CD750P
取扱説明書
INSTRUCTION MANUAL
目 次
【1】安全に関する項目∼ご使用の前に必ずお読みください。∼
1−1 警告マークなどの記号説明 ………………………………001
1−2 安全使用のための警告文 …………………………………001
1−3 最大過負荷保護入力値 ……………………………………002
【2】用途と特長
2−1 用 途 ………………………………………………………002
2−2 特 長 ………………………………………………………003
【3】各部の名称
3−1 本体・テストリード ………………………………………003
3−2 表示器 ………………………………………………………004
【4】機能説明 …………………………………………………………005
【5】測定方法
5−1 始業点検 ……………………………………………………007
5−2 電圧
(V)
測定 ………………………………………………008
5−2−1 直流電圧
(DCV ) …………………………………008
∼) …………………………………009
5−2−2 交流電圧
(ACV∼
5−3 抵抗
(Ω)
測定 ………………………………………………011
5−4 ダイオード
( )
テスト ……………………………………012
5−5 導通
( )
チェック …………………………………………013
5−6 別売付属品による測定 ……………………………………014
5−6−1 直流高電圧プローブ
(HVー60)
による測定 ………014
5−6−2 交流電流プローブ
(CLー20D)
による測定 ………015
5−6−3 直流・交流電流プローブ
(CLー22AD)
による測定 016
5−6−4 直流電流プローブ
(CL33DC)
による測定 …………017
【6】保守管理について
6−1 保守点検 ……………………………………………………018
6−2 校 正 ………………………………………………………018
6−3 内蔵電池および内蔵ヒューズ交換 ………………………018
6−4 保管について ………………………………………………020
【7】アフターサービスについて
7−1 保証期間について …………………………………………020
7−2 修理について ………………………………………………020
7−3 お問い合わせ ………………………………………………021
【8】仕 様
8−1 一般仕様
…………………………………………………022
8−2 別売付属品 …………………………………………………023
8−3 測定範囲および確度 ………………………………………023
保 証 書 ……………………………………最終ページにあります
【1】安全に関する項目∼ご使用の前に必ずお読みください。∼
このたびはディジタルマルチメータCD750P型をお買い上げいた
だき、誠にありがとうございます。
ご使用前にはこの取扱説明書をよくお読みいただき、正しく安全
にご使用ください。そして常にご覧いただけるように製品と一緒に
して大切に保管してください。
・・・ ・
本文中の“ 警告”および“ 注意”の記載事項は、やけどや感
・
電などの事故防止のため、必ずお守りください。
1-1 警告マークなどの記号説明
本器および『取扱説明書』に使用されている記号と意味について
:安全に使用するための特に重要な事項を示します。
・警告文はやけどや感電などの人身事故を防止するためのものです。
・注意文は本器を壊すおそれのあるお取り扱いについての注意
文です。
:高電圧が印加され危険なため触れないでください。
:直流(DC)
:グランド
∼:交流(AC)
+:プラス
Ω:抵抗
−:マイナス
:ブザー
:ヒューズ
:ダイオード
:二重絶縁または強化絶縁
1-2
安全使用のための警告文
警 告
以下の項目は、やけどや感電などの人身事故を防止するため
のものです。本器をご使用する際には必ずお守りください。
1. AC33Vrms(46.7Vpeak)またはDC70V以上の電圧は人体に危険
なため注意すること。
2. 最大定格入力値を超える信号は入力しないこと。
3. 最大過負荷入力値を超えるおそれがあるため、誘起電圧、サー
ジ電圧の発生する
(モータ等)
ラインの測定はしないこと。
4. 本体またはテストリードが傷んでいたり、壊れている場合は
使用しないこと。
5. ケースまたは電池ぶたをはずした状態では使用しないこと。
− 1 −
16. ヒューズは必ず指定定格および仕様のものを使用すること。
ヒューズの代用品を用いたり短絡することは絶対にしない
こと。
17. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
18. 測定中は他のファンクションまたは他のレンジに切り換え
たりしないこと。
19. 測定ごとのレンジ・ファンクション・測定端子の確認を確
実に行うこと。
10. 本器または手が水などでぬれた状態での使用はしないこと。
11. 内蔵電池および内蔵ヒューズ交換を除く修理・改造は行わな
いこと。
12. 強力な電磁波を発生するもの、帯電しているものの近くで
は使用しないこと。
13. 年 1 回以上の点検は必ず行うこと。
14. 屋内使用
注 意
使用後はファンクションスイッチをOFFにしてください。オー
トパワーセーブではわずかな電池消耗があります。
1-3 最大過負荷保護入力値
ファンクション
DCV
ACV
Ω/ / 入力端子 最大定格入力値
V、
DC1000V
COM
AC750V
Ω/ /
電圧・電流
、COM
入力禁止
最大過負荷保護入力値
DC1000V, AC750V
または PEAK MAX 1000V
1分間印加
【2】用途と特長
2-1 用 途
本器は過電流防止回路や1000V 10kAの大遮断容量の大型ヒューズ
を内蔵し、ヒューズ定格以内での大容量電路の測定において、安全
性を高めた携帯用ディジタルマルチメータです。
− 2 −
2-2 特 長
・IEC61010-1に準拠した安全設計
・4000カウント
・データホールド、レンジホールド機能付き
・約30分で作動するオートパワーセーブ
・Ω/ / 測定端子には誤挿入防止のセーフティーカバー付き
・真の実効値測定/AC
・本体ケースおよび回路基板には難燃材を使用
【3】各部の名称
3-1 本体・テストリード
液晶表示器
レンジ
ホールド
スイッチ
データ
ホールド
スイッチ
セレクトスイッチ
電源スイッチ兼
ファンクションスイッチ
電池ぶた
セーフティ
カバー
COM端子
Ω/ / 測定端子
V測定端子
Fig 1
テストプローブ
(赤)
テストピン
(黒)
つば テストプローブ
プラグ
テストリード
(TL-122)
− 3 −
数値データ
のマイナス
極性表示
交流測定
動作表示
直流測定
動作表示
オートモード
動作表示
− 4 −
(b)
レンジ
なし
400mV、400V 750V、1000V
400Ω、400kΩ
(c)
(c)
データホールド
動作表示
※RS232C・REL・%Hz・nμF・Aは本器では使用しません。
(b)
40V
40kΩ、40MΩ
(a)
4V
4kΩ、
4MΩ
数値表示
小数点
小数点の位置
(a)
ダイオードテスト 導通チェック
動作表示
動作表示
Fig 2
測定単位
表示
電池消耗
警告表示
3-2 表示器
【4】機能説明
警 告
入力信号を印加させたままファンクションスイッチをOFFに戻すこ
とは絶対にしないこと。必ず入力を切ってからOFFに戻すこと。
○電源スイッチ兼ファンクションスイッチ
このスイッチを回して電源のON/OFFおよびV、Ω/●/●の
ファンクションを切り換えます。
○セレクトスイッチ
(SELECT)
直流/交流の切り換えおよびΩ/●/●の切り換えに使用しま
す。このスイッチを押すと以下のように切り換わります。
・電圧ファンクションの場合
1 回押す毎に● → ∼ → ●となります。
・Ω/●/●の場合
1 回押す毎にΩ→ ● → ●となります。
○レンジホールドスイッチ(RANGE HOLD)
電圧、抵抗ファンクションの時特定のレンジにしたい場合使用し
ます。このスイッチを押すとレンジが固定され、マニュアルモー
ドになります。このスイッチを押すたびにレンジが移動しますの
で、表示器の単位と小数点の位置を確認しながら適正なレンジを
選択してください。オートモードに復帰させる場合はこのスイッ
チを1秒以上押してください。
(表示器に
‘AUTO’
が点灯します)
○データホールドスイッチ
(DATA HOLD)
表示器に表示されている測定データを固定させる時使用します。
このスイッチを押すと表示器に D H が点灯し、その時点のデー
タ表示が固定され表示は変化しません。再びこのスイッチを押す
と表示器の D H は消え、ホールド状態は解除され、測定状態に
戻ります。
− 5 −
○オートパワーセーブ
本器は約30分で自動的に表示が消え、電池の消費を抑えるオート
パワーセーブ機能付きです。ただしオートパワーセーブは表示が
消えた状態でも多少電池は消費しますので長時間ご使用にならな
い場合はOFFに合わせておいてください。また、オートパワーセ
ーブ作動直前にそのままご使用になりたい場合は、データホール
ドスイッチを押してください。
この機能を解除するには、SELECTボタンを押したままファンク
ションスイッチを回し、電源をONにしてください。
○オーバー表示
(O.L)
゛
本器に最大定格を超える入力が加わった場合には表示器に゛O.L゛
表示が出ます。電圧、電流ファンクション等で、O.L 表示がされ
た場合はすみやかに入力を止めてください。
− 6 −
【5】測定方法
5-1 始業点検
警 告
1. 本体およびテストリードが傷んでいたり、壊れている場合は
使用しないこと。
2. テストリード&ヒューズが切れたりしていないことを確認すること。
▼
点検スタート
▼
はい
本体とテスト
リードの外観は破損して
いますか?
▼
はい
電池消耗表示
は点灯してい
ますか?□□
*
▼ いいえ
赤、黒のテスト
④ ピンをショート
します
▼いいえ
黒プラグをCOM
① 端子に差し込み
ます
▼
▼
電池を交換し、もう
一度点検をやり直し
てください
テストリード&ヒュー
ズを交換しても良くな
らない場 合は、修 理
が必要です
▼
赤プラグをΩ/
② / 端子に差し込
みます
感電の恐れがありま
す。使用をやめ修理
してください
ブザーが
鳴りますか?
いいえ
▼
▼
ファンクションスイッ
チをΩ/ / にし
③
てセレクトスイッチで に合わせます。
▼ はい
点検終了です
テストリード&ヒュー
ズを交換しもう一度や
り直してください
*電池が消耗しすぎると表示
がまったく出なくなります。
④
Ω/
/●
③
②
①
Fig 3
− 7 −
5-2 電圧
(V)
測定
警 告
1. 最大定格入力電圧を超えた入力信号を加えないこと。
2. 測定中はファンクションスイッチを切り換えないこと。
3. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
5-2-1 直流電圧
(DCV●) 最大測定電圧 DC1000V
1)測定対象
電池や直流回路の電圧を測ります。
2)測定レンジ
400mV∼1000Vまでの5レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM端子
に差し込みます。
②ファンクションスイッチをVに設定し、SELECTスイッチで
DCを選択します。
③被測定回路のマイナス電位側に黒のテストピンを、プラス
電位側に赤のテストピンを接触させます。(逆に接続した場
合は゛
−゛
になります。
゛表示)
④表示器の表示を読み取ります。
⑤測定後は被測定回路から赤黒のテストピンをはずします。
●テストリード開放時に表示が変動しますが故障ではありません。
⑤
④
③
③
⑤
②
Fig 4
①
− 8 −
5-2-2 交流電圧
(ACV∼) 最大測定電圧 AC750V
1)測定対象
電灯線電圧などの正弦波交流電圧を測ります。
2)測定レンジ
4V∼750Vまでの4レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM端子
に差し込みます。
②ファンクションスイッチをVに設定し、SELECTスイッチで
ACを選択します。
③被測定回路に赤黒のテストピンを接触させます。
④表示器の表示を読み取ります。
⑤測定後は被測定回路から赤黒のテストピンをはずします。
●AC400mVレンジに設定できますが確度保証はしておりません。
●AC4Vレンジでは、0入力時に1∼9カウント程度、数字が残
ります。
③
⑤
⑤
④
コンセント
Outlet
V
②
①
Fig 5
− 9 −
〈交流
(AC)
測定についての注意〉
1)真の実効値について
「平均値検波実効値」方式の測定の場合、入力信号が正弦波
で歪のない波形測定の時は誤差とはなりませんが、入力波形
が歪正弦波や非正弦波を測定した場合、実効値への換算が難
しくなりその分大きな誤差が生じてきます。
本器ではこのTrueRMS(真の実効値)回路により正弦波や方
形波、三角波等非正弦波の実効値測定ができます。
2)クレストファクタ
(波高率)
CF(クレストファクタ)は信号のピーク値をその信号の実効値
で割った値で表されます。正弦波や三角波等最も一般的な波形
は相対的にクレスト係数が低くなっています。また、デュー
ティサイクルの低いパルス列に類似した波形では高いクレスト
係数となります。代表的な各波形の電圧、クレストファクタは
表を参考にしてください。
クレストファクタ:<3:1(フルスケール時)<6:1(ハーフスケール時)
(確度保証周波数範囲:8-3参照)
ピーク値 実効値
Vp
Vrms
入力波形
正弦波
Vp
0
π
2π
p p
方形波Vp
Vp
2Vp
π
√2
=1.414Vrms =0.707Vp =0.637Vp
Vrms・√2
三角波
=1.414
Vp
1
1
Vp
√3
=1.732Vrms =0.577Vp
Vp
2
=0.5Vp
√3
2
√3
=1.155
τ
2π・Vp
τ
2π・Vp
Vp
Vrms・√3
π
2π
パルス
Vp
0
Vp
τ
π
2π
π
Vp
0
√2
2√2
=1.111
Vp
0
平均値 クレストファクタ 波形率
Vavg Vp/Vrms Vrms/Vavg
2π
各波形の電圧一覧
●本器のAC測定はAC結合です。
入力信号の直流成分はカットされます。
− 10 −
=1.732
2π
τ
2π
τ
5-3 抵抗
(Ω)
測定 最大測定抵抗 40MΩ
警 告
入力端子には外部よりの電圧を絶対に加えないこと。
1)測定対象
抵抗器や回路の抵抗を測ります。
2)測定レンジ
400Ω∼40MΩまでの6レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをΩ/●/●端子に、黒プラグを
COM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをΩ/●/●に設定し、SELECT
スイッチでΩを選択します。
③被測定物に赤、黒のテストピンをあて測定します。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定回路から赤黒のテストピンをはずします。
●入力端子間の開放電圧は約0.4Vです。
●測定に際しノイズの影響を受ける場合は、被測定物をCOM
の電位でシールドしてください。
●40MΩレンジでは測定物の誤差やノイズ、本器の誤差等に
より最大測定抵抗値まで測定できない場合もありますので
ご注意ください。
●電圧の加わっている部分の抵抗測定はできません。
●本製品はCOMにヒューズが接続されていますのでヒューズ
抵抗値を表示いたします。
(ヒューズ抵抗値約0.6Ω)
●表示値より約0.6Ωを差し引いた数値が正しい数値となります。
⑤
⑤
③
④
③
抵抗器
Resistor
Ω/
/●
②
Fig 6
①
− 11 −
5-4 ダイオード
(●)
テスト
警 告
入力端子には電圧を絶対に加えないこと。
1)使用対象
ダイオードの良否をテストします。
2)使用方法
①テストリードの赤プラグをΩ/●/● 端子に、黒プラグを
COM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをΩ/●/● に設定し、SELECT
スイッチで● を選択します。
③ダイオードのカソード側に黒のテストピンをアノード側に
赤のテストピンを接触させます。
④表示器にダイオードの順方向電圧降下が表示されているこ
とを確認します。
⑤ダイオードのカソード側に赤のテストピンを、アノード側
に黒のテストピンを接触させます。
⑥テストリード開放時の表示と同じ表示(.OL)になっている
ことを確認します。
⑦測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはずします。
※④・⑥の確認ができれば、ダイオードは正常です。
●入力端子間の開放電圧は約1.5Vです。
アノード
Anode
カソード
Cathode
③③
④
⑥
ダイオード
Diode
Ω/ /●
⑦
②
⑤⑤
⑦
Fig 7
①
− 12 −
5-5 導通
(●)
チェック
警 告
入力端子には電圧を絶対に加えないこと。
1)使用対象
配線の導通確認や選定に用います。
2)使用方法
①テストリードの赤プラグをΩ/●/● 端子に、黒プラグを
COM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをΩ/●/● に設定し、SELECT
スイッチで を選択します。
③被測定回路または導線に赤黒のテストピンをそれぞれあて
チェックします。
④ブザーが鳴るか鳴らないかで導通を確認します。
※測定値が400Ω以下の場合は、
その時の測定値が表示されます。
⑤測定後は被測定物から赤、黒のテストピンをはずします。
●入力端子間の開放電圧は約0.4Vです。
●スレッショルドレベル:10∼200Ω
●発音直後、一瞬音が途切れますが故障ではありません。
コンセント
Extension cord
⑤
③
③
⑤
④
Ω/
/●
②
ピー
①
Fig 8
− 13 −
5-6 別売付属品による測定
警 告
1.使用する製品の最大定格入力値を超える入力信号は印加しな
いこと。
2.測定中は他のファンクションに切り換えないこと。
5-6-1 直流高電圧プローブ(HVー60)による測定 最大測定電圧 DC30kV
警 告
1.このプローブは微小電流回路測定用です。送電線などの強電
用には使用しないこと。
2.プローブの最大測定電圧
(DC30kV)
を超える電圧は印加しないこと。
3.測定中は他のファンクションに切り換えないこと。
4.測定中はプローブのつばより測定ピン側を持たないこと。
1)測定対象:テレビのブラウン管などのアノード電圧、フォー
カス用高電圧など高インピーダンス回路の電圧測定
2)測定レンジ:DC1000Vレンジを使用
(マニュアルモードにて設定)
3)測定方法
①高圧プローブの赤プラグをV入力端子に、黒プラグをCOM入
力端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをVに設定しSELECTスイッチでDC
を選択し、レンジホールドスイッチで1000Vレンジにします。
③被測定物のアースラインに黒のクリップを接続し、被測定箇
所にプローブ先端のピンをあてます。
④表示器の表示値を0.1倍してkV単位で読み取ります。
⑤測定後は被測定回路からピンを離してから、クリップをはず
します。
●HV-60は交流電圧の測定には使用できません。
ブラウン管
CRT
アノード
Anode
⑤
④
③
V
③
②
①
Fig 9
− 14 −
5-6-2 交流電流プローブ(CLー20D)による測定 最大測定電流 AC200A
1)測定対象:家電機器の消費電流や電源設備など、50∼60Hzの
● 正弦波交流の測定に用います。
2)測定レンジ:20A,200Aの2レンジ
3)測定方法
①電流プローブの赤プラグをV入力端子に、黒プラグをCOM入
力端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをVに設定しSELECTスイッチでAC
を選択し、レンジホールドスイッチで4Vレンジにします。
③電流プローブのレンジ設定つまみを20Aまたは200Aレンジに
合わせます。
④電流プローブの鉄心を開き、被測定導体をクランプします。
⑤電流プローブのレンジが20Aの場合は表示値を10倍、200Aレ
ンジの場合は100倍して表示器の表示を読み取ります。
⑥測定後は電流プローブの鉄心を開き、被測定導体から電流プ
ローブをはずします。
●20Aまたは200A以上の測定不可。
(表示は出ますが測定はしないでください)
●被測定導体は、なるべく鉄心の中央にクランプしてください。
⑤
V
②
④
⑥
③
①
Fig 10
− 15 −
5-6-3 直流・交流電流プローブ(CLー22AD)による測定 最大測定電流 DC/AC200A
1)測定対象
ACA:家電機器の消費電流や電源設備など、50∼60Hzの正弦
波交流の測定に用います。
DCA:自動車の電装回路の電流や直流機器の消費電流を測ります。
2)測定レンジ
AC20/200A,DC20A/200Aの各2レンジ
3)測定方法
①電流プローブの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM端子
に差し込みます。
②ファンクションスイッチを直流電流(DCA)ならVに設定し
SELECTスイッチでDCを選択し、レンジホールドスイッチ
で400mVレンジにします。
交流電流(ACA)ならVに設定しSELECTスイッチでACを選
択し、レンジホールドスイッチで4Vレンジにします。
③電流プローブのレンジ設定つまみを20Aまたは200Aレンジ
に合わせます。
*直流測定の場合は電流プローブのゼロ調整つまみを回し0
(ゼロ)
調整します。
④電流プローブの鉄心を開き、被測定導体をクランプします。
⑤表示値を下記の倍率をかけて読み取ります。
DC20A→0.1倍 AC20A→100倍 DC200A→1倍 AC200A→1000倍 ⑥測定後は電流プローブの鉄心を開き、被測定導体から電流
プローブをはずします。
●20Aまたは200A以上の測定不可。
(表示は出ますが測定はしないでください)
⑤
V
②
④
⑥
③
※
①
Fig 11
− 16 −
5-6-4 直流電流プローブ(CL33DC)による測定 最大測定電流 DC300A
1)測定対象:自動車の電装回路の電流や直流機器の消費電流を
測ります。
2)測定レンジ:30A,300Aの2レンジ
3)測定方法
①電流プローブの赤プラグをV入力端子に、黒プラグをCOM
入力端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをVに設定しSELECTスイッチで
DCを選択し、レンジホールドスイッチで400mVレンジにします。
③電流プローブのレンジ設定つまみを30Aまたは300Aレンジ
に合わせます。
*電流プローブのゼロ調整つまみを回し0
(ゼロ)
調整します。
④電流プローブの鉄心を開き、被測定導体をクランプします。
⑤電流プローブのレンジが30Aの場合は表示値を0.1倍、300A
レンジの場合は1倍して表示器の表示を読み取ります。
⑥測定後は電流プローブの鉄心を開き、被測定導体から電流
プローブをはずします。
●30Aまたは300A以上の測定不可。
(表示は出ますが測定はしないでください)
⑤
V
②
④
⑥
※
③
①
Fig 12
− 17 −
【6】保守管理について
警 告
1. この項目は安全上重要です。本説明書をよく理解して管理を
行ってください。
2. 安全と確度の維持のために1年に1回以上は校正、点検を実施
してください。
6-1 保守点検
1)外観
・落下などにより、外観が壊れていないか?
2)テストリードと内蔵ヒューズ
・入力端子にプラグを差し込んだときに緩みはないか?
・テストリードのコード部分が傷んでいないか?
・テストリードのどこかの箇所から芯線が露出していないか?
以上の項目に該当するものはそのまま使用せず、修理を依頼
してください。
●テストリードが切れたりしていないことを、P.7【5】5-1
を参照して確認してください。
6-2 校 正
校正、点検については三和電気計器
(株)
・羽村工場サービス課ま
でお問い合わせください。
(P.21[送り先]参照)
6-3
内蔵電池および内蔵ヒューズ交換
注 意
1. 入力端子に入力が加わった状態で電池ぶたをはずすと、感電
の恐れがあるため、必ず入力が加わっていないことと、ファンク
ションスイッチがOFFになっていることを確認してから作業
を行なうこと。
2. 交換用ヒューズは同定格のものを使用すること。ヒューズの
代用品を用いたり、短絡したりすることは絶対にしないこと。
〈内蔵ヒューズの交換方法〉
①電池ぶたにねじ止めされているねじをプラスドライバーではず
します。
②電池ぶたを取りはずし、
中の電池またはヒューズを新品と交換します。
③電池ぶたを取り付け、ねじ止めして交換終了です。
注 意
電池取り付けの際は、電池の極性を間違えないように注意して
ください。
− 18 −
使用ヒューズ定格
0.44A/1000V
(φ10×35mm 遮断容量10kA)
(DMM-B-44/100 BUSSMANN社)
電池ぶた
ねじ
単4乾電池
(R03)
0.44A/1000V
ヒューズ
+
−
Fig 13
− 19 −
6-4 保管について
注 意
1. パネル、ケース等は揮発性溶剤に弱いため、シンナーやアル
コールなどでふいたりしないでください。お手入れをする場
合は、乾いた柔らかい布などで軽くふきとってください。
2. パネル、ケース等は熱に弱いため、高熱を発するもの(はんだ
こて等)の近くに置かないでください。
3. 振動の多い場所や落下のおそれがある場所には保管しないで
ください。
4. 直射日光下や高温または低温、多湿、結露のある場所での保
管は避けてください。
5. 長期間使用しない場合、内蔵電池を必ず抜いておいてください。
以上の注意項目を守り、環境の良い場所(P.22【8】参照)に保管
してください。
【7】アフターサービスについて
7-1 保証期間について
本品の保証期間は、お買い上げ日より 3 年間です。
ただし、日本国内で購入し日本国内でご使用いただく場合に限り
ます。また、製品本体の確度は1年保証、製品付属の電池、ヒュー
ズ、テストリード等は保証対象外とさせていただきます。
7-2 修理について
1)修理依頼の前に次の項目をご確認ください。
・内蔵電池の容量はありますか?装着の極性は正しいですか?
・テストリードは断線していませんか?
・内蔵ヒューズは切れていませんか?
2)保証期間中の修理
・保証書の記載内容によって修理させていただきます。
3)保証期間経過後の修理
・修理によって本来の機能が維持できる場合、ご要望により
有料で修理させていただきます。
・修理費用や輸送費用が製品価格より高くなる場合もありま
すので、事前にお問い合わせください。
− 20 −
・本品の補修用性能部品の最低保有期間は、製造打切後 6 年
間です。この補修用性能部品保有期間を修理可能期間とさ
せていただきます。ただし購売部品の入手が製造会社の製
造中止等により不可能になった場合は、保有期間が短くな
る場合もありますのでお含みおきください。
4)修理品の送り先
・製品の安全輸送のため、製品の5倍以上の容積の箱に入れ、
十分なクッションを詰めてテストリードと一緒にお送りく
ださい。
・箱の表面に「修理品在中」と明記してください。
・輸送にかかる往復の送料は、お客様のご負担とさせていた
だきます。
[送り先]三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒205-8604 東京都羽村市神明台4-7-15
TEL(042)
554-0113 FAX(042)555-9046
5)補修用ヒューズについて
ヒューズは、上記サービス課あてに機種名とサイズ、定格を明
記し、ヒューズ代金と送料分の切手を同封してご注文ください。
〈形状〉
〈定格〉
〈価格〉
〈送料〉
φ10×35mm 0.44A/1000V ¥1,070(単価¥1,019) ¥120(5本まで)
部品番号 F1182ヒューズ/遮断容量10kA
7-3 お問い合わせ
東京本社
:TEL(03)
3253-4871
大阪営業所 :TEL(06)
6631-7361
お客様計測相談室 0120-51-3930
受付時間 9:30∼12:00
FAX(03)
3251-7022
FAX(06)
6644-3249
13:00∼17:00(土日祭日を除く)
ホームページ :http://www.sanwa-meter.co.jp
− 21 −
【8】仕 様
8-1
一般仕様
動作方式
AC検波方式
表 示
レンジ切り換え
オーバー表示
極性切り換え
電池消耗表示
ΔΣ方式
真の実効値方式
数値部 最大 約4000カウント
オートおよびマニュアル
表示器に“OL”と表示(AC750V/DC1000Vを除く)
自動切り換え(−のみ表示)
内部電池が消耗し、電池電圧が低下したとき
BT が点灯または点滅
表示器に サンプルレート
数値部 約2回/秒
使用温湿度範囲
5∼40℃、湿度は下記の通りであって結露のないこと
5∼31℃で80%RH(最大)、31℃を超え40℃では80%
RHから50%RHへ直線的に減少
保存温湿度範囲
−10∼40℃ 80%RH以下 結露のないこと
40∼50℃ 70%RH以下 結露のないこと
(長時間使用しない場合は内蔵電池を外して保存すること)
使用環境条件
高度2000m以下 環境汚染度Ⅱ
電源
単4電池(R03)2本
消費電力
約6mW TYP.(DCVにて)
電池寿命
DC Vにて連続、約250時間
オートパワーセーブ 電源投入後から約30分
内蔵ヒューズ
φ10×35mm 0.44A/1000V 遮断容量10kA、
(DMM-B-44/100 BUSSMANN社)
寸法・重量
157.5(H)×70(W)×38.5(D)mm 約220g
付属品
取扱説明書1、
テストリード(TL-122)赤・黒1組
携帯ケース(C-NH7)
安全規格
IEC-61010 過電圧カテゴリⅢ保護クラスⅡに
準拠(EN61010-1)
(最高使用電圧DC1000V、
AC750Vまでにおいては過電圧カテゴリⅡに
準拠)
EMC指令
[EN61326 Annex C] EN61000-4-2/-3
[EN61326 class B]
− 22 −
出荷時の電池について
工場出荷時にモニター用電池が組み込まれておりますので、記載
された電池寿命に満たないうちに切れることがあります。
※モニター用電池とは製品の機能や性能をチェックするための電池
のことです。
過電圧測定分類
過電圧測定分類
(CATⅠ)
: コンセントから電源変圧器(トランス)
等を経由した機器内の二次側電路。
過電圧測定分類(CATⅡ)
: コンセントに接続する電源コード付き
機器の一次側電路。
過電圧測定分類(CATⅢ)
: 直接分電盤から電気を取り込む機器の
一次側および分岐部からコンセントま
での電路。
過電圧測定分類(CATⅣ)
: 引き込み線から分電盤までの電路。
8-2 別売付属品
・高圧測定プローブ HV-60
・クランププローブ CL-20D、CL-22AD、CL33DC
8-3 測定範囲および確度
許容差保証条件:23±5℃ 80%RH以下 結露のないこと
ACVの確度は、レンジの5%∼100%での規定。
クレストファクタ:<3:1(フルスケール時)<6:1(ハーフスケール時)
ファンクション
レンジ
確 度
入力抵抗
備 考
400.0mV
±
(0.7%rdg+5dgt) 約100MΩ以上
4.000V
約11MΩ
直流電圧
40.00V
±
(1.1%rdg+3dgt)
(DCV )
400.0V
約10MΩ
1000V
4.000V
±
(1.6%rdg+9dgt)
約11MΩ
40.00V
確度保証周波数範囲
交流電圧
∼) 400.0V
約10MΩ
40∼500Hz
(ACV∼
±
(1.6%rdg+5dgt)
750V
400.0Ω
±
(1.5%rdg+10dgt)
4.000kΩ
・開放電圧はDC約0.4V
抵 抗 40.00kΩ
±
(1.5%rdg+5dgt) ・測定電流は被測定抵抗の抵抗
400.0kΩ
(Ω)
値によって変化します。
4.000MΩ
±
(2.0%rdg+5dgt) ・ヒューズ抵抗値 5-3参照
40.00MΩ
±
(5.0%rdg+5dgt)
ダイオードテスト
・開放電圧はDC約1.5V
( )
導通チェック ・10∼200Ω以下で発音。(10∼200Ω以内にて発音位置が変動)
( ) ・開放電圧はDC約0.4V
rdg:reading(読みとり値)
dgt:digits(最下位数値)
●AC400mVレンジに設定できますが確度保証はしておりません。
− 23 −
※:トランスや大電流路など強磁界の発生している近く、また無線
機など強電界の発生している近くでは正常な測定ができない
場合があります。
確度計算方式
例)直流電圧測定(DC
[mV]
)
表 示 値:100.0[mV]
レンジ確度:400mVレンジ・・・・±
(0.7%rdg+3dgt)
誤 差:±
(100.0mV±×0.7+3
[dgt]
)
=±1.0
[dgt]
計 算 式:100mV±
(100.0mV±×0.7rdg+3dgt)
真 値:99.0[mV]∼101.0[mV]の範囲
※400mVレンジにおける3[dgt]
とは、0.3mVに相当します。
ここに掲載した製品の仕様や外観は改良等の理由により、予告
なしに変更することがありますのでご了承ください。
− 24 −
/
Input
− 26 −
DC1000V, AC750V
or PEAK MAX 1000V
(1 minute continuous
impression)
Test probe (black)
− 27 −
Fig 1
AC measurement
display
DC measurement
display
Auto mode display
− 28 −
(a)
4V
4kΩ, 4MΩ
40V
40kΩ, 40MΩ
(b)
Numeral data display
Decimal point
(b)
Fig 2
Measurement
unit display
400mV, 400V 750V, 1000V
400Ω, 400kΩ
(c)
(c)
Range
Decimal point
(a)
Testing diode
display
3-2 Display
START
▼
▼
▼
▼
No
▼
▼
③
▼
/●
③
②
①
Fig 3
− 30 −
③
③
④
⑤
②
Fig 4
①
− 31 −
⑤
④
V
Outlet
②
①
Fig 5
− 32 −
π
2π
p p
Peak
Vp
RMS
Vrms
Vp
2Vp
√2
π
√2
=1.414Vrms =0.707Vp =0.637Vp =1.414
Vrms・√2
π
2√2
=1.111
Square Wave
Vp
Vp
0
π
2π
Vp
Vp
Vp
√3
2
=1.732Vrms =0.577Vp =0.5Vp
Vp
τ
Vp
Vrms・√3
Puls
0
Vp
1
1
√3
=1.732
2
√3
=1.155
2π
τ
2π
τ
2π
π
τ
2π・Vp
τ
2π・Vp
2π
− 33 −
⑤
③
④
③
/●
②
Fig 6
①
− 34 −
5-4
Testing Diode (● )
Anode
③③
④
⑥
Diode
Ω/ /●
⑦
②
⑤⑤
⑦
Fig 7
①
− 35 −
5-5
③
③
⑤
④
Ω/
/●
②
Beep
①
Fig 8
− 36 −
Anode
⑤
④
③
V
③
②
①
Fig 9
− 37 −
5-6-2
⑤
V
②
④
⑥
③
①
Fig 10
− 38 −
5-6-3
②
④
⑥
③
※
①
Fig 11
− 39 −
5-6-4
⑤
V
②
④
⑥
※
③
①
Fig 12
− 40 −
− 41 −
0.44A/1000V
Fuse
+
−
Fig 13
− 42 −
− 43 −
− 44 −
− 45 −
Range
400.0mV
4.000V
DC Voltage
40.00V
DCV
400.0V
1000V
4.000V
AC Voltage
40.00V
ACV
400.0V
750V
400.0Ω
4.000kΩ
Resistance
40.00kΩ
Ω
4.000MΩ
40.00MΩ
Test Diode
Checking Continuity
Remarks
Approx. 10MΩ
±
(1.6%rdg+9dgt)
Approx. 11MΩ
±
(1.6%rdg+5dgt)
Approx. 10MΩ
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・・電波ビル
郵便番号=101-0021・・電話=東京(03)3253−4871㈹
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2−7−2
郵便番号=556-0003・・電話=大阪(06)6631−7361㈹
SANWA ELECTRIC INSTRUMENT CO.,LTD.
Dempa Bldg., 4-4 Sotokanda2-Chome Chiyoda-Ku,Tokyo,Japan
② 2005.08 猯
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Languages

Only pages of the document in Japanese were displayed