Sony MDX-C7400X User's manual

Sony MDX-C7400X User's manual
FM/AM
ミニディスクプレーヤー
取扱説明書
お買い上げいただきありがとうございます。
電気製品は安全のための注意事項を守らない
と、火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書および別冊の「取り付けと接続」には、事故
を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱いかたを示して
います。この取扱説明書および別冊の「取り付けと接続」を
よくお読みのうえ、製品を安全にお使いください。お読みに
なったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してくだ
さい。
MDX-C7400X
2000 Sony Corporation
安全のために
ソニー製品は安全に十分配慮して設計されています。しか
し、電気製品はすべて、まちがった使いかたをすると、火災
や感電などにより人身事故になることがあり危険です。
事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。
安全のための注意事項を守る
この取扱説明書および別冊の「取り付けと接続」の注意事項
をよくお読みください。
道路交通法に従って安全運転する
運転者は道路交通法に従う義務があります。前方注意をおこ
たるなど、安全運転に反する行為は違法であり、事故やけが
の原因となることがあります。
• 運転者は走行中に操作をしない。
• 車外の音が聞こえる程度の音量で聞く。
定期的に点検する
警告表示の意味
取扱説明書および「取り付
けと接続」
、製品では、次
のような表示をしていま
す。表示の内容をよく理
解してから本文をお読み
ください。
この表示の注意事項を守
らないと、火災や感電など
により死亡や大けがなど
人身事故の原因となりま
す。
この表示の注意事項を守
らないと、感電やその他の
事故によりけがをしたり
周辺の家財に損害を与え
たりすることがあります。
1年に1度は、電源コードに傷みがないか、振動により配線が
はずれていないか、接続部分が車体と接触していないか、な
どを点検してください。
注意を促す記号
故障したら使わない
動作がおかしくなったり、キャビネットや電源コードなどが
破損しているのに気づいたら、すぐにお買い上げ店またはソ
ニーサービス窓口に修理をご依頼ください。
万一、異常が起きたら
変な音・においがしたら、
煙が出たら
b
1 安全な場所に車
を止める
2 電源を切る
3 お買い上げ店ま
たはソニーサー
ビス窓口に修理
を依頼する
2
安全のために
行為を禁止する記号
目次
・
................................ 4
はじめに ............................................. 7
まず、本機をリセットする ................ 8
時計を合わせる .................................. 9
各部のなまえ .................................... 10
MD・ラジオの聞きかた .................. 12
メニュー画面/リスト表示について .. 14
カードリモコンの操作 ..................... 16
ロータリーコマンダー(別売り)の
操作 .............................................. 17
MD・CD
MD/CDを聞く ............................... 19
繰り返し聞く(リピート再生)....... 22
曲順を変えて聞く
(シャッフル再生)....................... 23
ディスクに名前をつける(ディスクメ
モ/カスタムファイル)................ 24
CDの聞きたい曲だけを聞く
(バンク/カスタムファイル)....... 26
ディスクを名前で探す(リスト).... 28
CD TEXTを見る ........................... 29
ラジオ
放送局を自動で登録する ...............
特定の放送局を登録する ...............
放送局に名前をつける
(ステーションメモ)...................
放送局を名前で探す(リスト).......
31
34
35
37
携帯電話
電話をかける
電話を受ける
その他の操作
その他の設定
.................................
.................................
.................................
.................................
42
43
44
45
サウンドの設定
DSOを設定する ............................ 46
イコライザーを使う(EQ)............ 47
リスニングポジションを設定する
(POS)........................................
音のバランスや音質を設定する
(バランス)
(ATT)
(ソースサウンドメモリー)........
スピーカーの出力を設定する ........
サブウーファーの出力を設定する ...
スペクトラムアナライザーを選ぶ
(SA)...........................................
49
51
52
54
56
その他の操作
音や表示などの設定を変える
(Set up/Display)..................... 58
使用上のご注意 ..............................
故障かな? .......................................
保証書とアフターサービス ............
主な仕様 .........................................
索引 ................................................
60
63
67
68
70
テレビ・ビデオ
別売りのテレビを見る ................... 38
別売りのビデオを見る ................... 40
映像を見ながらディスクを聞く
(サイマルプレイ)....................... 41
目次
3
下記の注意事項を守らないと火災・
感電により死亡や大けがの原因
となります。
取り付けはお買い上げ店に依頼する
本機の取り付けには専門知識が必要です。
万一、ご自分で取り付けるときは、別冊の「取り付けと接
続」の説明に従って、正しく取り付けてください。正しい
取り付けをしないと、火災や感電の原因となります。
内部に水や異物を落とさない
水や異物が入ると火災や感電の原因となります。万一、
水や異物が入ったときは、すぐに電源を切り、お買い上
げ店またはソニーサービス窓口にご相談ください。
分解や改造をしない
火災や感電、事故の原因となります。
内部の点検や修理はお買い上げ店またはソニーサービス
窓口にご依頼ください。
規定容量のヒューズを使う
ヒューズを交換するときは、必ずヒューズに記された規
定容量のアンペア数のものをお使いください。規定容量
を越えるヒューズを使うと、火災の原因となります。
ヒューズ
4
警告・注意
前方の視界を妨げる場所に、ディスプレイやモ
ニターを取り付けない
前方の視界の妨げになると、事故やけがの原因となりま
す。また、取り付ける場所が、助手席用エアバッグシス
テムの動作の妨げにならないことを確認してください。
下記の注意事項を守らないとけがをしたり自動車に損害
を与えたりすることがあります。
ディスク挿入口に手を入れない
内部で手をはさまれ、けがの原因となることがあります。
警告・注意
5
MDの取り扱い
MD自体はカートリッジに収納されています
お手入れ
ので、ゴミや指紋を気にせず手軽に取り扱え
カートリッジ表面に
るようになっています。ただし、カートリッ
ついたホコリやゴミ
ジのよごれやそりなどが、誤動作の原因にな
などを乾いた布でふ
ることもあります。いつも美しい音で楽しめ
き取ってください。
るように次のことにご注意ください。
良い音で聞くために
ラベルを貼るときのご注意
車内でカップホルダー
ラベルは、カートリッジに正しく貼られてい
などをお使いになると
ないと、MDが本機から取り出せなくなるこ
きは、不意の振動など
とがあります。
でジュースなどがこぼ
• 指定の場所に貼ってください。
れて、MDソフトにか
からないように十分ご
注意ください。そのま
まMDを再生すると故
障の原因になります。
MD内部に直接触れない
• 重ねて貼らないでください。
シャッターを手であけ
ないでください。無理
にあけるとこわれます。
本機から取り出したと
きなどに万一シャッ
ターが開いてしまった
場合は、すぐに閉めて
ください。
保存
直射日光が当たるところ
など高温の場所、湿度の
高いところには置かない
でください。特に夏季、
直射日光下で窓を閉め
切った車のシート、ダッ
シュボードの上などはか
なりの高温になりますの
で、絶対に放置しないでください。
6
MDの取り扱い
• ラベルがめくれたり、浮いているときは新
しいラベルに貼り換えてください。
はじめに
• 本機はMDとラジオに対応。
• 広がりのある音場を創造する新機能DSO(ダイナミック・サウンドステージ・オーガナイ
ザー)機能付きHX-DSP搭載。
• 好みの音質に調整可能な7バンドEQ(イコライザー)機能搭載。
• 運転感覚で操作できるロータリーコマンダー(別売り)に対応。
また、以下に記載した別売りの機器も本機のボタンで操作できます。
• CDチェンジャー、MDチェンジャー
• テレビ、ビデオ
• 携帯電話用ハンズフリーキット XCH-1000
この取扱説明書では、本機の使いかたの他に、付属のカードリモコンおよび別売りのロータリー
コマンダー、CD/MDチェンジャーやテレビ、ビデオ、携帯電話用ハンズフリーユニットを接続
した場合の操作方法についても説明しています。
はじめに
7
まず、本機を
リセットする
初めて使うときや、接続を変えたときは、
リセットボタンをつま楊枝の先などで押
す。ただし、針のような物で強く押すと故
障の原因となります。
リセットボタン
ご注意
リセットボタンを押すと、時刻などの登録した
内容が消えるものがあります。その場合は、登
録し直してください。
8
まず、本機をリセットする
時計を合わせる MENU
PRST/DISC
本機は12時間表示です。
D I SC +
PR
+
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
EQ
ST
-
D ISC –
SEEK/AMS
ちょっと一言
D.Info機能をonに設定する
1
時
計
DSPL
ST
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ENTER
MENUボタンを押す。
と常時時計が表示されます
(58ページ)
。
2
PRST/DISCボタンの+または−を押して
「Clock」を選ぶ。
3
ENTERボタンを押す。
1 PRST/DISCボタンの+または−を押して「時」を合
わせます。
2 SEEK/AMSボタンの+側を押して「分」の位置に移
動し、PRST/DISCボタンの+または−を押して
「分」を合わせます。
PRST/DISCボタンの−側を押すと数値が戻り、
PRST/DISCボタンの+側を押すと数値が進みます。
4
設定後、ENTERボタンを押す。
設定時刻が登録され、通常の画面に戻ります。
時計を合わせる
9
各部のなまえ
くわしい説明はz内のページをご覧ください。
メニュー
MENU(各種設定モードに入る)
音量調節ダイヤル
ディスプレイ
DSPL(表示切り換え)qsqdwae;es
qsqdrsrf
リスト
オープン
表示窓
LIST qfqgw;wkej
D I SC +
OPEN(パネル開)qs
OPEN
DSPL
PR
+
ST
MENU
SOURCE
SOUND
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
EQ
OFF
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
リモコン受光部
オフ
OFF(電源切り)
qsqdql
エンター
ENTER(各種設定の確定)
リセットボタン 8
サウンド/イコライザー
SOUND/EQ(音量調節/音質選択)
rjrltatstf
イジェクト
Z(MD取り出し)qs
10
各部のなまえ
MD挿入口 qs
4
5
6
ディーエスオー
DSO rh
ソース
1 SOURCE(ラジオ/CD/MD/TV/TEL切
り換え)qsqdqleaefekelr;rarsrdrfrg
モード
4 MODE
ラジオ
2 PRST/DISC(プリセットサーチ/ディ
スク選択/メニュー項目選択)
次へ
FM1/FM2/AM1/AM2の
切り換え qdeaef
プリセット/ディスク
CD/MD*
CD/MD機器の切り換え ql
TV*
TV1/TV2/AUXの切り換え
ekelr;
SOURCE
各
部
の
な
ま
え
* 別売りの機器が接続されているとき
前へ
5 数字(1〜6)ボタン
ラジオ/TV
CD/MD
登録した局の選局 esel
ディスクの選択 w;
(チェンジャー接続時)
ラジオ
放送局の登録/選択
qdesef
CD/MD
1: REPボタン ws
2: SHUFボタン wd
TV
チャンネルの登録/選択
el
シーク/エーエムエス
3 SEEK/AMS(頭出し/ラジオ選局/設
定項目選択)
SOURCE
A
ACCポジションのないお車のときは、OFF
ボタンを2秒以上押して時計表示を消してく
ださい。OFFボタンを短く押しただけでは時
B
計表示が消えず、バッテリーあがりの原因と
A
ラジオ
B
なります。
周波数の低い
周波数の高い
放送局へ
放送局へ
(押し続ける) (押し続ける)
CD/MD 前の曲へ
次の曲へ
早戻し
早送り
(押し続ける) (押し続ける)
TEL
着信履歴
発信履歴
各部のなまえ
11
MD・ラジオの聞きかた
MDを聞く
1 パネルを開ける
MDを取り出す
2 MDを入れる
ラベル面を上にして入れます。
自動的に再生が始まります。
音量を調節する
3 パネルを手で閉める
ディスクが入っているときは
SOURCEボタンを押して「MD」表示に
すると再生が始まります。
表示を切り換えるには
DSPLボタンを押します。
止める/電源を切るには
OFFボタンを押します。
聞きたいところを探す(手動サーチ)
SEEK/AMSボタンを押し続け、聞きたいと
ころで離します。
曲の頭出しをする
(自動選曲センサー
(AMS))
SEEK/AMSボタンをとばしたい曲の数だけ
短く押します。
前に戻す
12
SOURCE
MD・ラジオの聞きかた
先に進める
曲の頭や前
の曲へ戻す
SOURCE
次の曲へ進む
ラジオを聞く
1 ラジオ受信に
する
2 聞きたいバンド
を選ぶ
押すごとに
FM1 t FM2 t AM1 t AM2
音量を調節する
と切り換わります。
表示を切り換える
M
D
・
ラ
ジ
オ
の
聞
き
か
た
電源を切る
自動選局で受信する
(自動選局)
SEEK/AMSボタンを聞きたい放送局を受信す
るまで繰り返し短く押します。
前の放送局
を探す
SOURCE
次の放送局
を探す
3 聞きたい放送局
を選ぶ
数字ボタンに登録してあるときに選ぶ
ことができます。
くわしくは31〜34ページをご覧くだ
さい。
希望の放送局を受信する(手動選局)
SEEK/AMSボタンを押し続け、聞きたい放送
局の周波数になったところで離します。
低い周波数の
放送局を探す
SOURCE
高い周波数の
放送局を探す
MD・ラジオの聞きかた
13
MENU
PRST/DISC
D I SC +
PR
MENU
-SEEK/AMS
ENTER
PR
EQ
MENUボタンまたはLISTボタンを押すと
DSPL
LIST
SOURCE
SOUND
LIST
ST
+
メニュー画面/
リスト表示につ
いて
ST
OFF
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
次のようなメニューまたはリストが表示さ
SEEK/AMS
れます。
ENTER
メニュー画面(MENUボタンを押して表示)
1 MENUボタンを押すと各種設定や調節を行う画面になり
ます。
2 PRST/DISCボタンまたはSEEK/AMSボタンを押して設
定項目と設定内容を選び、ENTERボタンを押して決定し
ます。
3 MENUボタンを押すと、メニュー画面を解除して通常画
面に戻ります。
リスト画面(LISTボタンを押して表示)
• FMまたはAMを選び、LISTボタンを押すとプリセット局
のリストが表示されます。
ちょっと一言
ディスク名のついていない
ディスクの場合、
「********」と表示
されます。
• 別売のCD/MDチェンジャーを接続している場合は、CD
またはMDを選びLISTボタンを押すと、ディスク名のリス
トが表示されます。
CDを選んだ場合は、PRST/DISCボタンでディスクを選
びます。
14
メニュー画面/リスト表示について
登録名でディスクまたはプリセット局を
選ぶには
ディスク名のリストまたはプリセット局のリスト画面で、
PRST/DISCボタンを押して希望のディスクまたは放送局を
選び、ENTERボタンを押します。
選択した項目を変更しないでもとの画面に戻るには、LISTボ
タンを押します。
メ
ニ
ュ
ー
画
面
/
リ
ス
ト
表
示
に
つ
い
て
メニュー画面/リスト表示について
15
カードリモコンの操作
本機のボタンと同じ操作は、カードリモコンで行うことができます。
安全のため、カードリモコンの操作は運転者以外の同乗者が行うか、車を安全な所に止めてか
ら行ってください。
OPEN/CLOSE
オフ
OFFボタン
OFF
リスト
LISTボタン
メニュー
MENUボタン
ソース
SOURCEボタン
DISC
MENU
LIST
SEEK
SEEK
プリセット/ディスク
PRST/DISCボタン
SOURCE
シーク/エーエムエス
SEEK/AMSボタン
サウンド
エンター
SOUND
DISC
ENTER
ENTERボタン
MODE
MODEボタン
SOUNDボタン
ディスプレイ
DSPLボタン
モード
DSPL
ATT
アッテネート
ボリューム
VOL(音量調節)
音量を瞬時に小さく
ボタン
します。
もとの音量に戻すには、
もう一度押します。
ご注意
本体またはカードリモコンのOFFボタンを2秒以
上押して時計表示を消してある場合は、カードリ
モコンで本機を操作できません。操作できるよう
にするためには、一度本体でラジオを受信するな
どの操作を行ってください。
16
VOL
ATTボタン
カードリモコンの操作
ロータリーコマンダー(別売り)の操作
ロータリーコマンダーのシールについて
本機には、別売りのロータリーコマンダー
(RM-X4S)を接続してお使いになれます。
ロータリーコマンダーには、ボタン名称の
シールが数枚付属されています。本機には
DSPL
MODE
SOUND
SOUND
MODE
DSPL
図のシールをお使いください。また、ロー
タリーコマンダーを取り付ける向きに合わ
せて、シールを貼ってください。
ソース
SOURCEボタンを押すと
本機の電源が入り、繰り返し押すとソースが
TUNER → CD* → MD → TV* → TEL*
と切り換わります。
* 別売りの機器を接続時のみ表示します。
モード
MODEボタンを押すと
ロ
ー
タ
リ
ー
コ
マ
ン
ダ
ー
の
操
作
ラジオの時:FM1 → FM2 → AM1 → AM2 →・・・
CDの時:CD1 → CD2 → CD3 →・・・
MDの時:MD1 → MD2 → MD3 →・・・
テレビ/ビデオの時:TV1 → TV2 → AUX →・・・
と切り換わります。
シーク/エーエムエス
SEEK/AMSつまみを短く回して離すと
ラジオ...
自動的に放送局を受信する
回し続けると特定の周波数に合わせられます。
CD/MD... 曲の頭出しをする
回し続けると早く送られ、離すと再生に戻ります。
テレビ...
自動的に放送局を受信する
回し続けると特定のチャンネルに合わせられます。
TEL...
発信・着信履歴をそれぞれ最大10件まで呼び出
せます。
次のページへつづく
ロータリーコマンダーの操作
17
ロータリーコマンダーの操作(つづき)
次へ*
ボリューム
VOLつまみを押しながら回すと
FM/AM/TV... 登録した放送局を順に受信する
MD/CD ....... ディスクを切り換える**
前へ*
表示画面は数秒後にもとに戻ります。
ボリューム
音量を調節する***(VOLつまみを回す)
アッテネート
音量を瞬時に下げる(ATTボタンを押す)
大きくなる*
OFF
解除するにはもう一度押すか、VOLつまみ
で音量を上げます。
オフ
電源を切る(OFFボタンを押す)
小さくなる*
操作方向は初期設定ではハンドルコラムの左側での使用を想定した
方向になっています。
** チェンジャ−接続時のみ。
*** TEL時は登録した電話番号を選択するつまみになります。
*
サウンド
音量調節・音質選択する(SOUNDボタンを押す)
本体のSOUND/EQボタンと同じ働きをします。
ディスプレイ
画面表示を変える(DSPLボタンを押す)
本体のDSPLボタンと同じ働きをします。
つまみの操作方向を切り換える
運転席の左右どちら側に取り付けるかで、つまみの操作方
向を逆に設定できます。
ボリューム
サウンド
VOLつまみを押しながら、SOUNDボタンを
2秒以上押す
この設定は、本体でもできます(58〜59ページ)
。
18
ロータリーコマンダーの操作
MD・CD
MD/CDを聞く
PRST/DISC DSPL
本機または別売りのCD/MD機器を使っ
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
て、MDやCDを再生できます。
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
OFF
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
EQ
LIST SOURCE
ST
-
D ISC –
SEEK/AMS
MODE
REP
SHUF
1
2
MODE
3
4
ENTER
聞きたい機器を選ぶ
再生中にMODEボタンを繰り返し押して、聞きたいMD/CD
機器(本機または別売りのMD/CD機器)に切り換える。
MDの場合
MD1(本機)t MD2(MD機器1)t
MD3(MD機器2)
M
D
・
C
D
CDの場合
CD1(CD機器1)t CD2(CD機器2)t
CD3(CD機器3)
再生をやめるには
別のソースに切り換えるか、OFFボタンを押します。
次のページへつづく
MD・CD
19
MD/CDを聞く(つづき)
聞きたいディスクを選ぶには
再生中にPRST/DISCボタンの+またはーを繰り
返し押す。
次のディスクまたは前のディスクに1枚ずつ切り換わり
ます。
ディスク名から選ぶには
ご注意
• CD TEXTで極端に文字数
1
SOURCEボタンを繰り返し押して、「MD」また
は「CD」を選ぶ。
2
LISTボタンを押す。
が多く入っている場合、す
べての文字を表示しきれな
いことがあります。
• 「********」と表示さ
ディスク名のリストが表示されます。
れたときはディスク名のつい
ていないディスクです。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押してディス
クを選ぶ。
4
ENTERボタンを押す。
選んだディスクの1曲目から再生が始まります。
ディスク名の登録方法については、
「ディスクに名前を付け
る」
(24ページ)をご覧ください。
聞きたい曲を選ぶには
再生中にSEEK/AMSボタンの+またはーを繰り
返し押す。
次の曲または前の曲に1曲ずつ切り換わります。
曲の聞きたいところにするには
再生中にSEEK/AMSボタンの+またはーを押し続けて、聞
きたいところで離します。
20
MD・CD
表示窓の見かた
再生中にDSPLボタンを繰り返し押して表示を切り換えます。
ちょっと一言
CDの再生の場合
「オートスクロールの設定」
(58ペ−ジ)でA.Scrl onに
しておくと、ディスクや曲
が変ったときに自動的にス
クロール表示させることが
できます。
ディスク名/アーティスト名*1*2
x
曲名*3(MDとCD TEXTのみ)
x
M
D
・
C
D
ディスク番号、曲番号と
再生経過時間
*1 ディスク名がついていない時は「NO D.Name 」と一瞬表示され
た後、再生経過時間表示になります。
*2 CD TEXTにディスクメモ機能で名前をつけてあるときは、ディスク
メモの名前を表示します。
*3 曲名がついていないときは「NO T.Name 」と一瞬表示された
後、再生経過時間表示になります。
MD・CD
21
繰り返し聞く
(リピート再生)
D I SC +
MENU
を繰り返し聞くことができます。
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
PR
OPEN
DSPL
ST
+
再生中の曲のみ、またはディスク内の全曲
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
REP
SHUF
1
2
MODE
3
4
5
6
REP
MDまたはCDを再生中にREPボタンを押す。
REPボタンを押すごとに、表示は次のように切り換わります。
B Repeat 1
B Repeat 2
Repeat off b
• 1曲のみ繰り返す ........................「Repeat 1」にする。
• 再生しているディスクを繰り返す
*にする。
...................................「Repeat 2」
*CD/MDチェンジャー接続時のみ表示されます。
リピート再生をやめるには
REPボタンを押して「Repeat off」を選びます。
22
MD・CD
曲順を変えて
聞く
(シャッフル再生)
D I SC +
SOURCE
再生中のディスク内の全曲、またはチェン
SOUND
EQ
OFF
PR
OPEN
DSPL
ST
+
MENU
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
5
6
ジャー内の全ディスクの曲順を変えて聞く
ことができます。
ちょっと一言
シャッフル再生中は、同じ
曲が2度以上再生されるこ
とがあります。
SHUF
MDまたはCDの再生中にSHUFボタンを押す。
SHUFボタンを押すごとに、表示は次のように切り換わり
ます。
B Shuf 1
Shuf off b
B Shuf 2*
Shuf All* b
M
D
・
C
D
• 再生中のディスク内の全曲を順不同に再生するには
......................................................「Shuf 1」にする。
• 再生しているチェンジャー内のディスクを順不同に再生
するには .......................................「Shuf 2」*にする。
• 接続している2台以上のチェンジャー内のディスクの
曲を順不同に再生するには ........「Shuf All」*にする。
* CD/MDチェンジャー接続時のみ表示されます。
シャッフル再生をやめるには
SHUFボタンを押して「Shuf off」を選びます。
MD・CD
23
ディスクに名前 MENU
をつける
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(ディスクメモ/カスタムファ
イル)
PRST/DISC
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
OFF
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
別売りのカスタムファイル対応のCDチェ
ンジャーを接続すると、CDに8文字までの
名前をつけ、再生中に表示できます。
ちょっと一言
• CDの名前は、カスタムファ
イル対応のCDチェンジャー
に登録されます。
• PRST/DISCボタンの+側
を押すごとに
A t B t C t ... Z t
0 t 1 t 2 t ... 9 t +
t−t*t/t\t
1
2
3
SEEK/AMS
ENTER
CDを再生中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Name Edit」を選び、ENTERボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して入力す
る文字を選び、SEEK/AMSボタンの+側を押し
て次の文字に移動させる。
〉t〈 t . t
と変わります。
PRST/DISCボタンのー側
を押すと、逆順に表示され
スペースを入れたいときは、続けてSEEK/AMSボタンの
ます。
• 文字をあけたいときは、
「 」を入力します。
• 文字入力を間違えたとき
は、SEEK/AMSボタン
のー側を押して修正したい
文字を点滅させ、正しい文
字を入れ直します。
24
MD・CD
+側を押します。
4
手順3を繰り返して、名前を入力し終えたら
ENTERボタンを押す。
通常の画面が表示されます。
名前を消去するには
1
2
CDの再生中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Name Del」を選び、ENTERボタンを押す。
ご注意
• 手順3では、CDチェン
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して消去す
るディスクの名前を選ぶ。
ジャーのメモリーに保存さ
M
D
・
C
D
れているすべてのディスク
の名前が登録された順に表
示されます。最後に入力し
た名前が最後に表示され
ます。
• 名前の消去は、名前が登録
されているCDチェン
ジャーでCDを再生しない
4
選択したディスクの名前が消去されます。
とできません。
• 「名前を消去するには」で消
ほかのディスクの名前を消すときは手順3〜4を繰り返
します。
したい名前がみつからない
ときは、他のCDチェン
ジャーでCDを再生してく
ださい。
ENTERボタンを2秒以上押す。
5
MENUボタンを押す。
通常の画面が表示されます。
ちょっと一言
「ディスクに名前をつける」
(24ページ)の手順3で、す
べての文字に「 」を入力
して名前を消すこともでき
ます。
MD・CD
25
CDの聞きたい
MENU
PRST/DISC
曲だけを聞く
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(バンク/カスタムファイル)
MENU
LIST
SOURCE
聞きたくない曲をとばして、お気に入りの
SOUND
曲だけを再生します。この機能を使えるの
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
は、別売りのCD機器を接続してディスク
メモ機能(24ページ)で名前をつけたCD
SEEK/AMS
ENTER
のみです。
ご注意
• 「Skip 」の設定は 1 枚の CD
で24曲目までできます。
• 「Skip」を全曲に設定して、
ディスクを丸ごととばすこ
とはできません。
とばす曲を指定する
1
名前をつけたCDを再生する。
2
MENUボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Bank Sel」を選ぶ。
4
ENTERボタンを押す。
5
SEEK/AMSボタンの+またはーを押してとばした
い曲の番号を表示させて、ENTERボタンを押す。
表示が「Play」
(再生する)から「Skip」
(とばす)に変
わります。
「Play」に戻すときは、もう1度ENTERボタ
ンを押します。
6
手順5を繰り返して、とばす曲全部に「Skip」を
設定する。
7
MENUボタンを2回押す。
通常の画面が表示されます。
26
MD・CD
曲をとばしながら聞く
1
2
CDを再生中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して「Bank」
を選ぶ。
3
SEEK/AMSボタンの+側を繰り返し押して、再
生のしかたを選ぶ。
押すごとに、表示は次のように切り換わります。
B Bank on
B Bank inv
Bank off b
M
D
・
C
D
(再生する)を設定した曲だけ再生する
「Play」
........................................「Bank on」にする。
「Skip」
(とばす)を設定した曲だけ再生する
.......................................「Bank inv」にする。
バンク再生をやめるには
手順3で「Bank off」を選びます。
MD・CD
27
ディスクを名前
で探す
D I SC +
DSPL
PR
MENU
DSPL
LIST
SOURCE
次の場合に名前を見ながら好きなディスクを
選ぶことができます。
• 別売りのMDチェンジャーを接続した場合
• 別売りのカスタムファイル対応のCDチェ
ンジャーを接続した場合
CDについてはディスクメモ機能(24ページ)で
名前をつけてからこの機能をお使いください。
ご注意
ディスク名のリスト画面に
は、次の表示が出ることが
1
SOUND
EQ
OFF
LIST
ST
+
(リスト)
PRST/DISC
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ENTER
再生中にLISTボタンを押す。
ディスク名のリストが表示されます。
あります。
−「NO Disc」
:ディスク
が入っていない。
−「********」
:名前がつい
ていない。
−「?」
:ディスク情報を読
2
み込んでいない。
PRST/DISCボタンの+またはーを押してディス
クを選ぶ。
3
ENTERボタンを押す。
そのディスクの1曲目から再生が始まります。
28
MD・CD
CD TEXTを
MENU
PRST/DISC
見る
D I SC +
スクを再生中に、その文字情報(アルバム
PR
DSPL
ST
+
CD TEXT対応のCDチェンジャー/CDプ
レーヤーを接続してCD TEXT対応のディ
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
EQ
DSPL
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
名、アーティスト名、曲名など)を表示す
ることができます。
CD TEXTとは
アルバム名、アーチスト名、
曲名などの文字情報を記録し
た音楽CDの呼称です。
SEEK/AMS
ENTER
ディスク名表示を換えるには
ディスクメモ機能(24ページ)で名前を登録したCD TEXT
ディスクを再生している場合は、ディスクメモ名が表示され
ます。
ご注意
オートスクロールの設定
• CD TEXTで極端に文字数
MDまたはCD TEXT対応のCDを再生している場合は、ディ
が多く入っている場合は、
すべての文字数を表示しき
れないことがあります。
• 曲名のオートスクロール
は、DSPLボタンを押して
曲名表示にしているときだ
けです。
M
D
・
C
D
スクまたは曲が切り換わったときにディスク名、曲名および
アーティスト名が自動的に表示されます。この設定を「on」
にすると11文字以上のディスク名および曲名を自動的にスク
ロールさせることができます。
1
2
3
CDまたはMDの再生中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「A.Scrl」を選ぶ。
SEEK/AMSボタンの+側を押して「A.Scrl on」
を選ぶ。
4
ENTERボタンを押す。
通常の画面が表示されます。
オートスクロールを解除するには
手順3で「A.Scrl off」を選びます。
次のページへつづく
MD・CD
29
CD TEXTを見る(つづき)
CD TEXT対応ディスクを再生すると
DSPLボタンを押すごとに
B ディスク名/アーティスト名*
B 曲名
ディスク番号、曲番号と再生時間 b
と切り換わります。
* アーティスト名はディスク名のあとに自動的に表示されます。また
アーティスト名の記録されていないディスクもあります。
30
MD・CD
ラジオ
放送局を自動で
PRST/
MENU DISC DSPL SOURCE ENTER
登録する
D I SC +
PR
受信できる放送局を自動的に登録します。
SOURCE
、「FM2」
、「AM1」
、「AM2」のそ
「FM1」
SOUND
EQ
OFF
OPEN
DSPL
ST
+
MENU
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
5
6
れぞれに6局ずつ、合わせてFM、AM各12
局ずつ登録できます。
ご注意
• 放送局の数が少ない場合や
電波が弱いときは、登録さ
れないことがあります。
SEEK/AMS
1
2
• 表示窓に登録番号が表示さ
MODE
数字ボタン
SOURCEボタンを押してラジオに切り換える。
MODEボタンを押して登録したい放送局のバン
ドに切り換える。
れていたときは、それ以降
のプリセットチャンネルに
押すごとに
放送局が登録されます。
FM1 t FM2 t AM1 t AM2
ラ
ジ
オ
と切り換わります。
3
4
MENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「BTM」を選ぶ。
ちょっと一言
放送局の名前の登録のしか
たについてくわしくは、35
ページをご覧ください。
5
ENTERボタンを押す。
「BTM」
(ベストチューニングメモリー)が点灯表示さ
れ、選んだバンドの中で受信状態の良い放送局が周波数
の順に登録されます。
登録が終ると通常の表示に戻ります。
次のページへつづく
ラジオ
31
放送局を自動で登録する(つづき)
登録した放送局を聞くには
ラジオ受信中に数字ボタン、PRST/DISCボタン
の+またはーを押して聞きたい放送局を選ぶ。
表示窓の見かた
ラジオ受信中にDSPLボタンを繰り返し押して表示を切り換え
ます。
周波数
x
放送局名*
* 名前を登録されている場合。
旅先などで、登録した放送局が受信でき
ないときは
SEEK/AMSボタンの+またはーを押して離します。
自動的に放送局を探し始め、受信すると止まります。聞きた
い放送局が受信できるまで繰り返します。
• 聞きたい放送局がわかっているときは、その放送局の周波数
になるまでSEEK/AMSボタンの+またはーを押し続けます。
• 自動選局がたびたび止まってしまうときは、ローカル受信
にすると、比較的電波の強い放送局だけを受信します。
1 ラジオ受信中、MENUボタンを押し、PRST/DISCボタ
ンの+またはーで「Local」を表示させる。
2 SEEK/AMSボタンの+側で「Local on」を選び、
ENTERボタンを押す。
ふつうの受信に戻すには
手順2で「Local off」を選びます。
32
ラジオ
ステレオ放送が聞きにくいとき
ステレオ放送が聞きにくいときは、音をモノラルにすると聞き
やすくなります。
1 ラジオ受信中に、MENUボタンを押し、PRST/DISCボ
タンの+またはーで「Mono」を表示させる。
2 SEEK/AMSボタンの+側で「Mono on」を選び、
ENTERボタンを押す。
ふつうの受信に戻すには
手順2で「Mono off」を選びます。
ご注意
IF Autoモードを「Wide」
にすると、雑音が入って放
送が聞きにくくなる場合が
あります。
受信周波数を自動的に調整する
(IF Autoモード)
雑音が入って放送が聞きにくくなる場合、受信周波数の幅を
自動的にせばめるためステレオ放送がモノラルになることが
ラ
ジ
オ
あります。このような場合でもステレオで聞くことができま
す。
1 MENUボタンを押す。
2 PRST/DISCボタンを繰り返し押して「IF Auto」を表示
させる。
3 SEEK/AMSボタンの+側を繰り返し押して「Wide」を表
示させる。
4 最後にENTERボタンを押す。
ラジオ
33
特定の放送局を
登録する
SOURCE
D I SC +
PR
放送局を自動登録(31ページ)したあと、
SOURCE
SOUND
空いているプリセットチャンネルに他の放
EQ
OFF
OPEN
DSPL
ST
+
MENU
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
5
6
送局を追加登録できます。
SEEK/AMS
ご注意
すでに登録してある数字ボ
タンに同じバンドの他の放
送局を登録すると、前の放
送局は消えてしまいます。
1
2
MODE
数字ボタン
SOURCEボタンを押してラジオに切り換える。
MODEボタンを押して登録したい放送局のバン
ドに切り換える。
押すごとに
FM1 t FM2 t AM1 t AM2
と切り換わります。
3
SEEK/AMSボタンの+またはーを押し続けて、
登録する局の周波数が表示されたところで離す。
ちょっと一言
「FM1」、「FM2」、「AM1」
および「AM2」のそれぞれに
6局ずつ、合わせてFM、AM
4
登録したい数字ボタンを「MEM」が表示されるま
で押す。
各12局ずつ設定できます。
押した数字ボタンの番号が表示され、そのボタンに選ん
だ放送局が登録されます。
34
ラジオ
放送局に名前を MENU
つける
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(ステーションメモ)
PRST/DISC
MENU
LIST
SOURCE
放送局に名前をつけると、受信中にその名
前を表示することができます。最大62の放
SOUND
EQ
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
OFF
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
送局に、それぞれ8文字までの名前をつけ
SEEK/AMS
られます。
1
名前をつけたい放送局を受信する。
2
MENUボタンを押す。
3
ちょっと一言
• PRST/DISCボタンの+側
ENTER
4
を押すごとに
A t B t C t ...Z t
0 t 1 t 2 t ...9 t
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Name Edit」を選び、ENTERボタンを押す。
ラ
ジ
オ
PRST/DISCボタンの+またはーを押して挿入す
る文字を選び、SEEK/AMSボタンの+側を押し
て次の文字に移動させる。
+t−t*t/t
\ t 〉t〈 t . t
と変わります。
PRST/DISCボタンのー側
を押すと、逆順に表示され
ます。
スペースを入れたいときは、続けてSEEK/AMSボタンの
+側を押します。
• 文字を空けたいときは、
「
」を入力します。
• 文字入力を間違えたとき
は、SEEK/AMSボタン
のー側を押して修正したい
文字を点滅させ、正しい文
5
手順4を繰り返して、名前を入力し終えたら
ENTERボタンを押す。
通常の画面が表示されます。
字を入れ直します。
次のページへつづく
ラジオ
35
放送局に名前をつける(つづき)
ちょっと一言
「放送局に名前をつける」
(35ページ)の手順4で、す
べての文字に「 」を入力
して名前を消すこともでき
ます。
放送局の名前を消去する
1
2
ラジオ受信中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Name Del」を選び、ENTERボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して消去す
る放送局名を選ぶ。
4
ENTERボタンを2秒以上押す。
選択した放送局名が消去されます。
その他の放送局名を消去するには、手順3〜4を繰り返
します。
5
MENUボタンを2回押す。
通常の画面が表示されます。
36
ラジオ
放送局を名前で
探す
PRST/DISC
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(リスト)
LIST
MENU
LIST
SOURCE
放送局に名前をつけておくと、名前を見ながら
SOUND
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
放送局を探すことができます。放送局に名前を
つけるときは、35ページをご覧ください。
ENTER
ちょっと一言
選択をキャンセルするには
1
LISTボタンを押します。
ラジオ受信中にLISTボタンを押す。
プリセット局のリストが表示されます。
ラ
ジ
オ
2
PRST/DISCボタンの+またはーを押して放送局
を選ぶ。
3
ENTERボタンを押す。
選局が終了すると通常の画面が表示されます。
ロータリーコマンダーで放送局を選ぶには
VOLつまみを押しながら回すとリストの中の放送局名を選択
できます。
ラジオ
37
テレビ・ビデオ
別売りのテレビ MENU
を見る
PRST/DISC SOURCE
D I SC +
テレビを見るには、別売りのTVチューナー
ユニットとTVモニターを接続してください。
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
SEEK/AMS MODE ENTER
ちょっと一言
• あらかじめ受信できる放送
局を登録すると、簡単に
チャンネルを選ぶことがで
きます。
• 「TV1」と「TV2」のそれぞれ
に 6 局ずつ、合わせて 12 局
まで登録できます。
チャンネルを登録する
1
SOURCEボタンを繰り返し押して「TV」を選ぶ。
2
MODEボタンを押して、「TV1」または「TV2」に
する。
3
MENUボタンを押す。
4
PRST/DISCボタンの+またはーを押して「Auto
Mem」を選ぶ。
5
ENTERボタンを押す。
「Auto Mem」が数秒間点灯表示され、受信状態の良い
放送局が周波数順に登録されます。
* 表示はTVモニターの機種に
より異なります。
38
テレビ・ビデオ
TVモニターには「選局中」*などと表示されます。
登録が終ると通常の表示に戻ります。
操作のしかた
選びかた/探しかた
操作のしかた
チャンネルを選ぶには
数字ボタン1〜6、PRST/DISCボ
タンの+またはーを押す。
強制的にモノラル
受信するには
副音声を聞くには
「ステレオ放送が聞きにくいとき」
(33ページ)の操作をする。
1 TV受信中にMENUボタンを押す。
2 PRST/DISCボタンの+またはー
を押して「Main」または「Sub」
を表示する。
3「Main」の表示が出た場合は、
SEEK/AMSボタンの+側を押し
て「Sub」を選び、ENTERボタ
ンを押す。
通常の音声に戻すには
手順3で「Main」を選びます。
特定のチャンネルを
登録するには
1 SOURCEボタンを繰り返し押し
て「TV」にする。
2 MODEボタンを押して「TV1」
または「TV2」にする。
3 SEEK/AMSボタンの+またはー
テ
レ
ビ
・
ビ
デ
オ
を押して登録するテレビ局を受
信する。
4 登録したい数字ボタンを「MEM」
が表示されるまで押す。
テレビ局に
名前をつけるには
「放送局に名前をつける」
(35ペー
ジ)の操作をする(手順1で、「TV1」
または「TV2」を受信する)
。
テレビ・ビデオ
39
別売りのビデオ
を見る
SOURCE
D I SC +
ビデオを見るには、別売りのビデオデッキ
およびTVチューナーユニットとTVモニター
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
を接続してください。
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
接続のときには、ビデオデッキとTVモニター
MODE
の取扱説明書をご覧ください。
40
テレビ・ビデオ
1
SOURCEボタンを繰り返し押して「TV」を選ぶ。
2
MODEボタンを押して「AUX」を選ぶ。
3
ビデオデッキのボタンでビデオを再生する。
映像を見ながら MENU
ディスクを聞く
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(サイマルプレイ)
PRST/DISC SOURCE
MENU
LIST
SOURCE
-SEEK/AMS
SOUND
EQ
OFF
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
SEEK/AMS
ご注意
• ラジオを聞きながらのサイ
マルプレイはできません。
• サイマルプレイ中は、放送
局やCD/MDの一覧は表示
1
2
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
MODE ENTER
TV受信中にMENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「Simul sel」を選び、ENTERボタンを押す。
できません。
• サイマルプレイ中は、テレ
ビの操作はできません。
3
SOURCEボタンを押して「CD」または「MD」
を選ぶ。
ちょっと一言
サイマルプレイ中、
「AUX VIDEO」表示は
4
MODEボタンを押して「TV」表示にする。
5
ENTERボタンを押す。
テ
レ
ビ
・
ビ
デ
オ
サイマルプレイが始まります。
「V1」となります。
サイマルプレイをやめるには
テレビまたはビデオを止めるには
手順4で「−−−」を選びます。
CDまたはMDを止めるには
手順3で「−−−」を選びます。
テレビ・ビデオ
41
携帯電話
電話をかける
SOURCE
ダイヤル
別売りのPDCハンズフリーユニットXCH-
D I SC +
MENU
ずに通話することができます。相手の音声
SOURCE
SOUND
はカーオーディオのスピーカーから聞こ
EQ
OFF
え、こちらの音声はサンバイザーマイクを
PR
DSPL
ST
+
1000を接続すると、携帯電話を手に持た
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
REP
SHUF
1
2
MODE
3
4
通して相手に伝えられます。
SEEK/AMS
ご注意
• 携帯電話に登録されている
•
•
•
•
名前は、アルファベットと
カタカナ、数字のみ表示で
きます。
また、小文字や記号は大文
字に変換されたり、表示で
きない場合もあります。
電話側の登録可能件数に関
わらず、本機では、携帯電
話のプリセット番号000〜
299(001〜300)に登録さ
れているメモリのみを表示
します。
携帯電話に300件全て登録
されている場合は、アダプ
ター接続後、全てを表示す
るのに、最大5分ほどかか
ります。
本機に表示される電波の強
さは、携帯電話の表示とは
一致しません。
次の表示の場合、電話がか
けられません。
―「ケンガイ」
:
圏外のとき
―「ハッシンフノウ」
:
発信不能のとき
―「No Phone」
:
電話が接続されていない
ちょっと一言
カードリモコンで操作する
場合は、SOURCEボタンで
「TEL」を選び、VOL+/ー
ボタンで相手先を検索して
ください。ENTERボタンを
押すと発信されます。
42
携帯電話
1
ENTER
SOURCEボタンを繰り返し押して、「TEL」表示
にする。
2
ダイヤルを回して、携帯電話に登録されている電話
番号や相手の名前を選ぶ。
発信/着信履歴にある番号にかけるには
SEEK/AMSボタンの+またはーを押して履歴にある番号
を探す。
発信/着信履歴の表示のしかたについては44ページをご覧
ください。
3
ENTERボタンを押して発信する。
電話を受ける
SOURCE
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ENTER
1
スピーカーと本体から着信音がなり、自動的に
「TEL」に切り変わる。
電話機の設定により相手の名前と電話番号を表示します。
ちょっと一言
カードリモコンのENTER
ボタン、ロータリーコマン
2
ENTERボタンを押す。
携
帯
電
話
ダ−のVOLつまみでも電話
を受けることができます。
ご注意
電話がつながると、通話時間が表示されます。
表示される通話時間は厳密
ではありません。目安とし
てください。
電話を受けずに元のソースに戻るには
手順1の次にSOURCEボタンを押します。
携帯電話
43
その他の操作
ダイヤル SOURCE
D I SC +
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
SEEK/AMS
ご注意
通話が終わったら
• 次の場合、通話が途切れます。
― SOURCEボタンを押し
元のソースに戻るときは、SOURCEボタンを押す。
たとき
― サービスエリア外や電波
が届かない所へ移動した
とき
• 携帯電話で通話する際は、
ハンズフリーユニットから
外さないとご使用になれま
せん。
• 携帯電話をハンズフリーユ
ニットから外すと、発信/着
信履歴が消去されます。
44
携帯電話
通話相手が電話を切ったときは、自動的に元のソースに戻り
ます。
受話器の音量を調節するには
通話中はダイヤルが音量の調節になります。ダイヤルを回し
て希望の音量に調節してください。
発信・着信履歴を表示するには
SEEK/AMSボタンの+側を押すと発信履歴、−側を押すと
着信履歴がそれぞれ最大10件まで呼び出せます。
その他の設定
MENU PRST/DISC SOURCE
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
MENU
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
SEEK/AMS
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ENTER
着信の設定
•「RCV ON/OFF」t 電話を受けられないようにする(着信
拒否設定)
•「Alarm」t 本体の着信音をON/OFFする(スピーカーか
らの着信音はOFFにできません)
1
SOURCEボタンを繰り返し押して、「TEL」表示
にする。
2
MENUボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して設定し
たい項目を選ぶ。
4
SEEK/AMSボタンの+側を押して設定を選び、
ENTERボタンを押す。
携
帯
電
話
発信・着信履歴を消去する
1
SOURCEボタンを繰り返し押して、「TEL」表示
にする。
2
3
MENUボタンを押す。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して
「History」を選び、ENTERボタンを2秒以上
押す。
「Clear」が数秒間表示され、発信・着信履歴が消去され
ます。
携帯電話
45
サウンドの設定
DSOを設定
する
D I SC +
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
OPEN
DSPL
ST
+
スピーカーがドアの下部に設定されている
場合は音が足元からこもって聞こえてきた
り、左右の音が干渉して濁りがちです。そ
こでDSO(ダイナミック・サウンドステー
ジ・オーガナイザー)機能により、あたかも
ダッシュボード上にスピーカー(バーチャル
スピーカー)があるかのようにサウンドが鳴
り響いてくる音場感を楽しめます。
PR
MENU
DSO
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
5
6
DSO
DSOを選ぶ
バーチャルスピーカーのイ
メージ
設定の種類
設定内容
*1
DSO 1〜3
バーチャルスピーカー(スタンダード)
Wide
バーチャルスピーカー(ワイド)
off
DSO設定解除
*1
*2
*2
*3
*3
1
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する
*1 スタンダード
*2 ワイド
*3 実際のスピーカー(フロン
トドア下)
2
DSOボタンを押して、DSOモードを選ぶ。
押すごとに
DSO 1 t DSO 2 t DSO 3 t Wide t off
と切り換わります。
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
DSOをやめるには
設定の手順2で「off」を選びます。
46
サウンドの設定
イコライザーを MENU
使う(EQ)
PRST/DISC
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
MENU
本機には音楽のジャンルに合わせた4種類
LIST
SOURCE
のイコライザーカーブが用意されていま
SOUND
EQ
OFF
す。また、それらにお好みの変更を加えた
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
イコライザーカーブを登録できます。
SOUND/EQ
SEEK/AMS
イコライザーカーブを選ぶ
1
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
SOUND/EQボタンを繰り返し押して、「EQ」に
する。
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
3
3秒以内にSEEK/AMSボタンの+または−を押
してイコライザーカーブを選ぶ。
押すごとに
Rock y Vocal y Groove y Techno y
Custom y off
と切り換わります。
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
イコライザーを解除するには
手順3で「off」を選びます。
次のページへつづく
サウンドの設定
47
イコライザーを使う(つづき)
好きなイコライザーカーブを登録する
1
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
ご注意
EQ offでは、イコライザー
2
MENUボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して「EQ
Tune」を選び、ENTERボタンを押す。
4
SEEK/AMSボタンの+またはーを押してイコラ
イザーカーブを選び、ENTERボタンを押す。
カーブの調節はできません。
5
SEEK/AMSボタンの+またはーを押して周波数
を選ぶ。
押すごとに
62Hz y 157Hz y 396Hz y 1.0kHz y 2.5kHz
y 6.3kHz y 16.0kHz
と切り換わります。
ちょっと一言
レベルの調整可能範囲は
±12dBです。
6
PRST/DISCボタンの+またはーを押してレベル
を調節する。
手順5と6を繰り返して、イコライザーカーブを調節し
ます。
7
ENTERボタンを押す。
各プリセットを初期設定
(工場出荷状態)にするには
設定の手順5でENTERボタンを2秒以上押します。
48
サウンドの設定
リスニングポジ
ションを設定す
る(POS)
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
聞き手の位置(リスニングポジション)を
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
選ぶと、各スピーカーからの音の到達時間
を調節し、自然な音像定位を得ることがで SOUND/EQ
きます。本機には5種類のリスニングポジ
SEEK/AMS
ションが用意されています。
設定を選ぶ
1 All
3 Front-R
設定の種類
設定内容
All
全席(運転席/助手席/後席)
Front
前席(運転席/助手席)
Front-R
前方右(運転席)
Front-L
前方左(助手席)
Rear
後席
off
ポジション設定解除
2 Front
4 Front-L
5 Rear
1
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
SOUND/EQボタンを繰り返し押して、「POS」
にする。
次のページへつづく
サウンドの設定
49
リスニングポジションを設定する(つづき)
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
3
3秒以内にSEEK/AMSボタンの+または−を押
してリスニングポジションを選ぶ。
押すごとに
All y Front y Front-R y Front-L y
Rear y off
と切り換わります。
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
リスニングポジション設定を解除するには
設定の手順3で「off」を選びます。
50
サウンドの設定
音のバランスや
音質を設定する
D I SC +
(バランス)
(ATT)
(ソースサウンドメモリー)
SOUND/EQボタンを押す
ごとに
EQ t POS t BAL t F
t R t SUB t 通常画面
t EQ
と切り換わります。
DSPL
ST
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
-SEEK/AMS
ENTER
PR
OFF
SOUND/EQ
ちょっと一言
PR
+
MENU
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
SEEK/AMS
出力バランスを調節する
左右のスピーカー出力のバランスを調節することができます。
1
設定するソース(CD 、MD 、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
SOUND/EQボタンを繰り返し押して、「BAL」に
する。
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
3
3秒以内にSEEK/AMSボタンの+または−を押し
て出力バランスを調節する。
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
ちょっと一言
ロータリーコマンダーの ATT
ボタンでも操作できます。
音量を瞬時に小さくする
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
カードリモコンのATTボタンを押す。
「ATT on」と表示され、自動的に音量を下げます。
もとの音量に戻すには、ATTボタンをもう一度押します。
「ATT off」と表示され、もとの音量に戻ります。
ソースごとに音響効果を記憶する
本機ではソース(FM 、AM 、CD 、MD 、TV 、AUX )ごとに
DSOやイコライザーの設定を自動的に記憶しています(ソー
スサウンドメモリー)
。それぞれのソースに合わせた最適な
音質で再生することができます。
サウンドの設定
51
スピーカーの出 MENU
力を設定する
PRST/DISC
D I SC +
設置されているシステムの特性に合わせて、
フロントのリアの出力レベル及び周波数帯域
SOURCE
SOUND
EQ
DSPL
ST
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
OFF
を調節することができます。
PR
+
MENU
SOUND/EQ
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
SEEK/AMS
出力レベルを調整する
1
設定するソース(CD 、MD 、ラジオなど)を再生
/受信する。
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
2
SOUND/EQボタンを繰り返し押して、「F」また
は「R」にする。
3
3秒以内にSEEK/AMSボタンの+または−を押
して出力レベルを調整する。
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
52
サウンドの設定
フロント/リアスピーカー出力のカット
オフ周波数を選ぶ
高音質スピーカーの性能を生かしきるためフロントとリアを
独立してカットオフ周波数を調整できます。カットオフ周波
数を調整することにより、低い周波数成分をカットし、歯切
れの良い中高音を作り出すことができます。たとえば、
78Hzを選ぶと、78Hz以下の音が除かれます。
レ
ベ
ル
カットオフ周波数
off
78 99 125 157 198
1
周波数(Hz)
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
3
ちょっと一言
• SEEK/AMSボタンの+ま
4
と変わります。
• 出力レベルの調整可能範囲
は±12dBです。
PRST/DISCボタンの+またはーを押して、
「Front HPF」または「Rear HPF」を選び、
ENTERボタンを押す。
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
SEEK/AMSボタンの+またはーを押してカット
オフ周波数を選ぶ。
たはーを押すごとに
off(初期値)y 78Hz y
99Hz y 125Hz y
157Hz y 198Hz
MENUボタンを押す。
5
PRST/DISCボタンの+またはーを押して出力レ
ベルを調整する。
6
ENTERボタンを押す。
通常の画面に戻ります。
サウンドの設定
53
サブウーファー MENU
の出力を設定
する
PRST/DISC
D I SC +
SOURCE
SOUND
EQ
サブウーファー音声出力端子に接続したサブ
PR
DSPL
ST
+
MENU
LIST
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
OFF
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ウーファーの周波数特性や再生ソースに合わせ
て、出力レベルを調節することができます。 SOUND/EQ
SEEK/AMS
出力レベルを調整する
1
設定するソース(CD 、MD 、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
SOUND/EQボタンを繰り返し押して、「SUB」
にする。
ちょっと一言
3秒以上ボタン操作をしない
と、通常の画面に戻ります。
3
3秒以内にSEEK/AMSボタンの+または−を押
して出力レベルを調整する。
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
54
サウンドの設定
カットオフ周波数を選ぶ
音の指向性(方向)は高い周波数成分に支配されます。サブ
ウーファーのカットオフ周波数を調整することにより、高い
周波数成分をカットし、サブウーファーの設置場所を意識さ
せない、歯切れの良い重低音を作り出すことができます。た
とえば、62Hzを選ぶと、62Hz以上の音が除かれます。
レ
ベ
ル
カットオフ周波数
off
62 78 99 125 157
1
周波数(Hz)
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
ちょっと一言
• SEEK/AMSボタンの+ま
2
MENUボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを押して「Sub
LPF」を選び、ENTERボタンを押す。
4
SEEK/AMSボタンの+またはーを押してカット
オフ周波数を選ぶ。
たはーを押すごとに
62Hz y 78Hz y 99Hz
y 125Hz y 157Hz y
off
5
PRST/DISCボタンの+またはーを押して出力レ
ベルを調整する。
と変わります。
• 出力レベルの調整可能範囲
は±12dBです。
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
6
ENTERボタンを押す。
通常の画面に戻ります。
サウンドの設定
55
スペクトラムアナ MENU
ライザーを選ぶ
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(SA)
PRST/DISC
MENU
LIST
SOURCE
刻々と変化する音声信号レベルをスペクトラム
SOUND
アナライザーでリアルタイムに表示します。
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
表示パターンは6種類の中から選ぶことがで
きます。
SEEK/AMS
ENTER
設定を選ぶ
設定の種類
表示パターン
SA 1
SA 2
SA 3
SA 4
SA 5
SA 6
SA off
設定解除
SA Auto
SA 1〜SA 6のパターンを順に表示し
ます。
56
サウンドの設定
1
設定するソース(CD 、MD、ラジオなど)を再生
/受信する。
2
MENUボタンを押す。
3
PRST/DISCボタンの+またはーを繰り返し押し
て、「SA」を選ぶ。
4
SEEK/AMSボタンの+またはーを押してSAの
パターンを選ぶ。
押すごとに
SA 1 y SA 2 y SA 3 y SA 4 y SA 5 y
SA 6 y SA off y SA Auto
と切り換わります。
サ
ウ
ン
ド
の
設
定
約3秒後に、通常の画面が表示されます。
サウンドの設定
57
その他の操作
音や表示などの MENU
設定を変える
D I SC +
PR
DSPL
ST
+
(Set up/Display)
PRST/DISC
MENU
LIST
SOURCE
SOUND
EQ
OFF
-SEEK/AMS
ENTER
PR
ST
-
D ISC –
SEEK/AMS
MODE
REP
SHUF
1
2
3
4
ENTER
Set upメニュー
設定の種類
設定内容
「Clock」
時計の設定。(9ページ)
「Beep」
操作ボタンを押したときの「ピッ」という音を
on/offする。
「RM」
ロータリーコマンダーのつまみの操作方向を切
り換える。
「norm」t 初期設定の回転方向。
「rev」 t 運転席の右側に取り付けたときの回転
方向。
Displayメニュー
設定の種類
「D.Info」
「SA」
設定内容
常に時計を表示させる。
スペクトラムアナライザーの設定。
(56ページ)
「Dimmer」 表示窓の減光を設定する。
「Auto」 t 車の照明をONにすると表示が減光する。
「on」
「off」
(車の照明電源に接続されている場合のみ)
t 車の照明に関係なく表示が減光する。
t 車の照明に関係なく表示が減光しない。
「Contrast」 表示のコントラストを変える。
「M.Dspl」
モーションディスプレイの設定をする。
「1」
「2」t 表示中にモーションディスプレイする。
(2タイプ)
「off」 t モーションディスプレイしない。
「A.Scrl」
58
その他の操作
MDまたはCD TEXT対応のディスク再生時、
表示を自動的にスクロールさせる。
(29ページ)
設定を変える
1
MENUボタンを押す。
2
PRST/DISCボタンの+またはーを押して設定し
たい項目を選ぶ。
3
SEEK/AMSボタンの+またはーを押して調節した
い設定にする。
(例:「on」または「off」
)
4
ENTERボタンを押す。
そ
の
他
の
操
作
その他の操作
59
使用上のご注意
本機の取り扱い
フロントパネルについて
取り外すときは必ず、OFFボタンを押し、電
源を切ってから、OPENボタンを押してフロ
ントパネルを開けてください。フロントパネ
ルを右に押しながら手前に引くと外れます。
• 取り外したフロントパネルは直射日光の当
たる高温のところ、湿度の高いところなど
には置かないでください。
• フロントパネルの表示窓や挿入口の上部を押
したり、強い力をあたえないでください。
コネクターのお手入れについて
フロントパネルおよび本機のコネクターが汚
れていると動作不良の原因になります。とき
どきクリーニングしてください。
1
2
取り付けるときは、フロントパネルのA部分
と本体のB部分を合わせて、フロントパネル
を押し込み、フロントパネルのC部分と本体
のD部分を合わせて取り付けます。
本機側のコネクターを変形させないように注
意してください。
A
液晶表示について
B
C
D
極端な高温または低温のところでは、表示が
見づらくなることがありますが、故障ではあ
りません。周囲の温度が常温に戻ると、通常
表示にもどります。
本体の表面を傷めないために
本体表面に殺虫剤やヘアスプレーがかかった
り、防虫剤などの薬品やゴム、ビニール製品
x
が長時間接触しないようにしてください。本
体表面が変質、変形したり、塗装がはげたり
することがあります。
60
使用上のご注意
カードリモコン
ヒューズについて
ヒューズを交換するときは、必ずヒューズに
記してある規定容量(アンペア数)のヒュー
ズをお使いください。規定容量以上のヒュー
ズや針金で代用すると故障の原因となるだけ
電池の入れかた
リチウム電池CR2025の3と#を正しく入れ
てください。
でなく大変危険です。
ヒューズ(10A)
3を上向きにする
結露について
寒いときにヒーターをつけた直後など、MD
プレーヤー内部の光学系のレンズに露(水滴)
が生じることがあります。このような現象を
結露といいます。
結露したままですと、レーザーによる読み取
りができず、MDプレーヤーが動作しないこ
電池の交換時期
とがあります。
電池が消耗するとボタンを押しても操作できな
周囲の状況にもよりますが、MDを取り出し
いこともあります。普通の使いかたで約1年も
て放置しておけば、約1時間ほどで結露が取
ちます(使用方法によっては短くなります)。
り除かれ、正常に動作するようになります。
カードリモコンがまったく動作しない場合は電
もし、何時間経過しても正常に動作しない場合
池を交換し、動作を確認してください。
はアフターサービスにお申しつけください。
次のページへつづく
使用上のご注意
61
使用上のご注意(つづき)
電池についての安全上のご注意
漏液、発熱、発火、破裂などを避けるため、
下記のことを必ずお守りください。
• 火の中に入れない。ショートさせたり、分
解、加熱しない。
• 電池は充電しない。
• 指定された種類の電池を使用する。
• +と−の向きを正しく入れる。
• 電池を使い切ったとき、長時間使用しない
ときは、取り出しておく。
もし電池の液が漏れたときは、電池入れの液
をよく拭きとってから、新しい電池を入れて
ください。万一、液が身体についたときは、
水でよく洗い流してください。
62
使用上のご注意
カードリモコンについてのご注意
• ダッシュボードの上やハンドルの上など、
直射日光の当たるところにカードリモコン
を取り付けたり放置しないでください。熱
によりカードリモコンが変形するおそれが
あります。
(特に夏期の直射日光の当たる
ダッシュボードの上はかなりの高温になり
ますのでご注意ください。)
• 直射日光の当たるところに駐車するとき
は、カードリモコンを取り付け場所から外
し、グローブボックスの中など直射日光の
当たらないところに保管してください。
• 直射日光下ではカードリモコンの信号が受信
されにくくなることがあります。このような
ときは、フロントパネルの受光部にカードリ
モコンを近づけて操作してください。
故障かな?
下記の処置を行っても効果がないときは、接続に問題があるか、故障と考えられます。
お買い上げ店またはお近くのソニーサービス窓口にご相談ください。
症状
原因・処置
音が出ない。
• 音量を上げてください。
• ATT機能を解除してください。
• スピーカー接続時:スピーカー出力の設定が正しくな
い。2スピーカーで聞くときは、スピーカーバランス
をフロント、あるいはリア側にしてください。
共
通
メモリーの内容が消えてし
まった。
ボタンを押したときの「ピッ」
という音が出ない。
• リセットボタンを押した。
• 動作用電源コードまたはバッテリーを外した。
• 電源コードが正しく接続されていない。
「ピッ」という音が出ない設定になっている。
t Beepの設定(58〜59ページ)を「on」にしてくだ
さい。
OFFボタンを2秒以上押して時計表示を消した状態に
なにも表示されない。
している。
t もう一度OFFボタンを2秒以上押して、時計表示を
出してください。
MD/CD
ディスクが入らない。
ディスクを入れてもすぐに出
てくる。
• すでに別のディスクが入っている。
• ディスクを誤った向きに入れようとしている。
音がとぶ。
音が途切れる。
音が割れる。
• CDが汚れている。
t レーベル(ラベル)面を上にして入れてください。
•
•
•
•
t ディスクをクリーニングしてください。
ディスクが傷ついている。
本機の取り付け角度が20°を越えている。
本機またはチェンジャーが正しく固定されていない。
MDではごくまれに録音機と本機との互換性により音
がとぶことがあります。この場合、録音機のメーカー
名と機種名をご確認のうえ、お近くのソニーサービス
窓口へご相談ください。
次のページへつづく
故障かな?
63
故障かな?(つづき)
ラ
ジ
オ
/
テ
レ
ビ
症状
原因・処置
受信できない、
雑音しか出ない。
• パワーアンテナコントロールコード(青色)または、
SEEK/AMSボタンを押しても
•「Local on」に設定している場合は電波の強い周波数
聞きたい放送局で止まらない。
しか受信しません。
t「Local off」にしてください(32ページ)
。
• 電波が弱くて自動選局できない。
t SEEK/AMSボタンを押し続けて周波数を合わせて
ください。
ステレオ放送が聞きにくい。
• 周波数を確認してください。
• 電波が弱い。
アクセサリー電源(赤色)を、純正アンテナブース
ターの電源供給コード(車両側)に接続してくださ
い。リアまたは、サイドガラスに内蔵しているプリン
ト線状のFM/AMアンテナの場合です。くわしくは、
お買い上げ店にご相談ください。
• カーアンテナとの接続を確認してください。
• オートアンテナが上がっていない。
t パワーアンテナコントロールリードの接続を確認
してください。
• 周波数を確認してください。
t モノラルモードに設定してください(33ページ)
。
サ
ウ
ン
ド
設
定
音がでない、または音が小さい。 DSOやリスニングポジションの調節でエフェクトレベ
ルを上げすぎて、後部座席のスピーカーの音量が自動
的に小さくなった。または、バランス・フェーダーの
調節で特定のスピーカーの音量が小さくなった。
t サウンドを調節します。スピーカーバランスはサ
ウンドの設定(51ページ)で調節できます。
通話相手の音声が聞こえない。
携
帯
電
話
• スピーカーの音量が「0」または最小になっている。
t 本機のVOLダイヤルで音量を調整してください。
• 走行ノイズなど、周囲の雑音が大きいとき、マイクよ
り音声入力があったものと認識して通話相手の音声を
閉じてしまうことがあります。
ダイヤルしたが話中音がして
つながらない。
• 電話番号が間違っている(市外局番を入れていない)。
• 通話相手が圏外にいる。
• 電波の弱いところにいる。
t サービスエリア内でダイヤルしてください。
• アンテナを十分に伸ばしていない。
64
故障かな?
携
帯
電
話
症状
原因・処置
ENTERボタンを押しても発信
できない。
• 携帯電話の発信制限やメモリ制限がかかっている。
• 携帯電話の簡易ダイヤルロックがかかっている。
携帯電話機に登録されたメモ
リが呼び出せない。
• 携帯電話の短縮ダイヤル使用制限などがかかっている。
• 携帯電話ハンズフリーキットXCH-1000で取り込むこ
とのできるプリセット番号以外の番号に登録されてい
る。
(42ページ)
• 登録されているメモリ件数が多いため、呼び出すのに
時間がかかっている。
t しばらくお待ちください。
(最大5分)
電話がかかってこない。
電話がかからない。
携帯電話の着信制限がかかっている。
(圏外)や「ハッシンフノウ」
(発信不能)
•「ケンガイ」
が表示されている。
t しばらく待ってからかけ直してください。
• 回線設備が故障、または回線が非常に混み合っている。
t しばらく待ってからかけ直してください。
「No phone」と表示される。
携帯電話が接続されていない。
t 携帯電話を接続してください。
次のページへつづく
故障かな?
65
故障かな?(つづき)
CD/MDのメッセージ、エラー表示
本機や本機に接続されたCDチェンジャー、MDチェンジャーが誤動作すると、アラーム音が鳴
り、エラー表示が5秒間点滅します。
エラー表示
原因
処置
Blank
MDに何も録音されていない。
他のMDに入れ換える。
No Disc
チェンジャーにディスクが入って
いない。
ディスクを入れる。
No Mag
CDチェンジャーにディスクマガ
ディスクマガジンにディスクを入
れ、CDチェンジャーに入れる。
NG Discs
チェンジャー内のディスクが何ら
かの原因ですべて再生しない。
ほかのCD/MDに入れ換える。
Push Reset
何らかの原因で動作しない。
本機のリセットボタンを押す。
ディスクが裏返しになっている。
ディスクを正しく入れ直す。
MDが何らかの原因で再生しな
い。
ほかのMDに入れ換える。
CDが汚れている。
CDをクリーニングする。
Error
66
故障かな?
ジンが入っていない。
保証書とアフターサービス
保証書(別に添付)
アフターサービス
保証書は、所定事項の記入をお確かめのう
修理を依頼される前に「故障かな?」の項目に
え、お買い上げ店からお受け取りください。
従って、故障かどうかをお調べください。直ら
内容をよくお読みのあと、大切に保管してく
ないときは、お買い上げ店、またはお近くの
ださい。
サービス窓口(別紙)にご相談ください。
保証期間
保証期間中
お買い上げ日より1年間です。
保証書の記載内容に基づいて修理させていた
だきます。
保証期間を過ぎたら
修理によって機能が維持できる場合は、ご要
望により有料修理させていただきます。
部品の保有期間
この製品の補修用性能部品(機能を維持する
ために必要な部品)を、製造打ち切り後最低
6年間保有しています。
部品の交換について
この製品は修理の際、交換した部品を再生、
再利用する場合があります。その際、交換し
た部品はご同意をいただいた上で回収させて
いただきますので、ご協力ください。
保証書とアフターサービス
67
主な仕様
MDプレーヤー部
SN比
電源部、その他
電源
DC12Vカーバッテリー
周波数特性
90dB
10〜20,000Hz
ワウフラッター
測定限界以下
出力端子
サブウーファー音声出力端子、
フロント音声出力端子、
(マイナスアース)
チューナー部
リア音声出力端子、
アンプコントロール、
FM
受信周波数
中間周波数
実用感度
周波数特性
実効選択度
SN比
ひずみ率(1kHz)
76〜90MHz
(テレビ1〜3ch)
10.7MHz/450kHz
8dBf
30〜15,000Hz
75dB(400kHz)
66dB(ステレオ)
72dB(モノラル)
0.6%(ステレオ)
0.3%(モノラル)
AM
受信周波数
中間周波数
実用感度
522〜1,629kHz
10.7MHz/450kHz
30μV
グラフィックイコライザー部
中心周波数
可変範囲
62Hz 、157Hz 、396Hz 、
1kHz 、2.5kHz 、6.3kHz 、
16kHz
±12dB
アンプ部
適合インピーダンス
最大出力
68
主な仕様
4〜8Ω
50W×4(4Ω負荷1kHz)
入力端子
アンテナコントロール
バス音声入力端子、
本体寸法
バスコントロール入力端子
約178×50×179mm
取付寸法
(幅/高さ/奥行き)
約178×50×162mm
質量
(幅/高さ/奥行き)
約1.2kg
付属品
カードリモコン
RM-X91(1)
(リチウム電池(1)を含む)
取り付け/接続部品(一式)
取扱説明書(一式)
ソニーご相談窓口のご案内(1)
保証書(1)
別売品
CDチェンジャー(10枚)
CDX-838、CDX-737など
MDチェンジャー(6枚)
MDX-65など
PDCハンズフリーユニット
XCH-1000
パワーアンプ
XM-405EQXなど
ソースセレクター XA-C30
ロータリーコマンダー
RM-X4S
ご注意
本機には別売りのデジタルプリアンプやイコライ
ザーは接続できません。
本機は、ドルビーラボラトリーズライセンシング
コーポレーションの米国及び外国特許に基づく許
諾製品です。
本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更
することがありますが、ご了承ください。
バスケーブル(RCAピンコード
付属)
RC-61(1m)、
RC-62(2m)
バス延長コード
RC-U305(0.5m)
RCAピンコード
RC-63(1m)、
RC-64(2m)、
RC-65(5m)
電源コード RC-39
主な仕様
69
索引
五十音順
ハ行
ア行
バランス ................................ 51
バンク ........................... 26〜27
イコライザー ................ 47〜48
エラー表示 ............................ 66
ヒューズ ................................ 61
表示窓
音量 ............................... 12〜13
メニュー ........................... 14
MD/CD ............................ 21
カ行
カスタムファイル ......... 24〜27
サ行
ラジオ ............................... 32
フロントパネル ..................... 60
ベストチューニングメモリー
(BTM)............................. 31
ボタンの音 ............................ 58
サイマルプレイ ..................... 41
サブウーファー出力 ...... 54〜55
スクロール .................... 29 、58
ステーションメモ ......... 35〜36
シャッフル ............................ 23
ステレオ放送 ........................ 33
スピーカーバランス .............. 51
スペクトラムアナライザー ... 56
ソースサウンドメモリー ...... 51
ラジオ .................. 13、31 〜37
自動選局 ........................... 32
登録 ................. 31〜32 、34
名前で探す ........................ 37
名前をつける .................... 35
リスニングポジション ... 49〜50
タ行
リスト ........................... 28 、37
リセット .................................. 8
リピート ................................ 22
ディスクメモ ................ 24〜25
テレビ ........................... 38〜40
リモコン
カードリモコン
名前をつける .................... 39
登録 .......................... 38〜39
......................... 16、61 〜62
ロータリーコマンダー
登録
自動登録 ................... 31〜32
ラジオ局 .......... 31〜32 、34
テレビ局 ................... 38〜39
.................................. 17〜18
時計 ......................................... 9
ナ行
名前
消去する ................... 25 、36
つける .............. 24 、35 、39
表示する ................... 28 、37
70
ラ、ワ行
索引
アルファベット順
ATT ....................................... 51
BAL(Balance).................. 51
MD/CD ........................ 19〜30
ディスク名のリスト ......... 28
名前で探す ........................ 28
名前を消去する ..................... 25
名前をつける .................... 24
CD TEXT ................. 29〜30
DIS(Display)
A.Scrl ....................... 29 、58
Bank sel .......................... 26
Contrast .......................... 58
D.Info ............................... 58
Dimmer ........................... 58
M.Dspl ............................ 58
SA ............................ 56〜58
DSO ..................................... 46
EDT(Edit)
Auto mem ....................... 38
BTM ................................. 31
Name edit .............. 24 、35
NameDelete .......... 25 、36
EQ ................................ 47〜48
F(Front)............................. 52
P/M(Play Mode)
Bank ................................ 27
Local ............................... 32
Mono ............................... 33
POS .............................. 49〜50
R(Rear).............................. 52
Repeat ................................. 22
SET(Set up)
Beep ................................ 58
Clock ......................... 9 、58
RM ................................... 58
Shuf ...................................... 23
SND(Sound)
EQ tune ........................... 48
Front HPF ....................... 53
Rear HPF ........................ 53
Sub LPF .......................... 55
SUB ...................................... 54
「Sony online」は、インターネット上のソニーのエレク
トロニクスとエンターテインメントのホームページです。
Sony Corporation Printed in Japan
*I-3-045-192-02*
(1)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement