® インテル クラウド・ビルダーズ・ガイド:

®  インテル クラウド・ビルダーズ・ガイド:
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド
インテル® Xeon® プロセッサー搭載サーバー
Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド:
インテル® プラットフォームにおける
クラウドの設計と導入
Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
対象読者と目的
このリファレンス・アーキテクチャーは、新規のデータセンターまたは既存のデータセンターにお
いて電力効率向上を実現するための電力管理ソリューションを検討している、データセンター管
理者と企業の IT プロフェッショナルを対象としています。本資料で説明する設計手法は、ハード
インテル® Xeon® プロセッサー 5500 番台
インテル® Xeon® プロセッサー 5600 番台
ウェア / ソフトウェア・コンポーネントを使用して実装されるポリシーベースの電力管理ソリュー
ションについて理解するためのリファレンスとして使用できます。読者は、提示されている設計手
法に基づいて適切な電力管理ソリューションを開発できます。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
目 次
概 要 ............................................................................................................................................................ 3
はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
サーバーの電力管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
テストベッドの計画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
設計に関する考慮事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
ハードウェアの説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
物理アーキテクチャー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
インストールと構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
VMware* のコンポーネント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
電力管理プラグインのコンポーネント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ポリシーベースの電力管理のユースケース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
ユースケース 1:サーバーの電力のリアルタイムの監視とスケジューリング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
実行手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
結果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
ユースケース 2:ラック密度とラック使用率の最適化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
実行手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
結果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ユースケース 3:電力が最適化されたワークロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
実行手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
結果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ユースケース 4:災害復旧 / ビジネス継続性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
実行手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
結果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
ポリシーベースの動的電力管理のユースケース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
ユースケース 5:複数のサービスクラスの電力対応サポートによるデータセンターの電力削減 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
実行手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
結果 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
考慮事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
アーキテクチャーに関する考慮事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ストレージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
拡張性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ネットワーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
電力管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ハードウェア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
その他の開発中の利用モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
温度 / 電力管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
プラグインの開発と使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
付録 A :サーバーの電力管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
インテル® パワー・マネジメント・テクノロジー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
インテル® インテリジェント・パワー・ノード・マネージャー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
VMware* Distributed Power Management(DPM). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
付録 B : Dell のクラウド・ソリューション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
Dell* PowerEdge* C シリーズサーバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
付録 C : VMware* 電力管理プラグイン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
電力管理プラグイン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
付録 D :電力管理の改良 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
2
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
概要
クラウドへの移行を支援するために、インテル
します。各ユースケースの説明には、テスト
フォーマンスへの影響が最小限に抑えら
結果とデータも含まれています。
れました。∑
基盤とする安全性と効率性に優れたシンプ
1. サーバーの電力のリアルタイムの監視と
スケジューリング:
5 . 複数のサービスクラスの電力対応サポート
によるデータセンターの電力削減:
ルなクラウド・アーキテクチャーの構築に向け
サーバーの電力をリアルタイムに監視す
ワークロードの優 先 順 位がそれぞれ異
はエンドユーザーと協力しながら、透過性を
て、さまざまな IT の課題に対応するための
ることで、消費電力に対応したスケジュー
なるさまざまなユーザーグループについ
利用モデルとなるオープン・データセンター・
リングを行います。クラスター内または複
て、複数のサービスレベル・アグリーメント
ロードマップを作成しています。本資料では、
数のクラスター間で、電力の制約がある
(SLA)を適用する機能を紹介します。8
インテル、VMware、および Dell のソリュー
システムから制約のないシステムに仮想
時間にわたって実行されたワークロード
ションを基盤とするポリシーベースの電力管
マシンを移動することにより、システムの
で、消費電力が 25% 削減されました。∑
理リファレンス・アーキテクチャーについて説明
使用率とパフォーマンスを向上させること
します。ポリシーベースの電力管理とは、電力
ができます。
効率向上を目的とした利用モデルのことです。
2. ラック密度とラック使用率の最適化:
消費電力上限設定テクノロジーだけで消費
電力が削減される場面は限られています。た
とえば、ポリシーが効力を発揮することがほ
ポリシーベースの電力管理利用モデルは、消
利用可能なコンピューティング・リソース
とんどない場合もあります。動的電力管理下
費電力当たりの生産性を最適化して、総保
を最大限に活用するためにラック密度を
でのポリシーでは、先進のプラットフォーム電
有コスト(TCO)を削減することを目的として
最適化します。サーバーの動的消費電
力管理テクノロジーが利用されます。消費電
います。要件には、サーバー、ラック、ゾーン、
力上限設定を使用したテストでは、サー
力上限設定レベルは動的に変更され、制御
データセンターの各レベルで電力をリアルタ
バー密度を 30% から 50% に向上させ
変数になります。電力管理だけでなく、機器
イムに監視し、消費電力の上限を設定する機
ながら、ラック当たりでは従来の消費電
を選択してシャットダウンすることによっても、
能が含まれます。具体的には、利用可能な電
力を維持することができました。∑
消費電力は削減されます。動的ポリシーの代
力と冷却リソースに基づいて、ラック、ゾーン、
またはデータセンター内の総消費電力を管
3. 電力が最適化されたワークロード:
償は複雑さが増すことです(閉ループ電力制
御システムを実装する必要があります)。
理する能力を意味します。消費電力と冷却リ
優れた電力効率を実現するために、ワー
ソースに基づく負荷移行ポリシーによって、
クロードの電力を最適化します。ワーク
クラウド・コンピューティングによる IT のパ
他にも多くの利点がもたらされます。
ロード・プロファイルを作成し、パフォー
ラダイムシフトは、データセンターの効率性
マンス低下の許容限度を設定します。テ
実現のための機会をもたらします。ポリシー
このリファレン ス・アーキ テクチャーで は、
ストにより、
この許容限度に達する前の適
ベースの電力管理利用モデルは、電力管理
インテル ® インテリジェント・パワー・ノード・マ
用可能な消費電力上限値を特定します。
要件を満たすうえで非常に役立ちます。
ネージャー (インテル® ノード・マネージャー)
この手法は、実際のパフォーマンスをサー
と、インテル ® データセンター・マネージャー
ビスレベルの要件に適合させることを目
(インテル ® DCM)2 を使 用して、リソース使
的としています。プロセッサー負荷が高く
用 率が 低い間、ワークロードを少 数のサー
ないワークロードでは、パフォーマンスに
1
はじめに
柔軟性の低下とコストの増加が同時に発生
バーに動的に移行し、不要なホストを非アク
影響を及ぼさずに、サーバーの消費電力
する傾向に歯止めをかけるために、IT サー
ティブ化することで省電力を実現しました。
を約 20% 最適化できました。∑ ラボおよ
ビスの新しいモデルとして登場したのがクラ
びテクノロジーの高度な概念実証で実施
ウド・コンピューティングです。クラウド・コン
VMware vSphere* とインテル ® ノード・マ
ネージャーが、それぞれのソフトウェア開発
キット(SDK)を使用して統合されました。電
力管理プラグイン(統合コンポーネントなど)
は、インテ ル ® DCM を使 用して、VMware
vCenter* Server などのクラウド / 仮想化リ
ソース管理エンジンの機能を拡張し、リソー
スの分配の最適化を支援します。テストで使
用したプラグインは、インテル ® ノード・マネー
ジャーの 1 つの想定利用モデルの効果を実
現することを目的として開発されたものです。
この電力管理機能は、電力だけでなく、他の
すべてのシステム・パラメーターを考慮に入
れることができるハイパーバイザー、または他
の管理アプリケーション / プラグインに直接
統合することが理想的です。本資料では、次
の電力管理ユースケースについて詳しく説明
したテストに基づき、プロセッサー負荷の
ピューティングは、オンデマンドで自己管理
高いワークロードで電力を同じく 20% 削
された仮想インフラストラクチャーを効率よく
減すると、パフォーマンスが 18% 低下す
プールし、サービスとして利用するコンピュー
ることがわかりました。電力を 10% 削減
ティングの手法です。この手法では、アプリ
した場合は、パフォーマンスが 14% 低下
ケーションと情報を基盤となるインフラストラ
しました。∑
4. 災害復旧 / ビジネス継続性:
クチャーの複雑さから切り離すことで、IT が
ビジネス価値そのものをサポートし、実現す
ることを可能にします。クラウド・コンピュー
基 幹 業 務ワークロードに優 先 順 位を付
ティング・アーキテクチャーは、仮想化を基盤
け、停電によってサーバーがオフラインに
としています。VMware は、仮想化の分野で
なっても引き続き電力が供給されるサー
高い評価を受けている業界リーダーとして、
バーに、それらのワークロードを分配しま
クラウド・コンピューティングへの移行を支援
す。プロセッサー負荷の高いワークロー
しています。IT の新時代を確立し、最終的に
ドを実 行しているサーバーの消 費 電 力
IT のコストと複雑さから生じる複合的な問
題に対処するために、VMware はインテル、
Dell、およびその他の業界リーダー各社と協
力して、あらゆる規模の企業が電力効率に優
上限を大幅に下げると、実行時間が約
∑
35% 増加しました。
I/O 負荷の高いワー
クロードを実行しているサーバーでは、パ
3
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
れたクラウド・コンピューティングに移行でき
2011 年までにこの倍になることが予想され
るよう取り組んでいます。
ていました。3 ストレージ、ネットワーク、および
性が損なわれています。
コンピューティングの各リソースが予想どおり
サーバーの効率性は大幅に向上しましたが、
クラウド・コンピューティングの中核を担うの
の比率で増え続けた場合、電力効率に優れ
集約密度と単位面積当たりの消費電力は加
は、基盤となるサーバー、ネットワーク、およ
た新しい利用モデルが必要となります。既存
速度的に増加しています。そのため、電力と
びストレージのためのインフラストラクチャー
のリソースを最大限に活用して効率化を実現
これに関連する温度特性は、運用コストの中
を、1 つのデータセンター内または 複 数 の
する方法としては、サーバー使用率を向上さ
心的要素となっています。データセンターに
データセンターにわたって動的に拡張するこ
せること、ネットワーク / ストレージ・トラフィッ
おける電力と温度に関する課題は次のとおり
です。
とができる、効率的な共有リソースプールと
クのスループットを向上させること、データの
して機能させる能力です。この基盤により、ポ
種類やニーズごとにストレージを最適化する
リシーベースの電力管理、サービス品質の保
ことなどが挙げられます。
証、相互接続性の確保、データセンターの運
用自動化など、極めて重要な高レベルの機能
各企業では、既存のデータセンターの電力を
が実現されます。インテルは、ソフトウェア業
より効率的に使用して、サーバー・キャパシ
界のリーダー企業とともに、Infrastructure
ティーの増加、電力コストの削減、および二
as a Service(IaaS)の核となるこれらの新
たなイノベーションに取り組んでおり、企業や
サービス・プロバイダーが設計(リファレンス・
アーキテクチャーを含む)、導入、および管理
に関するベスト・プラクティスを迅速に特定で
きるようにするためのプログラムを開始しまし
た。既存のデータセンター・インフラストラク
チャーを使用しながら、顧客に対してクラウド
サービスを提供しなければならない企業の
IT 部門やクラウド・サービス・プロバイダーの
ために、インテル® クラウド・ビルダーズの取り
組みの一環として、このリファレンス・ガイドで
は技術的なプランニングと導入に関する考慮
事項を取り上げ、ソリューションの包括的な
概要を示します。
酸化炭素排出量の削減を実現することに重
点を置いた手法の模索を続けています。従
来から、組織においては、日常的に使用され
ているサーバーの実際の消費電力に関する
詳細情報が不足しています。一般に、データ
センターのサーバー・キャパシティーは、仕様
書に記載された電力、サーバーのピーク時
の消費電力、または電力負荷に基づく概算
値に基づいています。しかし、データセンター
の実際のワークロードによる現実の消費電
力は、システム仕様書の値よりも大幅に少な
くなっています。こうした状況は、データセン
ターの冷却能力と電力の過剰供給、および
総保有コスト(TCO)の増加を招いています。
サーバーの消費電力を適切に把握して制御
することにより、データセンターの既存の設備
高度に拡張可能な柔軟性のあるコンピュー
をより効率的に使用することが可能となりま
ティング・インフラストラクチャーの運用上の
す。そして、こうしたすべての取り組みが、数
優れた利点はもちろんのこと、組織内(プライ
万台に及ぶサーバーに適用されることで、コ
ベート・クラウド)と組織外部(パブリッククラ
ストの大幅な削減が実現されます。
ウド)のいずれにおいても、新しいサービスや
クライアント・デバイスを生み出す可能性は計
本資料では、まず、サーバーの電力管理手法
り知れず、今はまだ導入の初期段階に入っ
の技術的側面について概説します。次に、さ
たばかりに過ぎません。一方、データセンター
まざまな利用モデルについて、その目的と前
の 拡 張 性と柔 軟 性は、サーバー・キャパシ
提条件も含めて詳しく説明します。また、実際
ティーの増加や、潜在的なセキュリティーの
に行ったテストケースとその結果を示します。
脅威に対処する必要性の高まりとも直接関
これには、テストプロセスのスクリーンショット
係しています。クラウド・コンピューティングの
も含まれています。最後に、アーキテクチャー
ビジョンを実現するため、新しいテクノロジー
に関する考慮事項と、開発段階にあるその他
にはセキュリティーと電力効率に対処するこ
の利用モデルについて説明します。
とが求められています。こうした要素は、マイ
クロプロセッサーからアプリケーション・スタッ
クに至るまで、アーキテクチャーの基盤となり
サーバーの電力管理
ます。本資料では、電力効率とこれに関連す
これまで、データセンターにサーバーを展開
る利用モデルに焦点を合わせています。
するにあたって、消費電力は補足的な考慮
事項とされてきました。残念ながら、この考え
米国環境保護局が政府に提出したレポート
方は現在も続いています。たとえば、多くの
によると、2006 年に米国内のデータセンター
施設で水道光熱費は建物全体の使用料に含
で国内の電力の約 1.5% が消費されており、
まれており、データセンターのコストの可視
4
• 電力と冷却の需要の増加による総運用コス
トの増加
• サーバー、ラック、およびデータセンターの
設備内での冷却と電力の物理的制限
• サーバーとラックのリアルタイムの消費電
力の可視性の欠如
• 互換性のないインターフェイスと管理アプリ
ケーションを使用する、複数のベンダーの
管理コンポーネントとサブシステムの複雑さ
データセンターの管理におけるこれらの課題
は、次の要件に言い換えることができます。
• データセンターのあらゆるレベル(システ
ム、個々のラック、およびデータセンター)で
電力を監視し、消費電力の上限を設定する
機能。物理サーバーまたは仮想サーバー
を大幅に拡張する場合、個々のサーバーレ
ベルで提供できる処理能力が非常に重要
なものとなる。
• ラックレベルで消費される電力を集約し、
ラックグループ内の電力を管理して、総電
力が 1 つのラックに割り当てられている電
力を上回らないようにする。
• ラック列レベルまたはデータセンター・レベ
ルでより高度な集約と制御を行い、平均電
力と使用可能な冷却リソースの範囲内で
電力予算を管理する。
• サーバー、ラック、ラック列、データセンター
の各レベルで電力を管理することで消費電
力当たりの生産性を最適化し、TCO を最適
化する。
• すべてのサーバーで使用できる標準ベー
スの電力計測ソリューションを適用すること
で、データセンターの効率性を最適化する
ための管理を可能にする。
• 電力消費の見える化を拡張して、消費電
力に基づく負荷分散、負荷の移行を可能と
し、電力 / 冷却リソース活用の最適化を実
現する。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
テストベッドの計画
インテルは Dell と協力して、ハイパースケー
ハードウェアの説明
OEM ESXi* ホスト
ル環境に対応する Dell の PowerEdge* C
Dell* PowerEdge* C1100 4
(2 ソケット 1U ラックマウント型
サーバー)
サーバーを導入したテストベッドを実装しま
インテル® Xeon® プロセッサー E5570(動作周波
数:2.93GHz)×2、12GB RAM、250GB SATA
HDD
した。これらのサーバーは、電力とスペース
IPMI 2.0 をサポートする標準のベースボード管理
コントローラー
の要件が厳しいデータセンター向けに設計さ
DCMI、iKVM、および PXE のサポート
れています。このテストベッドは、商用データ
インテル® インテリジェント・パワー・ノード・マネー
ジャー対応
センターのクラウド・コンピューティング利用
モデルをさまざまな角度からシミュレートでき
ホットプラグ対応デュアル冗長高効率電源装置
(650W)– ACPI 準拠
るように、柔軟性のある環境を提供すること
を目的としています。
設計に関する考慮事項
ソフトウェア
OEM ESXi* ホスト
機能は次のとおりです。
Dell* PowerEdge* C2100 4
(2 ソケット 2U ラックマウント型
サーバー)
• 電 力 をリア ルタイムに 監 視 するた め の
Ad va n c e d Co nf i g u rat i o n a n d Powe r
Interface(ACPI)準拠の電源装置を備え
たインテル ® ノード・マネージャー対応のシ
ステム
インテル® Xeon® プロセッサー E5620(動作周波
数:2.40GHz)×2、12GB RAM、500GB SATA
HDD
IPMI 2.0 をサポートする標準のベースボード管理
コントローラー
DCMI、iKVM、および PXE のサポート
インテル® インテリジェント・パワー・ノード・マネー
ジャー対応
ホットプラグ対応デュアル冗長高効率電源装置
(750W)– ACPI 準拠
• 仮想マシン移行時に最適なパフォーマンス
を実現するための 1GbE および 10GbE ネッ
トワーク
• サイト間での仮想マシンの移行をシミュレー
トするための複数の VLAN
VMware vSphere* Hypervisor(ESXi* 4.1)
管理サーバー
物理アーキテクチャー
ソフトウェア
VMware vSphere* Hypervisor(ESXi* 4.1)
Dell* PowerEdge* R710(2
ソケット 2U ラックマウント型
サーバー)
インテル® Xeon® プロセッサー X5670(動作周波
数:2.93GHz)×2、16GB RAM、500GB SATA
HDD
ソフトウェア
Microsoft* W2K8、IIS、.NET 2.0
図 1 は、テストベッドの導入アーキテクチャー
を示しています。このテストベッドでは、構成
VMware vCenter* Server 4.1、VMware
vSphere* Client 4.1
が異なる 3 つの VLAN を使用します。VLAN
VMware vSphere* Web Services SDK
の 1 つでは、VMware vCenter* Server、
VMware vSphere* Client、およびインテル®
DCM が同じサーバーを共有しています。この
VLAN には、共有ストレージもあります。別の
VLAN には、ESX* ノードのクラスター用に
VMware vSphere* Hypervisor(VMware
ESXi* 4.1)が導入された 2 つの Dell システ
ムがあります。
インテル® データセンター・マネージャー 1.5.6、
DCM SDK 1.5.6
データストア NFS
サーバー
Dell* PowerEdge* R710(2
ソケット 2U ラックマウント型
サーバー)
インテル® Xeon® プロセッサー X5670(動作周波
数:2.93GHz)×2、48GB RAM、1.7TB RAID とし
て構成された 6×300GB HDD
ソフトウェア
Red Hat* Enterprise Linux* 5.4
表 1 :ハードウェアの説明
5
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
インストールと構成
Dell* PowerEdge* C1100
インテル® Xeon®
プロセッサー E5570
192.168.102.10
VMware* のコンポーネント
インテルがサポートするプラットフォーム電力
管理機能をテストするインフラストラクチャー
を、上記の Dell* PowerEdge* サーバー上
手順を以下に示します。
以下のセットアップ手順は、
Windows Server*
2008 R2 Enterprise、VMware vCenter*
Server、および VMware vSphere* Client
のインストールおよび構成に関する基本的な
知識があることを前提としています。
• Windows Server* 2008 のセットアップ
• 互換性のあるハードウェアに Windows
Server* 2008 をインストールします。5
192.168.101.0/24
NFS* データ・ストレージ・サーバー
Dell* PowerEdge* R710;
インテル® Xeon®
プロセッサー X5670
192.168.100.20
管理サーバー
Dell* PowerEdge* R710
インテル® Xeon®
プロセッサー X5670
192.168.100.10
クラスターVLAN-B
192.168.100.0/24
にインストールして構成するための大まかな
管理および
共有ストレージ
VLAN-A
• WebDAV 発行、アプリケーション開発、
基本認証、Windows* 認証、IIS 6 管理
互換の各サービスを選択して、Web サー
バーの Internet Information Services
(IIS)の役割を構成します。
• サポートされている MIME(多目的イン
ターネット・メール 拡 張 )タイプを調 べ、
IIS が ASPX ページを処理するように構
成されていることを確認します。構成され
ていない場合は、ASPX ページの新しい
MIME タイプを作成します。6
• VMware vSphere* Hypervisor ホ スト
のインストール
• VMware ESX* 4.1 ま た は VMware
ESXi* 4.1 をホストにインストールします。
VMware* ハイパーバイザーのどちらの
バージョンも、インテル® インテリジェント・
パワー・ノード・マネージャーをサポートし
ています。
• VMware vCenter* Server と VMware
vSphere* Client のインストール
• 次の変更を除き、デフォルト設定を使用し
て VMware vCenter* Server 4.1 をイン
ストールします。
• デフォルトの HTTP ポートを 81 に変更
し、HTTPS ポートを 444(または選択し
た他のポート番号)に変更します。
注意:デフォルトの HTTP ポートと HTTPS
ポートを使用する Microsoft* IIS を同じ
6
クラスターVLAN-C
192.168.102.0/24
Dell* PowerEdge* C2100
インテル® Xeon®
プロセッサー E5620
192.168.102.20
図 1 :テストベッドのセットアップの物理アーキテクチャー
システムで実行するため、このポート番号
Core™ i7]を選択します。このモードは、
を変更する必要があります。
インテル ® Xeon® プロセッサー 5500 番
台とインテル ® Xeon® プロセッサー 5600
• デフォルト値を使用して、
VMware vSphere*
Client 4.1 をインストールします。
• VMware vCenter* Server の構成
• 2 つの異なるクラスターを作成します。1
つ目の VLAN 構成のホストをクラスターの
1 つに追加し、2 つ目の VLAN 構成のホス
トをもう 1 つのクラスターに追加します。
[Manual]の Distributed
• 各クラスターで、
Resource Scheduler(DRS) 設 定 を
構成し、クラスターに追加する ESX* ホ
ストに 基 づいて、
[Enhanced vMotion
Compatibility(EVC)]の設定を行いま
す。例えば、クラスターにインテル® Xeon®
プロセッサー 5500 番 台 搭 載 サーバー
とインテル ® Xeon® プロセッサー 5600
番台搭載サーバーを混在させる場合は、
EVC モードの 構 成として[Intel® Xeon®
番台を搭載したシステム間での仮想マ
シンの柔軟な移行をサポートします。
• 動的な VM 移行に必要なすべての必須
構成が完了していることを確認します。7
電力管理プラグインのコンポーネント
• インテル® DCM 1.5.6 のインストール
• Dell* システムで、インテル ® DCM 1.5.x
以降を使用していることを確認します。
RMI ポートの有効化を除き、インストー
ルでデフォルトの設定を維持します。RMI
ポートの有効化は、インテル ® DCM に対
し Web サービス呼び出しを行うために
必要です。
[ C o n f i g u r a t i o n ]−
• インストール後、
[Global]オプションで、図 3 の 構 成が
設定されていることを確認します。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
• インストールが 完了したら、V M w a r e
v C e n t e r * S e r v e r で作 成されたク
ラスター / ホスト階層を複製するように
インテル ® DCM を構成します。デフォルト
でインストールされる参照 UI を使用して
グループとノードを構成するときに、次の
条件が満たされていることを確認します。
• インテル ® DCM で作成されたグルー
プ名が VMware vCenter* Server
で作成されたクラスター名と一致して
いること。
• インテル® DCM で作成されたノード名
が VMware vCenter* Server で作
成されたホスト名と一致していること。
注意:インテル ® DCM と VMware* で
は、クラスターとホストを示す用語が
異なります。
• 電力管理プラグインのインストール
図 2 : VMware vSphere* Client のユーザー・インターフェイス
• IIS サーバーでプラグインをインストール
します。プラグインをインストールする必
要があるデフォルトの仮想ディレクトリー
を変更します。
• インストールが正常に完了したら、インス
トール・ディレクトリーにある web.config
ファイル を 構 成 する 必 要 が あります。
web.config ファイルの次の属性を変更
します。
• VMware vCenter* Server の URL
• インテル® DCM インストールの URL
• プラグイン・インストールの URL
• VMware vCenter* Server インストール
の一部として提供されている Managed
Object Browser(MOB)ツールにプラ
グインを登録します。手順の詳細につい
て は、http://communities.vmware.
com/docs/DOC-9203/(英語)を参照
してください。
• VMware vSphere* Client から VMware
v C e n t e r * S e r v e r にログインします。
VMware vCenter* Server の 構 成 時
に作 成したデータセンター名をクリック
します。インストールされているプラグ
インに対応する新しいタブが、VMware
vSphere* Client の右側に表示されます。
図 3 :インテル® DCM の[Global]オプションの構成
7
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
ポリシーベースの電力管理の
ユースケース
ユースケース 1 :サーバーの電力のリア
ルタイムの監視とスケジューリング
電力監視は、ワークロードの特性を把握し、
データセンターの電力効率向上の機会を見
極められるようにするための重要な機能です。
目的
消費電力をリアルタイムに監視することより、
消費電力に対応したスケジューリングを行う
ことができます。ワークロードを実行する仮
想マシンは移動が可能であり、測定に基づい
て電力の余剰分を最適化し、バランスを再調
整することができます。クラスター内または複
数のクラスター間で、電力の制約があるシス
図 4 :電力の制約がない初期構成
テムから制約のないシステムに仮想マシンを
移動することにより、システムの使用率とパ
フォーマンスを向上させることができます。
ルで設定します。消費電力の上限をクラス
一方のクラスターでは ESX* ホストに電力
サーバーの電力を監視することによって、
デー
ターレベルで設定した場合、ノードのこれま
の制約を設け、もう一方のクラスターでは
タセンターの高温箇所の検出および管理が
での使用状況に基づいて、インテル ® DCM
制約を加えないようにします。ユーザーが
可能となり、ハードウェア障害が発生する確
によって各ノードの消費電力の上限が自動
[X-Cloud Migration]オプションをクリッ
率は減少します。消費電力データから過去の
的に設定されます。
使用状況を分析することによって、データセン
ター運用計画をするための予測モデルを作
成できます。これらの予測モデルはリアルタイ
ム・データに基づいているため、その精度は
非常に高いものとなります。
前提条件
• 電力監視機能を備えた ESX* ホストで構成
されたクラスターを 1 つ用意します。
• ホストの使用率を高めるために、ESX* ホス
ト上に作成された仮想マシンで複数のワー
クロードを構成します。
• 電力管理プラグインをインストールして構成
します。
実行手順
• プラグインの UI を使用して、ホストで消費
電力の上限を設定します。クラスターレベ
ルで直接設定するか、個々のサーバーレベ
8
• ホスト上で実行されている仮想マシンで構
成したワークロードを開始します。
• 仮想マシンに対するニーズの増加により、
ワークロードを実行しているホストのいず
れかが、割り当てられた消費電力の上限を
順守できなくなるように、ワークロードを増
加させます。予想されるシナリオの一例とし
ては、Web サーバーの仮想マシンのクラス
ターを介してデータを要求するユーザーの
増加に伴って、DB 仮想マシンの使用率が
増加し続ける 3 層アプリケーションを挙げる
ことができます。
• ワークロードを自動的に分散させるようにプ
ラグインを構成するか、移行ボタンを手動で
クリックするように構成します。
• 注意:それぞれ 1 つ以上の ESX* ホストが
含まれた 2 つのクラスターが存在するとい
う、別のシナリオを設定することもできます。
クします。
結果
• 電力の制約があるホストの使用率の高い
仮想マシンが、電力の制約がない使用率の
低いホストに移行されます。すべてのホスト
に電力の制約がある場合は、適切なエラー
メッセージが表示されます。
• 図 4 は、電力の制約がない初期構成を示し
ています。この構成では、仮想マシンはワー
クロードに必要なすべてのサイクルを受け
入れます。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
• 図 5 は、ホスト "192.168.1.10" が 200 ワットの電力ポリシーを順守できず、電力に制約が設けられている様子を示しています。同じクラスター
内に、電力の制約がない別のホスト("192.168.1.20")があります。
図 5 :200 ワットの電力ポリシーを順守できないために電力に制約が設けられたホスト
[Automated Power based Migration]オプションを使用すると、"192.168.1.10"
• ユーザーが[Force Power Migration]をクリックするか、
の使用率の高い仮想マシンが "192.168.1.20" に移行されます。
図 6 :電力の移行の適用
9
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
• 今度は、クラスター間での移行を示すために別のシナリオを設定します。ここでは、ホストに消費電力の上限が 190 ワットという電力の制約が設
けられています。
図 7 :電力の制約があるホスト
• 図 8 はプロセッサー使用率の高い仮想マシン("Win2K8_64A")の移行を示しており、図 9 は移行が正常に完了したことを示しています。
図 8 :プロセッサー使用率の高い仮想マシンの移行プロセス
10
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
図 9 :プロセッサー使用率の高い仮想マシンの移行の成功
ユースケース 2 :ラック密度とラック使用率の最適化
目的
リアルタイムの消費電力データの収集は、電力監視に不可欠な機能です。このデータがない場合は、メーカーの仕様書に記載されているサーバー
の消費電力の概算値を利用します。指標として仕様書の数値を使用する場合、かなりの安全マージンを取らなければなりません。この安全マージン
を順守すると、データセンターで電力を過剰供給することになります。電力が必要になる場合に備えて余分な電力を割り当てる必要がありますが、
この余剰電力が使用される可能性はほとんどありません。こうした状況は、データセンターの電力の過剰供給、IT 機器の過剰冷却、および TCO の
増加を招きます。
電力監視データが使用可能であれば数値で管理できるようになるため、サーバーの消費電力をデータセンターの利用可能な電力に厳密に適合さ
せることができます。このユースケースは、実際には電力の供給不足が発生する古いデータセンターや、割り当てられる電力量が決まっているホス
トの設定で役立ちます。
顧客に電力量を割り当てる標準的なホスト・データセンターでは、Microprocessor without Interlocked Pipeline Stages(MIPS)値を最大限
に高めるために、電力制限が許す限り多くのサーバーを 1 つのラック内に設置して、ラックの使用率を最適化することを主な目標としています。そ
のため、マシンの台数が大幅に増えることとなり、すべてのマシンを永続的な電力制限下で稼動させることが必要になると考えられます。ただし、マ
シンのグループの全体的な MIPS 値は、電力制限なしに実行されようと、その総消費電力はラックに対する電力割り当て量に従わなければならな
いマシンの任意の組み合わせによって得られるいかなる値よりも大きくなります。
前提条件
• さまざまな電力上限値でのパフォーマンス向上率 / 低下率を測定できるように、ワークロードの SLA の要件を把握しておきます。
実行手順
ラック内の各サーバーの消費電力を確認し、ラックの総消費電力を計算します。
ラックに割り当てられた電力量と等しいことを前提としています。
• 注意:ここでは、個々のサーバーの仕様書に記載されたすべての電力値の合計が、
も取得します。
• 消費電力を計算するときに、実行されているワークロードの SLA に関するデータ(応答時間や使用率など)
• インテル® DCM を使用して、ラックの電力ポリシーを設定します。最初は消費電力上限を小さな値に設定し、事前定義された段階に沿って値を増
やします。各段階で、SLA に関連するパフォーマンス・データを取得します。
• 要求される SLA をパフォーマンスが下回るポイントまで、消費電力上限値を増やし続けます。
11
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
パフォーマンスが SLA の要件を満たしていた最後の値を取得します。この値が、SLA を満たすことのできる最適な消費電力上限値となります。
結果
ラックに割り当てられている総消費電力上限値とラックの電力割り当て量の差から、電力割り当て量を超過せずに、同様の消費電力上限値を設定
したサーバーをあと何台追加できるかを判断できます。ラックにサーバーを追加し続けると、システムの全体的なパフォーマンスはさらに向上します
が、ホスト・プロバイダーによって割り当てられた電力枠内に留まります。
∑
テストでは、同じ電力枠内に留まりながら、サーバー密度が 30% から 50% に向上しました。
サーバー密度の増加率は、ワークロードと SLA の要
件によって異なります。
インテル が 外 部 企 業と協 力して行った実 際 のケーススタディーについては、http://software.intel.com/sites/datacentermanager/
whitepaper.php(英語)を参照してください。
ユースケース 3 :電力が最適化されたワークロード
目的
インテル IT 部門も含め、IT 組織はデータセンターの電力と冷却に関する重大な課題に直面しています。そのため、企業では既存のデータセンター
の電力をより効率的に使用することに重点を置いた代替手法を模索しています。ワークロードの電力最適化は、電力の効率性を実現するこうした
手法の 1 つです。
電力を最適化するには、さまざまなワークロード・プロファイルを含むテーブルが必要です。また、パフォーマンス低下の許容限度を設定する必要が
あります。開発者は、一連のテストを実施して、この許容限度に達する前の適用可能な消費電力上限値を特定します。その後、通常運用時に、アプ
リケーション・エンジニアが事前測定に基づいて消費電力上限の目標値を設定します。これでシステムは「最適化された」と言えます。これらの上限
値を適用した場合の影響がすでにわかっているためです。
この手法の主な利点としては、実際のサービス品質(QoS)をサービスレベルの要件に適合させられることが挙げられます。一般に、SLA を超過し
てもプロバイダーに追加ポイントが与えられるわけではなく、ただ不要な支出が増えるだけです。一方、SLA を満たしていない場合には、SLA 違反
として顧客から訴えられるおそれさえあります。
前提条件
• インフラストラクチャーで IT ワークロードを設定します。この利用モデルでは、2 種類の IT ワークロードを使用しました。I/O 負荷の高い DB ワー
クロードと、プロセッサー負荷の高いワークロードです。
実行手順
• ホストで実行されている仮想マシンで I/O 負荷の高いワークロードを構成します。
• 消費電力上限を設定せずにワークロードを実行し、ワークロードの実行時間を取得します。
• 今度は、消費電力上限を追加し、実行時間がベースライン値を超えて増加し始めるまで、消費電力上限値を徐々に増やしていきます。実行時間
が増加し始める直前の消費電力上限値(実行時間への影響がなかった最後の値)を書き留めておきます。
• プロセッサー負荷の高いワークロードに対して、上記の 3 つの手順を繰り返します。
結果
プロセッサーの性能による制約を受けないワークロード
(I/O 負荷の高いワークロードや、
メモリーを大量に使用するワークロードなど)
では、
インテル®
ノード・マネージャーとインテル ® DCM を使用することで、全体的なパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、サーバー・プロセッサーの速度を抑える
ことができると考えられます。結果として、SLA に違反するリスクを伴わずに、サーバーの消費電力を削減できます。
12
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
図 10 に示すように、プロセッサー負荷が高くないワークロードでは、パフォーマンスに影響を及ぼすことなく、サーバーの消費電力が約 20% 最適
化されました。∑
消費電力(W)
上限
時 間
図 10 : I/O 負荷の高いワークロードの実行時間に対する消費電力上限設定の影響
一方、プロセッサー負荷の高いワークロードで電力を同じく 20% 削減すると、実行時間が 18% 増加しました。電力削減率を 10% にしても、実行
時間は 14% 増加しました。∑
消費電力(W)
上限
時 間
図 11 :プロセッサー負荷の高いワークロードの実行時間に対する消費電力上限設定の影響
ユースケース 4 :災害復旧 / ビジネス継続性
目的
サーバーの電力監視を実行してアプリケーションのワークロードの特性を把握できたところで、次に、停電発生時にビジネス継続性を維持できるよ
うに利用モデルを拡張できます。消費電力上限設定を使用することで、サーバー間の余剰の電力を分配したり、基幹業務ワークロードに優先順位
を付けることもできます。
前提条件
• プロセッサー負荷の高いワークロードと、I/O 負荷の高いワークロードの両方を構成します。
実行手順
• 部分的な停電をシミュレートします。
• 残されている利用可能な電力に基づいて、残りの電力をすべてのサーバーに分配できるように消費電力上限を設定します。これにより、すべての
ワークロードを継続して実行することが可能になります。
13
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
結果
停電を前提としたこの消費電力上限設定は、非常に厳しいものになることが予想され、サーバーのパフォーマンスに大きな影響を及ぼすことにな
ります。
図 12 は、プロセッサー負荷の高いワークロードで、消費電力上限が設定されているときと、設定されていないときのデータの違いを示しています。
プロセッサー負荷の高いワークロードを実行しているサーバーで上限を大幅に下げると、実行時間が約 35% 増加しました。∑
上限
消費電力(W)
消費電力(W)
上限
時 間
時 間
図 12 : CPU 負荷の高いワークロードでの上限設定の有無による違い
上限
消費電力(W)
消費電力(W)
上限
時 間
時 間
図 13 : I/O 負荷の高いワークロードでの上限設定の有無による違い
ポリシーベースの動的電力管理のユースケース
消費電力上限設定だけでは、消費電力が削減される機会は限られてしまいます。電力を大幅に削減するには、長期間にわたり継続的に電力を削
減する必要があります。実施されているポリシーの中で、一種のガードレールとして上限設定が行われている場合、そのポリシーが効力を発するこ
とはほとんどありません。消費電力上限が永続的に設定された体制下でも、省電力の効果が上がることもありますが、そうした省電力では設定さ
れた上限値の制限を受けます。あるいは、パフォーマンスを最適化するためには、上限設定ポリシーの削除が必要となることもあります。
動的電力管理下でのポリシーでは、仮想化されたクラウド・データセンター特有の自由度と、先進のプラットフォーム電力管理テクノロジーによって
サポートされる動的動作を利用できます。消費電力の上限設定レベルは動的に変更が可能であり、これらのレベル自体が制御変数となります。電
力管理だけでなく、機器を選択してシャットダウンすることでも、消費電力を削減できます。一方、動的ポリシーの代償は複雑さが増すことです。上
限設定レベルを制御変数とする場合、その制御を行うためのメカニズムの実装が要となります。
クラウドサービスのワークロードは、営業時間内に需要のピークを迎え、深夜から夜明けまでの数時間が需要の谷間になるという、ある程度予測
可能なパターンを示すと考えられます。実際、1 日のピーク時の需要が通常時の 10 倍に変動することも珍しくはありません。
この 10:1 の変動がある状態で、ピーク需要時に 7 台のサーバーが実行される仮想化されたクラウドのワークロードについて考えてみましょう。
今日のほとんどのデータセンターで一般的に見られるように、7 台のサーバーが 24 時間 365 日稼動している場合、可能な限り最小限のポリシー
に消費電力の上限設定を適用しても、現在のテクノロジーで削減できる消費電力は、どれだけ多く見積もってもピーク時の 50 ∼ 60% 程度です。
14
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
ワークロードの需要がピーク時の 10% 未満
需要が最も低いときでも、稼動しているただ
に基づいて設定できます。割り当て量がア
の場合があることを考えると、需要の谷間で
1 台のサーバーに電力が過剰供給される可
能性は残されているため、消費電力の上限
設定も必要となります。消費電力上限設定を
適用することにより、QoS を過度に低下させ
ることなく、消費電力をさらに削減できます。
同様に、サーバーはそれぞれ別の段階で電
源が投入されるため、いずれかのサーバーが
アクティブになったときに、電力が過剰供給
される可能性があります。消費電力上限設
定を適用することにより、需要と供給の均衡
化が可能となります。また、システムで複数
のサービスクラスをサポートしている場合も
あります。そのため、SLA に関連付けられた
特定のサービスクラスにそれぞれ割り当てら
れた、2 つ以上のサーバーサブプールが常
時存在することがあります。利用可能なすべ
ての電力がさまざまなサービスクラスに分配
される場合、SLA が最も厳しいサービスクラ
スが最も多くの電力配給を受け取ります。複
数のユースケースを同時に適用することを複
合利用と呼びます。
プリケーションの主要業績評価指標(KPI)
この運用モードは極めて非効率的といえま
す。これこそが、従来のほとんどのデータセン
ターが 10 ∼ 20% という極めて低い使用率
で稼動している理由です。
ワークロードの需要単位当たりの消費電力
が一定に保たれているとして、ワークロード
の需要がピーク時の 10% に低下したときに、
消費電力も同様に低下するのが理想的です。
この概念は、電力比例計算と呼ばれます。す
べての既知のテクノロジーにも、電力比例計
算の最低値があります。現代のサーバーで
は、アイドル状態のサーバーの最低値はピー
ク時の約 50% です。つまり、電源が投入さ
れているサーバーは、何も実行していなくて
も、ピーク時の電力の 50% を消費するという
ことです。
幸いにも、
このような状況でも利用できるサー
バーステートがあります。一定期間、サーバー
を使 用しないことが わかっている場 合 は、
サーバーをスリープ状態にすることができま
す。正確に言うと、サーバーを ACPI S5(ソフ
トオフ)
または ACPI S4(休止状態)にします。
管理アプリケーションにより、サーバーが使
用されていないときはスリープ状態にし、必
要に応じて再起動することができます。サー
バーをスリープ 状 態 にすると、ピーク時 の
90% 以上も消費電力を削減できます。
日常生活に例えると、私たちは部屋を出るとき
には電気を消します。こうした習慣があるにも
かかわらず、ほとんどのデータセンターでサー
バーが常に過熱状態になっているのはなぜで
しょうか。これは、物理サーバーの電源を切
ると、ほとんどのレガシー・アプリケーションが
中断されるからです。ただし、仮想化された
環境では、需要の谷間には仮想マシンを少数
の物理ホストに動的に統合し、需要が高い間
は仮想マシンを拡張することが可能であるた
め、この状況は当てはまらなくなっています。
現在、7 台のサーバーを使用して実行され
るワークロードがあるとします。需要が最も
高い時間帯を除き、一部のサーバーの電源
が常時オフになります。このようなサーバー
を「サスペンド状態」と言います。前述のよう
に、サーバーをサスペンド状態にすると、サー
バープールのアイドル時の電力をピーク時の
50% から 10% 以下にまで削減することが可
能となります。これこそが、本当に省電力を
実現する方法です。
ユースケース 5 :複数のサービスクラス
の電力対応サポートによるデータセン
ターの電力削減
目的
優先度が高いワークロードと中程度のワーク
ロードの 2 つのサービスクラスについて考察
します。優先度が高いワークロードは、電力
の制約がないサーバーで実行されます。これ
らのワークロードでは、できるだけ高速で実
行するために必要なすべての電力を使用で
きます。優先度が中程度のワークロードは、
消費電力上限が設定されたサーバーに割り
に基づいている場合は、さらに厳密な割り
当てを行うことができます。
• ワークロードを特定のサービスクラスにタ
グ 付けし、ESX* ホストの 適 切なセットに
ワークロードを転送するメカニズムを設定し
ます。
実行手順
• 調査 / 調整フェーズ
• 電力管理メカニズムを使用せずに数回の
1 日サイクルでアプリケーションを実行し
て、ベースライン消費電力を定めます。こ
れは、消費電力上限を設定せずに、24
時間 365 日マシンを実行し続けることを
意味します。この運用モードでのベース
ライン消費電力を書き留めておきます。
• サスペンド状態のサーバーサブプールと
アクティブなサーバーサブプールの割り
当てスケジュールを設定します。ワーク
ロードを再実行して、全体的に過剰割り
当てまたは割り当て不足がないことを確
認します。割り当ては時間単位で実行す
ることも、KPI 監視を使用した制御フィー
ドバック・ループのようなより高度な方法
で実行することもできます。
• 消費電力上限設定スケジュールを重ね
合わせてさまざまなサービスクラスを設
定し、消費電力曲線を成形します。
• システムを数日間再実行して、電力割り
当てアルゴリズムとワークロードの需要の
不一致が全体的にないことを確認します。
当てられています。これらのワークロードは、
実行速度は低下しますが継続して実行されま
す。顧客への課金は、選択したサービスクラ
スに基づいて行われます。
この利用モデルの主な目的は、さまざまな
ユーザーグループを対象として、異なる SLA
が適用できることを示すことです。
• 実行フェーズ
• 以前に調整したシステムを展開し、数週間
にわたって KPI を監視して、コーナーケー
スが残されていないことを確認します。
• この時点で、システムを稼動本番環境に
リリースできます。
前提条件
結果
• 1 日サイクルの需 要 予 測に基づいて、サ
スペンド状態のサーバーと稼動中のサー
バーのスケジュールを設定します。ほとん
どのワークロードでは、1 時間ごとのスケ
ジュールで十分であると考えられます。
8 時間にわたって実行されたワークロードで、
消費電力が約 25% 削減されました。
• ワークロードのクラスに応じて、アクティブ
なサーバーサブプールに電力を割り当てま
す。これらの割り当て量は、電力需要予測
15
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
考慮事項
アーキテクチャーに関する考慮事項
サーバー数
ストレージ
コスト効率と簡素化のために、仮想マシンの
イメージを格納する共有ストレージとして、単
一のネットワーク・ファイル・システム(NFS)ス
サスペンドプール
のサーバー
トア(DAS)を使用しました。稼動本番環境に
展開する場合は、パフォーマンス、コスト、お
よびその他の要素に基づいて、他のストレー
ジ・テクノロジーやトポロジー(ストレージ・エ
リア・ネットワーク(SAN)やネットワーク接続
ストレージ(NAS)など)の使用が必要な場合
もあります。
拡張性
拡張性は、2 つの要素に基づいて検討する必
アクティブプール
のサーバー
午前4時
時 刻
午前4時
図 14 :1 日の電力需要曲線とアクティブ / パッシブプール内のサーバー数
要があります。1 つ目の要素として、
テストベッ
ドを構成する VMware vSphere* 4(ESX*
4.x)の基盤となるインフラストラクチャーの
拡張性を検討する必要があります。VMware
は、VMware vSphere* 4.0 で製品の拡張
性を大幅に強化しました。パフォーマンス強
化の詳細については、
h t t p : // w w w . v m w a r e . co m / f i l e s / p d f /
vsphere_performance_wp.pdf(英語)
を参照してください。
2 つ目の 要 素としては、インテル ® DCM の
領域では、1 台のスタンドアロン・サーバー
で 最 大 5000 の VMware vSphere*
H y p e r v i s o r ホストを管理できます。8
ネットワーク
インフラストラクチャー・テストベッドでは、
サー
ビスコンソールと仮想マシンのネットワーク
用に 1Gb 接続を使用し、帯域外(OOB)電力
管理用の BMC への接続に 100Mbps のリン
クを使用しました。顧客の要件や使用方法に
よっては、仮想マシンのネットワークに 10Gb
ネットワークを使用することで、稼動本番環境
にメリットがもたらされる場合もあります。
電力管理
さまざまな消費電力上限設定を行い、ワーク
ロードのパフォーマンスを綿密に分析した後
で、電力管理を検討する必要があります。す
でに説明したように、電力管理ソリューション
ドのプロセッサー負荷が非常に高く、ホスト
ラックへのエアフローは、ピーク時の使用状
の使用率もすでに高い場合、消費電力の上
況に合わせて最適化され、試行錯誤を繰り返
限を加えると、システムのパフォーマンスに悪
して決定されています。
影響が及ぶことがあります。
ハードウェア
プロセッサーとサーバー全体のパフォーマン
データセンターの冷却を動的に最適化でき
スに関する考慮事項について詳しく説明する
ます。エアフロー、サーバーの吸気口、およ
ことは、このガイドの目的範囲外となります。
び排気温度について、サーバーグループのリ
ただし、プロセッサーのアーキテクチャーや
アルタイム・データを使用して、それらのサー
プロセッサーが提供する特定の機能セットな
バーに最適なラックエアフローと温度を提供
どの要素が、仮想化されたプラットフォーム
できます。
で実行される仮想マシンのパフォーマンスに
大きな影響を与える点に注意してください。
冷却を最適化し、新しいセンサー値を使用す
インテル ® Xeon® プロセッサー 5500 番 台
ることで、温度の低いシステムにワークロー
やインテル ® Xeon® プロセッサー 5600 番
ドを分散させる場合に、プラットフォームの高
台など、仮 想 化と I/O をサポートする機 能
温箇所を回避できます。これにより、サーマル
セットを備え、インテル ® ノード・マネージャー
トリップを防ぐことができるため、サーバーの
もサポートする高性能のサーバー・プロセッ
可用性が向上します。プラットフォームの高
サーを使 用 することを強くお 勧 めします。
温箇所を特定するには、
「温度マージン」値を
インテル ® バーチャライゼーション・テクノロ
使用します。この温度マージン値が高いほど、
ジーの詳細については、http://www.intel.
システムの温度が高いと判断できます。
com/jp/technology/virtualization/
および h t t p : / / d o w n l o a d . i n t e l . c o m /
プラグインの開発と使用
business/resources/briefs/xeon5500/
xeon_5500_virtualization.pdf(英語)を
参照してください。
インテルは、新しいプラットフォーム機能とこ
その他の開発中の利用モデル
を非常に有益なものにするための利用モデ
温度 / 電力管理
ルが多数あります。その一方で、電力管理が
今日のデータセンターでは、冷却システムの
適切な選択肢とはいえないシナリオも存在し
構成は静的に決定されるため、冷却の使用
ます。たとえば、機密性の高い本番ワークロー
がリアルタイムの需要と一致していません。
16
新しい温度センサーと温度イベントを公開す
るインテル・プラットフォームを使 用すると、
本 資 料で説 明しているプラグインにより、
れに関連する利用モデルを柔軟に公開でき
るようになりました。示されているプラグイン
の概念は、他のハイパーバイザー・ベンダー
各社の統合 API を使用することで、それらの
ベンダーにも適用できます。また、クラウド /
仮想化管理アプリケーションを提供するその
他の ISV に適用することもできます。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
本資料で使用されているプラグインは、特定
の利 用モデルにおけるインテル ® ノード・マ
ネージャーの価値を実現するために開発され
ました。プラットフォーム機能の利点が十分
に得られるようにするためには、この機能をハ
イパーバイザーや他の管理アプリケーション /
プラグインに直接統合することが理想的で
す。これにより、新たな利用モデルがサポー
トされ、エンド・コンシューマーに付加価値が
もたらされます。
インテル ® ノード・マネージャーとの統合は、
Web サービスを通じて公開されるインテル ®
DCM API を使用して実現できます。インテル®
DCM API は、すべてのエンタープライズ・ソフ
トウェア管理コンソールに組み込むことがで
きます。インテル® DCM では、
インテル® ノード・
マネージャーを使用して各ノードの消費電力
を管理します。インテルは、主な利用モデル
を実装するためのソースコードを提供してい
ます。
用語集
インテル ® インテリジェント・パワー・ノード・マ
ネージャー(インテル® ノード・マネージャー)
:
インテル ® ノード・マネージャーは、インテル ®
Xeon® プロセッサー 5500 番 台( 以 降 )を
搭載したサーバー・プラットフォームに搭載
されています。インテル® ノード・マネージャー
により、個々のサーバーの 電 力と温 度を監
視し、ポリシーベースの電力管理を行うこと
ができます。各機能は、サポートされるベー
スボード管理コントローラー(BMC)の標準
のインテリジェント・プラットフォーム管理イン
ターフェイス(IPMI)を通じて公開されます。
インテル ® ノード・マネージャーを使用するに
は、PMBus* などの制御機能を備えた電源
装置が必要です。
イン テ ル ® データ セ ン ター・マ ネージャー
(インテル® DCM )
:インテル® DCM は、インテル®
ノード・マネージャーの 機 能をラックとサー
バーグループまで拡張したものです。IT ユー
ザーは、インテル ® データセンター・マネー
ジャーを使用することにより、ラック密度の向
上、および初期費用と運用費用の削減による
利点を享受できます。
VMware* Distributed Power Management
(VMware* DPM)
:VMware* DPM(http://
www.vmware.com/products/drs/)を使
用すると、リソース使用率が低いときにワーク
ロードが動的に統合されるため、サーバーの
統合よりもさらに多くの電力を削減できます。
を最小限に抑えます。
SDK:ソフトウェア開発キット
インテル ® インテリジェント・パワー・
ノード・マネージャー
QoS:サービス品質
KPI:主要業績評価指標
SLA:サービス・レベル・アグリーメント
付録 A :サーバーの電力管理
インテル ® パワー・マネジメント・
テクノロジー
マイクロプロセッサーは、サーバー内で最も
電力を消費するコンポーネントと考えられる
ため、従来から電力管理戦略の焦点となって
きました。ソリッドステート・ドライブなどの新
たに登場したテクノロジーにより、消費電力
が大幅に削減される可能性があり、今後はメ
モリーの消費電力の管理が組み込まれると
考えられます。
インテル ® インテリジェント・パワー・ノード・マ
ネージャーとインテル ® DCM は、前述のよう
なデータセンターの標準的な電力要件に対
処することを目的としています。
インテル ® ノード・マネージャーは、インテル ®
サーバー・チップセットを搭載した、インテル ®
Xeon® プロセッサー 5500 番台以降のプラッ
トフォームに搭載されています。9 インテル ®
ノード・マネージャーにより、個々のサーバー
の電力と温度を監視し、ポリシーベースの電
力管理を行うことができます。インテル ® ノー
ド・マネージャーは、サポートされるベース
ボード管理コントローラー(BMC)の標準ベー
スの IPMI インターフェイス 10 を通じて公開さ
れます。インテル® ノード・マネージャーを使用
するには、PMBus* 標準準拠の制御機能を
備えた電源装置が必要です。11
インテル ® DCM SDK では、データセンター
のサーバー、ラック、およびサーバーグルー
プの電力と温度を監視し、管理することがで
きます。管理コンソールのベンダー(ISV)と
システム・インテグレーター(SI)は、それぞ
れのコンソールまたはコマンドライン・アプリ
インテル ® Xeon® プロセッサーでは、電圧と
動作周波数のスケーリングによって消費電力
を調整します。動作周波数が低下すると、電
圧が下がり、消費電力が削減されます。削減
の度合いは、特定の電圧と周波数が設定さ
れた段階ごとに決まります。インテル® Xeon®
プロセッサー 5500 番台では、13 段階の電
力に対応できます。これらの段階は ACPI 12
で定義されており、通称「P ステート」と呼ば
れます。P0 は、名目上、電力の制約がない
標準的な運用状態を示します。P1、P2 と段
階を追うごとに、消費電力の上限が設定され
たステートが増加します。
電圧と周波数のスケーリングは、システム全
体のパフォーマンスにも影響するため、アプリ
ケーションへの制約が加わることにもなりま
す。制御範囲は、1 マイクロプロセッサー当
たり数十ワットに制限されています。これは、
個々のマイクロプロセッサー・レベルで見ると
わずかな量に思われますが、大規模なデータ
センターに通常存在する何千、何万ものマイ
クロプロセッサーに適用すると、月ベースで
は数百キロワットの省電力につながる可能性
があります。
インテル® ノード・マネージャーは、
ノード(サー
バー)レベルでの帯域内 / 帯域外の電力の
監視と管理をサポートする BMC のためのチッ
プセット拡張機能です。主な機能は次のとお
りです。
• リアルタイムの電力監視
• プラットフォーム(サーバー)の消費電力上
限設定
• 電力のしきい値アラート
図 15:インテル ® ノード・マネージャーの電
力管理閉制御ループは、インテル ® ノード・マ
ネージャー・サーバーの電力管理閉制御ルー
プを示しています。
ケーションにインテル ® DCM を統合すること
で、価値の高い電力管理機能を提供できま
す。インテル ® DCM の機能は、インテル ® ノー
ド・マネージャーをサポートする OEM プラッ
トフォームで利用できます。これらのテクノロ
ジーは、新しい電力管理パラダイムを実現し、
ワークロードによるパフォーマンスへの影響
17
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
VMware* Distributed Power
Management(DPM)
前に組み立てられた完全サポートのハード
す。新しい PowerEdge* C シリーズのサー
ウェアとソフトウェア、およびパブリック / プ
バーは次のとおりです。
仮想化によって物理サーバーを統合すると
ライベート・クラウド・ビルダーがクラウド・
ハードウェアの保守と消費電力が削減される
インフラストラクチャーを容易かつ迅速に
ため、コスト上の利点がもたらされることはよ
安心して導入、管理できるようにするための
く知られています。VMware* Distributed
サービスで構成されます。
Power Management(DPM) は、リソー
13
ス使用率の低いときにワークロードを動的に
統合することで、電力をさらに削減します。仮
想マシンは少数の物理サーバーに移行され
るため、不要なホストの電源を切ることができ
ます。ワークロードの需要が増加すると、ホス
トに電源が投入され、仮想マシンがそれらの
• Dell の 新しいクラウド・パートナー・プロ
グラムでは、主要なソフトウェア・ベンダー
(ISV)と協力して、顧客が購入しやすいよ
うに、Dell* プラットフォーム用に最適化さ
れたクラウド・ソリューションとクラウド計画
を提供し、展開しています。
ホストに再び移行されます。VMware* DPM
は、V M w a r e * D i s t r i b u t e d R e s o u r c e
Scheduler(DRS)のオプション機能です。
VMware* DPM とインテル ® ノード・マネー
ジャー・テクノロジーを併用することにより、本
資料で説明する電力管理利用モデルを実装
できます。VMware* とインテル ® ノード・マ
ネージャーの統合は、インテルが開発したプ
ラグインによって実現されました。
付録 B : Dell の
クラウド・ソリューション
• 新しい Dell* PowerEdge* C シリーズサー
バーは、ハイパースケール環境に対応する
設計となっており、優れた消費電力効率と
運用コストの削減によって、高密度の計算
パフォーマンスを実現します。
• Dell の新しいクラウドサービスには、コンサ
ルティング、展開、およびサポートが含まれ
ており、顧客がクラウド・コンピューティング・
モデルを導入する際の計画、管理、および
複雑さの軽減を支援します。
Dell* PowerEdge* C シリーズサーバー
Dell は、顧 客 がクラウド・コンピューティン
Dell は、新しい C シリーズで PowerEdge*
グ・データセンター環境を構築するためのソ
サーバーファミリーを拡張しました。Dell の
リューションとサービスを提供しています。こ
DCS 部門の発想に基づいて設計されたこれ
らの新しいサーバーは、HPC、Web 2.0、ゲー
ム、ソーシャル・ネットワーキング、エネルギー
の各分野の顧客、SaaS プロバイダー、およ
びパブリック / プライベート・クラウド・ビ ル
ダー向けに機能と電力が最適化されていま
れらのソリューションとサービスは次のとおり
です。
• 新しい 統 合 クラウド・インフラストラク
チャー・ソリューションは、テスト済みの事
インテル® Xeon® プロセッサー
P/Tステートの変更
• PowerEdge* C6100 : 4 ノードのクラウ
ドとクラスターが最適化された共有インフ
ラストラクチャー・サーバー(2U/2S サー
バーを最大 4 ノードまでマウント可能(ホッ
トサービス可 能)、インテル ® Xeon® プロ
セッサー 5500 番 台 / イン テ ル ® Xeon®
プロセッサー 5600 番 台 ):パフォーマン
ス が 重 視 さ れ る High-Performance
Cluster Computing(HPCC)環境、Web
2.0 環境、およびクラウドビルダーのため
システムBIOS
IT管理コンソール
IPMI
ポリシー
使用可能な
P/Tステート数の変更
消費電力
インテル®
ノード・マネージャーと
インテル®
Manageability Engine
図 15 :インテル ® ノード・マネージャーの電力管理閉制御ループ
18
• PowerEdge* C2100 :高 パフォーマン
スのデータ分析 / クラウド・コンピューティン
グ・プラットフォーム / クラウドストレージ用
サーバー(2U/2S、 最 大 144GB RAM、
インテル® Xeon® プロセッサー 5500 番台 /
インテル® Xeon® プロセッサー 5600 番台、
1GbE インテル ® 82576 Kawela カード x
:Hadoop、MapReduce、Web 解析、
デー
2)
タベースなど、メモリーとストレージ密度が
最も重要であるスケールアウト・データセン
ター環境に最適なサーバーです。
(SCIハンドラーまたは
ASLコード)
消費電力の変更
制御機能を備えた
PSU
• PowerEdge* C1100 :メモリーが 増 加
され、クラスターが最適化された電力効率
に優れた計算ノードサーバー(1U/2S、最
大 144GB RAM、
インテル® Xeon® プロセッ
サー 5500 番台、1GbE インテル® 82576
Kawela カード x 2):メモリーを最大限に
拡張できる柔軟性を必要とする、電力とス
ペースの要件の厳しい顧客に最適なサー
バーです。
電力予算の設定
BMC
(ボード管理コントローラー)
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
のハイパースケール環境に対応するビル
ディング・ブロックに最適なサーバーです。
付録 C : VMware* 電力管理
プラグイン
VMware が 提 供 する VMware vSphere*
Client のプラグイン14 により、サードパー
ティーの 開 発 者 と パート ナーは VMware
vCenter* Server の機能を拡張できます。
これらのプラグインには、外部の Web ベース
の機能にアクセスできる製品固有のメニュー
項目またはツールバーアイコンが用意されて
います。Extension Manager は、VMware
vCenter* Server システムのプラグインの
一元管理をサポートするサービス・インター
フェイスです(プラグインは拡張機能と呼ばれ
る場合もあります)。
プラグインには、サーバー・コンポーネントと
クライアント・コンポーネントの両方がありま
VMware vSphere*
Client
VMware vCenter*
Server
Extension
Manager API
管理
API/WS
プラグイン・
クライアント構成
Web
サービスAPI
電力管理
プラグイン
インテル® データセンター・
マネージャー(DCM)
プラグインをホストするWebサーバー
IPM/DCMI
VMware ESX*/ESXi*ホストのクラスター
図 16 :電力管理プラグインのアーキテクチャー
す。サーバー・コンポーネントは、VMware
vCenter* Server の機能を拡張します。た
とえば、VMware vCenter* Server で提供
してサーバーの 消 費 電 力をいかに使 用す
を使用して、インテル ® ノード・マネージャー
される Storage Monitoring Service では、
るか、その 方 法を示すことです。VMware
が有効になっているサーバーの消費電力を
VMware vCenter* Server データ ベース
の情報を使用して、ストレージに関するレポー
ティング・レベルのサービスを提供します。テ
キストおよびグラフィカル・ユーザー・インター
フェイス(GUI)の項目により、ユーザーとサー
バーとの対話をサポートするように VMware
vSphere* Client が拡張されます。たとえ
ば、ストレージに関するレポートは、VMware
vSphere* Client のストレージタブと複数の
コンテキスト・メニューから利用できます。
vCenter* Server を含む一部のハイパーバ
イザー管理ツールでは、リソース分配のアル
ゴリズムのパラメーターとして電力は考慮さ
れていません。このプラグインでは、VMware
vSphere* Web Services とインテル ® DCM
SDK を使用して、電力の制約があるホストか
ら制約のないホストへの移行を示します。プ
ラグインにより、管理者は別の電力管理ツー
ルではなくインテル® DCM SDK で、UI を使用
してサーバーの電力ポリシーを設定すること
が可能となります。また、管理者は、電力ポリ
シーをサーバーレベルまたはラックレベルで
設定することもできます。
管理します。この DCM ツールは、VMware
電力管理プラグイン
今日の仮想化された環境では、リソース最
vCenter* Server と 同じ サーバーに 共 存
させることができます。分かりやすくするため
に、ここでは別のボックスに示されています。
一番下の部分は、インテル ® ノード・マネー
ジャー・テクノロジーをサポートする ESX* ホ
ストのクラスターを表しています。プラグイン
の 機 能 は、VMware vCenter* Server と
インテル® DCM API を通じて公開されます。
適化に関する決定は、主に、ワークロードに
左右されるプロセッサーとメモリーの使用率
図 16 は、プラグインの 概 略 的なアーキテ
に基づいて行われます。電力管理プラグイン
クチャーを示しています。左 側 のコンポー
は、VMware vCenter* Server のようなク
ネ ン ト は、VMware vCenter* Server と
ラウド / 仮想化環境のリソース管理エンジン
VMware vSphere* Client です。VMware
vSphere* Client は、VMware vCenter*
Server のフロントエンドです。中 間 部 分
は、開 発 済みの電 力 管 理プラグイン(Web
アプリケーション )で 構 成 され ています。
Extension Manager のインターフェイスを
使用して、プラグインを VMware vCenter*
Server に登録します。図の右側の部分は、
インテル ® DCM がインストールされたサー
バーを示しています。このアプリケーション
の 機 能を拡 張し、インテル ® ノード・マネー
ジャーとインテル ® DCM に対応するプラット
フォームの機能を利用した高度に最適化され
たリソース分配メカニズムを提供します。
このプラグインの背 後にある主 要 概 念は、
vSphere* Web Services とインテル ® DCM
SDK を使 用して、リソースの分 配と移 行を
決定する際の重要なパラメーターの 1 つと
19
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
付録 D :電力管理の改良
の主な役割は、データセンター全体にわ
データセンターでの電力管理機能の展開は、
既存のアプリケーションを背景として行われ
列電力マネージャーは、各ストレージ・ア
ることはほぼ間違いありません。全く新しい環
プライアンスに固有の命令にマップされ
境で、電力アーキテクチャーを新たに定義す
た複数のポリシーを実装しています。た
るという贅沢な方法は、ほとんど現実的では
とえば、単一の 5KW の分岐回路から列
ありません。したがって、電力管理アーキテク
に電力が供給される場合、列電力マネー
チャーは、展開の可能性に備えて、あらゆる
ジャーはストレージラックごとに 5KW の
既存の環境に適合する柔軟性を備えている
電力上限を適用します。これを適用しな
必要があります。電力管理機能の統合を抽
いと、追加の分岐回路が必要となり大量
象化する便利な方法として、プラグ可能なモ
の余剰電力が発生することになります。
ジュールがあります。この抽象化は多様な形
をとることができきるため、IPMI または Data
Center Manageability Interface(DCMI)
標 準を使 用して単 一ノードレベルで行うこ
とも、ノード・プール・レベルで行うこともで
きま す。イン テ ル ® DCM SDK や VMware
vCenter* Server などのソフトウェア・エン
ティティーを使 用して、ノードプールの 電 力
管理機能を 1 つの論理エンティティーに集
約できます。単一ノードの場合は IPMI また
は DCMI を使用し、ノードグループの場合は
インテル ® DCM または VMware vCenter*
Server を使用して、特定のプラグインをアプ
リケーションに挿入します。
VMware vCenter* Server でのプラグイン
の例については、
「付録 C」を参照してくださ
い。ここでは、DCM でのプラグインの例を示
します。ラック内の一連のサーバーで、クラ
ウド・ストレージ・アプリケーションが実行さ
れていることを想定しています。このアーキ
テクチャーは拡 張 可 能であるため、実 装を
複数のラックまたはラック列に拡張できます。
また、簡 素 化 のために、Direct Attached
Storage Device(DASD)を使用することを
前提としています。
1. クラウド・ストレージ・アプリケーションは、
1 列に配 置された複 数の 物 理ラックで
実装できます。ここでは、管理アプリケー
ション( 列 電 力マネージャー)によって、
この特 定の列のアプライアンスの電 力
動作を調整するものとします。列電力マ
ネージャーを B u i l d i n g M a n a g e m e nt
System(BMS)アプリケーションに接続
することができます。このアプリケーション
20
に基づいて動的に変更されます。
たり電力管理を監視することです。
6. インテル® DCM は、サーバー・サブシステ
ムに割り当てられている全電力を取得し、
ラック内のサーバーに分配します。
7. ノード・マネージャーのインスタンスは、
インテル ® DCM によって割り当てられた
電力量に応じて P ステートを設定します。
図 17 の 5 番のコンポーネントでインテル ®
DCM が 果 たす 役 割 は、このリファレンス・
アーキテクチャーにおいて極めて重要です。
2. 電力管理固有のテクノロジーの適用に加
え、新たに登場したテクノロジーによって
消費電力を削減できます。1 つの例とし
て、ハードディスク・ドライブをソリッドス
テート・ドライブ(SSD)で置き換えること
が挙げられます。従来の標準的なハード
ディスク・ドライブの消費電力は 10 ∼ 15
ワットですが、SSD の消費電力は通常 5
ワット未満であり、アイドル時には 1 ワッ
ト未満になります。したがって、SSD を使
用すると電力消費のベースラインが低下
します。
インテル ® DCM を使用することにより、アプリ
ケーションでノード制御アルゴリズムを実装す
るために必要なコストの何分の 1 かのコスト
で、アプリケーションを使用可能にする電力を
供給できるようになります。テストでは、これ
までこの API に触れたことがない実装チーム
でも、インテル ® DCM とアプリケーション間の
インターフェイスを作成するのに、通常、1 週
間もかかりませんでした。必要なのは、いくつ
かの Web サービスを呼び出すことだけです。
作業の大半は、新しい機能の検証に費やされ
ます。インターフェイスの作成に伴う作業はわ
ずかであるため、インテル ® DCM は、実際に
3. ラック・ポリシー・エンジンは、電力配分
装置(PDU)からハードディスク・ドライブ
に供給される電力と消費電力を監視しな
がら、エンジン自体の消費電力も監視し
ます。ラック・ポリシー・エンジンは、サー
バーの 消 費 電 力を調 整するインテル ®
DCM のインスタンスからの報 告に従っ
て、サーバー・サブシステムを使用します。
は、クラウドベースのアプリケーション(ここで
は、クラウド・ストレージ・アプリケーション)に
電力管理機能を迅速に追加するためのプラ
グインモジュールとして機能します。この機能
を追加するために、元のアプリケーションを根
本的に設計し直す必要はありません。
改良に関する最後の考慮事項は、電力管理
機能と KPI およびサービス・レベル・アグリー
4. この実装では、ストレージ・サブシステム
の監視機能のみを提供することもできま
す。この場合、アプライアンス・ポリシー・
エンジンが、ラック内のサーバーの消費
電 力を調 整することによって、アプライ
アンスの電力割り当て量を満たす必要が
あります。
メントとの結び付きに関係します。電気通信
5. ストレージ・アプリケーションのノード制御
サブシステムのラック・ポリシー・エンジン
は、電力目標をインテル ® DCM に割り当
てます。この電力目標は、ワークロードの
状況と上位レベルで設定されたポリシー
プラグインを挿入することで、KPI に対する電
などのサービス指向の業界に関連するアプリ
ケーションなど、多くのアプリケーションが、
KPI を監視するためにすでに接続されていま
す。電力管理によって、パフォーマンスと消費
電力のいずれかが犠牲になることが明らか
な場合、電力管理プラグインはこうしたアプリ
ケーションを十分に補完するものといえます。
力管理の影響を監視して、アプリケーション
のパフォーマンスをサービス・レベル・アグリー
メントの範囲内に確実に留めることが容易に
なります。
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
Building
Management
System
グローバルポリシー:
アプライアンスの電力が
5KWを超えないこと
1
列電力
マネージャー
クラウド・ストレージ・アプリケーション
ラック・ポリシー・エンジン
クラウド・ストレージ・ポリシー・
エンジンが選択的なスピンダウンにより
ストレージの電力を管理
ストレージ
制御
3
ノード
制御
実際の消費電力
2
ディスクアレイ
筐体
5
クラウド・ストレージ・ポリシー・エンジンが
サーバー/ストレージ・サブシステムの
電力目標を設定
インテル®
データセンター・
マネージャー
4
ディスクアレイ
筐体
クラウドストレージ電力ポリシーエンジンが
5KWの目標を達成するためにストレージと
ノードの電力予算を設定
ストレージ・サブシステムの
ストレージ・
電力設定
サブシステムへの
電力供給
インテリジェントな
PDU
グループポリシー
インテル® データセンター・
マネージャー・テクノロジー・
クラウド・プラグイン
サーバー・サブシステムの
電力設定
ノードごとの実際の
消費電力
実際の消費電力
実際の消費電力
ディスクアレイ
筐体
インテル® DCMがサーバー・
サブシステムの電力の制約に従って、
各ノードに電力目標を動的に割り当て
6
PMBus
PMBus
NM
PMBus
NM
PMBus
NM
プロセッサー
NM
プロセッサー
プロセッサー
プロセッサー
7
インテル® インテリジェント・パワー・
ノード・マネージャーが電圧と
周波数のスケーリングを実行し、
割り当てられたノード電力目標の
範囲内にサーバーの電力を維持
図 17 :データセンター・マネージャーでの電力管理プラグイン・アーキテクチャー
21
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
後注
5. Windows ハードウェア互換性リスト
http://www.microsoft.com/whdc/hcl/
1. インテル ® インテリジェント・パワー・ノード・
マネージャー
http://www.intel.com/technology/
intelligentpower/(英語)
2. インテル® データセンター・マネージャー
http://software.intel.com/sites/
datacentermanager/(英語)
3.「EPA Report to Congress on Server
and Data Center Energy Efficiency」
http://www.energystar.gov/ia/partners/
p ro d _ d eve l o p m e nt / d ow n l o a d s / E PA _
Report_Exec_Summary_Final.pdf(英語)
4. Dell* PowerEdge* C シリーズ
http://www1.jp.dell.com/content/topics/
topic.aspx/global/products/landing/ja/
jp/poweredge-c-series?c=jp&l=ja
22
6.「不明な MIME の種類が IIS6.0 で配信さ
れない」
http://support.microsoft.com/kb/326965/
7.「VirtualCenter VMotion Requirements」
http://pubs.vmware.com/vi3/resmgmt/
wwhelp/wwhimpl/common/html/
wwhelp.htm?context=resmgmt&file=vc_
create_cluster.7.4.html(英語)
8. インテル® DCM の拡張性
http://software.intel.com/sites/
datacentermanager/datasheet.php
(英語)
9. インテル® Xeon® プロセッサー 5500 番台
http://www.intel.com/itcenter/products/
xeon/5500/(英語)
10. インテリジェント・プラットフォーム管 理
インターフェイス
http://www.intel.com/design/servers/
ipmi/ipmi.htm(英語)
11. PMBus*
http://pmbus.org/specs.html(英語)
12.「Advanced Configuration & Power
Interface」
http://www.acpi.info/(英語)
1 3 .「 V M w a r e * D i s t r i b u t e d P o w e r
Management Concepts and Use」
h t t p : // w w w . v m w a r e . co m / f i l e s / p d f /
DPM.pdf(英語)
14.「Getting Started with VC Plug-ins」
http://www.vmware.com/support/
developer/vc-sdk/vcplugin/vcplugin_
technote_exp.pdf(英語)
インテル® クラウド・ビルダーズ・ガイド: Dell* および VMware* を使用したポリシーベースの電力管理
23
クラウド・ソリューションの導入の詳細については、
http://www.intel.co.jp/jp/cloudbuilders/ を参照してください。
免責条項
△
インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区
別には用いません。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/products/processor_number/ を参照してください。
Σ
インテル社内での測定値。性能テストの結果は、特定のコンピューター・システムを使用した特定のテストに基づいています。システム・ハードウェア、ソフトウェア、構成などの違いにより、実際の性能は掲載さ
れた性能テストや評価とは異なる場合があります。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/performance/ を参照してください。
性能に関するテストや評価は、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、またはそれらを組み合わせて行ったものであり、このテストによるインテル製品の性能の概算の値を表しているものです。システ
ム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。システムやコンポーネントの購入を検討される場合は、ほかの情報も参
考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。インテル製品の性能評価についてさらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、http://www.intel.co.jp/jp/performance/resources/
benchmark_limitations.htm を参照してください。
本資料に掲載されている情報は、インテル製品の概要説明を目的としたものです。本資料は、明示されているか否かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスも
許諾するものではありません。製品に付属の売買契約書『Intel's Terms and Conditions of Sale』に規定されている場合を除き、インテルはいかなる責任を負うものではなく、またインテル製品の販売や使
用に関する明示または黙示の保証(特定目的への適合性、商品適格性、あらゆる特許権、著作権、その他知的財産権の非侵害性への保証を含む ) に関してもいかなる責任も負いません。インテルによる書面
での合意がない限り、インテル製品は、その欠陥や故障によって人身事故が発生するようなアプリケーションでの使用を想定した設計は行われていません。
インテル製品は、予告なく仕様や説明が変更されることがあります。機能または命令の一覧で「留保」または「未定義」と記されているものがありますが、その「機能が存在しない」あるいは「性質が留保付であ
る」という状態を設計の前提にしないでください。これらの項目は、インテルが将来のために留保しているものです。インテルが将来これらの項目を定義したことにより、衝突が生じたり互換性が失われたりして
も、インテルは一切責任を負いません。この情報は予告なく変更されることがあります。この情報だけに基づいて設計を最終的なものとしないでください。
本書で説明されている製品には、エラッタと呼ばれる設計上の不具合が含まれている可能性があり、公表されている仕様とは異なる動作をする場合があります。現在確認済みのエラッタについては、インテルま
でお問い合わせください。最新の仕様をご希望の場合や製品をご注文の場合は、お近くのインテルの営業所または販売代理店にお問い合わせください。本書で紹介されている注文番号付きのドキュメントや、
インテルのその他の資料を入手するには、1-800-548-4725(アメリカ合衆国)
までご連絡いただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Xeon、Xeon inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
Microsoft、Windows、Windows Server、Windows ロゴは、米国 Microsoft Corporation および / またはその関連会社の商標です。
VMware は、米国および各国における VMware,Inc. の登録商標または商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。
インテル株式会社
〒 100-0005 東京都千代田区丸の内 3-1-1
http://www.intel.co.jp/
2011 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。
©2011
年 3月
324449-001JA
JPN/1103/PDF/SE/MKTG/KS
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertisement