資料№5-2 平成24年度 電気用品事故事例調査結果報告書

資料№5-2 平成24年度 電気用品事故事例調査結果報告書

91 回 電気用品調査委員会

平成

26 年 11 月 17 日

資料

№5-2

平成 24年度 電気用品事故例調査結果報告書(案)

電 気 用 品 調 査 委 員 会

事 故 事 例 調 査 部 会

平成

26 年 11 月 17 日

< 目 次 >

1.平成 24 年度 家庭用電気製品 事故データ 集約結果

------------------------------------------------------------------------------------- 1-1

2.平成 24 年度 電気用品安全法対象家庭用電気製品(リチウムイオン蓄電池関連以外) 事故データ

--------------------------- 2-1

2.1 経済産業省 重大事故

【区分なし】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 2-1

2.2 専ら設計上、製造上または表示に問題があったと考えられるもの

【区分

A1∼A4】 ----------------------------------------------- 2-32

2.3 製品自体に問題があり、使い方も事故発生に影響したと考えられるもの

【区分

B1∼B4】 -------------------------------------- 2-91

2.4 製造後に長期間経過または長期間の使用により性能が劣化したと考えられるもの

【区分

C1】 --------------------------------- 2-95

2.5 業者による工事、修理または輸送中の取扱等に飲んだ意があったと考えられるもの

【区分

D1∼D3】 ----------------------- 2-97

2.6 専ら誤使用や不注意な使い方と考えられるもの

【区分

E1∼E4】 ----------------------------------------------------------------------- 2-99

2.7 その他製品ん意起因しないか、または使用者の感受性に関係すると考えられるもの

【区分

F1∼F3】 ------------------------ 2-116

2.8 原因不明のもの区分

【区分

G1∼G3】 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 2-127

3.平成 24 年度 リチウムイオン蓄電池関連 事故データ 【区分なし∼

G3】 -------------------------------------------------------------- 3-1

※リチウムイオン蓄電池については,エネルギー密度に関する情報が入手できず,電気用品安全法の対象となるか否かの判定が出来なかったため,分けて扱うこととした。

1.平成 24 年度 家庭用電気製品 事故データ 集約結果

平成

24 年度家庭用電気製品事故データにおいて、『電気用品区分』別、且つ『事故原因区分(A1,A2,・・・・・・,G3)』別に集計した結果

を表

1 に示す。

1 平成 24 年度家庭用電気製品事故データ 集約表

特定/

特定外

製品分類

− 非電気用品

電線

配線器具

電熱器具

特定

電動力応用機械器具

交流用電気機械器具

携帯発電機

小計(特定)

電熱器具

電動力応用機械器具

特定外

光源応用機械器具

電子応用機械器具

交流用電気機械器具

リチウムイオン蓄電池※

小計(特定外)

電気用品小計

総計

18

0

3

2

5

2

0

A B C D E F G

総計

A1 A2 A3 A4 B1 B2 B3 B4 C1 D1 D2 D3 E1 E2 E3 E4 F1 F2 G1 G2 G3

1 7 9 0 0 0 0 1 0 2 0 4 2 4 0 0 0 3 12 6 17 86

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

16 23 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 0 0 0 11 14 1 5 81

0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3 0 0 0 4 2 0 2 14

0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3 2 0 0 14

46 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 0 0 2 3 0 21 86

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

77

105 38 13 0 24 3 0 1 1 3 0 0 20 30 1 4 1 20 40 7 14 402

116

14

26

11 130 18 0 1 2 0 1 11 6 3 0 9 23 0 5 2 31 32 2 13 416

25 5 6 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 1 0 0 2 3 9 2 3 76

0 5 14 0 1 0 1 0 2 0 0 0 2 7 2 0 0 4 9 0 6 79

1

16

0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 7

0 6 4 0 0 0 0 1 0 0 0 4 1 4 0 0 0 3 10 3 12 64

尚、上記表

1 における 記号(A1,A2,・・・・・・,G3) の定義を次頁の表 2 に示す。

1-1

2 事故原因区分について

A.専ら設計上、製造上又は表示に問題があったと考えられるもの

A1:設計不良

A2:製造不良

A3:品質管理不十分

A4:表示又は取扱説明書の不備

B.製品自体に問題があり、使い方も事故発生に影響したと考えられるもの

B1:設計不良で使い方も事故発生に影響

B2:製造不良で使い方も事故発生に影響

B3:品質管理不十分で使い方も事故発生に影響

B4:表示又は取扱説明書の不備で使い方も事故発生に影響

C.製造後の長期間経過又は長期間の使用により性能が劣化したと考えら

れるもの

C1:経年劣化

D.業者による工事、修理又は輸送中の取扱等に問題があったと考えられるも

D1:業者の設置・施工不良

D2:業者の修理不良

D3:業者による輸送中の取扱いの不良

E.専ら誤使用や不注意な使い方と考えられるもの

E1:消費者の誤使用

E2:消費者の不注意

E3:消費者の設置・施工不良

E4:消費者の修理不良

F.その他製品に起因しないか、又は使用者の感受性に関係すると考えられる

もの

F1:製品には起因しない偶発的事故

F2:その他製品には起因しないか、又は使用者の感受性に関係するもの

G.原因不明のもの

G1:原因不明

G2:調査不良

G3:製品起因であるが、その原因が不明のもの

※事故事故原因区分が「−−」となっているものは,経済産業省及び消費者庁に報告された重大製品事故に関するものである。

また、表

1 の電気用品における『事故区分別』、及び『電気用品区分別』の集計結果について次頁の図 1 に示す。

1-2

平成24年度電気用品事故 (電気用品区分別) 平成24年度電気用品事故 (事故区分別)

6.4%

0.6%

5.2%

0.0%

6.5% 1.1%

重大事故 234件

6.1%

33.6%

1.1%

6.9%

0.0%

32.4%

(特定)電線 0件

(特定)配線器具 81件

(特定)電熱器具 14件

(特定)電動力応用機械器具 14件

(特定)交流用電気機械器具 86件

(特定)携帯発電機 2件

(特定外)電熱器具 402件

(特定外)電動力応用機械器具 416件

(特定外)光源応用機械器具 76件

(特定外)電子応用機械器具 79件

(特定外)交流用電気機械器具 7件

(特定外)リチウムイオン電池(電気用品外含む) 64件

6.9%

10.6%

1.5%

1.4%

2.9%

17.4%

21.2%

38.2%

A(製品に問題あり) 989件

B(製品に問題あり+使用ミス) 24件

C(経年劣化) 19件

D(業者によるミス) 21件

E(消費者のミス) 92件

F(偶発的事故等) 52件

G(原因不明) 172件

図1 平成24年度電気用品事故データ 区分別集計結果

1-3

2.平成 24 年度 家庭用電気製品 事故データ

平成

24 年度家庭用電気製品事故データ【P.2-1∼P.2-151】における『電気用品の区分』列欄の 数字(11,12,・・・,1A 及び 21,22,・・・,2C)

の定義を表

3 に示す。

3 電気用品の区分について

11

電線

(ゴム絶縁電線,合成樹脂絶縁電線,ケーブル,コード等)

12

ヒューズ

(温度ヒューズその他)

13

配線器具

(タンブラースイッチ,タイムスイッチ,箱形開閉,配線用遮断器機,漏電

遮断器,差込み接続器,ソケット,ローゼット等

)

14

電流制限器

15

小型単相変圧器及び放電灯用安定器

(小型機器用変圧器,電子応用機械器具用変圧器,蛍光灯用安定器,

水銀灯用安定器等

)

16

電熱器具

特定電気用品<特定>

(別表第一上欄に掲げるもの)から抜粋

電 気 用 品

特定電気用品以外の電気用品<特定外>

(別表第二に掲げるもの)から抜粋

21

電線

(蛍光灯電線,ネオン電線等)及び電気温床線

22

電線管類及びその付属品並びにケーブル配線用スイッチボックス

23

ヒューズ

(筒型ヒューズ,栓型ヒューズ)

24

配線器具

(リモートコントロールリレー,カットアウトリレー,分電盤ユニット,電磁開閉

器,ライティングダクト等

)

(電気便座,電気温水器,電気サウナバス用電熱器,観賞魚用ヒーター,

電熱式おもちゃ等

)

25

小型単相変圧器,電圧調整機及び放電灯用安定器

(ベル用変圧器,表示機器用変圧器,ネオン変圧器,ナトリウム灯用安定器

)

26

小型交流用電動機

(単相電動機,かご型三相誘導電動機)

27

電熱器具

(電気足温器,電気座布団,電気カーペット,電気こたつ,電気ストーブ,電

気トースター,電気こんろ,電気がま,電磁誘導加熱式調理器,電気アイロ

ン等

)

17

電動力応用機械器具

(電気ポンプ,冷凍用ショーケース,電気マッサージ器,自動販売機,電

導式おもちゃ等

)

18

19

1A

高周波脱毛機

2 から 8 までに掲げるもの以外の交流用電気機械器具

(磁気治療器,電撃殺虫器,直流電源装置等)

携帯発電機

28

電動力応用機械器具

(ベルトコンベア,電気冷蔵庫,空気圧縮機,電動ミシン,電気芝刈り機,園

芸用電気耕土機,ジューサー,電気食器洗機,デンキ歯ブラシ,扇風機,

温風暖房機,電気掃除機,電気洗濯機等

)

29

光源及び光源応用機械器具

(写真焼付機,スライド映写機,白熱電球,蛍光ランプ,電気スタンド,広告

灯,複写機等

)

2A

電子応用機械器具

(電子時計,インターホン,電子楽器,ラジオ受信機,テレビジョン受信機,電

子レンジ,超音波洗浄機,電子応用遊戯器具,家庭用低周波治療器等

)

2B

3 から 10 にまで掲げるもの以外の交流用電気機械器具

(電灯付家具,調光器,漏電検知器,防犯警報器,アーク溶接機,雑音防止

機等

)

2C

リチウムイオン蓄電池

(単電池1個当たりの体積エネルギーが 400 ワット時毎リットル以上のものに

限る・・・

)

1-4

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Languages

Only pages of the document in Japanese were displayed