき、入光表示灯が消灯する位置を A
とします。もし感度調整ボリュームが MAX の位置でも表示灯
が消灯している場合には MAX の位置を A とします。
③ 検出体を所定の位置に置き感度調整ボリュームを MIN から徐々
に MAX 方向に回していき、入光表示灯が点灯する位置を B と
C
します。
B
A
④ 目盛り A と B の中間 C の位置に感度調整
ボリュームを設定してください。
MIN
MAX
〔ご注意〕
この資料の記載内容は、お断りなく変更する場合もありますので
(24)
ご了承ください。
本 社 〒100-6419 東京都千代田区丸の内 2-7-3 東京ビル
北海道支店
東北支店
北関東支店
東京支社
☎(011)
781 ー 5396
☎(022)
290 ー 1400
☎(048)
621 ー 5070
☎(03)6810 ー 1211 2
中
関
中
九
製品のお問い合わせは…
コールセンター :
〈アズビル株式会社〉
〈COMPO CLUB〉
部
西
国
州
支
支
支
支
社
社
店
社
☎(052)324 ー 9772
☎(06)6881 ー 3383 4
☎(082)554 ー 0750
☎(093)285 ー 3530
0466-20-2143
http://www.azbil.com/jp/
http://www.compoclub.com
1993年 9月 初版発行
2012年 4月 改訂 9 版 ( F )
„„ Dimensions
HPX Series
Photoelectric Controls
Installation Instructions
Copying or duplicating this user’s manual in part or in whole is forbidden.
The information and specifications in this manual are subject to change
without notice.
Considerable effort has been made to ensure that this manual is free
from inaccuracies and omissions. If you should find an error or omission,
please contact the azbil Group.
In no event is Azbil Corporation liable to anyone for any indirect, special
or consequential damages as a result of using this product.
SPECIFICATIONS
„„ Specifications
NPN
HPX-A1
HPX-H1
HPX-F1
HPX-V1
PNP
HPX-A2
HPX-H2
HPX-F2
HPX-V2
Thru
200 mm*2
400 mm*2
80 mm*2
30 mm*2
Scanning scan*2
1
Distance* Diffuse
80 mm*3
150 mm*3
30 mm*3
10 mm*3
scan*3
Supply Voltage
10 to 30 Vdc (Ripple 10 % max.)
Current Consumption 35 mA max.
Light operated/Dark operated, Selectable
Operating Mode
(with L-ON/D-ON selector)
HPX-_1: Open collector of NPN transistor
Output Mode
HPX-_2: Open collector of PNP transistor
Load current: 100 mA max. (resistive load)
Output
Saturation voltage: 1 V max. (at 100 mA load current)
30 Vdc max., short circuit protection
Load current: 50 mA max. (resistive load)
Self-diagnosis outSaturation voltage: 1 V max. (at 50 mA load current)
put (SD output)
30 Vdc max., short circuit protection
on 50 μs max.
Response Time
500 μs max.
500 μs max.
off 70 μs max.
40±10 ms (When Off-Delay switch in ON)
Off-Delay *4
Light Source
Red LED
Green LED
Ambient Light
Incandescent: 5,000 lx max./Sun light: 20,000 lx max.
Operating Temperature -20 to +60 °C (-20 to +50 °C, When setting tightly side by side)
Humidity
35 to 85 % RH (Without condensation)
Sealing
IP40 (IEC standard)
Catalog
Listing
*1 T he scanning distance will decrease to 20 % off by the state of connecting
to the amplifier or cutting of the optical fiber.
Consider the scanning distance with an enough margin when you decide it.
*2 Fiber unit: HPF-T003
Adjust sensitivity when setting the fiber less than 5 mm at HPX-F_
*3 Fiber unit: HPF-D002
*4 Off-Delay operates on Output only.
Mount the amplifier on the original bracket (attached to the amplifier)
or the DIN rail.
(1) E
ngage the “A” part shown below to one rail of the original or the
DIN rail.
(2) P
ush the “B” part downwards until it clicks.
C
(3) T
o remove the amplifier,
B
A
use a standard screwdriver
The original
to pull the “C” part backbracket
or the DIN rail.
wards and lift it up.
6.5
OFF-Delay switch
Lever*4
Set*4
Cord*3
8.4
13.7
28.4
7.6
1.3
Release
0.5
φ3.3
4.2
(Optical fiber)
22.5
12.4
*1 Mounting bracket and screw driver
for sensitivity adjustment are included.
*2 Material
Photoelectric switch
Case: PC/ABS alloy (gray)
Bracket: Cold rolled stainless steel plate t1
*3 Cord: Oil resist 0.2mm2 Color:gray
*4 Optical fiber will be fixed by setting lever.
Mounting bracket*1*2
16
„„ Inserting fiber unit to the amplifier
35.3
(1) G
ently lift the lever on the amplifier using a nail or a screwdriver.
(2) I nsert the tip of each fiber into the holes on the HPX amplifier.
Then, push the lever downward. The fiber can be inserted into the
amplifier for 13 mm in the depth. If it is not fully inserted to the
bottom of the hole, the sensor may not satisfy the specifications of
the scanning distance.
(3)
(3) I n the case of slim fibers,
(1)
firmly insert the attachment
into the holes of the HPX
amplifier and then insert
the fiber into the holes of (2)
the attachment.
3-3.3
3-2.2
22.5
16
„„ Output Circuit and Wiring
Be careful when connecting as output and circuit structure varies depending on model.
●● NPN
●● PNP
HPX-A2/-H2/-V2/-F2
HPX-A1/-H1/-V1/-F1
BROWN
OUTPUT
BLACK
BROWN
LOAD
LOAD
100 mA max.
SD
ORANGE
50 mA max.
10 to
30 Vdc
„„ Tightening torque
50 mA max.
BLACK
OUTPUT 100 mA max.
SD ORANGE
LOAD
BLUE
BLUE
© 1993-2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.
„„ Amplifier
1.5
60
CIRCUITRY
Be sure that the user receives this manual before the product is used.
6.3
Stability indicator (green)
Indicator
CIRCUITRY
NOTICE
MOUNTING
Sensitivity adjustor (3 turns)
L-ON/D-ON Selector
10
Light indicator (red)
Thank you for purchasing the HPX Series Photoelectric Controls
Installation Instructions.
This manual contains information for ensuring correct use of the
HPX Series. It also provide necessary information for installation,
maintenance, and troubleshooting.
This manual should be read by those who design and maintain
devices that use the HPX Series.
Be sure to keep this manual nearby for handy reference.
Please read the “Terms and Conditions” from the following URL
before ordering or use:
http://www.azbil.com/products/bi/order.html
Unit: mm
51
39.6
24.5
4
CP-UM-3099JE
Mount the fiber head by referring to the following figures and table:
10 to
30 Vdc
SCREW
Applicable tightening torque SET
(flat point or cup point,
M3 max.)
M3/M4 screw type
0.8 N·m
M6 screw type
1 N·m
Cylinder type
0.3 N·m
Shape of head
LOAD
Note: Color indication on the above figure shows cord color of pre-leaded type.
„„ Self-Diagnostic Function and Indicator
„„ Cut the fiber
Each unit has a stability and a light indicator on the top. The red light
indicator turn on when the returning light is greater than that needed
to operate the output of the switch and turns off when it is less. The
green stability/self-diagnostic indicator will flash if the returning light
signal is marginal (between and excess gain of 1 and 1.5)
In addition, a functional output for remote notification of marginal
light or dark operation is provided.
Marginal operation is generally due to dirt on the less or misalignment
of the sensor with its target.
This self-diagnostic indicator and function provide timely notification
of marginal operation occurs so that maintenance can carried out before costly downtime occurs.
Please see the chart below for explanation.
Use the original cutter (attached the fiber) to cut the fiber.
CAUTION
• Do not resolve the original cutter.
High and low temperature-proof type can not be cut.
(1) I nsert the fiber cable to the desired cutting length, into one of the
previously unused holes in the cutter.
CUT
(2) P
ush down the blade in one strong
and smooth motion.
(3) D
o not use again a hole once used to
cut the fiber cable.
FIBER
CAUTIONS FOR USE
Relative light input level
Stable light
Operation level × 1.5
• This sensor does not satisfy the air discharge immunity level of
ESD test required of EMC directive. Please take adequate measures such as wristband when HPX series is touched.
• Output is disabled upon power-up approx. 100 ms so that stabilization
occurs.
• Do not splash water/oil continuously onto the cable and do not dip it
into water/oil.
• Secure the sensor’s correct operation by a cover or changing mounting
direction if light disturbance is considerable.
• Place a sensor in the case to avoid sunlight or rain when used
outdoors.
• Application with a lot of vibration or shock should be avoided due to
potential for misalignment of optical axis.
• Fiber head should be protected from oil and water.
• Keep dust away from fiber head by using sealed case and air purge.
• Do not expose HPX to ketones, halogenated hydrocarbons, esters,
amines, or acids and alkalis.
• Cord cut may occur when cord is pulled with over 50 N.
• Install the fiber unit with cord ties, so that no damage may occur due
to excessive force.
Unstable light
Operation level
Operation level × 0.8
Unstable dark
Stable dark
Time
Output
ON
(Light on mode) OFF
ON
Red Indicator
OFF
SD output
ON
OFF
Blink
(6.4 Hz typ)
A
B
Blink
(1.6 Hz typ)
A: I nput level changes stable dark → unstable light → stable dark, stability indicator (green) turn to self-diagnose is indicator. (blinking)
B: I nput level increases from state ‘A’ to stable light, stability indicator (green)
turns to stable indicator.
Note: S table indicator (green) will blink at the state of unstable light and dark.
E1
• Do not bend the part of the cord nearest to the amplifier with less than a
minimum bend radius of 30 mm and also avoid continuous bending stress.
• Wipe the surface of the fiber unit’s head with soft cloth (dry or with a
little water).
• Do not use a product such as benzine, acetone or thinner.
• Do not turn sensitive potentiometer more than ten times.
• Do not hit nor rub sensor (especially
SENSOR HEAD
surface of the fiber unit’s head).
• Handle the sensor with care.
• Bend the fiber using as large a radius as possible.
40 mm
• Do not bend the fiber unit within a
40 mm vicinity (in case of slim fiber:
AMPLIFIER
R
10 mm) of it’s joint with the amplifier
R UNIT
FIBER UNIT
unit and the sensing head.
40 mm
• Bending the stainless steel tube.
STAINLESS STEEL TUBE
20 mm*
15 mm*
* Do not bend these parts.
a. Bend it using as large a radius as possible, at least 10 mm.
b. Do not bend the same part more than three times.
c. Do not twist it.
• Do not apply excessive force on fiber unit.
• Be careful of mutual interference when several sensors are applied in
close proximity.
WIRING CAUTIONS
• If an extension of cord is necessary, use a 0.3 mm2 minimum cord of
100 m maximum length.
• Route the wires of the sensor separately from power lines or through
an exclusive conduit, otherwise the electrical surge may cause incorrect
operation or damage.
• When using a commercially available switching regulator, ground the
FG (frame ground) and G (ground) terminals, otherwise the switching
noise may cause incorrect operation.
• When using a load which generates a transient current, connect a current limiting resistor between the load and the output terminal, otherwise the short circuit protection may function.
ADJUSTMENT OF LIGHT AXIS
„„ Thru scan type
(1) M
ake temporary installation of emitter and receiver by setting sensitivity potentiometer to MAX position.
(2) M
ove the fiber heads of the emitter and the receiver vertically and
horizontally and fix at the center of the area where the light indicator (red) and stability indicator (green) turn on.
(3) P
ut a target between the emitter and the receiver and light indicator should turn off and stability indicator should turn on.
„„ Diffuse-scan type
(1) W
ithout the target, turn the sensitivity potentiometer gradually
from MAX position and find the point “A” where the light indicator turn off. If the light indicator remains off at MAX position. It is
point “A”.
(2) W
ith a target being placed, turn the sensitivity potentiometer gradually from MIN position. And find “B” where the light indicator
turn on.
C
B
A
(3) S et the sensitivity potentiometer to the position
“C” which is the center of positions “A” and “B”.
MIN
MAX
Specifications are subject to change without notice. (09)
1-12-2 Kawana, Fujisawa
Kanagawa 251-8522 Japan
URL: http://www.azbil.com
1st Edition: Sep. 1993
9th Edition: Apr. 2012 ( F )
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement