Seiko 9R86 仕様

Seiko 9R86 仕様
BS9R86G-0704
本 社 東京都港区芝浦 1 丁目 2 番 1 号 〒 105-8467 http://www.seiko-watch.co.jp
目 次
■ 製 品 の 特 長……………………………………………………………………
■ 各 部 の 名 称 とは たらき… …………………………………………………
■ ねじロックりゅうず・ボタンについて… …………………………………
ねじロックりゅうず の 使 いかた… ………………………………………
ねじロックボタンの 使 いかた………………………………………………
■ ぜんまい の 巻き上 げ について… …………………………………………
巻き上げのめ や す……………………………………………………………
りゅうずを 使った ぜんまい の 巻き上げかた… …………………………
■ パ ワーリザ ーブ 表 示 について… …………………………………………
パワーリザーブ 表 示 の見 かた… …………………………………………
■ 時 刻・カレンダーを 合 わ せるには…………………………………………
時 刻 の 合 わ せ かた… ………………………………………………………
より正 確に時 刻を 合 わ せるために… ……………………………………
5
6
8
9
11
12
12
13
14
15
16
16
19
カレンダーの 合 わ せ かた…………………………………………………… 2 0
24時 針 の 使 いかた………………………………………………………… 2 3
■ 時 差 修 正 機 能 について… ………………………………………………… 2 4
時 差 修 正 機 能 の 使 いかた… ……………………………………………… 2 4
世 界 の 主 な 地 域 の 時 差 一 覧……………………………………………… 2 8
■ クロノグラフについて……………………………………………………… 3 0
クロノグラフ
( ストップウオッチ 機 能 ) の 使 いかた…………………… 3 2
積 算 計 測 のしかた…………………………………………………………… 3 4
■ 製 品 仕 様……………………………………………………………………… 3 7
■ アフターサービスについて………………………………………………… 3 8
■ 補 修 用 性 能 部 品 について………………………………………………… 3 9
■ 使 用 上 の 注 意とお 手入 れ のしかた……………………………………… 4 0
■こんなときには……………………………………………………………… 4 8
■製品の特長
このたびはグランドセイコーをお買い上げいただき、ありがとう
ございました。SEIKO では、時計づくり 100 有余年の伝統と、
世界に誇る先進技術のすべてを注ぎ、製造・検査を実施して
おります。グランドセイコーの優れた性能を保つために、この
取扱説明書をよくお読みの上、末長くご愛用くださいますよう
お願い申し上げます。
この取扱説明書はお手もとに保管していただき、必要に応じて
ご覧ください。
ぜんまいがほどける力を唯一の動力源としながら、クオーツ時計と同等の高精
度を実現したスプリングドライブは、セイコー独自の機構です。
スプリングドライブクロノグラフは、そのスプリングドライブ機構をベースに、世
界初のスイープ運針によるセンタークロノグラフ針を搭載しています。
ぜんまいの巻き上げは、自然な腕の動きで巻き上がる自動巻機構にくわえて、
始動時の巻き上げに便利な手巻機構をそなえています。
持続時間は、ぜんまいを充分に巻き上げた状態で約72時間(約3日間)。
ぜんまいの巻き上げ状態(残量)がわかるパワーリザーブ表示が付いています。
秒針は完全になめらかな動きをするスイープ運針です。
さらに24時針をそなえ、カレンダー連動式の時差修正機能が付いています。
※スプリングドライブ機構の詳細については、別冊の「スプリングドライブ・ハンドブック」を
お読みください。
注意
スプリングドライブはぜんまいの力で動きます。
パワーリザーブ表示を確認しながら、
充分に巻き上げてご使用ください。
⇒ ■パワーリザーブ表示について P. 14 参照
■各部の名称とはたらき
●りゅうずの機能
クロノグラフ針(分)
●基本部分
スタート/ストップボタン
センタークロノグラフ針(秒)
カレンダー
クロノグラフ針(時)
時針
パワーリザーブ表示針
0
1
2
1 :カレンダー合わせ(時差修正機能)
りゅうず
L
L :ねじロック位置
0 :ねじロック解除位置:ぜんまい巻き上げ(手巻き)
分針
小秒針
ねじロックりゅうず
2 :時刻合わせ
ねじロック式のりゅうずを操作をする場合は、ロックをはずしてください。
誤操作を防ぐために、操作しないときは必ずロックをしておいてください。
⇒ ●ねじロックりゅうずについて P . 8参照(次ページ)
リセットボタン
24 時針
※表示の位置やデザインは、モデルによって異なる場合があります。
※りゅうずやボタンは、ねじロック式のモデルがあります。
⇒ ■ねじロックりゅうず・ボタンについて P. 8参照
■ねじロックりゅうず・ボタンについて
誤操作を防ぐために、使わないときにりゅうず・ボタンをロックできる構造です。
●ねじロックりゅうずの使いかた
ロックのはずしかた
ロックのしかた
●ねじロックりゅうずについて
りゅうずを操作するときは、ロックをはずしてください。
操作が終わったらロックをしてください。
ロックされた状態
ロックをはずした状態
ゆるめる
押しつけながら回す
りゅうずを左(下方向)に回してくだ
さい。ねじがゆるんで、操作できるよ
うになります。
りゅうずを時計本体に軽く押しつけな
がら、右(上方向)に止まるところま
で回してください。
注意 ロックをするときは、ねじのかみあい具合に注意してゆっくりと押しながら回してく
※ロックをはずした状態でりゅうずが引き出せます。
ださい。無理に押し込むと、ねじ部(ケース)を壊す恐れがありますのでご注意く
ださい。
●ねじロックボタンについて
●ねじロックボタンの使いかた
ボタンを操作するときはロックをはずしてください。
※スライドカバーが下がり、ボタンリングが止まるところまで完全に回しきってください。
止まるまで完全に回しきることで、ロックが確実にはずれた状態となります。
注意 確認ラインが見えていても、ボタンリングを止まるまで回しきっていない場合は
ボタンを押しても正しい動作をしないことがありますのでご注意ください。
10
ロックされた状態
ロックをはずした状態
スライ
ドカバー
確認ライン
ロックのはずしかた
ロックのしかた
ゆるめる
しめる
止まるまで回す
止まるまで回す
ボタンリングを左(下方向)に回すと、スラ
イドカバーが下がります。確認ラインがはっ
きりと見え、ボタンリングが止まるところま
で回すと、操作できるようになります。
ボタンリング
ボタンリング
■ぜんまいの巻き上げについて
この時計は自動巻式(手巻つき)です。腕に着けてご使用いただくと、自然な
腕の動きでぜんまいが自動的に巻き上がります。
止まっている時計を駆動させるときは、りゅうずを回してぜんまいを巻き上げる
ことをおすすめします。
●巻き上げのめやす
12
自動巻:1日あたり12時間の携帯で、連続して3~5日間使用すると、
フル巻き上げの状態になると想定しています。
手巻:りゅうずを5回転させると、約10時間ぶん駆動させることができます。
ボタンリングを右(上方向)に、
止まるところまで回すと、ロック
は完了です。操作が終わったら
必ずロックをしてください。
※汚れなどが付着すると、ねじ部・ボタンが正常に動作しないことがあります。
⇒ ■使用上の注意とお手入れのしかた P. 40参照
●りゅうずを使ったぜんまいの巻き上げかた
1.りゅうずのロックをはずしてください。
2.りゅうずを押し付けないように注意しながら、
右(上方向)にゆっくり回してください。
パワーリザーブ表示がフル巻き上げの状態になるまで、
ぜんまいを巻き上げてください。
小秒針が動きはじめます。
3.操作が終わったら、
りゅうずをロックしてください。
パワーリザーブ表示を確認してください。
⇒ ■パワーリザーブ表示について P . 14参照
※この時計のぜんまいは、必要以上に巻き上がらない構造になっています。
フル巻き上げの状態から更にりゅうずを回しても、ぜんまいはそれ以上巻き上がりません。
りゅうずを回し続けても時計が壊れることはありませんが、無理な操作はお控えください。
※低温下(0℃以下)では、パワーリザーブ表示が1/6以上の状態でご使用ください。
11
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P . 9参照
⇒ ●パワーリザーブ表示の見かた P . 15参照
巻き上げに続いて時刻やカレンダーを合わせるときは、
りゅうずをロックせずにそのまま操作してください。
⇒ ●時刻・カレンダーの合わせかた P. 16参照
13
■パワーリザーブ表示について
●パワーリザーブ表示の見かた
パワーリザーブ表示で、ぜんまいの巻き上げ状態(残量)の
めやすが確認できます。
パワー
リザーブ
の状態
時計を腕からはずして置いておくときは、次に
使用(携帯)するときまで動き続けるかどうか
をパワーリザーブ表示で確認し、必要に応じ
てぜんまいを巻き上げておきましょう。
14
(時計を止めないようにして使い続けるために
は、余裕を持った時間ぶんを巻き上げるよう
にしましょう。)
15
ぜんまい
の状態
フル巻き上げ
半分程度
巻き上げなし
持続時間
約72時間
(約3日間)
約36時間
(約1日半)
時計が止まっている
または
止まる直前の状態
パワーリザーブ表示
※持続時間はお客様の使用状況(時計を携帯、使用する時間や運動量など)によって異なります。
※1日の使用時間が短いときは、パワーリザーブ表示を確認の上、必要に応じてぜんまいを巻き
上げてください。
※この時計のぜんまいは、必要以上に巻き上がらない構造になっています。
フル巻き上げの状態から更にりゅうずを回しても、ぜんまいはそれ以上巻き上がりません。
りゅうずを回し続けても時計が壊れることはありませんが、無理な操作はお控えください。
■時刻・カレンダーを合わせるには
4.時計回りに針が進むように、
りゅうずを回し、分針と24時針に
注目しながら時刻を合わせます。
合わせたい時刻の手前から、分針を
ゆっくり進めて合わせてください。
時刻・カレンダーを合わせるときは、24時針と分針を最初に合わせ、
その後で時針とカレンダーを合わせます。
●時刻の合わせかた
1.ぜんまいが巻き上げられた状態で、時計が動いていることを確認します。
※日付・時刻を合わせるときは、必ず時計が動いている状態で行ってください。
16
2.りゅうずのロックをはずしてください。
5.時報などに合わせて
りゅうずを押し込みます。
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
3.小秒針が0秒位置にあるときに
りゅうずを2段目まで引き出し、
秒針を止めます
小秒針が
0秒位置
※時針が、合わせたい時刻とは異なる時刻を
指しているときや、時針の位置によって
カレンダーの日付が変わることがありますが、
まず先に、分針と24時針を合わせましょう。
りゅうずを
2段引く
※これで24時針、分針、
小秒針が現在時刻に合った
状態になります。
時報に合わせ
りゅうずを
押し込む
時計回りで
分針と
24 時針を
合わせる
17
6.次に、時針とカレンダーを
合わせます。りゅうずを1段目
まで引き出して
ください。
りゅうずを
1段引く
●より正確に時刻を合わせるために
7.りゅうずを回して時針を合わせます。
りゅうずを回したときにカレンダーの
日付が変わるところが午前0時です。
午前・午後を確認して時刻を
合わせましょう。
カレンダーを合わせたいときは、
ここで一緒に合わせてください。
18
スプリングドライブ機構の構造上、下記の点に注意しながら操作していただくと
より正確に時刻が合わせられます。
1.時刻を合わせる前に、ぜんまいを充分に巻き上げてください。
(パワーリザーブ表示を見て、フル巻き上げの状態にしましょう。)
2.止まっている時計を駆動させるときは、ぜんまいを充分に巻き上げてく
ださい。その後、時刻を合わせるときは、30秒間ほど小秒針が動いて
からりゅうずを2段目に引き出してください。
※りゅうずはどちらの方向へも回せますが、
できるだけ日付修正が少ない方向で
合わせてください。
※りゅうずを回すときは、時針の1時間単位の
動きを確認しながら、ゆっくりと回してください。
※時針を合わせているときに、他の針が少し
動くことがありますが故障ではありません。
19
3.りゅうずを2段目まで引き出すと小秒針が止まります。小秒針を止めて
いる時間は30分以内にしてください。それ以上の時間りゅうずを引き
出していたときは、一旦りゅうずを押し込み、30秒間ほど小秒針が動
いてから時刻合わせを行ってください。
8.りゅうずを押し込むと操作は完了です。
りゅうずをロックしてください。
4.PM9:00~AM 1:00の時間帯に時刻を合わせるときは、
時針をPM8:00まで戻してから合わせてください。
(カレンダーを回す歯車を、きちんとかみ合わせるための動作です。)
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
●カレンダーの合わせかた
カレンダーを合わせるには、時針を2周させて1日ぶんの日付修正を行います。
時針を、時計回りに2周(24時間ぶん)回すと「日を送る」ことができます。
逆に回すと「日を戻す」ことができます。
4.りゅうずを回して、時針を2周させるごとに、日付が
「1日ぶん」修正されます。
りゅうずを回したときにカレンダーの日付が変わるところが午前0時です。
午前・午後を確認して合わせましょう。
右(上方向)に回す:
時針を2周させると日付が1日戻ります。
※小の月(2、4、6、9、11 月)が終わった翌日などにカレンダー合わせを行ってください。
1.ぜんまいが巻き上げられた状態で、時計が動いていることを確認します。
20
※日付・時刻を合わせるときは、必ず時計が動いている状態で行ってください。
修正前
2.りゅうずのロックをはずしてください。
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
3.りゅうずを1段目まで引き出して
ください。
りゅうずを
1段引く
※りゅうずはどちらの方向へも回せますが、
できるだけ修正が少ない方向で合わせてください。
※りゅうずはゆっくりと回してください。
※時針を合わせているとき、他の針が少し動くことが
ありますが故障ではありません。
左(下方向)に回す:
時針を2周させると日付が1日送られます。
21
5.操作が終わったら、時刻が合っているかどうかを確認して
りゅうずを押し込んでください。これで操作は完了です。
りゅうずをロックしてください。
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
22
※この操作では時針とカレンダーが連動して動きます。
そのため、時刻の午前・午後が合っていないと、カレンダーが半日ずれることがあります。
※りゅうずはどちらの方向へも回せますが、できるだけ日付修正が少ない方向で合わせてください。
※りゅうずを回すときは、時針の 1 時間単位の動きを確認しながら、ゆっくりと回してください。
※時針を合わせているときに、他の針が少し動くことがありますが故障ではありません。
■時差修正機能について
時差のある地域へ移動するときなどに、簡単に目的地の時刻に合わせられます。
操作のときに時計を止めることがありません。
時針は目的地の時刻を示し、24時針は元の地域の時刻を示します。
時針はカレンダーと連動しているため、正しい操作が行なわれると目的地の日付
を表示します。
●時差修正機能の使いかた
24
1.ぜんまいが巻き上げられた状態で、時計が動いていることを確認します。
※操作は、必ず時計が動いている状態で行ってください。
● 24 時針の使いかた
24 時針には以下の2つの機能があります。
タイプ1:午前・午後を区別する
タイプ2:デュアルタイムとして使う
時 分 針が示 す時 刻を 24 時間制で 時差修正機能を使って、時分針が示す時
表示する(通常の使いかた)
刻とは異なる地域の時刻を表示する
(1時間以上の時差がある地域の時刻)
⇒ ■時差修正機能の使いかた P.24参照
時 分 針、24 時 針
ともに日本時間
(午前 10 時)
23
時分針:日本時間
(午前 10 時)
24 時針:ニューヨーク
(午後 8 時)
4.りゅうずを回して目的地の時刻に合わせます。
午前・午後、日付を確認して合わせましょう。
※この操作では時針とカレンダーが連動して動きます。
時刻の午前・午後が合っていないと、カレンダーが半日ずれることがあります。
⇒ ●世界の主な地域の時差一覧 P . 28
右
(上方向)
に回す:
マイナス
1時間
左
(下方向)
25
に回す:
プラス
1 時間
2.りゅうずのロックをはずしてください。
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
3.りゅうずを1段目まで引き出して
ください。
りゅうずを
1段引く
※りゅうずはどちらの方向へも回せますが、できるだけ修正が少ない方向で合わせてください。
※りゅうずを回すときは、時針の1時間単位の動きを確認しながらゆっくりと回してください。
※りゅうずを回したときにカレンダーの日付が変わるところが午前0時です。
※時針を合わせているとき、他の針が少し動くことがありますが故障ではありません。
5.操作が終わったら、時刻が合っているかどうかを確認して
りゅうずを押し込んでください。これで操作は完了です。
りゅうずをロックしてください。
⇒ ●ねじロックりゅうずの使いかた P.9参照
●目的別の使いかた
時差修正機能を使うと、2つの地域の時刻を表示させるデュアルタイムとしてお
使いいただけます。表示のしかたは2通りあり、目的によって使い分けることが
できます。
※PM9:00~AM 1:00の時間帯に時刻を合わせるときは、
時針をPM8:00まで戻してから合わせてください。
26
27
例1:
時針・カレンダー:A 地域(日本)
24時針:B 地域(ニューヨーク)
例2:
時針・カレンダー:B 地域(ニューヨーク)
24時針:A 地域(日本)
24時針を合わせた後で、時針を合わせます。
●世界の主な地域の時差一覧
⇒ ●時差修正機能の使いかた P. 24
★印の地域ではサマータイムが導入されています。
(07/1 月現在)
代表都市名
28
日本からの時差 UTC からの時差
+12時間
+11時間
+10時間
+9時間
+8時間
その他の都市
ウェリントン★
ヌーメア
シドニー★
東京
香港
+3時間
+2時間
+1時間
±0時間
-1時間
フィジー諸島、オークランド★
ソロモン諸島
グアム島、ハバロフスク★
ソウル、平壌
マニラ、北京、シンガポール
バンコク
ダッカ
-2時間
-3時間
+7時間 ジャカルタ
+6時間
カラチ
ドバイ
モスクワ★
カイロ★
-4時間
-5時間
-6時間
-7時間
+5時間 タシケント★
+4時間
+3時間 メッカ、ナイロビ
+2時間 アテネ★、イスタンブール★
※各地域の時差、及びサマータイムは、国または地域の都合により変更される場合があります。
※世界各地には協定世界時(UTC)を基準にした時刻の差、時差があります。世界各地は1時
間ごとの時差を持つ24の地域に分けられており、地球1周で24時間(1日)になるように、
国際的に運用しています。地域によっては個別にサマータイム(夏時間)が設定されています。
※サマータイムは時差+1時間で、夏の間に時刻を1時間進めて、昼間の時間を長くする制度です。
代表都市名
パリ★
日本からの時差 UTC からの時差
-8時間
その他の都市
+1時間 ローマ★、アムステルダム★
ロンドン★
アゾレス諸島★
-9時間
-10時間
±0時間 カサブランカ
-1時間
リオデジャネイロ★
-12時間
-3時間
カラカス
ニューヨーク★
-13時間
-14時間
-4時間 サンティアゴ★
-5時間 ワシントン★、モントリオール★
シカゴ★
デンバー★
ロサンゼルス★
アンカレッジ★
-15時間
-16時間
-17時間
-18時間
-6時間 メキシコシティー★
-7時間 エドモントン★
-8時間 サンフランシスコ★
-9時間
ホノルル
-19時間
-10時間
ミッドウェイ島
-20時間
-11時間
29
■クロノグラフについて
クロノグラフとは、ストップウオッチ機能と時刻表示機能を合わせ持った時計の
ことです。
この時計では、最大12時間まで計測することができます。
●クロノグラフ部の名称とはたらき
センタークロノグラフ針(秒)
30分計
クロノグラフ針(分)
スタート/ストップボタン
●お使いになる前に
30
1.ぜんまいを充分に巻き上げてください。
(パワーリザーブ表示を見て、フル巻き上げの状態にしましょう。)
ストップウオッチ機能を使うときは、必ず時計が駆動している状態で行って
ください。
12時間計
クロノグラフ針(時)
2.センタークロノグラフ針が0位置に合っているか確認してください。
合っていないときはリセットボタンを押してください。
※ストップウオッチ機能の動作中にりゅうずを引きだすと、計測が止まりますのでご注意ください。
●クロノグラフ(ストップウオッチ機能)の使いかた
1.ぜんまいが巻き上げられた状態で、時計が動いていることを確認します。
2.ねじロックボタンの場合はロックをはずしてください。
⇒ ●ねじロックボタンの使いかた P.11参照
リセットボタン
※表示の位置やデザインは、モデルによって異なることがあります。
※モデルによって、ボタンが「ねじロック式」の場合があります。
⇒ ●ねじロックボタンの使いかた P. 11参照
4.計測をとめる
計測したいタイミングで
再度スタート / ストップボタンを押すと
クロノグラフ針が止まります。
例:6時間20分10秒08
※30分計は1時間で2周します。
30分計を読み取るときは、
12時間計の表示をめやすにしてください。
32
3.計測を始める
スタート / ストップボタンを押すと
クロノグラフ針が動き、
計測が始まります。
31
5.針を戻す
ストップした状態で
リセットボタンを押すと
すべてのクロノグラフ針が
0位置に戻ります。
33
●積算計測のしかた
1.ぜんまいが巻き上げられた状態で、時計が動いていることを確認します。
2.ねじロックボタンの場合はロックをはずしてください。
⇒ ●ねじロックボタンの使いかた P.11参照
4.計測をとめる
計測したいタイミングで
再度スタート / ストップボタンを押すと
クロノグラフ針が止まり、
計測値が表示されます。
34
35
3.計測を始める
スタート / ストップボタンを押すと
クロノグラフ針が動き、
計測が始まります。
6.計測をとめる
計測したいタイミングで
スタート / ストップボタンを押すと
クロノグラフ針が止まります。
このときの計測値は、1回目と2回目の
データの合計(積算値)です。
7.繰り返し積算する
36
必要に応じて5、6を繰り返します。
このように、スタート / ストップボタンを
繰り返し押すと、積算計として計測する
ことができます。
8.針を戻す
ストップした状態で、リセットボタンを
押すと、すべてのクロノグラフ針が
0位置に戻ります。
5.計測を再スタートする
スタート / ストップボタンを押すと
4でストップした位置から
クロノグラフ針が動き始めます。
■製品仕様
1 . 基 本 機 能・・・・・ 3針
( 時・分・小 秒 針 )、 24時 針、 カレンダー 表 示 、
日付 連 動 式 時 差 修 正 機 能 、 パワーリザーブ 表 示
ストップウオッチ 機 能:センタークロノグラフ針
( 秒 )、クロノグラ
フ針
( 時・分)
2 . 水 晶 振 動 数・・・ 32,768Hz
3 . 精 度・・・・・・・・・・ 平 均月差 ±15秒以 内
( 日差 ±1秒 相 当 )
※気 温5℃~35℃において 腕 に 着 けた 場 合
4 .作 動 温 度 範 囲・ -10℃~ +60℃
37
※低 温下
( 0℃以 下 ) で は 、 パワーリザーブ 表 示 が1/6以 上
の 状 態 でご使 用ください 。
5 . 駆 動 方 式・・・・・ ぜんまい 巻き<自 動 巻
( 手 巻 つき) >
6 . 運 針 方 式・・・・・ スイープ 運 針
7. 持 続 時 間・・・・・ 通 常 時・ストップウオッチ機 能 作 動 時:約72時 間
( 約3日間 )
( パワーリザーブ 表 示 がフル 巻き上げの 場 合)
※ 使 用 環 境 により、 持 続 時 間 が 短くなる可 能 性 があります。
8 .電 子 回 路 ・・・・・ 発 振・分 周・スプリングドライブ 制 御 回 路
( C - M O S - I C ):1個
9 . 使 用 石 数 ・・・・・ 50石
※ 仕 様 は 改 良 のため 予 告なく変 更 することがあります。
■アフターサービスについて
■補修用性能部品について
・お買い求めいただきましたグランドセイコーは、厳重な検査・調整を行った後、
お手もとにお届けしております。しかし、取扱説明書に沿った正常なご使用状
態で、万が一、保証期間内に不具合が生じた場合には、保証書を添えてお買
い上げ店へお持ちください。メーカーにて無料で修理・調整させていただきます。
・グランドセイコーの補修用性能部品の保有期間は、通常 10 年を基準としてい
ます。正常なご使用であれば、この期間中は原則として修理が可能です。
(補
修用性能部品とは、時計の機能を維持するのに必要な修理用部品です。)
・保証期間は、お買い上げ日より 1 年間(ムーブメントについては 2 年間)です。
その他の保証内容の詳細については、保証書に記載してあります。
38
・保証期間経過後の修理、およびグランドセイコーについてのご相談は、お買い
上げ店で承っております。その他わからない点がございましたら、下記の弊社
お客様相談室までお問い合わせください。
セイコーウオッチ(株)お客様相談室
グランドセイコー専用フリーダイヤル 0120 - 302 - 617
受付時間:月曜~金曜
9:30 ~ 21:00
土曜・日曜・祝日 9:30 ~ 17:30
■使用上の注意とお手入れのしかた
・修理可能な期間は、ご使用条件により著しく異なります。精度が元通りにな
らない場合もありますので、修理ご依頼の際にお買い上げ店とよくご相談くだ
さい。
・修理のとき、ケース・文字板・針・ガラス・バンドなどは一部代替部品を使用
させていただくことがありますのでご了承ください。
・その他わからない点がございましたら、左記の弊社お客様相談室までお問い
合わせください。
注意
注意
日常のお手入れ
・ケースやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しています。汚れたままにしておくと
サビて衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因になることがありますので、常に清潔に
してご使用ください。
40
・時計を外したときに、柔らかい布などで汚れや、汗、水分をふき取るだけで、
ケース・バンド及びパッキンの寿命が違ってきます。
〈革バンド〉
・革バンドは、柔らかい布などで吸い取るように軽くふいてください。
こするようにふくと色が落ちたり、ツヤがなくなったりする場合があります。
〈金属バンド〉
・金属バンドは、ときどき柔らかい歯ブラシなどを使い、部分洗いなどのお手入れを
お願いします。
39
かぶれやアレルギーについて
・バンドは多少余裕を持たせ、通気性をよくしてご使用ください。
・かぶれやすい体質の人や、体調によっては、皮膚にかゆみやかぶれをきたすことがあ
ります。
・かぶれの原因として考えられるのは、
1.金属・皮革に対するアレルギー
2.時計本体及びバンドに発生した錆、汚れ、付着した汗などです。
・万が一、肌などに異常を生じた場合は、ただちに使用を中止し、医師にご相談ください。
警告
防水性能
・日常生活用防水(3気圧)の時計は水の中に入れてしまうような環境での使用はでき
ません。
・日常生活用強化防水(5気圧)の時計は、スキンダイビングを含めて全ての潜水に使
用できません。
・日常生活用強化防水(10、20 気圧)の時計は、飽和潜水/空気潜水には使用できません。
41
注意 防水性能
時計の裏ぶたでも性能と型式の確認ができます
・時計の文字板、または裏ぶたにある防水性能表示をご確認の上、ご使用ください。
・水分のついたままりゅうずを回したり、引き出したりしないでください。
時計内部に水分が入ることがあります。
時計の防水表示
上段:文字板
下段:裏ぶた
42
防水性能
使用例
防水の
基準
P.41 ~ P.42
を参照ください
雨や洗顔など日常生活 水に関係の深い仕事(農水産・園 空気ボンベを使用しない 空気ボンベを使用する ヘリウムガスを使用す
で予想される「水がか 芸・食堂など)やスポーツ(水泳 潜水(スキンダイビング)潜水(スキューバ潜水)る潜水方式(飽和潜水)
かる」程度
やヨット)で使用できる程度 で使用できる程度
に使用できる
に使用できる
日常生活用防水
(3気圧防水)
×
⃝
×
×
×
×
×
×
×
×
日常生活用強化防水
(5気圧防水)
⃝
⃝
×
×
×
非防水
日常生活用強化防水
(10気圧防水)
⃝
⃝
⃝
×
×
日常生活用強化防水
(20気圧防水)
⃝
⃝
⃝
×
×
シースルー仕様の裏ぶた
通常の裏ぶた
43
耐磁性能
P.44 ~ P.45
を参照ください
型式番号
お客様の時計の
種類を示す番号
※上の図は例であり、お買い上げいただいた時計とは異なる場合があります。
44
●耐磁性能について(磁気の影響)
●時計に影響を及ぼす身の周りの磁気製品
・グランドセイコーのスプリングドライブは、JIS 1種の耐磁水準をクリアしてい
ます。日常生活において磁界を発生する機器に5cm まで近づけても、ほとん
どの場合、性能を維持できる耐磁性能を備えておりますが、強い磁界に遭遇
するとムーブメント部品が磁気を帯びてしまい、精度が狂ってしまうことがあり
ます。身の周りの強い磁界を発生する機器(磁石を使った健康器具、スピー
カー、携帯電話など)の5cm 以内に近づけないようご注意ください。
・身の周りには、このように磁気を発するものがあります。
JIS 耐磁時計種類 耐磁性保証水準 耐磁表示(裏ぶた)
1種
4800A/m
耐磁性
日常生活において磁界を発生する機器に
5cm まで近づけても、ほとんどの場合、
性能を維持できる耐磁性水準
・ マグネットクリップ
45
・ 磁石を使ったアクセサリー
・ オーディオ機器、ラジオ、イヤホン、
携帯電話などのスピーカー
・なお、磁気を帯びたことが原因で、携帯使用時の精度めやす範囲(平均月差
± 15 秒)を超えている場合、磁気の除去および精度の再調整作業は、保証
期間にかかわらず有料となります。
・ 磁気治療器
・ 冷蔵庫や家具のドアの
(シップ、寝具、腰痛バンドなど)
マグネット
・ バッグや財布の留め金
●保管について
●分解掃除による点検調整(オーバーホール)について
・-10℃~+60℃からはずれた温度下では、機能が劣化したり、停止したり
する場合があります。
・この時計の点検、および分解掃除はメーカーにて行います。お買い上げ店には、
メーカーへ依頼するようお申しつけください。
・長くご愛用いただくために、3~4年に1回程度の分解掃除による点検調整
(オーバーホール)をおすすめします。
・磁気の影響(テレビ、スピーカー、磁気ネックレスなど)があるところに放置し
ないでください。
・強い振動のあるところに放置しないでください。
46
・極端にホコリの多いところに放置しないでください。
・薬品の蒸気が発散しているところや、薬品に触れるところに放置しないでくだ
さい。
(薬品の例:ベンジン、シンナーなどの有機溶剤、およびそれらを含有
するもの、ガソリン、マニキュア、化粧品などのスプレー液、クリーナー剤、ト
イレ用洗剤、接着剤など、水銀、ヨウ素系消毒液など)
・温泉や、防虫剤の入った引き出しなど、特殊な環境に放置しないでください。
※この時計のムーブメントは、機構の性質上、動力を伝達する歯車部分に常に力が加わって
います。これらが正常に機能するためには、定期的な部品の洗浄、油の交換、精度の調整、
機能チェック、消耗部品の交換などが大切です。
特に、
お買い上げ後3~4年目の分解掃除による点検調整(オーバーホール)を行うことが、
長く使用するために重要です。
オーバーホールは、お買い上げ店を通じてご用命ください。その際にはパッキンやばね棒
の交換もあわせてご依頼ください。
47
・その他わからない点がございましたら、下記の弊社お客様相談室までお問い
合わせください。
セイコーウオッチ(株)お客様相談室
グランドセイコー専用フリーダイヤル 0120 - 302 - 617
受付時間:月曜~金曜 9:30 ~ 21:00 土曜・日曜・祝日 9:30 ~ 17:30
■こんなときには
現象
時計が止まっている
(クロノグラフ針が動かない)
考えられる原因
ぜんまいの巻き上げがされていない
毎日使用しているが、パワーリザーブ表示が
携帯時間が少ないか、あるいは腕の動きが少ない
上がらない
48
時計が一時的に進む/遅れる
ガラスのくもりが消えない
このようにしてください
ぜんまいを巻き上げ、時刻を合わせ直してご使用ください。
携帯中や時計を外す際は、パワーリザーブ表示の針を確認し、必要に応じてぜんまいを巻いてください。
携帯する時間を長くしてください。または、パワーリザーブ表示に注意し、時計をはずす際に、
次に携帯するまでの身に着けない時間の分を、りゅうずを回してぜんまいを巻き上げておいてください。
暑いところ、または寒いところへ放置した
常温に戻れば元の精度に戻ります。時刻を合わせ直してください。
この時計は気温5℃~35℃で腕に着けたときに安定した時間精度が得られるように調整してあります。
磁気を発生するもののそばに置いた
磁気を遠ざけると、元の精度に戻ります。時刻を合わせ直してください。
元に戻らない場合は、お買い上げ店にご相談ください。
落とした、強くぶつけた、または激しいスポーツをし
たなど、強い衝撃や振動が加えられた
時刻を合わせ直してください。
元に戻らない場合は、お買い上げ店にご相談ください。
パッキンの劣化などにより時計内部に水分が入った
お買い上げ店にご相談ください。
パワーリザーブ表示の残量があるのに時計が
低温下(0℃以下)に放置した
止まった
低温下(0℃以下)では、パワーリザーブ表示が「1/6」以下になると時計が止まることがあります。
りゅうずを回してぜんまいを巻いてください。
止まっている時計を駆動させた直後、時刻合 動き始めのときは調速機構が働くまで、
わせをしたら、秒針の運針が早く見えた
やや時間がかかります。
(故障ではありません)
調速機構がはたらくまでに数秒間かかります。
より正確に時刻を合わせるには、30秒程度秒針が動いてから、時刻合わせをしてください。
日付が日中に変わる
りゅうずを回したときに日付が変わるところが午前0時です。
午前・午後を確認して、再度時刻を合わせてください。
時刻が12時間ずれている
※その他の現象はお買い上げ店にご相談ください。
⇒ ●りゅうずを使ったぜんまいの巻き上げかた P. 13、●時刻の合わせかた P. 16
49
50
53
54
56
57
59
60
60
61
62
63
64
64
67
68
71
72
72
76
78
80
82
85
86
87
88
96
51
53
Minute hand
Crown
54
L
0
1
2
56
57
To loosen
To loosen
To fasten
58
59
Slide cover
Guide line
Button ring
61
62
Unwound
65
64
63
66
68
67
69
70
71
73
74
75
76
Wellington ★
Nouméa
Sydney ★
Tokyo
Hong Kong
Fiji islands, Auckland ★
Solomon Islands
Guam, Khabarovsk ★
Seoul, Pingyang
Manila, Beijing, Singapore
Bangkok
Dacca
- 2 hours
- 3 hours
+ 7 hours Jakarta
+ 6 hours
Karachi
Dubai
Moscow ★
Cairo ★
- 4 hours
- 5 hours
- 6 hours
- 7 hours
+ 1 hour
±0
- 1 hour
- 3 hours
- 4 hours
- 5 hours
- 6 hours
- 7 hours
- 8 hours
- 9 hours
- 10 hours
- 11 hours
77
12-hour dial
79
80
81
82
83
7. Repeat measuring time cumulatively.
84
85
86
■REMARKS ON AFTER-SALES SERVICING
■REMARKS ON REPLACEMENT PARTS
■TO PRESERVE THE QUALITY OF YOUR WATCH
87
RASH AND ALLERGY
CAUTION
CARE OF YOUR WATCH
88
LEATHER BAND
METAL BRACELET
WARNING
89
90
×
×
×
×
×
×
×
×
⃝
⃝
×
×
×
⃝
⃝
⃝
×
×
⃝
⃝
⃝
×
×
b
92
Genuine
Genuine diving
diving using using heliumgas.
scuba.
×
⃝
b
a
b
a
b
a
a
<Regular case back>
91
Class 1
4800A/m
Magnetic clips
93
Magnetic accessories
94
95
96
97
グランドセイコー専用フリーダイヤル
0120-302-617
受付時間:月曜~金曜
9:30 ~ 21:00
土曜・日曜・祝日 9:30 ~ 17:30
お客様相談室
〒 101-0044 東京都千代田区鍛冶町 2-1-10・・・・・・・・・(03)3535-2211
〒 550-0013 大阪市西区新町 1-4-24・・・・・・・・・・・・・・・(06)6538-6541
大阪四ツ橋新町ビルディング 8 階
本 社 東京都港区芝浦 1 丁目 2 番 1 号 〒 105-8467
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Languages

Only pages of the document in Japanese were displayed